« お昼はポッポの丘へ(2) | トップページ | 勉強会「特攻関連施設の跡地をたずねて」(1) »

2019年9月28日 (土)

お昼はポッポの丘へ(3)

山の上の展示車両です。
Pop20180203_41
千葉を走った車両たちです。183系1500番台と0番台、113系の横須賀色と湘南色です。幕張の113系末期に、4連と6連それぞれ1編成ずつが湘南色に塗り替えられました。そのときの1両です。

Pop20180203_42
こうやって撮るとよくわかりませんが、手前の183系1500番台以外はカットモデルです。やはりカットしてあると、カット面から車内への痛みも始まるみたいです。カットモデルの3両は痛みが激しいように見えました。

そして、船の科学館にいた青函連絡船「羊蹄丸」に展示されていたDE10と、寝台特急日本海で使われていたA寝台車、B寝台車です。
Pop20180203_43
「羊蹄丸」の館内展示時にエンジンを降ろして軽量化してしまったので、現在もエンジンなしのDE10です。本物のナンバープレートは、御宿のれとろぶーぶ館で展示されているので、これはレプリカです。

山の上の展示はこんな感じです。
Pop20180203_44
自分にとっては、いちばん馴染みのある車両が展示されている区画で、ポッポの丘へ来たときは、かならず登って見ています。

その後、カフェTKGへ行って、たまごかけご飯ではなくカレーを食べて昼食にしました。

|

« お昼はポッポの丘へ(2) | トップページ | 勉強会「特攻関連施設の跡地をたずねて」(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お昼はポッポの丘へ(2) | トップページ | 勉強会「特攻関連施設の跡地をたずねて」(1) »