« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の77件の記事

2018年7月31日 (火)

い鉄を撮りながら出勤(July-5) 

2017年7月12日(水)。今日は子どもたちの野球の試合です。応援に行く都合もあり、自家用車で出勤です。

行きがけに、昨日同様第一森宮踏切脇の蓮池によりました。
Isumi300_20170712_01
上り8Dです。301パパ&ママでした。

野球の試合は、長生の森球場の第2試合でした。
Yakyu20170712_02
応援したのですけど、まさか初日で終わってしまうとは。今年は残念だったな。9回の表ツーアウトで、2点のビハインドです。でも、最後まで応援しないと。

すると、どうでしょう。
Yakyu20170712_03
9回の表に3点とって逆転です。そのまま、第1回戦を勝利しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年7月12日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月12日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

歴史ロマン 科野探訪
販売日 2017年7月18日(~未発表)
販売部数 1,540部

販売地域 長野市、飯山市、須坂市、中野市、飯綱町、小布施町、信濃町、山ノ内町、小川村、木島平村、栄村、高山村、野沢温泉村、上田市、佐久市、小諸市、千曲市、東御市、長和町、坂城町、佐久穂町、小海町、軽井沢町、御代田町、立科町、青木村、川上村、南相木村、南牧村、北相木村内の計210局

シートは大型です。売価は1300円です。7月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月12日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

風光明媚 戸隠
販売日 2017年7月13日(~未発表)
販売部数 1,240部

販売地域 長野市、飯山市、須坂市、中野市、飯綱町、小布施町、信濃町、山ノ内町、小川村、木島平村、栄村、高山村、野沢温泉村内の計107局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシードです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(July-4) 

2017年7月11日(火)。今日も自家用車で出勤します。そして、いつものように寄り道撮影しながらの出勤です。

城見ヶ丘~上総中川間の第一森宮踏切に寄り道します。
Isumi_kiha20_20170711_01
蓮池の蓮が咲いています。去りゆく5Dを撮ります。キハ201303でした。

続いて横位置から8Dを撮ります。雲も減って青空になりました。
Isumi300_20170711_02
桜の木の下で撮ったのですが、ちょっと葉っぱが入ってしまいました。今朝の8Dは301パパ&ママでした。

今日は午後から駅清掃ボランティアです。東総元駅へ行きます。
Isumi_higasifusamoto20170711_03
東総元駅のホームから見える、夷隅川の大戸の洗い越し(水中道路)です。今日は水量が少ないので、川の水の下にある道路ががハッキリ見えます。蛍光灯の周りの蜘蛛の巣や、畳などを掃除して、駅舎をキレイにしました。

Isumi_kiha20_20170711_04
東総元14:09の18Dに乗って大多喜に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

い鉄を撮りながらゆっくり出勤(July-3) 

2017年7月10日(月)。今日は半休を取ったので、ゆっくり出勤です。

時計を見ると、512Dを撮って出勤できそう。今日はキハ編成になっているのかな。国吉~新田野間の踏切に行きました。
Isumi300_20170710_01
空の雲がおもしろかったので、空を入れた構図にしたのですが、下草が多くて列車がきれいに撮れませんでした。しかもそこにやってきたのは、2連です。この時間に2連が入るとは、どこかで団体の予約でも入っているのでしょうか。

振り向いて後追いも撮ります。しかし、下草の多さは変わりません。
Isumi_kiha20_20170710_02
いすみ301+キハ201303の2連でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年7月10日は2件のリリースが出ていました。秋吉台は郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月10日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

CHITOSE AIR FESTIVAL 2017
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,200部

販売地域 千歳市、恵庭市、北広島市内の全局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳郵便局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計38局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。B5台紙とのセットで、売価は1500円です。


7月10日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

秋吉台サファリランド開園40th記念
販売日 2017年7月18日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 山口市、萩市、防府市、下松市、長門市、美祢市、阿武町内の全局と須々万局、鹿野局、須金局、徳山櫛浜局、向道局、中須局、八代局、長穂 局、徳山桜木局、徳山一番町局、徳山速玉局、徳山有楽町局、徳山周陽局、徳山秋月局、徳山遠石局、南陽福川局、高瀬局、戸田局、徳山菊川局、大津島局、徳山初音局、新南陽政所局、湯野局、新南陽富田局、徳山岡田町局、新南陽開作局、徳山岐山局、徳山局、新南陽局、広島中央局の計160局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

週末パスでテツとコブクロ(2-18) 

新幹線の座席で、買ってきたものを広げます。
Joetu20170709_086
まずは、八海山のあまざけです。

そして、弁当はこれにしました。
Joetu20170709_087
神尾辨当店の「のどぐろとサーモンといくらの弁当」です。

ライブの余韻に浸りながら東京へ着きました。東京からは京葉線で千葉みなとへ。駅近くのホテルに泊まって今日は終わりです。明日はゆっくり出勤します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-17) 

新潟駅へ着くと、指定券を買ってある新幹線より1本早いのに間に合います。みどりの窓口に並んで変更を試みますが、3人掛けの中央ならということです。払い戻して自由席という手もあるのですが、ライブが終わって慌てることもないかという気になりました。どうせ、明日は半休とってあるので、午後に間に合うように出勤すればいいですし。

改札を入ると、ちょうど「ばんえつ物語号」が到着したところでした。
Joetu20170709_081
やっぱり撮りたくなりますよ。新潟へ来ないと会えない車両ですから。

その後、「週末パス」をいいことに、いったん改札を抜けて遅い夕食の買い出しに行きます。準備万端、新幹線改札を入りました。
Joetu20170709_082
乗車するのは、東京行きの最終「MAXとき348号」です。

Joetu20170709_083
愛称通り、車体にはときが飛んでいました。

Joetu20170709_084
E4系の8両編成です。

7・8号車は、普通車とグリーン車の合造車です。
Joetu20170709_085
2階がグリーン席で1階が普通席。シートピッチが違うから、窓の大きさも配置も違います。1階と2階で、こんなにバラバラな外観の車両、もう造られることはないのだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-16) 

ここまできたら、暑いけどもう一度歩道橋に上がって、全景を撮ってみますか。
Kobukuro20170709_76
歩道橋というか、遊歩道のような長い歩道に上がってみます。もう1台、無地の黄色トラックがいるのがわかります。

Kobukuro20170709_77
さいたまスーパーアリーナよりも、撮りやすいところに停まっていたのでよかったです。

さて、開場は15:15ですが、グッズ販売は開場後の中でとのことです。今回は、リストバンド形LEDライトを買わなくては。開演まで45分しかないのですが、これで買えるのでしょうか。とにかく入場の列に並びましょう。

座席の確認も後にして、とりあえず入場後はすぐにグッズ販売の列に並びます。会場が狭く、収容人数もさいたま等に比べれば少ないとはいえ、45分しかないのは厳しいです。自分はなんとか開演前に買えましたけど。

座席は、あまりよくありませんでした。頭の上に2階席があるところでした。今回のツアー、けっこう新曲や初お披露目の曲が多かったです。これから、どんな風に展開されるのだろうと感じるツアーでした。まあ、今回はさいたまの予習といったところでしょうか。でも、みんなでライト点けながら、会場を染めて一体になるというのは、なかなかいいですね。

ライブが終わって、バスのりばへ向かいます。「補助席にあと3人ご乗車できます」と係の人が声を上げますが、観光タイプの補助席に詰め込まれるのは、よほど急いでいるときでなければパスです。次の路線車に座って新潟駅までいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-15) 

黒トラックの側面にも、手書きのメッセージがありました。
Kobukuro20170709_71
はい、そのつもりです。ツアーのオープニング開催地へ参戦するのは、今回が初めてです。

もう1台の白トラックです。
Kobukuro20170709_72
晴れているので、白いだけに露出が難しいです。

Kobukuro20170709_73
こちらもツアー開催地がずらりとかかれています。今回は、新潟とさいたまに参戦予定です。

白トラックの側面にも手書きのメッセージがありました。
Kobukuro20170709_74
四角の中に新潟の文字が。ということは、ツアーファイナルのさいたまに行ったときには、ここに文字が埋まっているのでしょうか。

今回は、2台が縦列駐車しているので、前からの写真が撮りづらかったです。
Kobukuro20170709_75
運転席には、黒トラックの後部についていた手書きプレートが置かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

週末パスでテツとコブクロ(2-14) 

下の広場にバス停がありました。
Kobukuro20170709_66
イベントのときだけ、新潟駅行きの臨時バスが出るのです。

今日のライブは、臨時バスないんだよなと、時刻表を見ます。
Kobukuro20170709_67
新潟県民会館のサイトには、今日の臨時バスは書いてなかったのですが、あるじゃないですか。それなら、帰りは駅まで歩かずに、バスに乗っていきましょう。

まずは、会館の周りを歩いて、トラックを探します。
Kobukuro20170709_68
いました。さいたまスーパーアリーナと違って、明るいところに停まっているのがいいですね。

Kobukuro20170709_69
後ろにはツアー日程がずらりとかかれています。

そして、右下のプレートの入るボードのところには・・・
Kobukuro20170709_70
今年も手書きメッセージが入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-13) 

新潟駅からは、14:00ちょうどの白新線に乗って白山駅まで移動します。
Joetu20170709_061
白山駅からは、歩いて新潟県民会館を目指します。

とにかく暑いです。途中でこんな絵が描かれた建物がありました。
Kobukuro20170709_62
トキにフェリーですか。新潟ですね。そして、あの茶色いのはどーもくんですね。

ということは、当然あの会社でしょう。
Kobukuro20170709_63
やっぱりNHKの新潟放送会館でした。

横断歩道がなく、歩道橋を渡って、県民会館へと向かいます。
Kobukuro20170709_64
ようやく着きました。

今回の席はこちらです。
Kobukuro20170709_65
1階の18列っていったら、微妙な位置ですよね。中に入ってみないとわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-12) 

16号車から、座席の11号車に戻る途中で、13号車のカフェに寄ります。

お姉さんに「写真撮ってもいいですか」と了解をいただいてから撮りました。
Joetu20170709_056
鉄道車両の中とは思えない、システムキッチンのようなカウンターです。

テーブルは1卓で、座席は6脚あります。
Joetu20170709_057
3脚ずつ、窓側と内側を向いています。窓際の内側向きの席に座ると、そのままアートを鑑賞できるのですが、通る人の視線を直に受けます。グループでないと、座るにはちょっと勇気がいるかもしれません。自分は勇気が無くてというより、テツなので風景の見える窓側を向いている席に座ります。

Joetu20170709_058
簡単なお菓子と飲み物を売っています。タンブラーもナプキンも、現美新幹線のオリジナルロゴが入っています。

自席に戻ります。カーテンを半分閉めて、越後平野を撮ってみたりします。
Joetu20170709_059
車内の見どころが多く、自席に座っている時間が短くなってしまうのが、この列車の難点ですかね。

越後湯沢から新潟まで、各駅停車の「とき」ですが、わずか54分です。
Joetu20170709_060
もう30分くらい乗っていたいなと思うものの、定刻13:38に新潟駅に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

週末パスでテツとコブクロ(2-11) 

解説によると、15号車は荒神明香さんの作品です。
Joetu20170709_051
奥行きのあるケースに入れられた、カラフルな作品です。

Joetu20170709_052
こんなカラフルなエビを図鑑で見たような気もしますけど。なんとも、不思議な感じがしました。

Joetu20170709_053
奥行きがあるため、貫通路のドアから座席まるまる片側分が展示会場になっていました。

そして、一番先頭の16号車へ行きます。
Joetu20170709_054
運転席があるので、他の車両よりも展示室は短めです。

ここは、ブライアン アルフレッドさんの作品です。
Joetu20170709_055
動く映像作品がこの車両のアートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-10) 

13号車は、解説によるとパラモデルと古武家賢太郎さんの2つのコーナーに分かれています。

これがパラモデルのコーナーです。
Joetu20170709_046
壁面と同じ円と直線による模様がグレーのカーペットにも描かれています。そして、そこに合わせて、同じ大きさのプラレールが敷かれています。

Joetu20170709_047
窓のない側は、同じ模様の壁に白い突起状のものがついているという芸術です。

13号車の半分はカフェになっています。そのカフェの窓のない壁面が、古武家賢太郎さんのアート展示です。
Joetu20170709_050

カフェは後で寄ることにして、14号車へ向かいました。
Joetu20170709_048
ここは、石川直樹さんの作品展示車両です。

Joetu20170709_049
白い縦長ボードが敷き詰められた壁面に、写真と絵画が展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

週末パスでテツとコブクロ(2-9) 

車内に展示の案内がありました。
Joetu20170709_041
11号車の指定席車は、松本尚さんの作品だそうです。

ちょっと長い通路を通って、11号車から12号車へ行きます。
Joetu20170709_042
暗さもあって、何があるんだろうというワクワク感があります。

12号車は鏡の作品でした。小牟田悠介さんの作品だそうです。
Joetu20170709_043
座席は自由席として使われます。でも空いていれば、ここに座って鑑賞できます。

Joetu20170709_044
自分の姿もこんなに映ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-8) 

14番線の表示機です。
Joetu20170709_036
6両編成の上越新幹線は、E3系の現美新幹線だけです。

しかも、指定席は11号車1両だけです。
Joetu20170709_037
車体のデザインだけ見ると、手ぶれ写真のようですけど、こういうデザインなのです。

大宮方の先頭です。
Joetu20170709_038
11号車の先頭は、真っ黒なんです。

中に入ります。現美新幹線では普通車扱いですが、元々はグリーン車です。
Joetu20170709_039
シートは、こまちのグリーン車時代と同じですが、モケットや床は現美新幹線としてアートになっています。入った瞬間は、なんとも目が痛くなるような印象でした。誰もいない室内が撮りたくて、早めに改札を入ってドアが開くのを待ったのです。

カーテンも同じデザインでアートされています。
Joetu20170709_040
せっかくのいい座席ですから、座っていたのですが、やっぱり他の車両のアートを見てきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-7) 

越後湯沢からは「とき453号」で新潟へ。新潟から白新線で白山まで行って、ライブ会場の新潟県民会館まで歩く予定です。

少し早めに新幹線改札を入って、「とき453号」の入線を撮ります。
Joetu20170709_031
やってきました。しかし、鉄柱が多くてきれいに編成が撮れません。

E3系6連が「とき453号」なのです。
Joetu20170709_032
そうです。愛称「現美新幹線」です。もう運転から1年経つのですね。今日が初乗車です。

新潟方の先頭16号車です。
Joetu20170709_033
真っ黒な新幹線です。

Joetu20170709_034
「現美新幹線」のロゴが、黒いボディに目立ちます。

Joetu20170709_035
一瞬、ピント合ってないのかなと写真を見て思ってしまいました。いや、窓を見るとちゃんとピントがあっています。このピンボケしたようなデザインが本物なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-6) 

ほくほく線と上越線の接続駅、六日町に着きました。
Hokuhoku20170709_026_2
ほくほく線の車庫もあるこの駅には、「ゆめぞら」の大きな広告がありました。

六日町からは上越線に乗り入れて、越後湯沢駅まで快速運転です。
Hokuhoku20170709_027

この車体にも、もう1つの広告がありました。
Hokuhoku20170709_028
以前の「ゆめぞら」は何編が上映されるかは乗ってのお楽しみだった気がするのですが、今日はトンネル毎に変えて、すべての編を上映していました。上映方法も変わったのでしょう。

改札を出て駅ナカの商店街で買い物と食事です。
Hokuhoku20170709_029
つるし雛のお店です。撮影はご自由にとのこと。撮るだけではと、つるしネコさんを買ってしまいました。

そして昼食はソースカツ丼です。
Hokuhoku20170709_030
福井市のヨーロッパ軒とか、会津若松とかで食べたことあります。けっこう日本全国にソースカツ丼ってあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

週末パスでテツとコブクロ(2-5) 

「ゆめぞら」は、天井のプロジェクションマッピングが見やすいように、なるべく車端の席をとりました。
Hokuhoku20170709_021
この席なら、とりあえず、天井は見渡せます。ちなみに「ゆめぞら」は、オール転換クロスシートです。

まずは、頸城平野を走っていきます。
Hokuhoku20170709_022
長大トンネルに入ると、プロジェクションマッピングが始まります。

さあ、トンネルに入りました。
Hokuhoku20170709_023

これは星座シリーズかな。
Hokuhoku20170709_024

ほかにも、イルカが出てきたり、ペンギンが出てきたり、いろいろな映像が流れました。
Hokuhoku20170709_025
無料で楽しめるのですから、トンネルが多くてもいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-4) 

えちごトキめき鉄道のレストラン列車「雪月花」が入れ換えを始めました。
Tokimeki20170709_016
時刻表に載らない列車なので、まったく気にしていなかったのですが、今日は日曜日ですし運転日なのですね。

Tokimeki20170709_017
もちろん、実車を見るのは初めて。乗ったことなどありません。

Tokimeki20170709_018
いったん西側に引き上げました。こちら側のヘッドライトを点けていますから、ホームへ入ってくるのでしょう。

そろそろ快速越後湯沢行きの発車時刻です。
Hokuhoku20170709_019
「ゆめぞら」に乗り込みます。

いちばん後ろから眺めていると、こちらの発車とほぼ同時に「雪月花」が入線してきました。
Tokimeki20170709_020
たしか、この後、上越妙高駅まで回送されて、そこから乗車が始まるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

週末パスでテツとコブクロ(2-3) 

越乃shu*kuraが上越妙高駅へ向けて発車しました。
Tokimeki20170709_011
車両はJR東日本の40系ディーゼルカーですが、この先走るのはえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインです。

Tokimeki20170709_012
独特な窓配置の2号車など、乗ってみたいと思いながら、まだ乗る機会のない車両です。

これで、乗車する電車がスッキリ撮れると、隣のホームへ行きます。
Hokuhoku20170709_013
「ゆめぞら」号というと、2連の電車に当たることが多かったのですが、今日は単行の電車HK100-9です。

跨線橋の表示機です。
Hokuhoku20170709_014
5・6番線は、どちらも第3セクターの電車です。

Tokimeki20170709_015
6番線の電車は、半分が車庫へ引き上げてしまい、残った2両でワンマン運転の妙高高原行きになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

週末パスでテツとコブクロ(2-2) 

この時間の直江津駅は、いろいろな車両が停まっています。
Hokuhoku20170709_006
これから乗り継ぐ、北越急行ほくほく線の越後湯沢行き「ゆめぞら」です。その向こうには、上越妙高駅へ回送される越乃shu*kuraが停まっています。

Hokuhoku20170709_007
乗り継ぎは、降りた電車の向かい側なので楽なのです。でも、写真を撮りたいから、結局駅内を歩き回ります。

Tokimeki20170709_008
1番線には、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインのディーゼルカーが停まっています。しかも、イベント対応の特別塗色のET122-7です。実車を見るのは初めてでした。

これから乗車する越後湯沢行きは2両編成です。
Hokuhoku20170709_009
「ゆめぞら」は後ろの1両だけで、前の車両は一般車でした。そこには、開業20周年のヘッドマークが付いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(2-1) 

2017年7月9日(日)。今日は午後から新潟県民会館でのコブクロ心ツアーに参戦です。それまで、テツ旅を楽しみます。

宿泊したホテルから高田駅へ向かう途中の郵便ポストです。
Tokimeki20170709_001
上杉謙信公の像が載っていました。

明るくなると、昨夜とはまた趣の違う高田駅です。
Tokimeki20170709_002
みどりの窓口もあるJR駅から、えちごトキめき鉄道のローカル駅になってしまいました。

高田8:52の普通電車で直江津に向かいます。
Tokimeki20170709_003
直江津駅手前で、頸城バスがたくさん停まっているのが見えました。

直江津まで乗ったのは、ET127系電車の4両編成でした。
Tokimeki20170709_004
前2両が広告塗色の編成でした。

Tokimeki20170709_005
後ろ2両はえちごトキめき鉄道の標準塗色でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

週末パスでテツとコブクロ(1-15) 

JR東日本とJR西日本の境界駅、上越妙高で「はくたか573号」を降りて、かつて信越本線だったえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインに乗り換えます。
Tokimeki20170708_071_2
次の発車は、20:25の直江津行きです。

Tokimeki20170708_072_2
2番線には21:28の「しらゆき9号」がすでに入線していました。

20:25の直江津行きは、新井始発の電車です。
Tokimeki20170708_073_2
やってきたのは、JR東日本の115系電車でした。特急列車はJRの車両ですが、普通列車にはJRの車両は入らないとばかり思っていました。

高田駅で降ります。
Tokimeki20170708_074_2
新潟色の115系3連でした。隣のホームの電車がえちごトキめき鉄道の普通列車としてはデフォルトなET127系電車です。塗色は特別なカラーリングになっていますけど。

今日は高田で泊まりです。
Tokimeki20170708_075_2
駅舎がなんともキレイに明かりが灯っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-14) 

「はくたか573号」は長野でしばらく停車です。ホームに出て写真を撮ります。
Hokuriku20170708_66
E7系ではなくW7系の証拠です。WEST JAPANの文字があります。

Hokuriku20170708_67
編成番号は、運転席の左上なので、ちょっと見にくいですね。

次の停車駅は飯山です。
Hokuriku20170708_68
長野では、速達タイプの「かがやき」に抜かれるために停車時間が長いのです。

Hokuriku20170708_69
左側のドアが開いているのが、乗っている「はくたか573号」です。右側のドアが閉まったのが、先発する「かがやき515号」です。こちらの次の停車駅は、JR西日本の富山駅です。

「はくたか573号」も長野駅を発車します。
Hokuriku20170708_70
車内販売で、北陸新幹線限定のさつまいもアイスを買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

週末パスでテツとコブクロ(1-13) 

このあと、夕方で千葉で用事があるのです。大月14:04の特急「かいじ112号」で新宿へ。中央線、総武線と乗り継いで千葉へ行きます。用事自体は簡単なものなので、30分もあれば片付いてしまいました。

再び、総武快速に乗って東京駅へ向かいます。駅弁もいいけど、予定した新幹線にはまだ時間があるので、いったん改札を出て大丸地下街で惣菜やビールを買って東京駅へ戻りました。
Hokuriku20170708_61
乗車するのは、18:04の北陸新幹線「はくたか573号」です。

折返し、はくたか573号になる編成がやってきました。
Hokuriku20170708_62
今日の編成は、JR西日本のW7系でした。窓下にサービスコンセントがあるので、デジカメのバッテリーを充電しておこうとバッグを開けて充電器を探します。すると、その充電器に忘れたと思った予備バッテリーが付いたままだったのです。なんとしたことか。その予備バッテリーをデジカメにセットすると、ちゃんと使えました。

ということで、ここから再びデジカメ写真になります。
Hokuriku20170708_63
大丸地下街で買ってきた総菜やビールで夕食です。北陸新幹線なので、軽井沢ビールなんぞを買ってみました。

荒川を渡ると、東京都から埼玉県です。
Hokuriku20170708_64
夕陽がキレイです。

そして、埼玉県に入ると、戸田漕艇場が見えてきます。
Hokuriku20170708_65
夕陽の中、練習するボートがたくさん見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

週末パスでテツとコブクロ(1-12) 

富士山ビュー特急が大月駅に到着しました。
Fuji_q_20170708_056
もう少し乗っていたかったですね。乗車時間約40分は、少々物足りないですね。車内がステキなだけに。

大月駅のホームは、盛り上がっていました。
Fuji_q_20170708_057
「艦これ」とコラボしていたのですね。ちょうど、艦これ電車が入っていました。

ちなみに、富士山駅で富士山ビュー特急の1本前に出たのが、この電車なのです。
Fuji_q_20170708_058
だから、しっかり富士山駅で撮ってあったのです。

いったん改札を抜けて駅舎を出ます。
Fuji_q_20170708_059_2
富士急行の大月駅舎にも鳥居がありました。

そして、ホームの端にある踏切に行きました。
Fuji_q_20170708_060
3号車側の富士山ビュー特急も撮っておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-11) 

スイーツだけでなく、もちろんドリンクもあります。
Fuji_q_20170708_051
値段の書いていないものはフリードリンクです。スイーツだから温かいものがいいかな。まずはホットコーヒーをお願いします。

その後、期間限定のハーブディーに興味をひかれてたのんでみました。
Fuji_q_20170708_052
こんな感じで、山梨特産の桃のドライフルーツが入ったカップが置かれます。

ここに自分で適量のローズヒップ&ハイビスカスティーを注ぎます。
Fuji_q_20170708_053
酸味のある暑いときにホッとするようなハーブディーです。

それで、大方飲み終わったら、スプーンでドライフルーツを食べるのだそうです。
Fuji_q_20170708_054
酸味のあるハーブティーと桃の甘さが相まって、なんともいえず美味しいです。「食べる」オリジナルハーブティーってこういうことだったのですね。これはいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-10) 

絨毯の入口から乗り込むと、アテンダントさんにさっそく席に案内されます。
Fuji_q_20170708_046
座席は2人向かい合わせの2E席でした。空いているので相席ナシで進行方向を向いた席です。

これが夏メニューです。
Fuji_q_20170708_047
富士山駅からの乗車は自分だけで、他のお客さんはみな始発の河口湖駅からの乗車のようです。すでに食事を始めていましたから。

テーブルの上には、すでにこんな感じにセットされています。
Fuji_q_20170708_048
スイーツは、小さな重箱のような中に入っています。

さっそくふたを開けてみます。
Fuji_q_20170708_049
おお、メニューとおんなじだ。当たり前ですけど、実物の方が写真よりもみずみずしくて感激します。右上の、旬の果実のジュレデセールからいただきました。もちろん、おいしいです。

途中で富士山特急と行き違います。
Fuji_q_20170708_050
このときだけは、みなさん食事を止めて写真を撮ってました。もちろん、自分もですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

週末パスでテツとコブクロ(1-9) 

富士山駅から13:07の特急に乗って、大月にトンボ返りです。
Fuji_q_20170708_041
やってくるのは、元JR東海371系の富士山ビュー特急です。

しかも、今回は旅行プランで乗車します。
Fuji_q_20170708_042
「週末パス」を持っていても、旅行プランの割引はありません。旅行プランは、河口湖~大月または富士山~大月の2種類だけで、他駅発着のプランはありません。

プリントアウトした上の紙を見せて、改札を通ります。
Fuji_q_20170708_043
駅名標も水戸岡デザインになっているようです。

富士山ビュー特急がやってきました。
Fuji_q_20170708_044

旅行プランの専用車両は1号車です。
Fuji_q_20170708_045
その1号車乗車口だけは、ふかふかのマットが敷かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-8) 

駅舎を眺めに外に出てみます。
Fuji_q_20170708_036
浅間神社を模したのか、巨大な鳥居の額に駅名がかかれていました。

Fuji_q_20170708_037
こんな布製の駅名もありました。

そして、置いてあった顔出しは、インターナショナルでした。
Fuji_q_20170708_038
さすがに、ひとりでは撮れませんから。

出札窓口では、駅名改称記念の入場券を売っていました。
Fuji_q_20170708_039
富士吉田駅から富士山駅に改称されたのは、2011年7月1日ですから、もう6年も経っているのですけど。

Fuji_q_20170708_040
記念スタンプもインターナショナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-7) 

富士急行線内は、けっこう見どころがあります。満席なので、自分の座っている窓からしか見えませんけど。
Narita20170708_031
JR東海の中央リニアの試験線です。

Narita20170708_032
トーマスランド号と行き違います。国鉄115系を2ドアにしたような車両で、富士急行のオリジナル車です。

都留文科大学前駅に停車します。
Narita20170708_033
富士急行線内の停車駅も、きちんと表示機に表示されていました。

そして、次が下車する富士山駅です。富士吉田駅の頃には何度かきたことがありますが、富士山駅に改称されてからは初めての下車です。
Narita20170708_034
ところが、この写真を撮ってカメラのバッテリーが切れました。カメラケースのポケットに、予備バッテリーを入れておいたはずですが、探しても見当たりません。

しかたなく、この先はスマホで撮影します。
Narita20170708_035
富士山駅に到着した「成田エクスプレス8号」です。スマホだと露出の微調整が難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

週末パスでテツとコブクロ(1-6) 

成田空港から河口湖までの進行状況が車内のモニターでわかります。
Narita20170708_026
今は八王子の手前ですね。

中央線を走ります。鳥沢の鉄橋ですね。
Narita20170708_027

車内モニタでは、このような外国人旅行者線用のフリーきっぷの広告が流れていました。
Narita20170708_028

大月駅に到着です。ここから富士急行線に入ります。
Narita20170708_029
富士急行線内は、普通車は400円の特急券を買えば、指定席の空席に乗れます。そんなこともあって、外国人旅行者を中心にたくさんの人が乗ってきて、たちまち満席になりました。自分の隣にも、アジア系外国人の男性が座りました。

JRの大月駅を出た成田エクスプレスは、ポイントを左に分かれて富士急行線へと進んでいきました。
Narita20170708_030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

週末パスでテツとコブクロ(1-5) 

空港第2ビル駅を出れば、次の停車駅は東京です。
Narita20170708_021
かなり早い段階から、東京の案内が出ていました。

外を見ると、まだ新小岩ですから。
Narita20170708_022
まだ東京スカイツリーは、かなり遠くに見えます。

東京駅に到着です。降りる人ももちろんいますが、予想以上に乗ってくる人が多いのです。それも外国人の方が半端じゃないです。やはり、東京からのりかえナシに富士山に行けることが魅力のようです。

品川駅を出て、大崎駅まで山手貨物線を走ります。
Narita20170708_023
品川・大崎から西大井へは普通電車がたくさん走っていますが、品川~大崎間の山手貨物線を走るのは「成田エクスプレス」くらいのものですから。

一段高くなった山手貨物線から大崎駅が見えます。
Narita20170708_024
こんな位置から眺められるのは、成田エクスプレス乗車ならではです。

そして、もう1つのお楽しみ。
Narita20170708_025
原宿駅の宮廷ホームです。しかも、そこで成田エクスプレスと行き違いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-4) 

定刻に成田空港駅を発車しました。
Narita20170708_016
天井に着いている案内表示機では、日本語、英語、ハングル、簡体字と4種類の文字で案内があります。

堀之内信号場では、成田エクスプレスと行き違いです。
Narita20170708_017

成田空港から富士山まで3時間以上かかります。久しぶりにたっぷり在来線特急に乗ります。
Narita20170708_018
週末パス共々、まだ熱転写式指定席券売機がある銚子駅で発券してきました。富士急行線も乗れる「週末パス」は、とくに今回の旅では利用価値大です。

スタバのあとで朝食というのは順番が逆な気もしますが、冷たいものは先に処理しないとダメでしたからね。
Narita20170708_019
久々に万葉軒の季節限定弁当です。「うなはまあさり飯」という名から想像がつくように、うなぎとはまぐりとあさりの弁当です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

週末パスでテツとコブクロ(1-3) 

成田空港駅から乗車するのは、特急「成田エクスプレス8号」です。
Narita20170708_011
土休日を中心に、新宿行きが河口湖行きになります。

今日はこれに、終点までではなく富士山駅まで乗っていきます。
Narita20170708_012
列車の行き先表示も、河口湖単駅表示ではなく、富士山・河口湖になっていました。

Narita20170708_013
車内の停車駅表示です。

Narita20170708_014
表示はこんな感じで、何種類かが順次表示されます。

せっかく成田エクスプレスなんて洒落た特急に乗ったので、乗車前にスタバなんぞに行ってしまいました。
Narita20170708_015
ダークモカチップフラペチーノに、エスプレッソ2ショットプラスして、低脂肪乳変更、ホイップ少なめにしてもらいました。それでも高カロリーなんだよな。高カロリーはおいしいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスでテツとコブクロ(1-2) 

エアポート成田はいちばん後ろの車両に乗ったので、成田から先の区間では、車掌室越しに線路を眺めていきます。
Narita20170708_006
左側は成田スカイアクセス線、右側が今走っているJRです。

成田スカイアクセス線の信号場が見えます。
Narita20170708_007
これが根古屋信号場のようです。残念ながら停車列車はありませんでした。

JRには堀之内信号場があります。
Narita20170708_008
ここでは209系8連と行き違います。成田空港へやってくる209系は少ないです。

終点の成田空港駅で降ります。
Narita20170708_009
空港第2ビル駅で降りることはありますが、終点まで乗ることは稀です。海外旅行に縁が無いですから。

自分にとってはめったに来ない駅ですから、いったん改札を出ます。
Narita20170708_010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

週末パスでテツとコブクロ(1-1) 

2017年7月8日(土)。今日から2日間、週末パスを使って旅立ちます。目的の1つは、新潟での2017コブクロツアーに行くこと。もう1つは、その行きにテツ旅を楽しむことです。

自宅を6時に自家用車で出発します。茂原駅近くのコインパーキングに自家用車を停めて、茂原駅6:52の普通電車で千葉に向かいました。

千葉からは成田空港に向かいます。
Narita20170708_001
千葉7:55の快速に乗ります。

Narita20170708_002
変哲のないE217系電車ではあります。

Narita20170708_003
このE217系に愛称がちゃんと用意されているのです。見にくいですけれども、気づく人は知っています。

JR千葉支社の団臨「クイズトレイン」でこんな問題が出ました。
Q:成田空港駅を発着する快速電車は、すべて「エアポート成田」である。
○にしたのですが、正解は×でした。「エアポート成田」は成田空港駅に到着する電車だけで、発車する電車は愛称ナシなのです。下り電車にだけついている愛称なんですね。
Narita20170708_004
ただ、この愛称も2018年3月17日のダイヤ改正からなくなってしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

い鉄を撮りながら出勤(July-2) 

2017年7月7日(金)。今日は自家用車で出勤します。

家を出るのが少し遅くなって、5Dには間に合いませんでした。
Isumi300_20170707_01
上総中川駅の城見ヶ丘寄りで、8Dを撮ります。301パパ&ママでした。今日はこれ1枚しか撮影する機会がありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

支社版フレーム切手 

2017年7月7日は12件のリリースが出ていました。富士山と白山、いなかだて以外は郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月7日に日本郵便株式会社近畿支社・四国支社からリリース文が配信されました。

鳴門海峡の渦潮を世界遺産へ 第2集
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,250部

販売地域 兵庫県淡路市、洲本市、南あわじ市、徳島県徳島市、鳴門市、板野町、藍住町、上板町、北島町、松茂町、神山町、石井町、佐那河内村内の全局と高松中央局、松山中央局、高知中央局の計132局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月7日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

愛顔(えがお)つなぐえひめ大会
販売日 2017年7月18日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 愛媛県(西予局を除く)内の全局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計319局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。7月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月7日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体〔東予(とうよ)エリア開催競技
販売日 2017年7月18日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 愛媛県(西予局を除く)内の全局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計319局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。7月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります


7月7日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体〔中予(ちゅうよ)エリア開催競技〕
販売日 2017年7月18日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 愛媛県(西予局を除く)内の全局と徳島中央局、高松中央局、高知中央局の計319局

シートは額縁(62円)です。売価は1300円です。7月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月7日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

富士登山
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 1,200部

販売地域 富士山頂局のみ

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。


7月7日に日本郵便株式会社沖縄支社からリリース文が配信されました。

珊瑚礁広がる阿嘉島・慶留間島Vol.2
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 阿嘉局、那覇中央局、牧志局、美栄橋局、知念局の計5局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります


7月7日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

白山2017
販売日 2017年7月18日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 金沢市、白山市、かほく市、野々市市、津幡町、内灘町内の計115局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。


7月7日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

いなかだて 田んぼアート
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,400部

販売地域 青森市、黒石市、平川市、藤崎町、大鰐町、田舎館村、平内町、外ヶ浜町、今別町、蓬田村内の計77局

シートはオリジナル2です。売価は1400円です。


7月7日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

仙台市交通局コレクション
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 仙台市青葉区・泉区・宮城野区・若林区・太白区内の計127局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月7日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

秋田竿燈まつり2017
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,200部

販売地域 秋田市、潟上市、男鹿市、井川町、八郎潟町、五城目町、大潟村内の計71局

シートは大型です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月7日に日本郵便株式会社中国支社からリリース文が配信されました。

呉だと、分かる。呉ば、分かる。
販売日 2017年7月13日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 広島市安芸区、呉市、竹原市、東広島市、海田町、熊野町、坂町、大崎上島町内の全局と本郷局、神田局、和木局、大草局、南方局、三原小泉局、高坂局、瀬戸田局、御寺局、名荷局、瀬戸田中野局、広島中央局の計135局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります


7月7日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

大阪港開港150年祭
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 大阪市港区・西淀川区・福島区・此花区・西区・北区・大正区・住之江区内の計112局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

い鉄で出勤(2017-68) 

2017年7月6日(木)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dが国吉駅にやってきました。
Isumi_kiha20_20170706_01
キハ201303でした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi350_20170706_02
352ムーミンでした。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi350_20170706_03
351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年7月6日は3件のリリースが出ていました。会津鉄道以外は郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月6日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

ヨコハマ恐竜展2017
販売日 2017年7月14日(~未発表)
販売部数 2,000部

販売地域 横浜市内の計303局

シートはゴールドプレートです。B5ポストカード台紙とのセットで、売価は1200円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月6日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

地域とともに歩んだ道のり 会津鉄道30周年記念
販売日 2017年7月13日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 会津若松市、喜多方市、猪苗代町、西会津町、磐梯町、北塩原村、柳津町、会津坂下町、湯川村、会津美里町、金山町、三島町、昭和村、下郷町、南会津町、只見町、檜枝岐村内の計98局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。


7月6日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

牧之通り・雲洞庵巡り
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 魚沼市、小千谷市、南魚沼市、中魚沼郡、南魚沼郡内の全局と十日町局、越後田沢局、貝野局、倉俣局、千手局、土市局、魚沼中条局、仙田局、越後水沢局、橘局、上野局、下条局、魚沼吉田局、十日町高田局、大井田希望の郷局の計61局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

い鉄を撮りながら出勤(July-1) 

2017年7月5日〔水)。今日は自家用車で出勤です。

いつものようにいすみ鉄道を撮りながら行きます。
Isumi350_20170705_01
今朝の5Dを、第二五之町踏切の裏から撮りました。352ムーミンでした。それにしても、下草が伸び放題で、ちょっと撮影知としては不向きでした。

その後、第一森宮踏切隣の蓮池に行きました。
Isumi300_20170705_03
蓮は1輪しか咲いていませんでした。その後ろを8Dが行きます。今朝は301パパ&ママでした。

仕事が終わって、どうにも疲れてしまいました。帰り際にミニストップに寄りました。
Mini_stop_20170705_03
アイスに海苔やあられが合うのか? みたらし団子のあのタレがあうのか? 挑戦してみました。いやあ、醤油とアイスは基本的に合いますね。おいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年7月5日は2件のリリースが出ていました。越後は郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月5日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

越後三大花火
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 柏崎市、出雲崎町、刈羽村、魚沼市、小千谷市、南魚沼市、中魚沼郡、南魚沼郡内の全局と長岡局、長岡西局、七日町局、太郎丸局、中里局、川口局、竹沢局、六日市局、浦瀬局、越後宮内局、長岡十日町局、蓬平局、長岡四郎丸局、種苧原局、長岡栖吉局、長岡東神田局、長岡川崎町局、長岡花園局、長岡永田局、長岡呉服町局、長岡柳原局、長岡石内局、長岡大島局、長岡新町局、長岡日赤町局、長岡宮原局、長岡中島局、長岡宝局、長岡希望が丘局、長岡三和局、長岡新産局、長岡下柳局、長岡イオン局、リバーサイド千秋局、来迎寺局、塚山局、大積局、浦村局、岩塚局、宮本局、深沢局、石津局、関原局、寺泊局、与板局、脇野町局、和島局、福戸局、越後島田局、日吉局、寺泊野積局、下川西局、十日町局、越後田沢局、貝野局、倉俣局、千手局、土市局、魚沼中条局、仙田局、越後水沢局、橘局、上野局、下条局、魚沼吉田局、十日町高田局、大井田希望の郷局の計150局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月5日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

水と森の癒しの里 奥大井 川根本町
販売日 2017年7月7日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 静岡県内の一部78局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシードです。売価は1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-67) 

2017年7月4日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dが国吉駅にやってきました。
Isumi350_20170704_01_2
たぶん、352ムーミンだったと思います。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいました。
Isumi_kiha20_20170704_02_2
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅は、定時で上がって26Dに乗りました。
Isumi350_20170704_03_2
26Dは352ムーミンでした。国吉で行き違う23Dは、301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

支社版フレーム切手 

2017年7月4日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月4日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

茅ヶ崎市制施行70周年記念
販売日 2017年7月7日(~未発表)
販売部数 未発表

販売地域 茅ヶ崎局、茅ヶ崎高田局、茅ヶ崎小和田三局、小出局、茅ヶ崎松が丘局、茅ヶ崎松林局、茅ヶ崎富士見局、茅ヶ崎若松局、茅ヶ崎鶴が台局、茅ヶ崎浜竹局、茅ヶ崎矢畑局、茅ヶ崎茶屋町局、茅ヶ崎海岸局、茅ヶ崎南湖局、茅ヶ崎浜見平局、茅ヶ崎香川局、茅ヶ崎今宿局の計17局

シートは大型です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月4日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

湯沢高原・苗場ドラゴンドラ
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 魚沼市、小千谷市、南魚沼市、中魚沼郡、南魚沼郡内の全局と十日町局、越後田沢局、貝野局、倉俣局、千手局、土市局、魚沼中条局、仙田局、越後水沢局、橘局、上野局、下条局、魚沼吉田局、十日町高田局、大井田希望の郷局       の計61局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシードです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-66) 

2017年7月3日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dが国吉駅にやってきました。
Isumi300_20170703_01_2
301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi350_20170703_02_2
352ムーミンでした。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi350_20170703_03_2
28Dと大多喜で行き違う25Dは、351スナフキンでした。

そして、28Dに乗って国吉駅に着きました。
Isumi_kiha20_20170703_04
28Dは、キハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年7月3日は4件5種のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

7月3日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

2017 本場徳島 阿波おどり(62円)
2017 本場徳島 阿波おどり(82円)

販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 各1,500部

販売地域 徳島県内の全201局と高松中央局、松山中央局、高知中央局の計204局

シートは62円が額縁、82円オリジナル2です。売価は62円が1200円、82円が1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月3日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

四国まんなか千年ものがたり
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 2,100部

販売地域 (徳島県)三好市、美馬市、吉野川市、阿波市、つるぎ町、東みよし町内の全局と徳島中央局、(香川県)丸亀市、坂出市、琴平町、観音寺市、善通寺市、綾川町、三豊市、多度津町、宇多津町、まんのう町内の全局と高松中央局、(愛媛県)松山中央局、(高知県)高知中央局の以上、計156局

シートはオリジナル2です。台紙、ポストカード1枚とのセットで、売価は2200円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


7月3日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

祝ユネスコ無形文化遺産登録 八戸三社大祭の山車行事
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 八戸市、むつ市、十和田市、三沢市、階上町、三戸町、五戸町、田子町、南部町、新郷村、おいらせ町、六戸町、七戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、大間町、佐井村、東通村、風間浦村内の計113局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります


7月3日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

岩沼係長オリジナルフレーム切手
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 岩沼市、白石市、名取市、角田市、七ヶ宿町、亘理町、山元町、丸森町、柴田町、大河原町、川崎町、蔵王町、村田町内の計60局

シートは額縁(62円)です。売価は1200円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

「みんなでつくる飲茶列車」(5) 

60Dが大原について、折返し63D上総中野行きになります。途中の国吉で、急行2号と行き違います。
Isumi_kiha28_20170702_21
あちらのキハ28では、レストランキハが開催中です。こちらは、飲茶列車。グルメ列車同士のすれ違いだと、けっこう車内は盛り上がりました。

終点の上総中野に到着です。
Kominato20170702_22
この時間は、小湊鐵道と接続があります。

Isumi300_20170702_23
折返し64Dと小湊鐵道の並びです。「みんなでつくる飲茶列車」は、折返して大多喜までです。東総元を過ぎるとみんなで車内のお片付け。大多喜に到着して、351スナフキンが切り離されてドアが開くと、流れ作業で荷物を降ろします。揚江さん、おいしい料理、ありがとうございました。

1番線にはちょうど急行3号がやってきました。
Isumi_kiha52_20170702_24
参加者の皆さんも、十分満足していただけたようです。撮るのも食べるのも、この辺りで切り上げて、自分も帰ることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんなでつくる飲茶列車」(4) 

先ほどのまんじゅうを割ってみます。
Isumi350_20170702_16
おしながきにあった、切昆布まんですね。

続いてパンがきました。
Isumi350_20170702_17
これもあったかいバジルパンです。

さらにおまんじゅうがきます。
Isumi350_20170702_18
肉まんですね。

そして、あんまんからはデザートへ突入です。
Isumi350_20170702_19
なんと、あんの中にはクルミも入っていました。まんじゅうは、あんも皮も手作りです。

そしてデザートのプレートです。
Isumi350_20170702_20
杏仁豆腐に苺の羊羹と自家製梅シロップの羊羹です。苺の羊羹は絶品でした。それから、杏の種の中身(仁)から作った本物の杏仁豆腐です。これまた絶品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

「みんなでつくる飲茶列車」(3) 

駅前からホームへ、みんなで荷物を運びます。それを揚江さんが各テーブルにセットして、いよいよ「飲茶列車」の開始です。
Isumi350_20170702_11
これは冷たくても大丈夫な食べ物の弁当です。

これが今日のおしながきです。
Isumi350_20170702_12
けっこうたくさん出るんです。しかも、すべて手作り。まんじゅうは皮もあんも手作りです。

続いて、温かいものが運ばれます。
Isumi350_20170702_13
ふたを開けると湯気がでます。火の使えない車内で、どうやって温めるのかは企業秘密だそうです。

Isumi350_20170702_14
このあつあつが、1人に1個配られます。

続いて、あつあつのまんじゅうです。
Isumi350_20170702_15
さあ、これは何まんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんなでつくる飲茶列車」(2) 

キハ編成の入れ換えが終わり、60Dが入線してきました。
Isumi350_20170702_06
351スナフキンが、今日の貸切車両です。

前側が普通列車60Dになる車両です。
Isumi300_20170702_07
301パパ&ママでした。

「みんなでつくる飲茶列車」になる351には、貸切の種別札が入っています。
Isumi350_20170702_08
サボも、自分がかつて作って寄贈した「貸切列車」が入っていればよかったのですが、こちらは普段と同じでした。

60Dの隣を、上総中野行き103Dが走っていきます。
Isumi350_20170702_09
ヘッドマークのおかげで2017年7月に行った証拠になります。

103Dが上総中野に向けて走り去ります。
Isumi_kiha28_20170702_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんなでつくる飲茶列車」(1) 

2017年7月2日(日)。今日は自分がプロヂュースした「みんなでつくる飲茶列車」の運転日です。いすみ鉄道の60D~63D~64Dの1往復に貸切車両を増結して、車内で揚江さんの飲茶を楽しもうという企画です。

いすみ鉄道でも、かつて揚江さんが提供する「伊勢海老特急 飲茶列車」を運行したことがあります。自分も2回ほど参加しました。揚江さん曰く、夫婦2人で車から2番線まで食事を運ぶのが重労働。飲茶にはかならずしも伊勢海老は必要ではないし、もう少し安く手軽に提供したいけど、旅行商品として売るには伊勢海老が入っていないとならないのが厳しいとのことで、旅行商品の「伊勢海老特急」シリーズからは撤退してしまったのです。

揚江さんのお店には何度か顔を出していたので、それじゃ自分が貸切車両をやりますから、その中で料理を提供して下さいよ。貸切は10テーブルあって土休日60000円だから、1テーブル6000円。料理は1人3000円にして飲み物は参加者持ち込み。ビールでも老酒でもワインでも、飲みたいものを自分でもってくる。駅前集合で、2番線まではみんなで荷物を運んで、テーブルへのセッティングも手伝う。参加者自らが準備もする「みんなでつくる」貸切列車にしましょうと提案したのです。これなら、1テーブル2人利用なら、1人6000円。3人利用なら、1人5000円と、そこそこ手軽な料金になりそうです。ただ、食事と移動をセットにすると旅行商品ということになり、おおっぴらに宣伝すると、旅行業法に触れます。そこで、揚江さんはお得意さんに声かけ、自分は同僚や知り合いに呼びかけて10テーブル埋めて実行しようということになったのです。

結果的に、揚江さんのお得意さん4テーブル、自分の同僚やその友人で5テーブル。知り合いの城西国際大学観光学部の学生さんが1テーブルで、満卓となったのです。1卓でも空きが出ると、いすみ鉄道の貸切代は、自腹切りですからね。

集合時間より少し早めに大多喜駅に行きました。
Isumi_kiha28_20170702_01
102D大多喜止まりが2番線にやってきました。七夕のヘッドマークをつけています。

Isumi_kiha28_20170702_02
こんなヘッドマークです。

Isumi_kiha52_20170702_03
キハ52側にも、同様のヘッドマークがついていました。

102Dに接続する大原行き58Dはキハ201303でした。
Isumi_kiha20_20170702_04
こちらはとくにヘッドマークはありません。

Isumi_kiha28_20170702_05
2017年7月は、まだ206が現役だったという証拠写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(15) 

先に来るのは上り電車でした。1日乗車券なので、観音19:20に乗っていったん銚子へ行きます。
Choden20170701_071
折返し、銚子19:31の外川行きに乗車します。

犬吠駅には19:48に到着です。ここで降ります。
Choden20170701_072
この時間は、犬吠駅も無人駅です。一番前のドアしか開きませんでした。

駅舎の中もこんな感じです。
Choden20170701_073
売店はシャッターがしまり、出札口も鉄格子が入っています。

駅前の駐車場へ行き自家用車に乗る前に空を見上げてみました。
Choden20170701_074
キレイな半月になっていました。今日は、同行の家人の車で来ているので、交代で運転しながら3時間弱かかって自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(14) 

観音様に寄り道して観音駅へ向かいましょう。
Choden20170701_066
山門の右側の営業中ののぼりが見えるところが、お昼を食べたラーメン屋、潮さんです。

夜はネコの時間です。飯沼観音の境内には、たくさんのネコさんがいます。
Choden20170701_067
境内にあるおそば屋さんの前です。いつも、ここはネコさんが多いのですが、やっぱり夜はたくさんいます。仔猫が生まれたのですね。

Choden20170701_068
仔猫がいるので、近づかずにそっと眺めることにします。

しばらくネコさんを眺めてから、観音駅へ向かいました。
Choden20170701_069
ネーミングライツが藤工務所から金太郎ホームに変わったので、駅名が白紙になっていました。

以前の駅名はこんな感じです。
Choden20160615_18
これは2016年6月に撮ったものです。当時のネーミングライツ「藤工務所 かんのん」となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(13) 

お店に入って名前を告げると、すぐに席に案内されました。料理の写真撮ってもいいですかとたずねると、どうぞとのことで、食べる前に撮らせていただきました。
Choden20170701_061
イワシのたたきと刺身です。味噌がまぜてあればなめろうなんでしょうけど、これは生姜でいただきます。刺身は好みで生姜でもワサビでも。脂の載った大羽いわし、ワサビでいただきました。

続いて、イワシのフライです。
Choden20170701_062
こちらは、さらに大きめのイワシをつかっているようです。醤油とカラシでいただきます。アツアツのフライ、カラシ醤油がよくあいます。

メインの盆が運ばれてきました。
Choden20170701_063
イワシの漬け丼につみれ汁などです。脂の載ったイワシは、こんなにおいしいんだと再認識させてくれる料理ばかりです。

最後にデザートも出てきました。
Choden20170701_064
なんかいいことあるかな。美味しくいただいて、お店をでたのが18:45頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(12) 

次の17:50の行き違いになる上り電車で、予約してある食堂へ向かいます。
Choden20170701_056
先ほど外川へ行った2002編成が銚子行きになって戻ってきました。

観音駅で降ります。
Choden20170701_057
乗車時間は短かったですが、2種類の編成の乗れて満足です。

目指すのは観音食堂七兵衛です。飯沼観音のすぐ近く、お昼にラーメンを食べた潮とは、目と鼻の先です。
Choden20170701_058

銚子は今いわしのシーズンなのです。
Choden20170701_059
予約制の「入梅いわし おまかせ御膳」2500円を18時からでお願いしてあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(11) 

16:53の外川行きがやってきました。
Choden20170701_051
この電車は、交換がありません。次から交換が始まります。

Choden20170701_052
今日、最初に乗ったときは「外川-銚子」の駅名表示だけだったのですが、いつのまに「澪つくし号」の列車名付きに変わっていました。

17:19の外川行きがやってきました。
Choden20170701_053
2002編成です。今日は2001金太郎ホーム編成がお休みのようです。

下り電車が先に到着です。
Choden20170701_054

その後、上り電車がやってきて、交換です。
Choden20170701_055
まだ夏至から10日ほどですから、この時間でも昼間と変わらぬ明るさです。きれいな青空が広がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(10) 

笠上黒生駅で降りて、乗ってきた銚子行きを見送ります。
Choden20170701_046
このあと、この電車が16:53の外川行きで戻ってきたあと、2運用になります。17:19、17:50、18:19、18:47の4回、夕方の電車交換が見られます。

それまで、まだ50分ほどあります。
Choden20170701_047
ホームにある、レトロなコンクリートの防火用水升を見たりします。

Choden20170701_048
上りホームで繰り広げられる、スズメのケンカを見たりします。

Choden20170701_049
下りホームの端を歩く、毛足の長い三毛ネコさんを見たりします。

まもなく16:53の外川行きがやってきます。
Choden20170701_050
すると、三毛ネコさんが線路へと出て行きます。大丈夫なのかな。うまく端を歩いていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(9) 

外川行きに乗っていきます。
Choden20170701_041
海鹿島駅の駅名標も、新しいネーミングライツ入りになっていました。

次の君ヶ浜で降ります。
Choden20170701_042
ここもあじさいが咲いていますね。

Choden20170701_043
ここも当初はミストソリューションとなっていたのですが、2年目からロズウェルになりました。ネーミングライツを得た会社はミストソリューションで同じなのだそうですけど。ロズウェルは、あのUFO事件で有名なメキシコの地名ことだそうです。

そして、きみちゃんの碑にもあいさつします。
Choden20170701_044
お墓ではないので、手を合わせるとかはしませんが。また来たよみたいに話しかける程度です。掲示板には、在りし日のキミちゃんの写真が貼られていました。

16:21の上り銚子行きに乗ります。
Choden20170701_045
これに乗って、笠上黒生駅へ行きます。そろそろ夕方の2運用になるので、笠上黒生駅での交換が見られるからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

銚子電鉄と入梅いわし(8) 

観音駅の末期には、いろいろな味のあんがあったたい焼きも、今はあんこしかないことがわかりました。
Choden20170701_036
犬吠駅15:29の銚子行きに乗ります。

そして、本銚子で降りました。
Choden20170701_037
去りゆく電車を撮っておきます。

Choden20170701_038
ネーミングライツが新しくなった駅名標を撮ります。

そして、これが当時の待合室。
Choden20170701_039
今では、見違えるような駅舎になっていますからね。

しばらく過ごして、再び下り電車に乗ります。
Choden20170701_040
16:00の外川行きに乗車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

銚子電鉄と入梅いわし(7) 

仲ノ町駅に上り電車がやってきました。
Choden20170701_031
14:43の電車に乗って、ひと駅銚子まで行きます。

Choden20170701_032
車内には、先ほど行った「潮」の中吊り広告もありました。

Choden20170701_033
銚子駅では、改札を出ずにそのまま銚子電鉄で折返しです。

Choden20170701_034
行き先表示も雨に濡れています。

銚子15:00の外川行きに乗ります。
Choden20170701_035
そして、犬吠で再び降りました。同居人が、あずきでなくクリームのたい焼きをどうしても食べたいとごねるのですもの。先ほどは、クリームは売りきれだったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

銚子電鉄と入梅いわし(6) 

横幕もそれぞれの編成で異なっていました。
Choden20170701_026
2002編成は「犬吠温泉号」になっていました。

Choden20170701_027
2001編成は「金太郎ホーム号」になっていました。ヘッドマークだけでなく、横幕にまで「金太郎ホーム」の文字がありました。

車庫の入口も開いていて、中を覗くことが出来ました。
Choden20170701_028
置かれているパンタグラフは、いったいどの車両のものなのでしょうか。

デキと丸ノ内線電車1002です。
Choden20170701_029
デキはまだ集電装置がついていません。

この2両、つながっていました。
Choden20170701_030
1002は固定式のアダプタとデキの連結器がつながっていたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

銚子電鉄と入梅いわし(5) 

仲ノ町駅の売店の入口です。
Choden20170701_021
鉄道むすめ・外川つくしと路娘MOTION・初海あおいが張られていました。

仲ノ町駅もあじさいが咲いています。
Choden20170701_022
今日は曇ったり、小雨が降ったり。あじさいの色がキレイに撮れます。

入場券を買って、車庫見学をします。
Choden20170701_023
同居人は、もちろん待合室で待機(ゲーム)です。

Choden20170701_024
2002編成を撮りながら、車庫へ入ります。

2001編成のクハ側、2501です。
Choden20170701_025
こちら側にもヘッドマークがついていました。銚子方の片側だけつけることが多いのですが、両側につけるということは、力が入っているということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(4) 

入梅いわしは夕食でと予約してあります。それまで、まだ時間があるので、銚子電鉄を乗り歩きます。
Choden20170701_016
銚子13:05の外川行きに乗って、観音で降ります。このネーミングライツ入りの駅名標は以前撮ったことがあったかな。その後、潮という中吊り広告も出しているラーメン屋さんに行って昼食にしました。

昼食が終わって、観音駅から仲ノ町駅へ向かって、線路沿いを歩いていきます。
Choden20170701_017
沿線に咲くあじさいの向こうに、14:02の外川行きがやってきました。

Choden20170701_018
そのあじさいの脇を3001編成が走っていきます。同居人が今日使っている、初海あおいの1日乗車券のイメージですね。

その後、仲ノ町駅で撮影です。同居人は、とくに車両に興味が無いので、待合室で待機です。
Choden20170701_019
2001編成と2002編成の並びです。

Choden20170701_020
2001編成のヘッドマークは、観音駅のネーミングライツを行っている金太郎ホームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

銚子電鉄と入梅いわし(3) 

犬吠駅から下り電車に乗って、外川駅に着きました。
Choden20170701_011
行き先表示は、シンプルに両端の駅名でした。

Choden20170701_012
先端の折返し線に停まる801号車を使った昭和ノスタルジー館です。有料だし、何回か入ったことがあるので、今日は入りません。

5月の「トモシビ」イベントでは人で埋まっていた外川駅です。
Choden20170701_013
今日は人もあまりおらず、ひっそりしていました。

外川12:20の銚子行きに乗って、一気に銚子駅まで行きました。
Choden20170701_014

行先表示器もヘッドマークも路娘MOTIONの「初海あおい」です。
Choden20170701_015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄と入梅いわし(2) 

今日は7月の第1土曜日。銚電倶楽部の無料乗車チケットが使える日です。自分はそれを使います。同行の同居人は、先月買った路娘MOTIONの1日乗車券を使ってもらいます。
Choden20170701_006
まだ梅雨明けしてないから、あじさいバージョンを使ってもらいました。犬吠駅の出札で、今日のスタンプを押してもらいました。

次に来るのは下り電車です。とりあえず、ひと駅、外川まで乗ってきましょう。
Choden20170701_007
路娘MOTIONの3000形です。しっかりヘッドマークも着いていました。

Choden20170701_008
出入り口の表示も2000形とは違い、路娘MOTIONバージョンになっています。

Choden20170701_009
スタンプラリーもやっていますが、2社以上の路娘MOTIONを集めなければならないので、けっこうハードルが高いです。

Choden20170701_010
1日乗車券の図案のように、3000形車両とあじさいのコラボが、外川駅ホームでは展開されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

銚子電鉄と入梅いわし(1) 

2017年7月1日(土)。今日は同居人と2人で、銚子で入梅いわしを食べに行くことにしました。ただ、イワシだけのために銚子に行くのはもったいないので、銚子電鉄も楽しんでくることにしました。

自宅から自家用車で銚子を目指します。まずは、銚子電鉄のぬれ煎餅駅へ寄ります。
Choden20170701_001
去年のお化け屋敷電車のときに犬吠駅にあった「ゴーストの館」は、まだここに置いてありました。

いつものように、おせんべい類をたくさん買い込んで、車に積みます。駐車場の奥に、こんな車がいました。
Choden20170701_002
銚子電鉄がやっている、会員制の宅配サービス「楽く楽く宅配サービス」の配達車でしょう。塗色が、旧型電車を同じというのが泣かせます。

ところが、こだわりはもっとありました。
Choden20170701_003
屋根上のサボ、助手席には「ワンマン」の表示。宅配するだけなら必要ないのに、ここまでこだわるとは。恐るべき銚子電鉄。

その後、自家用車を犬吠駅へ走らせます。さいわい駅前駐車場には空きがあったので、ここに停めて銚子電鉄を楽しむことにします。

でも、その前に2017年6月24日に開業した、犬吠駅のたい焼き屋さんへ行きました。
Choden20170701_004
観音駅のものより、ちょっと小ぶりになったような気がします。

Choden20170701_005
つなぎ目もキレイになってます。観音駅のは、ここがすごくはみ出して、巨大なたい焼きになっていたのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

い鉄を撮りながら出勤(June-8) 

2017年6月30日(金)。6月最後の日は、自家用車で出勤しました。8Dに間に合うかなと、小谷松駅へ向かいます。

タッチの差で間に合いませんでした。踏切待ちの車の窓からカメラを出してスナップです。
Isumi_kiha20_20170630_01
今朝も8Dは、キハ201303でした。何日続いているのでしょうか。

5Dは、しっかり撮って出勤しましょう。
Isumi300_20170630_02
5Dがやってきました。あの正面は300形ですね。

Isumi300_20170630_03
5Dが小谷松駅にやってきました。

やってきたのは、301パパ&ママでした。
Isumi300_20170630_04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月30日は4件のリリースが出ていました。富士十景以外は郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月30日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

祇園祭2017
販売日 2017年7月7日(~未発表)
販売部数 6,050部

販売地域 京都市内(旧京北町域は除く)の計218局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月30日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

熊野那智大社 御創建一千七百年
販売日 2017年7月7日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 田辺市、新宮市、那智勝浦町、白浜町、上富田町、すさみ町、古座川町、串本町、太地町、北山村内の計81局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月30日に日本郵便株式会社東海支社からリリース文が配信されました。

富士十景
販売日 2017年7月5日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 富士宮市、御殿場市、裾野市、小山町内の全36局と沼津局、沼津西局、沼津大岡局、沼津平町局、沼津杉崎局、沼津大岡駅前局、沼津駅前局、沼津花園局、沼津片浜局、沼津金岡局、浮島局、愛鷹局、沼津真砂局、沼津高島局、沼津間門局、沼津椎路局、沼津大塚局、沼津西添局、三津局、三の浦局、沼津西浦局、沼津下香貫局、沼津我入道局、沼津志下局、沼津大平局、沼津西島局、沼津本町局、沼津下河原局、沼津本郷局、沼津合同庁舎内局、富士局、吉原局、鈴川局、富士富士岡局、大渕局、今泉局、富士依田橋局、吉原原田局、広見局、吉原中央町局、富士富士見台局、富士北局、岩松局、富士柳島局、田子浦南局、富士伝法局、富士水戸島局、富士横割局、富士松岡局、富士市役所前局、富士宮島局の計87局

シートはアイボリーです。売価は1300円です


6月30日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

土崎神明社祭の曳山行事
販売日 2017年7月7日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 土崎局、大久保局、追分局、土崎港局、秋田寺内局、天王局、上新城局、秋田将軍野局、飯島局、土崎東局、秋田新国道局の計11局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-65) 

2017年6月29日(木)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

今朝も曇っています。
Isumi350_20170629_01
今日の5Dは351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170629_02
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅は、ラス前の28Dになりました。
Isumi_kiha20_20170629_03
キハ201303でした。もう19時近いのですが、曇っていても夏至直後のこの時期は、まだまだ明るいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月29日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月29日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

裕次郎永遠に(ゆうじろうとわに)
販売日 2017年7月10日(~未発表)
販売部数 5,000部

販売地域 北海道内の計549局

シートはアイボリーです。A3二つ折り台紙、ポストカード2枚とのセットで、売価は2000円です。7月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(June-7) 

2017年6月28日(水)。今日は、夕方に大原で用事があるので、自家用車で出勤です。

行きがけに寄り道して撮影していきます。まずは第二五之町踏切付近の水田に行きます。
Isumi350_20170628_01
今朝は霧がかなり出ていました。ここは開けているので、後ろの山がちな部分にしか残っていませんが。今朝の5Dは352ムーミンでした。

その後、上総中川駅の大多喜寄りに移動しました。
Isumi_kiha20_20170628_02
あじさいやカンナの咲く向こうを、今朝の8Dが行きます。キハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月28日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月28日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

播州三木染形紙
販売日 2017年7月5日(~未発表)
販売部数 2,050部

販売地域 近畿各県の一部532局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-64) 

2017年6月27日(火)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

天気は曇り、しかも少し雲が厚く暗く感じるほどです。
Isumi300_20170627_01
国吉駅のあじさいの向こうを、今朝の5Dがやってきました。301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170627_02
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅は、最終の30Dになりました。
Isumi350_20170627_03
352ムーミンでした。

それにしても、日記の掲載が1年以上の遅れになってしまった。これじゃ、誰も読んでくれないよなと思うものの、自分の記録もあるので、飛ばさずに毎日記録していこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月27日は2件のリリースが出ていました。長岡は郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月27日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

長岡花火 2017
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,850部

販売地域 長岡市、小千谷市、柏崎市、出雲崎町、刈羽村内の計113局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月27日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

島尾敏雄生誕100年
販売日 2017年7月6日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 奄美市、瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、知名町、和泊町、与論町、大和村、宇検村内の計63局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(24) 

4番線への入口を見てみると、昼間は気づきませんでしたが、アーチにはイルミネーションが点いているのですね。暗くなったので、よくわかります。
Hakonetozan20170626_116
やっぱり、「夜のあじさい号」はすべて4番線から発車するのですね。

まもなく発車時刻です。
Hakonetozan20170626_117
「夜のあじさい号」は、この後も強羅発の4号まで運転されます。箱根湯本着は21:13ですから、宿泊しているか地元の方でないと、気楽に乗れる時間ではありません。

旧型3両編成を撮影していて、予定より1本遅い小田原行きに乗ります。
Hakonetozan20170626_118
これに乗っていくと、小田原について駐車場へ着く頃には21:00になります。房総半島まで運転していくと、当然公共交通機関は終わっています。Cくんは長生村、Sくんは勝浦市の山の中ですから、当然送っていきます。自宅に戻ったのは、さすがに午前1時近くになっていました。それでも、明日は普通に仕事へ行くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »