« 9月5日の食 | トップページ | 大人の休日パスの旅(1-2) »

2021年9月12日 (日)

大人の休日パスの旅(1-1)

2019年9月5日(木)。今日から3泊4日で、特別設定「大人の休日パス 東日本・北海道スペシャル」を使ってテツ旅にでます。

今年開業の鉄道で、最大の目玉と思っているのが、JR山田線の宮古~釜石間が三陸鉄道に移管されて復活を果たすことです。新規開業区間に乗るのが最大の目的ですが、日本一長い第3セクター鉄道となった三陸鉄道の全線に通しで乗ってみたいとも思っています。

これをやるなら、JR東日本の「大人の休日倶楽部パス・東日本」が発売されている期間にやるのがベスト。11月下旬の第2回発売時期に行こうと考えていたのですが、この時期は養老渓谷の紅葉まつりの期間で、仕事は繁忙期です。まとめての休みはとれそうにありません。そうしたら、9月に特別設定があるというではありませんか。ただし、東日本単独、北海道単独の設定はなく、東日本・北海道版のみでちょっとお高いです。5日間有効で26000円。設定期間は2019年9月2日~11日です。どうしようかなと思いましたが、普通にきっぷを買うことを思えばこれでも安いです。それに、北海道まで行けるなら、北海道~東北のフェリーを宿代わりに使うこともできます。

だいたい、こんなプランを考えました。
1日目(木) 夕方、仕事が終わってから出発し、新幹線で盛岡へ。
2日目(金) 盛岡から北海道新幹線で函館へ。久しぶりに道南を楽しんで、室蘭へ。室蘭~宮古のフェリーを宿代わり。
3日目(土) 宮古から終日三陸鉄道を行ったり来たりして盛か大船渡へ泊まる。
4日目(日) 釜石へ出て、SL銀河に乗車。新花巻からグランクラスに乗って、ゆったりした気分で帰路につく。

今回の旅は、最後にグランクラスでお酒を楽しみたいと企んでいるので、自家用車を自宅に置いて歩いて長者町駅へと向かいました。
Sotobo20190905_001
最近は自家用車で上総一ノ宮へ出てしまうことが多く、長者町から外房線に乗るのは久しぶりです。

長者町18:20の普通電車で上総一ノ宮に到着です。
Sotobo20190905_002
ここで特急に乗り換えます。

きっぷのタイトルにもちゃんと「スペシャル」と印字されています。特別設定時のパスだとわかる仕様なんですね。
Sotobo20190905_003
熱転写式の指定席券売機が残っていた下総中山駅で買いました。ここも感熱式に変わっていました。

特急自由席なら利用回数に制限のないパスですから。
Sotobo20190905_004
次の「わかしお20号」は9両編成か。ということはグリーン車付きの255系ですね。

Sotobo20190905_005
E257系よりもシートピッチの広い255系。乗るならこちらの方が好きです。最近、乗車機会は減りましたけど。

|

« 9月5日の食 | トップページ | 大人の休日パスの旅(1-2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月5日の食 | トップページ | 大人の休日パスの旅(1-2) »