カテゴリー「 鉄道(車両・会社)」の808件の記事

2020年7月 5日 (日)

8月10日のテツ

2018年8月10日(金)。今日は牛久線の担当です。

今日は金曜日なので、里山トロッコの運転日です。
Kominato20180810_01
2番線にやってきました。

やっぱり注目はヘッドマークです。
Kominato20180810_02
先週と同じ、サルスベリが生けられていました。

ちなみに今日の担当は日野のLED車です。
Kominato20180810_03
今日は2台ともフィンガーシフトです。

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

7月29日のテツ

2018年7月29日(日)。今日は牛久線です。牛久駅といえば、里山トロッコ号です。

今日はホームから撮らせてもらいました。
Kominato20180729_01
やっぱり、機関車よりも季節の花瓶ヘッドマークが気になります。

今日はこんな花が生けてありました。
Kominato20180729_02
いやあ、よくわからないのです。たぶんハーブの何かだと思うのですけど・・・。

今日の乗務はコレです。
Kominato20180729_03
毎度の日野の幕式車です。

バスターミナルで牛久駅に折り返します。
Kominato20180729_04
この路線では、循環器病センターを経由するかどうかが大事なのです。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

7月14日のテツ(2)

2018年7月14日(土)。牛久駅では里山トロッコを撮ることができました。

Kominato20180714_06
まだ夏休みになっていないからでしょうか。今日もそこそこ空席があるようでした。

Kominato20180714_07
ヘッドマークの花瓶ですが、またアジサイに戻っていました。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

7月5日のテツ

2018年7月5日(木)。長南2日目です。今朝は5:00までに出勤です。4時に起きて、支度をしてすぐに自宅を出ました。

午前中は、睦沢道の駅~茂原駅南口線の見習いです。これは忙しい線です。茂原駅でも放送や行き先を直してすぐに発車の連続です。とくに朝は鉄道への接続時間がタイトなので、まったくもってこなせる自信のない線だと思い知らされます。

午後からは里見地区の路線です。長南から市原鶴舞バスターミナルまで回送して、そこから里見地区を回る循環運転です。午後から3周するだけなので、覚えてしまえばこちらの路線はやりやすそうです。ただし、見通しの悪い狭隘路が若干ありますけど。
Kominato20180705_01
そして、午後はまたしてもふそう車でした。ノンステップでフィンガーシフトなんですけど、独特な形をしていて、車長は中型なのにホイールベースは大型車と同じで小廻りがきかない車両なのです。その感覚がつかめず、狭い交差点での右左折で苦労してしまいました。

始発便と最終便以外は、市原鶴舞バスターミナルでなく里見駅が始終点となる循環運転です。
Kominato20180705_02
そんなわけで、里見駅で撮影タイムが取れました。

里見駅は、ほぼ上下の行き違いがありますから。
Kominato20180705_03
上り列車も撮れてしまいました。

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

7月1日のテツ その2

2018年7月1日(日)。牛久駅では里山トロッコ1号の発車が撮れました。

7月に入って、ヘッドマーク花瓶がアジサイではなくなりました。
Kominato20180701_01
花の名前がわからないのです。造花じゃないですよ、ちゃんと花瓶に生花を生けてあるのです。

五井から接続になる普通列車がやってきました。
Kominato20180701_02
単行ですね。7月になったとはいえ、まだ夏休み前で梅雨も明けてません。あんまり乗客はいないようです。

今日の乗務は幕式車でした。
Kominato20180701_03
だからターミナル止まりは、補助板を使います。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

6月24日のテツと食

2018年6月24日(日)。今日は牛久線の担当でした。

休憩時間に、ちょうど里山トロッコの上り最終となる4号がやってきます。
Kominato20180624_01
ちかくに踏切にアジサイが咲いていたので撮りに行きました。今日の花瓶ヘッドマークは、アジサイオンリーですね。

鶴舞バスターミナルでの休憩時間に、今日もミニストップへ行ってしまいました。
Ministop20180624_02
今日、誘惑に負けて買ったものです。

Ministop20180624_03
いけないなぁ。おいしいなぁ。

今日の担当は幕車でした。
Kominato20180624_04
幕車に「市原鶴舞バスターミナル」は一応あるのですが、それには循環器病センター経由の文字がないのです。お客さんはどちらかというと、循環器病センターへ行くバスなのかどうかを気にする人が多いので、幕車の場合は今は使われていない鶴舞の幕に補助板でバスターミナルを表示して運転することが通常です。これなら、循環器病センター経由だということがわかりますから。

Kominato20180624_05
横幕にも循環器病センターの文字がありますし。

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

6月17日のテツ その2

上総牛久駅で、里山トロッコを撮りました。

里山トロッコ1号が2番線に入線しました。
Kominato20180617_06
客車の花瓶付きヘッドマーク。さすがに6月です。アジサイを中心に生けてありました。

Kominato20180617_07
6月の土曜日、それほど乗客は多くないようです。

そして、トロッコ接続になる五井からの列車がやってきました。
Kominato20180617_08
1両です。やはり、乗り継ぎ客もそれほど多くはないのでしょう。

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

横浜アリーナコブクロ(8)

横浜市電保存館を後にして、滝頭バス停から、始発の桜木町駅行きで桜木町駅まで乗りました。駅近くの、今風の中華屋さんで少し遅い昼食を済ませます。今度は、桜木町駅から新横浜駅まで市営地下鉄で向かいます。市営の1日乗車券をとりあえず有効に使って、横浜アリーナへ向かいました。

開場時間には、まだ少しあります。とにかく暑いです。近くに見えたローソンに入りました。
Yokohama20180603_36
チョコミントは好きなんですけど。暑いときは、タルト生地はいらなかったな。チョコミントのアイスそのものにすればよかったかな。でも、おいしかったんですよ。

今回はぬか喜びしてしまいました。
Kobukuro20180603_37
だって、アリーナ席当たったと思ったからです。調べてみると、横浜アリーナは、一般的にアリーナ席と言われているところはフロア席というそうで、アリーナ席はいわゆる客席なのだそうです。実際にそんな感じの席でした。

そして、グッズ販売です。今年のLEDが馬鹿でかいんです。ソフトクリームのようなトーチです。箱もでかいし。持って帰るのも大変です。今年のツアーは、これを毎回持ち込むのですね。自分は、次はさいたまスーパーアリーナよりずっとですけど。

この2018年6月3日のセットリストです。

1.YELL~エール~
2.One Song From Two Hearts
3.Million Films
4.ストリートのテーマ
5.
君になれ
6.
向かい風
7.
朝顔
8.
どんな空でも
9.
Ring
10.

11.

12.

13.
潮騒ドライブ
14.Moon Light Party!!
15.
轍-わだち-
16.
ONE TIMES ONE
~アンコール~
1.
赤い糸
2.
バトン

Million Films は、バックに映像が流れたんです。逆光の海をバックに、手前を電車が走っていくのです。菱形パンタグラフで、途中に非貫通の連結がある。どう見ても209系の8両編成なのです。なんて、コブクロのライブに行っても、テツな心が反応してしまいました。

終盤の轍は、いつもの通り大盛り上がり。今日も熱くなれました。

明日は仕事なので、東京21:00のわかしお21号には絶対に乗りたいからと、今日は新横浜~東京は東海道新幹線経由できっぷを用意しておきました。すっかり忘れていたのですが、東海道新幹線経由だから東京近郊区間外になり、しかも新横浜~上総一ノ宮間は101km以上になるから途中下車できるのですね。予定より早い時間の新幹線に乗れて、東京駅で40分近い時間ができたので、いったん改札を抜けてラーメンストリートで、ラーメンでも食べていきましょう。
Yokohama20180603_38
東海道新幹線から直接外に出る自動改札を通ったら、乗車券に「途中下車」と印字されました。今まで「乗車」「下車」は、週末パス等で押されたことはあるのですが、片道乗車券に「途中下車」と押されたのは初めてで、こんな機能があるということを初めて知りました。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

横浜アリーナコブクロ(7)

市電の線路を使ったビール輸送という解説もおもしろかったです。
Yokohama20180603_31
明治、大正時代は、市電の貨物電車でビール輸送をしていたのだそうです。これはキリンビールの箱ですよね。今でも、生麦にはキリンビールの工場がありますからね。

ガラスの瓶を割れないように藁でくるんで輸送したのだそうです。
Yokohama20180603_32

その他にも、昭和の懐かしい物品の展示がありました。
Yokohama20180603_33

そして、リニューアルで新しくできたのが、歴史展示コーナー、鉄道ジオラマ、多目的コーナーです。
Yokohama20180603_34
なかでも、歴史展示コーナーがおもしろかったです。路面電車で海水浴へ行こうというのがあったのですね。

Yokohama20180603_35
昔の制服の展示もありました。

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

横浜アリーナコブクロ(6)

1601号の運転台です。
Yokohama20180603_26
昔の路面電車は、スピードメーターがなかったという話は聞いたことがあるのですが、1601号の運転台には、たしかにスピードメーターらしいものがありませんでした。

運転席の後ろには路線図がありました。
Yokohama20180603_27
全廃されたのが、1972(昭和47)年3月31日とありました。自分は9歳ですね。まだひとりでは行けなかっただろうなあ。

1601に着けられたサボです。
Yokohama20180603_28
両端が同じ駅名ということは、循環系統なんですかね。

あともう1両、非営業車が保存されています。
Yokohama20180603_29
装飾が施された「花電車」です。装飾部分はあくまでも飾りで、車両としては無蓋貨車(貨物電車)なのだそうです。

Yokohama20180603_30
展示場では、実際に電気が点いた状態で展示されていました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧