« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の72件の記事

2020年5月31日 (日)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(12)

本日2回目の外川駅に着きました。
Choden20180615_56
笑顔の塔の前に建つ駅名標は、完全にネーミングライツだけで外川の文字がどこにもない駅名標でした。

どこかに外川はと捜したら、ここにありました。
Choden20180615_57
電柱に小さな駅名がついていたのです。

出札窓口に行って、いろいろときっぷを買いました。
Choden20180615_58
先月発売になっていたこのきっぷ、まだ在庫があるとのことで1枚買いました。

それから入場券を買うと、特製の台紙をくれるとのことで、入場券も買いました。
Choden20180615_59

先ほど見学したデハ801です。
Choden20180615_60
雨が降ってきたからか、ドアが閉まった様子を撮ることができました。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(11)

本銚子駅のスタンプで、全10駅が集まりました。
Choden20180615_51
今年は、去年とテーマが変わったので、スタンプもすべて新調されていました。ラリー完成の証明は、自家用車を停めてある犬吠駅でやりましょう。

でも、日中は1編成が行ったり来たりですから、次に来るのは上り電車です。
Choden20180615_52
13:46の銚子行きまで、まだ15分以上あります。

天気もよくないので、待合室で待ちます。
Choden20180615_53
この駅名標は、しばらく前に撮ってあったかもしれません。ネーミングライツがけっこう頻繁に変わるので、撮ってあったかわからなくなって、来る度に撮っているみたいです。

13:46の銚子行きがやってきました。
Choden20180615_54
これに乗って、いったん銚子駅へ戻ります。

そして、折り返し銚子14:00の外川行きに乗ります。
Choden20180615_55
今度は、途中下車せずに終点の外川まで乗り通します。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(10)

仲ノ町駅13:07の外川行きに乗車します。
Choden20180615_46
今日の日中は3001編成のみ運行ですから、写真は先ほどと同じようになってしまいました。

スタンプの最後は本銚子駅です。
Choden20180615_47
本銚子駅を発車して、緑のトンネルを行く3001編成を後追いします。

Choden20180615_48
2017年の日テレ24時間テレビのイベントでリニューアルした本銚子駅舎です。

内部はこんな感じです。ここで、銚子駅で買ってきた鯖寿司を食べようと思います。
Choden20180615_49
Cくんは、少し探検しますと出かけてしまいました。

鯖寿司は3種類ありました。鯖ずし、焼き鯖寿司、鯖ずし柚子風味です。製造はどれも銚子プラザホテルでした。
Choden20180615_50
今日買ってきたのは、焼き鯖寿司です。いっしょについている醤油は、ヤマサの特選有機丸大豆の吟醸しょうゆです。いやあ、銚子ですねぇ。いやあ、おいしいですよ。

ところで、Cくん。坂を下って、おせんべい屋さんへ行ったそうです。Cくん、地元の和太鼓演奏団体に所属していて、大会やイベントにもでているのだそうです。坂を下ったおせんべい屋さんに、銚子の和太鼓団体の会長さんの家だという表示があったので、入ってみたんだそうです。話をしたら、自分たちの団体を知っていると言われて、なんだかとても喜んで帰ってきました。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(9)

12:39に銚子駅に着きました。
Choden20180615_41
ホーム上にある銚子電鉄の駅舎は工事中でした。

Choden20180615_42
駅の掲示板がネーミングライツによって「サイボウズ(非)電子掲示板」と名付けられているのです。駅名だけでなく、駅のパーツである掲示板も、ネーミングライツの対象なんですね。

Choden20180615_43
工事中とはいってもこんな形で、駅舎の片側は通路として通れるようにはなっています。

いったん改札を出ます。
Choden20180615_44
改札外のNEWDAYSで、銚子の鯖寿司を買って、そのまま仲ノ町駅まで歩くことにしました。

Choden20180615_45
駅が近づくと、側線に停まる電車が見えてきます。レトロ化改造中の2001編成ですが、塗色変更が進んでいるのは2501だけのようです。

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(8)

さらに歩いて、海鹿島駅に着きました。
Choden20180615_36
待合室内にあるスタンプをゲットします。あと残っているのは、銚子駅、本銚子駅の2つです。

ホーム側にある駅名標です。
Choden20180615_37
これもネーミングライツが変わったので、新しいものになっていました。

それから関東最東端の碑が、台座から抜かれていました。
Choden20180615_38
どうしたんでしょ。どこか痛んでしまったのでしょうか。

海鹿島駅にもアジサイとガクアジサイが咲いていました。
Choden20180615_39

その前の線路を、海鹿島12:28の銚子行きがやってきました。
Choden20180615_40
これに乗って、銚子のスタンプを押しに行きます。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(7)

駅舎で笠上黒生駅のスタンプをゲットします。
Choden20180615_31
ネーミングライツの企業広告付き駅名標を撮ったから、駅裏から一般道へ向かいます。

その途中にあるのが、かつての展望トロッコ車です。
Choden20180615_32
国鉄の貨車ワムを改造したユ101形です。2012年に正式に廃車になり、現在は風葬状態です。

この先は、歩いて西海鹿島駅、海鹿島駅と2駅を目指します。
Choden20180615_33
西海鹿島駅に着きました。笠上黒生~西海鹿島は、営業キロ0.5km。西海鹿島~海鹿島は、営業キロ0.4kmです。道路は多少遠回りしていますが、駅間10分もあれば着きますから。

ここは、昨年からネーミングライツが変更になりました。
Choden20180615_34
初めて個人が広告主になりました。会社や団体でなく、個人が広告主になれたことがすごいですよね。ちなみに、自分の地元いすみ鉄道は、規定で会社や団体でないとネーミングライツの広告主にはなれません。

待合室内のスタンプを押しに行きます。
Choden20180615_35
印面にインクがついた跡がありません。真っ新なゴム面です。もしかして、11日から始まったスタンプラリー、まだ誰も押しに来ていないのですか。5日目にやってきた自分とCくんが初のラリー参加者ってことはないですよね。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(6)

仲ノ町駅にもアジサイが咲いていました。
Choden20180615_26

停まっている2002編成の行き先表示です。
Choden20180615_27
今日は犬吠温泉号になっていました。

仲ノ町11:42の外川行きに乗って行きます。
Choden20180615_28
今度は笠上黒生駅まで行きます。

3001編成の行き先表示です。
Choden20180615_29
こちらは澪つくし号になっていました。

Choden20180615_30
本当の駅名よりもネーミングライツの駅名の方が大きく書いてあります。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(5)

おやつ?も食べたので、観音駅から仲ノ町駅までは歩いて行きます。
Choden20180615_21
アジサイが咲く、観音駅舎を後にします。

仲ノ町駅が近づくと、先ほど走っていた2002編成が側線にいるのが見えました。
Choden20180615_22
朝の2運用が終わり、休むのが2002だったのですね。昼間は3001のみが運行されるのでしょう。

車庫の手前に「楽く楽く宅配サービス」の専用車が停まっているのが見えました。
Choden20180615_23
たしか、濡れせんべい駅でも見かけてことがあります。ということは、2台あるのかな。

車庫を道路から見ます。
Choden20180615_24
レトロ化改造されている2001編成がちらりと見えました。

駅舎に入って、仲ノ町駅のスタンプもゲットしました。
Choden20180615_25
ホームや道路から、もう少し写真を撮ります。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(4)

外川駅の駅舎の入口で、惣菜の販売をしていました。今日は夜がガッツリなので、昼は軽くということで、フランクフルトと具だくさん春巻きを買いました。
Choden20180615_16
外川11:05の銚子行きに乗車します。

Choden20180615_17
外川駅ホームにもガクアジサイが咲いていました。

銚子行きの電車を観音駅で降ります。
Choden20180615_18
これで、観音駅のスタンプもゲットです。

観音駅のベンチでいただきます。
Choden20180615_19
フランクフルトはCくんと1本ずつ。春巻きも1本ずつ分けます。

具だくさん春巻き、予想外の具の内容です。意外とおいしいです。
Choden20180615_20
中華の春巻きには入っていないような具もあるのですけど、これなかなかいい味でした。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(3)

外川駅に到着しました。スタンプを押してから、801を見学に行きます。
Choden20180615_11
自分は何回か見ていますが、Cくん銚子電鉄に乗りに来たのは初めてなのだそうです。

でも、本当にキレイに修復できましたね。
Choden20180615_12

銘版にも、修復時のものが追加されていました。
Choden20180615_13

801の運転席越しに、乗ってきた3001編成を撮ります。
Choden20180615_14

折り返し電車の発車は11:05です。
Choden20180615_15
まだ少し時間があるので、引き込み線の車止めまで行って801の反対側を撮ってきました。この時期は草が伸びていて、キレイには撮れませんでした。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(2)

車内に入ると、ハート型の吊り輪が2つありました。
Choden20180615_05
元々は1編成に1つだったのですが、2001編成のレトロ化改造で使わなくなったのを、追加してつけたようです。

ひと駅乗った君ヶ浜で降ります。スタンプを押す前に、走り去る電車を撮ります。
Choden20180615_06
駅の近くに青いアジサイが咲いていました。そのアジサイの向こうを去る2002編成です。

君ヶ浜駅のスタンプをゲットします。
Choden20180615_07
ここには、駅ネコきみちゃんの記念碑があります。

まもなく、下り電車の時間です。先ほどのアジサイのところから電車を撮ります。
Choden20180615_08
やってきたのは、青系統の塗色の3001編成でした。

Choden20180615_09
君ヶ浜10:38の外川行きに乗って、終点の外川を目指します。

| | コメント (0)

テツ少年と銚子電鉄&ステーキ(1)

2018年6月15日(金)。今日は仕事が休みになりました。千葉県のステーキガスト某店で、カットステーキ食べ放題のある日です。1ヶ月に数店しか食べ放題にはなりません。事前にラインでお知らせは来るのですけど、なかなか休みとこの日が合わないのです。さすがに1人で行くのはと思い、テツ少年Cくんに連絡してみました。Cくん、通信制大学の学生なので、スクーリングがない日なら比較的自由に動けるのです。

いいですね、行きましょうということになってのですが、食事は夕方でいいですから、その前に鉄道にも行きましょうということになりました。それなら、千葉県横断になるけど、銚子電鉄に行きますかということになったのです。銚子電鉄では、先日の6月11日から8月31日まで、今年も「銚子ミステリースタンプラリー」をやっています。まだ始まったばかりなので、さっそく挑戦してみようということなのです。
Choden20180615_10
ちなみに、昨年のスタンプラリーの様子は、この辺りにエントリーしてあります。昨年までは「妖怪スタンプラリー」でした。

そこで、茂原の某所までCくんを迎えに行きます。
Sotobo20180615_01
自宅近くの踏切で捕まりました。せっかくだから、窓でも開けて撮りますか。

Cくんと合流し、自分の自家用車で銚子電鉄犬吠駅に向かいます。平日ですから、駅前の駐車場は空いているでしょう。
Choden20180615_02
到着したのは10:15頃でした。予想通り空いていて、そこに自家用車を停めて窓口で「ミステリーパスポートセット」を購入します。すると1日乗車券「弧廻り手形」とスタンプラリー用紙を渡されました。弧廻り手形が700円でラリー用紙が100円だそうです。昨年のような専用の弧廻り手形はないのだそうです。渡されたのは、昔の銚子電鉄シリーズNo.4のデハ501です。この車両、現役時代に乗ったことあるのですよね。

まずは、次にやってくる上り電車に乗ります。
Choden20180615_03
紫色のガクアジサイの脇を2002編成がやってきました。

犬吠駅にも線路脇に青色のガクアジサイが咲いていました。
Choden20180615_04
とりあえず犬吠10:25の電車に乗っていきます。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

6月14日のテツ

2018年6月14日(木)。今日は一宮線。午前中に4時間休憩があるので、昼食を兼ねて上総中川駅近くへ行きました。

下り9Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20180614_1
ここのアジサイは、小谷松とは違い赤紫系が多いのです。

今日の一宮線は、幕車でした。
Kominato20180614_2

そんなわけで、休憩中に少し幕回ししてみました。
Kominato20180614_3
一宮海岸線は、実質は小学生のスクール便なんですけど、扱いは路線バスですから一般客も乗れます。すごく乗りづらい時刻設定ですけど。

| | コメント (0)

6月13日のテツ

2018年6月13日(水)。今朝は仕事の行きがけに、上総中川駅近くの踏切に立ち寄りました。

上り4Dが行きます。
Isumi300_20180613_1
302スニフでした。

今日はいすみ循環外回りです。仕事が終わってから、ミニストップに寄りました。
Ministop20180613_2
ハロハロを買ってしまいました。宇治抹茶あずきが食べたくなってしまったのです。

| | コメント (0)

6月12日のテツ

2018年6月12日(火)。前半のデイケアバスが終わってから、後半のシャトルまでの休憩時間にテツしてきました。

小谷松駅の近くの神社へ行きました。
Isumi350_20180612_01
下り11Dが来ました。

Isumi350_20180612_02
踏切の赤い点灯がいいんですよね。

後半のいすみシャトルは、今日は一般車で運転です。
Kominato20180612_3

一般車は赤枠があるので、最終便はつけました。
Kominato20180612_4

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

6月11日のテツ その2

2018年6月11日(月)。お昼は上総中川駅近くの傘屋さんに行きました。

850円の平日限定日替わりランチです。
Kasaya20180611_06
基本的におかず4品と小鉢です。時々、ハヤシライスとか丼ものになるときがありますけど。基本的に野菜類がかならず入るので、機会があれば食べに行ってます。

午後の乗務前に、久我原駅に行ってみました。
Isumi_kugahara20180611_07
本降りに雨でした。こんな天気の平日の秘境駅。自分以外にいるはずもありません。

そこへ上り516Dがやってきました。
Isumi350_20180611_07
今朝見た352ムーミンでした。

やっぱり今日の500番台列車は、そのまま12Dの前1両が入ったのですね。
Isumi350_20180611_08
去りゆく516Dをアジサイにピントを合わせて撮ります。

一宮も本降りの雨でした。
Kominato20180611_09
一宮海岸バス停のある海岸広場も、アスファルトに雨粒が飛び跳ねていました。

| | コメント (0)

6月11日のテツ その1

2018年6月11日(月)。一宮線の仕事は、朝の1往復が終わると、12時半過ぎまで4時間近い休憩があります。

そこで、小谷松駅に行ってみました。
Isumi350_20180611_01
望遠で圧縮して撮れば、それなりにアジサイが咲いているように見えるだろうなとチャレンジです。上り12D大多喜行きを撮ったのです。朝の通学輸送がこの12Dまでです。行き先が大原になっていることから、このまま前1両は512Dに充当されるようです。つまり、今日の512Dにキハ編成が入ることはないということですね。

少し引いて広角で撮ります。
Isumi350_20180611_02
そうすると、今年のアジサイは葉っぱが虫食いで穴だらけなのがばれてしまいます。ちなみに12Dは、352ムーミン+302スニフでした。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年6月11日(月)~17日(日)のお仕事です。

11日(月) 一宮線 日野フィンガー
12日(火) 前半デイケアバス+シャトル後半
13日(水) いすみ循環外回り
14日(木) 一宮線 日野フィンガー
15日(金) おやすみ
16日(土) いすみシャトル
17日(日) 牛久線 UD+西工フィンガー

今週も連続して同じところへ行く仕事はありませんでした。毎日、行き先が違うのは、それなりに気分転換できていいです。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

買い物前に寄り道してバスを拝見

2018年6月10日(日)。午前中はいすみ鉄道に乗りに行って、午後から家人と茂原に買い物に来ました。

その行きがけに、ショッピングセンターアスモの隣にある住宅展示場へ行きました。今日はここで、Kさんのバスの展示と試乗会があると情報誌に載っていたからです。
Mobara20180610_4

いつもとはちょっと違って、方向幕が展示場になっていました。
Mobara20180610_1

バスはありましたが、天候不順なこともあり、バスが動く体験乗車はナシになったそうです。
Mobara20180610_2
乗車して車内を見たり座ったりするだけの体験になったそうです。

いつもとは違って、都会での展示という雰囲気。その中に停まるバスを撮ることができました。
Mobara20180610_3
車内にいたKさんにご挨拶して、買い物へと向かいました。

| | コメント (0)

半日いすみ鉄道に乗りました(5)

上総中野から乗った59Dを国吉で降ります。ここで行き違う急行3号を撮ります。
Isumi_kiha52_20180610_21
下りホームのアジサイの向こうを急行4号がやってきました。

キハの愛称版ですが、これも水郷になっていました。
Isumi_kiha28_20180610_22

キハ28のヘッドマークは水郷のままでした。
Isumi_kiha28_20180610_23
やはり今日1日は水郷で行くのでしょう。もしかすると最後の5号でスペシャルがあるかもしれませんが。

上り59Dが発車していきます。
Isumi350_20180610_24

そして、下り急行3号が発車していきます。
Isumi_kiha52_20180610_25
今日のいすみ鉄道乗車はここまでにして、いったん自宅へ戻りました。午後からは家人と茂原へ買い物に行きます。

| | コメント (0)

半日いすみ鉄道に乗りました(4)

踏切から駅に戻りました。
Isumi_nakano20180610_16
いつの間にか、こんな絵柄の自動販売機が設置されていたのですね。

10:38着の小湊鉄道がやってきました。
Kominato20180610_17
天気は悪いですけど、2両編成でした。

この時間は、いすみ鉄道との直接の接続はありません。
Kominato20180610_18
次のいすみ鉄道まで、まだ時間があります。これなら間に合いそうだと、西畑駅まで歩いてみることにしました。

先ほど急行1号で通ったとき、西畑駅のアジサイが咲いているのを確認していましたから。
Isumi350_20180610_19
そこに下り59Dがやってきました。351スナフキンです。

これに乗って、再び上総中野へ行きました。
Isumi350_20180610_20
そのまま折り返し58Dに乗っていきます。

| | コメント (0)

半日いすみ鉄道に乗りました(3)

大多喜から再び急行1号に乗っていきます。
Isumi_kiha28_20180610_11
天気も悪いので、車内はそれほど混んではいませんでした。

今日は日曜日なので、レストラン列車はイタリアンコースです。
Isumi_kiha52_20180610_12
担当のペッシェアズーロさんが準備のため大多喜から乗り込みました。その合間を縫って、手作り焼き菓子の販売がありました。1つ買いました。

小谷松に到着しました。
Isumi_kiha52_20180610_13
ここのアジサイも咲き始めました。毎年盛りは6月下旬から7月はじめですから。あと半月経てば満開になるでしょうか。

終点の上総中野に到着しました。
Isumi_kiha28_20180610_14
今日はここで降りて、次の普通列車に乗ることにします。

道路を歩いて、次の踏切まで行きます。
Isumi_kiha28_20180610_15
折り返しの急行2号を撮ります。今日は、それほど走行写真を撮る機会はないですから。

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

半日いすみ鉄道に乗りました(2)

100D折り返しの101D急行1号に乗車します。
Isumi_kiha28_20180610_06
水郷ヘッドマークは、快速100Dの早起きプレゼントかもと思ったのですが、急行もそのまま水郷です。やっぱり雨の日スペシャルのようです。

先着した302は、急行の後の発車です。
Isumi_kiha28_20180610_07
誤乗防止のためか、回送幕を出してドアも閉めていました。

急行1号はキハ52に乗っていきます。
Isumi_kiha52_20180610_08
急行券は、売店で硬券を買ってきました。

西大原~上総東間の通称ムーミン池です。
Isumi_azuma20180610_09
どんよりとした天気ですが、まだ雨は落ちていません。

大多喜駅に到着です。
Isumi_kiha52_20180610_10
少し停車時間があるので、ここでもパネルの日付を入れて記念撮影です。

| | コメント (0)

半日いすみ鉄道に乗りました(1)

2018年6月10日(日)。今日は午前中だけ、いすみ鉄道に乗りに行きました。

国吉駅の市営駐車場まで自家用車で行きます。
Isumi_kuniyosi20180610_01
動態保存のキハ30は先日と同じ「修学旅行」幕のままです。Kさんのボンネットバスですが、今日はイベントに使われる走です。

国吉8:28の54Dに乗って大原へ向かいます。
Isumi300_20180610_02
降りるときに、手持ちの1日乗車券に日付を入れてもらいました。

駅前の駐車場の隅へ移動します。
Sotobo20180610_03
土休日運転の「新宿わかしお号」がやってきました。大原で255系を見る機会も、明るい時間はこれくらいになりました。

快速100Dの到着です。
Isumi_kiha28_20180610_04
今日は天気が悪いからか、雨の日スペシャルで「水郷」がついていました。

Isumi_kiha52_20180610_05
キハ52側は何もないですね。いつもと同じです。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(18)

座席に座って、鎌倉駅ビル内のコーヒー店で買ってきたロールケーキとアイスカフェオレでくつろぎます。
Joban20180609_086
ゆったりした気持ちで、大きなリクライニングシートに身を委ねます。

今日のこの後の予定は、この「ぶらり横濱・鎌倉号」で松戸まで行き、そこから快速に乗り換えて我孫子へ。久しぶりに弥生軒の唐揚げそばで早めの夕食にするつもりです。その後、柏まで戻り東武野田線で船橋へ出て、船橋19:22の外房線直通快速で上総一ノ宮まで帰るというプランを立てました。

ところが、トラブル発生です。常磐線内で踏切脱輪事故が起こったそうで、品川駅で抑止です。38分遅れで発車したものの、その後も徐行運転や一時停車を繰り返します。弥生軒での唐揚げそばはもう諦めるしかないでしょう。結局、この臨時快速に柏まで乗り、すぐに東武野田線へ向かわないと、船橋から予定通りの外房快速に間に合いそうにありません。柏駅でJRの自動改札を通ると、ピンポンと音がして通せんぼになってしまいました。いったいどうしたんだろうとチケットケースを確認すると「休日おでかけパス」があるではないですか。なんと「ぶらり横濱・鎌倉号」のグリーン券を入れてしまったのです。入れてしまった指定券は回収されてしまい、手元には残りません。なんたるミスをしたことか。その後「休日おでかけパス」を入れて、無事に通れたのですが、臨時列車のグリーン券を手元に残せなかったことが、自分のミスとはいえ、なんとも残念です。

なんとか、柏18:44の船橋行きに間に合いました。これで、船橋着が19:13ですから、19:22の上総一ノ宮行きには乗り換え時間を考えても間に合うでしょう。実際、間に合ったのですが、この快速でもトラブル発生です。土気駅で非常ボタンが押されます。急病人が発生したという放送が入ります。結局、土気駅で16分抑止されました。上総一ノ宮には15分遅れで到着しました。

朝の乗り遅れで「あずさ」に乗れないは、帰りの2本の列車で抑止を食らうわ。なんともトラブル続発の1日でした。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(17)

横須賀から鎌倉まで普通電車で移動します。いったん改札を出て、飲み物とおやつを買ってきました。
Joban20180609_081
乗車するのは、臨時快速「ぶらり横濱・鎌倉号」です。

行き先は常磐線の日立です。
Joban20180609_082
特急用の651系電車を使った、全車指定席の豪華快速です。

Joban20180609_083
今日は、グリーン車指定席を買ってあります。

Joban20180609_084
回送で入線してきました。

グリーン車は、片側1人掛け、片側2人掛けです。
Joban20180609_085
もちろん、1人掛け席をとってあります。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(16)

そろそろ今日のイベントも終わりになります。横須賀駅に戻ります。
Yokosuka20180609_076
2番線の黒船電車の車内見学は終わりました。

Yokosuka20180609_077
2番線の表示器は、イベント名を表示していました。

Yokosuka20180609_078
今年は車内見学には参加しませんでした。

Yokosuka20180609_079
運転士さんもすでにスタンバイしています。前照灯も点きました。まもなく回送電車の発車です。

Yokosuka20180609_080
2番線から上り線へと転線して行きました。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(15)

隣で行われている、潜水艦「こくりゅう」の体験乗船の様子も見えました。
Yokosuka20180609_071
タラップで甲板にあがって、数メートル先のタラップで戻ってくるだけなんです。昨年体験しましたけど、あっけなかった記憶があります。

展示終了時刻が近づいて、ヘリコプターが木更津の基地へ帰ります。
Yokosuka20180609_072

それをみんなで見送ります。
Yokosuka20180609_073

近くで飛ぶ様子は、迫力がありましたね。
Yokosuka20180609_074

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(14)

「あすか」の艦上からは、アメリカ海軍の艦艇も見えます。
Yokosuka20180609_066
これはミサイル巡洋艦らしいです。

Yokosuka20180609_067
これも同型のようです。

Yokosuka20180609_068
これは、よくわかりませんでした。

Yokosuka20180609_069
これは潜水艦ですけど、どんな種類なのかは詳しくなくてわかりませんです。

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(13)

マルチプルタイタンパの実演を見てから移動したので、海上自衛隊横須賀地方総監部の入口に着いたときは13:55になっていました。
Yokosuka20180609_061
入場締め切りまであと30分ほどです。ここから手荷物検査場までは、まだ少し歩きます。

手荷物検査を通過して、公開艦船のところへ行きます。
Yokosuka20180609_062
今年は試験艦あすかと潜水艦こくりゅうが公開されています。

潜水艦は艦内には入れず、船上の甲板を歩いてくるだけなので、あすかの方に並びます。
Yokosuka20180609_063

時間も遅かったせいか、20分くらい並んだだけで乗船できました。
Yokosuka20180609_064

でも、実は試験艦ってどんな目的の艦船なのか、よくわかっていなかったのです。
Yokosuka20180609_065

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(12)

静止画ではわかりにくいですが、この車両の動きがすごいのです。
Yokosuka20180609_056
作動している真ん中の部分は動きません。ところが車両全体は低速で左から右に動いているのです。

Yokosuka20180609_057
少し車両が右に動いたのが写真でもわかるはずです。作業が終わると、真ん中の作動部分が勢いよく右側に移動して止まり、また作業が始まるのです。

実際の作業のときは、この様子は見えないそうです。
Yokosuka20180609_058
騒音防止の、この絵入りカバーが降りてきてしまって、中が見えなくなるからだそうです。作動部分の観察ができるのは、こういう体験会の時だけなのだそうです。

動くのは中央部分だけではありません。
Yokosuka20180609_059
台車の脇のこの緑のスタンプみたいな装置も動きます。

Yokosuka20180609_060
突き固めたバラストを、最後の仕上げとして上から押しつけるのです。1台の機械にこんなに動くところがあるとは思ってもいませんでした。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(11)

マルチプルタイタンパの実演が始まりました。実は見るのは初めてなのです。
Yokosuka20180609_051
これが主要な部分のようですね。

ただ、刃が出て突き固めるだけかと思っていたら違っていました。
Yokosuka20180609_052
この2つの丸い金属がスゴいのですね。

この丸い金属が降りてきてレールの頭部を引っかける形になります。
Yokosuka20180609_053
そして、そのレールと枕木を少し上に引き上げるのです。ほんの数センチですが、レールの下に空間ができるのです。

全体で見るとこんな感じです。
Yokosuka20180609_054

これが引っ張り上げたところです。
Yokosuka20180609_055
そして、引っ張り上げたときに刃が降りてきて道床のバラストをレール下に入れるように突き固めるのですね。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(10)

今年は三笠地区へは行かず、駅裏のJRの展示場へ行ってみました。
Yokosuka20180609_046
電力設備点検用の軌陸車ですね。これも、リフトに乗ってみる体験ができるようです。

軌道検査用の車両です。
Yokosuka20180609_047
レールスターっていうんですね。

Yokosuka20180609_048
マルチプルタイタンパとレイルスターの案内があります。13:30からのマルチプルタイタンパの実演を見ます。

Yokosuka20180609_049
これが今日の実演車両です。

Yokosuka20180609_050
13:28ライトが点いて動き始めました。ちなみに、隣のE257は、今朝乗ってきた「鎌倉あじさい号」が回送でやってきてここで折り返しまで留置されています。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(9)

ブースや展示会場は、混んでいるところとそうでないところがけっこう分かれていました。やたら混んでいたいのは、「ハイスクール・フリート」関連のグッズを売っているところでしたね。今年は三笠港と本港を結ぶ特別航路がありませんでしたし、少しスケールダウンした気がします。横須賀駅前地区だけ見ることにしました。
Yokosuka20180609_041
京急バスはこちらに出展していました。でも、車内見学が中心ですから、写真撮影には向きません。

Yokosuka20180609_042
こちらは人気がありましたね。

Yokosuka20180609_043
背中にも文字があるのですね。

それでも、少しだけグッズを買いました。
Yokosuka20180609_044
京急のオリジナルバスコレの第6弾です。まだ買ってなかったな。

Yokosuka20180609_045
同じく東海バスのオリジナルバスコレの第2弾も買ってしまいました。以前のように複数個買う資金力はもうありません。

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(8)

鎌倉駅から逗子駅へ。逗子駅で4両編成の久里浜行きに乗り換えて、横須賀駅に到着しました。
Yokosuka20180609_036

行き止まり式の2番線には、先ほど回送された黒船電車が停まっています。
Yokosuka20180609_037
車内の見学をするには、いったん改札を出て、無料見学会の列に並ばなくてはなりません。

まずは外へ出て、会場を見てきましょう。
Yokosuka20180609_038

今年は崎陽軒が売店を出していて、記念弁当を売っていました。
Yokosuka20180609_039
中身は、定番の「横濱チャーハン」弁当と似ていますが、こちらの方がおかずに品数が多くなっています。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(7)

しばらくすると、トラ白ねこさんが横断していきます。
Yokosuka20180609_031
まずひかれることはないとは思いますが、それでもハラハラします。

そして、目的の1つがやってきました。
Yokosuka20180609_032
常磐線日立からの臨時快速「ぶらり横浜・鎌倉号」です。

交直流651系電車を使った豪華快速です。
Yokosuka20180609_033
横3列シートのグリーン車も連結されています。帰りはこれに乗ろうと指定券を用意してあります。

そして、お待ちかね。先ほどの展示車両がやってきました。
Yokosuka20180609_034
意外にも、ここで撮っていたのは、自分ともうひと方だけでした。

Yokosuka20180609_035
ホームでも撮っている人はなし。あわてずに撮影することができました。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(6)

鶴見駅を発車します。この先は進路が3つです。本線に当たるのは横浜羽沢経由の東海道貨物線ですが、この先で桜木町への高島貨物線が分岐し、東海道旅客線への渡り線もあります。
Tokaido20180609_26
「鎌倉あじさい号」は、東海道旅客線への渡り線を走り、ここからは東海道本線を行きます。

東海道本線を走るのもわずかです。戸塚駅を出ると東海道本線から横須賀線への渡り線を通り、横須賀線へ入ります。
Tokaido20180609_27
横須賀線から東海道本線への渡り線は、新宿湘南ラインの電車が日常的に走っていますが、その逆はこんな臨時列車にでも乗らないと、なかなか体験できません。

大船駅の手前で、東海道本線の上り1番線に、伊豆急行のリゾート21黒船電車が停まっているのが見えました。
Tokaido20180609_28
これは、今年のYYフェスタの展示車両です。この後、横須賀駅まで回送されてくるはずです。YYフェスタの一環で、横須賀~大船間に体験乗車電車として運行された年もありますが、今年は展示だけとのことです。

定刻に鎌倉駅に到着しました。
Yokosuka20180609_029
横須賀駅までは、ここから横須賀線にのりかえます。

でも、すぐには横須賀に向かわず、ホームの端で少し撮影していく予定です。
Yokosuka20180609_030
E217系だって、いつまでもいるとは限りませんからね。付属編成ナシの11両だと、全部収まるのですね。撮ってみて気づきました。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(5)

府中本町からは武蔵野南線とか武蔵野貨物線と呼ばれている区間を走ります。梶ヶ谷貨物ターミナルを経由して鶴見までが、武蔵野線の所属になるようです。
Musasino20180609_021
南武線よりも少し高い位置に線路が敷かれた橋梁で多摩川を渡ります。

Musasino20180609_022
しばらく走ると、京王相模原線を跨ぎます。走っている車両は、都営地下鉄新宿線の車両ですね。

その先は、長大トンネルが続きます。梶ヶ谷貨物ターミナル付近だけ地上に出ますけど。長大トンネルを抜けて再び地上に出るのが新鶴見です。
Musasino20180609_023
鶴見川の手前で、東海道線と合流します。

そしてホームのない貨物線の鶴見駅で停車です。
Musasino20180609_024
たしか、ここで乗務員の交代があるはずです。そのため、しばらく停車をします。

Musasino20180609_025
停まっている間に、たくさんの列車が通過していきます。

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(4)

西立川駅の渡り線で、側線に入ります。側線から短絡線へと進みます。
Tyuou20180609_016
立川駅手前で、中央線を跨ぎます。

立川駅構内では、短絡線から中央線下り線を横切り、中央線の上り線へ入ります。
Tyuou20180609_017
立川駅は、中央線上りホームの4番線に到着し、客扱いをしました。

4番線を発車すると、中央線上り線を横切り、南武線へと入ります。
Tyuou20180609_018_20200517075701
西立川駅の上り線を通ると、立川駅は青梅線用の1・2番線と中央線上りの3番線に入線できます。しかし中央線から南武線へは4番線からしか進入できないのです。南武線へ進む列車なので、短絡線から入線できる南武線用の7・8番ホームを使えば良さそうですが、たぶん定期列車の関係で使用できないのでしょう。

Tyuou20180609_019
府中本町駅は、南武線ホームで客扱いをします。

府中本町駅を発車すると、南武線から武蔵野貨物線への渡り線を通ります。
Tyuou20180609_020
ここから鶴見までは、武蔵野貨物線を走ります。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(3)

国分寺から乗った「ホリデー快速おくたま3号・あきかわ3号」を拝島駅で降ります。
Tyuou20180609_011
LEDにはちゃんと「おくたま号」の列車名が出るのですね。

駅構内の吉野家で朝食をとって、再びホームに戻ります。
Tyuou20180609_012
8:38の青梅行きに乗っていきます。次に乗る列車との兼ね合いで、羽村で降りることにしました。

次に乗るのは、青梅から短絡線、南武線、武蔵野貨物線、東海道線、横須賀線を通って鎌倉まで行く、臨時快速「鎌倉あじさい号」に乗ります。
Tyuou20180609_013
指定席券は河辺駅から買ってあったのですが、朝の乗り遅れで河辺までは行くことができません。青梅線内の停車駅は、青梅、河辺、羽村、拝島、昭島なので、羽村で降りたのです。

ホームには、ちゃんと列車名入りの案内が表示されました。
Tyuou20180609_014
昨年は183系の6両編成で運転されて、その編成がそのまま横須賀駅で「三大かいじ」の展示に使われたのです。

今年は、E257系の5両編成になりました。
Tyuou20180609_015
全車指定席であることは、昨年と変わりはありません。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(2)

東京7:23に中央快速に乗っていくと、国分寺駅で「ホリデー快速おくたま3号・あきかわ3号」が先発すると放送が入ります。そうか、そんな電車がちょうどあったんだ。わかっていれば新宿から乗ったのだけれども。青梅線直通電車に乗るのなら、一番先頭に乗って複雑な線路を眺めていきましょう。
Tyuou20180609_006
楽しいのは立川駅から西立川駅までの中央線と青梅線の短絡線です。立川駅には中央線下りホームの6番線に到着です。南武線ホームの7番線には入ることができるのですね。

立川駅を発車します。
Tyuou20180609_007
ポイントは正面の本線ではなく、左側の短絡線へと開いています。

定期旅客列車は、中央線から青梅線への下り列車しか通りませんが、貨物列車や臨時列車は上り列車も走る、単線の短絡線です。とくに、青梅線から南武線へ入る列車は、上り下りともこの短絡線を走ります。
Tyuou20180609_008
まもなく西立川駅に到着です。

西立川駅は。下りホームにしか入れません。
Tyuou20180609_009
青梅線から短絡線へ入る列車は、ホームのない側線からしか入線できません。

西立川駅を発車します。
Tyuou20180609_010
ホームの青梅方には、上り線から側線に入るための渡り線があります。

| | コメント (0)

よこすかYYのりものフェスタ2018へ(1)

2018年6月9日(土)。今日は、希望休を入れておきました。よこすかYYのりものフェスタ2018に、いろいろな臨時列車に乗ったりしながら行くつもりでした。ところが、最初からミス発生です。最後もミスしてしましました。今日はミスだらけの1日でしたが、それなりに楽しむことはできました。

立てていた予定では、上総一ノ宮5:27の千葉行きで千葉まで行き、そこから6:38の特急「あずさ3号」の自由席で立川まで行く予定でした。
Soubu20180609_001
事前に「休日おでかけパス」と千葉~立川の自由席特急券を用意しておきました。
Soubu20180609_002

ところが、自宅を出るのが遅れて、上総一ノ宮駅の自動券売機で茂原まで200円の乗車券を買ったときには、5:27の千葉行きは発車してしまいました。ジタバタしても仕方ありません。5:49の千葉行きに乗って千葉まで行きます。
Sotobo20180609_003

千葉には6:43の到着でした。
Sotobo20180609_004

すると2分接続で東京行きの特急「しおさい2号」がありました。迷ってはいられません。「しおさい2号」の自由席に乗り込みます。車内改札の時に立川まで自由席特急券を車掌さんに見せて「前のあずさに乗り遅れてしまいました。差額の払い戻しはいりませんから、これで東京まで乗せてもらえませんか」と言います。それでOKということになりました。
Soubu20180609_005
東京駅には7:17に到着しました。地下ホームから一番高いところにある中央線のホームへ向かいます。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

6月8日 平沢のホタル

2018年6月8日(金)。仕事が終わってから、家人と一緒に平沢のホタル見学に行きます。

平沢たけのこ村がホタルの時期は有料駐車場になります。そこに自家用車を停めて、ホタル見学です。
Hirasawa20180608_04

だいたい光り出すのは19:00くらいから。その後1時間もすると光るのが終わります。
Hirasawa20180608_01
ホタルの光は弱いので、ほとんどデジカメには写りません。

肉眼ではそれなりに見えるのですけどね。
Hirasawa20180608_02
肉眼ではそれなりに、今年もホタルを楽しむことはできました。

でもお楽しみはあります。駐車場に出店していた、民宿ひらさわさんのお店で買ってきました。毎年、これが楽しみなのです。
Hirasawa20180608_03
手作り大福です。手のひらくらいの大きさがあります。よく、こんな柔らかい餅で餡を包めたなというほと柔らかい大福です。でも、これがおいしいのです。

| | コメント (0)

6月7日のテツ

2018年6月7日(木)。今日は前半と後半の間に4時間近い休憩時間があります。

小谷松駅近くへ行ってみました。
Isumi300_20180607_01
下り11Dがやってきました。

Isumi300_20180607_02
301パパ&ママでした。

| | コメント (0)

6月5日のバス

2018年6月5日(火)。今日は後半がいすみシャトルです。21過ぎの最終便まで担当です。

専用車だと終車灯がないので、代車のときくらいはつけてみます。
Kominato20180605_01
路面電車やバスは、最終が「赤バス」「赤電」っていって、方向幕を赤い電球で照らして走ったんですよね。LEDになって赤い枠で囲むようになってます。

幕車で終車灯がついているのはないですね。昔のように、赤と青の電球が幕の後ろに仕組んであるバスって、全国的に残っているのですかね。
Kominato20180605_02
終前車は「青バス」って幕に青電球をつけたのですけど、LEDの終前灯は緑です。青色LEDではないんですよね。

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

6月4日のテツ

2018年6月4日(月)。今日は前半がいすみシャトル、後半がデイケア送迎バスでした。

今日のいすみシャトルは一般車による代走でした。
Kominato20180604_01

前半と後半の間の休憩時間に、少しだけテツ写真です。
Isumi300_20180604_02
上り18Dです。301パパ&ママでした。

少し移動します。
Isumi_rail20180604_03
この線路、上下にゆがんでいるような気がするんですけど。目の錯覚でしょうかね。

そのゆがんだように見える部分を下り517Dが行きます。
Isumi350_20180604_04
今日もキハ編成ではなく、350形352ムーミンが走っていきました。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年6月4日(月〕~10日(日)のお仕事です。

4(月)シャトル前半+デイケアバス
5(火)デイケアバス+シャトル後半
6(水)いすみ循環外回り ポンチョ
7(木)デイケアバス+シャトル後半
8(金)いすみ循環外回り ポンチョ
9(土)お休み
10(日)お休み

9日は、YYのりものフェスタへ行きました。

| | コメント (0)

横浜アリーナコブクロ(8)

横浜市電保存館を後にして、滝頭バス停から、始発の桜木町駅行きで桜木町駅まで乗りました。駅近くの、今風の中華屋さんで少し遅い昼食を済ませます。今度は、桜木町駅から新横浜駅まで市営地下鉄で向かいます。市営の1日乗車券をとりあえず有効に使って、横浜アリーナへ向かいました。

開場時間には、まだ少しあります。とにかく暑いです。近くに見えたローソンに入りました。
Yokohama20180603_36
チョコミントは好きなんですけど。暑いときは、タルト生地はいらなかったな。チョコミントのアイスそのものにすればよかったかな。でも、おいしかったんですよ。

今回はぬか喜びしてしまいました。
Kobukuro20180603_37
だって、アリーナ席当たったと思ったからです。調べてみると、横浜アリーナは、一般的にアリーナ席と言われているところはフロア席というそうで、アリーナ席はいわゆる客席なのだそうです。実際にそんな感じの席でした。

そして、グッズ販売です。今年のLEDが馬鹿でかいんです。ソフトクリームのようなトーチです。箱もでかいし。持って帰るのも大変です。今年のツアーは、これを毎回持ち込むのですね。自分は、次はさいたまスーパーアリーナよりずっとですけど。

この2018年6月3日のセットリストです。

1.YELL~エール~
2.One Song From Two Hearts
3.Million Films
4.ストリートのテーマ
5.
君になれ
6.
向かい風
7.
朝顔
8.
どんな空でも
9.
Ring
10.

11.

12.

13.
潮騒ドライブ
14.Moon Light Party!!
15.
轍-わだち-
16.
ONE TIMES ONE
~アンコール~
1.
赤い糸
2.
バトン

Million Films は、バックに映像が流れたんです。逆光の海をバックに、手前を電車が走っていくのです。菱形パンタグラフで、途中に非貫通の連結がある。どう見ても209系の8両編成なのです。なんて、コブクロのライブに行っても、テツな心が反応してしまいました。

終盤の轍は、いつもの通り大盛り上がり。今日も熱くなれました。

明日は仕事なので、東京21:00のわかしお21号には絶対に乗りたいからと、今日は新横浜~東京は東海道新幹線経由できっぷを用意しておきました。すっかり忘れていたのですが、東海道新幹線経由だから東京近郊区間外になり、しかも新横浜~上総一ノ宮間は101km以上になるから途中下車できるのですね。予定より早い時間の新幹線に乗れて、東京駅で40分近い時間ができたので、いったん改札を抜けてラーメンストリートで、ラーメンでも食べていきましょう。
Yokohama20180603_38
東海道新幹線から直接外に出る自動改札を通ったら、乗車券に「途中下車」と印字されました。今まで「乗車」「下車」は、週末パス等で押されたことはあるのですが、片道乗車券に「途中下車」と押されたのは初めてで、こんな機能があるということを初めて知りました。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

横浜アリーナコブクロ(7)

市電の線路を使ったビール輸送という解説もおもしろかったです。
Yokohama20180603_31
明治、大正時代は、市電の貨物電車でビール輸送をしていたのだそうです。これはキリンビールの箱ですよね。今でも、生麦にはキリンビールの工場がありますからね。

ガラスの瓶を割れないように藁でくるんで輸送したのだそうです。
Yokohama20180603_32

その他にも、昭和の懐かしい物品の展示がありました。
Yokohama20180603_33

そして、リニューアルで新しくできたのが、歴史展示コーナー、鉄道ジオラマ、多目的コーナーです。
Yokohama20180603_34
なかでも、歴史展示コーナーがおもしろかったです。路面電車で海水浴へ行こうというのがあったのですね。

Yokohama20180603_35
昔の制服の展示もありました。

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

横浜アリーナコブクロ(6)

1601号の運転台です。
Yokohama20180603_26
昔の路面電車は、スピードメーターがなかったという話は聞いたことがあるのですが、1601号の運転台には、たしかにスピードメーターらしいものがありませんでした。

運転席の後ろには路線図がありました。
Yokohama20180603_27
全廃されたのが、1972(昭和47)年3月31日とありました。自分は9歳ですね。まだひとりでは行けなかっただろうなあ。

1601に着けられたサボです。
Yokohama20180603_28
両端が同じ駅名ということは、循環系統なんですかね。

あともう1両、非営業車が保存されています。
Yokohama20180603_29
装飾が施された「花電車」です。装飾部分はあくまでも飾りで、車両としては無蓋貨車(貨物電車)なのだそうです。

Yokohama20180603_30
展示場では、実際に電気が点いた状態で展示されていました。

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

横浜アリーナコブクロ(5)

500型の隣は1000型です。
Yokohama20180603_21

そして、その隣が1100型です。
Yokohama20180603_22

さらに隣が1300型です。
Yokohama20180603_23

そして、その隣が1600型です。
Yokohama20180603_24
この辺りまで来ると、実際に今走っていてもおかしくないような現代的な車両になります。

その隣が1500型です。
Yokohama20180603_25

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

横浜アリーナコブクロ(4)

入口の手前に展示物がありました。
Yokohama20180603_16
これだけだと何だかよくわかりませんが、下に説明板がありました。

Yokohama20180603_17
最後まで残ったポールとあります。集電用の車両につけたポールではなく、解説を読むと道路にあった架線柱のことのようです。

入場券を買います。1日乗車券で割引があります。
Yokohama20180603_18
うれしいですね。割引で200円で入場できます。

全部で7両の車両が保存されています。
Yokohama20180603_19
一番手前が500型523号です。

Yokohama20180603_20
単車です。1928(昭和3)年の製造だそうです。改造されて使用され1969(昭和44)年に廃車になったそうです。単車って、貨車改造のトロッコ車や小湊鉄道の里山トロッコの客車くらいしか乗ったことがないのです。単車の動力車って、乗車体験がないのですよね。

| | コメント (0)

横浜アリーナコブクロ(3)

黄色トラックの運転席には、今年も黄色いダルマがありました。
Kobukuro20180603_11

さて、ここが横浜アリーナの入口です。
Kobukuro20180603_12
物販コーナーはどのあたりにあるのかなと捜したのですがありません。さいたまスーパーアリーナのように、外での物販はないみたいです。ということは、開場時間少し前にくればよさそうです。それまで、テツしてきましょう。

横浜市営地下鉄の新横浜駅で、地下鉄・バスの1日乗車券を買います。
Yokohama20180603_13
元を取れるかどうかは微妙ですが、まあいいでしょう。

地下鉄で阪東橋まで行き、そこから市営バスで滝頭まで行きます。
Yokohama20180603_14
目指すのは、横浜市電保存館です。リニューアルしてから、まだ来たことがなかったんのです。

Yokohama20180603_15
何年ぶりでしょうか。ここに来るのは2回目、リニューアル後は初です。

| | コメント (0)

横浜アリーナコブクロ(2)

緑トラックのここが黒板になっているんですね。
Kobukuro20180603_06
日付はまだ昨日、6月2日のままですけど。

下のプレートは、今年もサインがありました。
Kobukuro20180603_08

今年のツアーは、今日が初参戦です。
Kobukuro20180603_07
今年は、今日と7月15日のさいたまスーパーアリーナ2日目の2回、参戦します。

黄色トラックにもツアー日程があります。
Kobukuro20180603_09

黄色トラックのタイヤは、今年も特製ですよね。
Kobukuro20180603_10

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

横浜アリーナコブクロ(1)

2018年6月3日(日)。今日はコブクロ2018ツアー、横浜アリーナの2日目です。転職して、土日両方休んでの参加は厳しいだろうと、今回は日曜日だけチケットをとりました。

ということで、早めに会場に行って、イエロートラックを撮ったり、グッズ購入をしようと6時過ぎには家を出たのです。新横浜の会場近くへ着いたのは9時半頃でした。まだこの時間はそれほど人がいませんから、ゆっくり撮影できました。
Kobukuro20180603_01
会場手前で黄色いトラック発見です。でもツアー装飾がありません。

でも、番号は5296ですから、間違いないです。
Kobukuro20180603_02
ということは、今年は3台展示ではないのですね。

行ってみると、やはり今年は2台展示でした。
Kobukuro20180603_03

いやあ、この時間は順光じゃないですか。しかも、さいたまスーパーアリーナよりずっと撮りやすい環境です。
Kobukuro20180603_04

青空に黄色いトラック、映えますねぇ。
Kobukuro20180603_05

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

6月2日の食

2018年6月2日(土)。今日は牛久線でした。鶴舞バスターミナルでの休憩時間に、ミニストップへ寄ってしまいました。

またしても新発売シールのあるスイーツがありました。
Ministop20180602_01
いけないと思いつつ、手を出してしまうのです。

Ministop20180602_02
トッピングや黒蜜が別になっているのですね。

自分で作る楽しさはあるのですが、クリームがきれいに載せられません。
Ministop20180602_03
けっきょく、残ったクリームをなめてしまうし、キレイには載せられないし。蓋を開けてすぐ食べられる方がいいなぁ。黒蜜は最後にかけてもいいけど。

| | コメント (0)

6月2日のテツ

2018年6月2日(土)。今日は牛久線でした。休憩時間に牛久駅で少し撮ります。

上総牛久9:54の上総中野行きです。
Kominato20180602_01
今日は3両編成と長い編成でした。

夕方には晴れてきました。最終の上りトロッコ「里山トロッコ4号」が戻ってきました。
Kominato20180602_02

ヘッドマークの花瓶は、6月になったのでアジサイの姿が見えます。
Kominato20180602_03

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

6月1日の朝

2018年6月1日(金)。今日から6月です。

夏至も近いこの頃は、朝4時を回ると明るくなります。明るくなると、家の外では五月蠅いヤツが鳴き始めます。
Choja20180601_01
4時台から縄張り主張してキンキン叫ばなくていいですから。と言っても、彼にはわかってもらえません。

| | コメント (0)

5月31日のバス

2018年5月31日(木)。今日は前半がいすみシャトルでした。昨日同様、今日も代車での運行です。

昨夜の雨はあがって、今朝は曇りです。
Kominato20180531_01

後ろの方向幕の表示はこんな感じです。
Kominato20180531_02

| | コメント (0)

5月30日のテツ

2018年5月30日(水)。行きがけに第一森宮踏切に寄り道しました。

ここにある栗の木、花が咲いていました。季節感を感じるものがあると一緒に撮りたくなります。
Isumi300_20180530_01
朝の上り4Dです。昨日撮った302スニフでした。

今日は後半がいすみシャトルでした。
Kominato20180530_02
今日は代車での運行です。午後は曇り空がしっかりした雨になりました。

| | コメント (0)

5月29日のテツ

2018年5月29日(火)。仕事帰りに国吉駅に寄ってみました。

Kさんのボンネットバスが1台、駐車場に停まっていました。
Isumi_kuniyosi20180529_01
また近々イベントがあるのかな。

動態保存のキハ30です。
Isumi_kuniyosi20180529_02
方向幕が「修学旅行」になっていました。先月末のいすみ鉄道祭りの終了後は、相模線仕様だったのですけど。いつ変わったのかな。

下り25Dがやってくる時刻です。
Isumi300_20180529_03
ホームのアジサイ、まだ色づいているのは少ない。

Isumi300_20180529_04
今日の25Dは302スニフでした。定刻18:31に発車していきました。

| | コメント (0)

2020年5月 6日 (水)

5月28日の食とお楽しみ

2018年5月28日(月)。今日はお休みです。

午前中は千葉市内の某所でのお勉強会に参加です。
Sotobo20180528_01
上総一ノ宮始発8:45の千葉行きに乗って、会場へ向かいます。

無事に勉強会も終わって、午後からはフリーです。平日の休みですから、ゆっくり映画でも見て帰りましょうか。蘇我から無料バスに乗って、ハーバーシティ蘇我のフェスティバルウォークを目指します。
Soga20180528_02
まずは麺屋小六で昼食にします。ここに来たら、こだわりのチャーシューを食べないと。

ここの廊下には、ジブリ作品のポスターがずらりと貼られています。
Soga20180528_03
「かぐや姫の物語」以外は、全部封切り時に映画館で見ているんですよね。

隣のTジョイ蘇我で映画を見ます。
Soga20180528_04
今日は、山田洋次監督の「家族はつらいよⅢ」を見ました。1作目は見たんだけど、2は見てないんだよね。

再び、無料巡回バスで蘇我駅に戻ります。
Soga20180528_05
蘇我駅といえば貨物側線。今日は京葉臨海鉄道の姿はなく、JR貨物のEF65が単機で停まっていました。JR機が待っているということは、もうしばらくすると京葉臨海鉄道がやってくるのでしょうかね。でも、それを待たずに外房線の電車に乗って帰宅しました。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年5月28日(月)~6月3日(日)までのお仕事です。

28日(月)お休み
29日(火)いすみ循環内回り ポンチョ
30日(水)デイケアバス+シャトル後半
31日(木)シャトル前半+デイケアバス
1日(金)いすみ循環内回り ポンチョ
2日(土)牛久線 UD+西工 フィンガー
3日(日)お休み

相変わらず、できる路線が限られているので、できるものをぐるぐると交換でといった感じです。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

5月27日の食

2018年5月27日(日)。牛久線を担当すると、市原鶴舞バスターミナルでの休憩時間に、つい目の前のミニストップへ足を運んでしまいます。

そして「新発売」のシールのある商品に、つい手が伸びてしまうのです。
Ministop20180527_01
悪魔のささやきに負けました。

Ministop20180527_02
横から見ると、確かに層になっていますね。

食べてから、罪悪感が襲ってきます。
Ministop20180527_03
おいしかったです。カロリー数値は見なかったことにしました。

| | コメント (0)

5月27日のテツ

2018年5月27日(日)。今日は牛久線です。休憩時間に少し撮りました。

牛久駅では、ちょうど「里山トロッコ1号」の入線時刻に休憩がありました。
Kominato20180527_01

今日もそこそこ暑いです。
Kominato20180527_02
冷房のない機関車は、頭上のベンチレータが開けられています。室内に扇風機があるのも写っていました。

大多喜に戻ると、ちょうどいすみ鉄道「急行3号」が通る時刻でした。
Isumi_kiha52_20180527_03
そこで、車庫近くの橋から1枚だけ撮っておきます。

下を見ると、石の上にカモさんがお昼寝中でした。
Isumi_otaki20180527_04

ちなみに、今日運転したのはこれです。
Kominato20180527_05

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

速報:汽車旅日記専門館 更新

2020年5月4日(月・祝)。しばらく手をつけていなかった、ウェブサイトですが、このゴールデンウィークは自分も仕事が少なく時間がたくさんあります。

少しでも汽車旅に出た気分になってもらおうと、「汽車旅バス旅長い旅 汽車旅日記専門館」を少しだけ更新しました。今までのエントリーも、多少編成表が読みやすくなるように、タグ打ち直しました。よろしかったら、ご訪問下さい。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(10)

4月8日に、ひたちなかの喫茶コマクサのギャラリーで開催されていた「ねこてん20」に行ったとき、主催者のおおやぎえいこさんから「旧作ですけど、1点出品していますよ」と聞いていました。
Nekoneko20180526_46
ああ、ありました。このタッチはおおやぎさんのネコ絵ですね。今回はテツな作品ではないですけど、あたたかくて柔らかいネコさん、好きですよ。

今日は別館でもイベントが開催されています。
Nekoneko20180526_47
イベント関係者が同伴してきたネコさんでしょうか。ずっと一緒にいました。もしかして、卓上のカップのネコさんと同一かな。

美術館に来たのに、作品よりもリアルネコに夢中になってしまった今日でした。
Nekoneko20180526_48
美術館のネコに同伴者のネコ多数で、本当に今日はネコだらけだったんですもの。

そろそろ帰ろうと駐車場に向かいます。
Nekoneko20180526_49
屋根の上にもネコさんが歩いています。

そして駐車場に行くと、ここにも。
Nekoneko20180526_50
「車動かすの。じゃあ、どくね」みたいな感じで、ネコさんが車の下から出てき、のびをするのです。

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(9)

2018年5月26日(土)。成田ゆめ牧場から松山庭園美術館へと向かいました。「猫ねこ展覧会2018」には、ほぼ1ヶ月前の4月28日に来たのですが、土日は何かしらのイベントをやっていますから。家人も行きたいというのでやってきました。

Nekoneko20180526_41
ほぼ、1ヶ月ぶりの訪問です。

今日は暖かいので、お庭にネコさんがたくさんいました。
Nekoneko20180526_42

美術館のネコさんだけでなく、活動に来ている方が連れてきた子も遊び回っているのだそうです。
Nekoneko20180526_43
鈴をつけてますね。この子が、今日だけの訪問の子かなぁ。

Nekoneko20180526_44
とにかく、今日は外にたくさんいます。誘惑に負けて、なかなか館内に入れません。

しかも館内は混雑していました。
Nekoneko20180526_45
別な建物で、イベント開催中だそうです。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(8)

徒歩道からは見えない車庫の裏が見えます。
Narita_yume_20180526_036
レストアされていない車両が、まだまだたくさんあるんですね。

車庫の脇を走ります。
Narita_yume_20180526_037
マフポッター号や6号機を間近に見て走ります。

さて、そろそろ次に向かいましょう。
Narita_yume_20180526_038
牧場に来たのですから、帰り道にいる動物を少しだけ見ていきます。ブタさんです。豚寝るです。

Narita_yume_20180526_039
高いところに上りたくなるヤギです。ノアって名札をつけてますね。

これにて成田ゆめ牧場を後にして、匝瑳市の松山庭園美術館を目指します。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(7)

まだ新製7号機での牽引が続いています。さあ、乗車しましょう。
Narita_yume_20180526_031
一番後ろに座って、7号機を撮ります。

Narita_yume_20180526_032
キャブの上に出ているのが汽笛ですよね。

Narita_yume_20180526_033
後ろを振り向くと、観光トラクターがすぐそこまで来ていました。

車庫の脇を走ります。
Narita_yume_20180526_034
あれっ、ネコさんがいます。ここに住んでいるのか、羅須地人鉄道協会の方が活動日に連れてきているのかはわかりませんけど。

Narita_yume_20180526_035
えっ、ひとりでなく、たくさんいるのですね。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(6)

再び新製7号機が動き出しました。
Narita_yume_20180526_026

またぐるっと回って、ヤギの前に来ました。
Narita_yume_20180526_029
今度は、少しだけヤギさんたち、こっちを向いてくれたようです。

今度は乗りに行きましょう。
Narita_yume_20180526_027
駅へ向かう途中で1枚撮ります。道路を歩くと、足に届くくらいまで湯気が出てます。

Narita_yume_20180526_028
灯油炊きボイラーで蒸気を発生させているということです。

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(5)

線路から一段低くなったところに、山羊の広場があります。
Narita_yume_20180526_021
何年か前は、年取ったお馬さんの隠居所だったんですけど。今は山羊さんです。

そこへ6号機がやってきました。
Narita_yume_20180526_022
花と一緒に撮ろうとしたのですが、葉っぱが風で揺れてきて、ちょっと邪魔でした。

Narita_yume_20180526_023
観光トラクターが通っていきます。線路の手前には道路もあるのです。

Narita_yume_20180526_024
今度は、6号牽引の列車です。なかなか山羊たちはポーズをとってくれません。

Narita_yume_20180526_025
そのうちに、けんかを始めたヤギさんもいました。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »