« 北陸3県テツとネコの旅(3-24)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(3-26)   »

2019年1月 2日 (水)

北陸3県テツとネコの旅(3-25)  

能登鹿島駅の次が西岸駅です。この駅も、花咲くいろは新編成登場に合わせて、湯乃鷺駅になっています。
Noto20171008_121
電柱の琺瑯板も「ゆのさぎ」になっています。

もちろん、自立式の駅名標も湯乃鷺です。
Noto20171008_122
1つだけでなく、全部交換してあるという徹底ぶりです。しかも、ちゃんとウェザリングまでしてあります。ここまでやると、さすがに壮観ですね。

海の向こうは能登島でしょうか。
Noto20171008_123
特徴的な山が見えるのですが、名前はわかりません。

笠師保駅を過ぎると、堤防で区切られた向こうに和倉温泉の温泉街が見えました。
Noto20171008_124
その後、和倉温泉で降りようかとも考えていたのですが、そのまま終点の七尾まで乗り通しました。

ちなみに、これが乗車した「のと里山里海」のスタンプです。
Noto20171008_125
青は里海号のものです。里山号は同じ図案ですが緑色でした。

|

« 北陸3県テツとネコの旅(3-24)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(3-26)   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸3県テツとネコの旅(3-25)  :

« 北陸3県テツとネコの旅(3-24)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(3-26)   »