カテゴリー「 鉄道(車両・会社)」の710件の記事

2018年8月22日 (水)

寝台券を買いに東京駅へ 

2017年7月20日(木)。今日は、午前中休みをとって東京駅へ行きました。

職場の同僚から、夏の親子旅の相談を受けたのです。小学生の子どもさんは、大の鉄道好き。2泊3日で鉄道を含めて家族旅行を楽しめるプランをという希望でした。そこで提案したのが、日曜夜出発しての夜行1泊を含めた3泊4日の四国旅行です。行きが夜行の方が、目が覚めて明るくなってから瀬戸大橋を渡るシチュエーションが、旅の始まりとしてはいいかなと思ったからです。帰りは松山空港から羽田へ飛ぶというプランです。

問題は、「サンライズ瀬戸」の寝台券を3枚も買えるかということです。そこで、プランを提案した以上、責任を持って買ってきましょうということで(ご本人には言ってませんが)、午前中休みを取って東京駅まで行って10時打ちしてもらおうということなのです。

今日、7月20日からは平日でも「休日おでかけパス」が使えます。もちろん、それを使います。
Sotobo20170720_01
自宅から上総一ノ宮まで自家用車で行き、7:17の総武快速に乗りました。

さて、東京駅で10時打ちしてくれるみどりの窓口を探さなくてはいけません。かつては、八重洲口に大きなみどりの窓口があってそこに並ぶようになっていたのですが、その窓口は今はありません。とりあえず八重洲口に行って聞いてみると、今は丸の内北口の1ヶ所だけ10時打ちをするとのことでした。ちょうど、総武快速ホームの上にある地下の窓口ですね。北口の自由通路を歩いて、八重洲口から丸の内口に回ります。
Tokyo20170720_02
よかった、誰も並んでいません。先頭なら、寝台券がとれる可能性が高いです。

第1希望 シングルツイン2人使用(大人1、小人1)とシングル(大人1)各1室
第2希望 シングル3室(大人2枚、小人1枚)

と書いて、順番を待ちます。この日は、10時打ち用の窓口は2窓でした。つまり2番目までに並んだ人が10時打ちしてもらえました。

地元の駅でも買えるといえば買えるのですが、窓口は1つで普通の乗車券類なども一緒に売っていますから、10時ちょうどに窓口が空いているかどうか微妙なのです。しかも、寝台券1枚ならともかく3枚となると、売慣れている駅へ行くのが正解と東京駅まで来たのです。

結果は、号車は離れてしまいましたが、無事に第2希望でとれました。
Tokyo20170720_03
これで、提案したプランが実行できそうです。なんとか面目が立ちました。

さあ、午後から仕事です。
Tokyo20170720_04
東京11:00の「わかしお7号」に乗って戻ります。

京葉地下ホームの降り口にある成城石井であんみつを買ってきました。
Tokyo20170720_05
無事に寝台券を買えたお祝い?に、わかしおの車内でホッとしながら帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

ポッポの丘にて(6) 

寝台車の窓は固定式です。さすがにこの暑さでは、車内の温度もかなりのものです。そろそろ、車外に出て丘を下ります。
Poppo20170716_26
上から大山ケーブルの車両をみたところです。パンタグラフが3基、なかなかおもしろい位置に付いているのですね。

箱根登山鉄道の電車も高いところから眺めます。
Poppo20170716_27
屋根上の機械がなかなかすごい量ですよね。

売店に行ったらソフトクリームがありました。
Poppo20170716_28
その中にソーダというのがありました。ソフトクリーム形のシャーベットのような、ソーダです。暑いときにはシャワシャワ感が気持ちよいです。

自宅への帰りがけに、桑田の揚江さんに寄りました。
Yoko20170716_28
夏季限定のジャージャー麺を選びました。もちろん、おいしかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッポの丘にて(5) 

貫通路を通って、オロネ24からオハネフ24の方へ行ってみます。
Poppo20170716_21
B寝台の窓から、113系や183系の並びが見えました。

開放式B寝台は寝台利用、ゴロンとシート利用を合わせて、何回か乗ったことがあります。
Poppo20170716_22
その時は、できるだけ上段を買っていました。下段は、枕元で廊下を歩く人のスリッパ音がけっこう気になること。荷物置き場がないことからでした。上段ですと、通路の上の空間、本当は予備のリネン類置き場らしいのですが、ここを荷物置き場に使えたからです。足音で悩まされることも少なく、下段よりよく眠れると思います。

形式にも寄りますが、車端にある2人区画です。
Poppo20170716_23
一度は使ってみたいと思ったものの、なかなかここの席番を引き当てることはできませんでした。

廊下の補助イスです。
Poppo20170716_24
朝、早く目覚めてしまったときなど、まだ下段のカーテンが閉まっている時間に、ここに座って景色を眺めるのがけっこう好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

ポッポの丘にて(4) 

DE10に続いて、オロネ24の車内に入ってみました。
Poppo20170716_16
ここは喫煙席ですね。上段の寝台がありません。

開放式A寝台です。
Poppo20170716_17
最後に「日本海」で乗るつもりで上段を買ったのですが、日本海側強風で運休になり乗れませんでした。

Poppo20170716_18
洗面所の冷水機です。ちゃんと紙コップもセットされていました。

2つあるトイレの1つです。
Poppo20170716_19
こんなに緑だったかなぁ。

洗面所です。
Poppo20170716_20
鏡が三面鏡になっているのは、朝の身支度のための寝台特急ならではの装備なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッポの丘にて(3) 

113系の先頭部カットです。
Poppo20170716_11
房総各線で、最終期まで活躍した218編成の先頭車です。かなり痛んできました。

こちらも、最後に湘南色に戻された117編成の先頭車です。
Poppo20170716_12
やっぱり、屋根のない屋外で風雨にさらされると、傷みも激しいようです。

今日はロープ内立入禁止の寝台編成が内部公開されています。
Poppo20170716_13
ということなので、ロープをくぐって中に入ります。

まずはDE10の運転台に上がります。
Poppo20170716_14
DD13とかDE10とか、入換用の機関車は、すぐに前後進が切り替えられるように、窓を背にして横向きに座るのですよね。今から30年近く前に、佐倉機関区でのDD13運転体験で初めて知りました。

運転席に置かれている運転時刻表です。
Poppo20170716_15
なんと、定期運行のなかった木原線の臨時試運転ダイヤのものが入っていました。この運転時刻表の方が貴重品なのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

ポッポの丘にて(2) 

暑いですが丘の上の展示を見るために、坂道を登っていきます。
Poppo20170716_06
その途中に、大山ケーブル(大山観光鉄道)の旧車が置いてあります。まだ、修復途中といった感じです。

丘の上に着きました。
Poppo20170716_07
ここは、房総ゆかりの電車と、寝台特急が展示されています。

183系は脚立がたてかけられて、修復作業の最中のようです。
Poppo20170716_08
幕が「わかしお」です。183系1500番台は、実情車でずいぶんお世話になった車両です。

183系0番台は、修復作業中でしょうか。
Poppo20170716_09
赤い帯も消えかかっています。塗装から修復しているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポッポの丘にて(1) 

2017年7月16日(日)。上総中川の県道踏切でいすみ鉄道を撮った後で、久しぶりにポッポの丘に行きました。

今は、期間限定で、箱根登山鉄道の110号が展示・公開されているのです。
Poppo20170716_01
残念ながら台車はありません。でも、屋根上にはパンタグラフも載っています。

Poppo20170716_02
ネットでの記事を探してみると、どうやらあの埼玉県のお医者さんが買ったようです。

Poppo20170716_03
横から見るとこんな感じです。階段を登って、車内見学もできるようになっています。

Poppo20170716_04
ドア間はボックス席が6組並びます。

Poppo20170716_05
この車両が現役のときに乗りに行きたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

い鉄を撮りながら出勤(June-3) 

2017年6月13日(火)。今日は午後から千葉で会議です。自家用車で出勤します。

行きがけに、四之町踏切付近へ寄り道します。
Isumi350_20170613_01
今朝の5Dは、351スナフキンでした。

足下を見ると、蝶が何匹も飛んでいます。
Isumi_kuniyosi20170613_02
ちょうどとまったベニシジミを1枚撮りました。

その後、大多喜方面に走り第一森宮踏切へ寄り道します。
Isumi300_20170613_03
この時期だけの、栗の花の後ろを走る8Dです。301パパ&ママでした。

茂原まで自家用車で行き、そこから本千葉までJRです。県庁近くの会場で会議でした。
Chiba_mono_20170613_04
まだ明るいし、ちょっと千葉モノレールでも撮っていきましょう。県庁前の1号線は2編成で運用です。1本は、台車から何から上下逆に描いた「ノモちゃん号」です。モノちゃんも逆に描かれて「モノちゃん」だそうです。

Chiba_mono_20170613_05
もう1本は、千葉マリーンズ編成でした。今日の1号線は2本ともネタ編成ですね。もう少しねばって撮影しようかなとも思ったのですが、疲れていたので1本ずつ撮って帰ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

寄り道しながら千葉そごうへ(5) 

千葉そごうでの目的も達成できたので、そろそろ帰路に就きます。
Neko_sogou_20170507_21

しかし、モノレールの1日乗車券を持っていたので、ついつい県庁前まで行ってしまいました。
Chiba_mono_20170507_22

そして、折返しの千葉みなと行きに乗ります。
Chiba_mono_20170507_23
アーバンフライヤーは、運転席の床の一部がガラス張りになっていて、下が見えるのです。

これに乗って、終点の千葉みなとへ行きます。これで、今日1日で千葉モノレール全線に乗車しました。
Chiba_mono_20170507_24
またしてもアーバンフライヤーがやってきました。

Chiba_mono_20170507_25
千城台行きのアーバンフライヤーに乗って、終点まで行きます。そして、自家用車を引き取って自宅へと向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寄り道しながら千葉そごうへ(4) 

岩合光昭さんの写真展を見たあとも、もう少しモノレールを撮っていきます。
Chiba_mono_20170507_16
ここは実に不思議な空間ですよね。ビルの屋上なのに、さらにその上をモノレールが走っているのですから。

Chiba_mono_20170507_17
ラッピング車も柱に邪魔されずに撮影できる場所でもあります。

Chiba_mono_20170507_18
再び千葉市消防団のサンダーバードラッピング車がやってきました。

場所を移します。
Chiba_mono_20170507_19
アーバンフライヤーの塗色を上下反転させた「ノモちゃん号」と通常のアーバンフライヤーの行き違いです。

Chiba_mono_20170507_20
そして、これは千葉モノレールのキャラクターの「ノモちゃん号」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧