カテゴリー「 バス(車両・会社)」の482件の記事

2020年9月20日 (日)

京成バスと新京成(9)

メッセ中央バス停から連節バスに乗って幕張本郷駅へ向かいます。
Keisei_bus_20181020_041

途中の海浜幕張駅では、こんな乗換案内も出るのですね。
Keisei_bus_20181020_042
やっぱり都会のバスは進んでいるなぁ。

幕張本郷駅から京成に乗って京成津田沼へ。そこから新京成に乗り換えて、いったん新津田沼で降ります。
Shin_keisei_20181020_43
乗ったのは、8000形の旧塗色車でした。

Shin_keisei_20181020_44
紫と桃色の塗色からこの塗色に変わったときは、なんともさえない塗色だなと思ったものです。

Shin_keisei_20181020_45
そんな塗色も白とピンクの新塗色に変わってきています。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(8)

会場を出て、メッセと一般道との接続部分へ移動します。先ほどダブルデッカーに乗って、試乗車の経路がわかったので、走行風景を撮っておこうと思ったのです。出口部分なら歩道から撮れますから。
Keisei_bus_20181020_036
まずは「K STAR LINER」がやってきました。

Keisei_bus_20181020_037
夜行専用車だからか、窓ガラスの色がかなり濃いように思いますが、気のせいでしょうか。

続いて「ELEGANCE DOUBLE DECKER」がやってきました。
Keisei_bus_20181020_038
こちらは、まだ日本では少数派ですからね。

Keisei_bus_20181020_039
やっぱり大きいですね。

Keisei_bus_20181020_040
警備員さんの誘導で、一般道へと試乗会へ出て行きました。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

京成バスと新京成(7)

こちらは、市川東高校の美術部がデザインしたバスです。
Keisei_bus_20181020_031

ドア側はこんなデザインです。
Keisei_bus_20181020_032

こちらは千葉内陸バスです。
Keisei_bus_20181020_033
トミーテックがデザインしたハイブリッドバスだそうです。

Keisei_bus_20181020_034
この車両のバスコレクションがあるのですが、この場所では売っていませんでした。

Keisei_bus_20181020_035
後部の広告枠はTOMIXのNゲージです。デザインだけでなく広告もトミーテックですね。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(6)

屋内展示を見ていきます。
Keisei_bus_20181020_026
東京オリンピック関連の臨海部のBRTに関する展示がありました。ここを走る連節バス、京成バスが運行するのですね。

屋内ステージでは、学校などの団体の演奏や演舞が披露されています。それと同じ会場で、バスの展示もやっていました。
Keisei_bus_20181020_027
リカちゃんラッピングのかつしかのバスです。

少し横気味に撮ります。
Keisei_bus_20181020_028
しっかり寅さんサミットの案内も貼ってありますね。

こちらはちばシティバスの復刻塗色バスです。
Keisei_bus_20181020_029

こちらは、一定時間毎にLED表示が変更されていました。
Keisei_bus_20181020_030
屋内展示なので、LEDが欠けることなく撮れるのはうれしいです。

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

京成バスと新京成(5)

屋外の試乗はもう1台あります。
Keisei_bus_20181020_025
安全運転訓練車という事業用車です。

こちらは動くわけではなく、内部の見学です。
Keisei_bus_20181020_021

内部の機器はすごいですね。速度やブレーキだけでなく、各方向のGを測定できる装置などがたくさん積んであります。
Keisei_bus_20181020_023
戸閉時にコレが出ているにもかかわらず閉めてしまったら、人身事故になってしまいますね。

Keisei_bus_20181020_022
全運転士が一定期間毎にころで訓練をうけるのだそうです。自分の問題点を自覚するのが目的とのことでした。

Keisei_bus_20181020_024
うちの会社にはこんなのありません。受けてみたい気もするし、怖い気もするしです。自分が今現在、きちんとできている点とできていない点を具体的に確認してみたい気はありますけど。

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

京成バスと新京成(4)

そろそろ降りようかと思ったら、後ろに「K STAR LINER」がやってきました。
Keisei_bus_20181020_016
試乗客を降ろすために、降車場につけるようです。

前方座席も撮ってから降りることにしました。
Keisei_bus_20181020_017

降りたところが、試乗車の降車場です。
Keisei_bus_20181020_018
「K STAR LINER」がまもなくドアを開けるようです。

こちらが今回乗った2階建てバスです。
Keisei_bus_20181020_019
こちらは「ELEGANCE DOUBLE DECKER」という愛称がついています。

「K STAR LINER」の下車客の要望に応えて、仮眠室を見せてくれました。
Keisei_bus_20181020_020
かなりきちんとした布団が敷いてあるのですね。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(3)

階段直後の座席に座りました。
Keisei_bus_20181020_011
天井は低いですが、階段上にモニタがありました。座った席の正面になります。

先ほどの夜行高速バスとは違い、カーテンが開いています。
Keisei_bus_20181020_012
2階席からの景色を楽しめます。

Keisei_bus_20181020_013
メッセの周りを1周しました。

下車場所に着きました。
Keisei_bus_20181020_014
乗車場所とは少し離れています。

降りる前に空席になった後ろ側の座席を撮ります。
Keisei_bus_20181020_015
やっぱり昼行の空港バスなので、座席は狭めですね。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

京成バスと新京成(2)

車内の正座は12星座が描かれているそうです。
Keisei_bus_20181020_006

星座は詳しくないのですけど、これはサソリ座ですよね。
Keisei_bus_20181020_007
個人的には、こうやって試乗会で乗る分にはたのしいですけど、実際に夜行便で乗るならシートカーテンがある目の前が暗くなる車両の方を選択しますね。

降りた後でようやく撮れました。
Keisei_bus_20181020_008
これが今日乗った「K STAR LINER」です。

続いて、2階建てバスの試乗会に並びます。
Keisei_bus_20181020_009
こちらは1回に乗車できる人数が多いため、それほど待たずに乗ることができました。

東京駅・鍛冶橋駐車場~成田空港の「有楽町シャトル」に使用されるバスだそうで、スカニアのエンジン・シャーシにバンホールの車体という外国製のバスです。
Keisei_bus_20181020_010
1階は車椅子座席と荷物置場で、一般客席は2階部分だけです。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(1)

2018年10月20日(土)。今日はお休みです。希望休を出したわけではないのですが、休みに当たりました。

今日は京成バスと新京成電鉄でイベントが開催されます。せっかく休みに当たったのだし、行ってみようと早起きして幕張メッセへ向かいました。

Keisei_bus_20181020_001
開場前に着きました。待機列に並んで待ちます。

開場と同時に列が動き始めました。まずは試乗会へ向かいます。今日は夜行高速バスと2階建て高速バスの2つの試乗会があります。まずは、キャパの小さい夜行高速バスの方へ並びます。
Keisei_bus_20181020_002
K STAR LINER」という、大阪・神戸線などに使われるバスだそうです。

Keisei_bus_20181020_003
明かりがついているときは、普通の高速バスに見えます。

Keisei_bus_20181020_004
3列独立リクライニングシートです。夜行仕様での乗車体験なので、遮光カーテンがすでに閉められています。

そして、消灯して試乗会です。
Keisei_bus_20181020_005
天井に正座が浮かび上がるのがこのバスの特徴です。全部、手書きで作ったとのことです。蛍光灯カバーにまで星がありますものね。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

10月14日のお仕事

2018年10月14日(日)。今日はいすみシャトルの担当です。

昼間は雨が降っていました。
Kominato20181014_01
雨が降ると、笹や木の枝が道路にしなってくるので、運転はとても気を遣います。車高の低い普通車なら気にならない枝も、バスだと当たるものがたくさんありますからね。

Kominato20181014_02
夜になってようやく止みました。夜は濡れた路面のラインは見にくいので、少しでも乾いてくれると助かるのです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧