« いすみ鉄道に乗った1日(6)  | トップページ | 臨時列車と駅そば日帰りの旅(2)   »

2019年1月20日 (日)

臨時列車と駅そば日帰りの旅(1)  

2017年10月15日(日)。今日は川越まつりの開催日。千葉の茂原からも臨時電車が走ります。その他にも常磐線から臨時電車が走ります。

臨時電車には乗りたいけれども、ひとりで混雑したまつりの場には行きたくないし。そういえば、上信越で駅そばキャンペーンをやっていたな。それとからめて出かけるようにしようと考えました。
Soba20171015_05
高崎、長野、新潟地区の駅そばを食べようというキャンペーンです。来月は、長野と新潟に行く予定なので、今日は高崎地区だけ攻めればいいですから。

日曜朝の鍵開けボランティアを終えて、今日は自家用車を茂原駅へ走らせました。
Sotobo20171015_01
茂原始発の臨時快速「おさんぽ川越号」に乗っていきます。

Sotobo20171015_02
下りホームの4番線発だったこともあるのですが、この秋は1番線からの発車です。

Sotobo20171015_03
全車指定席なので、乗車券として定期券が使えないことを電光で知らせていました。

今回用意したきっぷはこれだけあります。
Sotobo20171015_04
乗車券としては「休日おでかけパス」と飛び出し区間となる、神保原→寄居の片道乗車券です。指定券は、茂原→大宮の快速「おさんぽ川越号」指定席券、大宮→高崎の特急「草津1号」グリーン券、川越→土浦の快速「ぶらり川越号」のグリーン券です。神保原→寄居の乗車券で高崎駅に寄り道するためには、高崎線と八高線の分岐駅、倉賀野を通過する列車に乗ったときに限定されます。ということは、特急草津に乗るか新幹線を利用するしかありません。休日の草津は、2両しかない自由席は混雑することが多く、大宮乗車で座れるかは微妙です。結果的に自由席に座れたのに指定券を買うのもちょっとしゃくかな。ということで、指定席より500円高いだけのグリーン券にしました。1人掛けの席もとれたし、これなら自由席プラス1000円でも納得できるかな。

|

« いすみ鉄道に乗った1日(6)  | トップページ | 臨時列車と駅そば日帰りの旅(2)   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 臨時列車と駅そば日帰りの旅(1)  :

« いすみ鉄道に乗った1日(6)  | トップページ | 臨時列車と駅そば日帰りの旅(2)   »