« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の62件の記事

2018年6月30日 (土)

テツ3人で「あじさい号」へ(23) 

104号の車内です。
Hakonetozan20170626_111
2両編成のモハ1形です。車内は、ロングシートです。104の相棒は106です。

Hakonetozan20170626_112
強羅方はモハ2形の109が担当です。

Hakonetozan20170626_113
モハ2形は、両運転台でセミクロスシートです。

Hakonetozan20170626_114
前から109+106+104の旧型車3両編成です。

20:09の「夜のあじさい3号」と20:29の普通電車です。
Hakonetozan20170626_115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(22) 

塔ノ沢駅では、ボード貸し出しによる記念撮影もできました。
Hakonetozan20170626_106_2
記念ボードを持っているのがCくん、右側がS君です。とりあえず、許可をとっていないので、若い二人はモザイクかけときます。Cくんは、いすみ鉄道社長ブログ(まもなく閉鎖予定)に何度も素顔で出てますから、隠す必要もないのですけどね。

予定通り20:03に箱根湯本駅4番線に到着しました。
Hakonetozan20170626_107
折り返し運転に備えて、さっそく水タンクに補給してますね。カーブがきついところでは、水をまいて摩擦を軽減するのが箱根登山鉄道なんです。

まもなく、箱根湯本止まりの電車がやってきます。
Hakonetozan20170626_108
あの、旧型車3両編成がやってきました。

これを見てしまったら、小田原行きを1本見送って撮影したくなりました。若い2人も帰ることより撮ることに同意でした。

Hakonetozan20170626_109
箱根湯本行きの表示板ですが、すぐに変わりました。

Hakonetozan20170626_110
折返しは20:29強羅行きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(21) 

車内はこんな感じです。
Hakonetozan20170626_101
真っ暗な車内から、ライトアップされたあじさいを観賞します。さすがにこれだけ暗いと、車窓は止まって撮影できません。

定期列車との交換もあります。向こうは明かりが点いた車内です。
Hakonetozan20170626_102
真っ暗なこちらを見て、ビックリしているようでした。対向列車が出て行ったあとで、仙人台信号場の様子を撮りました。ここは、あじさいはありませんでした。

それでも、見どころでは停車します。
Hakonetozan20170626_103
駅でもないところで停車して観賞させてくれるのが、定期電車と違うところです。先ほど歩いた大平台の遊歩道を車内から眺めます。

Hakonetozan20170626_104
大平台ではけっこう停車してゆっくり観賞できました。

最後に塔ノ沢駅だけは、下車観光が出来ました。数分間ですけど。
Hakonetozan20170626_105
まずは先頭へ行って、写真を撮ります。ここまで来て撮っているのは、少数のテツばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(20) 

「夜のあじさい号」の発車は2番線からです。
Hakonetozan20170626_96
ケーブルカーも、もう最終の時刻なのですね。

1番線から2番線を撮ります。
Hakonetozan20170626_97
先ほど「回送」表示だった1002編成が「あじさい号」の表示を出していました。

B号車は中間の2201号車でした。
Hakonetozan20170626_98
座席43~45は、車端の5人掛けロングシートでした。ボックス席じゃないのか、ちょっと残念です。しかし、相席ではなく5人用ロングシートを3人で使えるたので、けっこういいです。車端なので、他のお客さんに迷惑をかけずに窓も開けられますから。

発車直前に室内灯が消えて、ライトアップ観賞モードになりました。
Hakonetozan20170626_99
このままドアが閉まって発車です。

Hakonetozan20170626_100
駅員の方々にバナーで見送られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(19) 

夕方ではありますが、受付開始初日に予約しました。
Hakonetozan20170626_91
チラシによると運転日によりアレグラで運転する日と一般車で運転する日があるそうです。今日は一般車で運転の日です。

乗車券は「トコトコきっぷ」を見せて、指定券だけ購入します。
Hakonetozan20170626_92
B43~B45の3枚が渡されました。

それと一緒に、こんなものも渡されました。
Hakonetozan20170626_93
見どころが書かれた小冊子です。

Hakonetozan20170626_94
アレグラとあじさいが描かれた団扇です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(18) 

まずは強羅駅の売店に行きます。「トコトコきっぷ」で割引になります。
Hakonetozan20170626_86
あじさい電車の記念品はないかなと言ったら、こんなものを作ってみたけどと、あじさい飴に入場券仕様の札をつけたものを売ってました。いいですねぇ。ちゃんと、強羅と箱根湯本の2種類作ったんですよって、2種類とも買ってしまうじゃないですか。そのほかに、車内で食べるおやつやお土産を買います。

少し時間があるので、駅舎を出てみます。
Hakonetozan20170626_87

駅前のお土産物屋さんにトラ三毛さんがいました。ここでもお土産を買い増しして「ネコさんの写真撮ってもいいですか」ときくと「どうぞ、こんなネコでよければ」とのこと。
Hakonetozan20170626_88
撮られ慣れているのかな、カメラを気にせず気ままに身繕いしていました。

そろそろ駅舎に戻ります。
Hakonetozan20170626_89
予約している指定券(会員券)を購入します。

本日の座席は満席だそうです。
Hakonetozan20170626_90
別途乗車券が必要ですとのことですが、もちろん「トコトコきっぷ」が使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

テツ3人で「あじさい号」へ(17) 

平日の夕方、強羅へ向かう人は少ないようです。
Hakonetozan20170626_81
ボックス席にも空席がありました。箱根登山鉄道は、いつも混んでいる印象があって、こんなに余裕でボックス席に座るのは、いつ以来かわからないくらいです。

スイッチバック式の上大平台信号場につきました。
Hakonetozan20170626_82

ここで、旧型車3両編成と行き違いです。
Hakonetozan20170626_83
夕方になって、また動き始めたのですね。あと1本、大平台で待っていれば、ゆっくり撮れたのですね。

強羅に到着です。
Hakonetozan20170626_84
1番線に到着となりました。ケーブルカーに乗り継ぎやすい2番線に入ることが多いのですけど。

2番線には回送表示の電車が停まっています。
Hakonetozan20170626_85
これが、「夜のあじさい号」になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

テツ3人で「あじさい号」へ(16) 

遊歩道を出て向かったのは、姫之湯という日帰り温泉です。
Hakonetozan20170626_76
駐車場には、そこそこ車が停まっています。混んでいるかな。

Hakonetozan20170626_77
タオルは持っていたのですが、名入りのタオルがあったので買ってしまいました。とても熱い温泉で、若い2人は熱い熱いといっていました。

温泉を出て、今度は普通の道を歩いて大平台駅へ向かいます。
Hakonetozan20170626_78
遊歩道につながるホームの改札よりも一段高い道に、こんな駅舎がありました。

まずは箱根湯本行きがやってきました。
Hakonetozan20170626_79
先ほど見た2001-2002の2000形サンモリッツでした。

そして乗車する強羅行きもやってきました。
Hakonetozan20170626_80
こちらは1000形でも塗色の違う1003-2202-1004の編成でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

テツ3人で「あじさい号」へ(15) 

大平台駅につきました。ここで下り電車と交換です。
Hakonetozan20170626_71
2001-2002の2000形サンモリッツがやってきました。

乗ってきた1000形と2000形の並びです。
Hakonetozan20170626_72
3両編成は増結がないからか、あじさい電車のマークが着いていますね。

乗ってきた箱根湯本行きが発車します。
Hakonetozan20170626_73
改札外からあじさいを入れて撮ってみました。

その後、駅前から続くあじさいの遊歩道を歩いて温泉へ向かいます。
Hakonetozan20170626_74
平日の夕方ですが、歩いている人は多いです。

こんな第4種ふみきりもあります。
Hakonetozan20170626_75
こんなところを通りながら、温泉へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

テツ3人で「あじさい号」へ(14) 

中強羅駅を発車してすぐに行き違い区間に入ります。
Hakonetozan20170626_66
公園上駅から登ってきた編成と行き違います。

強羅駅まで下ってきました。
Hakonetozan20170626_67
日中でも多客期の増発便は途中駅に停まりません。行き先の前に出ている図形で各駅停車か直行かがわかるらしいです。

結局、比較的駅から近いところに温泉がある大平台へ行くことにしました。
Hakonetozan20170626_68
強羅駅からの次の箱根湯本行きがやってきました。1001-2201-1002の3両編成です。

Hakonetozan20170626_69
1000形の愛称である「ベルニナ号」のプレートが車内にありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(13) 

箱根に来たからには温泉に行きたいよねと、3人で話していました。個人的には、白濁した湯がある強羅の温泉に入りたかったのですが、強羅には浴場はありません。旅館の日帰り入浴を利用するしかないのですが、旅館なので客の入りが始まる夕方には日帰り入浴は終わってしまいます。どんなに遅くても16時で受付終了のようで、今日はあきらめるしかないようです。

そこで、まっすぐ強羅まで引き返します。
Hakonetozan20170626_61
箱根登山鉄道のケーブルカー、途中に4つも駅があります。下から、公園下、公園上、中強羅、上強羅です。

そんな中強羅駅のホームにネコさんが寝ていました。
Hakonetozan20170626_62
こんな斜めになったホームで香箱座りですか。

写真を撮っていたら、立って縦伸びです。
Hakonetozan20170626_63
やっぱり寝づらかったのね。どこにいくのかな。

Hakonetozan20170626_64
と思ったら、90度向きを変えただけで、また寝てしまいました。こんな坂でよく寝られるな。すごいです、箱根のネコさん。

中強羅を発車すると、すぐに行き違い場所です。
Hakonetozan20170626_65
次の公園上駅のホームも見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

テツ3人で「あじさい号」へ(12) 

強羅駅に到着しました。
Hakonetozan20170626_56
大平台駅から、標高で200mほど登りました。

箱根登山鉄道の「トコトコきっぷ」は、ケーブルカーの早雲山駅まで乗れます。
Hakonetozan20170626_57
テツ3人ですから、乗れるところまで乗ってみることにします。

Hakonetozan20170626_58
強羅15:54の早雲山行きに乗ります。

Hakonetozan20170626_59
早雲山駅からはロープウェイが出ていますが、それには「トコトコきっぷ」では乗れません。ここから引き返します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(11) 

どの車両が来ても、次の強羅行きには乗ろうということにしました。
Hakonetozan20170626_51
やってきたのは、1003を先頭にした1000形の3両編成でした。

Hakonetozan20170626_52
2両編成だと間に合わなかったかもしれませんが、3両編成なので、写真を撮ってからでも最後部の車両に乗れました。

大平台駅を出ると、スイッチバック式の上大平台信号場に停まります。
Hakonetozan20170626_53
大平台駅から9mほど登りました。

さらにしばらく行くと、行き違い式の信号場がありました。
Hakonetozan20170626_54
仙人台信号場で、先ほどの上大平台信号場からさらに52mほど登りました。

小涌谷駅で行き違い待ち停車です。
Hakonetozan20170626_55
3分以上停まるようなので、ちょっと反対hホームまで行って撮影してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

テツ3人で「あじさい号」へ(10) 

次の下り電車は、旧型車3連ではありませんでした。
Hakonetozan20170626_46
2両編成の2000形にアレグラ3000形を連結した3両編成でした。

2両しかない3000形と1編成しかない3100形が、ここで勢揃いしたのです。
Hakonetozan20170626_47
アレグラ3001と3002の並びが撮れました。

撮るのに精一杯で、この強羅行きに乗ることはできませんでした。
Hakonetozan20170626_48
アレグラを連結した強羅行きが発車していきました。

そんな大平台駅のホームの片隅に、こんなものがいました。
Hakonetozan20170626_49
大平台の「だいちゃん」だそうです。触るといいことがあるそうです。

次の上り電車がやってきました。
Hakonetozan20170626_50
2000形の2両編成です。あじさいシーズンだからといって、すべてが3両編成というわけではないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(9) 

大平台駅で降りたのは、車両の撮影がとりあえずの目的です。
Hakonetozan20170626_41
次の下りは、箱根湯本駅で見た旧型車3連が来るのでしょうか。

まずは、上り電車がやってきました。
Hakonetozan20170626_42
なんと、アレグラの3連でした。2014年に登場した両運転台の3000形。今年、2017年に登場した片運転台2両編成の3100形が連結されています。実車を見るのは、初めてです。

今までの車両より大きく見えます。
Hakonetozan20170626_43
実際、天井までの高さは、従来の車両よりも高いようです。

3000形と3100形の連結面です。
Hakonetozan20170626_44
アレグラは、座席はすべてクロスシートです。ロングシートのない展望重視の車両です。乗ってみたのですが、ごらんのように大混雑です。

3100形の連結面です。
Hakonetozan20170626_45
運転席がないので、端までクロスシートが設置されています。貫通ドアはありますが、貫通幌はありません。あくまでも、貫通路は非常用ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

テツ3人で「あじさい号」へ(8) 

風祭14:13の電車で箱根湯本へ向かいます。
Hakonetozan20170626_36
真っ赤な専用塗色の小田急電車です。

箱根湯本では、すぐに接続する14:24の強羅行きに乗ります。
Hakonetozan20170626_37
すると、4番線に旧型車ばかりの3両編成がいました。もしかすると、次の強羅行きはあれがくるのでしょうか。

出山信号場でスイッチバックします。
Hakonetozan20170626_38
そして、上り電車と行き違いです。すごい勾配なのが、対向電車の傾き方でわかります。

出山信号場を出てすぐ右側に、先ほど通った出山鉄橋がチラリと見えます。
Hakonetozan20170626_39
鋼鉄と錬鉄で作られた鉄橋としては現存する日本最古の鉄橋だそうです。

次の大平台で降りることにしました。
Hakonetozan20170626_40
もしかしたら、旧型3連が次に来るかもしれないという希望もあっての行動です。乗車したのは、この1001編成でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(7) 

風祭駅のホームからは、直接かまぼこの鈴廣がやっている施設へ入ることが出来ます。その建物と道路を挟んで向かい側にあるのが「えれんなごっそ」という箱根地ビールをやっているレストランです。ここも鈴廣がやっています。
Hakonetozan20170626_31
今日はここで、ランチバイキングにします。ちなみに「えれんなごっそ」とはいろんなごちそうという意味の地元言葉のようです。

今日は平日なので、80分2052円(税込み)でランチバイキングです。
Hakonetozan20170626_32
鈴廣がやっているだけあって、かまぼこやちくわなどの練り物が充実しているのが特徴です。

ライブキッチンもあります。鐘が鳴るとライブキッチン開始です。
Hakonetozan20170626_33
今日は箱根山麓豚だそうです。

1皿いただきました。
Hakonetozan20170626_34
塩麹と豚肉、なかなかおいしい組み合わせなんですね。

鈴廣のもう1つの柱が「汐風の果樹園」という季節の果物を使ったジャムやソースです。
Hakonetozan20170626_35
デザートコーナーでは、ロールケーキなどにそれらのソースをかけて食べることが出来ます。それから、デザート用の伊達巻き。こんなの、ここでしか食べられません。ちなみにSくん、プリンばかり一気に5個も持ってきて食べてました。若いって、おそろしいです。ちなみに、ソースやジャムは、風祭駅からつながっている「すずなり市場」で買うことが出来ます。3人して、食事のあとはその「すずなり市場」で買い物をしてから風祭駅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

テツ3人で「あじさい号」へ(6) 

入生田駅に停車します。
Hakonetozan20170626_26
標準軌は、左側の車庫と正面の安全側線に続いています。

行き違いになる、箱根湯本行きがやってきました。
Hakonetozan20170626_27_2

車庫の中には、あじさい電車のヘッドマークをつけた1002編成がいます。
Hakonetozan20170626_28
あれが、今夜乗る貸切電車になるのでしょうか。

金太郎塗りの旧型車108号も車庫にいました。
Hakonetozan20170626_29
ということは、108号以外の旧型車は、今日は平日だけど働いているということかな。

入生田の次が風祭です。
Hakonetozan20170626_30
もうひと駅乗って、昼食をとりにいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(5) 

昼食をとりに、いったん風祭駅まで戻ります。
Hakonetozan20170626_21
普通電車小田原行きに乗車します。平日の日中で空いているので、運転席直後に立って3線軌条を観察していきましょう。

箱根湯本駅停車中の前方です。
Hakonetozan20170626_22
これだけでも複雑に見えます。

発車しました。箱根登山鉄道本来の標準軌と小田急電車用の狭軌が合流します。
Hakonetozan20170626_23
ノーズが可動式になっているところもあり、1つのポイントに何台の転轍機が設置されているのでしょう。

この時期、沿線にはあじさいが見られます。
Hakonetozan20170626_24
あじさいが咲く、第四種踏切もありますね。

箱根湯本の次が車庫のある入生田駅です。
Hakonetozan20170626_25
箱根登山用の標準軌は、車庫のある2番線側にだけ敷かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

テツ3人で「あじさい号」へ(4) 

箱根湯本駅の4番線のりばの入口に、アジサイ電車のアーチがありました。
Hakonetozan20170626_16
夜のあじさい号は、4番線からの発車になるのでしょうか。

ちょうど箱根登山鉄道の電車がやってきました。
Hakonetozan20170626_17
2000形の2連でした。あじさいシーズンでも3連ではなく2連があるのですね。

そして、乗車予定の小田原行きがやってきました。
Hakonetozan20170626_18
こちらは小田急の車両を赤く塗った箱根登山線用の車両です。3線軌条の狭軌側を走っているのがわかります。

これが、箱根湯本駅ホームから見た小田原方の線路です。
Hakonetozan20170626_19
いちばん右が、ロマンスカー用1番線の狭軌。真ん中が小田原方面普通電車が発着する2番線の狭軌。左側が、強羅方面が発着する3・4番線への標準軌です。箱根登山鉄道の車庫が、小田原~箱根湯本間の入生田駅にあるので、入生田~箱根湯本間は3線軌条になっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(3) 

「はこね15号」が小田原駅にやってきました。
Odakyu20170626_11
白いVSEも魅力的ですが、このカラーリングのLSEは、やっぱり小田急ロマンスカーというイメージです。

平日だし、展望席が空いていればと思ったのですが、やはり空席はありませんでした。
Odakyu20170626_12
まあ、貴重な車両に乗れればよしとしましょう。

Odakyu20170626_13
3号車に乗りました。

Odakyu20170626_14
乗車時間は20分ほどですが、200円で乗れるのはうれしいです。

箱根湯本駅に着きました。
Odakyu20170626_15
ここでも1枚撮っておきます。LSEに乗る機会は、もしかするとこれが最後かもしれませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

テツ3人で「あじさい号」へ(2) 

箱根湯本へ早く行くだけなら、特急の前に普通電車があります。
Odakyu20170626_10
でも、今回はNSEに乗るのが目的ですから、写真を撮りながら待ちます。

これが11:45の普通電車です。
Odakyu20170626_06
小田急電車の4両編成です。箱根登山鉄道の車両が小田原駅までやってくることは、もうなくなってしまいました。かつて、小田原駅の先端に2両編成用の短いホームが2面あった箱根登山鉄道のりばも、大きく変わってしまいました。

そんな普通電車が発車していきます。
Odakyu20170626_07
先ほどのMSEが留置線に停まっています。テツ少年たちは、JRは乗ったことがあるものの、小田急や箱根登山はほぼ初めてとのことで、テンション高く撮影していました。

さすがに、JR線にスーパーびゅう踊り子が見えたときは、自分も興奮してしまいましたけど。
Odakyu20170626_08

小田原駅の箱根登山線のりばには、今日これから乗る「あじさい号」関係のバナーがありました。
Odakyu20170626_09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テツ3人で「あじさい号」へ(1) 

2017年6月26日(月)。9時に大多喜駅下の町営駐車場で、テツ少年Cくん、Sくんと待ち合わせて、3人で自分の車で小田原駅を目指します。

市原鶴舞ICから圏央道に入り、アクアラインを通って神奈川県へ。首都高から横浜新道、新湘南バイパスを通って、西湘バイパスへ入ります。ここまで来ると、だいたいの小田原到着が読めます。少し休憩しても時間は大丈夫そうと、西湘パーキングエリアでひと休みです。
Seisyo20170626_01
Sくんは、さっそく地元の練り物を串に刺して揚げたのを頬張ってます。「このあとお昼は食べ放題予約してあるのに、もう食べてるてるの?」ときくと、名物は食べておかないととのこと。さっそく撮影してSNSにアップしてました。

小田原駅近くの、あらかじめ調べておいた比較的安いコインパーキングに車を停めます。一方通行のちょっとわかりにくいところにあったためか、空きがありました。そこから、歩いて小田原駅へ向かいます。
Odawara20170626_02
小田原駅舎です。バスのりばには、箱根登山バス、伊豆箱根バスと、いろいろなカラーのバスが停まっています。テツ少年たちは、必死に写真を撮っています。

駅への階段を上がると小田原城が見えました。
Odawara20170626_03
今日は行きませんが、写真だけでもと撮っておきます。

小田急の窓口へ行って、箱根登山鉄道の1日乗車券「とことこきっぷ」を買います。有人改札を通って、小田急のホームにおります。
Odakyu20170626_04
40000形MSEの特急がやってきました。

小田原~箱根湯本間の特急利用は、ホームで特急券を買うようにとあります。時刻表によると、11:51の「はこね15号」はVSEでの運転の日ありとあります。「VSEだったら乗ろうか」と話し合っていたのです。特急券を売っていた係の方に尋ねると調べてくれて「今日はNSEでの運転です」とのこと。えっ、あの一番古いNSEですか。これも3人即答で乗りますになりました。
Odakyu20170626_05
箱根湯本まで200円の特急券を買って、NSEの到着を待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

い鉄を撮りながら大多喜集合 

2017年6月26日(月)。今日は土曜出勤の代休です。テツ少年Cくん、Sくんと3人で、箱根登山鉄道の「あじさい号」に乗りに行こうという約束になっているのです。

「あじさい号」は暗くなってからの運転なので、9時に大多喜の町営駐車場に集合ということにしました。そこで、その前に少しだけいすみ鉄道を撮影していくことにしました。

撮影場所は1ヶ所だけ、小谷松駅にしました。
Isumi350_20170626_01
まずは、上り10Dです。351スナフキンでした。

そして、下り7Dです。通常なら2連ですが、今日は大多喜高校が明善祭の代休なので単行です。
Isumi300_20170626_02
301パパ&ママでしょうね。

7Dが小谷松駅に停まります。
Isumi300_20170626_03
やはり今日は単行ですね。

アジサイはきれいに咲いているのですけど、葉っぱはけっこう傷だらけです。
Isumi_koyamatu20170626_04
やっぱりカタツムリが食べたのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月26日は8件のリリースが出ていました。赤坂離宮、盛岡、メロン以外は郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月26日に日本郵便株式会社南関東支社からリリース文が配信されました。

相鉄100周年記念
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 4,000部

販売地域 横浜中央局、横浜戸部局、横浜戸部本町局、横浜ランドマークタワー局、横浜藤棚局、横浜霞ヶ丘局、横浜久保町局、横浜浅間町局、横浜北幸局、横浜洪福寺局、横浜駅西口局、みなとみらい四局、クイーンズスクエア横浜局、保土ヶ谷局、横浜旭局、瀬谷局、大和局、海老名局の計18局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月26日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

平成29年 迎賓館赤坂離宮一般公開
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 20,000部

販売地域 赤坂局のみ

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。


6月26日に日本郵便株式会社東京支社からリリース文が配信されました。

2017 上野浅草・夏の市
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 台東区、文京区、荒川区内の全87局と東京中央局、日本橋南局、西新橋局の計90局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月26日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

第70回塩竈みなと祭
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 塩竃市、多賀城市、利府町、七ヶ浜町、富谷町、大和町、大郷町、松島町、仙台市泉区内の全54局と作並局、愛子局、大沢局、熊ヶ根局の計58局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月26日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

花輪ばやし「花輪祭の屋台行事」
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 鹿角市、大館市、能代市、北秋田市、小坂町、藤里町、三種町、八峰町内の計78局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月26日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

相馬野馬追
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 南相馬市、相馬市、新地町、飯舘村内の計30局

シートはアイボリーです。売価は1400円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月26日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

2017 40回記念 盛岡さんさ踊り
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 盛岡市内の計47局

シートはアイボリーです。売価は1300円です


6月26日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

第3回全国メロンサミットin鶴岡
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 鶴岡市、酒田市、庄内町、三川町、遊佐町内の計90局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開けボランティアとい鉄撮影(2) 

キハ編成の入れ換えが始まりました。ヘッドマークの雨の日スペシャルはあるかな。
Isumi_kiha28_20170625_06
ありました。快速「青い海」です。快速ヘッドマークですから100D限定ですね。折返し101D急行1号は、別なものになるのでしょう。

それにしても、スゴイ雨です。
Isumi_kiha28_20170625_07
今朝は、撮る人も乗る人も少なそうです。

Isumi_kiha52_20170625_08
快速100Dが大原へ向けて発車していきました。

その後、職場へ行って昨日の土曜出勤の片付けです。いわゆるサービス出勤(残業)ですね。お昼頃になって、雨も上がったので、急行2号を撮ってから昼食にして帰宅しようと、職場を出ました。
Isumi_koyamatu20170625_09
大多喜~小谷松間の水田の脇に行きました。目が合わなかったので、カエルは逃げませんでした。

104D急行2号がやってきました。
Isumi_kiha28_20170625_10
雨が上がっても、雨の日スペシャルは続いているようです。ヘッドマークは、準急「房総」になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開けボランティアとい鉄撮影(1) 

2017年6月25日(日)。いつもの日曜日のように、鍵開けボランティアへ行きます。

今日は雨、そのまま猿稲踏切に行きました。
Isumi350_20170625_01
下り55Dがやってきました。

Isumi350_20170625_02
大粒の雨が降ります。明善祭が昨日でよかったですね。

上り54Dがやってきました。
Isumi350_20170625_03
今日はどちらも350形でした。天気も悪いし、お客も少なそうですから、ロングシート単行で大丈夫でしょう。

Isumi350_20170625_04
54Dが大原へ向けて発車していきました。日曜日ですから、猿稲踏切側でキハ編成の入れ換えが始まるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

い鉄で出勤(2017-63-3) 

帰宅は臨時列車に乗ります。
Isumi_kiha20_20170624_11
土休日の上りは、17:07の68Dの次は、18:48の70Dまで1時間40分ほど空きます。文化祭当日の生徒の帰宅の足を確保するため、6月24日(土)のみ17:50頃に臨時列車が運転されたのです。

使われたのはキハ201303でした。
Isumi_kiha20_20170624_12
車内は、本日の明善祭の中吊りだらけの車両です。

大原に着いたのは18:15頃です。
Isumi_kiha20_20170624_13
隣には、18:20の71Dが待っていました。

折返しは、大多喜行きとして客扱いするそうです。
Isumi_kiha20_20170624_14
これに乗って、国吉に戻りましょう。

18:55頃、大原駅を発車しました。
Isumi_kiha20_20170624_15
19:14頃には国吉駅に到着しました。これで、今週は2回ほど時刻表に載らない、秘密?の臨時列車で帰宅しました。どちらの日も、これに乗る予定で1日乗車券で出勤したのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-63-2) 

定時で上がって、大多喜駅へ向かいました。
Isumi_kiha52_20170624_06
急行5号の到着に間に合いました。

お目当ては、反対側のキハ28です。
Isumi_kiha28_20170624_07
よかった、まだ明善祭ヘッドマークがついていました。

急行5号は到着すると入庫です。
Isumi_kiha28_20170624_08
入庫前にサボ類の取り外しがあるのですが、ヘッドマークだけは待ってくれました。

Isumi_kiha28_20170624_09
もう1回、アップで撮っておくか。

上り68Dが発車すると、入庫の入れ換え開始です。
Isumi_kiha28_20170624_10
その68Dとの並びを撮って、キハ編成の撮影は終わりにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-63-1) 

2017年6月24日(土)。今日は土曜出勤です。いすみ鉄道でいきます。

乗車する53Dがやってきました。
Isumi350_20170624_01
土休日は、国吉駅で上下の交換なので、ここから撮っても十分間に合います。352ムーミンでした。

交換となる上り52Dがやってきました。
Isumi350_20170624_02
アジサイピントで撮ったのですが、今日は大多喜高校の明善祭なので、52Dは通学対応の2連でした。それに気づいていれば、ちゃんと列車にピントを合わせたのに。

大多喜駅では、道路からちょっと検修庫をのぞいてみました。
Isumi_kiha28_20170624_03
やっぱり今日はキハ編成に明善祭ヘッドマークを着けるのですね。

ヘッドマークのアップです。
Isumi_kiha28_20170624_04
これ、ヘッドマークを企画したCくんが、絵を友だちに依頼して作りました。絵は相談されたから描いただけで、文字の配置なんて考えてなかったし、Cくんも絵柄を考えずに文字を入れたから、こんな感じになってしまいました。それにしても、本州で丹頂鶴はないだろと言ったのですけど、高校生にとって鶴といったら丹頂鶴になってしまうのですかね。大多喜高校の校章には鶴がありますけど・・・丹頂鶴ではないよな。まあ、初めての試みですからね。自分たちのヘッドマークをつけたいという夢を実現できたことが重要なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

い鉄を撮りながら出勤(June-6-2) 

上総東から小谷松へ移動しました。
Isumi_koyamatu20170623_06
アジサイだけでなく、こんな花も咲いていました。

先ほど撮った5Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20170623_07
小谷松ならヘッドマーク側が順光ですから。

そして、5Dが小谷松に到着です。
Isumi_kiha20_20170623_08
なんとか、ヘッドマークを順光で撮っておくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(June-6-1) 

2017年6月23日(金)。今日はいすみ鉄道を撮りながら出勤します。

大多喜高校の明善祭が、明日から2日間開催されます。それをPRするヘッドマークを数日前からキハ20がつけているのです。
Isumi350_20170623_01
早起きして、上総東駅へ行きました。通学対応の2連で運転される6Dです。

それと行き違うのが、いつもは通勤に使っている5Dです。
Isumi_kiha20_20170623_02
今日は、その5Dにキハ201303が充当されいました。上総中野方にそのヘッドマークがついていました。

上総東で行き違いです。
Isumi_kiha20_20170623_03
ヘッドマークは、大多喜高校の生徒の手作りで1枚しかありません。よって、今日の大原方はマークなしです。

Isumi_kiha20_20170623_04
5Dが上総東に停まると、6Dは2連なんだとわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

支社版フレーム切手 

2017年6月23日は3件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月23日に日本郵便株式会社北陸支社からリリース文が配信されました。

平泉寺白山神社
販売日 2017年6月29日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 福井県大野市、勝山市、あわら市、坂井市、永平寺町内の全49局と東郷局、市波局、羽生局、下味見局、上宇坂局、酒生局、上味見局、六条局、大土呂局、上文殊局、一乗谷局の計60局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月23日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

烏山の山あげ行事
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 那須烏山市、那珂川町内の計13局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月23日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

第86回 土浦全国花火競技大会
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,040部

販売地域 土浦市、つくば市、牛久市、取手市、龍ケ崎市、阿見町、美浦村、利根町内の全93局と田伏局、出島局、安飾局、牛渡局、志士庫局の計98局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

い鉄で出勤(2017-62) 

2017年6月22日(木)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dが国吉駅にやってきました。
Isumi350_20170622_01
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170622_02
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

帰宅は、19:26の臨時列車です。週末の大多喜高校の文化祭で、今週は準備の高校生が遅くなることから、急遽、今日と明日の2日間運転が決まった列車です。時刻表にも載っておらず、駅にも掲示がありません。大多喜高校に連絡があっただけです。せっかく運転してくれるのに、誰も乗らなかったらもうしわけないなと、これに乗って帰宅することにしたのです。
Isumi350_20170622_03
大多喜19:23着の23Dの折返しとのことで、1番線からの発車です。

「これって、大原到着後は回送で戻るのですか」と運転士さんにたずねると、「いいえ、客扱いしますよ」とのこと。
Isumi350_20170622_04
それならと、大原まで乗って、折返し便で国吉へ帰ることにしました。

大原発は20:13とのこと。
Isumi350_20170622_05
20:30過ぎに国吉駅に降り立つことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月22日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月22日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

Mt.IBUKI 2017
販売日 2017年6月27日(~未発表)
販売部数 1,340部

販売地域 米原市内の計9局

シートは額縁(62円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1300円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮りながら出勤(June-5) 

2017年6月21日(水)。日曜日に見た、東総元駅のえんじ色のユリが気になって、今朝は自家用車で出勤して行きがけに寄ることにしました。

東総元駅のホームから見た、大戸の洗い越し(水中道路)です。
Isumi_higasifusamoto20170621_01
梅雨といいながら、このところ雨量が少ないので道路が堤防のようにくっきりと見えました。

今朝の8Dがやってきました。
Isumi_kiha20_20170621_02
あのえんじ色のユリの向こうを、キハ201303が走ってきます。

東総元駅での乗降はありませんでした。
Isumi_kiha20_20170621_03
ドアが閉まり、小谷松へと走っていきました。

次に、その小谷松駅へ行きました。
Isumi350_20170621_04
アジサイの向こうを、今朝の5Dがやってきます。その前を飛んでいるのは、ツバメかな。

アジサイの駅に5Dが停まります。
Isumi350_20170621_05
今朝は351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月21日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月21日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

北の大地に潜むキャラたち
販売日 2017年7月3日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 札幌市内の全227局と千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計229局

シートは額縁(62円)です。ポストカード10枚とのセットで、売価は1700円です。7月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

い鉄で出勤(2017-61) 

2017年6月20日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

梅雨の晴れ間、白く感じる逆光の中を、今朝の5Dがやってきました。
Isumi300_20170620_01
301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170620_02
今朝の8Dは、キハ201303でした。昨日とは、車両のバラエティが全く違います。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi350_20170620_03
351スナフキンでした。

駅前に出ると、ネコさんがいました。
Isumi_kuniyosi20170620_04
最近、たまに待合室でみかけるヤツですね。大丈夫かな、こんなところにいて。

Isumi_kuniyosi20170620_05
上りは終わったけど、下りの最終はまだこれから。お迎えの車にひかれなければいいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-60) 

2017年6月19日(月)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

緑の中、今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20170619_01
351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi350_20170619_02
352ムーミンでした。ということは、通学対応の2連は、2両ともセミクロス車だったのですね。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi300_20170619_03
301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2017年6月19日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月19日に日本郵便株式会社信越支社からリリース文が配信されました。

Negicco
販売日 2017年6月19日(~未発表)
販売部数 2,080部

販売地域 新潟県内の全局と長野中央局、長野東局、長野南局、須坂局、信州中野局、飯山局、上田局、佐久局、小諸局、千曲局、軽井沢局、東御局、松本南局、松本局、穂高局、大町局、塩尻局、豊科局、木曽福島局、飯田局、伊那局、岡谷局、諏訪局、茅野局、駒ヶ根局、下諏訪局、箕輪局の計561局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。6月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮って乗って食べて(4) 

急行3号が、終点の上総中野に到着しました。
Isumi_kiha52_20170618_16
まだ、雨は降り続いています。

Isumi_kiha28_20170618_17
折返しの急行4号も「うち房」のまま行くようです。

大多喜までは普通列車です。キハ52に座っていきます。
Isumi_higasifusamoto20170618_18
東総元駅のホームに、えんじ色のユリが咲いていました。自然のものではなく、誰かが植えたのだと思いますが、ちょっと変わった色なので目を惹きました。

小谷松駅のアジサイです。
Isumi_koyamatu20170618_19
この日は、まだ花も小さく色づいていないものもけっこうありました。

大多喜に到着です。今日の乗車はここまでにします。
Isumi_kiha28_20170618_20
大原へ向けて発車していく急行4号を見送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

い鉄を撮って乗って食べて(3) 

急行3号は、急行券とスイーツ券を買って、スイーツ列車に乗車します。
Isumi_kiha28_20170618_11
スイーツ券は、指定席料金込みで1000円です。

正式にはスイーツ&ワイン列車です。飲み物は、コーヒー、白ワイン、赤ワインから1品。スイーツプレートかチーズ盛り合わせから1品という、飲み物と食べ物のセットです。
Isumi_kiha28_20170618_12
コーヒーとスイーツプレートをチョイスしました。

このスイーツプレートがいいのです。
Isumi_kiha28_20170618_13
個人的には、シェフのかぼちゃのプディングが大好きなのです。

外は雨、国吉駅停車時間は、車外へ出ずに窓からアジサイを見てくつろいでしました。
Isumi_kuniyosi20170618_14
こんなお手頃なスイーツ&ワイン列車、和菓子列車は、たしか2017年9月をもって運転休止になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

い鉄を撮って乗って食べて(2) 

11:30過ぎに職場から大多喜駅へ戻りました。大多喜始発60Dに乗って大原へ行こうと思います。
Isumi350_20170618_06
下りホームには、濃い紫色のアジサイがありました。

その60Dの脇を、大多喜始発103D上総中野行きが発車していきます。
Isumi350_20170618_07

これから約10分後、11:45になると、天気は一転しました。
Isumi350_20170618_08
空が暗くなり、大粒の雨が降ってきたのです。

60Dに乗って、大原へ行きました。
Isumi_kiha28_20170618_09
大原では、後続の急行2号を撮ります。

そして、折返しの急行3号に乗ります。
Isumi_kiha28_20170618_10
なんと、雨の日スペシャルで、ここからは急行「うち房」になって走るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄を撮って乗って食べて(1) 

2017年6月18日(日)。いつもの休日のように、職場の鍵開けボランティアがあります。

その前に、新田野~上総東間の線路が見渡せる田んぼへ行きました。
Isumi_kiha20_20170618_01_2
草刈りをした草を燃やす煙の中を、今朝の52Dが行きます。

その52Dが上総東への坂道を登ります。
Isumi_kiha20_20170618_02_2
今朝はキハ201303でした。

その後、職場の鍵開けボランティアです。無事に終えて、大多喜駅南側の鉄橋をお城の下から撮ります。
Isumi350_20170618_03_2
上総中野行き55Dです。

それから、大多喜駅北側の猿稲踏切へ行きます。今日は日曜日なので、北側のこちらの踏切で100Dの入れ換え作業のはずです。
Isumi_kiha28_20170618_04
ヘッドマークは日曜日定番の「そと房」でした。

走行写真を撮ろうと、上総中川駅近くの踏切へ向かいます。
Isumi_kiha28_20170618_05
目の前を大原に向かって走っていきました。その後、職場へ行って、たまっていた仕事をボランティア勤務です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(15) 

バス停にやってきました。
Kantetu20170617_71
潮来車庫始発便に比べると、空席はないもののゆったりしています。

これが乗り納めです。
Kantetu20170617_72
終点の佐原駅に到着しました。

また、ロータリーを半周して待機です。
Kantetu20170617_73
このあと、最後の扇島行きになります。扇島からは回送で現在の車庫まで行きます。つまり、扇島まで行っても、地元でない限りその後の足がないのです。

もう最後なので、運転席に近づいて、あのパネルを撮ってみました。
Kantetu20170617_74
過去の活躍場面がちりばめられていました。

いよいよ最後の扇島行きになります。
Kantetu20170617_75
このバスの発車を見送って、帰路に就きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

さよなら関鉄観光バス1608SW(14) 

再び、佐原駅15:00の扇島行きに乗ります。佐原駅まで戻ってこられる最後の便です。
Kantetu20170617_66
利根川の土手沿いにある、砂場水神バス停で降りました。

Kantetu20170617_67
ここへの到着が15:13で、折返しの佐原行き最終便が15:36です。

利根川の堤防へ上がれば、先ほど通った水郷大橋が見えます。
Kantetu20170617_68

佐原駅行きの最終便がやってきました。
Kantetu20170617_69
自分と同様に、この土手で撮っている人が他にもいましたね。

Kantetu20170617_70
まもなく砂場水神バス停に到着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

さよなら関鉄観光バス1608SW(13) 

佐原駅に到着しました。
Kantetu20170617_61

折返し便まで、またロータリー半周走って待機です。
Kantetu20170617_62

この後ろ姿、もうなかなか見られないです。
Kantetu20170617_63
個人的には「いつまでもいると思うなキュービック」で、いすゞのキュービックも自分の周りからは急速に姿を消しています。

屋根上も記録しておきましょう。
Kantetu20170617_64
駅の北側へ向かう跨線橋からも1枚撮っておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(12) 

乗車前に、バス停を入れて、もう1カット撮っておきます。
Kantetu20170617_56
後部が傾斜した独特なラインの6Eボディを見る機会も、これが最後かもしれませんからね。

ちょうど、ドアの前の席が空いていたので座ります。
Kantetu20170617_57
ロングシートを含めて、ほぼ満席で発車となりました。

潮来駅近くからは、さらに乗ってくる人がいて立ち客も出る盛況です。
Kantetu20170617_58
そんな状態で、県道101号線の常陸利根川橋梁を渡ります。

この橋の途中が、茨城・千葉の県境です。
Kantetu20170617_59
再び千葉県に戻ります。

次は扇島バス停です。
Kantetu20170617_60
1日1本だけ、広場に入らず道路上の扇島バス停を通ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(11) 

まさか、発車直前にやってきて、始発バス停を着発ということはなかろうと、イタコ自販の前で回送を待ちます。
Kantetu20170617_51
現在の車庫から、回送幕でやってきました。14:10頃でした。

発車までは5分弱です。
Kantetu20170617_52
時間を気にしながら、幕回しを撮ります。

Kantetu20170617_53
香取まで行っていた頃の幕ですね。

Kantetu20170617_54
まだ、佐原にはなっていないものの、そろそろ限界です。バスへ向かいます。

それでも、前からも1枚撮ってから乗り込みました。
Kantetu20170617_55

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(10) 

さて、潮来駅から潮来車庫までどう歩いていこう。だいたいの位置はわかるものの、どう歩くのが近いのかがわからないのです。観光案内所へ行って、云々とたずねると、ここの方は観光とは縁の無い質問にも的確に答えていただくことが出来た。水路沿いを歩いて、途中から橋を渡るとよいこと。車庫はバス停だけで車庫そのものはないので、イタコ自販という看板の建物を目印にするとよいことを教えてくれたのでした。
Kantetu20170617_46
駅から高架下を歩いて水路へ出ます。時刻表を見ると、まもなく上り電車の時刻です。536Mを撮ってから、さらに歩いていきました。

この水路にも観光船が入ってくるのですね。
Kantetu20170617_47
定期船なのか貸切船なのかわかりませんが。乗って水路からの風景を眺めてみたいとも思いました。

イタコ自販の看板を目印に行くと、だだっ広い空き地の脇にバス停がありました。
Kantetu20170617_48
それにしても、車庫は広大に空き地になっていました。

バス停にある時刻表はこの通りです。
Kantetu20170617_49
1日1本の佐原駅行きがやってくるだけです。

Kantetu20170617_50
本当に、広い空き地です。2005年に路線バスの乗り継ぎ旅で来たときは、まだバスの車庫でそれなりにたくさんのバスがいたのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

さよなら関鉄観光バス1608SW(9) 

佐原駅に着きました。折返しは12:25の潮来車庫行きです。
Kantetu20170617_41
潮来車庫行きは、1日1本だけ。しっかり撮ってから、乗り込むことにします。

ロータリーでの場所を変えて撮ります。
Kantetu20170617_42
ほぼ順光で撮れたぞと思っていたら、ドアが閉まって発車してしまいました。1日1本のバスに乗ろうと思っていたのに、大失態です。

気落ちしていてもしょうがないので、撮影に切り替えます。
Kantetu20170617_43
バスは一方通行の狭い道をぐるりと回るので、これを撮ってから、急いで踏切近くのバス停へ走ります。ところが、あと一歩のところでバスが行ってしまいました。

鹿島線の電車もしばらくありません。どうやって潮来へ行きましょうか。
Kantetu20170617_44
東京からの高速バスがありました。路線バスが大幅に廃止になった関係で、佐原駅からの乗車が出来るようになったのです。これに乗って、潮来駅へ行きました。

一世代前のふそうのエアロクイーンですね。
Kantetu20170617_45
側面は、茨城県のこの地区「鹿行(ろっこう)」の観光PRバスになっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(8) 

与田浦の橋から、あやめパークへと観光船を撮ります。
Kantetu20170617_36
この船とバスを一緒に撮りたいのですが、タイミングよく来るでしょうか。

さあ、扇島行きのバスがやってきました。
Kantetu20170617_37
さすがにタイミングよく観光船は来ませんでした。

折返しの佐原駅行きに乗ります。
Kantetu20170617_38
与田浦バス停の時刻表です。扇島行きの臨時便が11:42で、折返しの佐原駅行きが11:56です。

佐原駅行きがやってきました。
Kantetu20170617_39
これに乗って、いったん佐原駅へ戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

さよなら関鉄観光バス1608SW(7) 

広場から道路に出るのに、一旦停車です。
Kantetu20170617_31
絶好の撮影タイムです。撮影者数名でした。

佐原へと道路へ進んでいきました。
Kantetu20170617_32

バス停の時刻表を見てみます。
Kantetu20170617_33
佐原駅とは違い、臨時便が2本とも記載されていました。

扇島から与田浦まで歩きます。ちょっと早いけど、次のバスまでの間に昼食にしましょう。
Kantetu20170617_34
橋のたもとのこちらの食堂に入りました。もう1件大きな方にも行ってみたのですが「本日、団体様貸切」の文字があり戻ってきました。

こちらにして大正解です。
Kantetu20170617_35
川エビのかき揚げ天定食です。天ぷらのでかいこと。これで、たしか1000円でおつりがきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(6) 

佐原からも筑波山が見えるのですね。
Kantetu20170617_26
特徴的な2つの山頂が見えました。

水郷佐原あやめパークへの入口です。
Kantetu20170617_27
佐原駅からの臨時シャトルバスは、ここを左折してあやめパークの前まで行きますが、路線バスはあくまで水生植物園入口バス停だけで、中へは入りません。

終点の扇島に到着しました。
Kantetu20170617_28
ちょっとした広場になっていました。道路上にもバス停がありますが、そこは1日1本の潮来車庫からの便しか使わないようです。

中ドアが開いて、折返し便の乗車が始まりました。
Kantetu20170617_29
これには乗らず、1本は撮ろうと思います。

ドアが閉まりました。
Kantetu20170617_30
今日は1時間後に、もう1本臨時があります。それを撮ってから折返しに乗りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

さよなら関鉄観光バス1608SW(5) 

運転席の前には、1608SWを紹介する手作りプレートが置かれていました。
Kantetu20170617_21
普段着に、ちょっとだけプラスしたさよなら運行です。

10:25の便の発車時刻が近づき、バス停に配車されます。
Kantetu20170617_22
待機場から、ロータリー半周の移動です。こちらもこれを撮ってのりばへ向かいました。

10:25の扇島行きに乗っていきます。
Kantetu20170617_23
渡る橋は水郷大橋ですが、同名のバス停は千葉県側にあります。古いバスですが、ドライブレコーダーはついているのですね。

Kantetu20170617_24
なんとなく木の床を撮りたくなってしまいました。

水郷大橋で利根川を渡ります。
Kantetu20170617_25
水生植物園も扇島も、利根川より北にある千葉県なのですが、利根川南北の千葉県同士を結ぶ橋はなく、水郷大橋を渡って、茨城県に一瞬入ります。ちなみに、アピタ佐原店は佐原という名前ですが茨城県に建ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

さよなら関鉄観光バス1608SW(4) 

次の10:25の便を停留所につけるまで、車内を見学していいですよと、運転士さんが中ドアを開けてくれました。
Kantetu20170617_16
中ドアより後ろは、ロングシートになっていました。床はもちろん木張りです。

Kantetu20170617_17
ハンドルの下にあるのは、なつかしいタコグラフですね。あの大きな時計をパカッと開けて円形の記録用紙をセットするのですよね。35年近く前に富士急行東京営業所で中央高速バスのボーイのバイトしているときは、みんなあれでしたもの。今でも使っているのかな。

Kantetu20170617_18
運転席直後の天井灯ですね。運転席に明かりが来ないように垂れ幕がついてます。今は角形がほとんどで、こんな円形灯は見かけなくなりました。

Kantetu20170617_19
運転席直後にあった、関鉄観光バスの路線図です。もう鹿島への路線はありません。この佐原も飛び地なんですね。

そしてこれがこのバスの証。
Kantetu20170617_20
いすゞシャーシの富士重工ボディです。1992年製なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

さよなら関鉄観光バス1608SW(3) 

さらに幕回しは続きます。
Kantetu20170617_11
先ほどの、折返し便用ですかね。

こんな行き先があったことさえ知りませんでした。
Kantetu20170617_12
小山記念病院って、鹿島にあるのですかね。

これは、鹿島と病院の区間便用でしょうか。
Kantetu20170617_13
とにかく今は使わない幕が次々と現れます。

ようやく次の折返し便の幕になりました。
Kantetu20170617_14
この幕だけは、ローマ字表記がありました。

前に停まっていた千葉交通が発車したので、順光で撮ります。
Kantetu20170617_15
幕は右側に偏っている、独特な配置ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら関鉄観光バス1608SW(2) 

関鉄観光バスの臨時便以外にも、佐原駅とアヤメ公園を結ぶシャトルバスが運転されていました。
Kantetu20170617_06
こちらは千葉交通のバスが担当していました。1608号はその後ろに停まってしまったので、顔が撮れません。

ところが、この状態で幕回しが始まったのです。みなさん、後ろへ大移動です。
Kantetu20170617_07
今は、佐原からは鹿島までバスが行くことはなくなってしまいました。

Kantetu20170617_08
香取も行かないですね。手前の病院までになってしまいました。

Kantetu20170617_09
これは、その折返し便の幕でしょうか。

Kantetu20170617_10
これは、このあと1本だけある潮来行きでしょうか。それとも、潮来車庫という別幕があるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

さよなら関鉄観光バス1608SW(1) 

2017年6月17日(土)。今日は、佐原を拠点に路線バスを運行している、関鉄観光バスの富士重工6Eボディーの1608SWのさよなら運行です。同社のウエブサイトで案内があり、天気もよいので行くことにしました。

佐原駅には9:26に到着しました。さっそく、駅前のバス停に向かいます。
Kantetu20170617_01
なんと、今日は2本の臨時便が走るのですね。

Kantetu20170617_02
時刻表には、11:25の臨時便は書き込まれていますが、もう1枚の案内から10:25にも臨時便があることがわかりました。

9:41に扇島から戻ってくる便をまずは駅前で狙います。
Kantetu20170617_03
かつてはいくらでも見かけることが出来た、丸っこい富士重工ボディーです。自分の地元の小湊鉄道では、いすゞ、日産ディーゼル、三菱ふそう、日野の4シャーシすべての富士重工5Eがいたのです。この関鉄観光バスのボディは短尺の6Eです。

Kantetu20170617_04
傾斜した後ろ姿も、今となってはなつかしいです。

そのまま10:25の臨時便になるのだとおもったら、お客を降ろすとロータリーを走り始めました。
Kantetu20170617_05
ロータリーの反対側にある待機場へ移動するようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

い鉄で出勤(2017-59) 

2017年6月16日(金)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

国吉駅下りホームのアジサイです。
Isumi_kuniyosi20170616_01
花は咲いていますが(正確には花でなくがくらしいですが)、葉は虫にやられたのか葉脈だけになっています。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20170616_02
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20170616_03
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi300_20170616_04
今日はいすみ301のパパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

支社版フレーム切手 

2017年6月16日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

6月16日に日本郵便株式会社四国支社からリリース文が配信されました。

ラフティング世界選手権2017開催記念
販売日 2017年6月26日(~未発表)
販売部数 1,500部

販売地域 <徳島県>三好市、美馬市、吉野川市、阿波市、つるぎ町、東みよし町内の全局と徳島中央局、阿南局、小松島局、鳴門局、石井局、徳島西局、北島局、川内局、<高知県>本山町、土佐町、大川村、大豊町内の全局の計83局

シートは大型です。売価は1300円です。6月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


6月16日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

長久保赤水生誕300年記念
販売日 2017年6月21日(~未発表)
販売部数 540部

販売地域 北茨城市、日立市、常陸大宮市、常陸太田市、高萩市、大子町内の計87局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。6月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

鴨川の病院へ(2) 

安房天津駅前からは、鴨川市のコミュニティバスに乗りました。
Kamogawa20170615_06
南房総フリーきっぷだと乗れないのですが、今日は現金払いなのでこれに乗って、亀田病院まで行きます。路線バスとは途中から違う裏道を行くのが、ちょっとした楽しみです。

内科と眼科で、ほぼ1日つぶれます。どちらも検査結果は異常ないですねとのこと。眼科は、瞳孔を広げる点眼薬をしたので、明るくて目が痛いです。

家人の車を呼んで、運転してもらいます。目指すは、君津の大江戸温泉です。薄暗いお風呂でくつろいで、2階の休息コーナーでしばし漫画を読んで過ごします。そして、夕食バイキングを家人と2人でとりました。
Kimitu20170615_07
暗くなったし、時間も経ったのでもう運転は大丈夫です。帰りは自分が運転して自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »