« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の81件の記事

2020年4月30日 (木)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(4)

さあ、6号機を撮った木製橋に、新製7号がやってきました。
Narita_yume_20180526_016
ここは少し湯気を吐いていたのです。

Narita_yume_20180526_017
鉄橋の上では煙だったのでけど、風のせいで前に流れてしまいました。

次の周回を、場所を変えて撮ります。
Narita_yume_20180526_018
いい感じですね。

Narita_yume_20180526_019
ちょっと引いて、ツツジの植え込みの脇を走るところです。

ところが、次の周回で早々に6号機に戻ってしまいました.
Narita_yume_20180526_020
まだこれからも出動するらいいですけど。

| | コメント (0)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(3)

再び動き出した新製7号機の向こうを、6号の引く列車が走ります。
Narita_yume_20180526_011

その6号の列車がこちらへ戻ってくるとき、再び並び撮影に挑戦します。
Narita_yume_20180526_012
今度はホーム越しですが、マフポッター号、新製7号機、6号機、それから酒井のディーゼル機関車102号でしょうか。車両も色とりどりで、早く乗ってみたいという気になってきます。

車庫内の配線です。とても複雑です。
Narita_yume_20180526_013
ダブルスリップが少しずらしてあって、片方の直進ができないといった感じの配線です。パッと見た目、どの方向なら進めるのかよくわかりませんでした。

6号の列車を木製橋に撮りに行きます。
Narita_yume_20180526_014
曇っているから空は白いけれども、光線を気にせずにどの方向からでも撮れます。

そうしているうちに、車庫前で機関車の交代があり、ついに新製7号が列車の先頭に立ちました。
Narita_yume_20180526_015
乗りたいけど、その前に撮っておきましょう。木製橋で、やってくるのを待ちます。

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(2)

赤い6号機関車の牽引する列車が、新製7号機の脇を走り抜けます。
Narita_yume_20180526_006

11号のマフポッター号も動き始めました。
Narita_yume_20180526_007

6号機関車がツツジの植え込みの向こうを走ります。
Narita_yume_20180526_008
車体が小さくたってこれだけ煙を上げてくれれば、もう大感激です。

そのままぐるっと回って、再び車庫の前に来ました。
Narita_yume_20180526_009
今度は、マフポッター号、新製7号機との3台並びを撮ります。

Narita_yume_20180526_010
再び、新製7号機が動き始めました。そろそろ、7号機が列車の先頭に立つのでしょうか。

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

成田ゆめ牧場と猫ねこ展覧会2018(1)

2018年5月26日(土)。今日はお休みです。今年のゴールデンウィークは、成田ゆめ牧場のまきば線の蒸気機関車運転には行けませんでした。秋は行けるかなと思っていたところ、このまきば線で運転活動をしている、羅須地人鉄道協会が日本で一番新しい蒸気機関車を完成させて、その一般客へのお披露目を5月26・27日にするというニュースが入ったのです。せっかく休みになったのだし、これは行くしかないでしょう。家人とともに自家用車で自宅を出ました。

成田ゆめ牧場に着いたのは、10時半少し前でした。
Narita_yume_20180526_001
入園料は、大人1人1400円です。

何回か来ているので、まきば線の場所はわかっています。
Narita_yume_20180526_002
その途中にあるクジャク小屋のジャックくん。なんと羽根を広げていました。本当に羽根を広げている姿を見たのは初めて。あわててカメラを出して撮りました。ただ、後ろ向きですけどね。

その先がまきば線です。
Narita_yume_20180526_003
さっそく新製機7号が単機で動いていました。

Narita_yume_20180526_004
とくに木製キャブが真新しいですね。新製機の雰囲気がたっぷりです。

いったん庫に戻ります。
Narita_yume_20180526_005
今日は単機でのお披露目だけなのかな。それとも実際に列車の先頭に立って、走るところが見られるのでしょうか。

| | コメント (0)

5月25日のテツ

2018年5月25日(金)。今日は一宮線です。朝1往復終わるとお昼過ぎの便まで4時間近い休憩時間です。

今日はいったん家に戻って家人と一緒に昼食をとることにしました。
Isumi350_20180525_01
家に戻りがてら、第一森宮踏切へ立ち寄ります。狙うのは、あの512Dです。しかしながら、今日もキハ編成ではありませんでした。352ムーミンです。

午後は、一宮線の合間に2往復(復路は回送)の一宮海岸線があります。
Kominato20180525_02
上総一ノ宮駅前は長時間の停車スペースがないので、ちょうど発車5分前に配車できるように、時間を気にしながら一宮海岸で休憩です。

| | コメント (0)

5月23日のテツと食

2018年5月23日(水)。今日はデイケアバス+シャトル後半です。デイケアバスが終わってから次の仕事まで、4時間ほど休憩があります。

久しぶりに、「飲茶列車」でお世話になった、揚江さんに行ってみようかな。
Isumi_kiha20_20180523_01
行きがけに、城見ヶ丘~上総中川間の小さな祠の脇でカメラを構えます。上り512Dです。キハ201303でした。列車番号500番台はキハ編成で運行できるように、少し寝かせたスジでダイヤが引かれているのです。団体等があると、1両団体、1両が512D扱いの2両編成で運転されるのです。いつ団体が入るのかはわかりませんので、機会があると撮ってしまうのが平日日中の500番台列車なのです。

揚江さんに着きました。いすみ循環バスの県道桑田交差点バス停の前にお店があります。
Yoko20180523_02
化学調味料を使わない、素材も厳選して選んであります。ちょっと薄味ですが、そこがいいんです。ジワッとくる味が好きです。今日は肉のせ野菜麺にしました。

揚江さんから大多喜に戻る途中で、国吉のミニストップによってしまいました。せっかくお昼に身体にいいもの食べたのに、不健康なものを買ってしまいました。

シャトルの後半は、14:20~22:20がお仕事の時間です。お腹が空くのです。そんなわけで、夕方の休憩時間におやつです。
Ministop20180523_03
ミニストップで、まだ買ったことのない榮太郎總本舗の監修品が売ってたもので・・・。

つぶあんは完全にクリームに混ざっているのね。黒みつソース、もう少し欲しいです。
Ministop20180523_04
個人的には、もう少しつぶあんの味と風味が濃いとよかったですね。

| | コメント (0)

5月22日のテツ

2018年5月22日(火)。今日は6:40くらいまでに出勤すればよいので、行きがけに第二五之町踏切付近の田んぼへ寄りました。

今朝の上り4Dが行きます。
Isumi300_20180522_01
301パパ&ママでした。

ここからは、望遠で見るとポッポの丘が見えます。
Pop20180522_02
もちろん、いすみ鉄道に乗って第二五之町踏切辺りから目をこらせば見えます。最寄り駅といっても3km以上離れてますが、上総中川駅からはまったく見えません。

今日の仕事は、いすみ循環内回りです。
Kominato20180522_03
今日の外回りは、路線車で運行です。いすみ市の小学校の社会科見学など、団体乗車の予定が入っているときは、朝から路線車で運行です。朝、車庫を出ると終業まえ戻らない行路になっているので、こういうことになっています。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年5月21日(月)から27日(日)までのお仕事です。

21日(月)循環内回り ポンチョ
22日(火)循環外回り ポンチョ
23日(水)デイケアバス+シャトル後半
24日(木)循環外回り ポンチョ
25日(金)一宮線 日野フィンガー
26日(土)おやすみ
27日(日)牛久線 UD+西工フィンガー

今週は循環が多かったですね。まだできる路線が4つしかないですから。フロアシフトは苦手を判断されたようで、今週もフィンガーシフトばかりでした。

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

旧スカイライナーホーム見学会(11)

芝山千代田駅前から空港シャトルバスに乗ります。
Keisei20180520_51
芝山鉄道延伸連絡協議会(芝山町・横芝光町・山武市で構成)が運行しているバスで、横芝屋形海岸と芝山千代田駅・空港第2旅客ターミナルを結んでいます。

17:35の横芝屋形海岸行きに乗車します。
Keisei20180520_52
IC乗車券も使えます。IC乗車券は270円で乗れます。松尾IT福祉センター前バス停で降りて、踏切を渡ってJR松尾駅へ向かいます。

今日は「休日おでかけパス」なので、ひと駅成東まで乗車券を買って松尾駅の改札を入ります。
Soubu20180520_53

松尾18:24の千葉行きに乗って行きます。
Soubu20180520_54
成東には18:29の到着です。

わずか1分の接続、1番線から向かいの0番線の東金線に乗り継ぎます。
Togane20180520_55
大網駅では、東金線から外房線下りホームへの連絡通路を歩いて外房線に乗り換えです。18:58の普通大原行きに乗り継いで19:11に茂原に戻ってきました。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(10)

芝山千代田駅に到着しました。
Keisei20180520_46
折り返しは、再び京成成田行きになります。

これが芝山千代田駅の終わりです。
Keisei20180520_47
高架線がここでぷっつり切れています。

たった1区間しかない、芝山鉄道です。自社駅はここだけです。
Keisei20180520_48
階段を降りて改札口へ向かいました。

改札口で、乗車記念証を欲しい旨を伝えます。色釣りのポストカード状の用紙に日付スタンプを押してくれました。
Keisei20180520_49
できたら、乗車券も欲しいのですがというと、無効印を押してくれました。

それから、記念スタンプもありました。
Keisei20180520_50
あまり使用する人がいないのか、陰影はキレイでした。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(9)

東成田駅を発車すると、ドア上野モニタが変わります。
Keisei20180520_41
次は終点の芝山千代田です。

全体路線図に変わります。
Keisei20180520_42
色別に書く路線を表示しています。

地上に出ます。
Keisei20180520_43
ジェットスタージャパンですね。

次はバニラエアですか。
Keisei20180520_44
この辺りはLCCが集まる場所なんですかね。航空機や空港には詳しくないのです。

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

旧スカイライナーホーム見学会(8)

17時を過ぎて、旧スカイライナーホームへの扉が閉まりました。
Keisei20180520_36
また次公開されることがあるのかな。

よく見たら、その脇に使われていない出札口がありました。
Keisei20180520_37
ここが、かつての特急券発売窓口だったのでしょう。

旧ホーム見学前に買っておいた乗車券で自動改札を入ります。
Keisei20180520_38
芝山鉄道の終点、芝山千代田駅へ行ってみます。

今度は現在の東成田駅のホームから電車に乗ります。
Keisei20180520_39

芝山千代田行きの電車がやってきました。
Keisei20180520_40
今朝、京成成田から乗った車両と同じです。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(7)

車止めの後ろには、もう1冊の本がありました。
Keisei20180520_31
いったい、誰がいつ置いたままにしたのでしょうね。

そろそろ公開終了時間です。階段を上がります。
Keisei20180520_32
よく見渡すと、ここに使われていないエスカレータがありました。

このフェンスを越えると、もう中には戻れません。
Keisei20180520_33
約1時間でしたが、貴重なものを見ることができました。

このフェンスの向こうは、かつて使われていた階段です。
Keisei20180520_34
たぶん、あのシャッターにつながる階段なのでしょう。

閉店になったコーヒーショップもありました。
Keisei20180520_35
旧成田空港駅時代も、現在もやってくる電車が少ないことには違いません。こんな機会でもないとなかなか来ない駅です。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(6)

今日は使えませんでしたけど、エスカレータもあったのですね。
Keisei20180520_26

車内トイレの案内です。手書きで「ニュースカイライナー」の文字があります。
Keisei20180520_28
AE100形が運行を始めたのは1990年6月ですから、やはり9ヶ月ほどはこの旧成田空港駅にやってきたのですね。

Keisei20180520_27
乗務員控え室の前に小さな水道がありました。そして、その下にはひしゃくが1つ置かれていました。

ホームの車止めです。
Keisei20180520_29
このホームや線路は、電留線としてつかわれていますから、現在でも生きてはいます。

その車止めの後ろにはいろいろなものが置かれていました。
Keisei20180520_30
この少年ジャンプは、いつのものでしょうね。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(5)

ホーム全体の様子です。終了時間間近でも、見学者がけっこういます。
Keisei20180520_21
そんなこともあって、なかなかホーム全幅を入れて撮るのはむずかしいです。

成田方を見てみます。こんな機会でないと見られないですからね。
Keisei20180520_22
レールの踏面は光っています。このホームも普段は電留線として使われているのだそうです。

東成田駅のホームに下り電車がやってきました。
Keisei20180520_23
なかなか暗くて、電車が止まるようには撮れませんでした。

Keisei20180520_24
ここの駅名標には、ちばぎんの広告が残っていました。

旧成田空港駅当時の時刻表が残っていました。
Keisei20180520_25
だいたい40分に1本だったのですね。文字が薄くなっていますけど、7:52と8:40にモーニングの文字があります。朝の2本はAE車を使った「モーニングライナー」だったのですね。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(4)

天井から下がる駅名標も、成田空港のままでした。
Keisei20180520_16

壁面の広告も、当時のままのようです。
Keisei20180520_17
上野といえば、パンダなんですよね。

京成ですが東武の広告です。新型特急スペーシアの広告ですね。
Keisei20180520_18
スペーシアが営業を開始したのが1990年6月、旧成田空港駅が現東成田駅になったのが1991年3月のこと。この広告を実際に生きている駅で目にできたのは、わずか9ヶ月くらいのことなのでしょう。

こんな広告看板もありました。
Keisei20180520_19
「ようこそ日本へ。」と「またお逢いしましょう。」の2つを各国語で書いたものです。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(3)

茂原から再び東成田駅に戻ったは、16:20のことでした。最終入場は16:30ですから、そのギリギリに戻ってきたのです。
Keisei20180520_11
コンコースの人はまばらになりました。このポスターもじっくり撮れました。

しかも、こんな貼り紙がありました。
Keisei20180520_12
入場希望者が多く、ポストカードがなくても入場券を買えば入れるようになったのですね。

今日だけ開いたフェンスを通って、薄暗い区域へ入ります。
Keisei20180520_13
かつては、ここがメインの改札から入った場所だったのでしょうね。

普段は明かりも点かない旧スカイライナー専用ホームへ降ります。
Keisei20180520_14
頭上のピクトサインは、初代AE形の正面でしょうね。

ホームの降ります。ここは今日だけ蛍光灯が灯る明るい世界になっていました。
Keisei20180520_15
このホームの壁面の駅名標、東成田ではなく成田空港のままでした。

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

旧スカイライナーホーム見学会(2)

入場券がわりとなるポストカードの配布は10時から1000枚とのこと。午前中に行けば大丈夫だろうとふんだのですが、なんと大行列です。
Keisei20180520_06
でも、これはポストカードをもらう人と、入場する人の列の2つあることがわかりました。自分は、ポストカードをもらう方の列に並びます。

Narita20180520_10
これが、並んでもらえた旧スカイライナーホーム見学会入場用のポストカードです。

しかし、入場は大渋滞。ホーム内が混雑にならないように、人数をカウントしながら入れているようです。これは、今から入場していたら、用事のある時間までに茂原に戻れそうにありません。係の方に尋ねると、ポストカードを持っていれば16:30の入場締め切り時間までにくれば、いつでも有効とのこと。それでは、幼児が終わってから出直しましょう。さいわい「休日おでかけパス」で来ていますから、何往復しても大丈夫ですし。
Keisei20180520_07
駅コンコースの撮影もしたいのですが、とにかく人多すぎです。とりあえず、東成田駅の地上出口です。

この階段は、今は使われていません。
Narita20180520_08
かつては、スカイライナー専用改札からこの階段を上がって、ターミナルビル送迎バスに乗り換えたのでしょうね。その当時のことは知らないので、あくまで想像ですけど。

東成田駅と空港第2ビル駅は、連絡通路で結ばれています。その連絡通路を歩いて、空港第2ビル駅へ向かいました。
Narita20180520_09
「休日おでかけパス」を持っているので、なるべくJRを利用しようということです。空港第2ビル11:01の快速に乗って千葉へ。そこから外房線に乗り換えて、いったん茂原へ戻り用事を済ませてくることにしました。

| | コメント (0)

旧スカイライナーホーム見学会(1)

2018年5月20日(日)。今日は、京成東成田駅の旧スカイライナー専用ホームの見学会があります。茂原で13時過ぎに用事があるのですが、見学だけなら午前中で終わるだろうからと行ってみることにしました。

茂原から成田空港往復なら、ほぼ同じだからと「休日おでかけパス」を購入しました。
Sotobo20180520_01

茂原8:54の普通電車で蘇我へ。蘇我から先発する総武快速に乗り換えて千葉へ。千葉では放送案内には出てこない2分接続の成田線の普通成田行きに乗り継いで10:07に成田に着きました。
Narita20180520_02
駅前のバスロータリーには、JRバス関東がやっている定期観光バス「ウエルカム成田セレクトバスツアー」の車両が来ていました。

バスロータリーの先の信号を渡って、京成成田駅へ向かいます。
Keisei20180520_03
京成成田10:32の芝山千代田行きに乗って、会場の東成田駅へ向かいます。

成田止まりの電車がやってきました。
Keisei20180520_04

これが折り返し、京成成田始発の芝山千代田行きになりました。
Keisei20180520_05
これに乗って、ひと駅、東成田駅へ向かいます。

| | コメント (0)

5月19日の食

2018年5月19日(日)。今日は牛久線です。

昨日と同じ車で牛久線に来てます。
Kominato20180519_06
牛久線は、牛久駅~市原鶴舞バスターミナルの区間便もあります。

市原鶴舞バスターミナルの有料駐車場はしばらく閉鎖中です。
Turumai20180519_07
区画を増やす工事中だそうで、今まではすべてフェンスに垂直に駐車区域が引かれていましたが、ずいぶん変わるようです。1台分の幅も少し狭くなったのかな。

ターミナルの目の前にミニストップがあります。だから、休憩時間につい足が向いてしまいます。
Ministop20180519_08
まだ食べてない榮太郎總本舗の監修品が売ってました。

いけない、毎日甘いものを食べては・・・。
Ministop20180519_09
欲を言えば、もう少し粒あん増量して欲しいです。

| | コメント (0)

5月19日のテツ

2018年5月19日(土)。今日は牛久線、休憩時間がちょうど「里山トロッコ1号」の発車時刻でした。

下り方への発車は2番線と3番線からしかできません。しかしながら、下り列車は基本的に2番線からの発車です。
Kominato20180519_01
まだ接続列車が着かないので、それほど乗客はいません。

何か点検でしょうか。
Kominato20180519_02
ニセ蒸気がでないのかな。

里山トロッコの撮りどころは客車だと思っています。
Kominato20180519_04
ヘッドマークの上部が本物の花瓶になっています。季節毎の生花が飾られるのです。だから、写真を見るといつ頃撮った写真かわかるのです。

そうしているうちに接続の牛久止まりがやってきました。
Kominato20180519_03

まだ休憩時間があるので、踏切まで行って撮ってみます。
Kominato20180519_05
やっぱりゴールデンウィーク後の曇り空なのか、それほど乗客は多くないようでした。

| | コメント (0)

5月18日のテツ

2018年5月18日(金)。今日は一宮線なので、お昼前に4時間ほど休憩時間があります。

休憩が終わる少し前に1枚撮りました。
Isumi300_20180518_01
今日は曇り空なので、空が入るここはあまりよい撮影場所ではないですけどね。上り516Dです。

ちなみに一宮海岸バス停のある広場も曇りです。
Kominato20180518_02

この一宮線、3月まで勤めていた職場の生徒たちが数名通学で乗ってくるのです。そのうち1人は、自分が副担任をやっていたクラスの生徒で、その生徒からメッセージ付きの差し入れをもらってしまいました。
Kominato20180518_03
勝手に辞めて転職してしまったのに、なんだか申し訳ないなぁ。でも、ありがたくいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

5月17日の食

2018年5月17日(木)。今日も仕事帰りに、ミニストップに寄ってしまいました。

夜だと、残っているスイーツも少ないのです。狙いは榮太郎總本舗の監修品。今日は「和パフェつぶあん&黒みつムース」です。
Ministop20180517_01

これが断面図です。
Ministop20180517_02

家に帰って開けて食べました。
Ministop20180517_03
やっぱり、あんこはいいですよ。

| | コメント (0)

5月16日のテツと食

2018年5月16日(水)。デイケア輸送は10時過ぎに終わって、シャトル後半は14時過ぎから。長い昼休みに休憩と食事です。

上総東駅に寄り道しました。
Isumi_kiha20_20180516_01
大原行き512Dです。今日はキハ201303でした。

今日はいすみシャトルが代車です。
Kominato20180516_02
いすゞの専用車から日野の幕車になりました。LED車だとシャトルの方向幕データがあるのですけど、幕車はないのでステッカーで表示です。

ちなみに、シャトルの時の夕食は、車内で済ませます。
Kominato20180516_03
今日はファミマの「こま坦々風雑穀ボウルサラダ」にしました。

22:30過ぎに車庫を出て自宅へ向かいます。疲れるとね、どうしても甘いものに釣られてしまうのです。
Ministop20180516_04
ミニストップが榮太郎總本舗監修のつぶあん商品を限定で出しているのです。今日は黒みつモンブランを買ってしまいました。ああ、あんこおいしいです。

| | コメント (0)

今週のお仕事

2018年5月14日(月)から20日(日)までのお仕事です。

14日(月)おやすみ
15日(火)一宮線 日野 フィンガー
16日(水)デイケア+シャトル後半 日野 フィンガー
17日(木)循環外回り ポンチョ
18日(金)一宮線 日野 フィンガー
19日(土)牛久線 日野 フィンガー
20日(日)おやすみ

今週はポンチョを含めて、日野のフィンガーシフトの車ばかりでしたから。それぞれ個性はありますけど、なんとかなったかなあ。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

今日はひとりで一宮

2018年5月15日(月)。今日はひとりで一宮です。

まだ朝4:40です。でも、この時期はすでに明るいです。
Choja20180515_01
明るいだけじゃなく、こいつがキンキン鳴き叫ぶので目が覚めてしまうのです。そんなに朝早くから、縄張り主張するなよな。

一宮線は、朝1往復終わると昼過ぎまで4時間ほど休憩です。
Isumi350_20180515_02
上り12Dです。朝の通学輸送の続きで、大多喜まで2両編成です。今日はめずらしくトイレなしの2連でした。

12Dを引き継ぐ512Dを第二五之町踏切付近で撮ります。
Isumi350_20180515_03
12Dから1両切り離した単行でやってきました。

一宮線は、一宮海岸線も担当します。一宮海岸発が早朝の1便、一宮海岸着が午後の2便。どちらも片道は回送なので、地元の方でないと乗りづらい路線です。
Kominato20180515_04
午後1便目で到着したところです。2便目への回送まで、しばし一宮海岸バス停で待機です。一宮の街中は道が狭かったり一方通行があったりと、とにかく神経を使います。1日の運転距離は短いのですが、とにかく精神的に疲れる気がします。

| | コメント (0)

ゆっくりお休みの日曜日

2018年5月14日(日)。今日は1日おやすみです。日用品の買い物に行ったくらいで、1日ゆっくり過ごしました。

| | コメント (0)

2018年5月13日のテツ

2018年5月13日(月)。今朝の6:20頃、自宅の雨戸を開けて風景です。

田植えの終わった水田にカモが泳いでました。
Choja20180513_01
もちろん、エサをさがしながらですけどね。

今日も牛久線の見習いです。今日の休憩時間も、「里山トロッコ91号」の発車時間と重なりました。
Kominato20180513_02
昨日よりは乗客が少なそうでした。

Kominato20180513_03
ダミーの湯気が上がって、まもなく発車時刻です。

ちなみにこれが今日見習いで乗っている車
Kominato20180513_04
毎日変わるので、その癖を覚えるのが大変です。

| | コメント (0)

2018年5月12日のテツ

2018年5月12日(土)。今日は牛久線の見習いです。今日もテツ写真は何枚か撮りました。

牛久での休憩時間に、ちょうど「里山トロッコ91号」の発車時間です。
Kominato20180512_01
朝早い列車ですが、そこそこ賑わってますね。

Kominato20180512_02
ディーゼル機関車ですから、湯気なんてでないのですけど、SLっぽく見せるため、ダミーの湯気が出るのです。でも、これだけで雰囲気が盛り上がるのです。

ちなみに、今日見習いで乗っているのがこれです。
Kominato20180512_03
日産ディーゼルシャーシに西工車体のバスです。

仕事が終わって、帰りがけにいすみ鉄道国吉駅に寄りました。まだ暮れきってはいない国吉駅です。
Isumi_kiha20_20180512_04
19:03の上り70Dがやってきました。キハ201303でした。

| | コメント (0)

行きがけのい鉄撮影

2018年5月10日(木)。行きがけに四之町踏切の近くの水田に寄ります。

上り初便の2Dを撮ります。
Isumi300_20180510_01
鏡のような水面に青空と雲が映るようにと思ったのですが、撮ってみると雲が多すぎて水が青くならなかったですね。

2018年5月11日(金)。今朝は上総中川駅西側へ寄り道します。

昨日同様、上り初便の2Dを撮ります。
Isumi_kiha20_20180511_01
日向と日陰の差が大きく、車体は露出オーバーになってしまいました。足下の白い花をもっと強調したかったのですけどね。

この日は日中に休憩時間が4時間ほどあります。その時間を利用して、茂原線の浜町バス停近くにあるろうきんに行きました。事前に連絡しておいた住宅ローンの一括編成の手続きを済ませます。前職の退職金がでたので、これできれいさっぱり借金返済です。

| | コメント (0)

1週間は連続でお仕事です

2018年5月7日(月)~13日(日)は、1週間連続でお仕事です。初めて、フロアシフトのバスを運転したりと、なかなかうまくいかないこともあった1週間でした。

7日(月)循環内回り ポンチョ
8日(火)一宮線(見習い)ふそう フロアシフト
9日(水)シャトル・病院 いすゞ フィンガー
10日(木)循環外回り ポンチョ
11日(金)一宮線(見習い)ふそう フロアシフト
12日(土)牛久線(見習い)UD+西工 フィンガー
13日(日)牛久線(見習い)日野 フィンガー

こんな感じでした。いろいろな車を運転できるのは楽しいといえば楽しいのですけど。1台1台、みんな癖が違うから、それを覚えるまでが大変です。

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

東京いろいろ乗り物おでかけ(14)

バラの花と8505です。
Toei20180506_66
自分がいちばん都電に乗っていたころは、7000形と7500形ばかりでしたからね。今のようにいろいろな形やデザインが来るのは楽しいです。

Toei20180506_67
写真額を持っているので、これ以上動き回らずに帰ることにします。

三ノ輪から南千住まで歩いて、JRに乗って帰ります。「休日おでかけパス」を持っていますしね。
Joban20180506_63
ホームで、先ほど買ったパンのうち、ハンバーガーを開けて食べてしまいました。開けた瞬間、なつかしいパンの香りがしました。

乗車するのは17:10の品川行きです。
Joban20180506_64
グリーン車マークがないので、E231系の15両編成でしょう。これに乗って東京まで行きます。東京18:00の特急「わかしお15号」に乗って、いつもよりは早めの帰路につきます。写真額という荷物もありますから。京葉線が強風で徐行運転をしたので、茂原には10分ほど遅れて19:04の到着でした。

それから、今日のいただきもので、いちばんうれしかったのがコレです。
Yuru_tetsu20180506_65
ゆる鉄画廊の硬券記念入場券。39円はもちろんサンキューの意味で、実際はお買い物していただきました。ちゃんとダッチングマシンで今日の日付も入れてくれました。やっぱり、オフィシャルなお土産はうれしいですよ。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(13)

中井先生お勧めの「パンのオオムラ」でいくつかパンを買って歩いていきます。せっかく三ノ輪橋まで来たので、帰る前に少し都電を撮っていきましょう。
Toei20180506_61
なんと、ちょうどレトロ車両9001がやってくるではないですか。

三ノ輪橋下車ホームに停まる9001です。
Toei20180506_62
愛称版がついてますね。「都電バラ号」と書いてあります。

三ノ輪橋乗車ホームに停まる9001です。
Toei20180506_63
こちら側は、違った図柄の愛称版が入っていました。

Toei20180506_64
三ノ輪橋のバラの花とバラ号です。

次にやってきたのは8505です。
Toei20180506_65
小さなバラの花壇の前を通って、乗車ホームへ向かいます。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(12)

大関横町バス停で都営バスを降りて、都電三ノ輪橋駅前を通って、向かったのはジョイフル三ノ輪商店街です。
Yuru_tetsu20180506_56
この5月3日に開店した中井精也先生の「ゆる鉄画廊」に来たのです。

開店記念のお花がたくさん飾られています。
Yuru_tetsu20180506_57
中井先生のパネルもありました。

ギャラリー内はお連れ様も入店可なんですね。
Yuru_tetsu20180506_58
自分は、今日はひとりですけどね。

ギャラリー内はこんな感じです。
Yuru_tetsu20180506_59
いつもの展示会同様、撮影は可だそうです。それから、壁の額はすべて1つ1万円(税別)で買えます。

前回は、あゆみギャラリーでの即売会の時に、きみちゃんの塗りパネルを買いました。今回も、開店記念に1枚買いましょう。最初からそのつもりで来たのですから。
Yuru_tetsu20180506_60
今回は、高滝駅のネコ写真です。中井先生も在廊で写真の裏にサインもいただきました。夢は自宅に中井先生のネコ鉄写真を集めて「ニャかい精也展示コーナー」を作ることです。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(11)

拝島駅からは西武線で高田馬場駅へ向かいます。これも久しぶりに乗って、駅奪取しようという計画なのです。
Seibu20180506_51
それに気になっていたのは、この西武線を横切る線路です。錆具合からして、頻繁ではないけれども使用中の線路のようです。

ズームして撮ってみると、ノーズ可動式の立派なクロスです。
Seibu20180506_52
調べてみると、JR貨物が管理する米軍横田基地への燃料輸送線なのだそうです。週に数回は輸送があるらしいです。

拝島から西武新宿直通の急行電車に乗っていきます。
Seibu20180506_53
これで、高田馬場までの駅奪取未達成駅を奪取していくつもりだったのですが、途中で睡魔に負けてしまいました。小平から先のかなりの駅が未奪取のまま残ってしまいました。

高田馬場からは山手線に乗り換えて西日暮里で降ります。
Toei20180506_54
ここから浅草寿町行きの都営バスに乗って、大関横町バス停まで行きました。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(10)

中央線のガードをくぐり吉祥寺駅北口に回ると、周りのバスは西武バスと関東バスに変わりました。
Kanto_bus20180506_46

そんな北口がこの高速バスの終点でした。
Kanto_bus20180506_47
周りは路線バスだらけ。2階建てバスをキレイに撮るスペースはありませんでした。

バスの正面、前ドア寄りにはこんな特製の表示がありました。
Kanto_bus20180506_48
高井戸駅前での下車もなかったからか、定刻13:05到着のところ12:42と20分以上の早着となりました。

早く着いたのならそのまま進もうと、中央線の改札を入り12:51の八王子行きに乗りました。八王子駅構内のいろり庵で簡単に昼食を済ませて、久しぶりに八高線に乗車します。
Hachiko20180506_48
13:48の川越行きに乗り東福生で降ります。八王子~東福生間は、駅奪取できていない駅がけっこうあるので、奪取しながら拝島へ向かいます。

八王子行きがやってきました。
Hachiko20180506_49
先ほど乗ったのが209系3000番台、この電車が205系3000番台です。どちらも、このブログを書いている時点では、引退している編成ですね。この八王子行きに乗って拝島へ戻ります。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(9)

首都高速4号線を走って行きます。
Kanto_bus20180506_41
外苑出口ということは、右に見えるのは信濃町駅でしょう。

Kanto_bus20180506_42
千駄ヶ谷駅前を過ぎて、右手にNTTドコモ代々木ビルが見えてきました。

Kanto_bus20180506_43
高井戸出口で書と高速を下ります。

下車バス停に京王井の頭線の高井戸駅前があります。
Kanto_bus20180506_44
下車希望がなく、この日は通過しました。

吉祥寺駅が近づいていきました。
Kanto_bus20180506_45
すれ違う路線バスは、圧倒的に小田急バスが多いです。

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

東京いろいろ乗り物おでかけ(8)

レインボーブリッジを渡った芝浦側はループ状になっています。
Kanto_bus20180506_36
そのループを走るゆりかもめを車窓から見ることができました。

その先では、左手に東京タワーが見えました。
Kanto_bus20180506_37

そして、右手には晴海のターミナルの向こうに東京スカイツリーが見えます.
Kanto_bus20180506_38
ほぼ同じ地点で、2つのタワーをみることができるとは思いませんでした。

更にその先では、左手に東京モノレールが見えました。
Kanto_bus20180506_39
もちろん、東京タワーも見えますけど。ゆりかもめと東京モノレール、2つとも見ることができました。

やがて左に進路を変えます。
Kanto_bus20180506_40
東京タワーの近くを通過していきました。やっぱり正面からの景色を眺められる2階建てバスの最前部は楽しいですね。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(7)

国際展示場駅を発車して、左手に東京ビッグサイトを見ながら走ります。
Kanto_bus20180506_31

首都高速の入口を目指します。
Kanto_bus20180506_32

台場入口から首都高に入ります。
Kanto_bus20180506_33
この先はレイボーブリッジです。首都高速に入ったので、レインボーブリッジは上段の自動車道を走っていきます。

Kanto_bus20180506_34
先ほど正面に見えたフジテレビが左手に見えます。

Kanto_bus20180506_35
さあ、お台場を後にして、武蔵野の吉祥寺を目指します。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(6)

ホテルの玄関のひさしが2階席から見るともう目の前です。ぶつからないことがわかっていても、ちょっと怖い感じです。
Kanto_bus20180506_26
前を走る京急のリムジンバスが小さく見えます。実物はけっこう大きいのですけどね。

二階の玄関から一般道へのアプローチがまた怖いです。
Kanto_bus20180506_27
直線ではなく右カーブですからね。

Kanto_bus20180506_28
ゆりかもめを見ながらお台場を走ります。

次のバス停はヴィーナスフォートです。ここもぶつかりそうなひさしの下にバス停があります。
Kanto_bus20180506_29
路線タイプのバスを使った、無料巡回バス「東京ベイシャトル」がとても小さく感じます。

そして、お台場地区最後のバス停が国際展示場駅です。
Kanto_bus20180506_30
ここはのりばが駅前ロータリー、屋根やひさしのないバス停でホッとします。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(5)

いつもと違う2階建てバスということで、乗車時に運賃を払って乗車券を受け取ってから2階席へ行くのだそうです。
Kanto_bus20180506_21
こんな、日付まで印刷されている乗車券が渡されました。

前に並んでいた幼児連れの親子は当然一番前へ行きました。自分が乗車券を買って同じく一番前へ向かいます。「子どもさんは1席使われますか」とたずねると「ひざの上に載せますから、どうぞ」といってくれました。
Kanto_bus20180506_22
そんなわけで、左側の最前列に座って、吉祥寺駅まで行けることになりました。

Kanto_bus20180506_23
先ほど歩いた、東京湾岸署の前を通ります。その先で右折していきます。

Kanto_bus20180506_24
こうやって見てみると、2階席はやっぱり高いなと感じます。

次のバス停は、グランドニッコー東京台場です。
Kanto_bus20180506_25
道路上ではなく、ホテルの玄関まであがるのですね。こんな大きなバスがちゃんと走れるのですか。乗っているだけなのに、手に汗握る感じです。

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

東京いろいろ乗り物おでかけ(4)

大江戸温泉物語のバス停からは、ゆりかもめのテレコムセンター駅から発車してくる列車がよく見えます。
Odaiba20180506_16
観察していると、いつのまにか新型車両ばかりになってしまったようです。

大江戸温泉物語の送迎バスも度々やってきます。
Odaiba20180506_17
送迎バスの乗降場は玄関前にあります。大きなひさしの下で停まります。

ようやく旧型車両がやってきました。
Odaiba20180506_18
26編成ですね。

立て続けに旧型車両がやってきました。
Odaiba20180506_19
今度は23編成ですね。旧型車両は、あと何編成残ってるのでしょうね。

大江戸温泉物語のひさしの下に、ようやく吉祥寺行きの高速バスがやってきました。
Odaiba20180506_20
先客は幼児を連れた若いご夫婦、自分は4番目です。その後も10人程度の列ができています。

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

東京いろいろ乗り物おでかけ(3)

船の科学館を前にして、東京湾岸署の左に曲がって海沿いの道を行きます。
Odaiba20180506_11
船の科学館の本館は、公開は終わってしまいましたが、施設としてはまだ使われています。

しばらく行くと、あの2階建てバスが停まっていました。
Odaiba20180506_12
乗客を降ろして、次の発車まで待機しているようです。

Odaiba20180506_13
まだLEDはお台場になっていました。

ぐるっと回って、大江戸温泉物語お台場の正面玄関を過ぎたところに、バスのりばがありました。
Odaiba20180506_14
湾岸スタジオの前を通って、ゆりかもめのテレコムセンター駅方面から来た方が、バス停には近かったのですね。それにしても、ここからはいろいろな方面のバスが出ているのですね。知りませんでした。

Odaiba20180506_15
乗車するバスは11:25の吉祥寺駅行きです。ゴールデンウィーク中の7日間だけ、2階建てバスで運行のお知らせが貼ってあります。5月6日、今日が運行最終日なのです。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(2)

東京テレポート駅を出ると、ロータリーに都営バスと水陸両用バスが来ていました。
Odaiba20180506_06
そうか、お台場の水陸両用バスツアーがあったのか。これも乗りたかったな。船でもあるバスなので、客室は2階建てバスのように高い位置にあります。

タラップを下ろして、乗車が始まっているようです。
Odaiba20180506_07
後部デッキのタラップから乗車(乗船)するなんて、本当に船のようですよね。楽しい乗り物です。

目指すのは大江戸温泉物語お台場です。まだ時間もあるし、歩いていきます。目的は入浴ではないですから。
Odaiba20180506_08
ダイバシティの向こうにフジテレビ社屋が見えます。

フジテレビ湾岸スタジオの脇を通って、船の科学館の方へ向かいます。
Odaiba20180506_09

すると、今日の目的の1つが走って行きました。
Odaiba20180506_10
関東バスの高速バスです。吉祥寺~お台場線に、ゴールデンウィーク中だけ2階建てバスを運行しているのです。この折り返し便に乗って吉祥寺まで行こうと考えていたのです。できれば一番前に座って景色を眺めたいと早めに来たつもりでしたが、バスの到着の方が早そうです。困ったな。

| | コメント (0)

東京いろいろ乗り物おでかけ(1)

2018年5月6日(日)。今日は仕事は休みです。家でゆっくりしてもいいのですが、やっぱりゴールデンウィークです。このときだけの特別なものには、どうしても行きたくなってしまいます。

自宅から上総一ノ宮駅近くのコインパーキングまで自家用車で行きます。
Sotobo20180506_01
上総一ノ宮8:33の特急「わかしお4号」で東京に向かいます。

休日おでかけパスは、昨日の勤務の休憩時間に茂原駅で買っておきました。
Sotobo20180506_02
上総一ノ宮から茂原までの乗車券を券売機で買います。

それに続けて、東京までの自由席特急券も券売機で買います。
Sotobo20180506_03
乗車券の券番が0452、自由席特急券が10453。小さな乗車券だと、5桁目が省略されてしまうのですね。何度も買っているはずなのに、気づきませんでした。

「わかしお4号」で東京に着くと、そのまま京葉線に乗って新木場まで折り返します。
Keiyo20180506_04

新木場からりんかい線に乗り換えます。りんかい線でも「休日おでかけパス」が使えますから。
Rinkai20180506_05
9:59の大崎行きに乗って東京テレポート駅に向かいます。

| | コメント (0)

今日は1日いすみシャトルでした

2018年5月5日(土・祝)。今日はいすみシャトルの1日通し乗務です。この会社、勤務時間としては出庫20分前から入庫予定時刻の10分後までとなっています。今日の勤務は6:10~22:10の16時間ちょうどという長丁場なのです。

来月が夏至ですから、もう朝は早くから明るいです。
Isumi300_20180505_01
晴れて気持ちよい朝なので、少し早めに家を出て四之町踏切近くの田んぼへいきました。風もなく田植えの終わった水田に、上り初便50Dの水鏡ができました。

いすみシャトルは、いすみ市のバスです。
Isumi_shutle20180505_02
同じ車両が、都自動車、HMC東京、小湊鉄道と担当会社が変わっても引き継がれてきました。

Isumi_shutle20180505_03
さあ、がんばりましょう。あと片道1本運転すれば、今日の仕事は無事に終わります。まだ、どの時間に休憩(睡眠)をとったり、どの時間に食事にすればいいのか、まだまだ1日の自分なりのリズムの組み立てができません。そこが少々つらいところです。先輩からは慣れだよと言われます。どれくらいやれば慣れるのかな。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

今日は1日デイケアバスでした

2018年5月4日(金・祝)。今日は仕事です。午前・午後ともデイケアバスの運転です。ですから日中はずっと休憩時間です。

せっかくだから、大多喜城の下の道に行きました。ここからなら、午後の鉄橋が順光で撮れますから。
Isumi_kiha28_20180504_01
急行4号が鉄橋を渡ります。残念なのは、ここからだと1両分しか入らないことです。

続いて、急行4号と大多喜で行き違う下り63Dが鉄橋を渡ります。
Isumi350_20180504_02
ゴールデンウィーク中ということもあり、いすみ350形といすみ300形の2両編成でした。

仕事の方は、まだ慣れないことも多いです。とくにデイケアバス送迎は毎回違う利用者さんのお宅敷地内まで行くような形です。あまり広くない敷地内で、どのように切り返してでてくるか、毎回パズルを解くようで悩んでしまうことがありますから。

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(10)

犬吠駅の改札を出て、駅前に停めたおいた自家用車で移動します。銚子電鉄乗車はここまでにしておきます。
Choden20180503_46
向かったのは、ハーブガーデンポケット。いつもは笠上黒生駅か西海鹿島駅から歩くのですが、今回初めて来るまで行きました。

ちょっと遅めの昼食です。このペペロンチーノにしました。
Choden20180503_47

ここで食事するからには、ハーブサラダとハーブティーもつけました。
Choden20180503_48
パスタもサラダもおいしかったです。

その後、イオンシネマ銚子に向かいます。行きがけにチケットを買っておいたのです。
Choden20180503_49
やっぱりゴールデンウィークはコナンを見ないとね。

映画を見てから、まだやっている時間だからとぬれ煎餅駅に寄りました。
Choden20180503_50
2015年ゴールデンウィークのときは、ここに寄ったらタマ伸也さんのCDを売っていたんです。それなら今年は小象さんのCDがあるかなと期待したのですけど。今年は見当たらなかったです。いつものように、ぬれ煎餅の甘口はねだしとあられ類をたくさん買って自宅へ向かいました。

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(9)

海鹿島駅に停まり、ドアが開きます。
Choden20180503_41
ホームにあった関東最東端の駅の碑が抜かれてますね。何かあったのでしょうか。

次の君ヶ浜駅に停まり、ドアが開きます。
Choden20180503_42
君ヶ浜駅はスポンサーは同じですが、ネーミングライツが変更になりましたし、海鹿島駅はスポンサーも変わりました。銚子電鉄のネーミングライツは、けっこう頻繁に変わるので、この前来たときは何という名前だったっけと、思い出せないことがけっこうあります。

終点の外川まで乗り、折り返し外川13:58の3843号に乗って、自家用車を停めてある犬吠駅で降りました。
Choden20180503_43
竹本社長さん、今日1日6往復すべての3843号を担当するようです。

Choden20180503_44
社員の方も手を振って、竹本社長運転の3843号を見送っていました。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(8)

外川方の先頭で、何かやっているようですね。
Choden20180503_36

行ってみると、運転席側からミニヘッドマークを取り付けていました。
Choden20180503_37
銚子13:33の3843号に乗って、今度は全線乗り通してみます。

笠上黒生駅で定期電車と行き違いです。
Choden20180503_38

下り電車が先着後発なので、並びを撮るくらいの時間はありました。
Choden20180503_39

そういえば、今度の西海鹿島駅のネーミングライツは、個人が買ったのですよね。
Choden20180503_40
たしかに、個人名が入っていますね。

| | コメント (0)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(7)

観音駅に戻りました。やってくる3843号を撮ろうと、ホームから踏切の方を見ると、ちょうどネコさんが渡ろうっとしていました。
Choden20180503_31

大丈夫かなと見ていたら、渡らずに座り込んでしまいました。
Choden20180503_32
もうすぐ電車が来るのに、そこは危ないぞとおもっていたら、その後、車が通過した後には消えていました。車にびっくりして逃げたようです。

その後、無事に銚子行きの3843号がやってきました。
Choden20180503_33
これに乗って、再び銚子駅へ向かいます。

2002編成は両側に外川つくしのヘッドマークがありました。
Choden20180503_34
残念ながら、3843号の外川方にはヘッドマークがありません。

小象さん、今日はずっと3843号に乗車されているようです。
Choden20180503_35
「お写真撮らせていただいていいですか。それからブログに載せてもいいですか」。どちらもOKをいただいて、スケートセンターのポスターの下で撮らせていただきました。でも、実際にブログに載せるまで2年もかかってしまいました。ゴメンなさい。

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(6)

本銚子から乗った電車を、ひと駅観音で降ります。
Choden20180503_26
こちら側にも、外川つくしのヘッドマークがありました。

観音駅で降りて、飯沼観音へ向かいます。
Choden20180503_27
観音様の境内を抜けて向かった先は、今川焼きのさのやです。

今日は今川焼きではなく、今川焼きに使うあんこを使った氷あずきです。
Choden20180503_28
今川焼きのあずきあんに氷、その上から透明な蜜をかけてあります。これがおいしいのです。

食べ終わると、観音様の境内にいるネコ探しです。
Choden20180503_29
今日は暑いのでザラザラの砂の上に落ちてました。焦げ茶の黒ネコが。

駐車場を闊歩しているネコさんもいました。
Choden20180503_30
飯沼観音に来ると、ほぼネコさんに会えるのが楽しみなのです。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(5)

まだ12:22の発車まで少し時間があるとのことで、小象さんが「スケートセンター」を歌ってくれることになりました。
Choden20180503_21
なんとも笑わずに聴くのが難しい曲です。小6の時に行ったスケートセンターで膝小僧の骨折した。そうしたら、母のみならず仕事から戻った父や、翌日行った医者、夢に出てきたピンクレディーのミーにまで「おまえは魚を食べないから骨が折れるんだ」と怒られたという内容なのです。竹本社長さんが大好きな曲だそうで。いや、一気に車内の雰囲気が明るくなりました。

銚子12:22の3843号に乗って、今度は本銚子で降りました。
Choden20180503_23
緑のトンネルを去りゆく3843号を撮ります。

隣の笠上黒生駅で交換してくる定期電車を待ちます。
Choden20180503_24
新しくなった駅舎をちょっとだけ撮影です。

今日の定期電車は2002編成でした。
Choden20180503_25
鉄道むすめ「外川つくし」の誕生日ヘッドマークが着いていました。

| | コメント (0)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(4)

外川から銚子への車内では、小象さんの弾き語りが続きます。
Choden20180503_16
サバヨミ号なので、ところどころでお客さんへの突っ込みが入ります。「おいくつ?」。もちろん、サバを読んで答えなければいけません。「ハイ、二十歳です」とか。

銚子駅に到着しました。
Choden20180503_17
ここでも運転士の竹本社長さんが、ぬれせんべいをも手にしてのミニトークです。

その後、車内に移って、発車時刻まで竹本社長と小象さんのかけあいDJです。
Choden20180503_18
ところが「あれっ、おかしいな」と中吊りがおかしいことに気づきました。2枚続きものの中吊りが構成を考えずにバラバラに貼られていたのです。

そこで、発車までの時間に中吊り大移動大会が始まりました。
Choden20180503_19
これは、この隣だよね。みたいにお客さんも手伝って、ちゃんと読めるように組み合わせを考えて場所を変えます。

無事に発車までに中吊りが読めるように配置換えできました。
Choden20180503_20
運転初日ならではの、ちょっと楽しいトラブルといえましょう。

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(3)

竹本社長さんお勧めの小象さんの作品だそうです。
Choden20180503_11
「スケートセンター」、3843号に1日乗っていれば、聴く機会がありそうです。

中吊りはすべて3843号仕様です。DJといよりは駄洒落ですよね。
Choden20180503_12
「S・A・B・A サバー♪」これなんだと思いましたが、下に「はなわさん、勝手にパクってごめんなさい」の文字を見てわかりました。

Choden20180503_13
個人的にはこれがいちばん気に入ったフレーズです。「長いものにはマッカレル。」サバはあんまり長いのないけどね。

Choden20180503_14
鯖っていう字で遊んじゃうんですから。「乗って楽しい日本一のエンタメ鉄道」は、嘘じゃないですよ。

車内確認用のミラーに映った竹本社長さんです。
Choden20180503_15
社長業やりながら運転士もやるんですから。やっぱりスゴいですよね。

| | コメント (0)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(2)

外川駅に着くと、必ずといっていいほどカメラを向けてしまう光景です。
Choden20180503_06
801号が動く日が再び来るといいのですが。

待合室の様子です。
Choden20180503_07
いつのまにか、シャッター付きの売店コーナーができていました。

今日の3843号は、定期列車の裏筋を使った臨時列車です。
Choden20180503_08
行先表示器も「臨時」を出していました。

銚子方の運転席の後ろです。
Choden20180503_09
DJ用の機器が設置されていました。

そして、銚子方にはヘッドマークがありました。
Choden20180503_10
サバのイラストと3843の文字が。運転士はもちろん竹本社長さんです。社長さんに露出を合わせたので、ちょっとオーバー気味ですけど。

| | コメント (0)

銚子電鉄3843(サバヨミ)号に乗りに行く(1)

2018年5月3日(木・祝)。今日は仕事がお休みです。今日から5月5日までの3日間、銚子電鉄では「3843(サバヨミ)号」という電車が運転されます。運転士は同社の竹本社長が担当し、停車時間には「DJ社長」として沿線案内をしてくれるそうです。プレスリリースにはDJに「※DJ=ドン引きする冗談の略」という注釈まで着いています。これは乗るしかないですよね。

自宅から自家用車で犬吠駅を目指します。駅前の駐車スペースに空きはあるかな。無事に空きがあり、ここに車を停めて半日、銚子電鉄と3843号を楽しむことにしました。

犬吠駅に外川行きの3843号がやってきました。
Choden20180503_01
まずはひと駅、終点の外川駅まで乗りましょう。

Choden20180503_02
運転士は予告通り、竹本社長です。

もうひと方、乗車されています。
Choden20180503_03
この方はというと、車内にポスターが貼ってあります。

Choden20180503_04
フォークシンガーの小象さんです。

終点の外川に到着しました。
Choden20180503_05
お客さんのリクエストに応えて、竹本社長のミニトークです。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

今日は朝のデイケアバスといすみシャトル後半でした

2018年5月2日(火)。今日は朝のデイケアバス運転と14時半から22時半まで、後半のいすみシャトルの運転です。

9時半過ぎにデイケアバスの運転を終わり、約5時間の長い休憩時間です。
Isumi_kiha20_20180502_01
上り14Dが大多喜駅南側の鉄橋を行きます。

その後、自家用車で中川の「かさや」まで昼食にでかけます。
Kasaya20180502_02
平日限定の日替わりランチ850円です。おかず4品に小鉢と漬物、ご飯に味噌汁がついてこの値段です。けっこう気に入っているのですが、日替わりは平日の11:30~14:00しかやっていないので、その時間に大多喜で休憩がある日はなかなかないのです。

とりあえず仕事の方は、この日の分はなんとかこなすことができました。

| | コメント (0)

今日はいすみシャトルの見習いでした

2018年4月30日(日)。今日はいすみシャトルの見習いです。全5往復のうち1~3便までの3往復の見習いでした。

今日はほとんど自分が運転です。ゴールデンウィーク中の日祝日には、市内循環バスは運行されません。この先のゴールデンウィーク中は、いすみシャトルをひとり乗務してもらうよということのようです。いすみ市内最後の停留所、工業団地入口と茂原駅の間は途中停留所ナシのシャトル便なので、停留所の数は少なく運転はしやすいのですけど、上り便はやっぱりダイヤがタイトです。鉄道接続時間もあるので、そこがどうしても気になってしまいます。

3便までなので、17:30に上がりになりました。帰りがけに、祭りの後の国吉駅に寄ってみました。
Isumi_kuniyosi20180430_01
奥の市営駐車場には、Kさんのボンネットバスが2台停まっていました。白とオレンジのボンネットバスだけ、昨日のうちに帰ったようです。

Isumi_kuniyosi20180430_02
後ろのパチンコABCの広告はまだ入ったままでした。

昨日は久しぶりに動いた動態保存のキハ30が今日は定位置に戻っていました。
Isumi_kuniyosi20180430_03
行き先は「茅ヶ崎-橋本」の相模線になっていました。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(13)

キハ編成の大多喜行き106Dが上総中野駅を発車します。
Isumi_kiha52_20180429_61
小湊鉄道ともども、16:25の同時発車です。

16:47に大多喜に到着です。
Isumi_kiha52_20180429_62
普通表示のキハ28を撮る人が大勢います。たしかに「快速」と「普通」はそれぞれ100Dと106Dの1日1回ずつしか撮る機会はないですからね。ども、キハ52に大多喜~上総中野~大多喜の最後の往復だけ「養老」のヘッドマークがついていたのをどれくらいの人が気づいたのかな。

駅下の町営駐車場から車を出して、自宅へ戻りました。今日は1日久しぶりにいすみ鉄道を満喫しました。

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

春のいすみ鉄道祭り(12)

急行5号が国吉駅を発車します。
Isumi_kuniyosi20180429_56
上りホームからいすみんが見送ってくれました。中身は誰だったんでしょう。

急行5号が終点の上総中野駅に到着しました。
Kominato20180429_57
接続になる小湊鉄道がやってきました。さすがゴールデンウィークです。いつもより長い3両編成です。

急行5号も大多喜からヘッドマークつきで運転されていました。
Isumi_kiha52_20180429_58
小湊鐵道と接続になるので、「養老」にしたそうです。

並びも撮っておきましょう。
Kominato20180429_59
キハ28にはヘッドマークはありませんでした。

Isumi_kiha28_20180429_60
急行5号の折り返し、普通列車大多喜行きに乗っていきます。

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

春のいすみ鉄道祭り(11)

まもなく急行5号の到着時刻です。本来は立入禁止のキハ30がいつもは停めてあるエリアが撮影エリアとして開放されました。
Isumi_kiha30_20180429_51
少し大原寄りに停められたキハ30とのコラボ写真が撮れるようにとの配慮なのです。

レンズをワイドにして、3色入るように撮ってみます。
Isumi_kiha30_20180429_52
これで空が青ければ言うこと無しなんですけどね。

急行5号が下りホームに到着しました。
Isumi_kiha28_20180429_53
上りホームには、行き違いになる上り62Dが到着しました。

急行5号に乗るので、下りホームへ行きます。
Isumi_kiha28_20180429_54
発車した62Dとの並びを撮ります。あのAPITA市原店のヘッドマークつきキハ201303です。

急行5号はキハ28のロングシートに座っていきます。
Isumi_rail20180429_50
急行券はイベント時のみ発売される、国吉駅の硬券急行券を使います。

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

春のいすみ鉄道祭り(10)

キハ30が移動してきて途中で停まります。これから現役列車との共演です。
Isumi_kiha30_20180429_46
まずは下り65D大多喜行きが走って行きます。

そして、急行4号が大原へ向けて発車します。
Isumi_kiha30_20180429_47
ヘッドマークも外して、超低速で走ってきます。写真を撮りやすいようにと現役車両も協力してくれています。

レンズをワイドに変えます。
Isumi_kiha30_20180429_48
旧国鉄カラー3色揃いです。いいですねぇ。

ここで撮影を切り上げて国吉駅へ戻ります。
Isumi_kuniyosi20180429_49
駅前の市営駐車場では、人車の体験乗車をやっていました。

売店ではいつもと違うものも売られていました。
Isumi_kuniyosi20180429_50
限定とか書かれると、つい買ってしまうのです。もちろん、両方とも買ってしまいました。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(9)

次は白幕でやってきました。
Isumi_kiha30_20180429_41

でも、サボが変えてあったのです。
Isumi_kiha30_20180429_42
これも木原線時代のものです。

こんな感じで木原線が走っていたのです。
Isumi_kiha30_20180429_43

次の列車がなかなかすごかったです。
Isumi_kiha30_20180429_44
関西本線の快速仕様です。湊町行きです。今はJR難波駅になった駅ですね。

折り返しは和歌山を出しています。
Isumi_kiha30_20180429_45
これは阪和線なのか和歌山線なのかわかりませんが、とにかく関東人にとっては心が高ぶる演出です。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(8)

国吉駅では、今回の「いすみ鉄道まつり」のある意味メインイベント、キハ30のフォトランを撮りに戻ったのです。
Isumi_kiha30_20180429_36
フォトランはすでに始まっていました。駅からパチンコABCの駐車場へ続く田の中の道から走るキハ30をサイドから撮ります。

ABC駐車場に着きました。
Isumi_kiha30_20180429_37
この位置まで自走してきたことが意味があるのです。

Isumi_kiha30_20180429_38
サボは、こんな懐かしいものが入っていました。

Isumi_kiha30_20180429_39
行き先表示は、白地黒文字の「普通」になっていました。

折り返しは、黒地白文字の「普通」になりました。
Isumi_kiha30_20180429_40
駐車場にはMさんの三輪トラックが停まっています。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(7)

大多喜駅から60Dに乗って、再び国吉駅へ向かいます。
Isumi350_20180429_31
上りホームにはベニバナツメクサ、別名ストロベリーキャンドルが咲いていました。まだ盛りまでは間があるようですが。

60Dが国吉駅に到着しました。行き違いになる下り63Dがやってきました。
Isumi350_20180429_32
あちらは2両編成です。

63Dが発車していきます。
Isumi_kiha20_20180429_33
あれっ、キハ201303にヘッドマークが着いています。いったい何でしょうか。

「あぴりん」の文字があります。
Isumi_kiha20_20180429_34
APITA市原店のイメージキャラクターだそうです。

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

春のいすみ鉄道祭り(6)

二十八市会場から大多喜駅北側の猿稲踏切まで歩いていきます。
Isumi_kiha52_20180429_26
ここで急行3号を撮ります。

振り返って、大多喜駅1番線に進入する急行3号を撮ります。
Isumi_kiha28_20180429_27
今日は両側とも羽根台座の大型ヘッドマークつきなのですね。これはめったにないことです。

その後大多喜駅まで歩きます。急行3号は大多喜駅で10分の停車です。
Isumi_kiha52_20180429_28
その停車中に着くことができました。

行き違いになる上り60Dがやってきました。
Isumi350_20180429_29
352ムーミンでした。

その60Dの脇を急行3号が走っていきます。
Isumi350_20180429_30

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

春のいすみ鉄道祭り(5)

国吉駅に戻ります。ちょうど急行2号がやってきました。
Isumi_kiha28_20180429_21
行き違いになる下り61Dに乗って大多喜に向かいます。

今日は大多喜の二十八市(にっぱちいち)です。
Isumi_otaki20180429_22
こちらも少しのぞいていきたかったのです。

くらやさんの前では、名物たけのころっけの出店が出ています。
Isumi_otaki20180429_23
大きな角切りたけのこが入ったコロッケです。これがなかなかおいしいのです。

今回は、くらやさんの隣の用水に小さなこいのぼりがたくさん泳いでいました。
Isumi_otaki20180429_24
なかなかキレイな風景でした。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(4)

出店しているお店を見て回ります。
Isumi_kuniyosi20180429_16
soychicken さんの同人誌売店です。もちろん購入させていただきました。

いすみ市のいちばん大多喜町寄りにお店がある、かっつぁんおにぎりのお店です。
Isumi_kuniyosi20180429_17
赤字覚悟のしらすが興味をそそります。

里山弁当でおなじみの楽働会さんのお店です。
Isumi_kuniyosi20180429_18
今日はよもぎだんごを買わせていただきました。

その他のお店で豚汁を買ってきて、早めのお昼です。
Isumi_kuniyosi20180429_19
かっつぁんおにぎりで肉味噌としらすを買ってきました。

白くてわかりづらいですが、しらすがたくさんはいっています。
Isumi_kuniyosi20180429_20
これは、かなりおいしいです。

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

春のいすみ鉄道祭り(3)

駅前の会場へ行ってみます。
Isumi_kuniyosi20180429_11
「ポッポの丘」行きのバスには、長い列ができていました。

Isumi_kuniyosi20180429_12
後ろの広告枠には、協賛企業のABC国吉店さんの広告が入っていました。

こちらは周遊コースのバスのようです。
Isumi_kuniyosi20180429_13
こちらも列ができていました。

Isumi_kuniyosi20180429_14
周遊コースは2台のバスで対応しているようです。

それでも発車時刻と到着時刻が重なると、狭い駅前への進入路は大混雑です。
Isumi_kuniyosi20180429_15
ようやくすれ違いができて、周遊コースのバスが交差点を左折していきました。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(2)

56Dが国吉駅に到着しました。
Isumi300_20180429_06
行き違いになる大多喜行き57Dがやってきました。302スニフです。

「いすみ鉄道まつり」はすでに始まっているようで、軌道自転車もすでに準備できているようです。
Isumi_kuniyosi20180429_07

乗ってきた56Dが発車していきます。
Isumi350_20180429_08

続いて、大多喜行き57Dが国吉駅を発車していきます。
Isumi300_20180429_09

上りホームの屋根の下に「いすみ鉄道まつり」の貼り紙がありました。

Isumi_kuniyosi20180429_10
やっぱり最初から29日だったみたいですね。30日というのは、どっこで勘違いしたのでしょう。

| | コメント (0)

春のいすみ鉄道祭り(1)

2018年4月29日(日)。今日は昨日に続き、仕事が休みです。当初30日だったと思っていた「春のいすみ鉄道祭り」が29日だということがわかって、それなら行ってみようと9時前に家を出ました。自家用車を大多喜駅下の町営駐車場に入れます。

大多喜駅前の観光本陣の前に、今日実施される「レンゲまつり」の送迎バスの時刻表がありました。
Isumi_otaki20180429_01
事前にわかっていれば、レンゲまつりも回るプランを立てたのですが、今日は二八市しか大多喜の予定は入れてありません。

大多喜9:41の上り56Dがやってきました。
Isumi350_20180429_02
352ムーミンです。これに乗って国吉へ向かうことにします。

行き違いになる急行1号がやってきました。
Isumi_kiha52_20180429_03
今日はキハ52側にヘッドマークが着いていました。

Isumi_kiha52_20180429_04
こちら側にマークがつくことはほとんどないですからね。

56Dに乗っていきます。
Isumi_rail20180429_05
車内で1日乗車券に日付を入れてもらいました。

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(7)

ようやく公園の中に戻ってきました。
Hasunuma20180428_31
けっきょく2.1キロメートルの一周に20分弱かかりました。これが400円ですから。楽しいですよ。

楽しんだ後はジャンクで一息です。
Hasunuma20180428_32
16時を回っていて、ほとんど売り切れでした。アメリカンドッグで一休みします。その後、自家用車を運転して自宅へ戻りました。

| | コメント (0)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(6)

でも実際にビニールトンネルに入ってみると、けっこう迫力があるのです。
Hasunuma20180428_26
天井が頭のすぐ上にあって、すごく狭く感じるのです。狭いトンネルをかなりのスピードで抜けるような錯覚を起こすのです。

ツツジの植え込みの脇を走ります。
Hasunuma20180428_27

そうかと思えば、突然芝生の広場の中に放り出されます。
Hasunuma20180428_28

公園らしい雰囲気を走るのはここまででした。
Hasunuma20180428_29
ここからは、砂浜の砂の飛散防止のために作られた荒れ地の中を走ります。

Hasunuma20180428_30
2.1キロメートルの区間の半分くらいはこんな風景が続くのです。

| | コメント (0)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(5)

目の前をE5系新幹線が行きます。
Hasunuma20180428_21
これだけの距離があるので、同時に何編成かが動いているのです。

待機線には、こんな古典蒸気機関車風のミニトレインもいました。
Hasunuma20180428_22
これもおもしろそうですね。

次の列車に乗れるようです。
Hasunuma20180428_23
改札には木製のラッチがあって、本物の駅のようです。

自分たちが乗ったのは、E7系新幹線でした。
Hasunuma20180428_24

途中には踏切やトンネルもあります。
Hasunuma20180428_25
トンネルといっても、ビニールの多いなのですが。ちなみに乗っているのは、子どもよりも大人が多いです。日本一と言われると、大人だって乗りたくなりますよね。

| | コメント (0)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(4)

松山庭園美術館から向かったのは、蓮沼海浜公園です。ここは入園は無料です。施設を利用するときに料金がかかります。
Hasunuma20180428_16
お目当てはコレです。日本一長いミニトレインです。

Hasunuma20180428_17
先週からドクターイエローも入ったのですね。

Hasunuma20180428_18
おお、たしかに動いてます。次にやってくるのはドクターイエローかな。

Hasunuma20180428_19
残念ながら、この日はこれで入庫でした。

乗車券を買って、家人とともに乗ります。
Hasunuma20180428_20
1人400円です。

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(3)

そろそろ帰ろうかと建物を出ると、庭園にはまだネコさんたちがいました。
Nekoneko20180428_11
今日は暑いんだろうな。日陰げにいます。

Nekoneko20180428_12
くつろぎ始めてしまいました。

Nekoneko20180428_13
他の子が出てくるときになるのかな。

Nekoneko20180428_14
とにかく今年はネコさんたちがたくさんいました。猫作品とネコの両方を楽しんだ「猫ねこ展覧会2018」でした。

駐車場には真新しい看板がありました。
Nekoneko20180428_15
コノキミクオ先生作画の「ネコ飛び出し注意」の看板です。本当に駐車場にもネコさんが歩いていたり、車の下で寝ていたりしますからね。

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(2)

屋内の「猫ねこ展覧会2018」を見て回ります。今年もたくさんの作品が出品されていました。スゴいなと感じる作品や、クスッと笑ってしまう作品。毎年、いろいろな「猫」作品が一堂に並ぶので、見ていてとても楽しい展覧会なのです。
Nekoneko20180428_06
終わって広間へ行くと、椅子の上にミルクちゃんが丸くなって寝ていました。

本当にぐっすりみたいです。
Nekoneko20180428_07
起こすとかわいそうなので、写真だけ撮っておきました。もうおばあちゃん猫ですからね。

それから、コーヒーを注文しました。
Nekoneko20180428_08
猫クッキーつきです。

クッキーはプレーンとチョコの2つありました。
Nekoneko20180428_09
1枚は、同行の家人にお裾分けです。

| | コメント (0)

猫ねこ展覧会と蓮沼海浜公園(1)

2018年4月28日(土)。いすみ鉄道の撮影から戻って、家人と一緒に自家用車ででかけます。今日の目的地は、匝瑳市の松山庭園美術館と山武市の蓮沼海浜公園です。

まずは松山庭園美術館へ向かいます。
Nekoneko20180428_01
13:20過ぎに着きました。ここで開催されている「猫ねこ展覧会2018」を見に来たのです。

目的は展覧会だけではありません。ここの庭には、いつもネコさんたちが歩いているのです。
Nekoneko20180428_02
今日もいましたよ。

Nekoneko20180428_04
建物の前にもいます。

Nekoneko20180428_03
美術作品の前にもネコさんがいました。これじゃ、なかなか中に入れないです。外でネコさんたちの写真を撮っていたくなります。

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

午前中は国吉付近でい鉄を撮ったり

2018年4月28日(土)。今日は家人と出かける予定があるので、午前中少しだけいすみ鉄道を撮りに行ってきました。

まずは、第二五之町踏切が見える水田のところへ行きました。
Isumi_kiha52_20180428_01
急行1号が行きます。やっぱり田植えが終わってしまったので、きれいな水鏡にはなりませんでしたね。

その後、上総中川駅近くの妙泉寺が見える踏切に行きました。
Isumi300_20180428_02
こいのぼりの勢いは今ひとつでしたが、なんとかこいのぼりといすみ鉄道の写真が撮れました。上り56Dです。

撮影は終わりにして自宅へ戻ります。帰りがけに国吉駅に寄りました。
Isumi_kuniyosi20180428_03
4月30日に開催される「いすみ鉄道開業30周年 春のいすみ鉄道祭」に使われるボンネットバスや旧車がすでに集まっていました。自分は、明日は休みですけど、30日はシャトルの見習いで仕事なのです。残念ながら、この祭りには顔を出せそうにありません。

| | コメント (0)

今日は外回りです

2018年4月27日(金)。今日はいすみ循環外回りです。外回りのひとり乗務も今日で3回目です。まだひとり乗務できる仕事が、いすみ循環バスしかないので、月曜から今日まで5日連続で内回りか外回りです。そろそろ慣れたかというと、なかなかそうはいかないのですよね。

いすみ市内循環バスは、土休日運休です。ということで、明日から土日と連休です。早く土日にひとりで乗務できる仕事をおぼえないと、まったく稼げなくなってしまいます。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »