« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の97件の記事

2018年10月31日 (水)

青春18きっぷ最後の1日(4)  

安中を出発してから、スクラッチカードが配られました。
Takasaki20170910_16
かつては、号車毎のジャンケン大会だったのですが、これに変わったようです。

「あたり」が出たら、缶バッチだそうです。
Takasaki20170910_17
みごと「はずれ」でした。半券を切り取らない状態で保存できるから、これでいいのさと、負け惜しみが頭をよぎります。

車窓には、独特な形の妙義山が見えてきました。
Takasaki20170910_18

その頃になって、ようやく車内販売が回ってきました。
Takasaki20170910_19
非冷房のレトロ客車だし、アイスでも食べましょう。横川まで、あまり時間もありませんが。

Takasaki20170910_20
実は、最下段に列車名が入ったレシートが欲しかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

青春18きっぷ最後の1日(3)  

定刻の9:44に高崎に到着です。
Takasaki20170910_11
わずか3分後、9:47に発車する列車に乗り込みます。同じホームでの乗り換えなので、時間的には間に合いましたが写真を撮る時間はありません。

そうです。全車指定のSL列車に乗ったのです。
Takasaki20170910_12
でも12系客車は、先ほど見たとおり使われていません。

今日は茶色い旧型客車を使ったレトロ編成なのです。
Takasaki20170910_13
「SLレトロ碓氷号」です。今日は横川行きがSL、高崎行きがELでの運転です。

途中停車駅は安中と磯部です。安中は数分停車して撮影時間があります。
Takasaki20170910_14
車窓に安中製錬が見えてきました。まもなく安中です。

先頭のSLは混んでいるので、最後部のELを撮りにいきます。
Takasaki20170910_15
今日のELはEF65501です。EF65500番台といったら、小学生の頃、東京駅でブルートレインを撮りに行ったとき、かならず先頭にいた電気機関車です。なつかしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

青春18きっぷ最後の1日(2)  

今朝買った駅弁は、JR東日本リテールネット(NEWDAYSとかをやっている会社ね)の「膳まい」で売っている、ヘッドマーク弁当の第2弾です。
Takasaki20170910_06
今回は「あさま」です。高崎線にはピッタリかな。信越本線横川駅の荻野屋さんの監修です。

Takasaki20170910_08
第1弾同様、トレインカードがついています。

中身はこんな感じです。
Takasaki20170910_07
荻野屋さんの「峠の釜めし」からあんずを抜いて弁当箱に詰めた感じかな。

どこで造っているのでしょうか。
Takasaki20170910_09
成田の会社ですね。社名からして、機内食とか造っている会社なのでしょうか。

高崎駅が近づきました。
Takasaki20170910_10
もうここでしか見ることができない、青い12系客車も車窓に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18きっぷ最後の1日(1)  

2017年9月10日(日)。夏用の青春18きっぷの利用最終日です。今年は2枚、10回分買ったのですが、あと1回残っています。それを使った日帰り汽車旅に行ってきます。前々から、行こうと思って、指定券類は用意してあります。

まずは自家用車で上総一ノ宮駅へ向かいます。自宅を5:30に出発します。
Sotobo20170910_01
水田の中の第二長堀踏切で、外房線に捕まってしまいました。大原始発の224Mです。

上総一ノ宮駅の改札で青春18きっぷの5回目にスタンプを入れてもらいます。
Tohoku20170910_02
でも、改札を入るとおかしなことになっていました。勝浦駅でトラブルがあったようで、大原始発は運転できたものの、大原以南は動いていないようなのです。

Sotobo20170910_03
とりあえず、上総一ノ宮6:08の京葉快速は、外房線内は各駅停車として運転するという放送が入りました。

時間が読めないときは、早く出る方に乗っておくのが得策です。その京葉快速に乗っていきます。
Sotobo20170910_04
編成案内や次の停車駅が出る、ドア上のモニターです。普段の停車駅ではない新茂原では、真っ白にJRの文字だけになって映し出されました。快速電車も各駅に停まる大網からは、通常の表示に戻りました。

東京からは東京上野ラインに乗り換えます。
Takasaki20170910_05
まずは弁当を買って、それから7番線の7:51高崎行きの乗客となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

日帰りで宇都宮へ(5)  

帰りの新幹線では、車内販売がありました。
Tohoku20170909_21
車販アイスといえばスジャータ。栃木とちおとめ味があったので、買ってしまいました。

それから、宇都宮駅の売店で買ってきたどらやきです。
Tohoku20170909_22
「栃木 レモン どらやき」です。レモン牛乳どらやきではありません。名前に牛乳はつかないのですが、イラストにはしっかりMILKがあります。

中身はやっぱり小豆あんこじゃないです。
Tohoku20170909_23
本当に透き通った黄色いあんこでした。

そんな食べ物を楽しみながら東京駅に着きました。
Tohoku20170909_24
いそいで京葉線ホームへ行って、21:00の「わかしお21号」に乗りたいと全員の意見が一致したので、早歩きで歩いて、新幹線ホームから京葉線ホームへ向かいました。自分を含めて、わずか5人でしたから迷子になる者も出ずに、無事に乗り換えることが出来ました。そんなわけで、予定より1時間早く帰宅となったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰りで宇都宮へ(4)  

宇都宮駅西口からバスに乗って宇都宮市文化会館へ向かいます。他のお客さんもたくさんいるので、2本のバスに別れて乗車します。

Utunomiya20170909_16
東関東まで進むのは、ここ数年は1年おきです。2年前は千葉県文化会館、4年前はここ宇都宮市文化会館でした。その4年前は銅賞でしたが、今年は銀賞でした。確実に進歩はしているようです。

表彰式が終わった頃には、すでに外は真っ暗でした。再び路線バスに乗って宇都宮駅に戻ります。
Utunomiya20170909_17
すでに駅前も真っ暗です。

以前は東口の地上にあった「餃子のビーナス」像、いつのまにやら西口のデッキ上に移設されていました。
Utunomiya2017909_18
帰宅後調べてみると、移設されたのは2008年だそうです。ということは、東口で見たという記憶は10年以上前のことなのですね。

ここで、主流の宿泊組とは別れて、自分を含めて5名の帰宅組は夕食を買ってから新幹線改札へと向かいます。
Tohoku20170909_19
帰りは「なすの」ではなく「やまびこ」です。宇都宮からまとまって自由席に乗るのは厳しいだろうと、指定席をとってあります。

行きに大丈夫だったから、帰りも大丈夫でしょう。「宇都宮→自治医大」の乗車券、「休日おでかけパス」、「宇都宮→東京」の新幹線特急券を3枚重ねて自動改札に通します。
Tohoku20170909_20
乗車券は、宇都宮乗車に該当する自治医大までの乗車券に印字がされて戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

日帰りで宇都宮へ(3)  

主たるメンバーは、学生団体券での乗車なのですが、日帰り組は4人ほど。学生団体にはならないので「休日おでかけパス」+乗り越し区間の普通乗車券です。新幹線の改札は4枚まできっぷを投入できます。大丈夫かなと心配しながら「休日おでかけパス」「自治医大→宇都宮」の片道乗車券、「東京→宇都宮」の新幹線特急券の3枚を重ねて投入します。すると、何事もなく自動改札を通過できました。
Tohoku20170909_11
日帰りメンバーの座席は、団券で指定された席の近くを、えきねっとのシートマップを見ながら予約するという方法をとりました。

宇都宮について、まずは宿泊メンバーの荷物をホテルに預けて身軽になります。その後、東口の予約してある餃子屋さんへ行きます。
Tohoku20170909_12
駅近くで、団体を受け付けてくれるところはここくらいしか見つかりませんでした。

団体なので、みんな同じセットで頼んであります。
Tohoku20170909_13
焼き、蒸し、水餃子にいろいろついたセットです。けっこう満腹になります。こんなに食べて、演奏できるのかな。まだ出演まで時間はあるし、若いから大丈夫でしょう。

東口から西口に回ります。
Tohoku20170909_14
駅の側線には、日光線の電車が何本も停まっていました。昼間の運用は少ないのでしょうからね。

会場へのバスが出る西口に来ました。
Tohoku20170909_15
ここからはバスに乗って、会場の宇都宮市文化会館へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰りで宇都宮へ(2)  

自家用車の方が早く大原に到着しました。快速100Dを待ちます。
Isumi_kiha28_20170909_06
やはり、今朝は羽根台座のみの、急行車両の急行運用前仕様で運転されました。

キハ52も同様です。
Isumi_kiha52_20170909_07

折返しは急行1号です。
Isumi_kiha28_20170909_08
種別幕は「急行」になり、羽根台座にも土曜日定番の「夷隅」が入りました。

ここからは、引率の仕事です。大原9:21の特急「わかしお8号」で東京まで行きます。東京からは、東北新幹線で宇都宮へ行きます。
Tohoku20170909_09
自分の旅だったら、宇都宮なら東北本線のグリーン車なんですけど。今回は出演前、できるだけ短時間で移動するというのが目的ですから。

車両はE5系でした。
Tohoku20170909_10
「東北新幹線、乗るの初めて」とか「新幹線なんて、中学校の修学旅行以来」とか、新幹線に乗るというだけで舞い上がっているのが数名います。大丈夫かな、会場で平常心でいられるのかなと、こちらが心配になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰りで宇都宮へ(1)  

2017年9月9日(土)。今日は、日帰りで宇都宮へ行きます。一応、仕事です。東関東吹奏楽コンクールに参加する子どもたちを引率するというものです。

今年は出演順がラストに近いので、早朝地元で最後の練習してからの出発です。
Isumi_kiha52_20170909_01
乗車するのは、快速100Dです。少し早めに大多喜駅へ行ってみると、キハ52に羽根台座がついていました。

検修線に停まるキハ52の愛称版です。
Isumi_kiha52_20170909_02
キハデビューの2011年に、個人的に作って寄贈した快速板じゃないですか。まだ生きていたのですね。

やがて入れ換えが始まりました。
Isumi_kiha28_20170909_04
キハ28も羽根台座だけです。どうやら、今日の快速は遜色急行の仕様で走るみたいです。

1番線に入線完了です。
Isumi_kiha52_20170909_05
子どもたちと顧問の先生は、これに乗って大原まで行きます。

今回は、出演が遅いので、原則事後宿泊で明日帰ってきます。ところが、用事があって遅くなっても今日中に帰ってこなければという子どもが数名いるのです。その日帰りの子どもたちの引率が自分の仕事です。帰りは東京22:01の最終「わかしお」になり、大原まで引率するため自宅最寄りの長者町へ降りることが出来ません。そこで、自分は自家用車で大原まで行き、駅近くに自家用車を停めておくことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

い鉄で出勤(2017-78) 

2017年9月8日(金)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅、下りホームのテーブルです。
Isumi_kuniyosi20170908_01
黄色くなった桜の落ち葉がたくさん落ちています。葉桜から枝だけになる時期が、まもなくやってくるのでしょう。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi300_20170908_02
昨日の30Dで予想はしていましたが、301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170908_03
今朝の8Dは、302スニフでした。

昨日のヒガンバナです。
Isumi_siromigaoka20170908_04
わずか1日ですが、赤い部分が増えたようです。日に日に生長しているのですね。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi300_20170908_05
302スニフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月8日は2件のリリースが出ていました。すべて便局のネットショップ扱いがあります。

9月8日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

世界文化遺産 銀閣寺
販売日 2017年9月15日(~未発表)
販売部数 2,050部

販売地域 京都市(旧京北町域を除く)の計218局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


9月8日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

ツエーゲン金沢 フレーム切手セット
販売日 2017年9月15日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 金沢市(新金沢局を除く)、かほく市、白山市、野々市市、津幡町、内灘町内の114局

シートは大型です。ポストカードとのセットで、売価は2000円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

い鉄で出勤(2017-77) 

2017年9月7日(木)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

雨に濡れた国吉駅のコスモスです。
Isumi_kuniyosi20170907_01
まだ花は少なめです。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20170907_02
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170907_03
今朝の8Dは、キハ201303でした。

ふと足下を見ると、こんなものが生えていました。
Isumi_siromigaoka20170907_04
ヒガンバナですね。もうすぐ、一気に伸びて赤い絨毯になるのでしょう。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi300_20170907_05
301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月7日は1件のリリースが出ていました。便局のネットショップ扱いがあります。

9月7日に日本郵便株式会社本社からリリース文が配信されました。

リサ・ラーソン
販売日 2017年9月15日(~未発表)
販売部数 3,050部

販売地域 函館中央局、小樽局、札幌駅パセオ局、札幌中央局、札幌平岸五条局、千歳局新千歳空港内分室、旭川駅内局、旭川中央局、釧路中央局、青森中央局、盛岡中央局、仙台駅内局、仙台中央局、秋田中央局、山形中央局、福島中央局、郡山局、筑波学園局、水戸中央局、ひたちなか局、宇都宮中央局、前橋中央局、さいたま中央局、朝霞局、所沢局、熊谷局、上尾局、千葉中央局、船橋東局、習志野局、八千代局、柏局、東京中央局、日本橋南局、京橋局、赤坂局、浅草局、深川局、渋谷局、目黒局、玉川局、新宿局、中野局、杉並局、杉並南局、豊島局、練馬局、光が丘局、武蔵府中局、立川局、川崎中央局、中原局、横浜中央局、海老名局、藤沢局、相模原局、茅ヶ崎局、平塚局、新潟中央局、新潟中局、富山南局、金沢駅内局、金沢中央局、福井南局、甲府中央局、長野中央局、松本南局、岐阜中央局、沼津局、静岡中央局、名古屋中央局、ループ金山局、千種局、津中央局、大津中央局、京都中央局、京都府立医大病院内局、京都大学病院内局、大阪中央局、大阪阪急内局、北浜東局、大阪南局、天王寺MiO局、吹田阪大病院内局、寝屋川局、八尾局、神戸中央局、奈良中央局、和歌山中央局、鳥取中央局、松江中央局、岡山中央局、広島中局、広島中央局、広島東局、山口中央局、宇部局、徳島中央局、高松中央局、高松南局、松山中央局、高知中央局、北九州中央局、福岡中央局、博多局、佐賀中央局、長崎中央局、熊本中央局、大分中央局、宮崎中央局、鹿児島中央局、鹿児島東局、牧志局、美栄橋局、那覇中央局の計115局

シートは額縁(62円)です。オリジナル木製クリップとのセットで、売価は3000円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(Sep-3) 

2017年9月6日(水)。今日はまた自家用車での出勤になりました。これは、ちょっとした魂胆があってのことなのです。

今朝もまた、第一森宮踏切のところへ行きました。

Isumi300_20170906_01

稲刈りの終わった田んぼの向こうを、今朝の8Dが行きます。302スニフでした。

今日は、列車番号500番台の普通列車が、キハ編成で走るという情報が入っていました。そこで、昼休みを使って撮影しようと、自家用車で出勤したのです。
Isumi_kiha52_20170906_02
上総東~新田野間を行く513Dです。

キハ編成のときは、キハ28の種別幕がどうなっているかが興味のあるところです。
Isumi_kiha28_20170906_03
白地に黒文字の「普通」でした。

ついつい図に乗って、上り516Dも城見ヶ丘で撮ってしまいました。
Isumi_kiha28_20170906_04
葉桜の並木の中を、キハ編成がやってきます。

今日は天気が悪いです。
Isumi_kiha52_20170906_05
濡れたホームに、キハ編成の516D大原行きが停まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-76) 

2017年9月5日(火)。今日は久しぶりにいすみ鉄道で出勤します。空はどんよりと曇っています。

そんな曇り空の下、今朝の5Dがやってきました。

Isumi300_20170905_01

302パパ&ママでした。


いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。

Isumi_kiha20_20170905_02

今朝の8Dは、キハ201303でした。


帰宅は最終の30Dになりました。

Isumi350_20170905_03

351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(Sep-2) 

2017年9月4日(月)。今日も自家用車での出勤になってしまいました。

少しで遅れて、第一森宮踏切のところへ行きました。今朝の8Dがやってきました。

Isumi350_20170904_01
稲刈りが終わって、刈り取られて水田の向こうを351スナフキンが走っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月4日は2件のリリースが出ていました。茅野市は便局のネットショップ扱いがあります。

9月4日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

日本三景松島
販売日 2017年9月11日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 塩竃市、多賀城市、富谷市、松島町、利府町、七ヶ浜町、大和町、大郷町、仙台市泉区内の全53局と作並局、愛子局、大沢局、熊ヶ根局、仙台栗生局の計58局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。


9月4日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

茅野市の縄文
販売日 2017年9月8日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 岡谷市、諏訪市、伊那市、駒ヶ根市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村内の全局と北小野局の計75局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。クリアファイルとのセットで、売価は1500円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

午後から少しだけい鉄を撮りに 

2017年9月3日(日)。今日は鍵開けボランティアのあと、自宅に戻って過ごしていました。まだ今日は1枚も撮影していなかったなと、急行4号の時間にあわせて、自宅から車で10分ほどの新田野~上総東間の踏み切りに行きました。

急行4号がやってきました。ヘッドマークは日曜日定番の「そと房」です。
Isumi_kiha28_20170903_01

去りゆく姿も撮っておきます。
Isumi_kiha52_20170903_02
キハ52側には、ヘッドマークはありませんでした。

この先、上総東に向かって坂を上っていきます。
Isumi_kiha52_20170903_03
線路には、小さな花がたくさん咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

会社説明会の行きがけに  

2017年9月2日(土)。今日は市原市の五井にある某社の会社見学に行きました。

五井駅の内房線ホームに降り立つと、ちょうど小湊鐵道の列車がやってきました。
Kominato20170902_01

改札を出て跨線橋を歩くと、小湊鐵道の車庫がよく見えました。
Kominato20170902_03_3

ホームには、牛久駅へ回送される里山トロッコの編成が停まっていました。
Kominato20170902_02_2

ちょうど回送の発車時刻になってようで、動き出しました。
Kominato20170902_04

牛久へ向けて、ホームを離れていきました。
Kominato20170902_05

会社見学は、今日は2名でした。人数が少ないので1人ずつお話ししましょうということになりました。見学というよりは、仕事の内容説明や給料のことなどでした。来年4月の転職希望だと伝えると、入社の意思があれば年内に試験をしましょうかと言われました。見学ということで、今日はこれで終わり。1時間弱でした。

せっかく五井まで来たので、この後はアリオ市原にあるTOHOシネマズ市原に行って映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見てきました。線路とホームは実物より近代化されてますけど、車両の外観と内部は、本当に銚子電鉄ですね。って、内容より車両のディテールに魅入ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(Sep-1) 

2017年9月1日(金)。今日は自家用車で出勤します。

今朝はきちんと早く出たので、2本とも撮れました。場所は、大多喜~小谷松間の祠のところです。
Isumi300_20170901_01
上り8Dです。302スニフでした。

続いて同じ場所で、ポジションを変えて撮ります。
Isumi300_20170901_02
下り5Dです。301パパ&ママでした。今日は両方とも300形でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年9月1日は1件のリリースが出ていました。便局のネットショップ扱いがあります。

9月1日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

たかさご万灯祭
販売日 2017年9月8日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 高砂市、明石市、加古川市、稲美町、播磨町内の計74局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月31日は1件のリリースが出ていました。便局のネットショップ扱いがあります。

8月31日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

日本夜景遺産認定 八面山
販売日 2017年9月8日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 中津市、宇佐市内の計53局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。9月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月28日は2件のリリースが出ていました。すべて便局のネットショップ扱いがあります。

8月28日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

東京切り絵さんぽ♪~多摩8市~
販売日 2017年9月4日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 小平市、東村山市、東大和市、国分寺市、小金井市、東久留米市、清瀬市、西東京市内の全局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計98局

シートはオリジナル2です。特製解説紙とのセットで売価は1500円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月28日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

10th ANNIVERSARY HATSUNE MIKU
販売日 2017年8月31日(~未発表)
販売部数 3,900部

販売地域 (北海道内)札幌市内の227局、函館中央局、小樽堺町局、千歳局新千歳空港内分室、旭川中央局、釧路中央局、(北海道外)青森中央局、盛岡中央局、仙台中央局、秋田中央局、山形中央局、福島中央局、水戸中央局、宇都宮中央局、前橋中央局、さいたま中央局、千葉中央局、東京中央局、秋葉原UDX内局、渋谷局、新宿局、川崎中央局、横浜中央局、新潟中央局、富山南局、金沢中央局、福井南局、甲府中央局、長野中央局、岐阜中央局、静岡中央局、名古屋中央局、津中央局、大津中央局、京都中央局、大阪中央局、神戸中央局、奈良中央局、和歌山中央局、鳥取中央局、松江中央局、岡山中央局、広島中央局、山口中央局、徳島中央局、高松中央局、松山中央局、高知中央局、北九州中央局、福岡中央局、博多局、佐賀中央局、長崎中央局、熊本中央局、大分中央局、宮崎中央局、鹿児島中央局、那覇中央局

シートは額縁(62円)です。A3二つ折り台紙1枚、ステッカー2枚とのセットで、売価は2500円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

2017夏の青春18きっぷの旅  

2017年8月26日(土)から31日(木)まで、5泊6日で青春18きっぷを中心に、夜行高速バスなどを使った旅をしてきました。2017年8月から10月にかけて、速報として旅の模様を紹介しています。

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(1-1) ←羽田から山口宇部空港に飛びました。
速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(2-1) ←12系客車最後の「SLやまぐち号」乗車です。
速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(3-1) ←可部~あき亀山間に乗車して日本の鉄道完乗タイトル奪還です。
速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(4-1) ←広島から京都へ移動です。
速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(5-1) ←京都で過ごした1日。猫カフェも行きました。
速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-1) ←長野からの帰路の様子です。

各日の最初のエントリーをリンクしておきました。もしくは、右側メニューのバックナンバーから2017年8月、9月、10月を見ていただけると、この間の日記を見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開け終えてい鉄を撮って千葉へ 

2017年8月26日(土)。今日はいつもの土曜日と同様、朝7:30の鍵開けボランティアをやります。

その後、昨日と同じ上総中川の大多喜寄りのふみきり近くへ行って、快速100Dを撮ります。
Isumi_kiha28_20170826_01
天気もよいので、とくにスペシャルはなく、土曜日定番の急行「夷隅」でした。

その後、自宅へ戻り、今夜からの旅支度を持って千葉での会議に向かいます。会議終了後、青春18きっぷを中心とした汽車旅に向かうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(Aug-8) 

2017年8月25日(金)。今日も自家用車で出勤します。

今朝は上総中川駅の大多喜寄りのふみきりに行きました。
Isumi300_20170825_01
タチアオイとカンナが咲く中を、今朝の8Dがやってきました。302スニフでした。

Isumi_nakagawa20170825_02
カンナにアゲハチョウがやってきました。カンナってそんなに蜜がでるのかな。

今日の昼食も、傘屋食堂へ行ってしまいました。
Kasaya20170825_03
いつもの平日限定850円の日替わり定食です。今日はこんな内容でした。おいしかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月25日は6件のリリースが出ていました。すべて便局のネットショップ扱いがあります。

8月25日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

大雪山 春夏秋冬
販売日 2017年9月1日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 旭川市、富良野市、美瑛町、鷹栖町、東川町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、南富良野町、上富良野町、中富良野町、占冠村内の計93局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月25日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

小笠原の自然
販売日 2017年9月1日(~未発表)
販売部数 1,060部

販売地域 小笠原局のみ

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月25日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

うさぎの想い出~第2弾~
販売日 2017年9月1日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 広島市安芸区、竹原市、東広島市、海田町、熊野町、坂町、大崎上島町内の全67局と御手洗局、下蒲刈局、大浜局、久友局、蒲刈局、大長局、豊島局、向局、大浦局、安浦局、呉仁方局、川尻局、安浦三津口局、呉天応局、呉焼山局、安登局、呉郷原局、呉桜ヶ丘局、呉泉ヶ丘局、音戸局、倉橋局、室尾局、呉警固屋局、先奥局、田原局、釣士田局、鹿島局、呉警固屋七局、本郷局、神田局、和木局、大草局、南方局、三原小泉局、高坂局、瀬戸田局、御寺局、名荷局、瀬戸田中野局、広島中央局の計107局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります


8月25日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

2017 Misawa Air Festa 三沢基地航空祭
販売日 2017年9月1日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 三沢市、八戸市、十和田市、むつ市、三戸郡三戸町、階上町、五戸町、田子町、南部町、新郷村、上北郡おいらせ町、六戸町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、大間町、佐井村、東通村、風間浦村内の計113局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月25日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

海上自衛隊 八戸航空基地 開隊60周年記念
販売日 2017年9月4日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 三沢市、八戸市、十和田市、むつ市、三戸郡三戸町、階上町、五戸町、田子町、南部町、新郷村、上北郡おいらせ町、六戸町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、大間町、佐井村、東通村、風間浦村内の計113局

シートはアイボリーです。売価は1300円はです。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月25日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

平成二十九年 岸和田だんじり祭
販売日 2017年9月1日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 岸和田市、和泉市、貝塚市、泉佐野市、泉南市(大阪国際局を除く)、阪南市、田尻町、熊取町、岬町内の計102局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

い鉄を撮りながら出勤(Aug-7) 

2017年8月24日(木)。今日も自家用車で出勤します。

今朝は、大多喜~小谷松間の祠のところへ行きました。ここも黄金色の絨毯です。
Isumi_kiha20_20170824_01
今朝は8Dではなく、下り5Dを撮りました。キハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月24日は3件のリリースが出ていました。十和田湖は便局のネットショップ扱いがあります。

8月22日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

やまなし 富士巡り
販売日 2017年8月28日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 富士吉田局、明見局、吉田本町局、新倉局、上吉田局、上暮地局、富士吉田本通局、忍野局、山中湖局、旭日丘局、鳴沢局、河口湖局、河口局、勝山局、精進局、大石局の計16局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。


8月22日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

世界遺産 富士の山
販売日 2017年8月28日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 富士吉田局、明見局、吉田本町局、新倉局、上吉田局、上暮地局、富士吉田本通局、忍野局、山中湖局、旭日丘局、鳴沢局、河口湖局、河口局、勝山局、精進局、大石局の計16局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。


8月22日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

十和田湖・奥入瀬渓流~四季彩~
販売日 2017年9月1日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 十和田市、三沢市、八戸市、むつ市、三戸町、階上町、五戸町、田子町、南部町、新郷村、おいらせ町、六戸町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、大間町、佐井村、東通村、風間浦村内の計113局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。9月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(Aug-6) 

2017年8月23日(水)。今朝も根性無く、自家用車で出勤します。

今朝は、新田野~上総東間の水田に来ました。ここも黄金色の絨毯が広がります。
Isumi300_20170823_01
今朝の8Dが行きます。昨日と同じ302スニフでした。

自家用車で出勤したので、お昼は行川の傘屋食堂へ行きました。
Kasaya20170823_02
今日の日替わり定食です。おかず多め、ご飯少なめの日替わりは850円です。おかずの種類が豊富なので、けっこう気に入っている日替わりです。ただし、平日限定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(Aug-5) 

2017年8月22日(火)。今日は自家用車で出勤します。

どうも自家用車だと出遅れます。行きがけに第二五之町踏切の見える水田の中に着いたときには、すでに5Dは行ってしまったあとです。
Isumi_nakagawa20170822_01
8月下旬、すでに水田は黄金色です。

そんな黄金色の絨毯の上を、今朝の8Dがやってきました。
Isumi300_20170822_02
302スニフでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月22日は1件のリリースが出ていました。便局のネットショップ扱いがありません。

8月22日に日本郵便株式会社東海・信越支社からリリース文が配信されました。

磐田市・駒ヶ根市 友好都市50周年記念
販売日 2017年8月25日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 (静岡県)磐田局、磐田見付局、福田局、竜洋局、池田局、袖浦局、豊岡局、御厨局、福田豊浜局、富岡局、長野局、野部局、向笠局、磐田中泉局、磐田二之宮局、磐田岡田局、磐田富士見局、豊田町駅前局の計18局、(長野県)駒ヶ根局、宮田局、西春近局、田島局、七久保局、東伊那局、東春近局、赤穂福岡局、飯島局、中川局、中沢局の計11局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

青春18栃木日帰り紀行(26) 

19:28に宇都宮駅に到着しました。
Karasuyama20170821_126
しっかりパンタグラフを上げて、電車として到着しています。

宇都宮19:42の通勤快速上野行きで浦和へ。浦和で東京上野ラインに乗り換えて、19:23に東京に着きます。京葉線で行くか、総武快速で行くか、迷いましたが、ロングシートでも乗り換えがない方がいいなと考え、21:37の京葉快速上総一ノ宮行きに乗車します。上総一ノ宮で普通電車に乗り換えて、23:27に長者町駅に戻ってきました。

かなり長い1日になりましたが、青春18きっぷ1回分を使って栃木の鉄道を楽しんで来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(25) 

烏山駅の駅名標です。
Karasuyama20170821_121
烏山線は、東北本線との接続駅宝積寺を除いて、下野花岡から烏山までちょうど7駅あります。各駅に七福神の表示があるのは、非電化時代から変わりません。

Karasuyama20170821_122
ACCUMの車内です。見た目は見慣れた電車の座席と同じです。

Karasuyama20170821_123
車内には乗降の仕方のご案内がありました。やはり、2ドアのディーゼルカーから3ドアの電車になって説明が必要になったのでしょうか。

車内で座っていると、バタンという大きな音が頭の上でしました。
Karasuyama20170821_124
もしやと思って車外に出てみると、パンタグラフが折りたたまれていました。

Karasuyama20170821_125
発車の数分前には、パンタグラフがたたまれて、蓄電池電車としての発車準備が整いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(24) 

宝積寺始発17:32の339Mに乗って、18:06に終点の烏山に到着しました。
Karasuyama20170821_116
烏山線は全線非電化です。宝積寺駅で充電しただけで、あとは蓄電池でちゃんと走りきりました。非電化路線ですが、車両が電車なので列車番号がMなのですね。駅構内にだけある充電用の架線にパンタグラフを上げて、さっそく充電が始まりました。

烏山駅舎もすっかり変わっていました。
Karasuyama20170821_117
かつては重厚な駅舎と、駅前にはJRバス(国鉄バス)のりばがあったのですが、まったく別の駅になってしまったようです。

無人駅になり、出札口もなくなりました。でも、最新の指定席券売機はありました。
Karasuyama20170821_118
来週乗車する12系客車最終日の「SLやまぐち号」。下りは何度やっても通路側しか出なかったのですが、ここでいじってみたら窓側がありました。すかさずゲットです。出札口はないので、変更はできませんから、今持っている通路側はどこかで払い戻すか変更しましょう。

帰りは折返し18:34の宇都宮行き342Mに乗車します。
Karasuyama20170821_119
この蓄電池電車、愛称はACCUM(アキュム)です。

行きは宝積寺始発でしたが、帰りは東北本線に入って宇都宮まで直通します。
Karasuyama20170821_120
宝積寺から宇都宮までは、パンタグラフを上げて普通に電車として走行するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

青春18栃木日帰り紀行(23) 

15:50には、JR日光駅に着きました。
Nikko20170821_111
駅舎だけ見ると、東武より立派なのですが、こちらの駅にやってくるのは普通列車だけになりました。

ここからは、16:00の宇都宮行きで宇都宮まで出ます。
Nikko20170821_112
宇都宮16:51の黒磯行きに乗り換えて、烏山線の分岐駅、宝積寺へ行きました。

烏山線のホームで架線を見ると、デッドセクションのように太くなったところがあります。
Karasuyama20170821_113
ここが急速充電用の設備なのでしょう。

そうこうするうちに、烏山線の電車がやってきました。
Karasuyama20170821_114
ちょうどパンタグラフを上げたのは、あの架線が太くなったところでした。

Karasuyama20170821_115
今日は平日なので、乗客の高校生が次々と乗り込んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(22) 

SL展示館のパノラマに着いたときには、もう回転が始まっていました。
Tobu20170821_106
ここからなら、全体が見えるのでやってきたのです。

ここも時計回りに回転しています。
Tobu20170821_107
残念ながら、ここまで撮って時間切れです。

15:35の日光行きに乗らなくてはならないのです。
Tobu20170821_108
普通電車東武日光行きは4両編成でした。

Tobu20170821_109
東武日光へ着くと、幕は新栃木に変わりました。折返しは新栃木までの普通電車になるようです。

東武日光駅の改札で、乗り放題きっぷを見せて改札を出ます。そして、JR日光駅へ歩いていきます。
Tobu20170821_110
その途中に東武バス日光の車庫がありました。そこに、先ほど鬼怒川温泉駅にいた軌道電車バスが停まっていました。ここまで回送されてきていたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(21) 

編成からC11と車掌が切り離されて、浅草方に手旗誘導で移動し始めました。
Tobu20170821_101

踏切は閉まっていますが、踏切の手前で赤旗が出て停止します。
Tobu20170821_102
たしかにこの位置なら、転車台への引き込み線への分岐は越えているようです。

車掌車の前照灯が点灯し、転車台への引き込み線をバックしてきました。
Tobu20170821_104

そして、転車台手前で、また赤旗が出て停車です。
Tobu20170821_105
転車台への進入の安全を確認すれば、また動き出すのでしょう。その間に、場所を先ほどのSL展示館へ移動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

青春18栃木日帰り紀行(20) 

今日は暗くなるまでここにいることはありません。
Tobu20170821_096
でも、暗くなって下からのライトで照らされたら、どんな風に見えるのか、見てみたいと思いました。

これが下今市駅の転車台です。
Tobu20170821_097
ちなみに、鬼怒川温泉駅は芸備線三次駅、ここ下今市駅の転車台は山陰本線長門市駅に設置されていた転車台を譲渡してもらい設置したそうです。

機関庫の奧には、車掌車の姿が見えます。
Tobu20170821_098
SL運転にあたり、ヨ8634とヨ8709の2両を譲渡されたそうです。今日、営業で走っていたのはヨ8634でしたから、あそこに見えるのはヨ8709でしょう。

その隣には、車両移動機に連結された14系客車が見えます。
Tobu20170821_099
客車も14系客車4両と12系客車2両を譲渡されました。12系は部品取り用で営業には使わないようです。ですから、これは14系客車の予備車でしょうか。

浅草方に引き上げていたSL編成がDE11を先頭にして側線に入ってきました。
Tobu20170821_100
このあと、C11と車掌車が切り離されて、この転車台にやってくるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(19) 

下今市駅に到着しました。先ほどは行けなかった、転車台広場へ行って方向転換を眺めましょう。
Tobu20170821_091
跨線橋を、改札口とは反対方向へ歩いていくと転車台広場へ出られます。

Tobu20170821_092
その通路の壁には、C11、14系客車、DE11の大きな写真が展示されており、これを見ているだけでも楽しくなります。

転車台広場へ降りる階段の途中に、「SL展示館」の入口があります。ここで、今日の乗車証明書が2種類入手できたので、記念品をいただきに寄り道します。
Tobu20170821_093
2列車賞の賞品は、今市報徳二宮神社のSL「大樹」御守です。

SL展示館の端の窓からは、機関庫と転車台がよく見えます。
Tobu20170821_094
そろそろ人が集まってきています。早くあそこへ行ってみましょう。

Tobu20170821_095
転車台広場入口のアーチには、こんなC11の透かし彫りがありました。あえて、ボイラー部分を切り抜くことで、機関車を上手に表現しているんだなと、感心してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

青春18栃木日帰り紀行(18) 

帰りのSL「大樹4号」も行きと同様、2号車の通路側です。
Tobu20170821_086
まだ走り始めて10日あまり。8月14、17、18日は運休日でしたから、実日数でいったら今日は運転9日目です。発売初日を過ぎていたのに、よくとれたものだと思います。

35分しかない乗車時間です。行きは駅弁を食べるだけで精一杯でした。
Tobu20170821_087
黒いアイスクリームと、車内限定発売のキーホルダーを買いました。

これが黒いいちごアイスです。
Tobu20170821_088
真っ黒なのに、食べるとちゃんとイチゴ味なのです。なんだかだまされているような食べ物です。

4号でも乗車証明書をいただきました。
Tobu20170821_089
もちろん、3号とは別図案です。

裏面は号数が違うだけで、文章は同じでした。
Tobu20170821_090
押されている車内改札印のような乗車記念印も、3号と同じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(17) 

もしかしたら、もう1回煙が上がるんじゃないかな。まだ発車まで少しあるので、待ってみます。
Tobu20170821_081
願いが通じて上がりましたが、カメラは横向きでした。またしても残念。

さすがに、もう時間切れです。乗車ホームへ向かいます。
Tobu20170821_082
最後にヘッドマークとナンバープレートのアップです。ヘッドマーク、寝台特急のようにもう少し立体的だともっといい感じになるのですけどね。

Tobu20170821_083
C11の区名票も撮っておきます。

Tobu20170821_084
ホームから見た転車台とそこへの引き込み線です。

跨線橋の窓からも1枚撮っておきます。
Tobu20170821_085
エレベータ線用の跨線橋なので、間に合うか少しハラハラしましたが、間に合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

青春18栃木日帰り紀行(16) 

ホームに近づいて速度が落ちると、急に煙がなくなってしまいましたけど。
Tobu20170821_076

一旦停止です。連結器や接続する配管の点検でしょうか。

Tobu20170821_077

連結完了まで、たしか3回くらい停車を繰り返したようです。

いよいよ連結します。客車まであと少しです。
Tobu20170821_078

連結完了です。これでSL「大樹4号」の編成ができました。
Tobu20170821_079
時刻は14:24です。発車まであと10分です。時間を気にしながら行動しないと、乗り遅れますね。

見ていたら、突然煙を吐きあげてくれました。
Tobu20170821_080
あわてて、カメラを煙が入るように縦位置に構えて撮ります。でも、ほんの一瞬でした。カメラを構えた頃には、かなり弱くなっていました。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(15) 

これで硬券入場券も、収まるところに納めることができました。
Tobu20170821_071

駅前に出ている間にDLも新藤原方に連結し直されていました。
Tobu20170821_072
ちゃんと新藤原方のエンドにもヘッドマークがついています。

14系客車のサボです。
Tobu20170821_073
横幕は書体や英字の入れ方にそれなりのアレンジがありましたが、サボは色使いといいなつかしい国鉄仕様ですね。

DLと客車が、C11の連結を待っています。
Tobu20170821_074
それを撮ろうと多くの人がカメラを構えています。

手旗誘導で、C11と車掌車がバックで近づいてきました。
Tobu20170821_075
けっこうな煙が出ていますね。なかなかいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(14) 

方向転換が終わりました。もうしばらくすると、今度は客車へ連結のために動き始めます。
Tobu20170821_066
その様子も見たいので、そろそろ構内に入りましょう。

ところが駅前にこんなものがいました。
Tobu20170821_067
鬼怒川温泉と日光・東照宮を結ぶ路線バスです。なんと、廃止になった東武の日光軌道の車両を模しています。

屋根にもカバーでかさ上げして、鉄道車両っぽいカーブを表現しているみたいです。
Tobu20170821_068

リアがまたすばらしいです。
Tobu20170821_069
まるで鉄道車両の運転席面のようにヘッドライトまで再現されていました。

そうだ、乗り放題きっぷに挟む硬券入場券を買わなくては。ところが、有人改札は特急券を求める人で長蛇の列です。どうしようかと思ったら「硬券入場券は改札口で販売しています」と表示があります。
Tobu20170821_070
そこで、有人改札へ行き無事に購入することができたのです。そこには、実物の石炭が置いてありました。「これ、撮ってもいいですか」とたずねると「どうぞ」とのこと。しっかり1枚撮らせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(13) 

転車台での方向転換を見せてくれるところは、水上とかほかにもあります。しかし、転車台まで歩いて行かなければならないところばかりです。
Tobu20170821_061

なんと、鬼怒川温泉駅は転車台を駅前広場に造ってしまったのです。機関車の方が駅前まで来て方向転換風景を見せてくれるという、今までとは逆転の発想ですね。

C11が転車台の上へとゆっくり入ってきます。
Tobu20170821_062
 
黒山の人だかりの中、方向転換が始まりました。
Tobu20170821_063
時計回りに動き始めました。

Tobu20170821_064

ちょうど横向きになったところです。
Tobu20170821_065

もう少しで回転終了です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(12) 

バック運転で、いったん下今市方に引き上げていきます。
Tobu20170821_056


もう少しバックしてから、再び前進して、今度は写真右側に分岐する駅前の展示線へ入っていくはずです。

Tobu20170821_057
展示線へ行く様子も興味ありますが、まずは駅前の展示線を見てみたいです。


改札への行きがけに、DLの区名表を撮っていきます。
Tobu20170821_058


改札へ向かう通路には、8月10日運転開始を伝える幟が何本も立てられていました。
Tobu20170821_059


折り返しのSL「大樹4号」は14:35の発車です。
Tobu20170821_060

まだ40分ほどありますが、乗り遅れないように時間を気にして撮影しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

青春18栃木日帰り紀行(11) 

跨線橋を渡って1番線に向かいます。改札を出る前に、もう少し撮影をします。
Tobu20170821_051
跨線橋には、この8月10日から運転開始になったことを伝えるポスターが何種類か貼ってありました。

C11は方向転換のため、すぐに切り離されてしまいました。

Tobu20170821_052
その隙に14系客車を撮ろうというわけです。通常は両側に機関車が連結されていて、客車の端を拝めませんから。


14系ですから、ちゃんとトレインマークも出しているのです。
Tobu20170821_053

でも、これを見ることができるのは、機関車が切り離されたときだけ。営業列車として運転中は両側に機関車が連結されていますから、見ることができません。

C11が切り離されて、DL「大樹」のようになった編成です。
Tobu20170821_054


その脇を、転車台に向かうC11と車掌車がバックでやってきます。
Tobu20170821_055

こういうときに車掌車のヘッドライトが活躍するのですね。元々の車掌室にはない設備ですが、このためにつけたのですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(10) 

発車してしばらくすると、指定席券の拝見です。確認するだけで、とくに車内改札印は押されませんでした。
Tobu20170821_047
その代わり、立体写真の乗車証明書をくれました。

Tobu20170821_048
裏面の「乗車記念スタンプ」というのが、車内改札印のようなデザインでした。

その後、記念撮影の写真屋さんがやってきました。
Tobu20170821_046
有料サービスは実際に試してみなくてはということで、撮ってもらいました。二つ折りの台紙にポラ写真を入れて1100円だったかな。

その他、ワゴンによる弁当や記念品の販売もありました。記念品は、帰りの4号で買えばいいやと今回はパスしました。
Tobu20170821_049
天井のクーラー吹き出し口には風鈴が下がっています。これも季節の演出なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(9) 

撮影していた3・4番線ホームから、跨線橋を渡って1・2番線ホームへ来ました。
Tobu20170821_041
乗車は2番線からです。

車内は、国鉄時代の14系客車そのものです。
Tobu20170821_042
倒すか倒さないかの2段階でしか使えない簡易リクライニングシートです。初期のものはロック機能がなく、お尻を上げるとバッタンと音を立てて元の位置に戻ったのですが、さすがにこの車両はロック機能がありました。戻るのです。JR四国から購入した東武の14系客車。トップナンバーを含む若番車ばかりで、その初期型シートでした。乗車時間も短く、たいして倒れないので、自分も含めてリクライニングさせていた人は、ほとんどいないようでした。

指定されたのは2号車の通路側席です。
Tobu20170821_043
乗車時間はわずか36分です。

さっそく弁当を食べましょう。
Tobu20170821_044
大樹と入った日光埋蔵金弁当です。

通路側はテーブルもないので、膝の上に広げて食べます。
Tobu20170821_045
御飯をすくうスプーンがスコップなんですね。これはおもしろいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

青春18栃木日帰り紀行(8) 

折返し線は踏切の先です。少し下り坂になっているようです。
Tobu20170821_036

再び踏切が閉まり、2番線への入線が始まります。
Tobu20170821_037
軽い上り坂なので、蒸気がなかなかよく出ています。

Tobu20170821_038
坂を登り切ったからか、ホームが近づいたからか、吐き出す煙は急に減ってしまいました。

Tobu20170821_039
ディーゼル機関車にもヘッドマークがついているのがうれしいです。

Tobu20170821_040
2番線への入線が完了したのが12:55、発車5分前です。意外と慌ただしい乗車になるのですね。急いで2番線へ向かいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(7) 

出札窓口に行って、乗り放題きっぷに挟む硬券入場券を買います。
Tobu20170821_031
折返しの上り「大樹」の発売状況です。最終の6号は、当日ですが空きがあるようです。

待合室も覗いてみます。
Tobu20170821_032
昔の観光ポスターが復刻された貼られていました。

12:45にホームに戻ると、まだ大樹編成は側線にいました。そこで、のりばではなく3・4番線ホームへ行きました。
Tobu20170821_033
浅草方からディーゼル機関車、客車3両、車掌車(ATS等の機器車)、蒸気機関車の編成です。

グッドタイミングだったのですね。12:46には浅草方に移動を始めました。
Tobu20170821_034
いったん、浅草方の折返し線に行くようです。

Tobu20170821_035
1・2番線ホームで撮る人が多く、こちらのホームはあまり混雑していませんでした。望遠を使って、こんな風に撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(6) 

客車は窓の開かない14系なのが、少々残念ところです。
Tobu20170821_026

方向幕もとっても凝った表示になっていました。

まだ動きそうにないので、先に駅舎を見てきましょう。
Tobu20170821_027
ホーム上の飲料の自販機もすべて大樹仕様です。東武の力の入れ方は半端じゃないようです。

跨線橋にもこんなバナーがありました。
Tobu20170821_028

有人改札で乗り放題きっぷを見せて外へ出ます。
Tobu20170821_029
発車は2番線からですね。発車までは20分ありますけど、それよりは早く戻って少し写真を撮りたいですね。

Tobu20170821_030
すっかり雰囲気が変わった下今市駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

青春18栃木日帰り紀行(5) 

乗車した特急「リバティ会津128号」は満席でした。通路に立ったまま下今市へ着きました。1番線の前の方に到着です。「リバティ会津128号」は3両編成で、先頭から6・5・4号車です。下今市で特急「リバティけごん28号」と併結されるのです。その様子を見ようと、後ろ方へ行きました。
Tobu20170821_021
ちょうど、SL「大樹3号」に使われるC11207が入れ換え作業をしているところでした。

そこに、特急「リバティけごん28号」がやってきました。
Tobu20170821_022
見学者が多く、警備の人の姿も見えました。

Tobu20170821_023
C11207も停止していました。

Tobu20170821_024
2つのリバティが連結して、東武浅草行きの6両編成の特急になりました。C11もバックを始めて、客車とつながるようです。

Tobu20170821_025
まだ遠いですが、後ほどもう少し近くで撮れるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

青春18栃木日帰り紀行(4) 

快速「AIZUマウントエクスプレス3号」が走り去ります。
Tobu20170821_016
東武鉄道全線、野岩鉄道全線。そして、会津鉄道の会津高原尾瀬口~会津田島間が電化されています。普段は電車しか走らない区間に、わずか数本の直通快速だけがディーゼル車で運転されているのです。

大桑は小さな無人駅です。
Tobu20170821_017
かつては普通電車しか停車しない駅でした。

ところが、今では特急も停車するのです。
Tobu20170821_018
特急「リバティ」は、普通列車の機能も兼ね備えた特急です。次にやってくる特急「リバティ会津128号」は、会津田島~下今市間は各駅に停車する特急なのです。この間は、確実に座りたければ特急券が必要ですが、空席利用や立ってもかまわないなら、特急券は不要なのです。

その特急「リバティ会津128号」がやってきました。
Tobu20170821_019
大桑12:15の、この各駅停車の特急に乗って下今市まで行ってみます。もちろん、立ち席覚悟ですから特急券は用意していません。それなら、乗り放題きっぷで乗車できますから。「リバティ」に乗るのは初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

青春18栃木日帰り紀行(3) 

快速「AIZUマウントエクスプレス3号」は、11:43に東武日光を発車しました。
Tobu20170821_011
発車してすぐに、車窓にJR日光駅が見えてきました。

快速列車ですが、車内販売がありました。
Tobu20170821_012
ホットコーヒーを買って、ひと息つきます。でも、そんなゆったりした雰囲気も下今市まででした。

下今市では浅草方面からの乗り継ぎ客で、立ち客も出る状況になりました。
Tobu20170821_013
下今市で進行方向が変わり、リクライニングシートの向きに進んでいきます。大谷川を渡ります。

その先の自動車教習所です。
Tobu20170821_014
その通りなんですけど。わざわざそれを書いて歓迎してくれるところがいいですね。

12:04に到着した大桑駅で降ります。
Tobu20170821_015
上り電車と行き違いです。自分は次の上り電車に興味があるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(2) 

JR日光駅には11:27に到着しました。すぐに改札を出て、坂道を少し登ったところにある東武日光駅へ向かいます。窓口で、SL「大樹」運転開始日の8月10日から発売になった「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」を買います。
Tobu20170821_006
なんと500円で、東武日光~下今市~新藤原間が1日乗り放題なのです。パッと見た目は、ただの台紙に見えるのですが、ちゃんと日付スタンプもあり、これがきっぷなのです。切れ込みには、やはり8月10日から発売になった硬券入場券を買って挟めるようになっているのです。もちろん、東武日光でもこのきっぷとともに、硬券入場券を買いました。

その後、売店をのぞきます。私鉄の駅ですが駅弁が豊富に揃っています。この先、売りきれで買えないと困るので、ここで日光埋蔵金弁当を買っておきました。

改札を入ると、こんな顔出しがありました。
Tobu20170821_007
SL「大樹」は東武日光駅へは来ないのですが、やっぱり今の東武はコレなんですね。

指定席がとれたのは、下り3号と上り4号です。まだ時間があるので、乗り放題きっぷを有効に使って、少し乗り歩きます。
Tobu20170821_008
東武日光発会津若松行きの快速「AIZUマウントエクスプレス3号」に乗っていきます。東武鉄道~野岩鉄道~会津鉄道~JR東日本と4社を走り抜ける列車です。車両は会津鉄道のディーゼルカーの2連です。

塗色は2両で全く違います。
Tobu20170821_009
先頭の前寄りの車両は真っ赤な塗色です。こちらに乗っていきましょう。

車内はこんな感じです。
Tobu20170821_010
リクライニングシートが並び、テーブルも付いています。通路の上部には、会津・日光の文字もあり、この直通列車に専ら使用されているのでしょう。下今市で進行方向が変わるので、東武日光発車時点では後ろ向きに座席がセットされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春18栃木日帰り紀行(1) 

2017年8月21日(月)。今日は平日の休みです。月末に遅い夏休みをとって出かける山口・広島方面への旅では、青春18きっぷを4回分使う予定です。1回余るので、その1回を使って栃木県まで日帰り汽車旅に出かけます。目的は、東武鉄道のSL「大樹」と蓄電池電車EV-E301系のみで運転されるようになった烏山線です。

今日は自宅最寄りの長者町から乗ります。早朝は無人駅なので、乗車証明書をとってホームへ入ります。6:30の京葉線快速東京行きに乗ります。上総一ノ宮で総武快速に乗り換えです。そのとき、窓口に行き乗車証明書と青春18きっぷを提示して、1回目に上総一ノ宮駅のスタンプを押してもらいました。

上総一ノ宮6:44の総武快速に乗って、東京駅到着が8:15です。朝食がまだです。今日はNREの駅弁「祭」ではなく、JR東日本リテール(KIOSKとかをやっている会社)の「膳まい」へ行きます。発売になった「ヘッドマーク弁当」は、この時間でも売っているでしょうか。

東京8:32の宇都宮行きに乗車します。2時間近く乗るので、ビューサンクスポイントで引き替えられる普通列車グリーン利用券を使い、グリーン車に乗車です。
Tohoku20170821_001
「ヘッドマーク弁当」第1弾の「ひばり弁当」、無事に買えました。利休監修の牛タン弁当です。あくまでも監修です。どこが造っているのだろうと、掛け紙のシールを見てみると、(株)利休 新木場デリバリーセンターとありました。それでも、関連会社の製造だったのですね。

上野を出て食べ始めて、大宮までには食べ終わってしまいました。値段は2160円と高いですが、個人的に中身が1080円。繰り返し使える弁当箱タイプの容器やフォトカード等が1080円だよなと思っています。もちろん、捨てずにすべてお持ち帰りします。

宇都宮到着は10:22です。
Tohoku20170821_002
日光線のりばへ向かいます。文字の書体が日光線だけ違います。

宇都宮10:38の日光行きに乗車します。
Tohoku20170821_003
さすがに表示機の文字は、他と同じゴシック体です。

まだ乗客はほとんどいません。
Tohoku20170821_004
それなら、乗車前に撮ってしまいましょう。それからでも、座席は十分確保できます。京葉線で走っていた、いわゆるスマイル顔の205系電車の4連でした。

Tohoku20170821_005
方向幕の書体は、日光線独特のものになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

迷店、音楽、船に見送り(12) 

千葉港から千葉みなと駅へ歩きます。夕食どうしようかな。もう遅いし、そろそろ食べておきたいな。結局、千葉までモノレールで出て、JR千葉駅改札内にあるペリエで、つけ麺とみた(松戸富田麺業)へ行きました。高いけど、おいしいよね。だから、たまにしか食べられないけど。

千葉20:52の快速に乗って東京21:32に到着です。そのまま、サンライズ瀬戸が発車する9番ホームへ向かいます。
Tokyo20170820_31
今日は、先月20日に寝台券を買った、同僚Iさん一家が出発する日です。それで、サンライズ瀬戸のお見送りに行きますよと言っておいたのです。これが4つ目の用事なのです。

Tokyo20170820_32
お子さんは、鉄道大好きな小学5年生。列車の前やサボのところで、親子3人のシャッターを押してあげます。

Tokyo20170820_33
そろそろ車内に入るというので、発車時刻よりかなり早めにお別れです。

Tokyo20170820_34
しばらく見ていたら、親子3人で2階室にはいって、いろいろと設備点検をしていました。もちろん、3人とも寝台車はおろか、個室寝台は初めてなので、どのスイッチがどれなのか、興味津々なのでしょうね。

自分も22:01の「わかしお23号」に乗るべく、京葉線ホームへと急ぎました。これが、4つの用事をまとめた、今日1日の行動でした。「立石バーガーに行く」「栗コーダーカルテットのコンサートに行く」「千葉港の工場夜景クルーズに乗る」「サンライズ瀬戸で旅立つ同僚のIさんご一家を見送る」が用事だったわけです。

ちなみに、Iさんご一家。とても楽しかったそうで、後日名産の梨を箱で送ってくれました。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(11) 

まもなく着港の時刻です。
Chiba_cruise20170820_46
石油の備蓄タンクでしょうか。

Chiba_cruise20170820_47
波も穏やかです。飼料用のサイロでしょうか。

着港しました。
Chiba_cruise20170820_48
こんな提灯がついていたのですね。外ばかり見ていて気づきませんでした。

暗くなると、店内がよく見えてしまうレストランAMANDAN SAILです。
Chiba_cruise20170820_49
メインダイニングのグランドピアノや、ホールのハープなんて、明るいときには気づきませんでした。

Chiba_cruise20170820_50
1時間10分のクルージング、2000円でこれだけ楽しめるとは思いませんでした。乗って良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(10) 

すっかり暗くなった千葉港を行きます。
Chiba_cruise20170820_41
少しブレましたが、中央に見える光る塔が東京スカイツリーです。

Chiba_cruise20170820_42
このオレンジ色に光るのが、JFEスチール東日本製鉄所のコークス炉らしいです。

Chiba_cruise20170820_43
突然、夜空に白い煙が上がりました。これにはビックリです。

Chiba_cruise20170820_44
ガントリークレーンが、船から積荷をバケットで挟んで降ろしていました。この時間になっても作業しているのは珍しいという話しでした。

Chiba_cruise20170820_45
明るいときに見た、四角い高い煙突にも明かりがいくつか灯っているのが見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(9) 

さらに進みます。
Chiba_cruise20170820_36
これは三井造船ですね。しっかり書いてあるからわかりました。

Chiba_cruise20170820_37
船って、こんな輪切り状に造っていくのですね。外形を造ってから中身を造るのかと思っていました。

Chiba_cruise20170820_38
船体にKIRISHIMAの文字が見えますね。艦橋はまだみえませんが、どんな船になるのでしょうか。

Chiba_cruise20170820_40
もう少し暗くなると、さらに明かりが目立つようになるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(8) 

ポートタワーの先では、お祭りが行われていました。
Chiba_cruise20170820_31
御神輿が海に入った後なのでしょうか、海上にはたくさんの船がいて、海岸には祭装束のたくさんの人と神輿が見えました。

Chiba_cruise20170820_32
だんだんと暗くなってきました。

Chiba_cruise20170820_33
工場の照明が、少しずつ目立つようになってきました。

Chiba_cruise20170820_34
これはどこかの発電所の煙突かな。かなり高いですね。

Chiba_cruise20170820_35
風景が工場夜景になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(7) 

千葉みなと駅で降りて、海の方へ歩いて行きます。千葉ポートサービスの工場夜景クルーズの予約をしてあるのです。出港は18:10ですから、まだ大丈夫です。
Chiba_cruise20170820_26
名前を言って、乗船券を買います。ただし、この日はまだ空きがあって、予約なしでも乗れました。乗船券は2000円です。

それに、乗船記念としてボールペンが渡されました。
Chiba_cruise20170820_27

今日の船は「あるめりあ」という船です。
Chiba_cruise20170820_28
乗船が始まり、乗り込みます。やっぱり2階のオープンデッキですよね。

Chiba_cruise20170820_29
船上からの風景です。

18:10を過ぎて出港しました。1時間10分のクルージングです。
Chiba_cruise20170820_30
すぐに千葉ポートタワーが目に入ってきました。海からタワーを眺めるのは、これが2回目かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(6) 

本日、2つ目の用事は、西新井にあるギャラクシティー西新井文化ホールで開催される、栗コーダーカルテットのコンサートを聴くことです。
Kuri_corder20170820_21
0歳児から入場可能というコンサートなので、どんな雰囲気になるのか。クリスマスコンサートも幼児可能な昼の部と、不可の夜の部があって、夜の部しか行ったことがないので雰囲気がわからないのです。

チケットは電話予約でした。
Kuri_corder20170820_22
チケット購入は出遅れたのですが、インターネットで空席が調べられたので、通路際でなるべく前の方の座席を選んで予約しておきました。

コンサートが始まっても、完全に暗転になるのではなく、子どもたちの話し声や泣き声も聞こえるという中でのコンサートでした。ああ、やっぱりこんな雰囲気なんだと、なんとなく納得できました。その分、値段も安く設定されていますからね。

どちらかというと、MC多め演奏少なめといった感じだったのでしょうかね。
Kuri_corder20170820_23
本日のセットリストです。みっちゃんの歌声が聴けましたから。それなりに満足のコンサートでした。

次の用事は、千葉みなとです。休日おでかけパスを生かして、北千住からJRで新松戸~南船橋~千葉みなとといく経路の調べておきました。しかしながら、西新井駅に着くと、次の電車は田園都市線直通の急行中央林間行きです。これなら、このまま錦糸町まで乗ってしまいましょう。

錦糸町から総武快速に乗って、千葉、蘇我とのりかえて17:24には千葉みなと駅へ着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(5) 

大師線の電車がやってきました。
Tobu20170820_16_2
8000系のモハ8500形+クハ8600形の2連が、ワンマン運転で運行されています。

わずか2分で、終点の大師前駅に到着です。
Tobu20170820_17
10分毎の運転ということは、運転時間が片道2分ずつ。乗降と折返し準備が各終点3分ずつで行わないと実施できないことになります。

Tobu20170820_18
ドアが閉まり、すぐに発車していきました。

ここは高架駅なので、いったん改札を出てみます。
Tobu20170820_19
無人のラッチが並ぶ1階が、この駅の改札口ということになるのでしょう。実際の運賃収受は、西新井駅の大師線ホームの入口で行われています。途中駅がなく、ホームに入った人はかならず終点まで乗るということでなりたっている収受方法でしょう。大師前から乗って、西新井でホームから出ることなく大師前に戻ってくると、運賃を取りはぐれますが、そんな「乗るだけ客」は普通はいないという考えなのでしょうね。

再びホームに上がります。
Tobu20170820_20
やってきた電車の折返し、13:06の西新井行きに乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(4) 

立石バーガーを後にして、堀切菖蒲園駅から再び京成電車に乗ります。
Keisei20170820_11
12:39の普通電車上野行きに乗車します。

隣の関屋駅で降ります。
Keisei20170820_12
駅名は違いますが、改札を出て道路向こう側には、東武鉄道の牛田駅があります。

牛田駅から普通電車に乗って西新井駅へ行きます。用事があるのはここなのですが、まだ時間があるので、久しぶりに大師線に乗ってみようと思います。大師線用の専用改札を通って、ホームへ降ります。
Tobu20170820_13
1本の電車が、10分間隔で往復しています。

大師線ホームから撮影します。
Tobu20170820_14
東京メトロ日比谷線の20m車13000系ですね。実物は初めて見ました。

東武特急も通過していきます。
Tobu20170820_15
3種類ある塗色のうち、紫色の「雅」という塗色の編成ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(3) 

2016年夏、突然「モッチーピザ」というお店に業務変更したそうです。そして、その後「立石バーガー」が再登場して、「モッチービザ&立石バーガー」というお店になっています。
Tateisi20170820_11
店頭には、販売中のハンバーガーが並んでいます。100円か150円というリーズナブルなお値段です。店内でも食べ得られるとのことなので、店内で食べましょう。

まずは立石バーガーを食べます。
Tateisi20170820_12
これが100円なら大満足です。

壁には謎のメニューがあります。
Tateisi20170820_13
かつて1ヶ月500円で、ハンバーガーの命名権売りますというのをやっていたそうで。その時のメニューらしいです。

壁には、もう1つの迷品「モッチービザ」のメニューがあります。こちらは受注生産だそうで、モッチーカレーを頼みました。
Tateisi20170820_14

すぐできますとのことでしたが、結果的に少し時間がかかりました。
Tateisi20170820_15
何と、お餅が4切れも入っているのですね。アツアツのカレー餅です。かなりお腹にたまりました。カレーは大好きですから、これもなかなか気に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(2) 

茂原始発9:43の千葉行きに乗って行きます。
Sotobo20170820_06
209系10両編成ですから、始発からなら余裕で座れます。

千葉から総武緩行線に乗り換えます。
Soubu20170820_07
E231系6扉車入り編成です。首都圏で6扉車が走っているのも、すでに総武・中央緩行線だけです。これも、ホームドアの設置が進む現在、いつまで残ることでしょうか。

JR本八幡駅で降りて、京成八幡駅へ歩きます。
Keisei20170820_08
普通電車の上野行きに乗って、堀切菖蒲園駅で降ります。

Keisei20170820_09
この駅で降りるのは、本当に何年ぶりのことでしょうか。

ここから歩いて、ハンバーガーの迷店?として有名な「立石バーガー」に行きます。
Tateisi20170820_10
歩いて5分とかかりません。最初は京成の立石駅の近くかと思ったのですが、調べてみたら堀切菖蒲園駅の近くでした。ネットの情報を見ると、実際に来て食べてみたいと思ってしまうのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷店、音楽、船に見送り(1) 

2017年8月20日(日)。今日は4つの異なる用事を1日で体験します。よくもまあ、こんなスケジュールを立てたと我ながらあきれます。行きたいところ、やっておきたいことがたくさんありますから。

ちなみに今日の行程はこんな感じでした。

茂原9:43(252M)10:22千葉10:30(1079B)10:58本八幡・・・京成八幡11:07(普通)11:28堀切菖蒲園
<用事1>
堀切菖蒲園12:39(普通)12:41京成関屋・・・牛田12:28(普通)12:43西新井12:42(普通)12:44大師前13:06(普通)13:08西新井
<用事2>
西新井16:03(急行)16:22錦糸町16:34(1549F)17:07千葉17:13(183M)17:18蘇我17:20(1716Y)17:24千葉みなと
<用事3>
千葉みなと20:02(モノレール)20:06千葉20:52(5062F)21:32東京
<用事4>
東京22:01(1073Mわかしお23号)22:54茂原

使用したのは、JRは休日おでかけパス、民鉄はSuicaです。
Jr_east20170820_01
さて、どこへ行ってどんなことをした1日だったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開け終えて茂原へ 

2017年8月20日(日)。いつもの休日のように、朝の鍵開けボランティアへ行きます。

今日は、この後都内へ出かけます。用事はいろいろです。その行きがけに、上総中川の県道踏切へ行きました。
Isumi_kiha28_20170820_01
今朝の快速100Dは、「房総の休日」でした。100D限定のヘッドマークですね。

後追いも撮ります。こちらはヘッドマークはありませんでした。
Isumi_kiha52_20170820_02
黄金色の稲穂と列車の写真を撮りたくて、ここにきたのです。ただ、後追いのこの田んぼは飼料用の稲を植えてあったところで、穂が稔る前のかなり早い時期に刈られてしまいました。

この後、自家用車を茂原駅近くのコインパーキングへ走らせます。今日は、帰りの都合があり、上総一ノ宮駅ではなく茂原駅にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

山猫へ(2017-5) 

2017年8月19日(土)。朝のいすみ鉄道の撮影を早めに切り上げて、大多喜ハーブガーデンへ向かいます。開園前に行きますが、それでも列が出来ていました。

開園とともに、みなさんのお目当ては同じ。山猫のチケットうりばに向かいます。
Yamaneko20170819_01
今日のメニューはこれです。週替わりは「南房総市産 はっさくレアチーズよーぐると」と「袖ケ浦市産 味甘ちゃんとうもろこしみるく」の2つです。

今日は時間があるので、午前と午後の1回ずつ来ようと思います。チケットうりばできくと、あらかじめ2枚買っておいて1つは後刻予約済の旨を伝えればよいとのこと。はっさくととうもろこしを1枚ずつ買って、まずはとうもろこしを食べます。
Yamaneko20170819_02
とうもろこし、甘いんです。それがソースにもなって、ミルクと相まって、これはおいしいです。子どもの頃、とうもろこしアイスの入ったもなかアイスを食べたのを思い出してしまいました。

午前中は職場に行って、たまっていた仕事を片付けます。サービス出勤というやつですね。
Isumi_kiha28_20170819_06
急行2号を大多喜橋の歩道から撮って、再びお昼過ぎのハーブガーデンへ行きます。

午後は、はっさくです。
Yamaneko20170819_07
「南房総市産 はっさくレアチーズよーぐると」です。はっさくにレアチーズによーぐると。別々に氷といっしょに味わってから、今度は混ぜて味わいます。

Yamaneko20170819_08
賞味期限は1分半ですからと言われたのですが、写真を撮っていて少し過ぎてしまったようです。溶け始めてしまいました。いけない、急いで食べ始めないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

鍵開け終えてい鉄を撮って 

2017年8月19日(土)。いつもの土休日のように、7時半の鍵開けボランティアに行きます。それが終われば、いすみ鉄道の撮影を少しだけします。

第一森宮踏切近辺の水田は、かなり黄金色になってきました。
Isumi_kiha28_20170819_01
そんな稲穂を入れながら、今朝の快速100Dを撮ります。ヘッドマークは、土曜日定番の「夷隅」でした。

その後、自家用車を上総東駅へ走らせます。
Isumi300_20170819_02
駅近くの水田は、稲刈りが終わり稲架掛けがしてあるよときいたからです。スズメよけのキラキラテープが気になりますが、稲架掛けと301パパ&ママの57Dです。

再び大多喜方面へ走ります。上総中川~城見ヶ丘駅間のよくいく水田の脇にいきました。
Isumi_nakagawa20170819_03
車を停めた田んぼの向こうにはネコさんがいました。望遠で撮っているから、あちらはそれほど気にしていないようです。

上り56Dがやってきました。
Isumi350_20170819_04
351スナフキンでした。これを撮って、車を大多喜ハーブガーデンへ走らせます。今日も、山猫の行列に並ぶのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-75) 

2017年8月18日(金)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20170818_01
キハ201303でした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170818_02
今朝の8Dは、昨日と同じ302スニフでした。

今日も気持ち早めに上がって、24Dで帰ります。
Isumi350_20170818_03
大多喜駅で行き違う下り21Dです。351スナフキンでした。

そして、乗車する24Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20170818_04
今朝乗った5Dと同じ、キハ201303でした。

そして、国吉駅で降ります。
Isumi_kiha20_20170818_05
明日は土曜日。また山猫へ行きましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月18日は2件のリリースが出ていました。すべて便局のネットショップ扱いがあります。

8月18日に日本郵便株式会社本社からリリース文が配信されました。

ピーターラビット?のふるさと 英国湖水地方
販売日 2017年8月25日(~未発表)
販売部数 3,060部

販売地域 函館中央局、小樽局、札幌駅パセオ局、札幌中央局、札幌平岸五条局、千歳局新千歳空港内分室、旭川駅内局、旭川中央局、釧路中央局、青森中央局、盛岡中央局、仙台駅内局、仙台中央局、秋田中央局、山形中央局、福島中央局、郡山局、筑波学園局、水戸中央局、ひたちなか局、宇都宮中央局、前橋中央局、さいたま中央局、朝霞局、所沢局、熊谷局、上尾局、千葉中央局、船橋東局、習志野局、八千代局、柏局、東京中央局、日本橋南局、京橋局、赤坂局、浅草局、深川局、渋谷局、目黒局、玉川局、新宿局、中野局、杉並局、杉並南局、豊島局、練馬局、光が丘局、武蔵府中局、立川局、川崎中央局、中原局、横浜中央局、海老名局、藤沢局、相模原局、茅ヶ崎局、平塚局、新潟中央局、新潟中局、富山南局、金沢駅内局、金沢中央局、福井南局、甲府中央局、長野中央局、松本南局、岐阜中央局、沼津局、静岡中央局、名古屋中央局、ループ金山局、千種局、津中央局、大津中央局、京都中央局、京都府立医大病院内局、京都大学病院内局、大阪中央局、大阪阪急内局、北浜東局、大阪南局、天王寺MiO局、吹田阪大病院内局、寝屋川局、八尾局、神戸中央局、奈良中央局、和歌山中央局、鳥取中央局、松江中央局、岡山中央局、広島中局、広島中央局、広島東局、山口中央局、宇部局、徳島中央局、高松中央局、高松南局、松山中央局、高知中央局、北九州中央局、福岡中央局、博多局、佐賀中央局、長崎中央局、熊本中央局、大分中央局、宮崎中央局、鹿児島中央局、鹿児島東局、牧志局、美栄橋局、那覇中央局の計115局

シートはオリジナル2です。A4クリアファイル、台紙とのセットで、売価は2350円です。8月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月18日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

荘厳な大自然絵巻 阿寒摩周国立公園
販売日 2017年8月25日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の全局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計75局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。8月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-74) 

2017年8月17日(木)。今日は、久しぶりにいすみ鉄道で出勤します。

今朝も天気はよくありません。
Isumi300_20170817_01
今朝の5Dがやってきました。301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170817_02
雨と霧で煙るなか、今朝の8Dがやってきました。302スニフでした。

今日は気持ち早めに上がって、24Dで帰りました。
Isumi300_20170817_03
この時間になると、雨はすっかり上がって太陽が出ていました。

順光側で撮ると、しっかり青空です。
Isumi300_20170817_04
24Dは今朝乗った301パパ&ママでした。

国吉駅に保存されているキハ30です。
Isumi_kuniyosi20170817_05
白幕になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

半日出勤とい鉄撮影 

2017年8月16日(水)。今日は午前中だけ仕事に行きます。まだ旧盆期間の続きということもあり、午後は半休をとりました。

今朝は天気がよくありません。四之町踏切が見える田んぼに寄り道しながら出勤です。
Isumi300_20170816_01
今朝の8Dは、302スニフでした。

午前中で仕事を終えて、今日もキハ52で運転される列車番号500番台の列車を1本だけ撮影します。
Isumi_kiha52_20170816_02
小谷松~大多喜間の祠を遠望できる場所です。516Dがやってきました。

お昼を過ぎても、今日は天気が悪いです。
Isumi_kiha52_20170816_03
単行を撮るなら、どうしても普段は見えない大原方の先頭を狙ってしまいます。

大多喜での停車時間を考えて、城見ヶ丘駅へ先回りました。
Isumi_kiha52_20170816_04
516Dがやってきました。今日は乗らずに撮るだけにします。

城見ヶ丘駅に停車しました。
Isumi_kiha52_20170816_05
雨粒が写るくらいの降りです。撮影も切り上げて、今日は帰ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月16日は2件のリリースが出ていました。釧路は便局のネットショップ扱いがあります。

8月16日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

釧路を走る国内唯一の炭鉱鉄道
販売日 2017年8月21日(~未発表)
販売部数 1,500部

販売地域 釧路市、釧路町、標茶町、弟子屈町、白糠町、厚岸町、浜中町、鶴居村内の全局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計75局

シートはオリジナル2です。1300円です。8月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月16日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

第八回 はんだ山車まつり
販売日 2017年9月4日(~未発表)
販売部数 1,500部

販売地域 半田市、東海市、大府市、知多市、常滑市、東浦町、阿久比町、南知多町、美浜町、武豊町内の計72局

シートは大型です。売価は1300円です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年8月15日は3件のリリースが出ていました。すべて便局のネットショップ扱いがあります。

8月15日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

松島基地航空祭2017
販売日 2017年8月21日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 東松島市、石巻市、登米市、気仙沼市、女川町、南三陸町内の計67局

シートはオリジナル2です。便箋4枚とのセットで、売価は1500円です。8月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月15日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

みやぎ 大崎市・栗原市・加美郡・遠田郡 日本酒めぐりVol.1
販売日 2017年8月21日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 大崎市、栗原市、涌谷町、美里町、加美町、色麻町内の全59局と仙台中央局の計60局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。8月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


8月15日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

みやぎ 大崎市・栗原市・加美郡・遠田郡 日本酒めぐりVol.2
販売日 2017年8月21日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 大崎市、栗原市、涌谷町、美里町、加美町、色麻町内の全59局と仙台中央局の計60局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。8月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

キハ52単行運転(8) 

520Dのキハ52に変わって入線してきたのが20Dです。
Isumi350_20170815_36_2
351スナフキンでした。

上総中野駅に自家用車を置いてきたので、上総中野へ帰ります。
Isumi_kiha20_20170815_37_2
19Dに乗っていきます。キハ201303でした。

車内にはこんな中吊りがありました。
Isumi_kiha20_20170815_38

終点の上総中野駅に着きました。
Isumi_kiha20_20170815_39

待合室脇のサルスベリと一緒に撮っておきます。
Isumi_kiha20_20170815_40

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キハ52単行運転(7) 

上総中野駅に停まるキハ52です。
Isumi_kiha52_20170815_31
駅前に自家用車を停めて、大多喜まで乗ってくることにします。

大多喜方の助手席に「大多喜-上総中野」の札が貼られました。
Isumi_kiha52_20170815_32
512D用の「大原-大多喜」、520D用の「大多喜-上総中野」と1本ずつの区間運転用にも、ちゃんと表示を用意してあるのですね。この細かい演出がいいのです。

520Dは比較的空いていました。
Isumi_kiha52_20170815_33
窓の外には、ホームに咲くサルスベリの花が見えました。

520Dが大多喜に到着しました。
Isumi_kiha52_20170815_34
10分後に20D大原行きが発車します。レールバスで運転されるときは520D~20Dは通し運用になりますが、今日はここで車両交換です。

キハ52はすぐにドアを閉めて、上総中野方の踏切へ引き上げます。
Isumi_kiha52_20170815_35
そして、検修線へ転線してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ52単行運転(6) 

総元駅にキハ52が停まります。
Isumi_kiha52_20170815_26
この駅は、地元の方により季節の花が咲いていて、つい寄り道したくなります。

Isumi_kiha52_20170815_27
この時間は、単行のキハ52の乗客はかなり多かったです。

Isumi_kiha52_20170815_28
白い排気をあげて、上総中野へ向けて発車していきました。

自家用車で上総中野駅へ向かいます。
Isumi_kiha52_20170815_29
道路の方がショートカットしているとはいえ、列車より速く到着してしまい、撮影できました。

Isumi_kiha52_20170815_30
この列車の折返し、520D大多喜行きがキハ52運行の最後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

キハ52単行運転(5) 

大多喜駅から向かったのは、第一森宮踏切です。
Isumi_kiha52_20170815_21
緑の中をキハ52がやってきます。

次に、国吉駅の大原方の鉄橋へ行きました。
Isumi_kiha52_20170815_22
ちょっと露出が明るかったかな。失敗です。

目の前をヒラヒラと飛ぶものがいます。
Isumi_kuniyosi20170815_23
カワトンボでした。

折返しの517Dを撮ろうと、上総中川~城見ヶ丘間の水田の脇に来ました。
Isumi_kiha52_20170815_24
ここの稲は、もうかなり実ってますね。

次に、総元駅へ行きました。
Isumi_kiha52_20170815_25
白い葉っぱの向こうから現れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ52単行運転(4) 

折返し516D大原行きになります。
Isumi_kiha52_20170815_16
上総中野方の行き先表示を大原方に貼り替えていました。「大原-上総中野」の札は1枚しか作ってなかったのですね。

東総元に着きました。
Isumi_higasifusamoto20170815_17
今日は水量がそれほど多くないので、大戸の洗い越しがかなりくっきり見えます。

大多喜に到着しました。
Isumi_kiha52_20170815_18
516Dは大多喜で10分間停車します。ここで降りて、この先は自家用車で先回りして、単行運転を撮ることにします。

2番線の脇にこんな表示があります。
Isumi_otaki20170815_19
冷房付き待合室です。

それがこれです。
Isumi_otaki20170815_20
いすみ300形を使った待合室なのです。中高生プロジェクトで、冷房の効いた勉強できる場所が欲しいという要望にいすみ鉄道が応えてくれた結果なのです。もちろん、一般の人も使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

キハ52単行運転(3) 

大原からは、折返しの513Dに乗車します。
Isumi_kiha52_20170815_11
いつもは2両編成でホームからはみ出して撮れないキハ52の先頭です。

Isumi_kiha52_20170815_12
上総中野行きの513Dでは、大原方にあった「大原-大多喜」の表示が剥がされてしまいました。

西大原~上総東間の通称ムーミン池です。
Isumi_azuma20170815_13
かなり水位が低くなりました。

国吉駅では、上り14Dと交換です。
Isumi_kiha52_20170815_14
あちらは旧国鉄色のキハ201303でした。

終点の上総中野に到着です。
Isumi_kiha52_20170815_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キハ52単行運転(2) 

上総中野方の方向幕風の表示です。
Isumi_kiha52_20170815_06
こちらは、513D用なのか「大原-上総中野」になっていました。

ドア脇のサボは「普通」です。
Isumi_kiha52_20170815_07
さあ、乗り込みましょう。

Isumi_rail20170815_08
今日はもらいものの、ヤックスの1日乗車券の2枚目を使います。

Isumi_kiha52_20170815_09
急行列車のときも一時停車をする西大原駅です。今日は単行なので、いつもより前の方でキハ52が停まりました。

終点の大原駅に到着です。
Isumi_kiha52_20170815_10
普段は見られない、首都圏色初期タイプの先頭をしっかり撮っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

キハ52単行運転(1) 

2017年8月15日(火)。今日はいすみ鉄道で、キハ52の単行運転が行われます。今年は、旧盆中も平日は平日ダイヤで運転です。そのかわり、鉄道ファンへのプレゼントとして、列車番号500番台の列車を日にちを決めてキハ52の単行で運転してくれるのです。今日は、その日なのです。

9時半過ぎに、入れ換えが始まりました。
Isumi_kiha52_20170815_01
9:30着の12Dが2番線から引き上げると、入れ換えに512Dになるキハ52が2番線に入線します。

Isumi_kiha52_20170815_02
検修線の351もなぜか同時に動いていました。

2番線にキハ52が入線しました。
Isumi_kiha52_20170815_03
こちらは普段キハ28との連結面になっていて、見られない正面です。首都圏色初期塗り分けになっていて、前照灯周りの塗り分けやや渡り板の色が反対側の後期タイプとは異なります。

大糸線タイプの行き先表示が貼られています。
Isumi_kiha52_20170815_05
大原-大多喜という表示になっています。

Isumi_kiha52_20170815_04
僚友のキハ28は、今日は検修庫でお休みしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

今日はこれ1枚だけです 

2017年8月14日(月)。今日は仕事はお休み。

明日はゆっくりいすみ鉄道に乗ろうと思います。
Isumi350_20170814_01
今日は大原駅で、これ1枚撮っただけでした。11Dです。351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(11) 

お化け屋敷電車が仲ノ町駅から回送で到着しました。到着してもすぐには乗車にはならないので、踏切まで撮影に行きました。
Choden20170813_051
暗くなると照明があるので、昼間の写真とは雰囲気が変わります。

入場が始まりました。
Choden20170813_052
2001の方は赤い照明です。これが走ってくるのですから、踏切待ちしている人の方が怖く感じるのではないでしょうか。

お化け屋敷電車の車内は撮影禁止なので、紹介はできません。話しは、今年も銚子の言い伝えに絡めたりして演出も含めてよく考えられているなと思います。去年のような、キャベツの投げ込みはなかったですけど。ただ、最後のオチには笑ってしまいました。「花嫁は宇宙人だったのです」って、最後は敏太郎ネタですか。お化けじゃなかったのですか。

犬吠駅に戻ってくると、最後は車外でスタッフとの記念撮影は可能です。
Choden20170813_053
お化け屋敷電車なのに、最後は笑って降りてしまいました。

その後、駅前に停めた自家用車に乗って、2時間ほどかけて自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(10) 

笠上黒生17:50の外川行きに乗って、そろそろ犬吠駅に向かいましょう。
Choden20170813_046
今度は、朝から動いている3001編成です。

スタフの交換があるので、下り電車の方が先に到着して後の発車です。
Choden20170813_047

犬吠駅で降りて、お化け屋敷電車の受付へ行きます。
Choden20170813_048
まずは、犬吠駅のたい焼きが渡されます。持っていてもしょうがないので、すぐに食べました。

次はせんべい焼き体験とお化け屋敷です。
Choden20170813_049

ぬれ煎餅の手焼きは、ぬれ煎餅駅で何回かやってことがあるのです。
Choden20170813_050
はい、できあがりました。これも、温かいうちに食べてしまいましょう。

それからお化け屋敷です。昨年のミッションは、ハンカチでお人形の涙を拭いてくることでしたが、今年はブーケを交換してくることです。まあ、銚電まつりのときに、銚電倶楽部会員特典ですでに体験してはいるのですが、同行の家人は今日が初めてです。あえてどこからお化けが出てくるかは教えずにチャレンジしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(9) 

旧盆臨時電車の折返しに乗車します。
Choden20170813_041
犬吠16:45の銚子行き臨時電車に乗車します。

Choden20170813_042
お昼過ぎに13:44に笠上黒生駅で交換したときは「臨時」と表示していたのですが、今回は「犬吠温泉号」を出していました。

今回は笠上黒生駅で降ります。
Choden20170813_043
ここで定期電車と交換です。先ほど3001編成に乗りましたし、今2002編成に乗りました。夜にはお化け屋敷電車2001編成に乗りますので、これで今日1日で銚子電鉄のすべての編成に乗ることができました。

臨時電車の運転は終わりましたが、これから2往復は夕方の2運用定期電車として走ります。
Choden20170813_044
笠上黒生17:19の定期電車として2002編成がやってきました。よく見ると、前照灯が片方だけ工事中のようで、埋め込み式になっているみたいです。

今度は銚子方の先頭の並びを撮ります。
Choden20170813_045
こちら側の顔は両編成で異なります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(8) 

今日、犬吠駅へ来たときと同じ、セブンイレブン前からひまわり畑越しに電車を撮ります。
Choden20170813_036
16:19の銚子行きがやってきました。

Choden20170813_037
ひまわり畑の向こうを、銚子に向けて発車していきました。

続いて、旧盆中の臨時電車がやってきます。
Choden20170813_038
16:36の外川行きです。

Choden20170813_039
こちらは、右側の外川駅へ向けて発車していきました。

この外川行きの折返しに乗るべく、再び犬吠駅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(7) 

銚子駅へ着きました。JRの有人改札で、銚子電鉄の弧廻手形を見せてホームに入ります。
Choden20170813_031
銚子電鉄ホームへ続く跨線橋には、妖怪スタンプラリーとお化け屋敷電車のポスターがこれでもかと貼ってありました。JRの駅構内にポスターを貼ってもらうのは有料で期間があって、これだけ貼ったらいったいいくらかと考えてしまいますが、その辺はJRと銚子電鉄で話が付いているのでしょう。

しばらくして、銚子止まりの電車がやってきました。
Choden20170813_032
定期便の3001編成です。

この電車の横幕です。
Choden20170813_033
澪つくし号になっていました。

Choden20170813_034
折返し銚子15:54の外川行きの乗っていきます。

どこで降りようか迷ったのですが、また犬吠で降りることにしました。
Choden20170813_035
まだ明るい内に、このひまわりと電車のコラボを撮っておきたかったからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(6) 

大内かっぱハウスから近い、親子かっぱ像にも行ってみることにしました。
Choden20170813_026
同行の家人は、足が疲れたからいかないと言って、先ほど写真を撮った公園のベンチで待っている方を選びましたが。

Choden20170813_027_2
こんな銅像が建っていました。

こどものお腹を押さえて、利根川を眺めさせているのでしょうか。
Choden20170813_028  
かっぱの甲羅って、亀のように隠れるためのものではないのですね。身体に貼りつく葉っぱのようなものなのでしょうか。

ここからなら、仲ノ町駅へ歩くより銚子駅へ歩く方が近そうです。
Choden20170813_029
その途中に、銚子セレクト市場があります。なにか休んでいこうかというと、家人も賛成とのこと。

大納言入り豆乳プリンを注文します。
Choden20170813_030
黒蜜は自分で好きな量をかけて食べるようになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(5) 

建物の脇には、かっぱの置物がズラリと並んでいました。
Choden20170813_021

入口脇には、本を読むかっぱの置物がありました。
Choden20170813_022

そして入口です。
Choden20170813_023
入館は無料です。ただし、館内は撮影禁止なので、写真を撮れたのはここまででした。2階の妖怪博物館は、昔どこかの本で見たことのあるようなミイラとか、「あっ、そうそうこれこれ」というようなものがたくさん並んでいました。3階のベランダは、外だから景色くらい撮ってもいいかなと思ったものの、足下にかっぱの置物がたくさん並んでいるし止めときました。

景色を撮るなら、館外へ出て利根川沿いにいいところがありました。
Choden20170813_024
銚子大橋です。自分が小学校4年生で遠足に来た頃(って40年以上前だろ!)は、赤い有料道路橋だったのですが、すっかり変わってしまいました。

利根川の河口近くのパノラマです。
Choden20170813_025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(4) 

駅北側のヤマサの工場の間の道を歩いて行きます。
Choden20170813_016
煉瓦造りの工場の壁が続きます。アルミサッシにはなっていますが、窓の上の煉瓦の積み方がなかなかお洒落で歴史を感じます。

Choden20170813_017
窓が煉瓦で埋められてしまったところもありますけど。

利根川沿いにある大内かっぱハウスに到着しました。
Choden20170813_019
しばらく閉館していましたが、先月2017年7月22日にリニューアルオープンしました。

銚電まつりの日は、銚子電鉄車内にかっぱちゃんも乗っていましたからね。
Choden20170813_020
2階には、山口敏太郎の妖怪博物館も併設されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄お化け屋敷電車2017(3) 

仲ノ町駅で降ります。今夜乗るお化け屋敷電車が側線に停まっています。
Choden20170813_011
2001編成は、お化け屋敷電車の運転が終わるまで、一般運転には使われないのです。

Choden20170813_012
ほどよく曇っているので、中の作り物もしっかり見えます。

Choden20170813_013
2001側にも女性の作り物が乗っています。

Choden20170813_014
パンタグラフはまだ下りていますから、出庫まではまだ時間があるようです。

先ほど乗ってきた電車が、外川行きになって戻ってきました。
Choden20170813_015
この電車に乗らずに、これから利根川沿いにある、大内かっぱハウスへ行ってみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »