« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-3) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(2-11) »

2020年1月 3日 (金)

2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-4)

一番奥の展示室の棚に、目的の掲示がありました。
Tokikake20191123_066
これは、同梱されていた懐中時計の組み立て方ですね。あとで組み立てて、次に行く駅を調べることにしましょう。

観光案内所の向かいが、うなぎで有名な川豊さんです。今日はまだ、まともな食事をとっていません。
Tokikake20191123_067
昼食には遅く、夕飯には早い中途半端な時間なので、今なら待たずに入れそうです。

やっぱり食べていくことにしましょう。
Tokikake20191123_068
なんと硬券の食券です。子供の頃のデパートの大食堂はこれだったなぁ。ウエイトレスさんが来て、片手でこのきっぷを指に挟んで、キュッキュッって曲げると簡単に半分に切れるという技を使って、半券をテーブルに置いていってくれたんですよね。さすがに、現在の店員さんは、両手で半分にちぎっていましたけどね。まだ、あの技使える人、いるのかなぁ。

店先では、次々とうなぎをさばいています。
Tokikake20191123_069
やっぱりこれを見ると、食べたくなるのは日本人だからなのかなぁ。

それほど待たずに出てきました。
Tokikake20191123_070
川豊のうな重です。上ではないし、肝吸いもつけませんでしたけど。たいへん美味しくいただきました。

|

« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-3) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(2-11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-3) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(2-11) »