« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-30) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-32) »

2020年1月10日 (金)

2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-31)

数日ごとに頭に浮かんだキーワードを入力するものの、一向にゴールにはたどり着けませんでした。それに「▲読め」の問題も解決できていません。

12月24日、仕事の休憩時間に思いつきました。やっぱりページを切って折るというのはおかしいでしょう。もしかして、厚いけれども表紙ごと折るのかな。
Tokikake20191201_121
おお、出たじゃないですか。▲の部分だけ読めば「列車乗せろ」で正解だったのです。

この表紙の▲を使うということは、もしかすると、キーワードはあの五十音表を使うのかな。「ささあ」かな。これって意味のない言葉だよな。入れてみますが、やっぱり違いました。

そこへ、職場の同僚が休憩にやってきました。あと2日で終了になるんで焦ってるんだよとか話しながら、列車のシールを貼るとキーワードが現れるというのだけれども、どれがわからないんだよという話をします。ちょっと考えてみてよと、このセットを渡しました。

休憩時間が終わる頃、「やっぱり、よくわからなかったよ」と言いながら返されたのがコレです。
Tokikake20191201_122
えっ、キーワード出てるじゃないですか。そうか、そうシールを貼ればよかったのか。

そういえば、シールの台紙にも時をかける列車のイラストがありました。
Tokikake20191201_123
パンタグラフは菱形です。なんで、パンタグラフが菱形になるようにシールを貼ると気づかなかったのでしょうか。

メッセージアプリに「今からかえる」と入れますがダメです。それではと「今から家にかえる」と入れます。
Tokikake20191201_124
おお、これが正解だったようです。先に進みました。そして、母のメッセージアプリという、今までになかったURLが現れました。

|

« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-30) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-32) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-30) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-32) »