« 北陸3県テツとネコの旅(2-4)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(2-6)   »

2018年12月16日 (日)

北陸3県テツとネコの旅(2-5)  

バスは神岡営業所を出て、神岡の市街地を走ります。
Gifu20171007_021
市街地はセンターラインもない、制限時速30kmの道路が続きます。

正面には木造3階建ても見えます。
Gifu20171007_022
鉱山町として栄えたところなのでしょう。けっこう古い建物が並んでいます。

この橋も制限時速30kmです。
Gifu20171007_023
神岡営業所から旧奥飛騨温泉口駅まで、ダイヤ上は9分です。距離もそこそこありますが、それとともに市街地の速度制限も関係しているのでしょう。

神岡鉱山は、亜鉛、鉛、銀などを産出していたそうです。
Gifu20171007_024
重量物を運ぶからなのか、橋は古い橋も鉄橋が多いように感じられました。

Gifu20171007_025
市街地を抜けると川沿いを走り、町外れにある旧奥飛騨温泉口駅を目指します。

|

« 北陸3県テツとネコの旅(2-4)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(2-6)   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸3県テツとネコの旅(2-5)  :

« 北陸3県テツとネコの旅(2-4)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(2-6)   »