カテゴリー「 汽車旅」の100件の記事

2019年3月26日 (火)

会議の前後で東京モーターショーへ(11)

次の駅がU09のテレコムセンター駅です。
Yurikamome20171104_51


車窓に、南極観測船宗谷が見えてきました。
Yurikamome20171104_52
これは、船の科学館の展示物です。本館は2011年に閉館してしまいましたが、宗谷や別館は現在でも公開されています。


その宗谷を過ぎると、U08船の科学館駅です。
Yurikamome20171104_53
この駅名も、まもなく変更されることが発表されました。


この駅を過ぎると、大きくカーブします。この辺りは、線路が大きくUの字に敷かれています。
Yurikamome20171104_54
後ろの展望塔が見えるのが、船の科学館駅の本館です。閉館されましたが、建物は残っています。


カーブを曲がったところにあるのが、次のU07台場駅です。
Yurikamome20171104_55

| | コメント (0)

会議の前後で東京モーターショーへ(10)

次の駅がU12、車両基地のある有明駅です。
Yurikamome20171104_46
他の駅と違い、中線もありホームも4番線まであります。


Yurikamome20171104_47
ですから、ホームを出ると複雑な分岐用の線路敷?が見えます。


Yurikamome20171104_48
その次がU11、先ほど1日乗車券を買った、国際展示場正門駅です。


発車すると、東京ビッグサイトが見えます。
Yurikamome20171104_49
高いところを走っているので、あの特徴的な建物がよくわかります。


次がU10の青海(おうみ)です。
Yurikamome20171104_50
最近、青梅(おうめ)と間違えられる駅として有名になっているところですね。実際は、青海に行きたいのに青梅に行ってしまったということらしいですが。その逆は、あまりないのでしょう。

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

会議の前後で東京モーターショーへ(9)

豊洲駅がU16ですから、新橋駅まであと15駅あるわけです。
Yurikamome20171104_41
U15は新豊洲駅です。
次はU14市場前駅です。
Yurikamome20171104_42
ローマ字の駅名を読むと「いちばまえ」ではなく「しじょうまえ」なんですね。
車窓から見えるのは豊洲市場です。
Yurikamome20171104_44
まだ使われてはいませんが、建物はすっかりできあがっているように見えます。
Yurikamome20171104_43_1
7200形と行き違います。
次はU13有明テニスの森駅です。
Yurikamome20171104_45
駅名の下に、それぞれイメージのイラストがあるのですね。

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

会議の前後で東京モーターショーへ(8)

まずは、新橋とは反対側の終点、豊洲へ向かいました。
Yurikamome20171104_36
豊洲からこの23編成に乗って、新橋に向かいます。
いちばん後ろの席に座ります。
Yurikamome20171104_37
あの車止めが現在の終点ですが、営業列車は今いる場所までしか乗れません。ここから後ろ向きに景色を眺めながら、新橋まで駅奪取していきます。
車内です。
Yurikamome20171104_38
廃車が進んでいる7200形です。ボックスシートとロングシートの千鳥配置です。
豊洲駅を発車いました。
Yurikamome20171104_39
渡り線を通って、新橋方面へ向かいます。
反対側には次の発車の7300形が停まっていました。
Yurikamome20171104_40
あちらは、先頭部分を除いて、ロングシートになった車両です。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

会議の前後で東京モーターショーへ(7)

そろそろ千葉へ向かいましょう。会議が終わったら、また夕方からこちらへ戻ってくることにします。
Tokyo_motor20171104_31
出口で再入場をしたいと申し出ると、こんな紙製のリストバンドをつけてくれました。これを夕方まで切らないようにしないといけないのですね。
会場を後にします。
Yurikamome20171104_31
行きはりんかい線で来ましたが、今度はゆりかもめに乗って新橋へ出ることにします。
Yurikamome20171104_32
国際展示場正門駅へ向けて歩いていきます。
Yurikamome20171104_33
ビッグサイトからは、いちばん近い駅です。
コロプラの駅奪取で、りんかい線を奪取しながら行きます。
Yurikamome20171104_34
自動券売機で1日乗車券を買います。どうせまた夕方戻ってきますから。ICカード(Suica)で買うことができました。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

会議の前後で東京モーターショーへ(6)

いすゞは、バスのエルガも展示していました。
Tokyo_motor20171104_26
横の表示機も、特別なサインになっていました。
Tokyo_motor20171104_27
車椅子乗車時の、折りたたみ椅子です。
Tokyo_motor20171104_28
折りたたんだ座席、座面の裏に当たる部分にも押しボタンが設置されていました。
その隣は、三菱ふそうのブースです。
Tokyo_motor20171104_29
エアロクイーンが出展されていました。
試乗して、中でいろいろと解説を見ることができました。
Tokyo_motor20171104_30
降りるとき、エアロクイーンのチョロQがプレゼントされました。

| | コメント (0)

2019年3月20日 (水)

会議の前後で東京モーターショーへ(5)

東1バス停の近くにあるのは、商用車のコーナーです。いちばんのお目当てのコーナーは、午前中に見ておきましょう。
Tokyo_motor20171104_21_1
入ってすぐのところが、日野でした。展示はポンチョです。
その隣がいすゞでした。いすゞはバスの他にも、こんなコンセプトカーが出品されていました。
Tokyo_motor20171104_22
宅配用の荷物運搬車だそうです。
Tokyo_motor20171104_23
この蜂の巣のような部分1つ1つがコインロッカーのようになっていて、あそこに車外から荷物を積めるのだそうです。
Tokyo_motor20171104_24
蜂の巣の周りにはLEDがあって、色が変わります。
Tokyo_motor20171104_25
大型荷物は車内に積むのでしょうかね。たしかに、車外から直接積んだり取り出したりできるという発想はありませんでした。
※3月21日夜になって、ようやく画像の挿入が出来ました。そんなわけで、修正しました。

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

会議の前後で東京モーターショーへ(4)  

ビッグサイトの高いところからの風景なんて見たことがありませんでした。
Tokyo_motor20171104_16
フジテレビやパレットタウンの観覧車が見えます。

納入業者やイベントスタッフなら、こんな風景を見る機会があるのでしょうね。
Tokyo_motor20171104_17

次々と見たことのない風景に出会えました。
Tokyo_motor20171104_18

なんと、ゆりかもめの車両基地への連絡線の脇を走るのでした。
Tokyo_motor20171104_19
出庫待機している車両を間近に見ながら走ります。

東1バス停に着きました。
Tokyo_motor20171104_20
西4には来ない、地上部分だけのシャトルバスが先に着いていて、のりばが空くまでしばしの待機でいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会議の前後で東京モーターショーへ(3)  

トミカのブースがあった西展示場4階には、ナンバープレートの展示がありました。
Tokyo_motor20171104_11
2019年ラグビーワールドカップのナンバープレートです。左側のイラスト入りが寄付金付きです。

こちらは、2020年の東京オリンピック、パラリンピックです。
Tokyo_motor20171104_12
右上のシンボルマークが異なるだけで、バックのイラストはどちらも同じです。

一般的なナンバープレートです。
Tokyo_motor20171104_13
自動二輪の営業ナンバーもあります。駅伝のテレビ放送を見ていると、後部座席にカメラマンを乗せた緑ナンバーの自動二輪が映るときがあります。でも、自動二輪に二種免許はないですよね。いったいどんな免許で運転しているのでしょうか。

西展示場4階からシャトルバスに乗ります。
Tokyo_motor20171104_14
西4→西1→東1→東3と循環運転するシャトルバスです。西4だけが4階で、あとはすべて地平にのりばがあります。

ビルの4階までバスがやってくるというのは、なんとも不思議な光景です。
Tokyo_motor20171104_15
中日臨海バスという会社のバスがやってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月17日 (日)

会議の前後で東京モーターショーへ(2)  

国際展示場駅でりんかい線を降りて、会場の東京ビッグサイトへ向かいます。
Tokyo_motor20171104_06
開場直後ですので、入場するのにも行列が出来ています。でも、自分はその行列に並びませんでした。事前にインターネットでT-TICKETを買っておいたのです。手持ちのTカードがそのまま入場券になるそうで、そちらはほとんど行列ゼロでした。機械にTカードをタッチして、それで入場です。

まずのお目当ては物販です。
Tokyo_motor20171104_07
毎年恒例のイベントトミカですよね。会期終盤に来て、はたしてどれくらい残っているでしょうか。

物販会場に着くと、やはり売りきれ続出です。こればかりは仕方ありません。残っている中から、自分の趣味の働く車を買います。
Tokyo_motor20171104_08
日野レンジャーです。

Tokyo_motor20171104_09
UDトラックスのクオンです。

Tokyo_motor20171104_10
三菱ふそうのエアロキングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧