« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-19) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-21) »

2020年1月 6日 (月)

2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-20)

ところが、この向きでは表に同じ形がありません。
Tokikake20191201_071
180°回転させて、五十音表に合わせます。

Tokikake20191201_072
そうすると、出てきた文字は「きんこ」ですよね。

お祖母さんとのメッセージアプリに「きんこ」と入力します。
Tokikake20191201_073
金庫を開けるには「鶴菊紅葉の間を読め」とあります。

これは、5ページの「成田の暗号 壱」の絵を使えばいいのですよね。
Tokikake20191201_074
すると出てきた文字は「千百二」。4桁の数字にすると「1102」です。

メッセージアプリに1102と入れると、お祖父さんが残した文章をPDFファイルでダウンロードすることができました。そのファイルを読んでみました。重要な事は、車掌に羊羹をわたすとよいことがあるということでした。まあ、それだけではないですけど、直接重要なのはこれくらいでしょう。

|

« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-19) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-19) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-21) »