« 静岡東部紀行(13) | トップページ | 静岡東部紀行(15) »

2021年1月20日 (水)

静岡東部紀行(14)

沼津駅前には、沼津機関区の碑がありました。
Tokai20190210_061
C58の動輪と煙室ドアが置かれていました。

バスのりばには、伊豆箱根バスの復刻塗色車がいました。
Tokai20190210_062
富士重工ボディですね。

駅ナカの売店にも寄ってみました。すると、下田の平井製菓のあんぱんを売っているではないですか。
Tokai20190210_063
売っているのは佐政水産という水産物を扱うお店の一角なのです。なんでも最近取り扱うようになったとか。自分も下田まで行かないと買えないと思っていたので、おもわずあの有名なワイン入りの「大人なあんぱん」をいくつかお土産に買ってしまいました。

再び改札を入って、三島行きの電車に乗ります。
Tokai20190210_064
今度はロングシートの313系3連でした。三島止まりの電車なので、それほど混みはしませんでした。ここからは、「ふじのくにきっぷ」で乗れるもう1つの民鉄、伊豆箱根鉄道に乗ってきましょう。

|

« 静岡東部紀行(13) | トップページ | 静岡東部紀行(15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡東部紀行(13) | トップページ | 静岡東部紀行(15) »