« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月の68件の記事

2021年5月31日 (月)

5月16日のテツと食

2019年5月16日(木)。今日は今週2度目の中野線です。

10時の下りがやってきました。
Kominato20190516_01
平日ですから、今日も単行ですね。

そして12時の下りがやってきました。
Kominato20190516_02
月曜日は単行でしたが、今日は2両編成です。なんで編成両数が違うのかは、自分にはわかりません。それだけに、今日は何両でくるのかなと観察するのが楽しみなんです。

今日の昼食は、デイリーヤマザキで買ってきました。
Daily20190516_03
千切りキャベツは、事前に買って自宅でタッパーに入れてきましたけど。

| | コメント (0)

5月15日の食

2019年5月15日(水)。今日は茂原線の担当でした。

昼食は、茂原駅高架下アルカードにあるキッチンうおすけに弁当を買いに行きました。
Uosuke20190515_01
今日はこの酢ブタ弁当をチョイスしました。

レンジでチンすることを前提としていない仕出し弁当タイプです。温かいものも冷たいものも一緒に入っています。
Uosuke20190515_02
最近、そういう弁当が減ってきてます。コンビニ弁当のようにチンする前提で、温めて食べないものが入っていない弁当が増えてます。生野菜が欲しければ、別にサラダを買いなさいみたいな弁当がね。バスの車内には電子レンジはないし、こういう仕出しタイプの弁当の方が車内食にはいいんです。

| | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

5月13日のテツと食

2019年5月13日(月)。今日は中野線の担当でした。

10時の下りがやってきました。
Kominato20190513_01
変形ベンチレータの204単行でした。

今日はこのバスです。
Kominato20190513_02
JRの駅からハイキングはまだ続いています。

12時の下りがやってきました。
Kominato20190513_03
平日ということもあり、単行が続きます。

今日のお昼です。
Kominato20190513_04
デイリーヤマザキで買ってきました。中野線は、いつも車内で昼食です。

14時の下りがやってきました。
Kominato20190513_05
折り返しが小中学生の下校時間になるで、ようやく2両編成になりました。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2019年5月13日(月)~19日(日)のお仕事です。

13(月) 中野線 UD+西工フィンガー
14(火) デイケアバス
15(水) 茂原線 日野大型
16(木) 中野線 日野フィンガー
17(金) いすみシャトルバス
18(土) 勝浦線 日野フィンガー
19(日) お休み

今週は、6勤1休のごく普通の1週間でした。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(17)

鹿島大野からの次の鹿島神宮行きは19:43です。まだ30分以上あります。
Kashimarinkai_20190512_081
那珂湊駅で買ってきた「多幸(たこ)めし」で夕食にしましょう。

誰もいない鹿島大野駅の待合室で包みを開けます。
Kashimarinkai_20190512_082
これがおしながきです。食べるのは2回目かな。震災後の那珂湊~中根間復活運転時のイベントでいただいて依頼だと思います。

タコがけっこう大きいのです。
Kashimarinkai_20190512_083
大きなタコ足が、縦切りになってはいっていました。

次の鹿島神宮行きも、6000型の2両編成でした。
Kashimarinkai_20190512_084
1両はアクアワールド大洗のラッピング車でした。

鹿島神宮駅では、車内で精算となります。
Kashimarinkai_20190512_085
渡されたのは精算済みという紙ではなく、「鹿島サッカースタジアムから190円」の乗車券でした。たしかに、これならJRに乗り継いでも、そのまま差額精算してもらえますからね。精算済み証だと、鹿島神宮で打ち切り計算になってしまいますから。券面を見ると、発行は大洗駅です。運転士さんが一定量を持って乗務に当たっているのでしょうね。

この後、鹿島神宮21:09の鹿島線に乗り換えます。さらに成田線に乗り換えて千葉へ。千葉21:50の快速上総一ノ宮行きに乗り継いで帰宅しました。

| | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

ミスとトラブルの茨城紀行(16)

新鉾田18:40の鹿島神宮行きに乗車します。
Kashimarinkai_20190512_076
今度も、転換クロスシートの6000型の2両編成でした。

先頭はクリーニング専科のラッピング車です。
Kashimarinkai_20190512_077
トイレ周りのラッピングはすごいことになっています。

座席周りも、ガルパンほどではないですが、けっこうステッカーがあります。
Kashimarinkai_20190512_078

新鉾田の次は北浦湖畔です。
Kashimarinkai_20190512_079
19時近いですが、まだ明るいです。北浦の湖面が見えました。

しかしながら、スタンプ対象駅の鹿島大野に着いたときはすっかり暗くなっていました。
Kashimarinkai_20190512_080
最初の関東の駅百選スタンプラリーの時は、駅前のレストランに設置されていたのです。今日見てみると、どうやらそのレストランは閉店してしまったようです。今回は、駅舎の階段を下りた待合室に設置されていました。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(15)

ガルパン2両編成でやってきた168D水戸行き。新鉾田18:25着で18:35の発車まで10分停まります。
Kashimarinkai_20190512_071
3号の水戸寄りです。あぁ、カメラが使えたら、もっとキレイに撮れたのに。Android ONEのカメラ、いまいち使いづらいです。

Kashimarinkai_20190512_072
4号の水戸寄りです。車内は、ほとんどお客さんがいないので、中も撮っておきましょう。

これはすごいです。
Kashimarinkai_20190512_073
トイレの入口にも、イラストがありました。こうなると、中にもあるのでしょうか。「きちんと流せよ」とか「ケツ拭けよ」とか。こわくて、開けられませんでした。

座席周りも今まで以上のにぎやかさです。
Kashimarinkai_20190512_074
日よけもイラスト入りになっているところがあるのですね。4号は、吹き出し付きでいろいろしゃべっているところがポイントなんですかね。

水戸寄りの貫通扉です。
Kashimarinkai_20190512_075
鹿島神宮方は大洗女子学園の校章でしたが、こちらはBC自由学園のものになっていました。

| | コメント (0)

2021年5月28日 (金)

ミスとトラブルの茨城紀行(14)

今度の新鉾田行きは、転換クロスシートの6000形でした。
Kashimarinkai_20190512_066
やっぱり、この車両に乗ると、鹿島臨海鉄道に来たという実感が湧きます。

乗車券は、スタンプ押印駅の鹿島大野まで買いました。
Kashimarinkai_20190512_067
だから、新鉾田では改札を出ることはできません。

新鉾田に到着しました。
Kashimarinkai_20190512_068
このまま折り返すのだと思っていたら、鹿島神宮方の側線に入りました。

水戸行きの列車がやってきました。
Kashimarinkai_20190512_069 
ガルパン3号車と4号車の連結です。

カメラが使えないのが、なんとももどかしいです。
Kashimarinkai_20190512_070
車内外とも、かなりのイラストに出会えそうです。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(13)

水戸17:02の列車に乗ります。
Kashimarinkai_20190512_061
新型のロングシート車、8000形の2両編成だったこともあり、大洗で降りました。

窓口で入場券を買ってから駅前へ出てみます。
Kashimarinkai_20190512_062
5月の17時は、まだまだ明るいですね。

大洗町内の循環バス、海遊号が停まっていました。
Kashimarinkai_20190512_063
どうも昔の展望バスの印象が強いのですが、今はラッピング以外は普通のバスになったのですね。

次の、新鉾田行きに乗るため改札を入ります。
Kashimarinkai_20190512_064
階段の壁には、ガルパンのポスターがありました。

ホームのベンチで、芋レーヌをいただきます。
Kashimarinkai_20190512_065
ホントに芋の味がしますね。おいしいです。

| | コメント (0)

2021年5月27日 (木)

ミスとトラブルの茨城紀行(12)

キハ20臨時列車のダイヤは、那珂湊15:07→15:22勝田15:27→15:49那珂湊です。途中駅でのドア扱いはありません。
Hitachinaka_20190512_056
勝田駅は5分の折り返しですが、整理券は別々なので、いったん降りて再び整理券を確認して乗車となります。

定刻に那珂湊に戻ってきました。
Hitachinaka_20190512_057
日向でサボを撮っていると、すぐに動き出しました。

Hitachinaka_20190512_058
アッという間に、側線に移動してしまいました。

こちらも、16:12の勝田行きに乗車します。
Hitachinaka_20190512_059
勝田へ戻って、今日のひたちなか海浜鉄道訪問は終了です。

勝田16:34の水戸行きに乗って水戸へ向かいます。
Joban20190512_060
今日の目的はあと1つ。鹿島臨海鉄道の鹿島大野駅のスタンプをゲットすることです。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(11)

次、いつ乗れるのかわからない車両なので、車内もスナップしておきましょう。
Hitachinaka_20190512_051
運転席直後には、「車両の生い立ち」が掲示されていました。

「車両の生い立ち」によると1996年に水島臨海鉄道から移籍とあります。
Hitachinaka_20190512_052
天井の扇風機には「JR西日本」の文字が見えます。水島臨海鉄道の前は、JR西日本のキハ20 522号だったようです。

Hitachinaka_20190512_053
後付けで冷房化されています。

ドアがいいですよね。
Hitachinaka_20190512_054
下部明かり窓付きのプレスドアです。この丸い型のあるプレスドア、なかなか見る機会が減りましたからね。

Hitachinaka_20190512_055
スマホカメラでは、ガラス越しの運転席はうまく写りませんでした。

| | コメント (0)

2021年5月26日 (水)

ミスとトラブルの茨城紀行(10)

キハ205の転線が始まりました。
Hitachinaka_20190512_046
なんでカメラ壊れてしまったんだろう。自分のスマホカメラでは、画質も色もこれが限界です。

阿字ヶ浦方の踏切を使って、入れ替えをします。
Hitachinaka_20190512_047
乗車ホームの1番線へ入ってきました。

Hitachinaka_20190512_048
乗車位置に到着しました。でも、まだ少し撮影しましょう。

Hitachinaka_20190512_049
サボも特製のものが装着されています。

そろそろ乗車ホームへ移動しましょう。
Hitachinaka_20190512_050
やっぱり、撮影している人が多いですね。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(9)

金上14:01の阿字ヶ浦行きに乗って、那珂湊へ向かいます。
Hitachinaka_20190512_041
先ほど乗ってきた、キハ11の2両編成でした。

那珂湊駅の側線には、先ほど3両編成になっていたキハ205が単行でいました。
Hitachinaka_20190512_042
このあと、特別運行があります。

記念に購入した小人用を含めて、2枚スタンプラリーが完成しました。
Hitachinaka_20190512_043
スタンプ2個で1回抽選に参加できるので、これで4回くじ引きできるとのことでした。

1等 ひたちなか市湊線セット
2等 湊線記念乗車券セット
3等 ひたちなか市銘菓セット
4等 グッズ詰め合わせ
5等 湊線ノート

だそうです。何が当たるかな。
Hitachinaka_20190512_044
これがグッズ類です。

それから銘菓セットも当たりました。
Hitachinaka_20190512_045
先ほど買った「芋レーヌ」も含まれていました。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(8)

次の13:19の勝田行きに乗車します。
Hitachinaka_20190512_036
到着した列車を、ホームと反対の柵から撮ります。しかしながら、このスマホ、遠景のピントがなかなか合いません。

ホームに行って、後ろ側を撮ります。
Hitachinaka_20190512_037
これぐらい近づけば、ピントが合うのですけど。

13:42の金上で降ります。
Hitachinaka_20190512_038
最後のスタンプラリーポイント、パティスリー「グレートリーフ」に到着しました。

スタンプは店内です。
Hitachinaka_20190512_039
スタンプだけ押して帰っていく人もいましたけど、さすがにそれは気が引けて、ひたちなか海浜鉄道とのコラボ商品を買いました。

「芋レーヌ」という、ペースト状の干し芋を使ったマドレーヌ風の焼き菓子です。
Hitachinaka_20190512_040
帰りの車内で食べてみましょうか。

| | コメント (0)

2021年5月25日 (火)

ミスとトラブルの茨城紀行(7)

キハ222の車内見学をしてみましょう。ちなみに、一般営業の最後は2014年12月6日でした。その時も乗りに来ました。
Hitachinaka_20190512_031
今日は「ネモフィラシャトル」のヘッドマークをつけていました。

Hitachinaka_20190512_032
この北国仕様の小型の二重窓がいい雰囲気なんです。

Hitachinaka_20190512_033
車内はそれほど傷んではいないように感じます。

しかしながら、雨ざらしの外板は傷み放題です。
Hitachinaka_20190512_034
屋根も側面も、塗装が剥がれまくりです。

Hitachinaka_20190512_035
車番の近くなど、塗装も下塗りも剥がれて、錆びた外板がむき出しになっていました。

| | コメント (0)

ミスとトラブルの茨城紀行(6)

まずは改札を出て、外から撮影します。
Hitachinaka_20190512_026
静態保存されているキハ222とキハ2005です。キハ222は車内公開をしています。

ホームには乗ってきた列車が停まっています。
Hitachinaka_20190512_027
キハ205と新型車は、幌はつなげていないのですね。

キハ2005側からも撮っておきます。
Hitachinaka_20190512_028
かつて乗ったことがある車両が、ボロボロになって留置されているのは、どちらかというと悲しいです。

Hitachinaka_20190512_029
勝田行きが発車して行きました。キハ205は,貸切車になっていました。

駅前には、テントの出店がありました。
Hitachinaka_20190512_030
焼きホタテがおいしそうだったので、1つ買ってしまいました。

| | コメント (0)

2021年5月24日 (月)

ミスとトラブルの茨城紀行(5)

港に着くと、会場はすぐにわかりました。
Hitachinaka_20190512_021
港内には、オレンジ色のクジラ「大ちゃん」が浮かんでいました。初めて見ました。

こちらのテントの図柄も大ちゃんですね。
Hitachinaka_20190512_022
地元食材の無料配布というが、チラシにはあるのですが、けっこうな頂き物をしてしまいました。

Hitachinaka_20190512_023
これだけのものが無料だということで、いただいてしまいました。スタンプを押しに行っただけなのに、申し訳ないです。

再び平磯駅に戻りました。12:25の阿字ヶ浦行きに乗車します。
Hitachinaka_20190512_024
205を先頭にした3両編成でやってきました。205には貸切のサボが入っていました。

今度は終点の阿字ヶ浦のスタンプを押します。
Hitachinaka_20190512_025
スタンプは後にして、停車時間のうちに写真を撮っておきます。それにしても、携帯電話のカメラが貧弱なこと(泣)。

| | コメント (0)

2021年5月23日 (日)

ミスとトラブルの茨城紀行(4)

那珂湊駅のホームにも、海洋高等学校のブースがありました。
Hitachinaka_20190512_016
さつま揚げです。1ついただきました。おいしいので、どこで売っているのと尋ねると、今日は試食だけで販売はないのですとのこと。それは残念でした。

ホームに停まる車両の中では、写真展が行われていました。
Hitachinaka_20190512_017
普段は立ち入れない柵の向こう側に入って、車両に乗り込みます。写真展も興味がありますが、普段は入れない部分に立ち入れることも興味が湧きます。

上り列車がやってきました。
Hitachinaka_20190512_018
最後部にキハ205が連結されていました。午後の特別運転以外にも、今日は使われているのですね。

那珂湊11:33の阿字ヶ浦行きに乗って平磯へ向かいます。
Hitachinaka_20190512_019
JR東海色のキハ11の2両編成でした。塗色だけ見ると、太多線にでも乗っているようです。

駅を出て標識に従って平磯海岸の特設会場へ向かいます。
Hitachinaka_20190512_020
標識の文字も、駅名標と同じ飾り文字になっていました。坂を下って海沿いへ向かいます。

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

ミスとトラブルの茨城紀行(3)

勝田9:32の2両編成の列車に乗って、まずは那珂湊で降ります。第一の目標は11:00から発売される、キハ205特別列車の乗車整理券です。駅前へ出るものの、まだ誰も並んでいません。これなら、もう少し後で来ても大丈夫でしょう。
Hitachinaka_20190512_011
今日の1日乗車券の裏面がスタンプラリーの用紙になっています。対象駅は金上、那珂湊、平磯、阿字ヶ浦の4駅なのですが、スタンプ設置場所が阿字ヶ浦以外は駅ではないのです。金上は「パティスリー グレートリーフ」というお店。那珂湊は「けんしん駐車場」というイベント会場。平磯も平磯海岸特設会場というイベント会場です。

まずは、那珂湊のイベント会場「けんしん駐車場」へ向かいます。
Hitachinaka_20190512_012
目的のスタンプを押した後で、出展しているお店を見て回ります。茨城県立海洋高等学校が実習製品の販売をしていました。自分もかつては勝浦高校に勤めていて、水産科の実習製品はいろいろ買っていました。他県の製品にも興味があったので、「さんま大和煮」の缶詰を買いました。

その後、駅に戻ります。10:30頃戻ったのですが、物販の列は伸びているものの、整理券の列はそれほど長くありません。そこに並びます。
Hitachinaka_20190512_013
無事に往復とも入手できました。ちなみに行き(上り)が19番で帰り(下り)が17番でした。余裕でしたね。

ホーム上にもいろいろと出店があります。
Hitachinaka_20190512_014
ホーム上で調理している売店もあります。地元のやきそばです。

Hitachinaka_20190512_015
ひと皿買ってホームで食べました。

| | コメント (0)

2021年5月21日 (金)

ミスとトラブルの茨城紀行(2)

取手からいったん柏に戻ります。柏から、特急「ひたち3号」に乗車します。チケットレス特急券と普通グリーン券の金額にほとんど差がないのです。今回は速さを選びました。
Joban20190512_006
常磐線の取手以北に乗ると、いつも撮ってしまうデッドセクションです。今日は特急の窓越しです。

水戸に着きました。
Joban20190512_007
勝田までは、あとひと駅です。

勝田駅のひたちなか海浜鉄道へののりかえ口で、今日だけの1日乗車券を買います。
Hitachinaka_20190512_008
小人用は別図案だということで、記念にと大人、小人1枚ずつ買いました。オサムのポーズや車両の写真が異なるのですね。

待っていたのは3710型の2両編成です。
Hitachinaka_20190512_010
2両ともラッピング車です。

Hitachinaka_20190512_009
今日のヘッドマークを着けていました。

| | コメント (0)

2021年5月20日 (木)

ミスとトラブルの茨城紀行(1)

2019年5月12日(日)。今日はお休みです。ひたちなか海浜鉄道が開業記念祭を行うのです。やりかけのスタンプラリー「第2回 千葉・茨城編」の未訪駅、那珂湊と鹿島大野にも寄って、茨城県は完集にしてしまおうと、計画を立てました。

行きは常磐線経由、帰りは鹿島臨海鉄道経由だから、普通乗車券+「ときわ路パス」がいいだろうと考えたのがそもそもの間違いでした。今日のミスとトラブルは、こんなにありました。

1.取手まで行って、初めて「ときわ路パス」の発売期間外だと気づいた。結局、全行程ほぼ普通乗車券の旅になった。
2.メインカメラの予備バッテリーがみつからなくなった。カメラケースに入れたはずと探すがみつからない。帰宅後、ザックの一番下の転がっているのを発見した。(これをみつけれいれば、以下のトラブルは気にならなかったのに・・・)
3.サブカメラが途中で起動しなくなる。しばらく前に落としたことがあったが、その後使えていたので気にしていなかった。なんでこんなときに。帰宅後、修理見積もりを出すと、部品代+技術料が新品購入代金より高かった。交換バッテリーや別売り充電器がまだ新しいので、結局同じカメラを再び購入することにした。
4.しかたなくスマホカメラで撮影を続けるが、カメラ機能が弱く、しかもなかなかピントが合わない。動態には不向きなカメラだった。せっかくのイベントなのに・・・。

こんなことになるとは思いもせず、上総一ノ宮から京葉快速でスタートしました。
Sotobo20190512_001
6:08の京葉快速東京行きに乗ります。

Sotobo20190512_002
通称成勝運用に使える、6+4の分割編成でした。

海浜幕張で武蔵野線に乗り換えます。
Musasino20190512_003
これに乗って新松戸へ行きます。

ちょっと時間があったので、ホームの端で撮影です。
Joban20190512_004
上り電車は、東京メトロの車両でした。

乗車する下り電車が来ました。
Joban20190512_005
小田急車両の取手行きです。小田急に乗って茨城県の取手まで行きます。不思議な気分です。

| | コメント (0)

2021年5月19日 (水)

5月11日のテツ

2019年5月11日(土)。今日は中野線の担当です。

上総中野駅から養老渓谷駅に着くと、日中は養老渓谷駅~粟又・ごりやくの湯の間を6往復します。
Kominato20190511_11
今はJRの「駅からハイキング」のスタート駅になっています。だからか、列車から大勢の人が降りたからといって、バスに乗る人が意外に少ないこともあるのです。特に天気のよい午前中は、その傾向が高いです。

午前のトロッコがやってきました。
Kominato20190511_12

先週とヘッドマークの花瓶の花が変わりましたね。
Kominato20190511_13

こんな感じになりました。単品種になりましたね。
Kominato20190511_14
ちょっと小ぶりな花です。アヤメかカキツバタの仲間なんだろうと思うのですが、詳しい名前は知りません。

駅前駐在所のパトカーカラーのたまちゃん(女の子)です。
Yorokeikoku20190511_15
駐在さんが不在なので、代わりにカウンターでお留守番をしていました。

| | コメント (0)

5月11日上総中野駅での休憩時間(2)

引き続き巻く回しです。
Kominato20190511_06
西原も今は路線がなくなりましたね。

Kominato20190511_07
これは国道297号線経由で勝浦~大多喜の全区間を走る便用です。上の2つが、市ノ川の枝線に入る便、下が国道直行分です。

Kominato20190511_08
そしてこれが、勝浦駅から塩田病院まで延長運転する便のものです。これらは現役ですけれども、まず大型車が入ることはない路線なので、まず目にすることはないでしょう。

こんなことをしている間にも、いすみ鉄道はやってきます。
Isumi300_20190511_09
上り55Dが発車して行きます。301でした。

下り5Dがやってきました。351でした。
Isumi350_20190511_10
この列車の到着をうけて、9:00の養老渓谷駅行きで出発します。5分前配車までは時間があるので、すでに準備した車両と一緒に撮ってみました。

| | コメント (0)

5月11日上総中野駅での休憩時間(1)

2019年5月11日(土)。今日は中野線の担当です。この路線は、平日、土曜日、休日の3本立てです。土曜日は、7:30~9:00のけっこう長い休憩が上総中野駅であります。

土曜日の早朝、観光客もまだいない折り返し場で、ひとり幕回し大会です。
Kominato20190511_01
平沢循環線は、今はもうありません。中型車には、右回り左回り別々の幕が入っているのもいたはずです。

Kominato20190511_02
老川・筒森経由粟又の滝は、土曜日に1本だけある系統です。中型のLED車で運転されることがほとんどなので、この幕が日の目を見ることは、まずないでしょう。

Kominato20190511_03
興津、鵜原関係は、今はもうない系統ですね。旧道経由のミレーニア線になってしまいました。

Kominato20190511_04
勝浦市役所以外は今もある系統ですが、大型車が入ることはまずないので、これも日の目を見ることはないでしょう。(簡易保養センターと海中公園センターは、2021年3月31日でなくなりました)

Kominato20190511_05
上の2つは国道297号線経由ですが、松野止まりは今はありません。下の2つは、もうない系統です。上総興津駅付近に一方通行があるので、松野行きは駅前に入りません。そこで、松野行きは興津経由、勝浦駅行きは興津駅経由となっています。

| | コメント (0)

5月10日のテツと食

2019年5月10日(金)。今日は茂原線の担当です。今日の行路は、13時前に大多喜に戻ってくると16時前まで休憩時間です。

そこで、大多喜に戻ってから遅めの昼食にします。まずは、第二森宮踏切に寄ります。
Isumi350_20190510_01
この時期は、草刈りをしていないところは下回りが隠れるほどの草だし、水鏡にもならずダメダメですね。下り15Dは351でした。

その後、上総中川駅近くの傘屋食堂へ行きました。
Kasaya20190510_02
今日の日替わり定食のメニューです。カレイの煮魚ですか。単品だとまず自分から注文することはないので、定食の一品になっているとちょっとうれしいです。新玉ねぎサラダも興味があります。

これが、今日の日替わり定食です。
Kasaya20190510_03
本日もおいしくいただきました。

| | コメント (0)

5月9日の食

2019年5月9日(木)。今日はいすみシャトルバスの担当です。

6:30出庫、22:00入庫。前20分と後10分に準備と片付けの時間が入りますから、拘束16時間ジャストという長丁場です。朝食は、早起きして自宅でとりますが、昼食と夕食はどうしても自宅外になってしまいます。
Daily20190509_01
どうしても夕食は、30分程度の車庫での折り返し時間に済ますことになります。今日は、昼の休憩時間に大多喜のデイリーヤマザキで買ってきました。帰れば、風呂に入って寝るだけなので、軽めにしています。

Kominato20190509_02
今日もあと1本。最終便を事故なく運転すれば終わりです。

| | コメント (0)

2021年5月18日 (火)

5月8日の食

2019年5月8日(水)。今日は牛久線の担当でした。

今日の担当は、左側の幕車です。
Kominato20190508_01
今日は2運用とも日野の中型車でした。

通い駅ネコさんは、今日もご出勤です。
Ushiku20190508_02
駅舎の入口でお休みしていました。

Ushiku20190508_03
そのうち、日向にでてきました。

今日の昼食はT-MARTでかった弁当と、ミニストップで買ってきたサラダ類の組み合わせです。
Tmart20190508_04
牛久は休憩所があるので、落ち着いて食事できるのがありがたいです。

| | コメント (0)

5月7日の食

2019年5月7日(火)。今日はデイケアバスの担当でした。

昼の長い休憩時間に、養老渓谷にある清恵さんに食事に行きました。
Kiyoe20190507_01
タケノコの入った定食をいただきました。

「清恵のおかみブログ」でいろいろと情報発信しているので、気になっているお店だったのです。
Kiyoe20190507_02
抹茶塩でいただく天ぷら、たいへん美味しゅうございました。

| | コメント (0)

2021年5月17日 (月)

5月6日の食

2019年5月6日(月・振替休日)。今日は中野線の担当でした。

ゴールデンウィークということもあり、養老渓谷駅前には、いくつかのお店が出ています。
Yorokeikoku20190506_06
そんな中から、いのししメンチを買いました。

そのまま、粟又・ごりやくの湯の折り返し場まで持っていって、短い休憩時間に昼食です。
Yorokeikoku20190506_07
おにぎりとサラダは、出勤時にデイリーヤマザキで買ってきました。

14時に養老渓谷駅に着いたときに、もう1つ買ってしまいました。
Yorokeikoku20190506_08

養老渓谷駅舎には、先日のイベントで見た営業中の札が架かっていました。
Kominato20190506_09
あの後、全停車駅分書いていただいたのでしょう。

そして、これが今日のバスです。
Kominato20190506_10
ファンには人気がある、木製床フロアシフトのバスです。

| | コメント (0)

5月6日のテツ

2019年5月6日(月・振替休日)。今日は、こどもの日が日曜日になった振替休日です。世間では、今日までがゴールデンウィークですね。

ゴールデンウィークということもあり、房総里山トロッコは3往復の運転です。午前中の1本目がやってきました。
Kominato20190506_01
側線では、まくらぎを積んだトロッコが、軌道バイクに連結されています。

Kominato20190506_02
トロッコの乗客も、バイクの様子を見ているようです。

午後のトロッコがやってきました。
Kominato20190506_03
今度は軌道バイクはいませんでした。

Kominato20190506_04
花瓶のヘッドマークには、今日も5月の花が生けてありました。

Kominato20190506_05
カキツバタなど生けてありますね。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2019年5月6日(月・振替休日)~5月12日(日)のお仕事です。

6日(月・振替休日) 中野線 大型フロア
7日(火) デイケアバス
8日(水) 牛久線 日野フィンガー
9日(木) いすみシャトルバス
10日(金) 茂原線 UD+西工フィンガー
11日(土) 中野線 大型フロア
12日(日) お休み

中野線が2回ありましたが、どちらも日野の大型車、あのフロアシフトの古いバスでした。

| | コメント (0)

2021年5月16日 (日)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(9)

ガンダのところにトラ白さんがやってきました。
Nekoneko20190505_041

何を思ったか、こちらに早足でやってきます。
Nekoneko20190505_042

どうするのかと思ったら、サバ白さんとじゃれ合い始めました。
Nekoneko20190505_043
もしかしたらけんかかな。サバ白さんの手、爪が出て臨戦態勢ですからね。

もちろん館内も見学しましたよ。ことしもクスっと笑うような作品からおもわずスゴイと声がでてしまうような作品、いろいろなジャンルの作品があって楽しかったです。
Nekoneko20190505_044
おおやぎえいこさんの作品も出展されていました。17時閉館なのですが、16:40過ぎまでお邪魔して帰宅の途に就きました。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(8)

きもちよさそうに寝ているので、顔の方からも1枚撮らせていただきます。
Nekoneko20190505_036
本当に気持ちよさそうですね。

Nekoneko20190505_037
こちらは、たしか今日のスタッフさんと一緒にご出勤されたネコさんだったような・・・。

Nekoneko20190505_038
この子は、いろいろなものに興味があるようです。

しゃがんで「写真撮らせてね」といったら、カメラに興味を持ったようです。
Nekoneko20190505_039
いや、そこまで近づいてこなくていいんだけど。

先ほどのネコさんは、テーブルから椅子に移動しました。
Nekoneko20190505_040
あら起きたの。うるさくしてゴメンね。

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(7)

13:20頃、成田ゆめ牧場を出ます。出口にある売店で、最後にソフトクリームを買いました。
Narita20190505_031
やっぱりこれを食べておかないと、悔いが残りそうだったので。

ここから自家用車で1時間半ほどかかって、匝瑳市の松山庭園美術館に着きました。もう15時近かったです。
Nekoneko20190505_032
駐車場には猫注意の看板があります。

Nekoneko20190505_033
入口で入館料を払って、まずは庭に入ります。

もちろん、展覧会を見に来たのですが、その庭には美術館のネコたちが、今日はくつろいでいたのです。
Nekoneko20190505_034
そうすると、まずは庭のネコさんに挨拶しなくては。

Nekoneko20190505_035
いつのまにやら、こんな格好で寝始めてしまいました。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(6)

食事を終えて、再びまきば線へ戻ります。12時を過ぎたので、もしかしたら機関車が変わったかもしれないと思ったからです。
Narita20190505_026
その通りでした。6号から7号に変わっていました。

ヤギの隣はヒツジがいます。
Narita20190505_027
ヤギ以上にきまぐれです。ヒツジたちは。

Narita20190505_028
そのまま、そのまま。列車が近づくまでそこにいてくれよ。

そんな期待を裏切るように、ヒツジたちは移動を始めます。
Narita20190505_029
ヤギのようにけんかはしないですけど。なかなか牧場らしさを撮るのは難しいです。

この7号機、昨年(2018年)に製造された灯油ボイラーの蒸気機関車です。
Narita20190505_030
昨年見たときと比べると、だいぶ装飾が増えてカッコよくなりましたね。「GINGER」という愛称も付いたのでしょうかね。昨年の写真はこんな感じでした。煙室の扉に「7」のプレートがあるだけで、その他のプレート類はありませんでした。

| | コメント (0)

2021年5月14日 (金)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(5)

SL列車が走り始めて1時間、11:00になりました。
Narita20190505_021
そろそろ乗ってみましょう。1乗車500円です。SL運転日だけ登場する「SLご乗車整理券」です。

車内から見る車庫の様子です。
Narita20190505_022
ほとんどの車両が、今年は後ろ向きになっているのがわかります。

ゆっくりだとはいえ、この揺れは列車の楽しさです。音と煙のにおいもいいです。
Narita20190505_023
何で今年は逆向きになったのか、後ほどきいてみました。すると、O型エンドレスの線路配置なので、どうしても車輪が片側(外側)だけ減ってしまうだそうです。そこで何年かすると機関車も客車も一斉に方向転換するのだそうです。ということは、これからしばらくはこちら向きの運転になるのでしょう。

混まないうちに昼食にします。入口近くのチーズフォレストに入りました。
Narita20190505_024
スープとサラダも付きます。

こちらがメインの料理です。
Narita20190505_025
落ち着いて座って食事ができるので、けっこう混んでいました。

| | コメント (0)

2021年5月13日 (木)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(4)

周遊トラクターと行き違った6号機が目の前を走っていきます。
Narita20190505_016
目の前から聞こえる、この音がいいんです。

カツンカツン音がすると思ったら、ヤギがけんかをしてました。
Narita20190505_017
角をぶつける音って、けっこうスゴイ音がでるんですね。

Narita20190505_018
ジャンプ力もすごいです。何をきっかけに始まったのかはわからないのですけど。

周遊トラクターとSL列車の出会いが撮れました。
Narita20190505_019
でも、この位置から撮ると、何だか正面衝突するみたいに見えてしまいますね。

最初にDL列車を撮った木の所へ行って、SL列車の発車風景を撮りました。
Narita20190505_020
緑の手旗の合図で駅を発車します。

| | コメント (0)

2021年5月12日 (水)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(3)

ヤギの近くへ移動します。
Narita20190505_011
遊覧トラクターが通り過ぎます。こちらは、昨年と同じ向きに回っています。

Narita20190505_012
下は向いてますけど、とりあえずここに集まっています。さて、SLとのコラボは撮れるかな。

Narita20190505_013
う~ん、それなりに・・・ですね。ヤギさんは頼んでもポーズはとってくれませんから。

もう1周回ってくるのを撮りましょう。
Narita20190505_014
残念。ヤギさんは減るし、煙も出ないし。まあ、こんなもんです。煙の匂いを嗅ぐだけでも、蒸気機関車っていいなと感じられますから。

昨年は、SLとトラクターは同一方向に走ってました。
Narita20190505_015
今年は行き違いになります。でも、その瞬間はいつも同じ場所ではないので、なかなか撮れませんでした。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(2)

カトーの機関車にナベトロが連結された編成がいました。
Narita20190505_006
これも現役なのでしょうか。

こんなダンプがありました。
Narita20190505_007
これは新しいですね。昨年もいたのかな。気づきませんでした。

10時を前にして、汽笛が聞こえました。
Narita20190505_008
試運転列車がやってきました。今年は昨年とは違い、左回りで運転されています。

そして10時を過ぎて、SLによるまきば線の運転が始まりました。
Narita20190505_009
湯気とか煙とか吐いてくれると、やっぱり絵になるのが蒸気機関車です。

Narita20190505_010
煙が少なくても、鉄橋を渡る列車は、それなりに絵になります。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2019(1)

2019年5月5日(日・こどもの日)。今日はお休みです。家人と一緒に自家用車で、成田ゆめ牧場と松山庭園美術館へ行きました。

目的は、今日が成田ゆめ牧場のトロッコ列車で10:00~16:00はSL牽引が行われることと、松山庭園美術館で開催中の「第16回 猫ねこ展覧会2019」を見に行くことです。自宅を7:30に出発して成田ゆめ牧場へ向かいます。はにわ道を走って成田インターから東関道へ入り、圏央道へ入って下総インターで降ります。このインターができて本当に近くなりましたよね。9:15過ぎには到着しました。
Narita20190505_001
駐車料金が600円。入場料は大人の休日倶楽部割りで100円引きになって1300円×2です。SLを見て乗るために、まずは3200円投資です。もちろん、乗車する場合は、別に乗車料金がかかりますけど。来たからには、撮るだけでなく乗りますけどね。

トロッコ列車のはしるまきば線へ向かいます。その途中に、とりとブタの小屋があります。
Narita20190505_002
おお、スゴいぞ。くじゃくさんが羽根を広げていました。いつきても閉じてるか隠れてるんですけど。今年はサービスがいいですね。

Narita20190505_003
ブタさんは、朝からお昼寝でしたけど。

まきば線に着きました。SL運転の10:00まではDL牽引で運転しています。
Narita20190505_004
ある意味、今日はDL牽引列車を撮るのも貴重です。酒井の産業用ディーゼル機関車も格好いいですよね。まさに機械って感じがして。

車庫を見にいきます。
Narita20190505_005
今日は6号と7号が運用に就くようです。

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

5月4日のテツ

2019年5月4日(土・みどりの日)。今日は中野線の担当です。ゴールデンウィークということもあり、日中の養老渓谷駅~粟又・ごりやくの湯間では、増号車がつきます。

今日はトロッコも満席です。
Kominato20190504_01

新しくなったヘッドマークにも花瓶があります。
Kominato20190504_02
5月の花がたくさん生けられていました。

| | コメント (0)

コブクロ パシフィコ横浜(9)

会場を出て桜木町駅へと歩いていきます。
Yokohama20190502_41
ただいま19:21です。横浜19:24の外房快速には間に合いません。次の外房快速は20:40です。

Yokohama20190502_42
夜の日本丸もキレイですね。

時間があるので食事をして行こうと思ったのですが、ちゃんとした食事のできる店はどこも混んでいます。
Yokohama20190502_43
軽食も食べられるコーヒーショップが比較的空いていたので、そこで済ますことにしました。横浜での乗り継ぎ時間を考えて桜木町駅の改札を入ります。

横浜から上総一ノ宮まで、快速のグリーン席に座っていきます。
Yokohama20190502_44
目黒の駅ビル「アトレ目黒」で買ってきたスイートポテト。お土産にしようと思っていたのですが、グリーン席で食べてしまいました。ああ、おいしかった。ネコにライブに食事、充実した1日になりました。

| | コメント (0)

コブクロ パシフィコ横浜(8)

トラックは今年も2台停まっていました。
Yokohama20190502_38
ロゴの前は記念撮影の列ができていましたので、そこはパスします。

Yokohama20190502_39
そろそろ中に入って、いろいろと買いたいものもありますしね。

今回はファンクラブ来場プレゼントや、物販での買い上げ金額によるプレゼントなどいろいろいただきものがありました。
Yokohama20190502_36
ステッカーにタグ。それからエコバッグもいただきました。

今回は2階席でした。
Yokohama20190502_37
でも41番席って、ど真ん中なんですよね。11列といってもど真ん中は最前列が7列ですから、前から5列目です。これはステージがよく見えます。期待が高まります。

5月2日パシフィコ横浜のセットリストです。

1 桜
2 DOOR
3 朝顔
4 ボクノイバショ
5 太陽
6 YELL~エール~

MC

7 赤い糸
8 流星
9 蒼く優しく

MC

10 宝島
11 轍ーわだちー
12 tOKi meki
13 Moon Light Party
14 神風

MC

15 時の足音
16 蕾
17 風をみつめて

MC

18 20180908
19 晴々

MC

アンコール1 ココロの羽
アンコール2 ANSWER

今回のツアー、最初の砂絵からいつもと違う雰囲気に飲み込まれました。6曲終わったMCで、今回は20周年の歴史を振り返り、2人で始まった頃から段々と演奏のメンバーが増えていく順に歌っているということがわかりました。アンコールのココロの羽はよかったなあ。

今回のツアーの特徴のひとつに終了後に撮影タイムがあるということが告知されていました。一眼、コンパクトともカメラは不可。スマホか携帯のみ可ということでした。アンコールが終わって、すぐにスマホの電源を入れたのですが、予想よりも早く撮影タイムが始まってしまい、しかもそれが予想よりも短いのです。スマホが起動したときには、すでに終了のカウントダウンが始まっていました。
Yokohama20190502_40
こんな写真が撮れただけ。次回武道館は、電源切らずにマナーモードにするだけにしてカバンにしまっておかなくては。

| | コメント (0)

コブクロ パシフィコ横浜(7)

国立大ホールに到着しました。
Yokohama20190502_31
まだ開場まで30分以上あります。

この間に撮影タイムです。
Yokohama20190502_32
ここは明るいところにイエロートラックが停まっています。撮影しやすいですね。

Yokohama20190502_33
今回はツアー名はATB、All Time Bestです。

ツアーは3月30日の長野から始まりました。
Yokohama20190502_34
長野は会場が大きくないためか、チケットがとれなかったですね。ファンクラブ先行、コブクロVISAカード先行とも外れました。

20周年ですからね。今年はおおいに楽しみましょう。
Yokohama20190502_35
パシフィコ横浜、武道館、さいたまスーパーアリーナ、ポートメッセ名古屋と4カ所のチケットはとれてますから。結果的に、名古屋は都合がつかずにトレードに出しましたけど。

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

コブクロ パシフィコ横浜(6)

歴史的エレベータに乗って出口へ向かいます。
Hyakudan20190502_26
内部の装飾もなかなかのものです。他の利用者の方もいたので写真は撮れませんでしたけど。

帰りはフロントから出る、目黒駅行きの送迎バスに乗っていきました。
Meguro20190502_27
駅近くのビルにあるおそば屋さんで、たくさん載っているセットで昼食です。ライブが終わってからまともに食事する時間があるかわからないので、今日は昼食をしっかりとっておきます。

ひと駅、恵比寿まで移動して、そこから湘南新宿ラインで横浜に向かいます。
Yamanote20190502_28
向かいの線路を山手線が走ります。後ろの表示器は季節の絵柄を出すので撮ってみました。5月2日ですから、あれはハナショウブでしょうかね。

横浜で根岸線に乗り換えて、桜木町へ向かいます。
Negisi20190502_29
やってきたのは、横浜線からの直通電車でした。横浜から桜木町のひと駅で終点なので、空いていました。

桜木町駅からは歩いてパシフィコ横浜へ向かいます。
Yokohama20190502_30
道路から一段高い通路を歩いて海の方へ向かいます。

| | コメント (0)

コブクロ パシフィコ横浜(5)

人形作家さんによる猫耳アーティストの人形です。
Hyakudan20190502_21
これまた見事ですよね。

Hyakudan20190502_22
誰がモデルなのか、わかりつつしっかりネコ化してますものね。アイデアがすごいなと感心してしまいます。

マッチラベルはコレクションです。
Hyakudan20190502_23
自分は芸術的才能がないから、こういうコレクション系により惹かれるものがあります。よくぞこれだけ集めたな、しかもコンディションのよいものが多いことにビックリです。

さらに上の階に行きます。
Hyakudan20190502_24
ここはネコの大相撲です。

これは入口の優勝額です。実際はこの人形たちが並んでいました。
Hyakudan20190502_25
もっと紹介したいのですが、これではいつまで経っても横浜に行き着きません。この後に見学内容は省略します。

| | コメント (0)

2021年5月 9日 (日)

コブクロ パシフィコ横浜(4)

ひたちなかの「ねこ展」でお会いしている、おおやぎえいこさんの出品もありました。
Hyakudan20190502_16
ジャケットアートをやっていたのですね。最近の「ねこ展」では飾られていなかったので、知りませんでした。

洋楽と邦楽があったのですが、自分がうけたのは邦楽のものです。
Hyakudan20190502_18
ややうけでした。

Hyakudan20190502_17
大うけです。タイトルがいいですよね。

そして、これがバカうけでした。
Hyakudan20190502_19
冒頭「ノ~ラ」と歌っている声が頭の中に響きました。あの○城秀○さんの声で・・・。

洋楽は自分は得意でないので、元ネタがわからないのもありました。
Hyakudan20190502_20
これはわかりました。特徴的なSの文字は、あのロックバンドKISSですよね。とにかく、楽しい展示でした。

| | コメント (0)

コブクロ パシフィコ横浜(3)

次の間は、源氏物語を題材にした作品です。
Hyakudan20190502_11
色男って”Ladies’ man”って言うんですね。英語苦手なんで、知りませんでした。

Hyakudan20190502_12
「女三宮と柏木」です。この方の作品、表情がいいですよね。

Hyakudan20190502_13
「紫の上と光源氏」です。この表情もいいなぁ。

Hyakudan20190502_14
玉鬘(たまかずら)と髭黒の大将」です。色っぽさとはまた違ったいい表情です。

Hyakudan20190502_15
「夕顔と光源氏」です。この目を閉じた表情がなんともいいんですよね。

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土)

コブクロ パシフィコ横浜(2)

売店の販売品以外は基本的に撮影自由でした。そんな中から、面白いなと思ったものがこんな展示です。
Hyakudan20190502_10
ここは昭和と平成のアイドル対決らしいです。

昨日、5月1日から令和です。
Hyakudan20190502_06
しっかりいましたよ。こういう作品が。昭和と平成の対決の間にいるのがいいですね。

そして、昭和のアイドルです。
Hyakudan20190502_08
メガ菊千代だそうです。ネコの後ろ足でシェーするのはすごく難しかったと思いますよ。

そして、平成のアイドルはこちらです。
Hyakudan20190502_07
メガたま駅長です。

後ろの絵画と一体となった、こんな展示もありました。
Hyakudan20190502_09
ネコの表情がいいですよね。

| | コメント (0)

2021年5月 7日 (金)

コブクロ パシフィコ横浜(1)

2019年5月2日(水・国民の休日)。今日はあらかじめ希望休をとってあります。今日は、コブクロの『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 @神奈川 パシフィコ横浜国立大ホール』の2日目に参戦です。今回のツアーは、パシフィコ横浜、日本武道館、さいたまスーパーアリーナと3回参戦の予定です。

開場が15:00なので時間があります。そこで、目黒のホテル雅叙園東京で開催されている『福ねこ展2019 猫都のアイドル展at百段階段』へ寄っていくことにしました。
Sotobo20190502_01
上総一ノ宮8:33の「わかしお6号」で出発します。百段階段の開場が10:00ですから、この時間ならそんなに混まないだろうとの予測です。

山手線で東京から目黒へ。そこから歩いて雅叙園へ向かいます。行きは下り坂だからよいですけど、帰りはけっこうキツそうですね。
Hyakudan20190502_02
予想通り、それほど混んではおらず、スムーズに入場できました。歴史物のエレベータで会場入口階まで運ばれます。降りてすぐに、アイドルたちに出会えました。

Hyakudan20190502_03
アイドルの履歴も掲げられています。

アイドルと写真を撮れるなんて機会、そんなにないですからね。おじさんも1枚アイドルとツーショットを撮ります。
Hyakudan20190502_04
いやあ、顔の大きなアイドルだなぁ。おじさん負けそうです。

スリッパに履き替えて、歴史的建造物の百段階段へと進みます。
Hyakudan20190502_05
それぞれの階の部屋が展示会場になっています。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(18)

水海道で17:56の水戸行きに乗り換えて、次のラリー駅新守谷で降ります。
Kantetsu20190501_086
これで関東鉄道の対象駅、騰波ノ江と新守谷をゲットしました。これで、千葉・茨城編も半分は集め終わりましたね。残るは、千葉県の犬吠、茨城県の那珂湊、鹿島大野の3駅です。期限までには回りましょう。

新守谷18:21の取手行きに乗って守谷へ向かいます。
Kantetsu20190501_087
守谷でつくばエクスプレスに乗り換えます。

守谷駅の表示器には、今日の即位を祝う文字が流れていました。
Kantetsu20190501_088
会社名まで入っているんですね。

関東鉄道の改札を出て、つくばエクスプレスの改札を入ります。
Tx20190501_089
慌てることもないので、18:40の普通で行きます。つくばエクスプレスに乗るのも久しぶりですから、ひと駅ずつ行きましょう。

終点の秋葉原で降りて、JRの指定席券売機に向かいます。そして、都区内パスを買います。
Jr20190501_090
今日から5月中の発売には、券面に「ようこそ令和」の文字が入り、特別なご案内が付くとのこと。そんなこともあって、今日はここまでSuicaで乗ってきました。小岩から上総一ノ宮までの乗り越し分の乗車券を買って、改札を入ります。京浜東北線で新橋へ。そこから19:51の外房線直通快速上総一ノ宮行きに乗って帰宅しました。

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

令和初日のテツ(17)

下妻駅で、騰波ノ江駅のスタンプをゲットしました。次に向かうのは新守谷駅のスタンプですが、次にやってくるのは下りの下館行きです。
Kantetsu20190501_081
その下館行きに乗って、隣の大宝駅まで行きました。この5022号には令和のステッカーはありませんでした。

Kantetsu20190501_082
なんたって、縁起の良い駅名ですからね。

Kantetsu20190501_083
いわゆる縁起きっぷも出てます。売っているのは、やはり下妻駅ですけどね。

ここから上り水海道行きに乗っていきます。
Kantetsu20190501_084
令和のステッカー付きの5021号がやってきました。

水海道で取手行きに乗り換えます。
Kantetsu20190501_085
5021号はここでお役御免のようです。下館ではなく回送を表示しました。

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

令和初日のテツ(16)

関東の駅百選に選ばれた、騰波ノ江駅駅舎です。
Kantetsu20190501_076
今は無人駅ですが、日にちを決めて鉄道イベントが開催されています。

駅の脇にそのイベント会場がありました。
Kantetsu20190501_077

こんなものもあります。
Kantetsu20190501_078
お手製の転車台ですね。イベントをやっているところを見てみたくなりました。

空から雨が落ちてきました。駅舎に入ります。
Kantetsu20190501_079
ガラス戸の向こうには、こんな展示がありました。

ところでスタンプですが、押印は下妻駅でするようにと台紙にあります。先ほどの下妻駅で押印だけして引き返してもよいのですが、やっぱり該当の駅を見たいと騰波ノ江駅までやってきたのです。
Kantetsu20190501_080
スタンプを押すため、16:52の取手行きに乗って下妻へ戻ります。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(15)

取手15:16の下館行きに乗るため、ホームに降ります。
Kantetsu20190501_071
なんと関東鉄道の車両にも令和のステッカーがあるではないですか。

下館方も見てみます。
Kantetsu20190501_072
こちらはデザインが違うのですね。

下館行きに乗って、今回のスタンプラリーに選ばれた騰波ノ江駅へ向かいます。
Kantetsu20190501_073
途中の下妻駅で交換待ち停車がありました。これ幸いと、ステッカー付きの車両を撮ります。

交換する守谷行きがやってきました。
Kantetsu20190501_074
こちらには令和ステッカーはありません。途中ですれ違った列車にもありませんでしたから、令和ステッカーが着いているのは、この5021号だけなのでしょう。いきなり出会えたのはラッカーでした。

騰波ノ江駅に到着しました。
Kantetsu20190501_075
ここで令和ステッカーの5021号を見送ります。

| | コメント (0)

2021年5月 4日 (火)

令和初日のテツ(14)

流山から11分で馬橋に到着です。
Ryutetsu20190501_066
1日乗車券を買いましたが、けっきょく流鉄滞在は2時間ほどでした。

Ryutetsu20190501_068
流鉄の改札を出て、常磐線の改札へ向かいます。

馬橋から常磐線で取手へ向かいます。
Ryutetsu20190501_067
常磐線ホームから、乗ってきた「さくら号」を撮ります。

そこへ常磐緩行線がやってきました。
Joban20190501_068
我孫子行きなので、柏で降りて快速線に乗り換えて取手へ向かいました。

取手駅ではJRの改札を出て、関東鉄道の出札口へ向かいました。
Kantetsu20190501_069
もう15時過ぎですが、ほぼ全線乗るので土休日用1日フリーきっぷを買いました。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(13)

次に発車する14:18の馬橋行きは、やはり1番線からの発車だそうです。
Ryutetsu20190501_061
その1番線に停まっていたのは「さくら号」です。運転席の窓周りが黒でない編成です。

Ryutetsu20190501_062
もちろん、乗るのは初めてです。

先ほど乗ってきた「若葉号」はパンタグラフが下ろされました。
Ryutetsu20190501_063
このまま2番線でお休みするようです。

「さくら号」の車内に入ってみます。
Ryutetsu20190501_064
なんと、吊り輪がカラフルなんですね。

Ryutetsu20190501_065
しかも、ハート型のも混ざっています。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(12)

乗車位置には、こんな印刷があります。
Ryutetsu20190501_056
5種類の塗色の車両が描かれています。

乗車するのは、先ほど乗ったあかぎ号のようです。
Ryutetsu20190501_057

これに乗って、鰭ヶ崎まで行きました。
Ryutetsu20190501_058
隣の小金城趾が唯一の交歓駅です。

その交歓駅で交換してやってくる流山行きに乗って、再び流山に戻ります。
Ryutetsu20190501_059
こんどは黄緑色の「若葉号」でした。

鰭ヶ崎14:06の流山行きに乗ったのですが、なんと流山駅は行き止まり式の2番線到着でした。
Ryutetsu20190501_060
ということは、そのまま折り返し運用に就かずに、車両交換があるようです。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(11)

駅を出てすぐの所に小さなお店がありました。
Ryutetsu20190501_051
流山特産のみりんを使ったお菓子を売っていました。このみりんマシュマロを1袋買いました。

大正時代の蔵を使ったレストランの丁子屋です。
Ryutetsu20190501_052
ひとりで入るのは、ちょっと敷居が高かったかな。

近藤勇陣屋跡では、ボランティアの方の説明を受けることができました。その後、大通りへ出てとんかつ屋さんに入りました。
Ryutetsu20190501_053
今日はゆっくり座って昼食をとりました。

そして、流山駅へ戻りました。13:58の電車に乗ります。
Ryutetsu20190501_054
流山駅には車庫があります。休日の日中は2本の電車以外は車庫で休んでいます。

上の写真に写っている流星号と同じカラーの自販機がホームにありました。
Ryutetsu20190501_055
ステンレスの飾り帯が妙にリアルで格好よいです。

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月)

令和初日のテツ(10)

小湊鐵道の次は、流鉄に向かいます。この後は「地域鉄道で行く!みりょくある関東の駅21選スタンプラリー 第2回 千葉・茨城編」の続きをします。流鉄と関東鉄道の対象駅3駅を回る予定です。

五井11:05の普通電車で蘇我へ。そこから京葉線で南船橋、武蔵野線に乗り換えて12:02に新松戸駅に着きました。改札を出て道路を渡った向かいにある、流鉄の幸谷駅に向かいます。
Ryutetsu20190501_046
窓口で1日乗車券を買いました。期間限定のイラスト券が渡されました。

ホームの向かい、せいろ際に駅名標が建っています。
Ryutetsu20190501_047
ホームや線路に平行ではなく、ちょっと傾けて建ててある駅名標です。

12:21の流山行きがやってきました。
Ryutetsu20190501_048
やってきたのは「あかぎ号」です。

乗ってしまえば、わずか9分で流山に到着です。
Ryutetsu20190501_049
全線6駅のミニ鉄道ですから。

Ryutetsu20190501_050
改札を出て、流山駅のスタンプゲットです。今日は、少し街中を歩いてみます。昼食もまだですしね。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(9)

令和記念号の入線が終わると、構内踏切が鳴り止みます。
Kominato20190501_041
上りホームに移って、今日からの特製ヘッドマーク側から撮ります。

短い停車時間の後に、発車していきます。
Kominato20190501_042
機関車の日章旗がはためいていますね。

Kominato20190501_043
さあ、五井駅まで戻りましょう。

かつては、五井~上総牛久間のほとんどの駅は有人駅でした。
Kominato20190501_044
2013年に無人化されるまでは、夏休み中に有人駅スタンプラリーがありました。1日乗車券を買うと専用の台紙がもらえて、五井、上総村上、海士有木、上総三又、光風台、馬立、上総牛久、養老渓谷の8駅を回るというものです。4駅以上で賞品があり、7駅以上でキハライトがもらえました。たしか2010年に回って賞品をいただきました。今でも有人駅で残っているのは、五井、光風台、上総牛久、養老渓谷の4駅だけです。今では、こんな食券販売機型の自動券売機が設置されています。当時のラリー用紙です。

Kominato20190501_045
上総村上10:43の五井行きに乗って五井に戻ります。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(8)

五井10:10の上総中野行き普通列車で、ひと駅上総村上駅へ移動します。
Kominato20190501_036
上総村上駅で降りて、普通列車を見送ります。

五井方へ移動して、令和記念号がやってくるのを待ちます。
Kominato20190501_037
10:31に姿を現しました。

機関車に装飾されているは初めて見ました。
Kominato20190501_038
日章旗をはためかせて近づいてきます。

Kominato20190501_039
少しアップで撮ります。ヘッドライトも点いていいかんじですね。

Kominato20190501_040
いよいよホームに入ってきます。ドアは開きませんが停車するはずです。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(7)

花を生け終わったヘッドマークを装着します。
Kominato20190501_031
けっこう重そうですね。

Kominato20190501_032
取り付け位置はいつもと同じです。

Kominato20190501_033
今日のヘッドマークが装着されました。

令和記念号の発車は10:22です。
Kominato20190501_034
今日は今年だけの祝日なので列車ダイヤは休日ダイヤで運転だそうです。休日のトロッコ1号を五井発車の回送時間から客扱いし、2号はそのまま五井まで戻ってくるダイヤで往復します。

横から見ると、どれだけ盛大に花が生けられているかわかります。
Kominato20190501_035
奥の特急は「新宿さざなみ3号」です。3号は幕張のE257系5両編成です。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(6)

トロッコ編成の入線が終わり、階段下の看板の前に白布に包まれてヘッドマークが運ばれてきました。
Kominato20190501_026
社長さんが除幕式をやるのかな。

そうではありませんでした。
Kominato20190501_027
事前に選出された地元の子どもさんが序幕をするようです。

さあ、新ヘッドマークお披露目の除幕式です。
Kominato20190501_028
ゴメンなさい。一瞬どこが新しいのかわかりませんでした。一番上の日本語の部分が「里山トロッコ」から「房総里山トロッコ」に変わったのですね。

社長さんも再び登場して、記念撮影です。
Kominato20190501_029

その後、花束を解体してヘッドマークへ装着です。
Kominato20190501_030
千葉住職も参加して、いつもより多めに飾っています。

| | コメント (0)

2021年5月 2日 (日)

令和初日のテツ(5)

書き上がった板を社長と千葉公慈住職でお披露目です。
Kominato20190501_021

そして、もう1枚が書き上がりました。こちらには、駅に掲示する「営業中」の文字があります。
Kominato20190501_022
車掌さんも加わって、3人で2枚のお披露目です。

そうしているうちに、側線のトロッコ編成が動き始めました。
Kominato20190501_023
ヘッドマークはまだありません。

Kominato20190501_024
この機関車がロッドをつけたまま営業運転したのは2日しかなかったですからね。

書かれた板はしばらく机の上に展示とのことです。
Kominato20190501_025
ちなみに、営業中の板は停車駅分この後で書かれるそうです。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(4)

車庫の方を撮ってみます。
Kominato20190501_016
塗装がピカピカの車両もいますけど、トロッコ編成は見えませんね。今日の出発式に備えて、奥で準備しているのでしょうか。

階段下の看板にもいつのまにか花が着いていました。
Kominato20190501_017
まもなくセレモニー開始の9:30です。会場へ行ってみます。誰でも参加してよいようです。

まずは石川社長の挨拶からです。
Kominato20190501_018

その次は、宝林寺・千葉公慈ご住職 による挨拶です。
Kominato20190501_019

その後、書道のライブパフォーマンスです。
Kominato20190501_020
トロッコ停車駅運行日だけ掲げる「房総里山トロッコ運行中」の表札を書いています。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(3)

ホームの奥へ行くと、使用停止になった跨線橋の前に白布のテーブルがありました。
Kominato20190501_011
ここが式典の会場になるようです。

まだほとんど人はいません。
Kominato20190501_012
今のうちに朝食にしてしまいましょう。

買ったのはカマトロ丼です。マグロのカマのほぐし身の丼です。
Kominato20190501_013
朝からしっかり食べてしまいました。

線路上にはこんな機械が停まっていました。
Kominato20190501_014
線路の検査をする機械でしょうかね。

目の前の内房線ホームに白い列車がやってきました。
Uchibo20190501_015
そうだ、ゴールデンウィーク期間中は「新宿さざなみ1号」はグリーン車付きのあずさ編成での運転だったんだ。あわててカメラを出して、後追いで編成を撮っておきました。

| | コメント (0)

令和初日のテツ(2)

いすみ鉄道の次は、小湊鉄道を目指します。今日から「里山トロッコ」を「房総里山トロッコ」と改名します。そして、本来はトロッコ運転日ではなかった5月1日に、臨時「令和記念号」を運転し、その出発式を9:30~10:00に五井駅ホームで行うそうです。

ちなみに2019年のトロッコは、五井~上総牛久間は回送で、上総牛久~養老渓谷間を2ないし3往復の運転でした。2020年は、下り初便と上り最終便のみ五井~養老渓谷間で、その他は上総牛久~養老渓谷間の運転でした。そして2021年は、運転区間が五井~上総牛久間が中心になり、五井~養老渓谷間の運転は1往復のみになりました。

国吉駅から自家用車で上総一ノ宮近くのコインパーキングへ向かいます。五井駅ホームというあまり広くない場所が会場なので早めに着こうと、蘇我まで特急で行きました。
Sotobo20190501_006
上総一ノ宮7:53の「わかしお4号」で蘇我まで行きます。

蘇我から内房線に乗り換えます。
Uchibo20190501_007
8:31の普通電車で五井に向きます。そうか、今日は「新宿さざなみ」の運転日でしたね。

Uchibo20190501_008
五井までは4駅です。座れなくても大丈夫です。

Uchibo20190501_009
五井で降りて、乗り換え通路へ向かいます。

通路上に出店している「やり田」の弁当を朝食用に買って小湊鉄道の中間改札を抜けます。
Kominato20190501_010
ホームに降りると、すでに今日の出発式の準備が進んでいるようです。

| | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

令和初日のテツ(1)

2019年5月1日(火・即位の日)。今日は今年限りの祝日です。今日から元号が令和になります。

今日は希望を出してはなかったのですが、休みになりました。令和初日ということもあり、鉄道各社ともいろいろと企画があるようです。せっかくだから、そんな企画のいくつかと「地域で行く!みりょくある関東の駅21選」スタンプラリーの続きをしに出かけることにしました。

まずは地元のいすみ鉄道です。1両に令和のヘッドマークを着けるとのこと。ただし、どの列車に着けるかは発表しないとのことでした。そこで、朝の国吉駅での交換を見に行きました。どちらかの列車には着いていることでしょう。
Isumi350_20190501_001
7:10、下り53Dがやってきました。352の単行で、これにはヘッドマークはありませんでした。

下りホームに移動して、上り52Dの到着を待ちます。
Isumi300_20190501_002
おお、これに着いていました。301の単行です。

Isumi300_20190501_003
平成と令和の両方が入っているヘッドマークなんですね。

ボディカラーに合わせて、あまり目立たないけれども、今日のよい記念になるヘッドマークです。
Isumi300_20190501_004
あれっ、何か着けてる。あっ令和のヘッドマークだ。サプライズみたいな感じで、けっこう好きですね。

走り去る姿も撮っておきます。
Isumi300_20190501_005
上総中野方も同じマークが着いていました。

| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »