カテゴリー「 ねこ」の827件の記事

2021年2月20日 (土)

夫婦で猫島 1泊2日(2-14)

出航時間は12:30ですからね。そろそろ港へ向かいましょう。
Fukashima20190224_066
そういえば、往復券の半券はあったなか。ありました。よかった、よかった。

防波堤を抜けて、港の桟橋へ向かいます。
Fukashima20190224_067
ネコさんたちも、桟橋へやってきます。見送ってくれるのかな。

Fukashima20190224_068
港の中にも、サンゴがみるのが深島です。

蒲江港へ向かうえばあぐりいんがやってきました。
Fukashima20190224_069
今日はちゃんと運航してくれるのですね。

ここまで見送りに来てくれたのでしょう。
Fukashima20190224_070
落ちるなよ。また機会があったら来るからね。

| | コメント (0)

夫婦で猫島 1泊2日(2-13)

そろそろ食堂へ向かいましょう。
Fukashima20190224_061

今回の旅では、夕食、朝食。そして出発前の昼食と3食お世話になりました。
Fukashima20190224_064
夕食以外は、ビックリするような食材はでませんでしたけど。

食堂前のベンチにも、相変わらずネコさんがいます。
Fukashima20190224_065

そして、食堂入口にもネコさんがいます。
Fukashima20190224_062
ごめんね。ここで靴脱いで上がらなくちゃいけないんだ。ちょっと通らせておくれ。

深島での最後の食事です。
Fukashima20190224_063
昼食にも、特産の麦味噌のお味噌汁がつきました。これ、美味しいですね。

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

夫婦で猫島 1泊2日(2-12)

再び味噌工場の方へ行ってみます。
Fukashima20190224_056
アンモニャイトが分離していました。

Fukashima20190224_057
こっちの方が立派なアンモニャイトですね。

ぐるっと回って、深島食堂の裏口へ行ってみました。
Fukashima20190224_058
今日も岩礁の上には今日も釣り人がいました。

Fukashima20190224_059
深島食堂の裏口には黒ネコさんがいました。

やっぱり食堂は正面から入った方がいいだろうな。再び味噌工場の方から回っていきます。
Fukashima20190224_060
たくさんのネコさんがくつろいでいました。

| | コメント (0)

2021年2月18日 (木)

夫婦で猫島 1泊2日(2-11)

島内散策用のカメラ等をのぞいて、荷造りは終わりました。10時半を回ったところです。昼食までは1時間ちょっとあります。もう少し島内を散策しましょう。
Fukashima20190224_051
やっぱり足の裏が冷たいのでしょうね。樹脂マンホールの上で固まっています。

Fukashima20190224_052
ここもそうです。寒い季節はマンホームのふたがネコホイホイなんですね。

Fukashima20190224_053
なんとか足下が冷たくないところをみつけて、そこでじっとしている子が多いです。

Fukashima20190224_054
ここなんか、しっかり眠っています。

Fukashima20190224_055
鉄板は、コンクリートと同じくらい冷たいと思うのですが。我慢強い子なんでしょうか。

| | コメント (0)

2021年2月17日 (水)

夫婦で猫島 1泊2日(2-10)

帰宅のための荷物の片付けをするために、いったん宿に戻りましょう。
Fukashima20190224_046
やっぱりコンクリートや土の上は冷たいのでしょうね。枯れ草の上には、お座り黒ネコさんと、アンモニャイト三毛猫さんがあいまいsた。

Fukashima20190224_047
この子たちが座っているのは、樹脂製のマンホールのふたの上です。

Fukashima20190224_048
ベンチの上にもネコさんがいます。

宿の玄関に着きました。
Fukashima20190224_049
玄関脇の木の台の上にもネコさんがいました。

部屋から外を見ます。
Fukashima20190224_050
やっぱり道路から我々を観察(監視?)しているネコさんがいました。

| | コメント (0)

2021年2月15日 (月)

夫婦で猫島 1泊2日(2-7)

人家の並ぶ道を歩いて行きます。といっても、実際に人が住んでいる家は少ないですけど。
Fukashima20190224_031
坂道にもかかわらず、あちこちにネコさんがいます。

Fukashima20190224_032
あら、こんなところにも隠れてましたか。

木の上にも、ネコさんがいます。
Fukashima20190224_033
この時期は、雄ネコが雌ネコを追いかけ回している姿を幾度と見ます。

人家の近くに積まれた発泡スチロール箱の1つに大きな穴が開いていました。
Fukashima20190224_034
あら、そこで暮らしているのかな。真ん中の小さい子はお二人のお子さんですかね。

この集落には、今は住んでいませんが校長官舎があるそうです。坂の行き止まりが小学校です。
Fukashima20190224_035
その手前に、頑丈な門のある建物がありました。これが島の給水施設です。ここを過ぎると、あまり大きくはありませんが、左手に貯水池が見えてきました。その脇をさらに登って行くと小学校にたどり着きました。

| | コメント (0)

夫婦で猫島 1泊2日(2-6)

港から引き返して、昨日は行かなかった宿とは反対蛾の山の上にある小学校へ行ってみましょう。
Fukashima20190224_026
ついてきてもご飯はないよ。

Fukashima20190224_027
深島大明神の前を通っていきます。

味噌工場の前には、相変わらずネコさんが集まっています。
Fukashima20190224_028

そして、この時間もご飯を食べているネコさんがたくさんいました。
Fukashima20190224_029
昨日見かけた、背中に白ダイヤのトラ猫さんがいますね。

Fukashima20190224_030
左側の三毛猫さんは、昨日牛ネコさんに押さえ込まれていた子かな。

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

夫婦で猫島 1泊2日(2-4)

さて、深島食堂へ行かなくてはと振り向くと、そこにもいました。
Fukashima20190224_016
完全に保護色です。道具の中に紛れているとは思いませんでした。

これが朝食です。
Fukashima20190224_017
味噌汁の味噌は、もちろん深島味噌です。麦味噌だそうです。ほんと優しい味の味噌汁です。お湯で溶かせばすぐ飲めるチューブ入りだし入り味噌もあるそうなので、帰りに買っていきますかね。

さて、あと半日島で過ごします。昨日は行っていない場所まで行ってみましょう。
Fukashima20190224_018
そうか、ネコさんにはまだ地面が冷たいのですね。発泡スチロールの上には4匹びっしりと並んでいました。

ここは木製の蓋の上です。
Fukashima20190224_019
ここもコンクリートよりは暖かいのでしょうね。

味噌工場前の朝食も始まっていました。
Fukashima20190224_020
木の上に1列に並べられた朝食を、みなさんそれなりに並んで食べていました。

| | コメント (0)

夫婦で猫島 1泊2日(2-3)

朝ご飯の人、まだ来ないのかなぁ。
Fukashima20190224_011
そんなことでも言っているのかな。物陰から様子をうかがっている子もいました。

そろそろ人間の朝食も始まります。戻りますか。
Fukashima20190224_012
坂道を登って行くと、爪とぎしているネコさんに出会いました。

あるお宅の前では、朝食タイムが始まっていたようです。
Fukashima20190224_013
お皿やタッパーにネコさんが集まっていました。

そんな中、これじゃ足りないよと訴えているネコさんがいました。
Fukashima20190224_014
同調人(ネコ)も何匹がいるようです。

応援があったからでしょうか。実力行使にでてしまいました。
Fukashima20190224_015
これはマズいでしょ。怒られますよ。きっと。

| | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

夫婦で猫島 1泊2日(2-2)

そんな目で見上げても、ご飯は持ってないよ。
Fukashima20190224_006
そろそろネコさんたちの朝食タイムなんですね。

Fukashima20190224_007
もう、お皿の近くで待機している子もいます。

Fukashima20190224_008
言い寄ってはみたものの、無視されているみたいです。食事の方が大事ですからね。

Fukashima20190224_009
道を歩いてやってくるネコさんもいます。

Fukashima20190224_010
かなりの数のネコさんが味噌工場の前に集まりました。時刻は7:15になろうとしています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧