« さよなら関電トロバス紀行(31) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(33) »

2020年11月 8日 (日)

さよなら関電トロバス紀行(32)

大町ダムが造るダム湖には龍神湖という名前がついています。
Omachi20181110_076
松谷みよ子創作の「龍の子太郎」の元になった、泉小太郎の民話がつたわる地区なのだそうです。

Omachi20181110_077
ダム湖の水は、なんともいえない水色をしています。硫酸銅水溶液に牛乳を入れたみたいな色です。

さらに下流側を望遠で見ると、紅葉がきれいです。
Omachi20181110_078
鮮やかな赤や黄色はないのですけど、緑の中の明るい茶色がなんともいい感じです。

上流のダム湖側です。
Omachi20181110_079
逆光に燦めく湖水が印象的です。こんなところがあったのですね。知りませんでした。

まもなく帰りますとの声で、一足先にバスに戻り撮影しておきます。
Omachi20181110_080
色づいた木々をバックに、薪ガスばす「もくちゃん」を撮っておきます。

|

« さよなら関電トロバス紀行(31) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(33) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら関電トロバス紀行(31) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(33) »