« 県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(5) | トップページ | 県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(7) »

2019年6月17日 (月)

県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(6)

久留里線から、木更津で総武線直通快速に乗り換えて津田沼で降ります。歩いて新京成の新津田沼駅へ向かいます。我孫子駅の唐揚げそばで有名な弥生軒が、新津田沼駅内に出店したので、一度利用してみようと考えていたのです。開店当初から営業日や営業時間がずいぶん変わったものの、土日の日中はやっているようなので来たのです。ところが、改札へ向かうイトーヨーカドーのエスカレータの前に弥生軒の案内があり、そこに「臨時休業」の文字がありました。残念です。そのまま来た道を少し戻り、牛丼の松屋で昼食をとって、再び新京成の改札へと向かいました。
Sinkeisei20171203_26
新津田沼から新鎌ケ谷まで新京成に乗ります。乗ったのは旧塗色の8500形でした。旧塗色もだいぶ少なくなったので、1枚撮ってから改札でます。

少し歩いて、東武野田線の新鎌ヶ谷駅は向かいます。そこから柏乗り継ぎで野田市まで行きます。
Tobu20171203_27
もう東武野田線ではなくアーバンパークラインですものね。小学生の頃、清水公園に遊びに行った時とは、車両も単線区間もすっかり変わっていました。

駅から歩いて10分弱で、野田市郷土博物館に着きました。
Noda20171203_28
左の鉄筋コンクリートの建物が展示会場で正面の木造の建物が事務所や会議室などがある建物です。

これが今日の目的の展示です。
Noda20171203_29
図録がたいへん充実していていい資料だと話題だったので、真っ先に売店に向かいます。通販でも買えたのですが、やはり現地で買おうと思ったのですが、なんと残り数冊。もう会期わずかなので増刷はしないとのことだったので、ギリギリ入手できました。

展示物の撮影を希望する方は申し出るようにとあったので、正面のご挨拶だけ撮ってもいいですかと受付にたずねます。すると、事務所へ行って手続きをとってほしいとのこと。住所氏名と掲載ブログ名、URLを用紙に記入するだけだったのですが、個人にもきちんと対応していただけてありがたかったです。
Noda20171203_30
やはり、東武野田線関係の解説は初めて知ることも多く、興味深い記述が多かったです。

|

« 県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(5) | トップページ | 県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(5) | トップページ | 県内テツ旅しながら野田市郷土博物館へ(7) »