« 茨城・福島・青春18きっぷの旅(5) | トップページ | 茨城・福島・青春18きっぷの旅(7) »

2019年12月10日 (火)

茨城・福島・青春18きっぷの旅(6)

水戸からの列車が到着しました。後ろ1両が切り離しです。降りる人もいますが、今まで乗っていた人で満席です。さらに常陸大子から大勢の人が乗ったので、朝の通勤列車のような車内になりました。3扉車の本領発揮といえばそれまでですが、途中駅で待っていた乗客もあまりの混雑にびっくりしていました。
Suigun20180304_026
常陸大子から郡山まで1時間50分、混雑は増しても減ることはありませんでした。つり革につかまっての2時間弱はけっこうつらかったです。

水郡線の車両はE130系列です。片運転台2両編成のE131・132型と両運転台のE130では塗色が違います。
Suigun20180304_027
E130型のサイドラインは、紅葉のオレンジです。

次に乗る磐越東線は6番線からです。
Bantou20180304_028
乗車口が4つということは2両編成ですね。

郡山駅の駅弁でお昼にします。
Bantou20180304_029
磐越東線の車内で食べようと思ったのですが、また座れなかったらと心配になりベンチで広げてしまいました。

Bantou20180304_030
郡山駅の駅弁屋さん、福豆屋の季節限定弁当です。筍ご飯上に、菜の花と桜が載っていました。こんな素敵な弁当ですから、やっぱり車内で食べればよかったですね。

|

« 茨城・福島・青春18きっぷの旅(5) | トップページ | 茨城・福島・青春18きっぷの旅(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城・福島・青春18きっぷの旅(5) | トップページ | 茨城・福島・青春18きっぷの旅(7) »