« 銚子電鉄お化け屋敷電車2018(14) | トップページ | 今週のお仕事 »

2020年7月16日 (木)

銚子電鉄お化け屋敷電車2018(15)

犬吠駅2階のお化け屋敷へ入ります。
Choden20180812_74
今年のタイトルは「傀儡子の呪い人形」です。お化け屋敷内のミッションは「髪の毛を拭いていくる」というものでした。入口で、1グループに1つ懐中電灯が渡されます。そして、昼間は中井精也先生の写真展示場である2階のお化け屋敷へと、階段を上がっていきます。今年はゾンビの脅しが少しパワーダウンしたのかな。こちらが3回目なので、どこにゾンビがいそうなのか予想がついてしまったこともあるのかもしれませんが。

無事にミッションを達成して、お化け屋敷電車の入線まで駅前で過ごします。
Choden20180812_71

やがてお化け屋敷電車が入線です。一番前のドアだけが開きます。中ドア部分にもパイプ椅子が置かれて座席になっています。せっかくだから、そこに座っていきます。車内は撮影・録音禁止なので、記録はありません。それにしても、解説文を読んで気づくべきでした。『呪い人形は濡れた長い髪をしていたことから「濡れ人形」とも呼ばれていた。』という文があったのです。「濡れ」ですよ。お化け屋敷のハズなのに、最後には竹本社長が出てきて(いつからどこに乗っていたの?)「ゴマ味もでました」と「濡れせんべい」のコマーシャルが締めなのです。去年の「花嫁は宇宙人だった」よりはいいのかなぁ。純粋なお化け屋敷電車は、初年度だけですか?

犬吠駅到着後は、出演者との写真撮影や車両の撮影はホーム上からなら可能です。
Choden20180812_72
ホームも車内も暗いですけど、みなさんスタッフと写真撮影を楽しんでます。

Choden20180812_73
踏切側から、ストロボ炊いて1枚撮っておきます。こちら側は記念撮影の対象ではないですし、停車中の後部ですからストロボは大丈夫でしょう。

駅前に停めておいた自家用車に乗って、約2時間半かけて銚子からいすみへと戻りました。

|

« 銚子電鉄お化け屋敷電車2018(14) | トップページ | 今週のお仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銚子電鉄お化け屋敷電車2018(14) | トップページ | 今週のお仕事 »