カテゴリー「 バス旅」の701件の記事

2018年5月17日 (木)

内田園子!瞬貓Ⅲ!展へ(3) 

ロングウッドステーションは、長柄ダムの湖畔にあります。
Kominato_bus20170610_11
発車してすぐにダム湖に架かる橋を渡ります。

バスは進むにつれて、だんだんと乗客が増えていきました。その乗客が、浜野駅東口で一気に降ります。最初の予定では、終点の塩田営業所で乗り換えるつもりだったのですが、流れに乗って浜野駅東口で降りてしまいました。これが、間違いでした。千葉方面のバスは、浜野駅始発は東口からなのですが、姉ヶ崎始発便は西口の道路上からなのです。始発便は1時間以上なく、西口へ回ったのですがバス停の場所がわかりません。そのうち、1本向こうの通りをバスが走っていくのが見えました。
Kominato_bus20170610_12
しばらく駅前で考えたのですが、いい案はまとまりません。先ほど乗ってきたバスが、塩田営業所から再びロングウッドステーション行きになって戻ってきました。もう、バス旅はあきらめましょう。JRで市川まで行くことにしました。

市川駅から松戸行きの京成バスに乗れば比較的近くまで行くのですが、今日の目的地はここだけなので、歩いていくことにしました。
Ichikawa20170610_13
京成の踏切を渡ってさらに進むと、真間川を渡ります。手児奈橋という橋で真間川を渡ります。

Ichikawa20170610_14
「真間の手児奈」って、千葉に住んでいるといろいろと聞く昔話です。そんな地を歩いてみたのは初めてです。

Ichikawa20170610_15
手児奈をまつった手児奈霊堂にも寄ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

内田園子!瞬貓Ⅲ!展へ(2) 

5月20日にバスで千葉へ行ったときに、茂原駅南口からのロングウッドステーション行きが9:40であるのを確認しています。このまま茂原駅南口まで乗ると、どうやらタッチの差で間に合いそうにありません。大多喜からの経路と重なる浜町で降りることにしました。
Kominato_bus20170610_06
ここは、大多喜行きもロングウッドステーション行きも通ります。ガムテープが貼られているのは、この4月1日から休止になった路線でしょう。1つは、上永吉経由の長男営業所行き。もう1つは、HMC東京から路線を受け継いだ、給田経由長南行きでしょう。給田経由長南行きは、最後は平日のみ1日2往復まで本数が減っていました。

無事にロングウッドステーション行きの乗り継いで、終点のロングウッドステーションに着きました。
Kominato_bus20170610_07
これまた、HMC東京から移籍の907号でした。

小湊鉄道バスの夷隅・長生地区では数少ない大型ワンステップバスです。
Kominato_bus20170610_08
紅葉シーズンでは、養老渓谷で使われているのも見たことがあります。

ここから、浜野駅東口経由塩田営業所行きに乗り継ぎます。
Kominato_bus20170610_09
今度は、いすゞエルガかと思ったら、日野ブルーリボンでした。ライトが違いますものね。ちゃんとHINOとステッカーも貼ってありますし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田園子!瞬貓Ⅲ!展へ(1) 

2017年6月10日(土)。先週行こうと思っていたのに、大幅な予定変更で行けなくなってしまった、『内田園子!瞬貓Ⅲ!展』へ、今日こそは行こうと思います。

会場最寄り駅は、京成電鉄の国府台駅です。ということは、京成電鉄の千葉中央駅へ行ければいいわけで、それなら今日はいつもとは違った行き方してみようと、大多喜に車を置いて、小湊鉄道の大多喜車庫へ行きました。
Kominato_bus20170610_01
ここから茂原駅南口行きのバスに乗ります。

次のバスは911号です。
Kominato_bus20170610_02
中ドア4枚折り戸のワンステップバスです。横浜市交通局→HMC東京→小湊鉄道と移籍してきた車両です。登録ナンバーは、HNC東京千葉営業所でMOBARA BUSとして働いていた頃と変わりません。

車内はこんな感じです。
Kominato_bus20170610_03
小湊鉄道のバスにはあまり見かけない、明るい青色のモケットです。

Kominato_bus20170610_04
土休日は運用のない、勝浦市のスクールバス(小湊鉄道が委託されている)が窓から見えるところに停まっていました。

小屋の前には、房総さとやまGO!の停留所標識が置かれていました。
Kominato_bus20170610_05
また、走る時期になったら、ここから持っていって設置するのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

たまにはバスで千葉へ(5) 

西口側から歩いて、ちばフラワーバスの東金駅入口バス停へ行きました。
Flower20170520_31
ここからは、一般道経由の千葉駅行き、東金有料道路経由の「フラワーライナー」千葉駅行き、東京行きの高速バス「シーサイドライナー」が出ています。

さて、一般道経由の千葉行きはどうかな。
Flower20170520_32
一般道経由は11:33です。さすがに、これでは13:00の会議開始には間に合わない可能性大です。11:17の「フラワーライナー」に乗っていくことにします。

少し送れて、日野の標準床トップドア車がやってきました。
Flower20170520_33
これが「フラワーライナー」千葉行きです。これに乗っていきます。

中央二丁目バス停で降りて、京成の千葉中央近くにできた、ゴーゴーカレーに行きます。
Gogo20170520_34
ゴーゴーカレーに行くのは、能登半島のバス旅で、旧輪島駅跡に出来たお店に行って以来ですから、何年ぶりになるのでしょうか。ここが千葉県では初出店らしいです。久しぶりに食べると、このドロッとしたカレー、はまってきそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

たまにはバスで千葉へ(4) 

大網駅からは、東金駅行きの九十九里鉄道バスに乗車します。
Kujukuri20170520_26
大きな富士重工7Eがやってきました。

大網駅前に、7Eの2台並びです。
Kujukuri20170520_27
左が小湊鉄道、右が九十九里鉄道のバスです。傍目にはそっくりです。

東金行きですが、たぶん乗客は自分だけだろうと思っていたのに、もう1人いました。
Kujukuri20170520_29
途中の福俵まで260円でした。

終点の東金駅は、他の路線とは違い東口に入りました。
Kujukuri20170520_28
終点まで乗ると、360円でした。 JRなら190円(Suicaなら185円)の区間です。大網駅から乗ったもう1人の乗客は、終点の1つ手前サンピア前で降りていきました。たしかに東金駅からサンピアに行くには、運悪く2番線に到着すると、ホームから改札まで、改札を出て西口から東口までと2回跨線橋を渡らないとならないですからね。地平移動で行けるなら、それなりの利便性はあるということなのでしょう。

東口からは、九十九里鉄道バスの片貝から千葉への急行バスが出ています。ちょうどよい時刻にあったのですが、できるなら一般道経由で行こうと、西口にあるちばフラワーバスののりばへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

たまにはバスで千葉へ(3) 

次は大網駅終点です。
Kominato20170520_21
運賃は、茂原駅南口から530円です。JRなら240円(Suicaなら237円)区間です。週1便ということもあり、途中乗車もなく、乗客は終始自分だけでした。

さて、ここからはどうしようかな。千葉中央バスが千葉方面へ路線を延ばしていますが、今はほとんどやってきません。この時間利用できる便はありませんでした。
Kominato20170520_22
みごとに3台、小湊鉄道が並びました。

それじゃ、東金方面はどうかな。
Kominato20170520_23
かつては小湊鉄道がやっていて、今は九十九里鉄道の路線になっている東金行きののりばは4番線にありました。

Kominato20170520_24
下の方に、別紙で貼ってありました。東金駅東口行きは土休日のみ1本の運転です。しかも、間に合うじゃないですか。これに乗って、東金駅へ行きましょう。

乗ってきたバスは、10:25茂原駅行きとして折り返していきました。
Kominato20170520_25
帰りはマニアはおらず、乗客ゼロで発車していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

たまにはバスで千葉へ(2) 

途中からの乗車もありません。
Kominato20170520_16
新茂原駅入口バス停まで、茂原駅南口から230円です。JRなら1駅140円(Suicaだと144円とられてしまいます)です。

この片側2車線、中央分離帯ありが新茂原駅入口付近です。
Kominato20170520_17
ここを走る路線バスが、週1回なのです。

本納駅の手前から、旧道に入ります。
Kominato20170520_18
本納の街中にある、橘樹神社です。

永田駅入口バス停にさしかかります。
Kominato20170520_19
茂原駅南口から480円です。JRなら200円(Suicaなら195円)の区間です。

大網駅の高架線が見えてきました。果たして、大網駅までいくらかかるのでしょう。
Kominato20170520_20
その高架線を、京葉線直通快速が走っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまにはバスで千葉へ(1) 

2017年5月20日(土)。鍵開けボランティアを終えて、茂原駅までやってきました。まだ9時半だし、たまにはバスで千葉まで行ってみようかなという気になりました。

Kominato20170520_11
南口2番のりばから、9:40のロングウッドステーション行きに乗って終点へ。そこから塩田営業所行き、千葉駅行きと乗り継ごうと考えました。

ところが、6番のりばにバスがやってきたのです。
Kominato20170520_12
6番のりばから出るのは、高速バスと、一般路線の大津倉行き、大網駅行きです。

Kominato20170520_13
バス停の時刻表を見ると、土曜日のみ9:30の大網駅行きがあるのです。週1便のみ運転なんて、完全に免許維持路線ですね。(ちなみに2018年4月1日から運休路線となりました。今後は元旦のみ運転の、超免許維持路線になるようです)

方向幕も大網駅行きに変わりました。
Kominato20170520_14
週1回のチャンスですから、とりあえずこれに乗っていきましょう。

当然乗客は自分だけでした。
Kominato20170520_15
鈴木神経科医院前を過ぎると、この週1回のバスだけが通る区間に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

滝見学とお座敷電車(8) 

清水渓流広場から道の駅まで歩きます。2km弱ですから、30分あれば歩けるでしょう。
Boso_satoyama20170504_46
ここもほとんど流れがありません。ダム湖の一部なのでしょう。木が立ち枯れていました。

何カ所か橋を渡ります。
Boso_satoyama20170504_47
その度に、バス釣りをするボートを見かけました。

渓流公園から30分弱で道の駅にあるバス停に着きました。
Kamogawa20170504_48
高速バスは「君津ふるさと物産館」、房総さとやまGOは「道の駅・ふれあいパーク・きみつ」と異なりますが、同じ場所に立っています。ここを通る高速バスは、東京からのアクシー号と千葉からのカピーナ号の2つ。アクシー号は降車専用ですが、カピーナ号にはここから乗車できます。

乗車予定は13:46のカピーナ号です。ところが、道路は大渋滞。いつになったらバスが来るかわからない状況です。もう、運を天に任せるしかありません。実は、渓流公園から歩いていくル途中で、1台のカピーナ号とすれちがいました。だから、次の便がいつくるのかわからないのです。

それでも15:08に千葉中央バスの担当便がやってきました。
Kamogawa20170504_49
ゴールデンウィーク期間は、安房鴨川駅~亀田病院間は運休で、安房鴨川駅止まりになります。

安房鴨川駅に到着すると、運転士さんは「たいへん遅くなりました」とお詫びの言葉をいいます。自分は、途中で見た便が13:46の便で、乗ったのがその次の15:01の便だと思っていたのですが、そうではなかったのです。

途中で見た鴨川日東バスの便が130分遅れで走っていた12:11の便で、乗車したのが82分遅れの13:46の便だったのです。安房鴨川駅に着いたのが15:40のことです。本来なら安房鴨川駅15:00の便で折り返すのです。
Kamogawa20170504_50
バス停で待っていた乗客に、「支度をしますから、もう少しだけ待って下さい」と言って、運転士さんは駅前の公衆トイレへ走っていきました。ゴールデンウィーク期間の観光地を走る高速バスは、ものすごく大変そうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(7) 

遊歩道は一方通行です。滝見学が終わると、川回しでできた元川の湿地帯に架かる木道を歩いていきます。
Boso_satoyama20170504_41
時期になるとアヤメなどが咲くようです。今は、まだ花は少なく、カワトンボが飛んでいました。

駐車場に戻ると、15:00の房総さとやまGOが発車するところでした。
Boso_satoyama20170504_42
ここから鴨川へ抜ける予定なので、このバスは見送ります。

さすがゴールデンウィークです。この駐車場にもたくさんのお店が出ています。
Boso_satoyama20170504_43
「おさしみ唐あげ」だそうです。刺身でも出せる新鮮なさかなを唐あげにしたものだそうです。サワラの子ども、サゴチをいただきます。

お手製のタルタルソースでいただきます。
Boso_satoyama20170504_44
サゴチもいいのですが、添えられたタルタルソースがまた美味しかったです。タマネギなのかなぁ、シャキシャキした歯ごたえと味が魅力的。食べ終わった容器を捨てにお店に戻ってその旨を伝えると、「あれ、タマネギじゃないんです。刻んだタクアンなんです」とのこと。へえと、感心してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧