カテゴリー「 ねこ」の699件の記事

2018年2月 5日 (月)

い鉄を撮りながら出勤(Mar-10) 

2017年3月29日(水)。今朝は晴れました。晴れるとナノハナを撮りたくなって、自家用車で出勤です。

大野の三叉路に寄り道です。
Isumi350_20170329_01
しまった。電線が邪魔でした。でも、下から見上げる構図だと、どこで撮っても電線が入ってしまうのです。今朝の5Dは、352ムーミンでした。

その後、いったん国吉方向へ戻り、第二五之町踏切へ行きます。
Isumi_rail20170329_02
今朝は風がありません。これなら水鏡になります。

どの位置で撮ろうかな。構図を考えていると、ネコさんが歩いてきました。
Isumi_rail20170329_03
一応、こちらを意識しているようです。

四之町踏切が鳴って、まもなく8Dがやってきます。
Isumi_kiha20_20170329_04
今朝の8Dは、キハ20 1303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(21) 

再び駅舎に戻ります。
Hitachinaka20170326_101

改札が始まるのを、改札口前で待ちます。
Hitachinaka20170326_102
待合室とホームを仕切るガラス戸に、オサムのシールが貼ってありました。

Hitachinaka20170326_103
こっちには、手の跡と会社名がシールで貼ってあります。

改札が始まってホームに入りました。
Hitachinaka20170326_104
すると、駅ネコおさむが突然走り出てきました。

おもわず、追いかけて写真を撮ってしまいます。
Hitachinaka20170326_105
一般客が入れない、側線の方へ歩いていってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

速報:おともdeマイルで九州(3-11) 

駐車場の管理小屋の脇にいた黒ネコさんが鳴いています。
Unzen20180107_51
あんまり鳴くものだから、管理小屋のおじさんに怒られて退散してしまいました。

バスまで20分ほどしかないのですが、バス停前のお店でたずねると「間に合うでしょう」とのことで、雲仙おでんときのこまんじゅうを注文します。
Unzen20180107_52
鉄鍋のおでん、アツアツで身体が温まります。

饅頭だけでなく、おでんもきのこずくしでした。
Unzen20180107_53
このエリンギのおでん。味といい食感といい、とても気に入りました。

雲仙13:10の長崎駅前行き特急バスに乗車します。
Nagasaki20180107_54
長崎県営バスの、ちょっと古めのリクライニングシート車がやってきました。雲仙バス停から10人ほどのお客さんを乗せて出発です。

すぐに下り坂になります。
Nagasaki20180107_55
島原半島西側の温泉地、小浜に向かって下っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで九州(3-10) 

至るところで温泉が涌いています。
Unzen20180107_46
ボコボコ音を立てて、吹き出しているのです。

あれっ、死んでるのかなと思ったのですが、時々耳が動きます。
Unzen20180107_47
どうやら、地熱で暖まった葉っぱの上で、居眠りしているようです。

環境省にわざわざいわれなくても、見た目で危険なことくらいわかります。
Unzen20180107_48

この湯船のようなところからも、温泉が湧いています。
Unzen20180107_49

その脇、一般の人が立ち入れないところに、こんなものがありました。
Unzen20180107_50
お湯を沸かしているだけなのか、何かをふかしているのかはわかりません。でも、温泉を調理に使っているのは間違いないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで九州(3-9) 

雲仙まで来たのですから、地獄めぐりくらいしてきましょう。
Unzen20180107_41
遊歩道を歩いて行きます。硫化物の匂いがきついくらいです。

すると、そんな中ネコさんが追い越していきました。
Unzen20180107_42
ネコさん、どこ行くの。

声をかけると、立ち止まります。
Unzen20180107_43
でも、追いつきそうになると歩き始めるネコさんです。自分たちをどこかに誘導しているようです。

Unzen20180107_44
爪とぎを止めたと思ったら、近くの温泉たまご屋さんに入ります。

こちらもそのたまご屋さんに入って、たまごを買います。ネコさんは、カウンターの上に座り、御飯をもらっていました。ここのネコさんなんだそうです。
Unzen20180107_45
招き猫なのでしょうね。自分たちもしっかり買ってしまいましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

速報:おともdeマイルで九州(2-22) 

さあ、そろそろ船に乗るかな。
Yushima20180106_106
4時間弱の滞在だったけど、天気もよくたくさんのネコさんに会えて、楽しかったよ。

湯島の乗船所では、船の舳先から乗船です。
Yushima20180106_107
これは慣れないと、ちょっと怖いかも。自分は大丈夫ですけど、家人は苦労して乗り込みました。

船の座席に座って、そこから見えるネコさんを撮ります。
Yushima20180106_108
まあ、立派な鈴カステラ2つですこと。

定刻に出港して、防波堤で釣り客を拾ってから港外へ出ました。25分ほどで江樋戸港へつきました。帰りはちょうどよいバスがなく、国道沿いにある道の駅「さんぱーる」まで歩きます。
Sanko20170106_109
歩いて20分弱でした。予定していた15:00のローカル便より前の14:46の快速「あまくさ号」に間に合いました。

快速「あまくさ号」がやってきました。
Sanko20170106_110
朝乗ったバスほど豪華ではありませんでしたが、これも高速バスのお下がりのようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで九州(2-21) 

さらに乗船所へ向かって歩いて行きます。
Yushima20180106_101
とにかく、たくさんのネコさんが、暖かさにつられてあちこちにいます。

Yushima20180106_102
先ほどは見かけなかった、薄い色の三毛ネコさんも現れました。

Yushima20180106_103
バイクの座席で死んだように眠っているトラねこさんです。イスのビニールレザーが暖まって気持ちよいのでしょうね。

Yushima20180106_104
それにしても、この湯島は比較的三毛ネコ率が高いと感じます。

ようやく乗船所です。
Yushima20180106_105
乗船所前のネコアパートにも、入居者が戻っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで九州(2-20) 

14:00の船で江樋戸港へ戻ります。そろそろ、船の発着所へ戻りましょう。
Yushima20180106_96
ネコさんたちが、一斉に港の方を見ます。

南風泊のお父さんの船が出港していきました。
Yushima20180106_97
今日はごちそうさまでした。また新しい獲物が上がるのでしょう。

発着所へ歩いていきます。
Yushima20180106_98
今日は天気がよく暖かいので、あちこちでネコさんがくつろいでいました。

この子は香箱座りをして、完全にくつろぎモードです。
Yushima20180106_99

この子も大きな身体で香箱座りしてくつろいでます。
Yushima20180106_100
こんななネコさんたちを見ながら、発着所へと進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:おともdeマイルで九州(2-19) 

実はお昼を食べた南風泊さんで、ネコの御飯を売っていました。
Yushima20180106_91

そんなわけで、家人と1袋ずつ買い求めました。
Yushima20180106_92
お世話をしてくれた女将さんのいうには、お店の前によくいるグレーの大きなネコがボスなんだとか。

すぐにわかりました。
Yushima20180106_93
この鳴きながら寄ってきた、大きなネコさんですね。

わかったよ。今買った御飯、あげるから。
Yushima20180106_94
遠慮というものを知らないネコさんです。

御飯を食べている姿を見つけて、他のネコさんたちも集まってきました。
Yushima20180106_95
あちこちから、こちらを見つめてノシノシ歩いてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

速報:おともdeマイルで九州(2-18) 

そろそろ12時です。お昼を予約しておいたお店へ向かいました。
Yushima20180106_86
先ほどネコさんがたくさんいた港の前にある南風泊(」はえどまり)というお店です。

2人で予約しておいた者ですがといって、入ります。すぐに奧の座敷に招かれました。
Yushima20180106_87
刺身がカワハギ、アラカブ、メバルです。これは2人で1尾です。

それから、こちらは1人1皿つきました。
Yushima20180106_88
鯛と湯島大根の煮物です。

そして、湯島大根のおろしとナマコの酢の物。湯島大根の酢の物です。
Yushima20180106_89
湯島大根って、煮崩れしないし、味も濃くておいしい大根です。関東ではめったにお目にかかれない代物です。生産量が少ないですから。実は、ここに来るまで、湯島が大根の名産地だなんてしりませんでしたから。

このほかに、アラ汁と御飯がつきました。そして、最後においくらですかと会計をしたら「1人1200円で、お二人で2400円です」。とのこと。刺身3品だけでそれくらいいくでしょ。普通は。いやあ、大満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧