« 鍵開け終えてい鉄を撮って  | トップページ | 自家用車で旭へ(2)  »

2018年9月 8日 (土)

自家用車で旭へ(1) 

2017年7月30日(日)。鍵開けボランティアから戻って、家人とともに自家用車で旭に行きました。昨年も見た「砂の彫刻美術展」を今年も見ようというものでした。

会期だけを調べて、場所を調べずに行ってしまいました。昨年の会場と同じ矢指ヶ浦の海岸へ行くと、何もありません。あれっ、まだ会期中のハズだけれどもと、スマホで検索してみると、今年は図書館の近くの公園で開催だとわかりました。矢指ヶ浦から車で5分ほどの内陸部です。

Asahi20170730_05
近くまで行くと、会場はすぐにわかりました。

売店や体験イベントのテントは無料区域ですが、砂像は高い塀で囲まれた有料エリアになっていました。入場料は大人500円です。食券販売機のような券売機で入場券を買って入るようになっていました。家人は、とくに砂像に興味は無いから外のイベントテントでローソクアート体験をするからと、自分だけ入場券を買ってはいることにしました。昨年まで入場無料でしたから、一気に500円はちょっと高いなと感じたのは事実です。入口で「今日1日、何回でも入れます。いったん出てライトアップの時間にまた来て下さい」と言われましたが、その時間まではいられません。

今年の話題は、やっぱりコレですかね。
Asahi20170730_01

映画のポスターです。
Asahi20170730_02

そして、これが砂像です。
Asahi20170730_03
映画の公開は、もうすぐですからね。

今年は昨年よりも会期が長いので、砂像の管理が大変だという声が聞こえてきました。
Asahi20170730_04
たしかに、そんな感じですね。昨年よりも大型のものばかりが並んでいる感じですから、余計そう感じるのかもしれません。

|

« 鍵開け終えてい鉄を撮って  | トップページ | 自家用車で旭へ(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家用車で旭へ(1) :

« 鍵開け終えてい鉄を撮って  | トップページ | 自家用車で旭へ(2)  »