カテゴリー「 バス旅」の815件の記事

2020年10月 5日 (月)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(15)

水戸駅行きのバスが那珂湊駅前を発車しました。那珂湊の市街地を抜けて大洗へと向かいます。
Ibakou20181027_071
那珂川の河口にかかる海門強を渡ります。

今日もこの道は混んでますね。
Ibakou20181027_072
大洗側の方が高いので、登るように橋を渡ります。

橋上から見た太平洋側です。
Ibakou20181027_073
ピンボケ、手ぶれです。河口と太平洋がすぐそこに見えるダイナミックな風景です。

上流側です。
Ibakou20181027_074
高い堤防がないのですよね。左側には釣り人もいます。どうやってあそこまでいったのでしょう。

大洗側へ入りました。アクアワールド大洗を過ぎて海沿いの道を走ります。
Ibakou20181027_075
大洗神社の前を通過していきます。

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(14)

勝田15:14の阿字ヶ浦行きに乗って、那珂湊で降ります。
Hitachinaka20181027_066
那珂湊で行き違った勝田行きは、元JR東海のキハ11でした。こちらもクリーニング専科のラッピングでした。

走り去るキハ11の脇に、人気のキハ205が停まっていました。
Hitachinaka20181027_067
さすがにこれだけ色あせると、キレイな姿で走っているところを見てみたいなと思ってしまいます。

那珂湊駅から大洗駅を目指します。
Hitachinaka20181027_068

駅前に茨城交通のバス停があります。
Hitachinaka20181027_069
そこに、日祝日の大洗方面は7本ですと書いてあります。その中の15:35がまもなくやってくるのです。

やってきたのは、富士重工7Eボディのツーステップバスです。
Hitachinaka20181027_070
これに乗って、大洗駅を目指しましょう。ちなみに、このバスに「ときわ路パス」は使えません。

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

東京いろいろ乗り物おでかけ(12)

大関横町バス停で都営バスを降りて、都電三ノ輪橋駅前を通って、向かったのはジョイフル三ノ輪商店街です。
Yuru_tetsu20180506_56
この5月3日に開店した中井精也先生の「ゆる鉄画廊」に来たのです。

開店記念のお花がたくさん飾られています。
Yuru_tetsu20180506_57
中井先生のパネルもありました。

ギャラリー内はお連れ様も入店可なんですね。
Yuru_tetsu20180506_58
自分は、今日はひとりですけどね。

ギャラリー内はこんな感じです。
Yuru_tetsu20180506_59
いつもの展示会同様、撮影は可だそうです。それから、壁の額はすべて1つ1万円(税別)で買えます。

前回は、あゆみギャラリーでの即売会の時に、きみちゃんの塗りパネルを買いました。今回も、開店記念に1枚買いましょう。最初からそのつもりで来たのですから。
Yuru_tetsu20180506_60
今回は、高滝駅のネコ写真です。中井先生も在廊で写真の裏にサインもいただきました。夢は自宅に中井先生のネコ鉄写真を集めて「ニャかい精也展示コーナー」を作ることです。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(11)

拝島駅からは西武線で高田馬場駅へ向かいます。これも久しぶりに乗って、駅奪取しようという計画なのです。
Seibu20180506_51
それに気になっていたのは、この西武線を横切る線路です。錆具合からして、頻繁ではないけれども使用中の線路のようです。

ズームして撮ってみると、ノーズ可動式の立派なクロスです。
Seibu20180506_52
調べてみると、JR貨物が管理する米軍横田基地への燃料輸送線なのだそうです。週に数回は輸送があるらしいです。

拝島から西武新宿直通の急行電車に乗っていきます。
Seibu20180506_53
これで、高田馬場までの駅奪取未達成駅を奪取していくつもりだったのですが、途中で睡魔に負けてしまいました。小平から先のかなりの駅が未奪取のまま残ってしまいました。

高田馬場からは山手線に乗り換えて西日暮里で降ります。
Toei20180506_54
ここから浅草寿町行きの都営バスに乗って、大関横町バス停まで行きました。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(10)

中央線のガードをくぐり吉祥寺駅北口に回ると、周りのバスは西武バスと関東バスに変わりました。
Kanto_bus20180506_46

そんな北口がこの高速バスの終点でした。
Kanto_bus20180506_47
周りは路線バスだらけ。2階建てバスをキレイに撮るスペースはありませんでした。

バスの正面、前ドア寄りにはこんな特製の表示がありました。
Kanto_bus20180506_48
高井戸駅前での下車もなかったからか、定刻13:05到着のところ12:42と20分以上の早着となりました。

早く着いたのならそのまま進もうと、中央線の改札を入り12:51の八王子行きに乗りました。八王子駅構内のいろり庵で簡単に昼食を済ませて、久しぶりに八高線に乗車します。
Hachiko20180506_48
13:48の川越行きに乗り東福生で降ります。八王子~東福生間は、駅奪取できていない駅がけっこうあるので、奪取しながら拝島へ向かいます。

八王子行きがやってきました。
Hachiko20180506_49
先ほど乗ったのが209系3000番台、この電車が205系3000番台です。どちらも、このブログを書いている時点では、引退している編成ですね。この八王子行きに乗って拝島へ戻ります。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(9)

首都高速4号線を走って行きます。
Kanto_bus20180506_41
外苑出口ということは、右に見えるのは信濃町駅でしょう。

Kanto_bus20180506_42
千駄ヶ谷駅前を過ぎて、右手にNTTドコモ代々木ビルが見えてきました。

Kanto_bus20180506_43
高井戸出口で書と高速を下ります。

下車バス停に京王井の頭線の高井戸駅前があります。
Kanto_bus20180506_44
下車希望がなく、この日は通過しました。

吉祥寺駅が近づいていきました。
Kanto_bus20180506_45
すれ違う路線バスは、圧倒的に小田急バスが多いです。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

東京いろいろ乗り物おでかけ(8)

レインボーブリッジを渡った芝浦側はループ状になっています。
Kanto_bus20180506_36
そのループを走るゆりかもめを車窓から見ることができました。

その先では、左手に東京タワーが見えました。
Kanto_bus20180506_37

そして、右手には晴海のターミナルの向こうに東京スカイツリーが見えます.
Kanto_bus20180506_38
ほぼ同じ地点で、2つのタワーをみることができるとは思いませんでした。

更にその先では、左手に東京モノレールが見えました。
Kanto_bus20180506_39
もちろん、東京タワーも見えますけど。ゆりかもめと東京モノレール、2つとも見ることができました。

やがて左に進路を変えます。
Kanto_bus20180506_40
東京タワーの近くを通過していきました。やっぱり正面からの景色を眺められる2階建てバスの最前部は楽しいですね。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(7)

国際展示場駅を発車して、左手に東京ビッグサイトを見ながら走ります。
Kanto_bus20180506_31

首都高速の入口を目指します。
Kanto_bus20180506_32

台場入口から首都高に入ります。
Kanto_bus20180506_33
この先はレイボーブリッジです。首都高速に入ったので、レインボーブリッジは上段の自動車道を走っていきます。

Kanto_bus20180506_34
先ほど正面に見えたフジテレビが左手に見えます。

Kanto_bus20180506_35
さあ、お台場を後にして、武蔵野の吉祥寺を目指します。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(6)

ホテルの玄関のひさしが2階席から見るともう目の前です。ぶつからないことがわかっていても、ちょっと怖い感じです。
Kanto_bus20180506_26
前を走る京急のリムジンバスが小さく見えます。実物はけっこう大きいのですけどね。

二階の玄関から一般道へのアプローチがまた怖いです。
Kanto_bus20180506_27
直線ではなく右カーブですからね。

Kanto_bus20180506_28
ゆりかもめを見ながらお台場を走ります。

次のバス停はヴィーナスフォートです。ここもぶつかりそうなひさしの下にバス停があります。
Kanto_bus20180506_29
路線タイプのバスを使った、無料巡回バス「東京ベイシャトル」がとても小さく感じます。

そして、お台場地区最後のバス停が国際展示場駅です。
Kanto_bus20180506_30
ここはのりばが駅前ロータリー、屋根やひさしのないバス停でホッとします。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(5)

いつもと違う2階建てバスということで、乗車時に運賃を払って乗車券を受け取ってから2階席へ行くのだそうです。
Kanto_bus20180506_21
こんな、日付まで印刷されている乗車券が渡されました。

前に並んでいた幼児連れの親子は当然一番前へ行きました。自分が乗車券を買って同じく一番前へ向かいます。「子どもさんは1席使われますか」とたずねると「ひざの上に載せますから、どうぞ」といってくれました。
Kanto_bus20180506_22
そんなわけで、左側の最前列に座って、吉祥寺駅まで行けることになりました。

Kanto_bus20180506_23
先ほど歩いた、東京湾岸署の前を通ります。その先で右折していきます。

Kanto_bus20180506_24
こうやって見てみると、2階席はやっぱり高いなと感じます。

次のバス停は、グランドニッコー東京台場です。
Kanto_bus20180506_25
道路上ではなく、ホテルの玄関まであがるのですね。こんな大きなバスがちゃんと走れるのですか。乗っているだけなのに、手に汗握る感じです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧