カテゴリー「 バス旅」の579件の記事

2017年9月30日 (土)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-1) 

2017年8月31日(木)。早朝5:30過ぎに高速バスは長野駅前に到着しました。
Nagano20170831_01
今回の座席は中央のB席でした。運転士さんが、最後の乗車地京都駅を過ぎたら空席に移ってもよいと言ってくれたのですが、そのままB席を利用しました。以前乗った別会社のバスは、両側のA・C席のみ個別カーテンだったのですが、このバスは中央のB席もカーテンがありましたし、前後の席に客がいなかったのです。前からリクライニングが倒れてくることもなく、後ろに人に気兼ねすることな座席が倒せたので、そのまま座っていったのです。

降車バス停の前がローソンだったので、朝食用にオニギリとサラダ、それに飲み物を買って長野駅へ向かいます。
Nagano20170831_02
改札を入る前に、どこかトイレはないかなと探すと、この駅ビルが歩道橋へとつながる階に、快適なトイレがありました。ひげ剃り等の身支度をしてから駅の改札へと向かいました。青春18きっぷの5回目に日付を入れてもらい、改札を入ります。

乗車予定の電車まで時間があるので、とりあえず3本あるホームの真ん中、3・4・5番線ホームにおりました。すると2番線にしなの鉄道のリバイバル「リンゴカラー」の電車が停まっていました。
Nagano20170831_03
ある意味、なつかしいJRカラーです。長野支社の一時代は、電車はこのカラーでした。これは、6:24の妙高高原行きでした。

これから乗車する電車はこれです。
Nagano20170831_04
6;58の快速松本行きです。そう、特急「あずさ」用のE257系を使用した快速電車です。

そろそろ6番線ホームへ行きましょう。
Nagano20170831_05
5番線には、乗車予定の快速の直前を走る、6:31の普通飯田行きです。飯田線直通電車ですが、JR東日本の担当で、211系のロングシート車3連でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-19) 

終点の貴船口には、ほぼ定刻に到着しました。
Kyoto20170830_91
このバスの到着が16:35。ここで乗り継ぐくらま温泉行きが16:36です。わずか1分ですが、たぶん乗り継げるでしょう。

予想通り、数分遅れでバスがやってきました。
Kyoto20170830_92
乗客は2人だけでした。このバスに乗って、終点の鞍馬温泉へ行きます。

ところが、鞍馬駅前に着くと乗っていた2人がスマホの画面を出して、運転士さんにここで降りればいいのかと英語で聞いています。どうやら韓国の方のようで日本語はできません。運転士さんも困ってしまって、しばしの停車です。これは助太刀するしかないかなと、スマホ画面を見せてもらって、目的地を見るとどうやら駅前ではなく温泉のようです。運転士さんにその旨を伝えて、終点のくらま温泉バス停までバスをすすめてもらいました。

くらま温泉に到着です。自分は、露天風呂の日帰り入浴へ向かいます。露天だけなら1000円で入れます。先ほどの2人には、フロントの方を指さして教えてあげます。露天風呂は、それほど混ではいないのですが、やはり外国人率が高いですね。外国人観光客、それも鉄道や路線バスで移動している個人観光客が多いということを実感してしまいました。

帰りは、鞍馬温泉の無料送迎バスで叡電の鞍馬駅まで送ってもらいました。
Kyoto20170830_93
実は、この旅最後の夜は、夜行バスなのです。それで、どこかで入浴をとここへ立ち寄る計画を立てたのです。

鞍馬駅も八瀬比叡山口駅同様、レトロな雰囲気が漂っています。
Kyoto20170830_94
平日の夕方ということもあり、観光客の姿もゼロではありませんが、それほどいるわけでもありません。

駅の脇に保存されている、デナ21形電車の先頭部です。
Kyoto20170830_95
アニメ「有頂天家族2」とのコラボレーションで、偽叡山電車になっていました。といっても、「有頂天家族2」の中身は知らないのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-18) 

一番奥に停まっていたバスが、貴船口のLEDを表示して動き出しました。
Kyoto20170830_86
これが今日の貴船口行き最終バスです。京都方面は、乗車待ちの列もできているのですが、貴船口行きに乗ったのは、自分を含めて3名でした。

野村別れバス停から右に曲がって、峠道へ進みます。
Kyoto20170830_87
江文峠というバス停がありました。そこへ向けて、どんどん坂道を登っていきます。

上り坂が下り坂に変わりました。
Kyoto20170830_88
ここが江文峠なのでしょうね。

かなり坂を下ったところで集落に入りました。そして、右側の細道に入っていきます。
Kyoto20170830_89
この区間に静原というバス停がありました。この細道に入る前に無線でどこかに連絡をしていました。何だろうと思ったのですが、この細道を出たところにバスが待っていました。峠越えのバスは3本しかありませんが、市原方面から静原の細道を抜けて峠下の城山バス停までは、何本もバスが走っているのでした。

静原の細道を抜けたところに、こんなバス停がありました。
Kyoto20170830_90
西陣織のネクタイって、こんなところに製造場所があったのですね。

バスはいったん叡電市原駅近くの市原バス停に立ち寄ります。ロータリーをグルッと回って来た道を戻り、今度は貴船口方面への道を走ります。この便は、市原~貴船口間はバイパス経由で途中停留所はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-17) 

再び、神子ヶ淵バス停に戻ってきました。
Kyoto20170830_81
乗車するのは大原行きです。

15:25のバスが少し遅れてやってきました。
Kyoto20170830_82
行先表示器がフルカラーですね。塗色もちょっと違うようです。

終点の大原に着きました。
Kyoto20170830_83
バスがズラッと並ぶターミナルです。先ほど乗ってきたバスもいちばん右に停まっています。やっぱりどこか違うような・・・

気づきました。ナンバープレートが違うのです。一瞬、白ナンバーかと思いました。
Kyoto20170830_84
ラグビーワールドカップ特別仕様のナンバープレートですね。カラーのイラストが入っているから、寄付金付きバージョンですね。

これから乗るのは、貴船口行きのバスです。
Kyoto20170830_85
この3月から1日3往復だけ運転されています。もちろん、この路線も京阪の1dayパスで乗ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-16) 

しばらくしてやってきました。温かいフォンダンショコラとアイスのプレート。
Kyoto20170830_76
ちゃんと、ネコ耳つきです。

そして、アイスコーヒーも来ました。
Kyoto20170830_77_2
氷が肉球なんですよとのこと。あっ、ホントだ。

飲み物とのセットで900円でした。
Kyoto20170830_78
消費税が5%って、使っているレジスターも年代物ですね。

食べ終わって雑貨コーナーも寄ってみます。そして、また買ってしまいました。
Kyoto20170830_79
猫猫寺のオリジナルソングのCDです。1枚1000円とのことで、買ってしまいました。だって、このジャケット写真見ただけで、楽しそうですものね。

遠くから来た人には息子さんのイラスト入りポストカードをプレゼントとのこと。種類がたくさんあるのですが、これが気に入ってしまいました。猫と暮らしていると、本当にこう感じるんですよね。

2階が息子さんのアトリエだそうで、見学をすすめられたのです。猫も4匹いるそうで・・・。多少心が動きましたが、若き画家さんと会話する自信もないので、ご辞退して次へと進みます。
Kyoto20170830_80
それなりにおもしろい施設でした。京都の市街地から離れているので、簡単に来られるところではありませんが、機会があったらまた行ってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-15) 

カフェの間に入ってみます。ここは息子さんのふすま絵で囲まれています。
Kyoto20170830_71
三方にふすま絵があります。

Kyoto20170830_72
さっきの写実的な画法とはまったく違います。

Kyoto20170830_73
ニャンニャンとのことで、3面で22匹描いてあるそうです。

せっかくこの部屋に入ったのですから、休んでいきましょう。
Kyoto20170830_74
メニューも猫だらけです。

メニュー立ても猫だらけです。
Kyoto20170830_75
カフェの担当はお母さんです。このメニュー立てにあった、フォンダンショコラの飲み物セットをたのみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-14) 

ご本尊?の隣には、こんなものも飾ってあります。
Kyoto20170830_66
この猫のかぶり物、よかったら被って記念撮影しませんかと、お母さんがすすめてくれます。さすがに恥ずかしくてパスしてしまいました。後から来たカップルはうれしそうに撮っていました。やればよかったかなぁ。

Kyoto20170830_67
その隣のふすま絵は息子さんの作品です。このような写実的な絵もあります。

まったくタッチの違った絵もあります。
Kyoto20170830_68
廊下にもたくさん息子さんの絵が飾られていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-13) 

歩くと20分ほどかかるものの、バスならわずか2~3分で目的の神子ヶ淵バス停に到着しました。バスを降りて進行方向に歩いて行くと、目的地につきました。
Kyoto20170830_61
猫猫寺(にゃんにゃんじ)と読みます。お寺ではなく、猫のテーマパークだそうです。

Kyoto20170830_62
民家をそのまま利用した施設です。

Kyoto20170830_63
カフェと雑貨販売が中心なんですね。

でも、テーマパークというだけあって、いろいろと仕掛けがありました。
Kyoto20170830_64
ご本尊は大日猫来(だいにちにゃらい)、左にいるのが猫観音、右が猫不動です。この猫不動はお父さんの作品で、ご本尊やふすま絵は息子さんの作品だそうです。芸術一家なんですね。

Kyoto20170830_65
このご本尊は息子さんの作品で、目のガラス玉も自作されたそうです。どの方向から見て、こちらを見ているように見えるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-12) 

出町柳から14分ほどで、終点の八瀬比叡山口駅に到着しました。
Kyoto20170830_56
大きな屋根で覆われた、独特の雰囲気のホームです。

駅舎はちょっとレトロになっています。
Kyoto20170830_57
駅前のお店は、大原女の人形などを置いたりして、比叡山の入口よりも大原への入口を意識しているようです。

そういう自分も、これから目指すのはケーブルカーで比叡山ではなく、バスで大原です。
Kyoto20170830_58
駅にはバス停への道案内があり、ちょっと離れた駅前バス停まで迷うことなく行けました。

次のバスは14:21です。ちょっと時間があります。10~20分に1本あるのですが、ちょうど20分開いた時間帯でした。
Kyoto20170830_59
そのバスも、数分遅れて姿を現しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(1-2) 

今日は、羽田はまったくとれない場所に停まっていましたが、山口宇部でも撮りづらいところに停まっていました。
Jal20170826_06
羽田発が遅れたので、山口宇部着も15分ほど遅れて21:00のことでした。

バス乗り場へ急ぎます。本来のバスの発車時刻が21:00ですから。
Ubesi20170826_07
3台停まっているバスの真ん中の1台に乗車します。

下関行きと新山口行きは観光タイプですが、乗車する急行越後新川行きだけは路線車でした。
Ubesi20170826_08
乗客は3人で各停です。発車したのは21:22のことでした。

Ubesi20170826_09
空港の券売機で買った乗車券は300円でした。急行運転で途中の停留所も少なく、21:35には宇部新川駅前に到着しました。そのまま、予約してあった駅前のビジネスホテルへ泊まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧