« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の72件の記事

2020年9月30日 (水)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(8)

日立おさかなセンターで昼食にします。ここに来るといつも寄って食べてしまうのが「味勝手丼」です。
Hitachibrt20181027_036
今日はこんなネタを買ってみました。ウニの時期なら間違いなく高くても1品買うのですけど、今は時期ではないですからね。

これを自分でごはんに盛り付けます。
Hitachibrt20181027_037
う~ん、たまごは乗り切りませんでしたね。別に食べましょう。

食事も終わり、再びバスのりばに戻ります。
Hitachibrt20181027_038
既存のバス停にカバーを掛けて、自動運転バス用ののりばにしたものです。乗車券購入用のQRコードも出ています。

こちらが通常ののりばです。
Hitachibrt20181027_039
大みか駅での接続案内も出ています。見やすいですよね。

おさかなセンター13:00のバスに乗車します。
Hitachibrt20181027_040
次の自動運転バスは、おさかなセンター13:20です。自動運転バスのベースはおさかなセンターの方で、おさかなセンター→大みか駅→おさかなセンターという1往復が済むと休憩というパターンになっています。ですから、このバスを途中で降りて、自動運転バスの走行風景を1往復分撮る予定です。

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(7)

アンケートを記入した自動運転バスを降ります。ちょっと辛口の回答になってしまいました。
Hitachibrt20181027_031
バスを撮影していると、こんな表示に変わりました。先進モビリティーもSB(ソフトバンク)ドライブも、今回の実験に参加している会社ですよね。

Hitachibrt20181027_032
回送よりはこっちでの運転の方がよかったのになと思いながら、もう少し撮影します。

Hitachibrt20181027_033
おさかなセンターは、通常のBRTと同じロータリーに到着でした。

Hitachibrt20181027_034
BRT専用塗色でないバスも、今日はBRTに入っていました。

自動運転バスは少し動いて、何やらシステムチェックをしているようです。
Hitachibrt20181027_035
そうしたら、ちゃんとこんな表示があったのではないですか。やっぱり、さっきの運転はいろいろなトラブルが重なった中での運転だったのでしょう。そう思うと、きちんとシステムが作動する中での自動運転を体験してみたかったと感じました。

| | コメント (0)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(6)

一般道からBRT専用道に入るのですが、この辺りから様子がおかしくなりました。システムが異常を表示して、同乗しているソフトバンクの方がリセットをかけるのですがうまく作動しないようです。結局、運転士さんの手動運転で走って行きます。専用道では道路に磁気を埋め込んで、それを元に走行する区間や、横断歩道への人の進入を感知するシステムを設置してあるところもあるそうです。
Hitachibrt20181027_026
通常運行のバスとの行き違いもあり、日立商業高校下バス停は自動停車するバス停になっています。

残念ながら運転士さんの手動走行で停車します。ここでは、少々降りての見学時間がありました。
Hitachibrt20181027_027
行き先表示は「回送」での運転なんですね。誤乗防止のためでしょうか。

車内も一般のバスとは違うものがあります。
Hitachibrt20181027_028
非常口の脇には、緊急連絡用の電話が設置されています。ソフトバンクがやってますから、通信機器の設置はお得意のところなのでしょう。

再び一般道に入ってサンピア日立バス停に向かいます。
Hitachibrt20181027_029
この一般道の途中にも、自動運転バスを検知すると優先的に青信号になる信号機があるのですが、システム異常なのでうまく作動しませんでした。

残念ながら、ほとんど自動運転を体験できないまま終点のおさかなセンターに到着しました。
Hitachibrt20181027_030
乗ってみての感想は、まだまだ自動運転は難しいなということです。一般道を全員着席で運転するため、ポンチョで8人しか乗れません。しかも一般道での走行速度はかなり低速です。立ち客のいる路線バスを、一般車の多い時間帯に自動運転するには、車内人身事故に関する責任をどうするかなど、解決しなければいけない問題は山積みじゃないのかなと感じました。

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(5)

自動運転バスが大みか駅を発車しました。予定通り11:45の発車です。
Hitachibrt20181027_021
運転席の後ろに、乗客向けにこんなモニタが設置してありました。

現在の運転モード等がわかるようになっています。
Hitachibrt20181027_022
一般道の走行速度は、とにかく遅いです。

運転席に乗る運転士さんは、ハンドルをいつでも握れるように手を添えているだけです。
Hitachibrt20181027_023
たしかに、自動で車が動いているようです。

Hitachibrt20181027_024
なんだか、途中でモニタの様子がおかしくなってようです。

Hitachibrt20181027_025
こんな感じで、たしかに一般道を自動走行しています。ただし、走行速度はとっても遅いです。

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(4)

短い映画を見て、その後説明を受けます。信号もない交差点のある田舎道を自動運転バスが来る映画なんですが、正直専用道ならともかく、こういう道で実現するのかなと今の段階では思ってしまいます。すべての説明が終わり、のりばへ向かいます。
Hitachibrt20181027_016
すでにバスは駅前にいました。

まずは渡されたスマホで、乗車券を購入します。
Hitachibrt20181027_017
QRコードリーダーを立ち上げます。

バス停にあるQRコードを使ってチケットを購入します。
Hitachibrt20181027_018
実際にバス停でないと購入できないので、これでバスの待ち人数が確認できるのだそうです。

バスがのりばへやってきました。
Hitachibrt20181027_019
後ろは工事中のJR大甕駅舎です。

乗った順番が遅かったので運転席近くは無理でした。運転席がのぞき見できそうな、一段高い最後部左側に座ります。
Hitachibrt20181027_020
乗車券は自動的に認識されました。

| | コメント (0)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(3)

指定された集合時間に、まだ5分ほど早いけどそろそろいいかなと階段を上がります。
Hitachibrt20181027_011
転職してから、あんまり階段の上り下りしていないですからね。久しぶりに4階まで階段で上がります。

受付をして資料の置いてある席に着きます。
Hitachibrt20181027_012
1便につき、乗客は8人まで。ポンチョに全員着席で乗せようとすれば、これが限界なのでしょう。

ソフトバンクのスマホが貸し出されます。
Hitachibrt20181027_013
このアプリを使って、運行の確認や乗車券の購入をするのだそうです。

Hitachibrt20181027_014
乗車券を購入することで、次のバスに乗る人が何人いるかカウントしたりすることもできるのだそうです。

室内に大きなモニターがありました。
Hitachibrt20181027_015
これは、本来集中制御室みたいなところに置かれるもので、車内を監視するとともに、乗務員に連絡したり、非常ブレーキをかけたりできるシステムだそうです。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(2)

特急「ひたち5号」が大甕駅に到着しました。
Joban20181027_006
次の停車駅は常陸多賀です。

Joban20181027_007
「ひたち5号」が発車していきます。かつては、勝田以南のみがB特急料金勝田以北を利用する場合は全区間A特急料金でしたけど、全車指定席になって勝田以北を利用する場合の差が少しは低くなった気がします。

かつて日立電鉄が走っていたJR西側の土地です。
Joban20181027_008
一時有料駐車場になったりしていましたが、ひたちBRTの乗り入れ工事の真っ最中でした。

JR駅もそれにあわせて改築中です。
Joban20181027_009
現駅舎は仮駅舎。ロータリーの正面ではなく、階段を上がって左側に仮駅舎がありました。

そして駅前ロータリーに建つ、あるビルの前に案内がありました。
Joban20181027_010
階段の前に立っているということは、歩いて上るのでしょう。いったん上がると降りるのは面倒なので、少し写真を撮ってから上がることにしましょう。

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

茨城・自動運転バス試乗と3セク乗車(1)

2018年10月27日(土)。今日はお休み。日立市で行われている、自動運転バスの試乗に申し込みができたので、今日はまず日立市へ行きます。その後、ひたちなか海浜鉄道と鹿島臨海鉄道の2つの3セク鉄道に寄り道してくるつもりです。

自宅から上総一ノ宮駅までは自家用車で行きます。
Sotobo20181027_001
上総一ノ宮7:17の快速東京行きに乗車します。

土曜日ですから、平日よりも安いグリーン車に乗っていきます。
Sotobo20181027_002
今日のきっぷです。「休日おでかけパス」と「ときわ路パス(大人の休日倶楽部会員用)」を使います。東京駅から大甕駅まで特急「ひたち」に乗車します。

その「ひたち」では車内販売がありました。
Joban20181027_003
ケーキとコーヒーのセットを頼みます。

Joban20181027_004
まだ、この頃はNREが車内販売をやっていたんですよね。だからホットコーヒーもありました。

そんな車内販売の品と楽しみながら、取手~藤代間のデッドセクションを眺めます。
Joban20181027_005
最近の車両は、デッドセクション通過時でもそれほど照明や空調が止まらないので、面白みがないです。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

国吉駅にて(2)

国吉駅上りホームに並ぶ自動販売機です。
Isumi_kuniyosi20181026_06
10月だというのに、もうおしるこが入っているではないですか。

あれば買ってしまうのが缶しるこです。
Isumi_kuniyosi20181026_07
ASAHIです。この辺りの分布は、ASAHI>伊藤園>井村やの順ですね。JRの駅内は圧倒的に伊藤園ですけど。

Isumi_kuniyosi20181026_08
竹小豆、いんげんまめ、あずきとあります。豆はあずきだけじゃないんですな。

国吉駅を出て自宅へ戻る途中で、新田野駅近くの新田野ファームの直売所へ寄り道します。
Nittano20181026_09
柿が好きなんです。もちろん、買って帰りました。

| | コメント (0)

国吉駅にて(1)

2018年10月26日(金)。今日はデイケアバスの担当です。昼休みが長いので、自宅へ戻って昼食をとることにします。

自宅へ向かう途中、国吉駅へ寄りました。
Isumi_kuniyosi20181025_01
動態保存のキハ30。今日の行き先は普通を出していました。最近はずっとこれなのかな。

下りホームには赤白ネコさんがいました。
Isumi_kuniyosi20181025_02
最近、よく歩いているネコさんですね。

上り512Dがやってきました。
Isumi350_20181025_03
352ムーミンでした。

ホーム下のコスモス畑へ行きます。
Isumi350_20181025_04
去りゆく512Dを撮ります。

| | コメント (0)

10月22日のテツと食

2018年10月22日(月)。今日は茂原線の担当です。

大多喜で少し遅めの昼食休憩がとれるダイヤなので、傘屋食堂へ出かけます。
Isumi_kiha20_20181022_01
行きがけに第一森宮踏切近くの田んぼ沿いへ行きます。今日は真っ青な青空です。下り15Dは、キハ201303でした。

その後、傘屋食堂へ行き、平日限定の日替わりランチをいただきます。
Kasaya20181022_02
今日はこんな内容でした。

あまりに空が気持ちよいので、食後第二五之町踏切へ行きました。
Isumi300_20181022_03
下り517Dです。今日はキハ編成ではないですが、青空には黄色いボディの方が映えると思います。やってきたのは、302スニフでした。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年10月22日(月)~28日(日)のお仕事です。

22日(月) 茂原線 日野フィンガー
23日(火) いすみ循環外回り
24日(水) 勝浦線 日野フィンガー
25日(木) いすみ循環内回り
26日(金) デイケアバス
27日(土) お休み
28日(日) 勝浦線 日野フィンガー

今週は、路線車は日野の中型フィンガーシフトの車両ばかりでした。循環バスも日野ポンチョですから、今週は日野車ばかりでしたね。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

京成バスと新京成(15)

屋内会場には、こんなステージもありました。
Shin_keisei_20181020_72
もう、今日の出し物は終わってしまったようですが。バックの絵柄がいいですね。新京成の現役車両すべての形式が描かれています。

その先、建物を出たところにミニ列車のりばがありました。
Shin_keisei_20181020_71
本来はトラバーサが動く場所ですね。屋内から続くレールが、坂に沿って斜めになっていますここにトラバーサのレールが接続されるのでしょう。

出口を出て、売店のある第2会場へ向かいます。
Shin_keisei_20181020_73
いくつかの売店を見てから、くぬぎ山駅へ向かいました。

駅では何本か電車を撮っておきます。
Shin_keisei_20181020_74
8900形は幕式なのがいいですね。

旧塗色の8800形松戸行きがやってきました。
Shin_keisei_20181020_75
後追いですが、撮っておきます。この次の新津田沼方面の電車に乗って、北習志野の生家へ向かいました。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

京成バスと新京成(14)

屋内展示の目玉はこの台車の展示でしょう。
Shin_keisei_20181020_66
100形はなつかしいですね。自分が北習志野の生家で暮らしていた頃、たしか大学に通っていた頃はまだ現役でした。

Shin_keisei_20181020_67
それよりも珍しいのは、この鉄道連隊97式軽貨車です。

Shin_keisei_20181020_68
連結器はこんな形です。

ピット内にも入れます。
Shin_keisei_20181020_69
この車軸が鉄道連隊の特徴です。手動式フリーゲージトレインですよ。

Shin_keisei_20181020_70
車輪の脇にあるネジを外して、車軸の溝に合わせて左右に動かすことでいろいろな幅のゲージに合わせることができるようになっているのです。既設の鉄道線路を利用して物資の輸送ができるようにとの工夫なのでしょう。それにしても、よく実車が残っていたものです。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(13)

新旧の車輪が並ぶ中を歩いて、屋内会場へ向かいます。
Shin_keisei_20181020_61
たぶん、緑色に塗られているのが新品なんだろうな。

中には売店がありました。セブンイレブンの売店でコラボおにぎりが売られています。
Shin_keisei_20181020_62

新津田沼で唐揚げそばを食べたので少々迷ったのですが買ってしまいました。
Shin_keisei_20181020_63

正面から見ると、イマイチ車両っぽくないです。
Shin_keisei_20181020_64

中身はおにぎり2つとおかずです。
Shin_keisei_20181020_65
ちなみに、飲み物の売店はダイドーでした。ダイドーって自販機専業でコンビニなどでも売っていないですよね。まさか、直接販売でダイドー商品を売っているとは思っていませんでした。

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

京成バスと新京成(12)

近くに展示されている作業車を見学します。
Shin_keisei_20181020_56

真横からも撮りに行きました。
Shin_keisei_20181020_57
残念ながら、通路が近すぎて全体が入りませんでした。

そうしているうちに14:00を過ぎて、展示車両の行き先表示が変わりました。
Shin_keisei_20181020_58
今度は、通常の営業運転では使われない「八柱」が入っています。

N800形の表示は、一定時間毎に2種類が変わります。
Shin_keisei_20181020_59

終了まで1時間半を切ったので、他の会場も見てきましょう。
Shin_keisei_20181020_60
車庫内独特の複雑なポイントを見ながら、再び屋内に戻ります。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(11)

いろいろな部品が置いていある場所を抜けて、車両展示会場へ向かいます。
Shin_keisei_20181020_51
クーラーキセも間近に見ると、けっこう大きいのですね。

展示会場に着きました。
Shin_keisei_20181020_52
白とピンクになった新塗色の各編成が並んでいます。

右側から8900形、N800形です。
Shin_keisei_20181020_53
どちらもステンレス車ですが、新塗色では正面はしっかり塗装されました。

さらに8800形、8500形です。
Shin_keisei_20181020_54
行き先表示は、右から京成津田沼、新津田沼、くぬぎ山、松戸です。

一定時間毎に変わるようです。
Shin_keisei_20181020_55
今は13:00~14:00のパターンが表示されているのです。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

京成バスと新京成(10)

新津田沼でいったん降りたのは、松戸行きホームの先端にあるここに来たかったからです。
Shin_keisei_20181020_46
いつのまにか、土休日のみ営業になってしまい、ようやく今日初めて来ることができたのです。

弥生軒で頼むとなれば、もちろん「からあげそば」でしょう。
Shin_keisei_20181020_47
ここは店内で揚げた空揚げを載せてくれます。そのためできあがりまで少々時間がかかりましたが、熱い唐揚げの載ったそばはなかなかいいですね。(残念ながら2019年8月に閉店してしまいました)

再び松戸行きに乗ってくぬぎ山で降りました。
Shin_keisei_20181020_48
今日もう1つのイベント、「新京成サンクスフェスタ」くぬぎ山車両基地公開に向かいます。地図を見ると、けっこう遠いです。線路なら駅からすぐそこなのですけど、道路は何度も曲がって遠回りしています。

歩いている人が多いので、道に迷うことはありませんでした。角々にはガードマンが立って安全確認と道案内をしてくれていましたから。
Shin_keisei_20181020_49
ようやく入口に着きました.

Shin_keisei_20181020_50
入口で案内をもらって中に入ります。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(9)

メッセ中央バス停から連節バスに乗って幕張本郷駅へ向かいます。
Keisei_bus_20181020_041

途中の海浜幕張駅では、こんな乗換案内も出るのですね。
Keisei_bus_20181020_042
やっぱり都会のバスは進んでいるなぁ。

幕張本郷駅から京成に乗って京成津田沼へ。そこから新京成に乗り換えて、いったん新津田沼で降ります。
Shin_keisei_20181020_43
乗ったのは、8000形の旧塗色車でした。

Shin_keisei_20181020_44
紫と桃色の塗色からこの塗色に変わったときは、なんともさえない塗色だなと思ったものです。

Shin_keisei_20181020_45
そんな塗色も白とピンクの新塗色に変わってきています。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(8)

会場を出て、メッセと一般道との接続部分へ移動します。先ほどダブルデッカーに乗って、試乗車の経路がわかったので、走行風景を撮っておこうと思ったのです。出口部分なら歩道から撮れますから。
Keisei_bus_20181020_036
まずは「K STAR LINER」がやってきました。

Keisei_bus_20181020_037
夜行専用車だからか、窓ガラスの色がかなり濃いように思いますが、気のせいでしょうか。

続いて「ELEGANCE DOUBLE DECKER」がやってきました。
Keisei_bus_20181020_038
こちらは、まだ日本では少数派ですからね。

Keisei_bus_20181020_039
やっぱり大きいですね。

Keisei_bus_20181020_040
警備員さんの誘導で、一般道へと試乗会へ出て行きました。

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

京成バスと新京成(7)

こちらは、市川東高校の美術部がデザインしたバスです。
Keisei_bus_20181020_031

ドア側はこんなデザインです。
Keisei_bus_20181020_032

こちらは千葉内陸バスです。
Keisei_bus_20181020_033
トミーテックがデザインしたハイブリッドバスだそうです。

Keisei_bus_20181020_034
この車両のバスコレクションがあるのですが、この場所では売っていませんでした。

Keisei_bus_20181020_035
後部の広告枠はTOMIXのNゲージです。デザインだけでなく広告もトミーテックですね。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(6)

屋内展示を見ていきます。
Keisei_bus_20181020_026
東京オリンピック関連の臨海部のBRTに関する展示がありました。ここを走る連節バス、京成バスが運行するのですね。

屋内ステージでは、学校などの団体の演奏や演舞が披露されています。それと同じ会場で、バスの展示もやっていました。
Keisei_bus_20181020_027
リカちゃんラッピングのかつしかのバスです。

少し横気味に撮ります。
Keisei_bus_20181020_028
しっかり寅さんサミットの案内も貼ってありますね。

こちらはちばシティバスの復刻塗色バスです。
Keisei_bus_20181020_029

こちらは、一定時間毎にLED表示が変更されていました。
Keisei_bus_20181020_030
屋内展示なので、LEDが欠けることなく撮れるのはうれしいです。

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

京成バスと新京成(5)

屋外の試乗はもう1台あります。
Keisei_bus_20181020_025
安全運転訓練車という事業用車です。

こちらは動くわけではなく、内部の見学です。
Keisei_bus_20181020_021

内部の機器はすごいですね。速度やブレーキだけでなく、各方向のGを測定できる装置などがたくさん積んであります。
Keisei_bus_20181020_023
戸閉時にコレが出ているにもかかわらず閉めてしまったら、人身事故になってしまいますね。

Keisei_bus_20181020_022
全運転士が一定期間毎にころで訓練をうけるのだそうです。自分の問題点を自覚するのが目的とのことでした。

Keisei_bus_20181020_024
うちの会社にはこんなのありません。受けてみたい気もするし、怖い気もするしです。自分が今現在、きちんとできている点とできていない点を具体的に確認してみたい気はありますけど。

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

京成バスと新京成(4)

そろそろ降りようかと思ったら、後ろに「K STAR LINER」がやってきました。
Keisei_bus_20181020_016
試乗客を降ろすために、降車場につけるようです。

前方座席も撮ってから降りることにしました。
Keisei_bus_20181020_017

降りたところが、試乗車の降車場です。
Keisei_bus_20181020_018
「K STAR LINER」がまもなくドアを開けるようです。

こちらが今回乗った2階建てバスです。
Keisei_bus_20181020_019
こちらは「ELEGANCE DOUBLE DECKER」という愛称がついています。

「K STAR LINER」の下車客の要望に応えて、仮眠室を見せてくれました。
Keisei_bus_20181020_020
かなりきちんとした布団が敷いてあるのですね。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(3)

階段直後の座席に座りました。
Keisei_bus_20181020_011
天井は低いですが、階段上にモニタがありました。座った席の正面になります。

先ほどの夜行高速バスとは違い、カーテンが開いています。
Keisei_bus_20181020_012
2階席からの景色を楽しめます。

Keisei_bus_20181020_013
メッセの周りを1周しました。

下車場所に着きました。
Keisei_bus_20181020_014
乗車場所とは少し離れています。

降りる前に空席になった後ろ側の座席を撮ります。
Keisei_bus_20181020_015
やっぱり昼行の空港バスなので、座席は狭めですね。

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

京成バスと新京成(2)

車内の正座は12星座が描かれているそうです。
Keisei_bus_20181020_006

星座は詳しくないのですけど、これはサソリ座ですよね。
Keisei_bus_20181020_007
個人的には、こうやって試乗会で乗る分にはたのしいですけど、実際に夜行便で乗るならシートカーテンがある目の前が暗くなる車両の方を選択しますね。

降りた後でようやく撮れました。
Keisei_bus_20181020_008
これが今日乗った「K STAR LINER」です。

続いて、2階建てバスの試乗会に並びます。
Keisei_bus_20181020_009
こちらは1回に乗車できる人数が多いため、それほど待たずに乗ることができました。

東京駅・鍛冶橋駐車場~成田空港の「有楽町シャトル」に使用されるバスだそうで、スカニアのエンジン・シャーシにバンホールの車体という外国製のバスです。
Keisei_bus_20181020_010
1階は車椅子座席と荷物置場で、一般客席は2階部分だけです。

| | コメント (0)

京成バスと新京成(1)

2018年10月20日(土)。今日はお休みです。希望休を出したわけではないのですが、休みに当たりました。

今日は京成バスと新京成電鉄でイベントが開催されます。せっかく休みに当たったのだし、行ってみようと早起きして幕張メッセへ向かいました。

Keisei_bus_20181020_001
開場前に着きました。待機列に並んで待ちます。

開場と同時に列が動き始めました。まずは試乗会へ向かいます。今日は夜行高速バスと2階建て高速バスの2つの試乗会があります。まずは、キャパの小さい夜行高速バスの方へ並びます。
Keisei_bus_20181020_002
K STAR LINER」という、大阪・神戸線などに使われるバスだそうです。

Keisei_bus_20181020_003
明かりがついているときは、普通の高速バスに見えます。

Keisei_bus_20181020_004
3列独立リクライニングシートです。夜行仕様での乗車体験なので、遮光カーテンがすでに閉められています。

そして、消灯して試乗会です。
Keisei_bus_20181020_005
天井に正座が浮かび上がるのがこのバスの特徴です。全部、手書きで作ったとのことです。蛍光灯カバーにまで星がありますものね。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

10月19日のテツ

2018年10月19日(金)。今日は牛久線の担当です。金曜日なので、平日ですが里山トロッコの運転があります。

上総牛久駅の通いネコさん。
Ushiku20181019_01
ちょっと足が悪いのですが、今日も来ていました。

今日の里山トロッコ号です。
Kominato20181019_02
花瓶に手袋の心棒がさしてあります。うまく作ってありますね。

正面から見るとこんな感じです。
Kominato20181019_03
やっぱりトロッコ列車もハロウィン仕様です。

車内の貫通路の上にもこんな飾りがありました。
Kominato20181019_04

その他にも天井からカボチャのランタンが下がっていました。
Kominato20181019_05
残念ながら見るだけで、乗る機会はなさそうです。

| | コメント (0)

10月19日の食

2018年10月19日(金)。今日は牛久線の担当です。

牛久線というと、やっぱり市原鶴舞バスターミナル近くのミニストップです。
Ministop20181019_01
やっぱり10月だからハロウィンなんですね。NEWのシールがある「焦がし風味のキャラメルとかぼちゃのダブルシュー」というのを買いました。

Ministop20181019_02
外側は普通のシュークリームと同じですね。

かじってみます。
Ministop20181019_03
白っぽいのが「焦がし風味のキャラメルホイップクリーム」で、下の黄色いのがかぼちゃカスタードクリーム」です。パッケージの見本の色と実物がかなり違うので、一瞬とまどいましたが、味はそれなりにおいしかったです。

| | コメント (0)

10月18日のテツ

2018年10月18日(木)。今日はデイケアバスの担当でした。

長い休憩時間、今日は自宅へ戻って家人とともに昼食をとることにしました。帰宅途中に、第一森宮踏切に寄りました。
Isumi_kiha20_20181018_01
上り512Dです。今日はキハ編成ではありません。キハ201303でしたが、トイレ部分の「大多喜お城まつり」の大型ステッカーは、すでに剥がされていました。

| | コメント (0)

10月16日のテツ

2018年10月16日(火)。今日は勝浦線です。

昨日、明日もキハ編成が走ると聞いて、大多喜での休憩時間に西畑まで山道を通って車を走らせました。
Isumi_kiha28_20181016_01
520D大多喜行きです。大多喜で入庫して、大多喜殻は20Dに代わります。キハ28の種別幕が、昨日とは違い白地に黒文字の「普通」になっていました。

10月半ばの17時過ぎです。
Kominato20181016_02
勝浦市の北の外れ、四ツ石行きがまもなく出庫です。この時期は、もうこんなに暗くなるのです。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

10月15日のテツ

2018年10月15日(月)。今日は茂原線の担当です。傘屋食堂へ行き帰りにいすみ鉄道を撮影しました。

まずは行きがけに、上総中川駅近くの踏切から撮ります。
Isumi350_20181015_01
下り15Dです。352ムーミンでした。

食後は国吉駅へ行きました。
Isumi_kuniyosi20181015_02
動態保存のキハ30は、普通を出していました。

下り517Dを待ちます。今日は貸切が入りキハ編成だと聞いたのです。
Isumi_kiha52_20181015_03
小さなファインダーから桜の枝がよく見えませんでした。シャッター位置を間違えましたね。

国吉駅に停まる517Dです。
Isumi_kiha52_20181015_04
どうやら、キハ52が定期の517Dで、キハ28が貸切のようです。

発車していく517Dです。
Isumi_kiha28_20181015_05
特にヘッドマークはありませんでした。種別幕は黒地に白文字の「普通」を出していました。

| | コメント (0)

10月15日の食

2018年10月15日(月)。今日は茂原線の担当でした。

まずは大多喜での遅めの昼食です。上総中川駅近くの傘屋食堂へ行きました。
Kasaya20181015_01
今日の平日限定の日替わりランチです。生ものが入るのは珍しいのです。いい日に当たったようです。

茂原での休憩時間に、東口にあるたい焼き「仲屋」へ行きました。車庫から歩いて10分くらいです。
Nakaya20181015_02
営業時間は12:00~16:00です。4時間しか営業しないたい焼き専門店です。個焼きというらしく、1つずつの型に入れて火にくべて焼くたい焼きです。

薄い皮がパリッとしていて、ほどよい焦げ目が香ばしいです。
Nakaya20181015_03
この固めの皮に好き嫌いが分かれるらしいです。個人的には、香ばしいパリッとした皮と中の柔らかい餡の組み合わせはかなり好きです。とにかく、買いに来るお客さんは10個とかまとめて買っていく人が多いみたいです。熱烈なファンがいるから、1日4時間でも成り立つお店なのでしょうね。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年10月15日(月)~21日(日)のお仕事です。

15日(月) 茂原線 UD+西工フィンガー
16日(火) 勝浦線 日野フィンガー
17日(水) いすみ循環内回り
18日(木) デイケアバス
19日(金) 牛久線 日野フィンガー
20日(土) お休み
21日(日) いすみシャトル

前回のお休みは11日でしたらから、12日から19日まで8連勤で少し大変でしたかね。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

10月14日のお仕事

2018年10月14日(日)。今日はいすみシャトルの担当です。

昼間は雨が降っていました。
Kominato20181014_01
雨が降ると、笹や木の枝が道路にしなってくるので、運転はとても気を遣います。車高の低い普通車なら気にならない枝も、バスだと当たるものがたくさんありますからね。

Kominato20181014_02
夜になってようやく止みました。夜は濡れた路面のラインは見にくいので、少しでも乾いてくれると助かるのです。

| | コメント (0)

大多喜お城まつりの前夜

2018年10月13日(土)。今日と明日が、大多喜お城まつりです。

武者行列などが行われるイベントは、明日14日日曜日ですが、地元の方のお祭りは今日から始まっています。
Otaki20181013_11
豊乃鶴酒造も今夜はライトアップされていました。

街中も千葉銀前から夷隅市庁前までが通行止めとなり、夜のイベント会場になっています。
Otaki20181013_12
革靴で歩き回るのも足が痛いので、この辺で車庫に引き返します。

個人的にイルミネーションをつけているお宅もありました。
Otaki20181013_13
まあ、時期的に近いですから、こういうのもありなんです。

| | コメント (0)

10月13日の食

2018年10月13日(土)。今日は勝浦線の担当です。勝浦線は9月から担当に入りました。この路線は、平日、土曜、日祝日の3パターンです。

平日と日祝日はすでに乗務していますが、土曜日は今日が初めてです。日祝日と土曜日は夕方の1便だけ異なります。
Amakaraya20181013_01
昼食はあまからやさんに行きました。いつもと違うものを食べてみようかなとメニューを見て「猪菜麺(トンツァイメン)」を頼みました。説明には「豚肉、キャベツ、もやし炒めをおそばの上にのせました」とありました。醤油ベースのどちらかというとあっさり系の麺でした。おいしかったです。

土曜ダイヤと日祝日ダイヤの違いは、夕方の1往復が勝浦駅~簡易保養センターから勝浦駅~海中公園センターに変わることです。つまり、海中公園センターへ行く路線バスは、毎週土曜日の1本のみ。完全な免許維持路線なんです。

鵜原駅前を過ぎてワンマンボタンを押すと、なんとも長い観光アナウンスが流れます。自分でも初めて聞いたのでびっくりです。海中公園センターバス停は、海中公園ではなく海の博物館の玄関前です。バスの時間になると海の博物館のガードマンの方がチェーンを外して玄関前にバスが入れるように準備をしておいてくれます。
Kominato20181013_02
こんなところにバス停が立っていることを知っている人はすくないでしょう。

Kominato20181013_03
ここにバスが来るのは、海の博物館も閉館時間間近の土曜日16:15発の1本だけなのですから。

行き先を勝浦駅に直します。
Kominato20181013_04
折り返しまで15分ほどここで待機するのですが、誰も乗ってきません。人は通るのですが、海中公園から海の博物館の奥にある有料駐車場へ行く人ばかりでした。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

10月12日のテツ(3)

上総中野10:20の小湊鉄道がやってきました。
Kominato20181012_11
観光シーズンでない平日ですので、今日は単行です。

単行だと、いすみ鉄道ホームから並びが撮れます。
Isumi_kiha20_20181012_12
ヘッドマークのないこちら側から撮ると、両方とも旧国鉄色ということもあり、何だかタイムスリップしたみたいです。

ヘッドマークのある大原方の並びです。
Isumi_kiha20_20181012_13
平日の昼間なので、乗客は少ないです。

いすみ鉄道大原行き14Dは、10:43の発車です。自家用車で先行して西畑駅近くへ移動しました。
Isumi_kiha20_20181012_14
ヘッドマークとステッカーの見える位置から撮影します。今日の撮影はこれで引き上げることにしました。

| | コメント (0)

10月12日のテツ(2)

上総中野駅に着くと、キハ201303はすでに行き先を大原に変えて停まっていました。
Isumi_kiha20_20181012_06
ヘッドマークも大原方のままです。

ホームからヘッドマークのある先頭を撮ります。
Isumi_kiha20_20181012_07

ヘッドマークのアップです。
Isumi_kiha20_20181012_08

トイレ部分の壁にある大型ステッカーです。
Isumi_kiha20_20181012_09
こちらもお城まつりのものです。

ちなみに、車内にある展示コーナーです。
Isumi_kiha20_20181012_10
ここはお城まつりではなく、いすみ鉄道のステッカーと番頭箱の紹介になっていました。

| | コメント (0)

10月12日のテツ(1)

2018年10月12日(金)。今日はデイケアバスの担当です。昼の休憩時間が長いので、いすみ鉄道を撮りに行きました。

大多喜お城まつりのヘッドマークが列車に取り付けられたと聞いて、撮りに来たのです。車は大多喜駅下の町営駐車場に停めて、歩いて自転車置き場へ行きました。
Isumi350_20181012_01
まずは上り12Dがやってきました。今日はそのまま512Dに充当されるようです。352ムーミンで、ヘッドマークはありませんでした。

続いて下り11Dが発車していきます。
Isumi_kiha20_20181012_02
キハ201303だったので期待したのですが、ヘッドマークはありません。

念のため、後追いも撮ります。
Isumi_kiha20_20181012_03
こちらにヘッドマークがありました。そうか、片側だけついているのか。これは、上総中野まで撮りにいかなくては。

駐車場へ裏側から向かいます。
Otaki20181012_04
駐車場脇にある青龍神社です。

そこには、こんな提灯が下がっています。
Otaki20181012_05
ここは猿稲区というので、猿の絵なのでしょうかね。その後、駐車場から自家用車を出して、上総中野駅へ向かいました。

| | コメント (0)

藻原寺

2018年10月11日(木)。牛久から茂原の藻原寺へ移動しました。

この6月に日テレNEWS24で、山形で製作された日蓮聖人の大仏像の頭部が藻原寺に運ばれて組み立てられ、7月8日に開眼法要が行われたというニュースを見たのです。まだ頭部だけとのことですが、胴体ができてしまえば頭部ははるか上の方へ行ってしまうわけです。お顔を正面から拝見できるのは今だけということで、一度見ておきたいという好奇心からでした。
Sogenji20181011_01
その仏像の頭部ですが、駐車場の奥みたいな所にありました。頭部だけでもかなりの大きさです。

山門の方が、ここよりも奥にありました。
Sogenji20181011_02
多宝塔式の、茂原のランドマークにもなっている藻原寺の山門です。

ちなみに境内にはこんな貼り紙がありました。
Sogenji20181011_03
自分はPokemon GOはやっていないのですが、やっている人にはきっとレアものがゲットできる場所なんでしょうね。

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

10月11日の食

2018年10月11日(木)。今日はお休みです。乗務で気になっていたお店に、家人とともに行ってみました。

牛久の南総中学校のちょっと下にあるパン屋さんです。
Ushiku20181011_01
焼きたてパン「Little River」さんです。気になっていたのは店名なんです。ウッドベル、ウッディーベル、ベルツリー、ベルウッドなんて会社名や店名は、社長やオーナーがだいたい鈴木さんなんですよね。それで、この店名。もしかしてお店をやっているのは小川さんなのかな。それとも、店の脇に小さな川が流れているから、それからとったのかなと。

Ushiku20181011_02
看板とか、ところどころネコさんのイラストがあります。

Ushiku20181011_03
これにもちょっと興味がありました。

それで、まずこれを買って車の中ですぐに食べました。
Ushiku20181011_04
焼きたての温かいパンに冷たいアイスを挟んだものが出てくるのかと思っていたのですが、そうではなくパンごと冷蔵されたものが出てきました。おやつ感覚でたべられますね。

そして、食事用に買ったのがこちら。
Ushiku20181011_05
とくに、右上のゆかりを使ったパンが目新しく、興味を引きました。適度に塩味が効いておいしかったです。それで、最後に店名の由来を聞いたのですが。そうでしたか。これは、ブログに書かずにこれから訪問する方の楽しみに隠しておきます。

| | コメント (0)

10月10日のテツと食

2018年10月10日(水)。今日は茂原線の担当です。

平日の茂原線は3行路あるのですが、そのうちいちばん遅いパターンです。13~15時まで大多喜で休憩です。
Isumi350_20181010_01
昼食に行く途中に増田橋で1枚撮ります。下り15Dは、352ムーミンでした。

その後、上総中川駅近くの傘屋食堂へ行きました。
Kasaya20181010_02
今日も14時までの平日限定の日替わりランチに間に合いました。右下の魚がなかなかおいしかったです。

食べ終わって、大野三叉路の築堤へ寄ります。
Isumi300_20181010_03
午後なら柿を入れて順光で撮れます。下り517Dは301パパ&ママでした。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

10月9日のテツ

2018年10月9日(火)。今日はデイケアバス午前といすみシャトル後半の担当なので、昼に長い休憩時間があります。

自宅で家人と昼食をとろうと、車を走らせます。途中、大野三叉路の築堤でいすみ鉄道を撮ります。
Isumi350_20181009_01
雲が多いですが、柿の実が目立ってきたので狙ってみました。写真にすると柿は目立ちませんでしたね。上り512Dです。

14:30から22時過ぎまではいすみシャトルです。
Kominato20181009_02
今日も専用車での運行でした。

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

10月8日の食

2018年10月8日(月・祝)。今日は牛久線の担当です。

牛久線ということで、市原鶴舞バスターミナルでの休憩時間があります。
Kominato20181008_03

いつものように、目の前にあるミニストップに足が向いてしまいました。
Ministop20181008_06
NEWのシールがあるすいーつがありました。「もっちさんど さつまいもクリーム(安奈芋あん使用)」というものです。

Ministop20181008_07
中身はこんな感じです。

Ministop20181008_08
この挟まっているのが、さつまいもクリームですね。たしかに芋感はありましたね。

| | コメント (0)

10月8日のテツ

2018年10月8日(月・祝)。10月の第2土曜日ということで、今日は体育の日です。牛久線の担当でした。

今日の担当者はこれです。
Kominato20181008_01
昨日の勝浦線で乗ったのと同じ車両でした。

月曜日ですが祝日ということで、里山トロッコの運転があります。
Kominato20181008_02
今日もからすのパンやさんヘッドマークでした。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年10月8日(月)~14日(日)のお仕事です。

 8日(月・祝) 牛久線 UD+西工フィンガー
 9日(火) デイケアバス午前+いすみシャトル後半
10日(水) 茂原線 日野フィンガー
11日(木) お休み
12日(金) デイケアバス
13日(土) 勝浦線 日野フィンガー
14日(日) いすみシャトル

今週はデイケアバスが2回あったり、週の半ばに休みがあったりと、少し身体が楽な週でした。

| | コメント (0)

10月7日のお仕事

2018年10月7日(日)。今日は勝浦線のお仕事です。

日曜日の勝浦線は、大多喜~勝浦3往復以外に勝浦~御宿を1往復、勝浦~簡易保養センターを2往復担当します。
Kominato20181007_01
海も山も見られる、それなりに気分転換できる路線ですね。若干道の狭いところと木の枝がせり出しているところがありますけど。

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(15)

銚子駅から総武本線に乗っていきます。
Soubu20200831_71

6両編成です。まだ高校の始まっていない8月の夕方はそれほど混みませんでした。
Soubu20200831_72
成東で東金線に乗り換え、大網で外房線の快速上総一ノ宮行きに乗り換えました。

今日は御宿駅前のコインパーキングに車を停めてあります。
Sotobo20200831_73
上総一ノ宮から各駅停車勝浦行きに乗車します。

普通の勝浦行きではありません。
Sotobo20200831_74
上総一ノ宮まで、東京駅から京葉線通勤快速としてやってきたE233系の6両編成です。

これに御宿まで乗っていきます。
Sotobo20200831_75
1日1回だけ御宿駅で見られるE233系の勝浦行きです。改札を出て、コインパーキングの自家用車に乗って帰宅しました。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(14)

西海鹿島16:16の外川行きに乗って、犬吠駅の売店に行きます。
Choden20200831_66
16時過ぎて、まだ売店がやっているか心配だったのですが、それは大丈夫でした。

いつも楽しみにしていた、ぬれ煎餅のハネもの大袋はありませんでした。おもしろ硬券が充実していたので、そちらとおせんべいをいくつか購入します。
Choden20200831_67
これがいちばん笑いました。確かに佐貫と佐貫町は隣県とはいえ、ほどよく離れていますからね。これを買いました。

すぐの折り返しになる、犬吠16:33の銚子行きに乗って帰路に就きます。
Choden20200831_68

君ヶ浜駅近くで、先ほどから何度も徐行が行われます。
Choden20200831_69
車窓に注目すると、制限速度15キロの標識が立っていました。

定刻16:49に銚子に着きました。
Choden20200831_70
銚子電鉄乗車はここまでにして、自宅へ向かいます。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(13)

外川15:39の銚子行きに乗っていきます。
Choden20200831_61

そして、西海鹿島で降りました。
Choden20200831_62
なぜかというと、またネーミングライツが変更になっていたからです。

現在2020年のネーミングライツです。
Choden20200831_63
ワンマン放送の駅案内が、ここだけ音量と声が変わっていたので、変更になっていることに気づきました。

昨年2019年はこれでした。
Choden20200831_65

さらにその前、2018年は個人のネーミングライツでした。
Choden20200831_64
毎年駅名標の書き換えで大変だなと思ってよく見てみたら、今年は上の段だけ大きなシール貼りで訂正されているのがわかりました。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(12)

次の電車まで時間があるので、長九郎稲荷神社からの外川駅への帰路に、榊原豆腐店へ寄ります。
Choden20200831_56

ここの名物「豆乳プリン」をいただきます。
Choden20200831_57
店先で食べるというと、お皿に開けてくれます。

食べ終わって、外川駅へ向かう前に、途中にある外川郵便局に寄りました。
Choden20200831_60
江見駅局に行ったので、同じ日にここまで着たということで、外川局の風景印も押していきました。図案の解説書もあるのですけどいかがですかと声をかけていただきました。それではと1枚いただいてきました。

その後、外川駅へと向かいました。
Choden20200831_58

笑顔の塔も設置されてだいぶたちましたね。
Choden20200831_59
すっかり外川駅の顔になったでしょう。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(11)

やっと来られて長九郎稲荷神社、眺めもすこくいいのですね。
Choden20200831_51
パノラマ撮影してみました。ちょっと海面が斜めになってしまいましたが。

広場の向こう側にもコンクリートの鳥居がありました。
Choden20200831_52
そちらへ行く途中に、もう一度お社と鳥居を撮ってみます。

こちらがもう1つの鳥居です。
Choden20200831_53
どこにも神社名がないなと裏側へ回ってみました。

こちらに長九郎稲荷の文字がありました。
Choden20200831_54
つまりこちらが正面なのですね。海沿いからこの台地に上がる細道がありました。これが正式な参道なのでしょう。

Choden20200831_55
お社の脇には、この神社の解説がありました。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(10)

外川駅から長九郎稲荷神社を目指します。以前、自家用車で銚子に来たときに、ナビマップで目指したのですが、民家の裏庭みたいな所へ入ってしましにっちもさっちもいかなくなり、引き返してしまったのです。今日は外川駅からスマホの徒歩ナビを使って目指します。駅前を出てすぐ左の道に入り、まっすぐ進んでその先を右に。すぐ左に曲がって7分で到着と出ました。

すぐ左の道を入りまっすぐ進んでがくせ者でした。たしかにまっすぐなのですが、道幅はやがて車も通れない砂利道になりました。広い道路を渡ると、今度は草の生えた畑の脇の道といっていいのかどうかという道になります。地図が示すのだからと草をかき分けて進むと、左に以前車で入り込んだ民家の裏庭みたいな空き地が見えました。そうか、前回はかなり近くまでは来ていたのですね。畑の角に沿って右に曲がると左手の林の入口に鳥居がありました。
Choden20200831_46
どうやら、ここでいいらしいです。この道を進みましょう。

振り返ります。
Choden20200831_47
畑の脇から、一気に森の中といった雰囲気です。

その森を抜けると右手にありました。
Choden20200831_48
鯛とサンマの鳥居です。その向こうには太平洋が見えます。

海側から見た、長九郎稲荷神社です。
Choden20200831_49
ようやく実物に出会うことができました。

Choden20200831_50
稲荷神社ですから、社の左側にお狐さまがいました。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(9)

折り返し、銚子14:05の外川行きに乗車します。
Choden20200831_41

22分で外川に到着しました。
Choden20200831_42
車内にはこんなポスターがありました。「ぬれ線を喰らう銚電マン」ってパールショップともえのキャラクターですかね。

かつてチーバくん号として運転されていました。
Choden20200831_43
今でもチーバくんの装飾があちこちにあります。

Choden20200831_44
バルーンチーバくんは、今でも鎮座しています。

外川方の先頭部分も使用禁止になっていました。
Choden20200831_45
こちらのチーバくんは、1人だけでした。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(8)

2001のヘッドマーク、なかなかいいですね。
Choden20200831_36
枠から飛び出した部分にも、カモメと太陽が描かれています。よく考えられた構図ですよね。

反対側の2501号レトロ電車には、いつものレトロ調の文字ヘッドでした。
Choden20200831_37
これはこれで、国鉄のこげ茶色の63形や73形みたいでキライじゃないのですけどね。

出札窓口に行き、通販で買った「電車を止めるな!」弧廻り手形に日付を入れてもらいます。
Choden20200831_38
日付部分まで青い地紋があって、押したスタンプがものすごく読みづらいきっぷができあがってしまいました。3月に発売された、京王5000形のコラボきっぷがまだ残っていたので、これも買います。わたらせ渓谷鉄道に続いて2社目の購入です。自然体で購入して5社全部揃うのかな。一畑電車だけは買いにいける機会がなく、買いに行けた頃には売り切れそうですが。

次に来るのは13:58の上り銚子行きです。
Choden20200831_39
外は暑いですから、弧廻り手形をよいことに、ひと駅ですが乗っていきましょう。

Choden20200831_40
運転席直後の席は座っちゃダメよとチーバくんが言っていました。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(7)

駅前へ出てみると、月曜日ということもあり閑散としていました。あてにしていた食事処も今日はお休みでした。さすがに銚子まで来てマクドナルドはないよなと、セレクト市場まで歩いていきました。ここなら平日でも地元に弁当が手に入るかもしれませんから。
Choshi20200831_31
地元のおさかなやさんの海鮮丼とお豆腐屋さんの煮物を買いました。休憩所で食べてかまわないとのことで、休憩所の椅子に座って遅めの昼食です。

最初はつまの大根が目に入って、本当に丼なのかなと思ったのですが、つまの下にご飯がありました。
Choshi20200831_32
けっこうさかなもいいのが入っているし、なにより銚子の伊達巻きが1切れ入っているのが決め手でした。

そしてついている醤油がコレです。
Choshi20200831_33
ヒゲタの本膳です。やっぱり銚子ですよね。海鮮丼も煮物をおいしくいただきました。

セレクト市場から、銚子電鉄の有人駅仲ノ町へと歩いていきます。
Choden20200831_34
奥の線路に3000形が停まっています。

そして、手前の線路がレトロ電車2001編成でした。
Choden20200831_35
銚子電鉄はコロナの影響で、未だに減便運転中。朝夕の2運用は中止になり、終日1編成での運転です。今日は先ほど見た2002編成が走るのでしょう。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(6)

江見から乗った内房線を安房鴨川で降りて、外房線に乗り継ぎます。乗り継ぎ時間は4分なのですが、同一ホームでなく跨線橋を渡って1番線からでした。安房鴨川9:47の千葉行きに乗って大網へ。大網でも3分の接続で東金線に乗り継ぎます。

成東では銚子行きまで23分の待ち合わせです。でも、千葉行きなら1分の待ち合わせです。青春18きっぷをよいことに、その1分接続の千葉行きに乗って隣の日向まで行きます。
Soubu20200831_26
時刻表から千葉行きが日向駅に先着して2分ほど停まるのがわかっていたのです。すぐに下りホームに移動して日向11:52の銚子行きに乗り換えました。

銚子到着は13:07です。2番線に到着しました。
Choden20200831_27
ホームの先端にある銚子電鉄のりばには、次の外川行きが停まっていました。

でも、これには乗らずにいったん改札を出て昼食をとってくることにします。
Choden20200831_28

新駅舎になって、ホーム上のいろいろなものの配置も換わりました。
Choden20200831_29
1番線の先端にあったこのオブジェも、改札脇になっていました。改札を出ると、左手にあった駅のピアノは、コロナの影響からか、ロープで縛られて弾けないようになっていました。

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(5)

9時になり、整理券番号順に入局となりました。番号を呼ばれても入らない人がけっこういたこともあり、予想よりも早く9:13には入局となりました。まずは駅窓口に向かいます。前の人が駅スタンプ押印で待ったのですが、それでも9:16に入場券を買うことができました。

その後、郵便窓口に移り、はがきを買います。そのはがきを持って、記念押印の窓口に向かいます。
Emi20200831_21
開局記念の小型印と、今日から使用開始の局舎と209系電車を図案にした風景印を押してもらいます。

そして、事前に自宅で用意してきた、インクジェットはがき仕様の厚紙を洋型4号サイズに切り出したカードに風景印、和文印、小型印を押印してもらいます。
Emi20200831_22
そこにあらかじめスリットを入れておいた部分に、先ほど買った入場券を挟んで、今日の記念品のできあがりです。

郵便局の出口で記念品をもらったのが9:28のこと。これなら、なんとか9:33の安房鴨川行きに間に合います。そのまま局内を通ってホームへ向かいます。
Emi20200831_23
ちょうど9:33の安房鴨川行きがやってきました。ここで上下行き違いがあり、少々早めの到着です。停車時間に跨線橋を渡って、十分間に合いました。

車内で、先ほどもらった記念品を開封します。
Emi20200831_24
たぶん、エコバッグなんだろうな。

収納袋がそのままポケットになるタイプかと思ったらそうではありませんでした。
Emi20200831_25
収納袋とエコバッグが別々になるタイプでした。収納袋には、ザックにかけられるようなフックもあって、なかなかいいですね。さて、これから今日のもう1つの目的地、銚子へ向かいましょう。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(4)

ラッピングポストとぽすくまです。
Emi20200831_16
しばらくポーズをとって撮影に応えてくれました。

Emi20200831_17
ラッピングポストの正面です。スカ色ボディに郵便・荷物合造車のクモユニ74012の車番があります。

こちらは、郵便局入口とは反対側です。
Emi20200831_18
こちらは車両の正面です。あの凹んだ運転席窓のクモユニ、再現度はイマイチかな。


Emi20200831_19
郵便局入口側は、同じ正面でも検査期限等の表記があります。ちょっと手がこんでますね。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(3)

次はテープカットです。
Emi20200831_11
JR東日本、日本郵便、鴨川市の代表の方々がまたしてもストップモーションで記念撮影です。

そしてテープカットです。
Emi20200831_12
フライングなしできれいにテープカットが行われました。

そして、ラッピングポストのお披露目です。
Emi20200831_13
やっぱり主役はポストですからね。ポストの見える位置で撮影です。

Emi20200831_14
これがクモユニ74のラッピングポストです。


Emi20200831_15
一応、これがポストの記念撮影です。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(2)

郵便局前にテントがあり、入局整理券を配っていました。
Emi20200831_06
40番です。1人1分かかると、入局できるのは9:40頃になるかな。もっと早く入れるのかな。

駅長犬とぽすくまが登場して、若月功江見駅郵便局長に江見駅長の委嘱式が始まりました。
Emi20200831_07

続いて、郵便局長に駅長の帽子が渡されます。
Emi20200831_08
「ハイ、そのままストップ。目線下さい」と報道陣への撮影タイムです。

それでは局長、駅長の帽子をかぶって下さいとのことで、かぶってまた右、中、左と目線を向けての撮影タイムです。
Emi20200831_09
若月局長兼駅長、とってもうれしそうです。その後のスピーチで、実は鉄道ファンで郵便局の仕事をしながら駅長にもなれるなんて、こんな幸せなことはありませんと語っていました。

Emi20200831_10
ちなみにぽすくまくん。お尻の所に換気ファンが2つも付いているのですね。それでも暑そうですが。

| | コメント (0)

速報:鴨川&銚子 テツ郵旅(1)

2020年8月31日(月)。今日は希望休をとりました。青春18きっぷの最後の1回を使って、鴨川市の江見と銚子電鉄に行ってきます。

今日は江見駅郵便局の開局日です。しばらく前にJR東日本と日本郵便の双方からリリースが出て、ぜひ開局日に行ってみようと考えていたのです。開局は9時。間に合うように行くには、外房線大原始発7:07の2227Mに乗るしかありません。大原駅近くには手頃なコインパーキングがないので、自家用車で御宿まで行きます。御宿駅なら1日500円のコインパーキングが駅のすぐ脇にありますから。

久しぶりに御宿駅からの乗車です。
Sotobo20200831_01
御宿7:15の安房鴨川行きに乗車します。

安房鴨川で外房線から内房線に乗り換えます。
Sotobo20200831_02
ホームの向かい側なので、乗り換え時間4分ですが楽勝です。

8:13に江見駅に到着しました。駅前にはたくさんの人がいました。どうやらセレモニーをやっているようです。
Emi20200831_03
旧駅舎はすでにフェンスに囲まれていて中に入ることができません。旧駅舎には、こんなポスターが貼られていました。

本来ならホームから外に出られるようなのですが、今は駅前でセレモニーをやっているため、開局前の郵便局内が通路として開放されていました。
Emi20200831_04
駅前では、開局のセレモニーが行われていました。

JR東日本、日本郵便、それに鴨川市の方々が出席しての開局セレモニーのようです。
Emi20200831_05
報道陣も大勢いますが、一般の方々もかなりの見学者がいました。せっかくこの時間に立ち会えたのですから、自分も見学していきましょう。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

東京モノレールまつりへ(11)

南側は展示と体験、それにいくつかの物販ブースがありました。
Tokyo_mono_20181006_51
いちばん人気は、分岐器の切り替え体験です。長蛇の列ができていました。自分は見ているだけで並びませんでした。

さすがに1日にこんなに何度も稼働させることはないのでしょう。
Tokyo_mono_20181006_52
モーターの過熱防止なのでしょう、たくさんの扇風機が回っていました。

はとバスのブースがありました。
Tokyo_mono_20181006_53
新しい限定トミカがあったので、買ってしまいました。

Tokyo_mono_20181006_54
定番品よりもレタリングが細かくてリアル感がありますよね。

甥っ子に、東京モノレールのプラレールセットを買ってしまいけっこう大荷物です。
Tokyo_mono_20181006_55
時間も遅くなったので、日比谷の鉄道フェスティバルへは行かずに、いったん品川にでて快速で帰宅しました。

| | コメント (0)

東京モノレールまつりへ(10)

南側にある、もう1つの会場へと歩いて行きます。
Tokyo_mono_20181006_46
車両基地に沿って会場が設置されているので、けっこう長さがあるのです。

南北の会場の間に社員食堂がありました。
Tokyo_mono_20181006_47
けっこう並んでますが、やきそばでとりあえず激しい空腹は収まったので、並んでいきましょう。おみやげにひかれてカレーにしました。

プレゼントのハンカチです。
Tokyo_mono_20181006_48

そして、これがポテトコロッケカレーです。
Tokyo_mono_20181006_49
ごく普通のカレーですが、コロッケをまずカレーをかけずに半分いただきます。その後、カレーをかけてコロッケカレーでいただきました。

| | コメント (0)

東京モノレールまつりへ(9)

まもなく降車場所に到着です。
Tokyo_mono_20181006_41
ゆっくり走っているので、可動部分もよく見えます。碍子があるのが電力用のレールですね。可動部分はリボンのような通電体があるんですね。なんだか、普段よく見えないものをじっくり観察できた感じです。

Tokyo_mono_20181006_42
跨座式モノレールの分岐器は、大きくて迫力がありますからね。コレが動くのは見ていて楽しいです。なんであんなコンクリートの塊がキレイに折れ曲がるのだろうってね。

先ほどの作業車がこちらを追い抜いていきました。こちらもまもなく停車して下車となりました。
Tokyo_mono_20181006_43
移動距離は短いですが、車窓にいろいろと興味ある設備が見えて楽しかったです。

さて、何か食べたいです。どこもけっこうな列が伸びています。
Tokyo_mono_20181006_44
とりあえず、比較的列が短かった富士宮やきそばでひと息入れました。

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

東京モノレールまつりへ(8)

体験乗車の車両に乗り込みます。
Tokyo_mono_20181006_36
走り始めました。

Tokyo_mono_20181006_37
モノレールの分岐器ですね。低速で走るのでじっくり見ることができました。

庫の中で停車しました。ここで折り返すようです。
Tokyo_mono_20181006_38
本線と車庫内の運転資格は別なのだそうです。ATSがない車庫内の運転資格の方が難しいのだそうです。

元の位置へと戻っていきます。
Tokyo_mono_20181006_39
その途中で洗車体験です。洗車機を通ると、窓の外は水だらけです。

Tokyo_mono_20181006_40
先ほど乗車体験した作業車が隣の軌道を走っていきます。

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

東京モノレールまつりへ(7)

構内のモノレール試乗は、乗車可能人数が多いので楽に整理券がゲットできました。
Tokyo_mono_20181006_32
せっかくだから、これも乗ってみましょう。

Tokyo_mono_20181006_31
今年の正月に使われたヘッドマークが飾られていました。

時間があるので、敷地内を見学です。
Tokyo_mono_20181006_33
鉄軌道が敷かれているところにこんな貨車がありました。

Tokyo_mono_20181006_34
モノレールの車両を輸送するための貨車のようです。

Tokyo_mono_20181006_35
モノレールの車両基地内の鉄軌道があるとは思ってもいませんでした。

| | コメント (0)

東京モノレールまつりへ(6)

車内にあったモニターの1つです。
Tokyo_mono_20181006_26
軌道を上から見た映像のようです。

Tokyo_mono_20181006_27
実際に軌道を間近に見るバケットがあります。さすがに、そこに降りることはできませんでしたが。

Tokyo_mono_20181006_28
係の方が蓋を開けてくれました。こんなところにも、下に降りる場所があったのですね。

Tokyo_mono_20181006_29
走ってきた軌道を戻っていきます。

Tokyo_mono_20181006_30
無事に体験乗車は終わりました。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

東京モノレールまつりへ(5)

そろそろ集合場所へ移動します。
Tokyo_mono_20181006_21
通路の脇には、赤白のリバイバルカラーの編成が停まっていました。

しばらくパイプ椅子がある集合場所で待ちます。時間になって車両へ案内されます。
Tokyo_mono_20181006_22
これが今日の乗車車両です。

Tokyo_mono_20181006_23
運転席には、小さなモニターが3台並んでいました。一段下の点検用ステップの映像が映っているようです。

Tokyo_mono_20181006_24
長椅子がいくつかあって、そこに座っていきます。とりあえず、一番端に座ってみました。

Tokyo_mono_20181006_25
先には別の作業車が停まっているので、体験乗車の距離はそれほどないようです。

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

東京モノレールまつりへ(4)

そろそろ集合時間が近づいてきたので行こうとしたところで、トラバーサ実演の案内が流れます。
Tokyo_mono_20181006_16
せっかくだから見ていくことにしました。

Tokyo_mono_20181006_17
トラバーサの線路がこちらに近づいてきました。

Tokyo_mono_20181006_18
線路と同じ位置に来ても、まだストッパー?が飛び出しています。

Tokyo_mono_20181006_19
ストッパー?が下がって、線路の移動は終了です。

Tokyo_mono_20181006_20
再びストッパー?が上がって、元の位置に線路が戻っていきました。

| | コメント (0)

東京モノレールまつりへ(3)

順路に従って、事業用車の見学コースへ進みます。
Tokyo_mono_20181006_11
けっこう近くを歩くので、全体としてどんな形をしているのかは把握しにくいです。

Tokyo_mono_20181006_12
壁には「NIIGATA」の銘版があります。1998の文字がありますから、新潟トランシスの前身新潟鐵工所時代に造られた車両でしょうか。

Tokyo_mono_20181006_13
途切れた線路の向こうに、何代かの事業用車が停まっています。

この途切れた部分がモノレールのトラバーサです。
Tokyo_mono_20181006_14
トラバーサ上にはクレーン車が停まっていました。

Tokyo_mono_20181006_15
トラバーサのすぐ後ろは、モノレールの本線です。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »