カテゴリー「 汽車旅」の2274件の記事

2017年2月27日 (月)

サンキューちばフリーパスの旅(1-7) 

木更津から乗った173Mを浜金谷で降りるつもりだったのですが、なんと寝過ごしてしまいました。気づいたときは、すでにドアが閉まり浜金谷駅を発車するところでした。
Thanky_20161001_31
鋸山のトンネルを抜けて、次の保田駅で173Mを降ります。

Thanky_20161001_32
浜金谷で降りる目的の1つは「南房総フリーきっぷ」では乗れずに、この「サンキューちばフリーパス」で乗れるようになった、鴨川日東バスの東京湾フェリー~鴨川駅・亀田病院線に乗るためです。

幸い、時間には余裕があります。
Thanky_20161001_33
15分ほどの待ち時間で、14:49の千葉行き186Mがやってきました。

今度は寝ずに浜金谷まで過ごします。
Thanky_20161001_34
無事に浜金谷駅で降りました。

バスに乗る前に、久しぶりに鋸山ロープウェーへ行ってみましょう。
Thanky_20161001_35
天候は今ひとつですが、風はないので運行しています。駅で、運行状況がわかるのは、無駄足を運ばずに済むので助かります。鋸山ロープウェーは、旧搬器の最終日2012年12月7日(金)に来たきりで、約4年ぶりの訪問になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばフリーパスの旅(1-6) 

喜楽飯店での食事を終えて、久留里駅へ向かいました。
Thanky_20161001_26
ここから、再びサンキューちばフリーパスの旅に戻ります。

久留里始発12:55の木更津行きに乗車します。
Thanky_20161001_27
車内は制服姿の高校生であふれていました。土曜日に模擬試験でもあったのでしょうか。

久留里止まりの列車到着して、ようやく木更津行きの発車となりました。
Thanky_20161001_28
キハ30系列で運転されていた頃は、最低でも2両編成だったのですが、E130系列になってから単行が増えました。やはり、単行だと混雑します。

木更津駅に到着しました。
Thanky_20161001_29
久留里線の列車が到着した3・4番線ホームには、こんなレトロな自販機がありました。かつては、まちかどのスナックコーナーでも見かけた、その場で温め調理をする自販機です。駅のホームで生き残っていたとは思いませんでした。

木更津からは、13:54の内房線下り電車に乗って行きます。
Thanky_20161001_30
次に目指すのは、浜金谷駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばフリーパスの旅(1-5) 

房総さとやまGOに乗車します。運賃先払いだそうで、乗車時に300円を払います。
Satoyama20161001_21
車内には、こんな貼り紙がありました。どうやら平日は大網白里市のコミュニティバスに使われている車両のようです。

車内では、ガイドさんの案内がありました。主に、停留所近くの観光案内でした。また、利用に関するアンケート用紙が配られ、今後も運転されたら乗りたいかのような項目もありました。
Satoyama20161001_22
久留里駅の乗降場は駅前のロータリーですが、位置は駅舎からいちばん遠いところでした。まあ、街中に行くには一番近いところといった方がいいでしょうか。

そろそろお昼です。久留里では有名な喜楽飯店へ行きます。前回行ったときは、行列ができていてあきらめたお店です。
Kururi20161001_23
みゆき通りという、薄暗いほとんどのお店がシャッターを閉めている狭いアーケードを歩きます。その中程にあるのが、喜楽飯店です。

ここだけ、光り輝いて明るくなっているといった雰囲気です。今日はまだ12時前ということもあり、空席がありました。
Kururi20161001_24
喜楽特製メン660円也と頼みます。醤油味ラーメンの上に、しょうが焼き肉ととろみのある餡が載っています。ちょっと変わった雰囲気ですが、基本全部醤油系の味なのでなかなかおいしいです。

食事も終わり、駅前に戻ります。
Kururi20161001_25
久留里は名水の待。駅前には自由に水を汲んだり飲んだりできる井戸があります。ここで一口水を頂いてから駅へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

サンキューちばフリーパスの旅(1-4) 

上総中野10:47の五井行きに乗車します。
Kominato20161001_16
天気が悪いからか、この午前中の乗り継ぎで、相互に移動した数はそれほど多くはありませんでした。

上総中野から1駅8分で養老渓谷に到着します。
Kominato20161001_17
ここでは、乗り降りともにそこそこありました。

駅前に出ると「房総さとやまGO」のバスマスクを着けた小湊鉄道バスが停まっていました。
Satoyama20161001_18
どうやら、これが次の久留里駅行きの便になるようです。

近づいて見ると、ちゃんとバス停もありました。
Satoyama20161001_19

バス停側からバスを見ます。
Satoyama20161001_20
2ドア仕様の日野ポンチョです。どこかのコミュニティバスで使用されていたものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばフリーパスの旅(1-3) 

国吉駅に到着しました。急行1号は、ここで9分ほどの観光停車があります。
Isumi_kiha52_20161001_11
ところが、フロントガラスにたたきつけるような雨になりました。ホームへ降りる気力もなくなるほどです。車内で発車時刻まで待ちました。

大多喜駅に到着です。とりあえず、雨は通り過ぎたようです。
Isumi_kiha52_20161001_12
地面やホームは濡れていますし、空もどんよりと曇っています。大多喜も国吉同様に雨が降ったようです。

終点の上総中野に到着しました。
Isumi_kiha28_20161001_13
折返しは、大多喜行きの普通列車102Dです。いつもは普通列車区間もヘッドマークはそのままなのですが、今日はマーク部分のみ外して、遜色急行状態で走るようです。

しばらくすると、種別幕も準急から黒地白文字の「普通」になりました。
Isumi_kiha28_20161001_14
白地黒文字「普通」よりも、こちらの幕を出すことの方が少ないです。今日は、普通列車区間もいつもとは違った姿で走るようです。

そんな準備が整った頃、小湊鉄道がやってきました。
Isumi_kiha28_20161001_15
土休日、午前中の接続はこれ1本だけです。今日は小湊鉄道も2両編成でした。まだ紅葉シーズンには早いのですけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばフリーパスの旅(1-2) 

大原に到着しました。折返し、急行1号になるための準備が始まります。
Isumi_kiha28_20161001_06
快速幕も「房総の休日」も、100Dのみのバージョンです。

あれっ、幕が急行ではなく準急になりました。
Isumi_kiha28_20161001_07
土曜日は定番なら、急行「夷隅」なんですけど、どうなるのでしょうか。

Isumi_kiha28_20161001_08
今日は、準急「房総」で走るようです。

それでは急行券を買ってきましょう。
Isumi_kiha28_20161001_09
券売機のペラ券ではなく、窓口で硬券を買いました。裏面には「急行列車、準急行列車1回限り有効です。」の文字があります。そう、準急にも使えるのですね。

定刻9:18に大原を発車します。西大原を出て山間に入ると、いつものあの池が見えてきます。
Isumi_azuma20161001_10
10月になったとはいえ、まだまだ草深いです。スナフキンはテントにもたれかかってギターを弾き、リトルミイは倒れながら釣りをしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

サンキューちばフリーパスの旅(1-1) 

2016年10月1日(土)。鍵開けボランティアを終えて、この先は自分の時間です。今日と明日は「サンキューちばフリーパス」を使って、房総半島を回ります。

「サンキューちばフリーパス」は、この9月1日から11月20日までの連続する2日間、千葉県内のJR全線と小湊鉄道、いすみ鉄道、銚子電鉄の各鉄道路線に乗り放題になる乗車券です。
Thanky_20161001_01
バス路線も一部区間で利用できます。南房総フリーきっぷでは乗れない路線も、このパスでは乗れるものもあります。
Thanky_20161001_02
個人的には、鴨川駅~東京湾フェリーの路線が乗れるようになったのが大きいですね。

また、9月22日から12月11日の土休日に、市原市と君津市が協力して「房総さとやまGO」というバスを、養老渓谷駅~久留里駅間で運転します。途中、亀山藤林大橋(君津市)、七里川温泉(君津市)、老川(大多喜町)、弘文洞入口(大多喜町)という途中停留所ももうけられ、1乗車300円です。

まずは職場を出て、国吉駅まで自家用車で移動しました。
Isumi_kuniyosi20161001_03
駅名標の下のヒガンバナ、かなり鮮やかさがなくなってきました。そろそろ終わりの時期です。

そこへ、今朝の100D快速大原行きがやってきました。
Isumi_kiha28_20161001_04
今朝のヘッドマークは「房総の休日」です。これに乗って、まずは大原に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

近鉄とバス三昧の3日間(3-11) 

近鉄の「週末フリーきっぷ」最後の乗車になります。
Kintetu20160925_51
京都行きの特急に乗っていきます。

Kintetu20160925_52
一般型のACEの4両編成です。

今回の近鉄、どれくらい乗ったのかな。ケチ臭いですが、やっぱり計算してしまいます。
<1日目>
 近鉄名古屋→近鉄奈良 2250円
 近鉄奈良→吉野 850円
 吉野→大阪阿部野橋 970円
 鶴橋→大阪上本町 150円
 大阪上本町→近鉄奈良 560円
<2日目>
 近鉄奈良→京都 620円
 京都→賢島 2530円
 賢島→信貴山口 2180円
 信貴山口→高安山 550円
 信貴山下→近鉄奈良 440円
<3日目>
 近鉄奈良→大和西大寺 210円
 大和西大寺→近鉄奈良 210円
 近鉄奈良→大阪難波 560円
 大阪難波→新田辺 690円
 新田辺→近鉄奈良 400円
 近鉄奈良→京都 620円
 合計 13790円

発売額は4100円ですから、約3倍乗ったことにはなります。

京都からは新幹線です。
Kintetu20160925_53
キャンペーンで会員にはなっていたものの、EX-IC予約で乗車するのは、これが初めてです。自動改札の入り方がわからずに改札の社員の方にたずねると、そのままICカードをタッチすればよいとのこと。すると、何も入れていないのに、こんなカードがでてきました。どうやって自分の座席を確認するのだろうと思っていたのですが、こんなシステムだったのですね。


Kintetu20160925_54
新幹線は、京都18:26の「のぞみ250号」です。

車内で夕食にします。
Kintetu20160925_55
京都駅の売店で買った、「京田舎べんとう」という幕の内弁当です。おいしく頂きました。

東京からは21:00の「わかしお21号」に乗って、自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近鉄とバス三昧の3日間(3-10) 

運転体験会も終わって、とりあえずコインロッカーに荷物を預けた大和西大寺駅へ向かいます。新田辺16:24の急行に乗って大和西大寺に着きました。エスカレータを上がって、構内のコインロッカーから荷物を出してくるのに2分とかかりませんでした。

予約してある新幹線まで時間があるので、せめて奈良公園の鹿くらい見てこようと、奈良行きの電車に乗ります。
Kintetu20160925_46
急行とはいっても、大和西大寺から近鉄奈良までは各駅に停車します。16:44に出て、16:50には近鉄奈良駅に着きました。

そのまま、道を奈良公園の方に歩いていきます。
Kintetu20160925_47
歩いて5分もすれば、奈良公園の標柱が見えます。さて、鹿さんはどこにいるかな。

Kintetu20160925_48
いましたけど、妙に毛がふさふさしていて、ちょっと想像していた鹿さんとは違いました。

ほかにもいないかな。
Kintetu20160925_49
こちらの鹿さんの方が、自分のイメージに近い鹿さんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

近鉄とバス三昧の3日間(3-9) 

今日は近鉄の「週末フリーきっぷ」は使うものの、内容はバス三昧の1日なのです。午前中は堺での「スルッとkansaiバスまつり」に行き、午後は京都の山城教習所を会場に、MK観光バスが開催する「バス運転体験会」に参加するのです。

山城教習所の送迎バスは、近鉄新田辺駅から出ているというので、新田辺駅までやってきたのです。ところが、時間になっても送迎バスは姿を現しません。よく考えれば、教習所がやっているのにMK観光バスが同じコースを使ってイベントをやるはずがありません。ということは、今日は教習所は休みで送迎バスがないということです。

さあ、どうしましょうか。スマートフォンの地図ソフトで調べると、新田辺駅から山城教習所までは4km弱離れています。最後の手段はタクシーですが、もう少し安く上げたいです。路線バスはなさそうです。そうだと気づいて、スマートフォンのアプリを操作します。タイムズのカーシェアリングが新田辺駅近くにあるかな。2件ありました。ただ、どちらも空き無しです。とりあえずキャンセル待ちを入れると15:00になって空きができましたとメールが来ました。

タイムズのカーシェアリング、レンタカーと違ってガソリン代込みでガソリンを満タンにして返さなくてもいいのが、すごく楽です。レンタカーで最後にガソリンスタンドを探すだけで時間がかかってしまう時がありますから。

30分きざみの予約制だったのですが、前の時間に予約者がいなかったようで、着いたら「それじゃ、始めますか」ということになりました。

Mk_kanko20160925_41
今日運転するのは、一世代前のふそうのエアロクイーンです。教習車ではありません。営業車です。営業車しかも観光用のフルサイズを運転するのは初めてです。さすがに緊張します。

しかも、教習所のコースにはMK観光バスの社員の方の研修用に、あちこちにポールが立ててあります。自分とは反対回りに、その研修車が走ってくるのです。教習所のコースは、大型車が楽にすれ違えるようには造っていないので、すれ違いだけでも緊張します。

大型バスで、サイドブレーキをつかわないで坂道発進するコツなど、現役のドライバーさんからやり方を教えてもらい、教習所とはまた違ったテクニックがあることを教えられました。

最後にお願いして撮ってもらいました。
Mk_kanko20160925_42
ほら、ちゃんと運転したんです。

Mk_kanko20160925_43
こちらは、あまりよく写りませんでしたけど。MK観光バスのエアロクイーン、オリジナルトミカで持っているんですよ。だいぶ前に発売になったのですよね。それを運転できたということで、少々気持ちが高ぶりました。

ちなみに、社員さんの研修車は路線タイプでした。
Mk_kanko20160925_44
どちらのバスも、撮影並びに公開はかまいませんよと許可を得ています。

再びカーシェアリングの車を運転して16時過ぎに新田辺駅に戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧