« 北陸3県テツとネコの旅(3-8)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(3-10)   »

2018年12月27日 (木)

北陸3県テツとネコの旅(3-9)  

まだ発車しないようなので、車内も少し撮っておきます。
Himi20171008_041
車端にはトイレがあるのですが、手洗いは外に新設してありました。食事を提供する列車ですから、手洗いだけする人もいるでしょう。これはいいですね。

そして、自席にはすでにお茶とおしぼりがセットされていました。
Himi20171008_042
「ぷち富山湾鮨セット」をネット予約するときに、自分の指定席の席番を入れるのですが、それに従って事前にセットされているのでしょう。車内はかなりの数のセットが置かれていました。予約している人が多いのですね。

いよいよイベントが始まりました。
Himi20171008_043
「べるもんた氷見1~3号」で新高岡~氷見線内の指定券を持っている人だけ、高岡駅構内の入れ換えを乗車したまま体験できるのです。

城端線のホームからあいの風とやま鉄道の富山方に引き上げます。その後、あいの風とやま鉄道の本線を横切って氷見線のホームへ入線するという入れ換えです。
Himi20171008_044
城端線と氷見線の車両基地が見えてきました。JR西日本は普通列車の単色化をすすめていますが、ここは朱色なんですね。

そう思っていたら、イラスト車両も見えてきました。
Himi20171008_045
これは城端線のようです。シルエットで白川郷の合掌造りなども描いてありますね。

|

« 北陸3県テツとネコの旅(3-8)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(3-10)   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸3県テツとネコの旅(3-9)  :

« 北陸3県テツとネコの旅(3-8)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(3-10)   »