カテゴリー「 その他」の1268件の記事

2017年1月28日 (土)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-22)

土産物の購入から戻ってくると、展示線には14号機の第2編成が停まっていました。
Ehime20170108_106
せっかくだから、こちらも撮影しておきます。

そういえば、道後温泉駅車内にある「SHOP坊ちゃん列車」は、まだ行ってなかったなと、ちょっと寄り道してみます。すると、坊ちゃん列車関連商品の中に、見切り品としてこんなものが売られていました。
Ehime20170108_107
坊ちゃん列車運行開始当時、1000円で記念品付きという運賃でした。その時に記念品がこれだったのです。小さなバッグと缶ティッシュ。これが、在庫限り見切り品として300円で売られていました。300円ならいいかと、懐かしさもあり、つい買ってしまったのです。

バスのりばに戻ると、すでにバスが停まっていました。
Ehime20170108_108
乗ってしまえば、空港まで40分ほどです。

今回は、前の方のクラスJです。搭乗順は一番最後です。
Ehime20170108_109
カウンターには、えひめ国体のキャラクター「みきゃん」がいました。

Ehime20170108_110
帰りの飛行機は、少し揺れました。しかも、到着が多い時間だったこともあり、預け荷物がコンベアーに載って戻ってくるまで、かなりの時間待たされました。

羽田空港からは、茂原行きの高速バスに乗り市原鶴舞バスターミナルまで行きます。自家用車を引き取って、3日分の駐車料金を払って、駐車場を出ます。自宅までは45分ほどのドライブでした。

ところで、今日の伊予鉄道の1日乗車券はどれくらい乗ったのでしょう。損はしていないと思いますが、貧乏性なので、計算してみました。
勝山町→道後温泉(路面) 160円
道後温泉→松山空港(バス) 460円
松山空港→松山市駅(バス) 410円
松山市駅→三津一丁目(バス) 510円
港山→高浜(電車) 160円
高浜→古町(電車) 360円
古町→勝山町(路面) 160円
勝山町→松山市(路面) 160円
くるりん 500円
松山市→古泉(電車) 300円
古泉→大手町(電車) 360円
大手町→古町(電車) 160円
道後温泉→松山空港(バス) 460円
合計 4160円分
発売額は1500円でしたから、やっぱり損はしていませんでした。もちろん、この切符があるからということで無理矢理乗った区間もありますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-21)

道後温泉駅に着きました。降りる乗客に、車掌さんは「この後、奧の線路で機関車の方向転換をします。ぜひ見ていって下さい」と呼びかけます。降りた乗客の半数くらいの人が、その声に反応して奥の方へと進みます。
Ehime20170108_101
すでにジャッキアップがすみ、回転が始まっていました。もちろん、人力です。

Ehime20170108_102
2人で時計回りに車体を回します。機関車のこんな姿を見られるのも、貴重です。

Ehime20170108_103
ほぼ回転が終わりました。車輪とレールの位置を確認してジャッキダウンします。それから、いったん展示線へ引き上げます。

その間に、客車がやってきました。
Ehime20170108_104
この移動も、もちろん人力です。先ほど、機関車がいた位置まで客車が来ると、今度は展示線に引き上げていた機関車がバックしてきて、客車と連結します。

連結して坊ちゃん列車編成が完成すると、再び展示線へと入っていきました。
Ehime20170108_105
折返しまで、この展示線で展示されます。この後、16:07の松山空港行きリムジンバスに乗ることにします。それまで、土産物屋に寄ったりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-20)

13 古町14:47→15:20道後温泉
坊ちゃん列車に乗車します。この列車には1日乗車券は使用できません。1乗車800円の乗り切り制です。
Ehime20170108_96
車内で車掌さんから乗車券を買います。2人分なので、つながったまま渡されました。運行当初は予約制で、記念品付き1000円。しかも、松山市~大街道か大街道~道後温泉の2区間に完全分離されていて、通しで乗るには両方の予約を取り2000円かかりました。その頃は、さすがに全区間は乗れずに大街道~道後温泉に乗った記憶があります。

Ehime20170108_97
車両はその頃から変わってはいないようです。電球の車内灯や木の座席はそのままです。

Ehime20170108_98
機関車との連結器も、他の車両では見かけない独特のものです。

Ehime20170108_99
客車の日よけは、なつかしい「鎧戸」になっています。雨だから必要ないのですが、撮影用にちょっとだけセットしてみました。

Ehime20170108_100
古町は発車します。乗客は、自分たち2人だけでした。でも、次のJR松山駅からは2両の客車がほぼ満席になるくらいの乗車がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-19)

高浜線の電車で古町駅に到着すると、先ほど見た坊ちゃん列車は機関車を付け替えているところでした。
Ehime20170108_91
機関車の方向転換が終わり、客車との連結確認をしているところです。

Ehime20170108_92
11時の古町便は14号機関車の第2編成でしたが、14時の古町便は1号機関車の第1編成です。

古町は郊外電車と路面電車、両方の車庫があります。
Ehime20170108_93
車庫には、普段はあまり見かけない「古町」の行き先を出した電車が停まっています。

伊予鉄本社ビルに入るスターバックスコーヒーのラッピング車です。
Ehime20170108_94
こちらも「古町」を出しています。

発車時刻が近づきました。1番線へ移動します。
Ehime20170108_95
坊ちゃん列車が入線してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-18)

そろそろ古町へ移動しようかなと思っていた頃に、これがやってきました。
Ehime20170108_86
古町行きの坊ちゃん列車です。今日はこれから、この折返しに乗るのです。

Ehime20170108_87
ガタガタと音を立てて高浜線の線路を渡り、JR松山駅方面へ走っていきました。

高浜線の大手町駅へ向かいます。
Ehime20170108_88
電車のホームから路面電車を見ると、こんな感じに踏切を渡っていくのが見えます。

松山市方面の電車がやってきました。
Ehime20170108_89
新塗色の700形です。

そして、乗車する高浜行きがやってきました。

12 大手町14:32→14:33古町
Ehime20170108_90
元井の頭線の3000形の3連がやってきました。これに乗ってひと駅、古町へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-17)

踏切のすぐ手前に大手町電停があります。タイミングがよければ、停車中の路面電車と高浜線の電車を同時に撮れるはずなのですが、なかなかタイミングが合いません。
Ehime20170108_81
路面電車もバスも、どちらも伊予鉄の新塗色です。

Ehime20170108_82
十字になった架線を通るとき、火花が飛ぶのかなと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。ちなみに、高浜線も市内線も架線電圧はどちらも600Vです。

Ehime20170108_83
もう1回注目します。レールを車輪が通過するときの音は大きいですが、架線は何事もなく通過できるようです。

Ehime20170108_84
路面電車もバスも旧塗色です。こんな風景は、もうしばらくすると見られなくなるのでしょうか。

結局、高浜線と路面電車のコラボは撮れませんでした。
Ehime20170108_85
滞在時間は30分ほど。上り下り各1本しか撮影チャンスはありませんでしたから、仕方ないですね。もっとじっくり時間をかけないと、グッドタイミングのコラボは撮れないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-16)

乗車予定の古町14:47の坊ちゃん列車まで、まだ少し時間があります。郊外線に乗ってみましょう。

9 松山市13:15→13:28古泉
Ehime20170108_76
郡中線に乗ることにしました。700形の旧塗色車です。折返し時間を調べながら、古泉駅まで乗りました。単線の棒駅ですが、近くにショッピングセンターもあり利用者も多かったです。有人駅でした。

10 古泉13:39→13:53松山市
Ehime20170108_77
やってきたのは、新塗色の700形でした。これに乗ってきた道を戻ります。

11 松山市13:58→14:00大手町
Ehime20170108_78
ホームの向かい側から出る高浜線高浜行きに乗ってひと駅、大手町で降ります。

ここで降りたのは言う前もありません。日本でもここだけになってしまった、鉄道と軌道の平面交差を撮るためです。
Ehime20170108_79
高浜線の鉄道と市内線の軌道が、ここで平面交差しているのです。

どちらも電化されていますから、架線がまた複雑です。
Ehime20170108_80
かなり大がかりな器具を吊って、平面交差がスムーズにできるように架線が張られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-15)

昼食を終えて、松山市駅に戻ります。駅はいよてつ高島屋に同居しているのですが、その9階にのりばがある大観覧車くるりんに乗ります。伊予鉄道の1日乗車券や坊ちゃん列車の乗車券で、このくるりん(シースルーゴンドラは除く)に1回乗車できるのです。

エレベータで9階に上がり、1日乗車券を見せると、昔の鉄道駅のように入鋏されました。1周15分とけっこうゆっくり回るゴンドラに乗ります。
Ehime20170108_71
雨で霞んでいて、松山城は霞の中に見える感じです。

数台前がシースルーゴンドラでした。
Ehime20170108_72
下からこれだけ見えるということは、乗っている人は本当に下が丸見えなんですね。自分はたとえ乗ったとしても水平より下に視線を向けられそうにありません。

坊ちゃん列車のイラストが見えます。
Ehime20170108_73
あれが伊予鉄本社ビルで、1回にスターバックスコーヒーと坊ちゃん列車ミュージアムがあります。地上からだと、意外とミュージアムの場所がわかりにくいのです。ミュージアムよりもスターバックス目印に行かないとダメなんですね。

登り切ると今度は、路面電車が見えます。
Ehime20170108_74
下がりすぎると、ビルの壁面で見えなくなってしまいます。時間にすると4分くらいかな。見えているのは。

Ehime20170108_75
ゴンドラのガラスと雨に阻まれて、うまくピントが合いません。しかも暗いし。天候が悔やまれました。でも、ビルの9階から始まるゴンドラなので、かなり高いところまで見えて楽しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-14)

8 勝山町11:35→11:46松山市
撮影を終わりにして、勝山町電停に向かいます。次に来た松山市行きに乗っていきます。松山市で降りると、先ほど撮影に失敗した坊ちゃん列車の第1編成が停まっていました。
Ehime20170108_66

新型電車が発車した後で、坊ちゃん列車を撮影します。
Ehime20170108_67
今日は古町14:47の坊ちゃん列車に乗る予定です。この第1編成になるのか、先ほど古町駅で見た第2編成がそのまま来るのか。どちらになるでしょうか。

さて、昨日の夜に引き続き、昼食はとんかつ「清まる」へ行きます。今日は、昨日のメニューで見た変わりトンカツにチャレンジです。
Ehime20170108_68
自分が頼んだのは、「あんチーズとんかつ」です。肉の間にあんことチーズを挟んで揚げたとんかつです。豚肉とチーズの塩味とあんこの甘みが合わさると、意外とおいしいです。

辛い物好きの家人が頼んだのがこれ。
Ehime20170108_69
「激辛 花火とんかつ」です。肉の間に辛口チョリソーとラー油の沈殿物みたいな辛いもの。それにチーズが挟まっています。お互いにひと口ずつ交換しました。

どちらも単品で頼んだので、ご飯代わりに頼んだのが、メンチカツサンドです。
Ehime20170108_70
まさかパンが焼いてあるとは思いませんでした。メンチカツも揚げたて。シャキシャキキャベツと相まって、とってもおいしいサンドイッチでした。これも、家人と分け合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで愛媛(3-13)

古町からの第2編成が勝山町電停に近づきます。
Ehime20170108_61
この先、左折します。路面電車は黄色矢印で進行するので、センサーを作動させるために、パンタグラフ代わりにビューゲル状の機械を揚げています。

Ehime20170108_62
矢印信号まで電停で停まると思っていたのですが、そのまま通過です。これは予想外です。

反対側からは、松山市行きの第1編成が近づいています。
Ehime20170108_63
でも、このタイミングだと、車が途切れないのです。あぁ、機関車がすれ違います。

Ehime20170108_64
ダメです。右折車と被ってしまいました。

たしかに、勝山町電停付近で行き違うことは確認できましたが、キレイに撮ることは叶いませんでした。
Ehime20170108_65
第1編成は、松山市へと去って行きました。この交差点の角にセブンイレブンがあります。2階がイートインコーナーになっていることに、写真を撮っている最中に気づきました。あそこで何か食べながらなら、上手く撮れたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧