« 銚子電鉄と入梅いわし(5)  | トップページ | 銚子電鉄と入梅いわし(7)  »

2018年7月 5日 (木)

銚子電鉄と入梅いわし(6) 

横幕もそれぞれの編成で異なっていました。
Choden20170701_026
2002編成は「犬吠温泉号」になっていました。

Choden20170701_027
2001編成は「金太郎ホーム号」になっていました。ヘッドマークだけでなく、横幕にまで「金太郎ホーム」の文字がありました。

車庫の入口も開いていて、中を覗くことが出来ました。
Choden20170701_028
置かれているパンタグラフは、いったいどの車両のものなのでしょうか。

デキと丸ノ内線電車1002です。
Choden20170701_029
デキはまだ集電装置がついていません。

この2両、つながっていました。
Choden20170701_030
1002は固定式のアダプタとデキの連結器がつながっていたのです。

|

« 銚子電鉄と入梅いわし(5)  | トップページ | 銚子電鉄と入梅いわし(7)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄と入梅いわし(6) :

« 銚子電鉄と入梅いわし(5)  | トップページ | 銚子電鉄と入梅いわし(7)  »