« 2泊3日東北鉄道旅(3-12) | トップページ | 2泊3日東北鉄道旅(3-14) »

2020年2月14日 (金)

2泊3日東北鉄道旅(3-13)

長岡駅では、7分の接続で上越線水上行きに乗り継ぎます。E129系の2両編成で、接続乗り継ぎ客もありしばらくは立っていきます。それでも、越後湯沢で数少ないボックス席に空席ができ座ることができました。
Jr_h_e_20180329_061
国鉄時代は仮名書き最長駅名として有名だった岩原スキー場前駅です。国鉄時代は臨時駅でしたが、それでも末期は通年停車していました。

越後中里に停車します。
Jr_h_e_20180329_062
駅裏のスキー場名物、旧型客車を使った休憩所です。中に入ってみたいものの、スキーをやらない自分には無縁の場所です。

清水トンネル、新清水トンネルの新潟側入口の土樽駅です。
Jr_h_e_20180329_063
かつては広かった構内も、今ではかつての中線にホームを新設して、単なる複線駅になってしまいました。

ボックス席に座れたものの、進行方向左側です。清水トンネルのループから湯桧曽駅を見下ろすことはできませんでした。
Jr_h_e_20180329_064
そのかわり、湯桧曽駅のホームを直接見ることはできましたけどね。

水上に到着です。
Jr_h_e_20180329_065
新潟方面からはE129系、高崎方面からは211系と、この駅でも出会えるのは銀色のステンレス車ばかりになってしまいました。

|

« 2泊3日東北鉄道旅(3-12) | トップページ | 2泊3日東北鉄道旅(3-14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2泊3日東北鉄道旅(3-12) | トップページ | 2泊3日東北鉄道旅(3-14) »