« 2020年9月 | トップページ

2020年10月の44件の記事

2020年10月25日 (日)

さよなら関電トロバス紀行(8)

トロリーバスは、無軌条鉄道という鉄道の仲間です。
Omachi20181109_036
改札口は鉄道そのものですよね。ラッチが鉄道駅の雰囲気満点です。

Omachi20181109_037
4つある改札口の2番だけ点灯し、2列という表示があります。どうやら、ここに2列で並べばよいようです。

改札が始まり、プレットホームへ向かいます。
Omachi20181109_038
やはり乗るより撮ってしまいます。どうやら3台口で運行されるようです。

これが2台目と3台目です。
Omachi20181109_039
ドアが開いたのは1台目だけでした。どうやら、折り返し便の乗客数に合わせて、後ろ2台は回送で走るようです。

Omachi20181109_040
サボ代わりに、こんなステッカーがはってありました。

| | コメント (0)

さよなら関電トロバス紀行(7)

待合室にはいろいろな展示がありました。
Omachi20181109_031
ちゃんとライトも点灯する顔出し?です。トロリーバス終了まで、あと21日です。

Omachi20181109_033
トロリーバスのいろいろな写真が展示されていました。

Omachi20181109_032
一番最初の100形の1/20模型です。

トロリーバスに変わって導入される電気バスの案内もありました。
Omachi20181109_034
パンタグラフがついているのですね。

Omachi20181109_035
2ページ目に、そのパンタグラフの写真がありました。路面電車のビューゲルみないなものが屋根上に着いているのですね。折り返し時間にこれを上げて急速充電するそうです。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

さよなら関電トロバス紀行(6)

食事の後は、大町市の大町温泉郷を目指して走りました。
Omachi20181109_026
今日の宿泊場所、黒部観光ホテルには14時過ぎに着きました。

チェックインして、これが手に入れたかった参加券等を渡されます。
Omachi20181109_027
このプラン、2名からだったのです。同行者を捜したのですが、どうしても見つからず、当日の午前中にホテルに連絡して事情を話しました。その結果、払い戻さないことを条件に1名で参加させていただくことができました。しかも、無料乗車券や記念品は2人分いただけるとのことでした。まあ、結果オーライです。

無料乗車券が2枚あるし、明日の下見を兼ねて、今日のうちに1往復乗っておきましょう。レンタカーで扇沢駅を目指します。
Omachi20181109_028
大町市営の無料駐車場にレンタカーを入れて扇沢駅に到着したのは、15:00でした。有料駐車場なら扇沢駅のすぐ近くなのですが、無料駐車場からだとそれなりに駅までは上り坂ですから。

次のトロリーバスは15:30です。
Omachi20181109_029

無料の往復乗車証をきっぷに交換します。
Omachi20181109_030
行きは15:30で帰りは時間未定の往復乗車券が渡されました。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

さよなら関電トロバス紀行(5)

松本駅に到着しました。
Chuo20181109_021

ホームの端から留置線に停まる特急電車を撮ります。
Chuo20181109_022
これもまもなく見納めです。E353系ばかりになる日もそんなに遠くないでしょう。

松本駅から駅レンタカーの旅になります。返却は明日の夕方、長野駅です。少々乗り捨て料金がかかってしまいましたが、帰りは新幹線で一気に戻る予定です。数年前の旅で、おやき村という木曽森林鉄道の車両が保存されているおやき屋さんに行ったのです。そこに行ってみようと車を走らせたのですが、見つかりませんでした。たぶんこの辺りだったと思う場所には、道の駅がありました。
Ikeda20181109_023
道の駅にある、ビストロカモミールというお店で昼食にします。

ここはハーブセンターもある、ハーブの町なんですね。
Ikeda20181109_024
ハーブもふんだんに使われたカレーのランチセットをいただきます。

おじさん1人で入るには場違いのようなレストランでした。
Ikeda20181109_025
食後のお茶は、カモミールティーをいただきます。

後日調べてみると、2013年に移転してしまったそうです。道理で探しても見つからなかったはずです。場所は思っていたとおりで、現在の道の駅の斜め向かいにあったそうです。ちなみに、このビストロカモミールも2020年現在では閉店してしまったそうです。

| | コメント (0)

さよなら関電トロバス紀行(4)

車窓に諏訪湖が見えてきました。
Chuo20181109_016

そうしているうちに、下諏訪駅に到着です。
Chuo20181109_017
甲府での下車が圧倒的に多かったですが、ここでの下車もかなりあり、車内に残った人は数人になりました。

向かい合わせて使っていた人の座席がちょうど空きました。
Chuo20181109_018
せっかくだから、中央本線用のE257系の座席を撮っておきます。房総のE257系500番台とは、形は同じでもモケットの色や柄は全く違いますから。

塩尻駅を発車します。
Chuo20181109_019
ここはJR東日本とJR東海の接続駅。駅名標もJR東海の路線はオレンジ色で表示されています。

そして、いよいよ松本に到着です。
Chuo20181109_020
在来線特急で約3時間です。乗車時間2時間を越える在来線特急は、JR東日本ではかなり少なくなりました。

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

さよなら関電トロバス紀行(3)

「あずさ」の車窓風景です。
Chuo20181109_011
鳥沢の鉄橋を渡ります。11月ですけれども、あんまり色づいている様子はありません。

Chuo20181109_012
リニアの軌道でしょう。谷間の部分にも多いがあってトンネル状になっています。

Chuo20181109_013
小淵沢を過ぎて、ようやく彩りある風景が見えてきました。

Chuo20181109_014
信濃境から長野県になります。

Chuo20181109_015
鮮やかなイチョウが目に入りました。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

さよなら関電トロバス紀行(2)

桔梗信玄餅ドライスです。
Chuo20181109_006
桔梗屋の焼き印が押されていますね。

割ってみます。
Chuo20181109_007
本当にお餅が入っているのですね。冷たいアイスでもお餅はやわらかいままなんですね。

豊田駅を過ぎました。
Chuo20181109_008
電車区への回送電車が見えます。

保存車でしょうか。201系の先頭車が1両で停まっていました。
Chuo20181109_009
その後ろには、常磐線からやってきた209系1000番台の姿も見えます。

総武線で余剰になったE257系も停まっていました。
Chuo20181109_010
その後ろが、常磐緩行線の緑帯からオレンジ帯になった、中央線の209系1000番台でしょう。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

さよなら関電トロバス紀行(1)

2018年11月9日(金)。今日から1泊2日で長野へ行きます。

今月、2018年11月30日限りで、関電トンネルを走る関電トロリーバスが運転を終了します。そのさよなら企画として、大町市内に宿泊した人限定で、普段立ち入れない場所でトロリーバスを撮影できるプランが発売されているのです。そのプランに、金曜宿泊、翌日見学プランで申し込んだのです。

トロリーバスの始発駅、扇沢駅までは自力で行かなければいけないこともあり、今回はレール&レンタカーきっぷを用意して旅立ちました。
Chuo20181109_001
大人の休日倶楽部がジパングなら、そちらを使ったのですけどね。ミドルだと5%引きにしかならないので、レール&レンタカーきっぷの方が安いのです。ただ、変更がききませんけど。

上総一ノ宮6:44の総武快速で東京へ。そこから中央線で新宿へ向かいます。
Chuo20181109_002
新宿9:00の「あずさ9号」で松本へ向かいます。

今年3月のダイヤ改正で「スーパーあずさ」は全部E353系になりました。「あずさ」の一部もE353系になっています。
Chuo20181109_003
E257系の「あずさ」も、あと何回乗る機会があるでしょうか。もしかすると、これが最後かもしれません。

車内販売がありました。
Chuo20181109_004
「桔梗信玄餅ドライス」ですか。これはおもしろいかも。

信玄餅アイスは車内販売で食べたことあるのですけど。
Chuo20181109_005
もちろんこれも、信玄餅の桔梗屋の製品ですね。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

11月8日のテツと食

2018年11月8日(木)。今日は牛久線の担当です。

上総牛久駅の側線に、軌道自転車が置いてありました。
Kominato20181108_01
いつからここにいたのでしょう。

昼食はT-MARTで買ってきました。
Tmart20181108_02
サラダはちょっとお高めです。でも、味噌汁が無料サービスだからいいです。

Tmart20181108_03
やっぱりT-MARTの弁当はおいしいですよ。

それから、市原鶴舞バスターミナルでの休憩時間では、あそこに行ってしまいました。
Ministop20181108_04
NEWのシールがあったので、手を出してしまいます。

Ministop20181108_05
う~ん、今日もカロリーオーバーだな。

| | コメント (0)

11月6日のお仕事

2018年11月6日(火)。今日はいすみ循環内回りを終えて車庫に戻った後、デイケアバスを使って病院の先生方を駅まで送迎する仕事があります。

朝5:40の自宅からの風景です。
Choja20181106_01
雲間に星の明かりが1つ見えました。

今日の内回りは代車です。専用車は1周する間に3回方向幕が変えますが、代車は最初から最後まで同じ表示を使います。
Kominato20181106_02
これが1周する便の表示です。

Kominato20181106_03
これが夷隅庁舎始発大原庁舎行きの区間便です。

Kominato20181106_04
そして、これが最終便の大原庁舎発夷隅庁舎行きの表示です。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

11月5日のテツ

2018年11月5日(月)。今日は一宮線の担当です。

朝の1往復が終わると、お昼過ぎの便まで長い休憩です。昼食を自宅でとろうと自家用車を走らせます。
Isumi350_20181105_01
大野の三叉路で、1枚撮っていきます。柿のみを入れて、上り512Dを撮ります。キハ編成ではなく、351スナフキンでした。

連写で撮ったのですが、その3コマ先には、チョウチョが写り込んでいました。
Isumi350_20181105_02
モンキチョウかな。2匹ほど飛んでいますね。

一宮海岸は、今日も晴天でした。
Kominato20181105_03

バス停のポールには、来週から道路工事が始まって新一宮橋バス停を通らなくなるというお知らせが貼ってありました。
Kominato20181105_04
ちなみに、2年近く経った、このブログを書いている2020年10月になっても、まだこの通行止めは続いています。てっきり2020年のオリンピック一宮会場開催までには完成するものと思っていたのですけどね。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年11月5日(月)~11日(日)のお仕事です。

 5日(月) 一宮線 UD+西工フィンガー
 6日(火) いすみ循環内回り+病院送迎
 7日(水) 勝浦線 日野フィンガー
 8日(木) 牛久線 西工フィンガー
 9日(金) お休み
10日(土) お休み
11日(日) いすみシャトルバス

今週はどうしても行きたいところがあったので、希望休を連休で出しました。

| | コメント (0)

11月4日のテツ

2018年11月4日(日)。今日は茂原線の担当です。午後の大多喜での休憩時間に、大多喜~小谷松間の祠の所へ行きました。

急行4号がやってきました。
Isumi_kiha28_20181104_01
あれっ、今日は日曜日なのにヘッドマークなしです。天気が悪いし、雨の日スペシャルでみないなものかな。

去りゆく姿も撮っておきます。
Isumi_kiha52_20181104_02
なんと、今日はこちら側に日曜日定番の「そと房」ヘッドマークが着いていました。

ちかくの柿の木では、残り少ない実をカラスが食べに来ていました。
Isumi_koyamatu20181104_03

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

関鉄&TXイベントへ(15)

佐貫17:29の品川行きの乗って東京へ向かいます。
Joban20181103_071

東京駅の京葉ストリートで、夕食の弁当を買いました。
Keiyo20181103_072
今日はコレにしました。

東京19:00の「わかしお17号」に乗車します。
Keiyo20181103_073
車内で夕食です。上総一ノ宮で降りて、自宅へと向かいました。

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

関鉄&TXイベントへ(14)

竜ケ崎17:02の佐貫行きに乗車します。
Ryugasaki20181103_066
入線前からホームで待ち構えて、ドアが開く前に全体のイラストを撮っておきます。

今度は、つり革のコロッケをアップで撮っておきます。
Ryugasaki20181103_067
竜ケ崎はコロッケで売り出している街ですから。

壁には、こんな案内もありました。
Ryugasaki20181103_068

佐貫駅の駅そば屋さんにも、コロッケそばが舌代にあります。
Ryugasaki20181103_069
お土産にコロッケのみも可とのこと。車内で食べるように2個揚げてもらいました。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(13)

土浦からの電車を佐貫で降ります。「ときわ路パス」で乗れる、関東鉄道竜ヶ崎線に乗りにいきます。
Ryugasaki20181103_061
佐貫16:30の竜ケ崎行きに乗車します。乗ってびっくり、つり革にコロッケがくっついています。

乗ってきた列車は「まいりゅう号」という愛称がついていました。
Ryugasaki20181103_062
すぐに折り返しなので、自転車置き場から外観を撮っておきます。

踏切を渡って車庫の近くに行くと、旧型車が停まっていました。
Ryugasaki20181103_063
エンジンは新型に交換されてしまいましたが、まだ現役で活躍しています。

Ryugasaki20181103_064
竜ヶ崎駅の入口にも龍のイラストがありました。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(12)

守谷15:05の普通つくば行きに乗車します。
Moriya20181103_056
急行が先発だったのですが、駅奪取しながら行くつもりなので、あえて各駅停車にしました。

寅さんデジタルスタンプラリーの指定駅、筑波学園駅。もし、乗車中に駅奪取できなければいったん下車するつもりでした。
Moriya20181103_057
車内でゲットできたので、そのまま終点のつくばまで乗ります。これで、茨城県内の指定駅4駅すべてゲットできました。

つくば駅上のバスのりば、つくばセンターから土浦駅行きのバスに乗ります。
Kantetsu20181103_058
15:30の野田団地経由土浦駅西口行きというバスに乗りました。

30分で16:00に土浦駅に到着しました。
Kantetsu20181103_059
ここから再び「ときわ路パス」の旅に戻ります。

土浦駅16:10の始発品川行きの電車に乗ります。
Joban20181103_060
今日はもう1カ所寄りたいところがあるので、普通車に座っていきます。始発ですから、座席はたくさん空いていました。

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

関鉄&TXイベントへ(11)

天気はよいし、人は多いし。座る場所もないので、少しだけ写真を撮って退散することにします。
Moriya20181103_051
出店ブースは、水海道車両基地より格段に多いのですが、そこも大混雑です。

Moriya20181103_052
バスのりばも長蛇の列ですが、守谷駅行きは次々にやってくるので、進み方は早いです。

Moriya20181103_053
そんなに長い時間じゃないので、立って行きます。

そうそう、こんなドロップスもいただいてしまいました。
Moriya20181103_054
無料のイベントなのに、TXはずいぶん予算をつぎ込んでいる感じです。

つくばエクスプレスの筑波学園駅とつくば駅が、寅さんデジタルスタンプラリーの指定駅です。
Moriya20181103_055
つくばエクスプレスは「ときわ路パス」では乗れませんが、なかなか来る機会もないので、別払いを承知で寄っていくことにしました。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(10)

石下駅12:43の列車に乗って、守谷駅へ向かいます。
Kantetsu20181103_046
次は、TXつくばエクスプレスの車両基地公開に向かいます。

水海道駅に到着です。ここは2番線に入りました。
Kantetsu20181103_047
3番線からは下館行きが先に発車していきました。

守谷駅に到着です。今年も会場までのスタンプラリーをやっているので、まずはつくばエクスプレスの守谷駅へ行ってスタンプ用紙をもらってきます。
Moriya20181103_048
今年は車両デザインのスタンプでした。昨年よりもスタンプを押す列は少なくて助かりました。さすがに10000名には達していなかったようで、オリジナルマグカップもいただくことができました。

会場に入ったのは、もう14時直前です。会場はたくさんの人であふれています。
Moriya20181103_049
とりあえず、手近な車両だけ撮ります。

フルカラーLEDだと、表示もいろいろと出せるのですね。
Moriya20181103_050
キャラクターのスピーフィが表示されていました。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(9)

臨時列車が水海道駅1番線に到着しました。
Kantetsu20181103_041
朝よりも明るくなったので、ここでも1枚撮っておきます。

水海道11:46の下館行きに乗って石下駅へ行きます。
Kantetsu20181103_042
ここも寅さんデジタルスタンプラリーの指定駅になっています。無事にゲットです。茨城県は、水海道、石下、つくば、筑波学園の4駅がラリー駅に指定されています。

かつて降りたことがある石下駅です。
Kantetsu20181103_043
もう、何年も前ですが、@niftyの鉄道フォーラムのオフ会で、恣意下駅近くの酒蔵に行った記憶があります。

何軒か酒蔵がある石下です。
Kantetsu20181103_045
ホームや線路脇に、いくつかの酒元の広告がありました。

そのホームで昼食です。
Kantetsu20181103_044
水海道のイベント会場で買ってきた、ビアスパークしもつまの「ソースカツ弁当」です。

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

関鉄&TXイベントへ(8)

エンド交換が終わり、水海道駅へ向けて出発しました。
Kantetsu20181103_036
いろいろな車両が留置されているのが見えます。

本線合流を前に一旦停止です。
Kantetsu20181103_037
停車位置がちょうど撮影会場の脇でした。先ほどとは行き先表示が変わっています。

どうやら、幕回し撮影会の時間のようです。
Kantetsu20181103_038
また幕が変わりました。

しばらく停車して、再び動き出しました。
Kantetsu20181103_039
車両基地から上り線に入ります。

上り線から下り線への渡り線を通ります。
Kantetsu20181103_040
下り本線に入りました。これで水海道駅1番線へと向かいます。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(7)

食品以外のお店も出ています。関東鉄道バスは、今年も出店していました。
Kantetsu20181103_031
毎年買ってしまう廃札の袋詰め。軟券が中心ですが、廃止路線や人出が見込まれるイベント限定乗車券などが出てくる上に、値段が安いの手を出してしまいます。今年はこんなのが入っていました。

今日は他にも行きたいところがあるので、早めに会場を出ます。
Kantetsu20181103_032
水海道駅行きの臨時列車に乗っていきます。

この時間に帰る人は少なく、この臨時列車は空いていました。
Kantetsu20181103_033
上り方の運転席直後に立っていきます。

運転時刻表です。
Kantetsu20181103_034
信号所11:30の臨客303に乗車です。所要時間は5分のようです。

まずは、上り方の行き止まりまで走ります。
Kantetsu20181103_035
ここが乗車したまま入れる、一番奥の部分でしょう。ここでエンド交換して、ここから水海道駅までは、ここが最後部になります。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

関鉄&TXイベントへ(6)

今年も会場にはいろいろなお店が出店しています。
Kantetsu20181103_026
毎年恒例のかつて鉾田駅にあった鉾田のたい焼き。もちろん、今年も買ってしまいました。

今年、初めてみました。
Kantetsu20181103_027
玉造町駅にこんなのあったのですか。そういえば、下車したことはなかったかもしれません。

1パック買いました。
Kantetsu20181103_028
そばつゆに浸したそばが、いなりの中に入っていました。いなりの油揚げとそば、どちらも醤油系ではありますが、違う味付けです。それを一緒に食べると、お互いの味が混じり合って、なかなかいいかんじですね。そばが太めの手打ち麺なのもいいんでしょうね。おいしいです。

銚子電鉄も今年は物販をしていました。
Kantetsu20181103_029
まずい棒ののぼりが風に揺れていました。

せっかくですから、15本セットを購入しました。
Kantetsu20181103_030
2018年8月3日に発売開始になった「まずい棒」。売り切れ続出で、実物を買えたのは今日が初めてです。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(5)

車両基地の一番奥へと進んでいきます。
Kantetsu20181103_021

一番奥まで行くと、そこでエンド交換です。
Kantetsu20181103_022

エンド交換が終わったようです。こちら側のヘッドライトが点きました。
Kantetsu20181103_023
ポイントもこちら側に切り替わりました。

降車場所へと進んで行きます。
Kantetsu20181103_024
降車場所は、ドア1カ所のみです。

Kantetsu20181103_025
階段のセットが終わって、これでようやく車両基地に到着です。まもなく乗客が降りてきます。

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

関鉄&TXイベントへ(4)

この車両基地公開の目玉は、ここでしか見られないDD502でしょうかね。
Kantetsu20181103_016
もう、本線を走ることはないのでしょうけど。

Kantetsu20181103_017
丸いキャブの屋根の合わせて、丸みのある運転席窓ガラスがなんとも独特です。これが貨車を引いて走ってくるところを見てみたかったですね。

そうこうしているうちに、本日2本目の車両基地行きの臨時列車がやってきました。
Kantetsu20181103_018

ゆっくりと車両基地に進入してきます。
Kantetsu20181103_019

手旗誘導で、いったん一番奥まで進んで行きます。
Kantetsu20181103_020
その後、エンド交換して降車位置まで動いてきます。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

関鉄&TXイベントへ(3)

臨時列車の乗降場所は、スイッチバックしてすぐの所でした。
Kantetsu20181103_011
シャトルバスなどとほぼ同じ、会場の入口近くが乗降場所でした。

まずは、車両の展示場所へ行ってみました。
Kantetsu20181103_012
今年も晴天です。何気なく撮っていたのですが、これ、ヘッドマークがすごいです。

Kantetsu20181103_015
ヘッドマークの車両がちゃんと展示車両の5012なんです。

Kantetsu20181103_014
これもそうです。展示車両の316がヘッドマークに描かれています。

Kantetsu20181103_013
そして、これも同様に2104がヘッドマークに描かれています。3両とも、全部違うヘッドマークなのです。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(2)

臨時列車は、すでに1番線に入線していました。座る気はないので、発車時間まで撮影します。
Kantetsu20181103_006
まずは車両基地側です。鉄道の日にヘッドマークが着いていました。

Kantetsu20181103_007
今年の臨時列車は、318+317の2両編成です。

水海道側です。
Kantetsu20181103_008
こちらは別のヘッドマークがあります。

シール式ですが、こちらの方がイベント列車らしくていいですね。
Kantetsu20181103_009
車両基地へ行く特別な列車だということがわかります。

発車時刻は10:10です。
Kantetsu20181103_010
そろそろ乗り込みましょう。整理券を見せて、臨時改札を通ります。今日はイベント列車の関係で、定期列車はこの時間帯、すべて2・3番線からの発車になっていました。

| | コメント (0)

関鉄&TXイベントへ(1)

2018年11月3日(土)。今日は休みです。希望休を出してあったわけではないのですが、休みになったので、毎年恒例の茨城の鉄道イベントへ行ってくることにしました。

いつものように、上総一ノ宮駅まで自家用車で行きます。上総一ノ宮6:44の総武快速で蘇我へ。内房線からの京葉快速に乗り換えて、南船橋へ向かいます。
Musasino20181103_001
南船橋から武蔵野線に乗って新松戸へ。常磐緩行線を柏で快速に乗り換えて8:49に取手駅に到着しました。

今回は事前に用意していなかったので、いったん改札を出て指定席券売機で「ときわ路パス」を買います。
Kantetsu20181103_002
期間限定の「大人の休日倶楽部会員用」を買いました。

まずは、関東鉄道水海道車両基地で開催される、関東鉄道のイベントへ向かいます。
Kantetsu20181103_003
9:11の水海道行きに乗車します。

2100形の2両編成でした。
Kantetsu20181103_004
9:39に水海道駅へ到着です。すぐに改札外の整理券配布の列に並びます。

昨年までの体験から9:45までに並べば整理券は大丈夫だろうと感じていました。
Kantetsu20181103_005
予想通りゲットできました。その後、駅奪取の寅さんデジタルスタンプラリー指定駅なので、こちらも忘れずにゲットしておきます。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

11月2日のテツ

2018年11月2日(金)。今日は茂原線の担当です。

金曜日なので、平日ですが里山トロッコの運転があります。
Kominato20181102_01
今日のヘッドマーク花瓶にはカエデ(もみじ)が入っていました。ただ、まだ色づいてはおらず緑の葉ですけど。房総半島の紅葉には、まだ1ヶ月近く早いですからね。

Kominato20181102_02
天気はよいですが、平日なのでそれほどお客さんは多くはありません。

Kominato20181102_03
定刻に上総牛久駅を発車していきました。

Kominato20181102_04
ちなみに、今日の担当車は右側のヤツでした。

| | コメント (0)

11月2日の食 その2

2018年11月2日(金)。今日は牛久線の担当です。

昼食はT-MARTで買ってきました。
Tmart20181102_01
買ってきて休憩所ですぐ食べるので、生ものでも大丈夫です。T-MART、食材はけっこういいものを使ってますから。ただ、生野菜類は他所で作ったものを仕入れているためか、ちょっと割高感があります。コンビニのサラダの方がスケールメリットがあるのでしょうね。

Tmart20181102_02
でも、メインがおいしいからいいんです。T-MARTで売っている、ワサビドレッシングもけっこうクセになる味なんです。

そして、市原鶴舞バスターミナルでの休憩時間です。
Ministop20181102_03
ミニストップで期間限定のソフトクリームがあったので買ってしまいました。あんこがトッピングされているのがいいですね。あんこ好きですから。

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

11月2日の食 その1

2018年11月2日(金)。今日は牛久線の担当でした。

上総牛久駅の通いネコさん。今日もいました。
Ushiku20181102_01

自分の手をなめる舌、ザラザラですね。
Ushiku20181102_02

あんまり撮っていたら、怒られました。
Ushiku20181102_03

ちなみに、自動販売機に缶しるこがありました。
Ushiku20181102_04
井村屋です。ASAHIをよく見かけます。その次は伊藤園です。自分の周りでは井村屋は意外と少数派です。

Ushiku20181102_05
上手な振り方、飲み方が書いてあるのですね。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

10月31日のテツ

2018年10月31日(水)。今日は茂原線の担当です。大多喜で13~15時の約2時間休憩があります。

少し撮りに行きました。
Isumi300_20181031_01
上総中川~城見ヶ丘の増田橋から撮ります。下り15Dは301パパ&ママでした。

大多喜~小谷松間へ移動します。
Isumi300_20181031_02
15Dの折り返し、上り18Dです。

18Dと大多喜で行き違う、下り17Dです。
Isumi350_20181031_03
351スナフキンでした。そろそろ時間なので職場に戻ります。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

10月29日のテツ

2018年10月29日(月)。今日は一宮線の担当です。

朝の1往復が終わると、昼過ぎまで長い休憩です。今日は自宅へ戻って早めの昼食にします。
Isumi_kiha20_20181029_01
大多喜止まりの下り9Dです。キハ201303でした。

今日の一宮海岸はいい天気でした。
Kominato20181029_02
10月下旬とはいえ、窓を閉め切ったバスの車内は、暑くなりました。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年10月29日(月)から11月4日(日)のお仕事です。

10月29日(月) 一宮線 UD+富士重工
   30日(火) いすみシャトルバス
   31日(水) 茂原線 日野フィンガー
11月 1日(木) 勝浦線 日野フィンガー
    2日(金) 牛久線 日野フィンガー
    3日(土) おやすみ
    4日(日) 茂原線 日野フィンガー

一宮線がほぼ専用車の、なんちゃってフィンガー車だった以外は、路線担当は日野車ばかりという週でした。3日は希望休を出したわけではないのですが、たまたま休みになったので、毎年恒例の茨城のイベントへ行きました。

| | コメント (0)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(18)

水戸駅からは、品川行きの特急「ときわ82号」に乗車します。
Joban20181027_086

水戸駅は、東京駅から100kmをわずかに越えるので、普通に特急券を買うと割高感があったのですが、全席指定になって気持ち安くなりました。
Joban20181027_087

品川まで乗って駅ナカで夕食用の弁当を買い、品川から外房快速上総一ノ宮行きに乗り継ぐ予定でした。
Joban20181027_088
車内で、横須賀線上り線が大船駅付近の事故で運転中止という案内が流れました。こうなると、快速上総一ノ宮行きがどうなるかわかりません。東京駅で降りて、定時運転されるだろう京葉線経由の特急「わかしお17号」で帰ることにしました。

東京駅で東京駅限定の「銀の鈴弁当」夕食に買いました。
Joban20181027_089
わかしお車内でいただきました。

ちなみに、今日買ってきたお土産です。
Hitachinaka20181027_090
ひたちなか海浜鉄道のおさむのクリアファイルとピンバッチです。それから、大洗駅の売店で、ガルパン関連も少々買ってきました。

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(17)

乗車する、大洗始発の水戸行きはすでに3番線に停まっていました。
Kashimarinkai20181027_081
6000形の2両編成です。

Kashimarinkai20181027_082
関東地方の現役車両では数少ない転換クロスシートです。これに乗ると、千葉県の隣なのに遠くまで来た感覚になります。

Kashimarinkai20181027_083
もう3年経ってますが、まだ30周年のステッカーが貼られていました。

そこへ鹿島神宮行きがやってきました。
Kashimarinkai20181027_084
30周年記念のガルパン3号車を先頭にした2両編成でした。

側線にはラッピング車もいました。
Kashimarinkai20181027_085
新型8000形が導入されましたが、まだまだ6000形も頑張っています。

| | コメント (0)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(16)

那珂湊駅から乗ったバスを大洗駅入口で降ります。
Ibakou20181027_076
ここから大洗駅まで歩いて5分ほどです。

イルカが飛んでる大洗駅に着きました。
Kashimarinkai20181027_077

駅前にはガルパンの顔出しも並んでいます。
Kashimarinkai20181027_078

大洗駅に来ると、お決まりの入場券購入です。
Kashimarinkai20181027_079
毎月買うほどの根性はありません。年に数回、来たときに買うだけです。今月の改札スタンプは蝶野教官でした。

ここは「ときわ路パス」で乗車できます。パスを見せて改札を入ります。
Kashimarinkai20181027_080
ホームへの通路にはガルパンヘッドマークが並んでいました。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(15)

水戸駅行きのバスが那珂湊駅前を発車しました。那珂湊の市街地を抜けて大洗へと向かいます。
Ibakou20181027_071
那珂川の河口にかかる海門強を渡ります。

今日もこの道は混んでますね。
Ibakou20181027_072
大洗側の方が高いので、登るように橋を渡ります。

橋上から見た太平洋側です。
Ibakou20181027_073
ピンボケ、手ぶれです。河口と太平洋がすぐそこに見えるダイナミックな風景です。

上流側です。
Ibakou20181027_074
高い堤防がないのですよね。左側には釣り人もいます。どうやってあそこまでいったのでしょう。

大洗側へ入りました。アクアワールド大洗を過ぎて海沿いの道を走ります。
Ibakou20181027_075
大洗神社の前を通過していきます。

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(14)

勝田15:14の阿字ヶ浦行きに乗って、那珂湊で降ります。
Hitachinaka20181027_066
那珂湊で行き違った勝田行きは、元JR東海のキハ11でした。こちらもクリーニング専科のラッピングでした。

走り去るキハ11の脇に、人気のキハ205が停まっていました。
Hitachinaka20181027_067
さすがにこれだけ色あせると、キレイな姿で走っているところを見てみたいなと思ってしまいます。

那珂湊駅から大洗駅を目指します。
Hitachinaka20181027_068

駅前に茨城交通のバス停があります。
Hitachinaka20181027_069
そこに、日祝日の大洗方面は7本ですと書いてあります。その中の15:35がまもなくやってくるのです。

やってきたのは、富士重工7Eボディのツーステップバスです。
Hitachinaka20181027_070
これに乗って、大洗駅を目指しましょう。ちなみに、このバスに「ときわ路パス」は使えません。

| | コメント (0)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(13)

水戸行きの普通電車を14:43の勝田で降ります。ここから「ときわ路パス」で乗れる、ひたちなか海浜鉄道に乗ります。
Hitachinaka20181027_061
次の列車まで時間があったので、ひと駅日工前駅まで歩いてみました。

駅近くに立つ茨城交通のバス停です。
Hitachinaka20181027_062
こちらは日工前ではなく日立工機前でした。

ホームへ向かいます。
Hitachinaka20181027_063

次に来るのは勝田行きなで、せっかくですから乗っていきましょう。
Hitachinaka20181027_064
2019年のいばらき大会のラッピングです。

勝田駅に着きました。折り返し阿字ヶ浦行きに乗ります。
Hitachinaka20181027_065
阿字ヶ浦側は2019年いばらき国体のラッピングです。「2019 いばらき国体・いばらき大会」のラッピングですね。

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(12)

吹上橋バス停から大みか駅まではそれほど距離はありません。バスに乗るのももったいないので、歩いて行くことにしました。
Hitachibrt20181027_056
BRT専用道は現在はここまでです。ここから右に曲がって一般道へ合流します。現在、まっすぐ進み常磐線を跨いでJR大甕駅の西側にバスターミナルを造る工事をしています。

工事中のBRT専用道に入ってすぐの所に、新しいバス停ができるようです。
Hitachibrt20181027_057
歩道もあるので、常磐線の跨線橋は専用道と歩道の併設になるのかもしれません。

新しいバス停ですが、名前はもう決まっているみたいです。
Hitachibrt20181027_058
臨海工場西という名前が書かれていました。

JR大甕駅に着きました。
Joban20181027_059
次の水戸行きは14:28で10両編成です。グリーン車無しの10両ということは、アレが来るのかな。

やっぱりそうでした。501系の10両編成です。
Joban20181027_060
土浦以北でしか出会えなくなった通勤電車ですね。

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(11)

歩いている途中で後ろからバスが来ました。
Hitachibrt20181027_051
これは第1期開業から走っているバスですかね。

前からもやってきました。
Hitachibrt20181027_052
これも、たぶん第1期開業から走っている車両だと思います。

一般道との立体交差地点にある吹上橋バス停で自動運転バスを待つことにしました。
Hitachibrt20181027_053
大みか駅13:45発のおさかなセンター行き自動運転バスがやってきました。

Hitachibrt20181027_054
吹上橋バス停を通過していきます。

斜め上から撮ったのですが、運転士さんがハンドルを握っているのか、手を添えているだけなのかは、写真ではわかりませんでした。
Hitachibrt20181027_055
ただし、屋根上とくにクーラーより後ろにはたくさんの機器が追加されているのが俯瞰撮影からわかりました。

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(10)

横断歩道の柱に取り付けられた機器です。
Hitachibrt20181027_046
この狭い横断歩道を感知するために、これだけのカメラやセンサーが準備されています。何だか、自動運転を一般道でやろうとしたら、とてつもない設備投資が必要になるのではと思ってしまいます。

自動運転バスば日立商業高校下バス停に停まりました。
Hitachibrt20181027_047
この便では、乗客の下車はありませんでした。

自動運転バスが日立商業高校下バス停を発車します。
Hitachibrt20181027_048

後追いも撮っておきます。
Hitachibrt20181027_049
折り返しの大みか駅発もどこかで撮ろうと、そのまま大みか駅方面へ歩いていきました。

途中、こんなところがありました。
Hitachibrt20181027_050
柵が取り外せるようになっていて、歩道をバスの待避所として使えるようになっている区間です。

| | コメント (0)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(9)

自動運転バスが停まる、日立商業高校下バス停まで乗っていくことにしました。
Hitachibrt20181027_041
道路の中央部、色が変わっているところが自動運転バス用の磁気が埋め込まれたところです。

バスを降りてから見てみると、こんな感じです。
Hitachibrt20181027_042
しっかり穴を開けて埋め込んだようで、黒いパテのようなものが見えるだけで、磁気自体はどんなものなのかはわかりませんでした。

おさかなセンター行きのBRTがやってきました。
Hitachibrt20181027_043
これは常陸多賀駅までの開場時に、新しく導入された車両のようです。

日立商業高校下バス停のすぐ近くにある横断歩道が、監視設備がつけられたとことです。
Hitachibrt20181027_044
柱につけられたモニターで、人が道路に進入していないかどうかを自動的に感知するらしいです。この日は、近くにパソコンでこの画面をチェックしている係の方がいました。

やがて自動運転バスがやってきました。
Hitachibrt20181027_045
わざと渡って、バスが自動的に停まるかなんて実験はしませんよ。走ってくるのを撮りました。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ