« 青春18栃木日帰り紀行(8)  | トップページ | 青春18栃木日帰り紀行(10)  »

2018年10月16日 (火)

青春18栃木日帰り紀行(9) 

撮影していた3・4番線ホームから、跨線橋を渡って1・2番線ホームへ来ました。
Tobu20170821_041
乗車は2番線からです。

車内は、国鉄時代の14系客車そのものです。
Tobu20170821_042
倒すか倒さないかの2段階でしか使えない簡易リクライニングシートです。初期のものはロック機能がなく、お尻を上げるとバッタンと音を立てて元の位置に戻ったのですが、さすがにこの車両はロック機能がありました。戻るのです。JR四国から購入した東武の14系客車。トップナンバーを含む若番車ばかりで、その初期型シートでした。乗車時間も短く、たいして倒れないので、自分も含めてリクライニングさせていた人は、ほとんどいないようでした。

指定されたのは2号車の通路側席です。
Tobu20170821_043
乗車時間はわずか36分です。

さっそく弁当を食べましょう。
Tobu20170821_044
大樹と入った日光埋蔵金弁当です。

通路側はテーブルもないので、膝の上に広げて食べます。
Tobu20170821_045
御飯をすくうスプーンがスコップなんですね。これはおもしろいと思いました。

|

« 青春18栃木日帰り紀行(8)  | トップページ | 青春18栃木日帰り紀行(10)  »

コメント

大樹使用の14系は、バッタンコシートを再現しているはずですので、ロックされたというのは、何かの間違いか記憶違いかと思われます。

投稿: | 2018年10月19日 (金) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春18栃木日帰り紀行(9) :

« 青春18栃木日帰り紀行(8)  | トップページ | 青春18栃木日帰り紀行(10)  »