« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-25) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-27) »

2020年1月 9日 (木)

2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-26)

銚子電鉄の車内に、「時をかける列車」にチャレンジしているとわかる人が、かなりの人数乗っている事が見てわかりました。その人たちは、一斉に犬吠で下車します。
Tokikake20191201_096
自分は、ひと駅先の外川まで乗り通します。

車両修復プロジェクトにより往年の姿に修復され2017年12月23日から公開されているデハ801です。
Tokikake20191201_097
修復から2年経って、水垢とか金属部品からのサビが見えてくるようになりました。

折り返し電車の発車までに、窓口に行って11月22日から発売の、外川駅限定のきっぷを買ってきました。
Tokikake20191201_098
入場券だと思っていたら、違うのだそうです。あくまでも「ご来場記念券」という記念品で乗車券類ではないそうです。

再びチーバくんに乗って、「時をかける列車」の最後を解きに行かなくては。
Tokikake20191201_099

最後の目的地、犬吠駅に着きました。
Tokikake20191201_100
冊子によると、待合室のガラス戸にあるそうです。

|

« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-25) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-25) | トップページ | 2019秋「時をかける列車」奮闘記(3-27) »