カテゴリー「 バス(車両・会社)」の391件の記事

2017年6月15日 (木)

いばらき鉄バス紀行(2) 

日向になっている先頭も撮っておきます。
Ibaraki20161113_06
かつては、北海道とか北陸にもこんな前面形状のディーゼルカーがいましたが、今はこれだけになってしまいました。

装飾は完全にいわて仕様です。
Ibaraki20161113_07
盛岡の車両だからしかたないです。その盛岡の車両に、茨城で乗れることが貴重です。何よりも、JRで現役のキハ28・58系列は、改造されているとはいえKENJIだけですから。

いったん改札を出て、駅前の茨城交通の案内所を目指します。
Ibaraki20161113_08
いきなり、こんなバスが停まっていました。旧茨城オートの塗色を上下に残して、真ん中を茨城交通の白と青に塗り分けたような塗色です。こんなの初めて見ました。

水戸駅前はいろいろなバスが来るので見ていて楽しいです。
Ibaraki20161113_09
白を基調とした茨城交通、赤と黄色の旧茨城オート塗色の茨城交通。JRバス関東に、関東鉄道グループ塗色の関鉄グリーンバスが停まっていました。

茨城交通の案内所でこんなきっぷを買いました。
Ibaraki20161113_10
「路線バスの旅」という、乗車券と観光券がセットになったきっぷです。この「龍神大吊橋・奥久慈散策コース」は11月の限定で、しかもシャモ弁当の関係から毎日枚数限定発売とありました。始発の常陸太田駅前でも残数がある限り当日発売をするそうですが、心配なので事前に水戸案内所に買いに来たのです。バラバラに買うより160円とわずかに安くなるそうです。それよりも、確実に玉屋旅館で「シャモ弁当が」食べられることの方にメリットを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

WAKU WAKU 日東バスフェスタ(3) 

その他の展示車です。
Nitto20161016_11
これは車内で「イラスト展」をやっているバスです。

Nitto20161016_12
ステキなイラストです。ポストカードセットにでもなっているなら買おうと思ったのですが、そういうものはありませんでした。

Nitto20161016_13
車内にブルーシートを貼ってあるバスがありました。一体何かと近づいてみました。

Nitto20161016_14
関係者控え室の貼り紙がありました。もしかすると、着ぐるみの待機所なのかもしれません。

路線バスもきていました。
Nitto20161016_15
君津駅とここイオンモール富津を結ぶバスも、ここで撮ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAKU WAKU 日東バスフェスタ(2) 

物販コーナーは、それなりに面白モノがありました。1個100円のつり革をいくつか買いました。それから、バスのボディに貼る「ISUZU GARA」のロゴシール。これって本来は補修部品なんだろうな。そして、いちばん買ってみたかったのはコレです。
Nitto20161016_06
車検切れの中古車です。

Nitto20161016_07
50万円が税込みなのか税別なのかは聞き忘れました。

Nitto20161016_08
これが富士重工の5Eだったら、工面して買ってしまったかもしれません。

これ以外にも、展示車があります。
Nitto20161016_09
マザー牧場ラッピングのエルガミオです。

Nitto20161016_10
中は普通の路線バスなんですけどね。見ていて楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WAKU WAKU 日東バスフェスタ(1) 

2016年10月16日(日)。鍵開けボランティアを終えたあと、自家用車で富津のイオンモールへ行きました。今日は、そこを会場に日東交通グループの『WAKU WAKU 日東バスフェスタ』が開催されるのです。

着いたとき、ステージではすでにイベントが始まっていました。
Nitto20161016_01

地元のキャラクターが登場して、何やらダンスをしていました。
Nitto20161016_02
左から、富津市の「ふっつん」、君津市の「きみぴょん」、マザー牧場の「マーモママ」です。

乗車体験は、ちょうどよい時間の整理券がとれませんでした。残念。そこで、ショッピングモール内をめぐるスタンプラリーに参加します。
Nitto20161016_03
達成記念の缶バッチが、なかなかマニア向けです。いいですねえ、この図案は。

体験乗車の観光バスが帰ってきました。
Nitto20161016_04
整理券がとれれば、こういうのに乗れたのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

佐倉コスモスフェスタとボンネットバス(4) 

もう1台がやってきました。
Sakura20161015_16

今回も、しばらく下車観光があり、それが終わると再び発車していきます。
Sakura20161015_17

今度は、光線を考えて待ち受けることができました。
Sakura20161015_18
まず、1台目がコスモスの向こうの道を行きます。

Sakura20161015_20
2台目も、ほぼ同じ位置を走っていきます。

Sakura20161015_20_2
振り向けば、線路沿いの道を2台並んで走り去っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉コスモスフェスタとボンネットバス(3) 

風車小屋の見学ができるそうです。
Sakura20161015_11
せっかくですから、見学しましょう。2階より上は、靴を脱いで上がるようになっていました。

Sakura20161015_12
1階にある風車の回転を動力に変える歯車です。一定方向に歯車が当たるので、そこだけ木がこすれているのがわかります。まだまだ序の口で、使い込むともっとへこむのだそうです。

Sakura20161015_13
2階の窓から見た風景です。いくつか窓があるので、次のボンネットバスはここから撮りましょう。

先ほどの橋を、この窓から撮ります。
Sakura20161015_14
橋の向こう側では、カヌーの練習をしているようです。

その手前をボンネットバスが走ります。
Sakura20161015_15
今回も2台の間隔は開いており、雁行というわけにはいきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

佐倉コスモスフェスタとボンネットバス(2) 

お客さんの見学の間、待機をするボンネットバスです。
Sakura20161015_06
さすがにこのときは、2台が並びました。

足下を見ると、蜂がいました。
Sakura20161015_07
羽音をたてて、せっせと花粉を集めていました。

やがて見学時間が終わり、ボンネットバスが発車していきます。
Sakura20161015_08
コスモス畑の向こうを走るボンネットバスを撮りたかったのですが、逆光でなかなか上手くは撮らせてくれません。

Sakura20161015_09
2台目も同じです。

道路の向こうは、京成電鉄の線路です。
Sakura20161015_10
これまた、人の多さと逆光で、何枚目かにやっと撮れたカットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐倉コスモスフェスタとボンネットバス(1) 

2016年10月15日(土)。鬼越駅から京成電車に乗って、臼井駅に到着しました。ここからほど近い、ふれあい広場を会場に「佐倉コスモスフェスタ」が開催されています。そこに、佐倉くさぶえの丘のイベントとしてボンネットバスがやってくるというのです。コスモス畑の中を走るボンネットバスを撮ろうとやってきたのです。

佐倉市は乗り捨て可能なレンタサイクルがあります。臼井駅で借りてふれあい広場まで行き、帰りは京成佐倉駅まで乗って行こうと考えていました。臼井駅最寄りの貸出所になっている自転車屋さんに電話すると「今日はすべて貸し出し中です」とのこと。これは予定外でした。ボンネットバスの時間もあり、タクシーでふれあい広場へ向かいました。3kmほどで、確か1000円前後だったと思います。

Sakura20161015_01
ふれあい広場のメイン、オランダ風車とその回りに咲くコスモスです。

Sakura20161015_02
秋ですねぇ。赤トンボも飛んできました。

Sakura20161015_03
今は風が無く、風車は止まっているのが残念です。

人が多くて、コスモス畑ではなかなか撮るところがありません。橋を通るところ撮ることにします。
Sakura20161015_04
国吉駅に停めてあったKさんのボンネットバスが、佐倉へ移動してイベントで活躍しているのです。2台の雁行運転を期待したのですが、間隔は開いていました。

Sakura20161015_05
2台目がやってきたのは、数分してからでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

サンキューちばフリーパスの旅(1-5) 

房総さとやまGOに乗車します。運賃先払いだそうで、乗車時に300円を払います。
Satoyama20161001_21
車内には、こんな貼り紙がありました。どうやら平日は大網白里市のコミュニティバスに使われている車両のようです。

車内では、ガイドさんの案内がありました。主に、停留所近くの観光案内でした。また、利用に関するアンケート用紙が配られ、今後も運転されたら乗りたいかのような項目もありました。
Satoyama20161001_22
久留里駅の乗降場は駅前のロータリーですが、位置は駅舎からいちばん遠いところでした。まあ、街中に行くには一番近いところといった方がいいでしょうか。

そろそろお昼です。久留里では有名な喜楽飯店へ行きます。前回行ったときは、行列ができていてあきらめたお店です。
Kururi20161001_23
みゆき通りという、薄暗いほとんどのお店がシャッターを閉めている狭いアーケードを歩きます。その中程にあるのが、喜楽飯店です。

ここだけ、光り輝いて明るくなっているといった雰囲気です。今日はまだ12時前ということもあり、空席がありました。
Kururi20161001_24
喜楽特製メン660円也と頼みます。醤油味ラーメンの上に、しょうが焼き肉ととろみのある餡が載っています。ちょっと変わった雰囲気ですが、基本全部醤油系の味なのでなかなかおいしいです。

食事も終わり、駅前に戻ります。
Kururi20161001_25
久留里は名水の待。駅前には自由に水を汲んだり飲んだりできる井戸があります。ここで一口水を頂いてから駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

近鉄とバス三昧の3日間(3-9) 

今日は近鉄の「週末フリーきっぷ」は使うものの、内容はバス三昧の1日なのです。午前中は堺での「スルッとkansaiバスまつり」に行き、午後は京都の山城教習所を会場に、MK観光バスが開催する「バス運転体験会」に参加するのです。

山城教習所の送迎バスは、近鉄新田辺駅から出ているというので、新田辺駅までやってきたのです。ところが、時間になっても送迎バスは姿を現しません。よく考えれば、教習所がやっているのにMK観光バスが同じコースを使ってイベントをやるはずがありません。ということは、今日は教習所は休みで送迎バスがないということです。

さあ、どうしましょうか。スマートフォンの地図ソフトで調べると、新田辺駅から山城教習所までは4km弱離れています。最後の手段はタクシーですが、もう少し安く上げたいです。路線バスはなさそうです。そうだと気づいて、スマートフォンのアプリを操作します。タイムズのカーシェアリングが新田辺駅近くにあるかな。2件ありました。ただ、どちらも空き無しです。とりあえずキャンセル待ちを入れると15:00になって空きができましたとメールが来ました。

タイムズのカーシェアリング、レンタカーと違ってガソリン代込みでガソリンを満タンにして返さなくてもいいのが、すごく楽です。レンタカーで最後にガソリンスタンドを探すだけで時間がかかってしまう時がありますから。

30分きざみの予約制だったのですが、前の時間に予約者がいなかったようで、着いたら「それじゃ、始めますか」ということになりました。

Mk_kanko20160925_41
今日運転するのは、一世代前のふそうのエアロクイーンです。教習車ではありません。営業車です。営業車しかも観光用のフルサイズを運転するのは初めてです。さすがに緊張します。

しかも、教習所のコースにはMK観光バスの社員の方の研修用に、あちこちにポールが立ててあります。自分とは反対回りに、その研修車が走ってくるのです。教習所のコースは、大型車が楽にすれ違えるようには造っていないので、すれ違いだけでも緊張します。

大型バスで、サイドブレーキをつかわないで坂道発進するコツなど、現役のドライバーさんからやり方を教えてもらい、教習所とはまた違ったテクニックがあることを教えられました。

最後にお願いして撮ってもらいました。
Mk_kanko20160925_42
ほら、ちゃんと運転したんです。

Mk_kanko20160925_43
こちらは、あまりよく写りませんでしたけど。MK観光バスのエアロクイーン、オリジナルトミカで持っているんですよ。だいぶ前に発売になったのですよね。それを運転できたということで、少々気持ちが高ぶりました。

ちなみに、社員さんの研修車は路線タイプでした。
Mk_kanko20160925_44
どちらのバスも、撮影並びに公開はかまいませんよと許可を得ています。

再びカーシェアリングの車を運転して16時過ぎに新田辺駅に戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧