« 北陸3県テツとネコの旅(2-11)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(2-13)   »

2018年12月20日 (木)

北陸3県テツとネコの旅(2-12)  

ホームには神岡大橋の駅名標が残っていました。
Gifu20171007_056
それにしても、その上に見えるキノコは何なのでしょうか。

神岡大橋駅跡を過ぎると、今度はトンネルです。
Gifu20171007_057
まっすぐなトンネルで出口は見えています。車間距離20mの注意表示が建っています。

そのトンネルを抜けると、今度は鉄橋です。
Gifu20171007_058
正確にはコンクリート橋で、足下にはバラストが敷かれていますから、真下が透けて見えるわけではありません。だから、走っていても怖くはありません。

その鉄橋の上にも駅があります。
Gifu20171007_059
飛騨神岡駅です。JRから神岡鉄道へ移管されたときにできた駅です。かつて、路線バスから乗り継いだのがこの駅でした。

そして、飛騨神岡駅跡を過ぎると、またすぐにトンネルです。
Gifu20171007_060
今度は真っ暗で、出口も見えません。これはおもしろです。

|

« 北陸3県テツとネコの旅(2-11)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(2-13)   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸3県テツとネコの旅(2-12)  :

« 北陸3県テツとネコの旅(2-11)   | トップページ | 北陸3県テツとネコの旅(2-13)   »