« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-14) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-16) »

2020年1月 4日 (土)

2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-15)

「不思議なオブジェをのぞき込み、その中に見えた人物の名前をメッセージアプリで父に送る」というのが、次の問題です。
Tokikake20191201_046
この人が見えました。ここは伊能忠敬記念館で、これは氏の測量道具ですからね。

伊能忠敬とアプリで送ると父からの返信がありました。
Tokikake20191201_047
家族旅行中にこの場所で起きた出来事がわかりました。

「この場所」を突き止めるために、「車掌からもらった不思議」な紙を使います。両面刷りで片面が「捜し物が見つかる迷路」、もう片面がが「年月日を思い出すパズル」となっています。
Tokikake20191201_050
今回は迷路の方を使います。

材料が「竹」で、捜し物が「細工玉」です。
Tokikake20191201_048
たどって出てきた答えは「槍の近くの屋根ある公園の中庭の中」となりました。

該当の装飾の「槍」まで戻ればいいのですね。でも、公園なんてあったかな。
Tokikake20191201_049
ありました。お茶屋さんか案内所に見えたこの建物、「上川岸小公園」という名前がついていました。

|

« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-14) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-14) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-16) »