カテゴリー「 汽車旅」の2385件の記事

2017年4月25日 (火)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-6) 

その他、ディーゼルカーの銘板も展示されていました。
Kominato20170409_26
宇都宮といえば、富士重工です。今は鉄道車両の製造は止めてしまいましたが。これは、富士重工になる前の富士産業の銘板なんですね。

興味を引いたのはこの時刻表でした。
Kominato20170409_30
大正15年9月1日改正のものが展示されていました。この日から、里見~月崎間が延長開業されたのです。

Kominato20170409_27
全区間走るのが1日9本です。上総牛久以南に関しては、この頃の方が多いくらいです。

Kominato20170409_28
大多喜方面のバスは、開業した月崎ではなく、上総牛久接続だったのですね。牛久から、駅から離れた鶴舞の町並みを通って大多喜に向かっていたのですね。

Kominato20170409_29
大多喜~上総牛久間のバスが、だいたい1時間20分かかっていますね。今とは比べものにならないくらい悪路だったのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-5) 

上総中野駅ですね。ここは、元々小湊鐵道が駅舎を持っていました。
Kominato20170409_21
JR最終日に、この小湊鐵道の窓口で上総中野から大多喜までの硬券を買った記憶があります。上総中野駅が完全に無人化されたのは、いすみ鉄道になってからのことです。

大多喜車庫です。掲げられた路線図が今よりずっと路線が多いです。
Kominato20170409_22
自分が社会人になった1985年当時は、早朝大多喜から千葉まで直通の快速千葉行きなんてバスがあったのです。

こっちは鉄道関係です。
Kominato20170409_23
今となっては、まったく見ることもない行き先のサボがいくつもありますね。

下に置いてあるのは、五井駅で展示されているSLのものです。
Kominato20170409_24
これが1号機関車の銘板です。

そして、これが2号機関車です。
Kominato20170409_25
現在展示中の機関車につけてあるのは、レプリカだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-4) 

JRの有人改札で、小湊鐵道の1日乗車券を提示して改札外へ出ます。東口の小湊鐵道本社へと向かいます。
Kominato20170409_16
本社の中に展示会場があるのです。

入っていくと、「右側に曲がって下さい。奧が会場です」と自然に声がかかります。
Kominato20170409_17
入口で記帳して、その際「中は撮影してもいいのですか」とたずねると、ちょっと考えてから「とくに秘密のものはないしいいですよ」とのこと。

中央に置かれている、これにまずは目が行きました。
Kominato20170409_18
里山トロッコの座席の試作品だそうです。ここで試作を重ねて、納得いったものを、実車に採用したそうです。形は同じでしたが、表面の仕上げが実車とこの試作品では違っていたみたいです。

Kominato20170409_19
椅子の形状を、小湊鐵道自らが造って決めていたとは知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-3) 

上総中野乗車から1時間10分で、五井に到着しました。
Kominato20170409_11
雨の日曜日で、運用についている車両が少ないのか、車庫にはたくさんの車両がいました。ただし、アートミックス2017のPR車両は、ここにはいないようでしたが。

五井駅は、閉鎖になった南側跨線橋をふさぐ板に、中学生の作品がありました。
Kominato20170409_12
地元、五井中学校の作品ですね。

五井まできたのは、展示を見たかったからです。
Kominato20170409_15
「いちはらアート×ミックス2017」の展示には入っていませんが、左上の「小湊鐵道100年と里山展」を見たかったからです。

しかし、100年への力の入れ方は、尋常ではないですね。
Kominato20170409_13
これが、そのチラシの1つです。裏面に上のような展示会の案内が書いてあります。

実は、表面は2種類あるのです。上のがバス編だとすると、鉄道編です。
Kominato20170409_14
普通のチラシとは一線を画するような、紙も厚めのよいものを使ってあります。ひそかに永久保存版チラシだなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-2) 

里見駅に到着しました。ここで、下りの養老渓谷行きと交換です。
Kominato20170409_06
ここでは、スタフの入ったタブレットを駅長さんが交換します。タブレット交換駅では、それをしやすくするように頭をそろえて停車するホーム配置が多いのですが、なぜかこの駅はお尻をそろえて停車するホーム配置です。駅長さんの移動距離が長いため、停車時間がそこそこあります。そんなこともあって、いったんホームに降りて撮影できました。

高滝駅を発車します。
Kominato20170409_07
ここも、まだ桜と菜の花が咲いています。この列車を後追い撮影している人も見えます。

上総牛久駅に着きます。2番線には「里山トロッコ1号」が停まっています。
Kominato20170409_08
今日は、この1号から運転です。多分、少し前に回送されてきたのでしょう。

ディーゼル機関車ですが、しっかり煙突からは白煙を出しています。
Kominato20170409_09
擬似的な「煙」ですから、本物の蒸気機関車のようにすすの入った黒い煙を吐くことはありません。

上総牛久駅を発車します。
Kominato20170409_10
小湊鐵道のトロッコのすごいところは、2軸客車を造ったことだと思います。今時、ボギー車でない旅客車両を造るとは、考えもしなかったですからね。本当にトロッコらしい乗り心地が味わえる車両で好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

速報:いちはらアート×ミックス2017(2-1) 

2017年4月9日(日)。今日も昨日に引き続き、「いちはらアート×ミックス2017」の会場を巡って観賞してきます。

今日は、上総中野駅10:47の五井行きに乗車します。
Kominato20170409_01
これに乗って、今日は一気に五井まで行ってしまいます。

そんなわけで、今日は車掌さんから1日乗車券を購入しました。
Kominato20170409_02
1800円です。今日は全区間を往復乗車するので、かなりお得になります。

養老渓谷駅を出てしばらく行くと、石神の菜の花畑の中を走ります。
Kominato20170409_03
車内から見ても、キレイに思えます。

月崎駅を発車します。
Kominato20170409_04

飯給駅を発車します。
Kominato20170409_05
今日もたくさんの人たちが、菜の花や桜と列車の写真を撮っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

速報:いちはらアート×ミックス2017(1-20) 

いよいよ3つ目のトンネルです。
Kominato20170408_96
こちら側から見るとコンクリートでできていますが、途中から五角形の素掘りになっていることがわかります。

ここは解説板がありました。
Kominato20170408_97
永昌寺トンネルという、これも120年近く前に掘られたトンネルだそうです。

反対側の出口から撮影します。
Kominato20170408_98
こちらから見ると、五角形の素掘りトンネルだということがよくわかります。ここから月崎駅までは、歩いて10分とかかりませんでした。

月崎17:52の上総中野行き最終列車がやってきました。
Kominato20170408_99
養老渓谷行きならもう1本ありますが、18時前にして全区間走る列車は最終になるのです。

終点の上総中野駅に到着しました。
Kominato20170408_100
今日はここまで自家用車で来たので、いすみ鉄道にのりかえることなく自家用車で帰宅しました。

いちはらアート×ミックス2017 スタンプラリー 本日のゲットスタンプ
<アートハウスあとうばらの谷>渓谷-1、おもいでの家、<上総大久保駅>白鳥-1、<旧白鳥小学校>白鳥-2、白鳥-3、<白鳥公民館>白鳥-4、<飯給駅>里見-2の7ヶ所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(1-19) 

目の前に姿を現したのが、このトンネルです。
Kominato20170408_91
五角形をした独特のトンネルです。

トンネルの手前に解説板がありました。
Kominato20170408_92
柿木台第一トンネルという、推定1899年に掘られたトンネルだそうです。120年近く前に掘られたのですね。

内部はこんな感じです。
Kominato20170408_93
歩道なのか自動車の接触防止なのか、反射テープのついたポールが立ち、蛍光灯もついていました。

この道は、飯給~月崎間に3つの素掘りトンネルがあることで有名な道なのです。そんな話しを聴いてはいたのですが、歩くのは今日が初めてです。雨が上がれば歩こうと思っていたのと、今日の中井先生のギャラリートークでもでてきたので、行ってみようと決心したのです。

しばらく歩くと2つ目のトンネルが姿を現しました。
Kominato20170408_94
これはなんとも。岩をくりぬいただけといった感じのトンネルです。解説板がないので、名前などはわかりません。途中から路面も未舗装になり、灯りもないため歩きづらかったです。途中で月崎から歩いてきた人と出会いました。

出口が近づきます。
Kominato20170408_95
これまた、どこまでがトンネルでどこからが道路の側面なのかわかりません。巨大な岩山をくり抜いて作ったトンネルといった雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(1-18) 

飯給駅前にある、世界最大の女性用トイレが、「Toilet in Nature」という、アートミックス2017の作品になっています。
Kominato20170408_86
男性は中には入れませんが、扉が開いているので撮影することはできます。使用する場合は、扉を閉めて使っていないときは扉を開けておくようにと書いてありましたから。ここもアートミックス2017のスタンプラリーポイントになっていて、スタンプが置いてありました。男でも押せるように、もちろん扉の外にですけど。

男はドコで用足しすればいいのかなと思ったら、隣に男女身障者兼用の建物がありました。
Kominato20170408_87
今日は、ここから隣の月崎駅まで歩いてみます。なんとか明るい内に行き着くでしょう。

まだライトアップが始まらない飯給駅を見ながら坂道を登っていきます。
Kominato20170408_88

少し登ったところにある交差点で左折します。
Kominato20170408_89_2
これから歩こうと思っていた道、「房総ふれあいの道」として整備されているのですね。知りませんでした。2.4kmですから、45分もあればあるけるでしょう。

Kominato20170408_90
この柿木台踏切を渡って少し行ったところに、お目当てのトンネルが待っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:いちはらアート×ミックス2017(1-17) 

旧白鳥小学校から上総大久保駅へと歩いて行きます。踏切の手前で、下り列車を撮ります。
Kominato20170408_81
上総大久保15:59の上総中野行きです。この列車の折返しの上り列車に乗るのです。

Kominato20170408_82
上総大久保駅のアートミックス2017パネルです。ここは、姉崎中学校の作品でした。

先ほどの列車が折り返してきました。
Kominato20170408_83
上総大久保16:37の五井行きに乗車します。いすみ鉄道接続の上総中野始発ということもあって、車内はほぼ満席でした。

車掌さんから乗車券を買います。
Kominato20170408_84
2つ先の飯給まで210円でした。

飯給では10人近い人がおりました。
Kominato20170408_85
降りた人のほとんどが、去りゆく列車にカメラを向けます。そして、ホームの向かいの水田には、このあとライトアップされるサクラを撮ろうと、大勢の人がスタンバイしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧