« さよなら関電トロバス紀行(40) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(42) »

2020年11月12日 (木)

さよなら関電トロバス紀行(41)

これがトロリーポールの先端です。
Omachi20181110_121
U字型の溝に架線が入るようにポールをセットします。架線の分岐に来ると、この先端のU字型が回転するということなのですが、この辺りの構造がよくわかりませんでした。

工場内には、バッテリーを外に出して、何か検査している車両がありました。
Omachi20181110_122
架線から直接電気を取り入れるとはいっても、かなりの数のバッテリーを積んでいるのですね。

こちらが電気バスです。
Omachi20181110_123
少し離れて撮ると、屋根上のパンタグラフがわかります。

これは後ろ側から撮ったもの。
Omachi20181110_125
やはりパンタグラフがわかります。

架線のちかくに新しいポールと何やら白い屋根のような装置が見えました。
Omachi20181110_124
どうやら、これが電気バスになってからの充電設備なのでしょう。元々架線があるのですから、屋根上からの集電設備を造るのは、それほど難しいことではなかったのかもしれません。

|

« さよなら関電トロバス紀行(40) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(42) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら関電トロバス紀行(40) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(42) »