« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の75件の記事

2018年11月30日 (金)

い鉄で出勤(2017-84-2) 

今朝の5Dが国吉駅にやってきました。
Isumi300_20170921_06
302スニフでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170921_07
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi350_20170921_08
351スナフキンでした。

そんな真っ暗になったホームに、ネコさんがいました。
Isumi_kuniyosi20170921_09

そして、待合室のカラーボックスの上にもいました。
Isumi_kuniyosi20170921_10
うっすらとトラ模様が見える黒ネコさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-84-1) 

2017年9月21日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

少し早めに家を出て、6Dを撮影していきます。
Isumi350_20170921_01
新田野駅のヒガンバナ、まだ大丈夫かなと思ってきたのですが、もうすっかり色褪せていました。

6Dは通学対応の2両編成です。
Isumi350_20170921_02
351スナフキン+301パパ&ママでした。

6Dが新田野駅を発車していきます。
Isumi300_20170921_03
今日もよい天気になりそうです。

国吉駅につきました。
Isumi_kuniyosi20170921_04
駅前の大原タクシー。始業前のドアのところにネコさんが2匹いました。

ホームに出ると、こんどは別のネコさんが線路を歩いていました。
Isumi_kuniyosi20170921_05
最近、いろいろなネコが駅付近を歩いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-83) 

2017年9月20日(水)。今日は久しぶりにいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20170920_01
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170920_02
8Dは301パパ&ママでした。

帰宅はラス前の28Dとなりました。
Isumi_kiha20_20170920_03
今日はキハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

い鉄を撮りながら出勤(Sep-4) 

2017年9月19日(火)。今日は午後から千葉での会議に出席するため、自家用車で出勤します。

少し早めに家を出て、東総元駅に行きました。まだ、ヒガンバナは咲いているかな。
Isumi_kiha20_20170919_01
もうかなり少なくなっていました。今朝の8Dはキハ201303でした。

上の写真は、停車直前です。
Isumi_kiha20_20170919_02
停車するとこんな位置になります。今日は天気がいいので、それぞれの色が鮮やか。これもそれなりにいいかなと思いますが。

足下のヒガンバナを見るとベニシジミがいました。
Isumi_higasifusamoto20170919_03
ちゃんと撮ってあげるから、羽広げなよとつぶやいても、半開きでした。

東総元~小谷松間に移動して、5Dを撮ります。
Isumi350_20170919_04
ここのヒガンバナは、だいぶ色が褪めてきました。まだ秋の彼岸が始まったばかりですが、今年のヒガンバナは終わりになるようです。

午後から千葉へ行ったので、モノレールを1枚だけ撮ってみました。
Chiba_mono_20170919_05
昨年11月で閉店になった右側の旧千葉パルコ。この後、いったいどうなるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-12)  

今日の「おさんぽ成田・佐原号」は新宿行きですが、途中の秋葉原まで乗ることにしました。
Narita20170918_56
「サンキュー❤ちばフリーパス」は千葉県内しか乗れませんから、乗り越し区間になる市川~舞浜は別途片道きっぷを買いました。市川から東京経由で舞浜まで大回り乗車です。千葉~蘇我を買って、千葉からそのきっぷに切り替えて蘇我まで大回りとしてもよかったのですが、規則に詳しくない人にいろいろ言われても気分が悪いですから。

たしか、大戸~下総神崎間の車窓です。
Narita20170918_57
千葉県から、こんなにはっきり筑波山が見えるのですね。関東平野は、本当に平野なんだと実感させられます。

千葉に到着しました。少々停車時間があります。
Narita20170918_58_2
ここなら橋上駅下で薄暗いので、上手く写るかな。正面の「臨時」表示がきちんと撮れました。

千葉駅の表示機です。
Narita20170918_59
佐原駅の表示に比べると、ずいぶん簡素な列車名になりました。

西日に照らされた東京スカイツリーを見ながら、錦糸町へと走っていきます。
Narita20170918_60

錦糸町を出ると、快速線から緩行線への渡り線を走ります。普段は体験しづらいリクライニングシートから眺める午後の風景を楽しみながら秋葉原で降りました。

秋葉原から山手線で東京へ出て、東京18:00の特急「わかしお15号」で19:03上総一ノ宮へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

サンキューちばの2日間(2-11)  

駅近くのイートインコーナーがあるパン屋さんサンエトワールへ行きます。早朝からやっているので、成田線のSL運転の時など、何度か立ち寄ったことがあるお店です。
Narita20170918_51
寿司を食べたばかりなのですが、冷房のあるところに座りたくて、つい買ってくつろいでしまいました。

佐原からは、全席指定の臨時快速「おさんぽ成田・佐原号」に乗っていきます。
Narita20170918_52

改札脇には、丁寧な案内も貼ってありました。
Narita20170918_53


案内に従って3番線で待ちます。
Narita20170918_54
普段は、房総特急に使われているE257系500番台の5両編成です。

今日は、天気がよすぎて、正面のLEDがきれいに写りません。
Narita20170918_55
「快速」ではなく「臨時」と表示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-10)  

銚子から成田線に乗って佐原へ向かいます。
Narita20170918_46
銚子14:05の千葉行きは6両編成でした。一番後ろのボックス席に座っていきます。

車内で遅めの昼食です。
Narita20170918_47
先ほど銚子セレクト市場で買ってきた、巻き寿司と銚子の伊達巻きです。銚子の伊達巻きは、やっぱりいいですね。これはちょっと安かったから焦げ目もありますけど。

途中で、利根川と対岸の茨城県の発電風車が見えるところがあります。
Narita20170918_48

佐原駅で途中下車します。
Narita20170918_49
駅前には、国鉄時代の駅名標がモニュメントのように置かれていました。

この6月に富士重工6Eボディーの路線車が引退してしまった関鉄観光バスです。
Narita20170918_50
今日はこんな車両が走っていました。ふそうのエアロミディMEという小型のバスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

サンキューちばの2日間(2-9)  

次の目的地は外川駅です。ここは徒歩で向かいます。展望台の駐車場の下の道を行けば外川駅へ出られます。歩くのならバスの走るつづら折り道を犬吠駅から歩くより楽だと思います。
Choshi20170918_41
ここのスタンプは典道でした。これで、今日の目的だった4スタンプは集まりました。

外川駅に保存留置されている801です。
Choden20170918_42_2
かなり痛んでいます。資料館も撤退して内部見学はやっていないようです。

そして「ありがとう」のネーミングライツに合わせた「笑顔の塔」です。
Choden20170918_43

外川行きの電車がやってきました。
Choden20170918_44
今日は日中は2001編成がもっぱら行ったり来たりのようです。


折返しの外川13:33の銚子行きに乗車します。

Choden20170918_45

13:52に銚子駅に到着しました。銚子電鉄はこの辺で切り上げて、次は成田線に乗っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-8)  

東の方角、屏風ヶ浦を見たものです。
Choshi20170918_36
先ほどまでいた、銚子マリーナはちょうど真下あたりになるはずです。

山の上に造るより、機材の運搬や設置費用が安いということで、最近は海上に風力発電の風車が建っています。
Choshi20170918_37

北側を見ると、銚子ポートタワーが見えます。
Choshi20170918_38

3連休最終日、天気がよいので犬吠埼灯台にはたくさんの人が登っているのが見えました。
Choshi20170918_39

そして、展望台の真下に見えるのが「日比友愛の碑」です。
Choshi20170918_40
第2次世界大戦で戦火を交えた日本とフィリピンの平和と友好を祈念して、1958年に建てられました。当時、船橋に住んでいて、小学5年生の遠足が銚子でした。醤油工場見学、犬吠埼灯台(中には入らない)で昼食、日比友愛の碑(有料の展望台には入らない)というのがコースでした。当時は京葉道路以外は高速道路網もなく、往復6時間くらいかかったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

サンキューちばの2日間(2-7)  

さっそく入場券を買って中に入ります。
Choshi20170918_031
「サンキュー❤ちばフリーパス」のおかげで、団体料金で入ることが出来ました。

まずは、忘れないうちにスタンプラリーのスタンプを押します。
Choshi20170918_032

ここは誰でしょうか。
Choshi20170918_033
稔でした。

スタンプも押せたので、展望台へ上がりゆっくり景色を楽しみます。
Choshi20170918_034
銚子燈台方面です。

どこかに銚子電鉄の線路は見えないかな。あっ、見えました。
Choshi20170918_035
海鹿島~君ヶ浜間の、君ヶ浜へ降りてくるところですね。展望台の北側から見えました。残念ながら、電車のやってくる時刻ではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-6)  

銚子マリーナから見た、海のパノラマです。
Choshi20170918_026

たぶんあれだろうと思った建物に行ってみました。
Choshi20170918_027
銚子海洋研究所の看板が建っていました。

中に入って、スタンプラリーに来た旨を伝えて、押させてもらいます。
Choshi20170918_028_2
銚子海洋研究所は祐介でした。

銚子マリーナ12:35の岬めぐりシャトルバスに乗って、次は地球の丸く見える丘展望台に向かいます。
Choshi20170918_029
乗車時間4分ほどで、丘の中腹にある地球の丸く見える丘展望台バス停に着きました。

さて、岬めぐりシャトルバスですが、基本的に1日券500円か2日券700円です。
Choshi20170918_030
今回は1日券を買いました。犬吠駅~地球の丸く見える丘展望台間のみ片道200円という設定がありますが、他の区間には区間運賃の設定はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-5)  

犬吠駅前バス停に、岬めぐりシャトルバスがやってきました。犬吠駅12:05の便です。
Choshi20170918_021
先ほど、銚子駅前で見たバスです。1台のバスが行ったり来たりしているのです。

今までは地球の丸く見える展望台が終点でしたが、今回から銚子マリーナまで延長されました。その終点が銚子海洋研究所の近くとのことで、まずはその終点まで乗ります。
Choshi20170918_022
実はこのバス、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のラッピングバスなのです。周りに建物のない銚子マリーナバス停付近は、余分な影が入らず写真を撮るにはピッタリです。

Choshi20170918_023
後部は、窓ガラス部分もラッピングされています。左側にバス停ポールが見えます。

逆光になりますが、運転席側も撮っておきます。
Choshi20170918_024
前面はちばこうバスですが、側面後部には千葉交タクシーの文字があります。千葉交タクシーが会社名で、その会社の運行するバスの愛称がちばこうバスなのだそうです。

ここは海がすぐそこに見えます。屏風ヶ浦の岩肌も見えます。
Choshi20170918_025
さて、どこが銚子海洋研究所なのでしょうか。ちょっと目立つ建物が1件だけあるので、たぶんあれでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

サンキューちばの2日間(2-4)  

本銚子11:48の外川行きに乗って、犬吠まで行きます。
Choden20170918_016
緑色の2001編成でした。

Choden20170918_017
横幕は、ヘッドマークと同じ「金太郎ホーム号」になっていました。

犬吠駅売店では「サンキュー❤ちばフリーパス」利用者限定で、昔のきっぷ詰め合わせを1000円で売っています。さっそく買ってみました。購入すると、パス面に「済」印が押されました。
Choden20170918_018
国鉄時代の連絡切符が多数出てきました。線内切符は、2等とか3等の文字があり、いつの時代のものなのか、とにかく古いのはたしかです。あとは、最近の記念券が数枚入っていました。

それから忘れてはいけないのは「もしもに出会う」スタンプラリーです。
Choshi20170918_019
犬吠駅は純一でした。

次のスタンプラリーポイントに向かうべく、駅前のバスのりばへ向かいました。
Choden20170918_020
パスは使えず、別料金になりますが、これに乗って銚子海洋研究所と地球の丸く見える丘展望台の2ヶ所のスタンプラリーポイントへ行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

サンキューちばの2日間(2-3)  

坂道を登って、本銚子駅に着きました。
Choden20170918_011
24時間テレビの放映から1ヶ月経っていない休日ですから、見学者多数でものすごいことになっていました。

Choden20170918_012
待合室内から見た、ステンドグラス風の明かり取り窓です。

Choden20170918_013
待合室内には、手書き黒板風の時刻表も健在でした。

Choden20170918_014
待合室外のベンチの前には、敷石にチーバくんや駅名が白くプリントされていました。

Choden20170918_015
壁面に取り付けられた照明器具も凝っていますね。ぜひとも、明かりが灯る時間にまたやってきたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-2)  

銚子セレクト市場を出て、銚子駅前へ戻ります。
Choshi20170918_006
駅前には独特な形の街灯が並びます。

銚子駅前に戻ってきました。本数はそれほど多くない路線バスですが、いろいろな会社のバスがやってきます。
Choshi20170918_007
茨城県へ行く関東鉄道(左)と、今日この後乗車予定のちばこうバスの岬めぐりシャトルバス(右)です。

Choshi20170918_008
千葉科学大学行きの千葉交通です。学校法人加計学園の大学ということで有名になってしまいましたね。

Choshi20170918_009
これから乗車する、ちばこうバスの海鹿島・黒生循環です。11:23の発車です。

銚子駅から5分ほど、後飯町で降ります。
Choshi20170918_010
ここから坂道を歩いて登り、銚子電鉄の本銚子駅へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(2-1)  

2017年9月18日(月・祝)。今日は敬老の日、三連休の3日目です。昨日から使っている「サンキュー❤ちばフリーパス」を使って、今日は銚子へ行きます。目的は、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」タイアップの「もしもに出会う」スタンプラリーに挑戦するためです。銚子地区の4ヶ所、犬吠駅、外川駅、地球の丸く見える丘展望館、銚子海洋研究所を回るようにプランニングしました。

上総一ノ宮8:16の千葉行きに乗って大網へ、そこから9:01の東金線に乗って成東へ向かいます。
Soubu20170918_001
東金線は4両編成でした。この電車に乗って、成東に着くまでは順調でした。

成東に着くと、総武本線が遅れていました。何でも、昨日の台風による倒木の影響で、総武本線と成田線が遅れているそうです。乗車予定の9:25の銚子行きが、成東を発車したのは結局9:43でした。この時点で18分遅れです。
Soubu20170918_002
銚子に着いたのは10:33でした。18分の遅れをそのまま回復できませんでした。乗車予定の10:23の銚子電鉄は、この総武本線を待つことなく定刻に行ってしまいました。

スタンプラリー以外に、実は24時間テレビの企画でリフォームされた本銚子駅へ寄ってみようと考えていたのです。いろいろ調べてみると、フリーきっぷでは使えませんが、バスを利用すると行きたかったスタンプ4ヶ所と本銚子駅へ行けるようです。ちょっと厳しいけど、挑戦してみましょう。

そのバスまで時間があるので、まずは駅から歩いて5分ほどの銚子セレクト市場へ行きます。
Choshi20170918_003

いろいろなお店がありますが、目玉の1つはしょうゆソフトですね。
Choshi20170918_004

サンキュー❤ちばフリーパスの提示で割引になるとのことで、買ってしまいました。
Choshi20170918_005
甘いんですけど、ちゃんと醤油の味もするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅立ち前に鍵開けボランティア 

2017年9月18日(月・祝)。台風一過で、昨日とは打って変わって青空が広がります。今日は「サンキュー❤ちばフリーパス」の旅2日目なのですが、天候も回復したので朝の鍵開けボランティアには行かなければなりません。

行きがけに上総中川駅周辺に寄り道して、2本撮影していきます。
Isumi350_20170918_01
上り52Dです。352ムーミンでした。

そして、52Dと国吉駅で行き違う、下り53Dです。
Isumi350_20170918_02
あれっ、休日なのに2連だ。今日は何かイベントがあったかな。先頭は351スナフキンです。

後ろを確認するため、後追いも撮っておきます。
Isumi300_20170918_03
後ろは301パパ&ママでした。

この後、職場へ向かい、鍵開けボランティア完了です。その後、上総一ノ宮駅近くのコインパーキングへ自家用車を走らせます。今日は、上総一ノ宮駅から「サンキュー❤ちばフリーパス」の旅を再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

サンキューちばの2日間(1-12)  

大原からいすみ鉄道に乗っていきます。今朝、自家用車を大多喜駅近くの町営駐車場に停めてきましたから。
Isumi_ohara20170917_051
大原駅の売店をのぞくと、サンキュー❤ちばフリーパス利用者限定の割引がありました。それならと、い鉄揚げ3袋を買いました。

雨の中、急行4号がやってきました。
Isumi_kiha28_20170917_052
ヘッドマークは、雨の日スペシャルで準急「白浜」になっていました。

折返しの急行5号では、またスペシャルがありました。
Isumi_kiha28_20170917_053
最後は準急「夕凪」になりました。

雨の最終急行は、極めつけに空いていました。
Isumi_rail20170917_54
急行券は売店で硬券を買いました。サンキュー❤ちばフリーパスには、鴨川駅の自動改札でようやく穴が空きました。

アテンダントさんから、雨の日の乗車記念プレゼントがありました。
Isumi_rail20170917_055
賞味期限が短いので、早めに食べて下さいねとのことでした。ちょっと得した気分で大多喜に着きました。駐車場から自家用車を引き取り、少し早めですが1日目の行程を終わりにしました。

本当は、朝の鍵開けボランティアや夕方、御宿で昔の職場の仲間の会があったのですが、台風18号接近ですべてキャンセルになったのです。そんな悪天候の中の1日目でしたから、交通機関も見学場所も空いていたのです。きっぷを事前に用意してあったので、運休しない限りは行こうと決めていたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-11)  

東京湾フェリー金谷港前にある、鴨川日東バスの東京湾フェリーバス停に行きます。
Kanaya20170917_046
乗車予定の13:40のバスは、すでに来ていますが、ドアが閉まったままで運転士さんの姿もありません。まだ、発車時刻まで20分ありますからね。

雨宿りを兼ねて、目の前にある、ザ・フィッシュに行きます。
Kanaya20170917_047
その中にある「貝がらカフェ」で限定バームパフェ500円というのを買ってしまいました。雨は降っていますが、寒いというわけではありませんし、つい限定という言葉に反応してしまうのです。

発車10分前に戻ると、行き先表示がついていました。
Kanaya20170917_048
運転士さんに声をかけると、ドアを開けてくれました。このバスに乗って約1時間、長狭街道を内房から外房へと横断して、安房鴨川駅に着きました。「南房総フリー乗車券」では乗れないバス路線。なかなか乗りがいがある路線なので、「サンキュー❤ちばフリーパス」が発売されると乗りに来てしまいます。

13:44に安房鴨川駅前に到着して、14:53の外房線に乗ります。
Sotobo20170917_049
今度の千葉行きは、短い4両編成です。

こんな雨模様ということもあり、4両編成でも空いていました。
Sotobo20170917_050
この千葉行きに乗って、いすみ鉄道との乗換駅、大原まで行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

サンキューちばの2日間(1-10)  

竹岡駅に着きました。
Uchibo20170917_041
竹岡ラーメンで有名な竹岡ですが、集落の中心地からは離れています。

ここは無人駅です。
Uchibo20170917_042
今朝から、大多喜、上総中野と無人駅が続き、五井の中間改札は何もナシ。上総湊駅は有人駅ですが降りるだけだったので、いまだにきっぷには自動改札の穴も改札スタンプもありません。旅の痕跡が残らず、ちょっと残念です。

竹岡13:00の館山行きに乗車します。
Uchibo20170917_043
相変わらず雨は降り続きます。

12分ほど乗車して、浜金谷駅で降ります。
Uchibo20170917_044
風があるのでしょうか、鋸山ロープウェーは運休だそうです。

Uchibo20170917_045
浜金谷駅を後にして、東京湾フェリーへ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-9)  

燈篭坂大師から、JR竹岡駅方面は歩いていきます。国道は、歩道があるところもあり、それほど歩きにくくはないはずですが、今日は雨なので楽ではないです。
Takeoka20170917_041
国道沿いにある、「黄金アジ」の幟が揺れる磯料理マルゴ食堂に入ります。

幟が立っているくらいですから、アジにしましょう。
Takeoka20170917_042
アジフライ定食950円です。太ったアジが3尾ついてきました。

昼食を終えて外に出ると、お店の隣に真新しい鳥居が建っていました。
Takeoka20170917_043
黄金井戸の赤文字があります。

Takeoka20170917_044
ここはヒカリモの発生地だそうです。地図を見ると天然記念物マークがついているところですね。

井戸の中を覗いてみます。
Takeoka20170917_045
ヒカリモの開花時期に当たる3~5月だと、水面が黄金色になるのだそうです。今は、水中のザリガニが見えるくらい藻はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-8)  

切り通しトンネルを歩きます。
Amaha20170917_036
削った痕が残っています。

トンネルを抜けたところが燈篭坂大師です。
Amaha20170917_037
せっかくここまできたのですから、お参りしていきましょう。石段を登ります。

石段の途中から、今通ってきたトンネルを振り返ります。
Amaha20170917_038
舗装されていますから、今では車も通れますが、1台がやっとの幅です。今日はとにかく雨が止みません。

ようやく石段を登り切りました。
Amaha20170917_039
こんな天気ですから、他には誰もいません。わずかですがお賽銭を入れて旅の無事をお参りしておきます。

下を見れば、内房線の線路が見えます。
Amaha20170917_040
背景からいって、撮影地にはならないでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-7)  

パンフレットにあった写真は、燈籠坂大師の切り通しトンネルです。
Amaha20170917_031
バスの走る国道から、左側の道に入ります。

少し歩くとトンネルがあります。
Amaha20170917_032
燈籠坂大師入口と書かれています。この薄暗いトンネルを進みます。

そのトンネルを抜けると、内房線の線路が見えました。
Amaha20170917_033
さらに進むと、パンフレットの写真にあった切り通しに着きました。

Amaha20170917_034
これが燈籠坂大師の切り通しトンネルです。

Amaha20170917_035
上の方の垂直になっている部分が、明治から大正に掘られた部分。その下の裾広がりになっている部分が、昭和初期に地元住民によって鋸山の石切の技法を用いて切下げ工事を行われた部分だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-6)  

館山行きの普通電車を上総湊駅で降りて、駅前の天羽日東バスののりばへ向かいます。
Amaha20170917_026
今年の「サンキュー❤ちばフリーパス」のパンフレットにある、ある風景が気になってそこに行って見ようと思ったのです。でも、そこへ行く天羽日東バスのこの路線は、「サンキュー❤ちばフリーパス」では乗れないのですが。

路線図にも出ている、大師口というバス停がその最寄りバス停です。
Amaha20170917_027
11:05の高島別荘行きに乗っていきます。戸面原ダム行きのバスは、かつては金束まで運行されていて、長狭街道を走る鴨川日東バスに乗り継いで鴨川まで行けたのですけどね。とにかく天羽日東バスは、所有車両も路線も小規模な会社です。

バスもなかなかの年代物です。
Amaha20170917_028
ノンスリップ床のツーステップバス。いすゞのシャーシ、IK COACHのボディです。

Amaha20170917_029
ほとんどが1人掛けの座席です。乗客は自分だけでした。

Amaha20170917_030
予定通り大師口バス停で降りて、歩いて目的地へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-5)  

内房線の昼間の普通列車が、木更津で分割されるようになって、初めて乗りに来ました。
Uchibo20170917_021
以前は、1番線が上り、3番線が下りで4番線が久留里線。2番線が折返し普通電車などになっていました。だから、木更津折返しの下りも2番線発になるので、同一ホームでののりかえが出来ないのだと思ってました。

実際は違って、1・2番線で内房線の上り・下り、3番線が折返し電車、4番線が久留里線と、今までと2番線と3番線の使い方が逆になっていました。

Uchibo20170917_022
久留里線のディーゼルカーです。このE130系100番台の後は、ハイブリッド車の増備が続いていますから、JR東日本の純粋なディーゼルカーとしては最新型なのかな。

2番線に先発の特急が到着しました。
Uchibo20170917_023
2番線から下り電車が次々と発車していくのは、今までのことしか知らない身には新鮮に映りました。

Uchibo20170917_024
土休日のみ運転の「新宿さざなみ」ですね。三連休の中日ですが、こんな天気なので乗車率はあまり高くないようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

サンキューちばの2日間(1-4)  

回送待ちのトロッコ車両です。
Kominato20170917_016
トロッコのヘッドマークには、花瓶が設置してあり、いつも季節の花が飾られています。今日は、花ではなく蒲の穂が入っていました。

跨線橋を通って、小湊鉄道からJRへ向かいます。
Kominato20170917_017
喫茶店のような、ちょっとステキな看板がありました。

JRホームに移動しました。
Uchibo20170917_018
乗車予定の快速君津行きは、現在遅れているようです。

その間に、小湊ホームからトロッコの回送が発車していきました。
Kominato20170917_019

遅れていた快速に乗って、木更津に着きました。
Uchibo20170917_020
木更津始発の館山行きに乗り換えます。快速を君津駅まで乗れば同じホームで乗り換え可能とのことですが、やっぱり始発から乗らないと座れませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンキューちばの2日間(1-3)  

206号は切り抜き窓、212号はユニットサッシです。
Kominato20170917_011
国鉄の113系も製造時期で、こんな2種類の窓がありましたね。

Kominato20170917_012
足下に明かり取りの小窓があるドア、こんなドアがついている車両も、全国的に見ると少数派になってしまったようです。

Kominato20170917_013
運転席の大きなハンドル。手ブレーキですね。このハンドルを回して、機械的に締め付けてブレーキをかけるのです。

Kominato20170917_014
雨の日曜日の朝、車内は通学客もおらず、極めつけに空いていました。

9:43五井駅に到着しました。
Kominato20170917_015
向かいの4番線には、牛久へ回送されるトロッコ編成が停まっていました。この天気で、今日はどれくらいお客さんが乗ってくれるでしょうか。3連休だから、それなりに乗ってくれるといいのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

サンキューちばの2日間(1-2)  

乗り継ぎ時間があるので、駅前に出てみます。
Isumi_nakano20170917_006
雨の朝、上総中野駅前は自分以外いません。自販機の横には、来月行われるお城祭りのポスターが貼られています。この時期は、サルスベリのピンクだけが目立っています。

小湊鉄道がやってきました。
Kominato20170917_007
雨の中をヘッドライトを点けてやってきます。まぶしいです。1両かな、2両編成かな。

どうやら2両編成のようです。
Kominato20170917_008
線路脇には、数は少ないですがヒガンバナが咲いていました。

ホームのサルスベリの向こうを入線します。
Kominato20170917_009

到着です。折返し8:32の五井行きになります。
Kominato20170917_010
206+212の2両編成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

サンキューちばの2日間(1-1)  

2017年9月17日(日)。今日から明日の敬老の日までの2日間、「サンキュー❤ちばフリーパス」を使って、県内の日帰り旅を2回やります。今日は内房方面、明日は銚子方面へ行く予定です。

今年も発売になった「サンキュー❤ちばフリーパス」です。
Thankyou20170917_001
千葉県内のJR線と小湊鉄道、いすみ鉄道、銚子電鉄全線に乗れます。

バスは、一部の路線のみが利用可能です。
Thankyou20170917_002
利用可能路線は、ご案内に記載されている路線です。このきっぷが利用可能な期間は「南房総フリー乗車券」の発売が中止されています。勝浦や千倉では、「南房総フリー乗車券」と「サンキュー❤ちばフリーパス」で利用できるバス路線が微妙に違うので、発売になると混乱しそうだなと感じる部分ではあります。

今日は、自家用車で大多喜駅下の町営駐車場へ向かいます。そこに自家用車を停めて、大多喜駅から「サンキュー❤ちばフリーパス」の旅を始めます。
Isumi_kiha28_20170917_003
大多喜駅では、快速100Dになるキハ編成が入れ換え準備をしていました。キハ28にヘッドマークはありません。雨の日スペシャルで、ヘッドマーク無し快速をやるのでしょうか。

大多喜7:28の53Dが到着しました。
Isumi350_20170917_004
352ムーミンですね。これに乗って、終点の上総中野を目指します。

Isumi350_20170917_005
終点の上総中野に到着しました。8:32の小湊鉄道まで、約40分の待ち合わせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:千葉の鉄道フレーム切手 本日発売(2) 

いすみ鉄道の売店にも、しばらく前からこういうチラシが置いてありました。
Chiba_fram_stamp20181119_06
郵便局よりも200円高く「特典付」で売るそうです。いすみ鉄道も11/17から売るのかと思って売店へ行ったのですが、11/17から売るのは東京中央郵便局の「KITTE」だけで、いすみ鉄道売店も11/19からとのことでした。

ということで、売店でも1セット、「特典付」を買ってみました。
Chiba_fram_stamp20181119_07
これが特典です。鉄貼(てっぱり)に定規、それにポストカードのようです。鉄貼だけでも売価200円ですから、損はないです。

広げてみます。
Chiba_fram_stamp20181119_08
ポストカードは6枚組でした。

定規は、なんでも、この特典のために特に作ったものだとか。
Chiba_fram_stamp20181119_09
定規の表裏のデザインです。フレーム切手やそのバックシートに使われているのと同じものを使用しているようです。なんでも、超限定数作成とのことなので、これから買いに来る人は売り切れたらごめんなさいと売店の方が言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:千葉の鉄道フレーム切手 本日発売(1) 

2018年11月19日(月)。本日、郵便局から千葉県の鉄道に関する、関東支社版のフレーム切手が3件発売になりました。

いすみ鉄道開業30周年記念~いすみ鉄道の四季~
Chiba_fram_stamp20181119_01
売価1300円、販売地域は茂原市、東金市、勝浦市、山武市、いすみ市、大網白里市、九十九里町、芝山町、一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長南町、長柄町、大多喜町、御宿町内の全72局と横芝局、横芝上町局、横芝北清水局、大総局、木更津局、久留里局、市原局、千葉中央局の計81局です。

小湊鐵道の四季
Chiba_fram_stamp20181119_02
売価は1380円、いすみ鉄道より80円高いです。販売地域は、千葉市中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区・美浜区、市原市内の全134局と木更津局、久留里局、大原局、大多喜局の計138局です。

久留里線のある風景
Chiba_fram_stamp20181119_03
売価は、これも1380円と少し高めの設定。販売地域は、館山市、木更津市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、南房総市、鋸南町内の全97局と市原局、千葉中央局、大原局、大多喜局の計101局です。

ということで、大多喜局が3種すべての発売局になっているので、さっそく買ってきました。すると、こんなハガキをくれました。
Chiba_fram_stamp20181119_04
表面はあえて載せません。1枚購入で1枚もらえました。A賞は平日で10名限定です。もちろん、1枚のハガキで1人しか応募できません。2人以上がまとめて当選する可能性は低いでしょうから、もしかすると狙い目なのかなぁ。でも、その日仕事が休めるかどうかわからないしねぇ。やっぱり「駅長犬」タオルかな。さて、どうしよう。

それにしても、いすみ鉄道の車庫ではなく車両基地って、いったいドレのことなんでしょうか。そこにこそ、興味があったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

バスまつりと鉄道写真とネコ(14)  

今日は「休日おでかけパス」ではなくIC乗車券です。ですから、JRにこだわる必要はありません。麦マル2からほど近い、都営地下鉄大江戸線の牛込神楽坂駅へ歩いていきます。そこから大江戸線で、上野御徒町駅で降ります。地上に出てめざすのは、京成上野駅です。
Keisei20170916_71
久しぶりに京成電車に乗って、千葉まで行ってみようと思います。

ホームには成田空港行きのスカイライナーが待っています。
Keisei20170916_72
でも、これには乗れません。

京成本線経由の成田空港行き特急に乗ります。
Keisei20170916_73
京成津田沼で降りて、ちはら台行きに乗り換えます。

そのちはら台行きを千葉中央で降ります。
Keisei20170916_74
京成も、ほとんどがステンレス車になりました。それでも、まだ鋼製車が少しだけ残っているハズです。

千葉中央まで乗り入れしている新京成です。
Keisei20170916_75
こちらは鋼製車が多く、今でもカラフルな車体を楽しませてくれます。

この後、千葉で用事を済ませて、JR千葉駅からJRに乗って上総一ノ宮駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(13)  

さっそくいただきます。
Kagurazaka20170916_066
自分でたのんだヨモギマンヂウです。

Kagurazaka20170916_067
自分で運んだおだちんでいただいた(笑)、マンヂウです。やっぱりあんこに緑茶はおいしいです。

Kagurazaka20170916_068
もう9月。夏メニューが書かれた黒板も、少し消えかかっていました。

Kagurazaka20170916_069
この暖簾、なんだかいいなあ。やっぱりネコが描かれているからかな。

こんなレトロな扇風機も、少し高いところで回っていました。
Kagurazaka20170916_070
結局、ネコさんはお散歩中だそうで会うことは出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

バスまつりと鉄道写真とネコ(12)  

あゆみギャラリーを後にして、神楽坂を下ります。「神楽坂 ネコ」で検索したら、ネコ関係の雑貨をそろえたお店と、1件の喫茶店がヒットしました。その喫茶店へ向かったのです。
Kagurazaka20170916_61
看板ネコさんがいるという「麦マル2」というお店です。

看板にもネコさんが描かれています。
Kagurazaka20170916_62
しかし、この蔦の絡まる建物、いったいどこから入るのでしょう。どうやらここが入口らしい、入ります。

おばさんが1人いました。お客さんはいません。ここでも2階でも、好きなところでどうぞとのこと。
Kagurazaka20170916_63
急な階段を上がって2階へ行きます。古民家なんですが、蔦が家の中にまで入っています。

ちょっと暑いですが、こういう建物ですからクーラーはありません。
Kagurazaka20170916_64
こんなレトロな扇風機がいくつか置かれています。スイッチを入れると、風がそよいできます。

ここはマンヂウカフェとも書かれています。黒板にあった、「夏の美味しいセット(特製アズキ入りアイス、冷たいグリーンティ、マンヂウ)」を頼みます。おばさんが下で出来たからとりに来て下さいと声がかかります。
Kagurazaka20170916_65
「若いのがいれば上まで届けるのだけど、今出かけていて。その代わりマンヂウ1つおまけしといたからね」だって。おばさん、ありがとね。いやあ、この小学校の給食みたいなお盆もなつかしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

バスまつりと鉄道写真とネコ(12)  

神楽坂のあゆみギャラリーに到着しました。
Nakai20170916_056
中井精也先生の写真の即売会をやっているのです。時間を決めて、展示替えをするとのこと。ちょうど切り替え前の時間なので、すぐに入ることが出来ました。

Nakai20170916_057
ゆる鉄画廊の写真です。大きさにかかわらずプリント写真が10000円、上から透明な塗りが入った作品が15000円均一です。

なにかネコ関係あるかな。養老渓谷駅のネコさん、あるかな。
Nakai20170916_058
小さいけど、塗りが入った適度にぼやけたゆる鉄写真のキミちゃん(銚子電鉄君ヶ浜駅)の写真が気に入って、買うことにしました。裏面にサインを入れてくれて、そのまま持ったポーズを撮らせていただきました。

自宅に戻って、階段に鉄写真ギャラリーをつくりました。もちろん、この写真も飾ってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(11)  

晴海のフェリーターミナルから見える風景です。
Harumi20170916_051
これが、話題の豊洲ですね。

Harumi20170916_052
お台場のフジテレビですね。こち亀で、何回もあの円形の建物が壊されてますよね。

Harumi20170916_053
そして、レインボーブリッジですね。

都営バスに乗って豊洲駅で降ります。豊洲から東京メトロ有楽町線と東西線を乗り継いで神楽坂駅で降りました。目指すのは、神楽坂にあるあゆみギャラリーという小さな建物です。ここが今日2つ目の目的地なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(10)  

メイン会場内の各社ブースも回りました。買ったのは、バスコレとトミカですけど。
Harumi20170916_046
東急バス、小田急バスのⅢ、それに関東バスの会場オリジナルを買いました。

関東バス、会場オリジナルの証は、分類番号の末尾にAがついていることだそうです。
Harumi20170916_047
通常品は荻10荻窪駅ですが、これは荻10下井草駅です。

関東バスは、2016年も晴海でオリジナル品を売ったということなので、今年もあるかなと行ってみたら、売っていたというのが正直なところです。
Harumi20170916_048

登録番号(ナンバープレート)については、通常品と同じなのだそうです。
Harumi20170916_049

それからトミカは、京急バスと東急バスです。
Harumi20170916_050
これは以前に買ったかなという記憶もあるのですが、買い漏らすと次のチャンスがいつになるのかわからないので、1台ずつ買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(9)  

今日は朝食もとっていなかったので、早めの昼食にします。この時間ならまだワゴン広場の座席も空いていますから。去年は、食べる場所を探すだけでも苦労しましたから。
Harumi20170916_041

唐揚げも買ってしまいました。
Harumi20170916_042

そろそろ会場内に入りましょう。
Harumi20170916_043
メイン会場に入って、まずはスタンプラリーをやりながら、物販にもいきます。

今年のスタンプシートです。
Harumi20170916_044
ただ押すのではなく、きれいに押すのがスタンプコレクターです。

ゴールの賞品はシールです。抽選券もあったのですが、抽選時に会場にいないと無効なので、最初からもらいませんでした。
Harumi20170916_045
各社のキャラクターが、1枚のシールの上に集まっているのはこういうイベントならではなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

バスまつりと鉄道写真とネコ(8)  

今回のいちばん人気は、きゅんたが運転席に座っている小田急バスのようです。
Odakyu20170916_036

フルカラー液晶にも、ちゃんと「きゅんた」の表示があるのです。
Odakyu20170916_037

正面から全体も撮っておきます。
Odakyu20170916_038

もちろん、路線バスの表示も出してくれました。

Odakyu20170916_039_2

これは柿25柿生駅北口行きの終バス表示です。

あの犬のマークの小田急バスの表示もありました。
Odakyu20170916_040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(7)  

いちばん奥は関東バスでした。サイドからは撮りづらい場所です。
Kanto20170916_031
荻51シャルーレ荻窪の赤枠終バス仕様です。

続いて荻56日本年金機構入口です。
Kanto20170916_032

その向かいに京急バスがいるのですが、こちら側は通路からはドア側が見えません。もっと撮りづらいです。
Keikyu20170916_033
蒲36森ヶ崎の赤枠終バス仕様です。

その隣が京王バスです。
Keio20170916_034
準特急京王八王子って、電車代行みたいな幕があるのですね。

こちらは「彼岸バス(直通)」の文字があります。春秋には普通に見られるのでしょうか。
Keio20170916_035
磨02多磨霊園表門行きです。英語表示は「DIRECT TO TAMA-REIEN」とくに表門という表記はないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

バスまつりと鉄道写真とネコ(6)  

MSCセンタービルという表示です。
Tokyu20170916_026
これも田町駅とMSCセンタービルを結ぶ、関係者線用の無料バスだそうで、一般人は乗車できません。

ちゃんと教習のときは専用の表示がある会社は多いですよね。

Tokyu20170916_027

これも一般路線ではありません。
Tokyu20170916_028
東急線の駅から無料のバスが運転されているようです。

Tokyu20170916_029
縦書き用の横幕に、横書きで文字が入っているのが、なんとも素晴らしいアイデアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(5)  

東京都交通局の隣は、東急バスでした。
Tokyu20170916_021
東98系統といえば、等々力と東京駅を結ぶ、長距離路線ですね。1回だけ乗ったことがあります。

Tokyu20170916_022
渋72系統の、目黒不動尊の縁日時の分離運転表示ですね。徒歩連絡とあります。

Tokyu20170916_023
横幕も【徒歩連絡】とあります。これは、まだ乗ったことはありません。

Tokyu20170916_024
東京都市大学の特定輸送の表示です。2つのキャンバスを直行するのですね。

Tokyu20170916_025
横幕表示も、両キャンパスを出すだけのシンプルなもの。特定輸送だけに一般人は乗れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

バスまつりと鉄道写真とネコ(4)  

さらにいろいろと幕が変わります。
Toei20170916_016
六本木経由渋谷駅行きの深夜バスです。花火ではなくフクロウのイラストが入っているのですね。

それから、今日のイベントの特別な幕も披露されました。
Toei20170916_017
「ご来場 ありがとうございました!」です

Toei20170916_018
「ようこそ バスまつりへ!」です。

それから、年賀ハガキ用画像ということで、こんな幕も披露されました。まだ9月ですけどね。
Toei20170916_019
これが、けっこう人気のようで、自分もバス好きの友人からこの画像の年賀ハガキをもらったことがあります。

Toei20170916_020
もう1台の東京都交通局のバスにも、年賀ハガキ用画像の幕が披露されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(3)  

もう1台、東京都交通局から来ているバスがあります。
Toei20170916_011
浅草だけに花火のイラスト入りなのでしょうか。フルカラーLEDならではのカラフルな表示です。

Toei20170916_012
急行葛西行きも花火ですね。

Toei20170916_013
南千住車庫行きは、模様が入っているだけです。でも、オレンジ、赤、緑の3色LEDとは明らかに違いますね。

Toei20170916_014
とうきょうスカイツリー駅行きです。

Toei20170916_015
迂回区間入りの横幕です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

バスまつりと鉄道写真とネコ(2)  

まずは、外会場が撮影タイムなので行きます。周りに人がいない状態で撮れるのは朝のうちだけですから。
Toei20170916_006

一定時間で行き先表示を変えてくれるので、見ているだけでも楽しいのですが、いろいろなバスを撮りたいですからね。
Toei20170916_007

しかし、フルカラーLEDになると、多彩な表示ができるんですね。
Toei20170916_008

急行の最終便というシチュエーションでしょうか。
Toei20170916_009

反対側の側面も撮っておきます。
Toei20170916_010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスまつりと鉄道写真とネコ(1)  

2017年9月16日(土)。今日は3つの用事をまとめて楽しむために、東京へ行きます。「休日おでかけパス」を買おうかなと思ったのですが、今日はそれほどJRを利用しないので、IC乗車券で行くことにしました。

自宅から上総一ノ宮駅までは自家用車で向かいます。
Sotobo20170916_001
7:00の京葉快速東京行きに乗ります。6両編成ということは、勝浦始発のアレですね。

2番線には、上総一ノ宮止まりの225Mが到着しました。
Sotobo20170916_002
外房線では数少ない10両編成です。10両編成の普通電車が入るのは、上総一ノ宮までです。

そして快速東京行きが到着しました。
Sotobo20170916_003
蘇我で総武快速東京行きに乗り換え、錦糸町で降ります。

錦糸町からは都営バスに乗り換えです。
Toei20170916_004
そして、「バスまつり2017in晴海」の会場になる晴海フェリーターミナル最寄りの晴海ふ頭バス停に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月15日は5件のリリースが出ていました。しながわ以外は便局のネットショップ扱いがあります。

9月15日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

シナモロールのしながわお空のお散歩
販売日 2017年9月22日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 品川区内の全42局と東京中央局の計43局

シートはアイボリーです。売価は1500円です。


9月15日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

小池邦夫・「人間配達」―最高の人生を送るための道しるべ―
販売日 2017年9月24日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 (9/24)松山市立子規記念博物館臨時出張所、(9/25~)松山市内の全66局と東京都狛江市狛江局、徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計70局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月15日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

坂山憲史・「人間配達」 ―最高の人生を送るための道しるべ―
販売日 2017年9月24日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 (9/24)松山市立子規記念博物館臨時出張所、(9/25~)松山市内の全66局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計69局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月15日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

いきいき茨城ゆめ国体2019
販売日 2017年9月25日(~未発表)
販売部数 2,040部

販売地域 水戸市、笠間市、那珂市、ひたちなか市、東海村、大洗町、城里町、茨城町内の計92局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月15日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

曽爾の獅子舞~三百年続く伝統芸能~
販売日 2017年9月22日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 曽爾村、宇陀市、桜井市、橿原市、香芝市、御所市、葛城市、大和高田市、川西町、三宅町、王寺町、高取町、広陵町、平群町、三郷町、上牧町、田原本町、河合町、御杖村、明日香村内の全98局と奈良中央局の計99局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月14日は1件のリリースが出ていました。便局のネットショップ扱いがあります。

9月14日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

東京中央郵便局 軌跡
販売日 2017年9月16日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 東京中央局のみ

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。ポストカード台紙、プロフィール台紙とのセットで売価は1900円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月13日は3件のリリースが出ていました。ルパン以外は便局のネットショップ扱いがあります。

9月13日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

海と川を旅する釧路からはじまるいのち
販売日 2017年9月15日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の全67局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計75局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月13日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

ルパン三世 in HAMANAKA TOWN 2017
販売日 2017年9月16日(~未発表)
販売部数 1,300部

販売地域 釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の計67局

シートはオリジナル2です。売価は1500円です。


9月13日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

丹波市立東小学校鼓笛隊 結成50年記念
販売日 2017年9月20日(~未発表)
販売部数 1,025部

販売地域 丹波市、川西市、宝塚市、三田市、篠山市、猪名川町内の全105局と西宮東山台局、塩瀬局の計107局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

い鉄で出勤(2017-82) 

2017年9月15日(金)。今日もいすみ鉄道で出勤します。今朝も少し早めに出て、国吉~新田野間の踏切近くの農道へ行きます。

ヒガンバナがさく畑の脇の道の先を列車が走るというイメージなのですが。
Isumi300_20170915_01
6Dは2連なので、編成全部が入るわけではないのですが。301+352の2連が走り去りました。

国吉駅へ向かい、いつもの出勤となります。
Isumi300_20170915_02
今朝の5Dは302スニフでした

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170915_03
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi300_20170915_04
301パパ&ママでした。

どうも気になって待合室に寄ってしまいます。
Isumi_kuniyosi20170915_05
やっぱりいつもの場所にいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

い鉄で出勤(2017-81) 

2017年9月14日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

今朝も早めに家を出て新田野駅へ寄りました。
Isumi300_20170914_01
袈裟は曇っているので、側面まで写りました。通学対応の6Dは302+301のセミクロス車の2連でした。

国吉駅の市営駐車場に停めて、ホームへ急ぎます。
Isumi350_20170914_02
今朝の5Dは351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi350_20170914_03
今朝の8Dは352ムーミンでした。

帰宅はラストの30Dになりました。
Isumi300_20170914_02
302スニフでした。

今日も待合室に寄ってみます。
Isumi_kuniyosi20170914_05
やっぱりベンチの下にいました。ここに住み着いちゃったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-80-2) 

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi350_20170913_06
352ムーミンでした。

待合室をのぞいてみます。
Isumi_kuniyosi20170913_07
ベンチの下の段ボール箱の中にこいついました。もしや子猫ですか。すでに増殖していましたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-80-1) 

2017年9月13日(水)。今日はいすみ鉄道で出勤します。少し早く家を出て、新田野駅に寄ります。

駅の国吉寄りの空き地に、毎年ヒガンバナが咲くのです。行ってみると、今年もそこそこ咲いていました。
Isumi350_20170913_01
通学対応2連の小原行き6Dが走っていきました。この6Dが次の上総東で、乗車する5Dと交換するので、急いで国吉駅へ向かいます。

市営駐車場に車を停めて駅前へ行くといました。
Isumi_kuniyosi20170913_02
あれま、1匹じゃなかったのですね。また仲間が増えそうですね。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20170913_03
キハ201303でした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_siromigaoka20170913_04
気にかけていたバイパス歩道沿いのヒガンバナ、すっかり咲きました。

今朝の8Dがやってきました。
Isumi300_2017099913_05
301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

い鉄を撮りながら病院へ 

2017年9月12日(火)。今日は3ヶ月に一度の、鴨川の病院での検診です。少し早めに自家用車で出発して、いすみ鉄道の写真を撮ってから鴨川を目指します。

新田野~上総東間のお墓の土手に、ヒガンバナが咲くところがあります。花を前面にして走りゆくいすみ鉄道が撮れるのです。
Isumi_nittano20170912_01
もう咲いているかと思ったのですが、まだ撮影できるほどには咲いていませんでした。

しかたなく、車両のみを撮ります。
Isumi300_20170912_02
今朝の8Dは、302スニフでした。

上総東に向けて、坂道を上っていきます。
Isumi300_20170912_03

検診の結果は、いつも通り「異常ありませんね」でした。その言葉を聞くために、毎回1日がかりです。
Kamogawa20170912_04
病院内のバスのりばは、千葉や東京への高速バスの始発地点。たくさんのバスが待機しています。

帰りがけに、実入海岸にある北斗星に寄り道して遅い昼食にしました。
Kamogawa20170912_05
自動車が突っ込んで、いろいろなものが壊れたとか。母屋は減築して直しているらしいです。新しくできたスペースは来客用の駐車場になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月12日は3件のリリースが出ていました。すべて便局のネットショップ扱いがあります。

9月12日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

国指定重要無形民俗文化財「長崎くんち」
販売日 2017年9月19日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 長崎市、諫早市、島原市、南島原市、雲仙市、西海市、長与町、時津町内の計144局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月12日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

キーコのまち鉄道開業1周年
販売日 2017年9月15日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 函館市、北斗市、七飯町、木古内町、知内町、鹿部町、八雲町、森町、長万部町、松前町、福島町、江差町、上ノ国町、奥尻町、今金町、せたな町、乙部町、厚沢部町内の全141局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計149局

シートはオリジナル2です。B5台紙 、道南トロッコ鉄道開業1周年記念レプリカ切符とのセットで売価は3300円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月12日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

第55回記念 江差追分全国大会
販売日 2017年9月15日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 函館市、北斗市、七飯町、木古内町、知内町、鹿部町、八雲町、森町、長万部町、松前町、福島町、江差町、上ノ国町、奥尻町、今金町、せたな町、乙部町、厚沢部町内の全141局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計149局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。9月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

い鉄で出勤(2017-79) 

2017年9月11日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅に5Dがやってきました。
Isumi350_20170911_01
今朝は351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_siromigaoka20170911_02
その途中で、気にかけていたヒガンバナを見ると、かなり赤い部分が大きくなっています。まもなく咲きそうです。

今朝の8Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20170911_03
キハ201303でした。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi300_20170911_04
今日は302スニフでした。

列車が去ったホームに、赤白ネコさんがいました。
Isumi_kuniyosi20170911_05
話しかけたけど、こちらに興味を示してくれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月11日は1件のリリースが出ていました。便局のネットショップ扱いがありません。

9月11日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

吟醸酒発祥のまち 東広島市のマンホール
販売日 2017年10月6日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 広島市安芸区、竹原市、東広島市、海田町、熊野町、坂町、大崎上島町内の全67局と御手洗局、下蒲刈局、大浜局、久友局、蒲刈局、大長局、豊島局、向局、大浦局、安浦局、呉仁方局、川尻局、安浦三津口局、呉天応局、呉焼山局、安登局、呉郷原局、呉桜ケ丘局、呉泉ケ丘局、音戸局、倉橋局、室尾局、呉警固屋局、先奥局、田原局、釣士田局、鹿島局、呉警固屋七局、本郷局、神田局、和木局、大草局、南方局、三原小泉局、高坂局、瀬戸田局、御寺局、名荷局、瀬戸田中野局、広島中央局の計107局

シートは大型です。オリジナル缶バッチ1個とのセットで、売価は1800円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

青春18きっぷ最後の1日(22)  

小淵沢始発17:12の甲府行きに乗ります。
Koumi20170910_106
211系の3両編成です。セミクロスシート車で、十分に空いていたのでボックス席でくつろいでいきます。

横川のおぎのやドライブインで買ってきたものが、もう1つあります。
Koumi20170910_107
「碓氷峠の力餅」です。「峠の力餅」といったら、奥羽本線峠駅のものが頭に浮かぶのですが、碓氷峠にも似た名称のものがあったので、ついおもしろがって買ってしまいました。生ものですから、早めに食べた方がいいでしょう。空いている普通列車の旅のお供になりました。

甲府駅に到着しました。ホームの向かいにはすぐに接続する高尾行きが停まっていました。セミクロスシート車の6両編成。ボックス席に空きボックスはないものの、相席かドア脇のロングならまだ空きはありました。
Koumi20170910_108
でも、その向こうに停まっている試運転中のE353を撮りたくて、見送ることにしました。

次の18:37の甲府始発の高尾行きに乗車します。
Koumi20170910_109
先ほどと同じ211系の6両編成ですが、今度はオールロングシートでした。

高尾からは中央特快に乗り換えてお茶の水へ。総武緩行線で錦糸町へ出て、錦糸町で21:19の外房快速上総一ノ宮行きに乗り換えます。この時間なら錦糸町からでも座れるかなとグリーン券を買って待ちました。なんとか空席がありました。上総一ノ宮で普通列車に乗り換えて、自宅最寄りの長者町には22:57の到着となりました。なんとか、その日のうちには床につくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(21)  

甲斐大泉駅を通過します。
Koumi20170910_101
「甲斐」という駅名からいって、もうここは山梨県ですね。

大泉があれば小泉もあります。
Koumi20170910_102

山頂に少し雲がかかっていますが、富士山も見えてきました。
Koumi20170910_103

小淵沢駅手前の大カーブです。
Koumi20170910_104
ここまで来ると、今までの曇り空が嘘のように、きれいな青空が広がっていました。

終点の小淵沢に到着です。
Koumi20170910_105
普通・快速列車の指定席はSL列車等を含めて通常は520円です。でも、この列車は特別料金820円。300円ほど高いですが、十分のその価値のある列車だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(20)  

八ヶ岳を見ながら、少しずつ最高地点へと高度を上げていきます。
Koumi20170910_96
野辺山駅の標高が1345.67mで、最高地点の踏切が列車名にもなっている1375m。30mほど上るのです。

最高地点の踏切にさしかかります。列車も少し速度を落とします。
Koumi20170910_97
踏切の斜め前に、最高地点の標柱が建っています。

大勢の人が、最高地点の踏切でこの列車にカメラを向けていました。
Koumi20170910_98
でも、あの位置から撮るとJR線最高地点の標柱は入らず、ただの列車写真になってしまうのではと思うのですが。余計なお世話ですね。

途中の停車駅でいただいたおもてなしの数々です。

Koumi20170910_99

上田のみすずあめ、南牧村の紫豆羊羹、佐久の銘菓鯉ぐるま、それに信州りんごジュースです。上田などは小海線沿線からは少し外れていますが、この地域全体としてこの列車を盛り上げていこうという意気込みを感じました。

次の清里が最後の停車駅です。停車時間はわずかで、下車することはできませんでした。
Koumi20170910_100
社員の方々の見送りを受けて、終着駅の小淵沢を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(19)  

まだ発車まで少し時間があるので、車両を観察してみます。使われていない中間運転席に、こんなてるてる坊主が下がっていました。
Koumi20170910_91
アテンダントさんにきいてみると、夜の星空号で観察ができますようにという願いを込めたものだそうです。そういえば、今日は曇り空です。夜までに晴れるかは微妙です。

表示器もしっかり撮ってみました。この2つが交互に表示されます。
Koumi20170910_92
とくに列車名の方は3色LED。2号の両側には星印もつく、ちょっと凝った表示だと思いました。

構内踏切が鳴っているわけではないので、長時間停車だし大丈夫かな。
Koumi20170910_93
真っ正面を1枚撮っておきます。こういう機会でしか撮れませんから。

2007年にハイブリッド車キハE200形が登場したときに、小海線全線に設置された「わくわくエコランド」駅名標が、野辺山駅には残っていました。
Koumi20170910_94
その後登場したJR東日本のハイブリッド車は、HB-E300系(リゾート車)、HB-E210系(仙石東北ライン)と先頭表示がHBになってしまい、もはやキハとは別物扱いになりました。

野辺山駅を発車します。次の清里駅との間に、JR線最高地点の踏切があります。
Koumi20170910_95
その踏切への途中、清里ピクニックバスとすれ違います。清里は山梨県ですが、長野県にある最高地点踏切まで足を伸ばす便があるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

青春18きっぷ最後の1日(18)  

いったん、改札を出てみます。
Koumi20170910_86
独特な形をした駅舎です。

Koumi20170910_87
駅前広場の隣には、小さな公園がありました。どこを見ても、最高駅の文字がありますね。

再びホームに入りました。
Koumi20170910_88
標柱、列車、それに独特な形をした駅舎です。白い曇り空ではなく青空だったもっとキレイに写真になったのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(17)  

JRの駅では、最高地点にある野辺山駅に着きました。
Koumi20170910_81
ここでは停車時間があり、みなさん車外に出て写真撮影や駅前散策を楽しんでいます。

Koumi20170910_82
ホームには、JR線最高駅の標柱が建っています。1,345.67mです。2抜きと覚えるのだそうです。

Koumi20170910_83
その標柱と編成を入れて撮ってみました。

Koumi20170910_84
標柱は入りませんが、小淵沢側からの編成です。

Koumi20170910_85
1番線には、標柱、駅名標、バナーの3点セットで撮れるところがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

青春18きっぷ最後の1日(16)  

長野県川上村といえば、日本有数のレタスなどの高原野菜の産地です。
Koumi20170910_76
千葉県では見慣れない農業機械がたくさん働いていました。これは、消毒ですよね。とにかく「腕」が長いですね。

Koumi20170910_77
これは、キャベツの収穫なのでしょうか。あのトラクターの後ろの大きなバケットは何?

Koumi20170910_78
バケットって動くのですね。右側のは、お尻を上げたようになっています。どういう風に使う機械なのでしょうか。

Koumi20170910_79
これは、色からいってサニーレタスでしょうか。やはりバケットのついたトラクターがいます。

Koumi20170910_80
バケットの中に、今度は段ボール箱があります。運搬にも使うのですかね。とにかく、この辺りの農業はスケールが大きいというのはわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(15)  

信濃川上駅に到着しました。
Koumi20170910_71
駅舎はホームよりも一段低いところにありました。

行き違い列車待ちで、しばらく停まるそうです。でもドアは開きません。
Koumi20170910_72
それではと、2号車後部にあるプラネタリウムに行ってみました。

極力、光を入れないように、ドアのガラスも黒いフィルムが貼ってありました。
Koumi20170910_75
先客がお二人いました。何でも、指定券の重複発売があったそうで、ここにいるとか。7月から運転開始になったこの列車に、すでに何度も乗っているという地元の方でした。

行き違い列車がやってきました。
Koumi20170910_73
キハ111+112の2両編成でした。

Koumi20170910_74
こちらの方が先に発車して、対向列車を見送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

青春18きっぷ最後の1日(14)  

中込駅で、行き違い列車待ちの停車です。
Koumi20170910_66
しばらく停まるというので、少し写真を撮ってきましょう。

跨線橋から編成全体を撮ります。
Koumi20170910_67
1号車が20mのキハ112で、2号車が16mのキハ103だというのがわかります。キハ112の連結面寄りドアがなくなって、そこに窓が新設されています。グループ用のボックス席がそこにあります。

羽黒下駅を通過します。
Koumi20170910_68
HIGH RAIL 1375停車駅だけでなく、すべての駅で駅名標を変えたのですね。

八千穂駅です。
Koumi20170910_69
各駅に出ているバナーにも駅名が入っています。ひと駅ずつ作り分けるのはすごい手間だと思うのですが。力の入れようが違うのでしょう。新車の「リゾートビューふるさと」よりも、改造車の「HIGH RAIL 1375」の方が、自分は好きですね。

先ほどデッキにあったウェルカムボードを持ったアテンダントさんがやってきて、記念撮影はいかがですかといいます。
Koumi20170910_70
それではと、あの黄色いドアの前で撮ってもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(13)  

1号車は片側1ドアに改造されています。1・2号車とも運転席直後のドアは乗降には使用されず、編成中央の2号車ドアのみが乗降用になっています。
Koumi20170910_61
乗客全員が通るそのデッキには、こんなウェルカムボードが置いてありました。

そのデッキから2号車入口を見ると、こんな感じです。
Koumi20170910_62
左側のオレンジのドアがトイレ、右の青い蓋付きボックスがゴミ箱です。元のキハ100形とは、まったく別の車両に乗っている感じです。

それから、小海線の駅名標です。
Koumi20170910_63
HIGH RAIL 1375仕様のものになっていました。先月、2017年7月1日から運転を始めたこの列車。小海線の駅の雰囲気も変えていったみたいです。

今日は、えきねっとで乗車3日前まで予約できる、オプショナルプランの「オリジナルスイーツセット」1500円を頼んであります。このセットと乗車券・指定席券込みのツアーで申し込めば、1号車になる可能性大だったのですけど。せっかくの青春18きっぷの旅ですから、セットだけ申し込んでおきました。
Koumi20170910_64
車内線用Wi-Fiで前面展望が楽しめるということで、珍しくタブレットなどを持ってきたのですが、この日は調子が悪く前面展望が飛んでいませんでした。

スイーツセットの箱を開けてみます。
Koumi20170910_65
シャインマスカットと花豆を使ったケーキが1つずつ、それとドリンクを好きなのが1つということです。箱の内側が小海線のイラストマップになっていました。これはなかなか楽しいですね。箱はお持ち帰り決定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

青春18きっぷ最後の1日(12)  

5番線には、すでに「HIGT RAIL 1375 2号」が入線していました。
Koumi20170910_56
全席指定なので、入口でアテンダントさんが指定券をチェックしています。

小淵沢方の先頭です。
Koumi20170910_57
こちら側が1号車です。主に旅行商品用に座席が割り当てられている車両です。

行き先表示です。
Koumi20170910_58
液晶式で「快速ワンマン HIGT RAIL 2号」と小淵沢行きを交互に表示していました。

えきねっとで予約した自分の指定券は、当然のごとく2号車です。
Koumi20170910_59
それでも、窓側のA席に変更できたのは、数日前です。進行方向右側になるD席は、満席で変更できませんでした。1番ですから、壁が前にありますけど、窓側なのでオーケーです。

2号車の車内です。
Koumi20170910_60
黄色い扉のすぐ左側が自分の座る1A席です。1Aと2AはB席のないひとり掛けの座席でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(11)  

いったん小諸駅の改札を出てみます。
Koumi20170910_51
改札口前には、こんな手作りのHigh Rail 1375の案内がありました。

小諸駅の駅舎です。
Koumi20170910_52
駅舎はJRからしなの鉄道へ移りました。右側のガラス戸の中がJRのきっぷうりばです。みどりの窓口は、駅舎ではなくこのガラス戸の中にありました。

駅前にあったバスの案内です。
Koumi20170910_53
かつては千曲バスやJRバスがやっていた路線が、ことごとくコミュニティバスになってしまったのですね。

そろそろ時間かなと、再び改札を入ります。
Koumi20170910_54
入ってすぐのところに、こんなものが展示されています。いったい何でしょう。

解説がありました。
Koumi20170910_55
解説文よりも、左側の「イタズラすると スゴイことするよ うふふふふ」のワープロ文字の方が気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

青春18きっぷ最後の1日(10)  

途中、浅間山がきれいに見えました。残念ながら、4人掛けボックス席の通路側だったので、見るだけで撮ることはできませんでした。
Sinano20170910_46
小諸駅に到着しました。折り返し軽井沢行きになるようです。運転席に、跨線橋の階段から見やすいように「軽井沢行き」の札が下げられました。

1番線に、長野からの快速小諸行きが到着しました。あちらは3両編成です。
Sinano20170910_47
ワンマンと出ていますから、集札業務をしないワンマン列車なのですね。快速停車駅は有人駅がほとんどなのでしょう。

ホームのベンチで、先ほど買ってきた「玄米弁当」で昼食にします。
Sinano20170910_48
これだけおかずが入って500円です。小ぶりとはいえ、お得感があります。玄米ですから、ひとくちずつよくかんでいただきました。

小諸駅は、1~3番線がしなの鉄道、4・5番線がJR東日本です。改札口はしなの鉄道が担当する駅です。駅舎の外に、JR東日本の出札口だけはありま0す。
Sinano20170910_49
ちょうどJRホームは2本の列車で埋まっています。

線路脇に、これから乗るHIGH RAIL 1375の停車位置標識がありました。
Sinano20170910_50
HIGH RAIL 1375は、16mのキハ103と20mのキハ112を連結したデコボコ編成です。20m車ばかりの小海線の列車とは微妙に停車位置が変えないと、反応しない機械があるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(9)  

軽井沢駅に着きました。
Sinano20170910_41
しなの鉄道で保存されている、169系電車が見えました。


昼食はどうしようかな。荻野屋のそば屋へ行ったら、ここでも駅弁を売っていました。横川駅よりもメニューが多彩で、しばらくご無沙汰だった「玄米弁当」が1つあったので、それを買いました。
Sinano20170910_42
小諸まで480円でした。

しなの鉄道軽井沢駅の駅名標です。
Sinano20170910_43
国鉄時代ともJR東日本とも違うカラーリングです。

車両は国鉄時代の115系電車の2両編成です。
Sinano20170910_44
もちろん、国鉄時代からは改造もされていてカラーリングも違っていますけど。

側線には峠のシェルパEF63形電気機関車の姿も見えます。
Sinano20170910_45
しなの鉄道で保存されているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

青春18きっぷ最後の1日(8)  

バスの発車は12:10ですが、混むかもしれないと11:40にはバス乗り場へ行きました。すでに20人近い列ができています。
Jr_bus20170910_36
駐車場には、軽井沢行きの表示を出した西工ボディのトップドア車が停まっています。あれが12:10になるのでしょうか。

すると、軽井沢からのバスが到着しました。++
Jr_bus20170910_37
もしかして、これがそのまま折り返しになるのでしょうか。

そう思った頃、先ほど止まっていたバスが「碓氷バイパス経由 軽井沢駅」の液晶表示を点けて動き始めました。
Jr_bus20170910_38
もしかすると、1台で乗り切れなかったときは、今着いたバスも使うということかもしれません。

横川駅から軽井沢駅までのJRバスと、軽井沢駅から小諸駅までのしなの鉄道は、青春18きっぷが使えませんから別払いです。
Jr_bus20170910_39
JRバスは510円です。JRバス関東の回数券は、発売した支店にかかわらず共通で使える100円券、200円券ばかりかと思っていましたが、ここは運賃に合わせて510円券なんですね。これって、他の支店でも使えるのかな。

碓氷バイパス経由ということで、あのスキーバスの事故現場を通り過ぎます。2人乗務だとしても、夜行日帰り運転はきついですよ。着いてから折り返しまで、まともに寝られないですから。
Jr_bus20170910_40
長野県側に入って軽井沢に入ると、車窓に浅間山が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(7)  

1番線ホームには、かつて横川~軽井沢間で使われていたアプト式レールの説明がありました。
Takasaki20170910_31
アプト式電気機関車は、軽井沢駅前で保存されています。横川側には機関車はありません。

改札を出て目の前にあるのが、「峠の釜めし」で有名な荻野屋の食堂です。
Takasaki20170910_32
そして、その足下の側溝のふたが、アプト式レールの廃物利用なのは、テツには有名な事実です。

そして駅舎の前には、アプト式の後、普通の粘着式になってから峠のシェルパとして活躍したEF63形電気機関車の動輪が展示されていました。
Takasaki20170910_33
これはJRではなく、荻野屋の所蔵品であることが、説明からわかりました。

軽井沢行きのバスまで時間があるので、国道沿いにあるおぎのやドライブインまで行ってみました。
Takasaki20170910_34

かつては「峠の釜アイス」という青い小さな釜に入ったアイスを売っていたのです。ちゃんとドライフルーツで釜飯のように彩りがあって好きだったのです。残念ながら、今はありませんでした。

他に何かないかなと売り場を見て回ります。碓氷峠といえば、真子の青いシルエイティだよな。でも、そんなのあるわけないし。
Takasaki20170910_35
それが、あったんですよ。もちろん、白いハチロクもありましたけど。碓氷峠来訪記念は、青いシルエイティでしょ。わかる人にしかわからないけど。中身はイチゴ味のキャラメルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(6)  

ぐんまちゃんと一緒に写真を撮ろうというのをやっていました。
Takasaki20170910_26
撮影者のいなくなった隙を狙って、ぐんまちゃんだけ撮ります。

今日の編成は、人気のオハニがない編成でした。
Takasaki20170910_27
1号車のスハフ32がアクセントですかね。スハフ32は、まだ2回しか乗れたことがないです。オハニにいたっては、まだ一度も指定券を引き当てたことはありません。


撮影会が終わり、ぐんまちゃんのご帰還です。

Takasaki20170910_28

専用の移動機?に乗っての移動ですね。これって、もちろん荷物用のアレの改造ですよね。

駅員さん2人がかりでの移動です。けっこう大変そうです。でも、歩いて転んでしまっては、大変ですからね。
Takasaki20170910_29
某所であったゆるキャラ選手権で、司会者の方が「自治体の皆さん、もっと歩けるデザインでキャラクター考えてくださいね。中の人、大変ですから」と言っていたのを思い出してしまいました。

横川駅は機関車のつけかえ施設がないので、かならず前後に機関車をつけたプッシュプル運転です。
Takasaki20170910_30
どの日がどんな機関車の組み合わせになるのか、改札口付近にイベント内容とともに掲示してありました。これ、絵入りでわかりやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(5)  

線路際の土手に、蒸気機関車の吐く煙が影になって写ります。
Takasaki20170910_21
次々と形を変える影が見えるのが、蒸気機関車牽引の列車に乗っている実感です。

終点の横川駅に到着しました。
Takasaki20170910_22_2
高崎駅でじっくり列車を見ることができなかったので、ここではしばらく列車を見てから改札を出ることにします。

今日乗った4号車はこの客車でした。
Takasaki20170910_23

今日の牽引機は、D51498でした。

Takasaki20170910_24

ナンバープレートが赤地です。赤プレートは久しぶりに見る気がします。

本日のヘッドマークです。基本的に、文字以外はELと同じみたいです。
Takasaki20170910_25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »