« さよなら関電トロバス紀行(10) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(12) »

2020年10月27日 (火)

さよなら関電トロバス紀行(11)

黒部ダム駅の駅名標です。
Omachi20181109_051
電気バスになり、鉄道駅ではなくなっても、この駅名標は残ってくれるのでしょう。たぶん。

出口の改札を抜けて歩いていくと、乗車口との分岐点を通ります。
Omachi20181109_052
次の扇沢駅行きに乗る人が、たくさん改札口へと歩いていきます。これだけ乗る人がいるので、先ほどの便は3台口での運行だったのでしょう。

さらに階段を下りると、自動車道のトンネルに出ます。
Omachi20181109_053
この関電トンネルは、トロリーバスが走るとともに、発電所の関連資材の運搬にも使われています。そんな資材を積んだトラックが出入りするのがここでしょう。入口には遮断機があり、徒歩での進入はできなくなっていました。

階段と反対側へ歩いていきます。
Omachi20181109_054
外の明かりが見えます。あそこが黒部ダムでしょう。

トンネルを抜けると、黒部ダムのダムサイトにでました。
Omachi20181109_055
ここに来たのは1997年11月以来です。21年ぶりですね。あのときは、その年最後の「黒部ルート見学会」に当選して、今は亡き父親と一緒に来たのでした。なつかしいです。

|

« さよなら関電トロバス紀行(10) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さよなら関電トロバス紀行(10) | トップページ | さよなら関電トロバス紀行(12) »