カテゴリー「 その他」の1364件の記事

2018年12月 9日 (日)

スタンプラリーで旭へ(2) 

展望台に登って、刑部岬灯台を入れたパノラマ写真を撮ったりしているうちに、管理人さんが戻ってきました。
Asahi20170930_06
ここ旭市の刑部岬からいすみ市の太東埼までの間が、九十九里浜です。残念ながら、ここから肉眼で太東埼灯台は見えません。

ここは、和弘でした。これで6つのスタンプコンプリートです。
Asahi20170930_07
管理人さんに、完集承認の駅長犬スタンプも押してもらって、これで応募もできます。

旭まで来たから寄っていくかと家人に言うと、そうしようということで、牧場直営のジェラート店「ホームオブマザーズ」に寄り道します。
Asahi20170930_08
ここには何度も来ています。

これが家人の頼んだやつです。

Asahi20170930_09

メロンともう1つなんだったかな。

こちらが自分の頼んだやつです。
Asahi20170930_10

色は悪いですけど、秋だから栗とか芋とかをチョイスしたのだったと記憶しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプラリーで旭へ(1) 

2017年9月30日(土)。今日はお昼前に家を出て、家人と「もしもに出会う」スタンプラリーの残り2カ所へ自家用車で行きます。この2カ所は、公共交通機関ではなかなか行きづらい場所ですから。

まずは道の駅「季楽里あさひ」です。
Asahi20170930_01
無事にスタンプをゲットします。ここは、なずなでした。その後、レストランでバイキングの昼食です。地の野菜が多くて、地元特産肉のしゃぶしゃぶなどもあり、値段もそこそこいいですけど、素材のいいバイキングだと思います。

次に向かったのは、刑部岬です。ラリー用紙には飯岡刑部岬展望館~光と風~とありましたが、行ってみるとスタンプは1階の管理室でした。ところが「ただいま外出中」の札が出ていて鍵がかかっています。しかたありません。戻ってくるまで散策しましょう。
Asahi20170930_02
高台の刑部岬からは、眼下に飯岡漁港が見えます。

そこに漁船が漁から戻ってきました。網をあげたままなんですね。
Asahi20170930_03
どうやらイワシ漁の巻き網(揚繰網)漁船のようです。おこぼれ目当ての鳥の多いこと。

今は旭市になってしまいましたが、旧飯岡町は漫画家ちばてつやの育った町だそうです。
Asahi20170930_04
ここ刑部岬には、あしたのジョーの石像が建っています。

やっぱりこの石像は正面から見るよりも、少し横から見た方が格好いいですよね。
Asahi20170930_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

午後からあられちゃん家へ 

2017年9月23日(土)。午後から家人と、茂原市にある煎餅工場の直売所「あられちゃん家」へ自家用車で行きました。

午後から行ったのですが、「箸で切れるおはぎ」がまだ残っていたので、ゲットします。
Arare_chan20170923_06
木製のスプーンがついてきます。スプーンで簡単に切れるおはぎです。休憩コーナーでは、お茶は1人1杯無料とあります。

山ほどおせんべい(カレー味が中心ですね)を買い込んで、車に積みます。
Arare_chan20170923_07
元フローレンのいすみ202も、それほど傷んでいないようです。

休憩所として乗車できるので入ってみました。
Arare_chan20170923_08
車内はハロウィン仕様になっていました。さすがに、この時間は空いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

再びJOSAI安房ラーニングセンターへ(2) 

担当の講義も終わり、食堂で昼食をとって帰りのバスを待つ間に、展望台から撮影します。
Utibo20170807_06
下り3133Mです。鴨川松島を背景に撮ると、2両半しかはいりません。

魚見塚なら編成が入ります。
Utibo20170807_07
でも、6両編成だとこんなになってしまいます。海は入りません。

海を入れようとすると、木々が邪魔して編成はムリです。
Utibo20170807_08
3133Mの3132Mで挑戦しますが、木々に隠れる部分が多いです。

3135Mは4両編成。
Utibo20170807_09
これなら、少しは展望台の女神像がわかりますけど。

さて、バスも到着しこれで大多喜まで添乗すれば仕事は終わりです。ところが、帰りは買い物休憩をするのだそうです。「潮騒市場 旬彩」というところに、20分ほど寄り道します。今回は勉強合宿で遠足じゃないんだから、土産物はいらないと思うのですけど。まあ、こちらは渡されたプラン通りに添乗するしかありません。
Nitto20170807_10
自分としては、土産物には興味はなく、隣にある鴨川日東バスの駐車場に興味が行きました。観光カラーの路線車とか、どこかのスクールバスに使われているのですかね。

無事に大多喜に着きました。金曜日から置きっぱなしになっている自家用車に乗って自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

再びJOSAI安房ラーニングセンターへ(1) 

2017年8月7日(月)。今日は勉強合宿の最終日。こどもたちがJOSAI安房ラーニングセンターから帰るバスに添乗するのが仕事です。ただし、帰りの添乗だけじゃ足らないので、午前中にまた2コマ講義をするようにとのこと。

自宅から長者町駅まで歩いていきます。長者町7:33の安房鴨川行きに乗車します。
Sotobo20170807_01
9:17に安房鴨川駅に到着です。JOSAI安房ラーニングセンターに行くバスは、西口から9:20の発車です。西口へ急ぎます。

改札は東口にしかありません。急いで西口に回ります。
Awa20170807_02

その奥に停まっているバスが見えます。
Awa20170807_03
登録番号が4日に乗ったのと同じですから、これがそのバスになるのでしょう。

自分の講義まではちょっと時間があります。展望台に出てみます。
Awa20170807_04
4日は曇っていてグレーの世界でしたが、今日はブルーの世界です。

魚見塚一戦場公園の女神像も、今日の方がよく見えます。
Awa20170807_05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

JOSAI安房ラーニングセンター 

2017年8月4日(金)。今日の仕事は、鴨川市にある城西国際大学のJOSAI安房ラーニングセンターでの勉強合宿に参加する子どもたちを、バスに同乗して引率するというものです。

合宿は3泊4日。宿泊引率の職員は、夜に何かあったときすぐに移動できるように自家用車で参加します。だから、バス同乗は、日帰り職員の担当です。それでも自分の車で行き帰りを済ませたい人が多く、こういうことが比較的好きな自分の担当になったのです。ただ、バス同乗だけじゃ1日分の仕事にならないから、2コマほど講義も担当するようにとのことで、それも引き受けました。

JOSAI安房ラーニングセンターは、鴨川市の太海の山の中腹にあります。
Awa20170804_01
鴨川青年の家方向の風景です。鴨川松島もチラリと見えます。

もっと左側にカメラを振れば、魚見塚一戦場公園の展望台にある女神像「暁風」も見えます。
Awa20170804_02
アニメ「輪廻のラグランジュ」にも登場した、あの像ですね。ここよりは少し高いところにあるのです。

受け持ちの講義も無事に終わり、路線バスで安房鴨川駅に行きます。
Awa20170804_03
施設の前にあるバス停から15:13のバスに乗ります。

やってきたのは、鴨川日東バスです。
Awa20170804_04
元は特別支援学校の送迎バスだったではないかと思うような、車椅子置き場がたくさんある座席配置でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

退職セミナーへ 

2017年8月2日(水)。今日は千葉で開催される退職者セミナーへ参加するため、千葉みなとへ行きました。

上総一ノ宮駅近くのコインパーキングに自家用車を停めます。
Sotobo20170802_01
上総一ノ宮始発8:45の248Mに乗って蘇我へ。そこから京葉線に乗り換えて、ひと駅千葉みなとへ向かいました。

会場は駅前のポートプラザ千葉です。
Chiba_minato20170802_02
館山行きの高速バスの一部は、ここが始発なのですね。セミナーの内容ですが、定年退職、再雇用を目指している人向けの内容が多かったです。自分のような早期退職希望者向けの内容は、定年者との共通部分を除いてはほとんどありませんでした。かなり自分で勉強しないといけないようです。それでも、丸1日しっかりセミナーに参加してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

自家用車で旭へ(3) 

「砂の彫刻美術展」会場を後にして、ホームオブマザーズというお店へ行きます。
Asahi20170730_11
牧場直営のジェラート屋さんです。道の駅「季楽里あさひ」にも出店していますが、直営売店の方が種類が多いですから。

牧場の近く、狭い道の脇に建っている、本当に小さなお店です。
Asahi20170730_12
駐車場も3台分しかありません。さいわい、この時間は空いていました。

果物、豆、いもなど、地元素材を中心に20種類以上あります。
Asahi20170730_13
駐車場の奥の屋外テーブルでいただきます。今日もおいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

自家用車で旭へ(2) 

他の像も見て回ります。
Asahi20170730_06
これはメデューサですかね。

顔の表情が素晴らしいです。
Asahi20170730_07
いろいろな刷毛を使っているのかな。細かい表情がつけられています。

Asahi20170730_08
乾燥しすぎたのでしょうか、きのこがだいぶ崩れています。

一段高い展望台が造られていました。
Asahi20170730_09
さすがに有料なので、こういう展望台があるのでしょうね。会場はぐるりと身長よりも高い壁に隠されています。

下でパノラマ撮影してみます。
Asahi20170730_10
今回は、このような大きな像が並んでいるだけです。昨年までの友だち同士で造った小さな像の展示はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家用車で旭へ(1) 

2017年7月30日(日)。鍵開けボランティアから戻って、家人とともに自家用車で旭に行きました。昨年も見た「砂の彫刻美術展」を今年も見ようというものでした。

会期だけを調べて、場所を調べずに行ってしまいました。昨年の会場と同じ矢指ヶ浦の海岸へ行くと、何もありません。あれっ、まだ会期中のハズだけれどもと、スマホで検索してみると、今年は図書館の近くの公園で開催だとわかりました。矢指ヶ浦から車で5分ほどの内陸部です。

Asahi20170730_05
近くまで行くと、会場はすぐにわかりました。

売店や体験イベントのテントは無料区域ですが、砂像は高い塀で囲まれた有料エリアになっていました。入場料は大人500円です。食券販売機のような券売機で入場券を買って入るようになっていました。家人は、とくに砂像に興味は無いから外のイベントテントでローソクアート体験をするからと、自分だけ入場券を買ってはいることにしました。昨年まで入場無料でしたから、一気に500円はちょっと高いなと感じたのは事実です。入口で「今日1日、何回でも入れます。いったん出てライトアップの時間にまた来て下さい」と言われましたが、その時間まではいられません。

今年の話題は、やっぱりコレですかね。
Asahi20170730_01

映画のポスターです。
Asahi20170730_02

そして、これが砂像です。
Asahi20170730_03
映画の公開は、もうすぐですからね。

今年は昨年よりも会期が長いので、砂像の管理が大変だという声が聞こえてきました。
Asahi20170730_04
たしかに、そんな感じですね。昨年よりも大型のものばかりが並んでいる感じですから、余計そう感じるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧