« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の58件の記事

2018年3月30日 (金)

寄り道しながら千葉そごうへ(1) 

2017年5月7日(日)。鍵開けボランティアを終えて、家人と一緒に千葉そごうへ行きます。4月28日から今日5月7日まで、岩合光昭さんの「ねこ&ねこのとけい」展をやっていて、それを見に行こうということになっていたのです。

それでも、真っ直ぐには千葉へ向かわず、いろいろと寄り道をしていきます。まずは、アート×ミックス2017のスタンプ完集のピンバッチをもらおうと、旧白鳥小学校会場へ向かいます。

その途中、ちょうどいすみ鉄道が来る時刻だったので車を停めて、家人には待ってもらい撮影場所へ歩きます。
Isumi_kiha20_20170507_06
大多喜行きの57Dです。今日は曇っていて風がありません。田植えは終わってしまって、スッキリというわけにはいきませんが、それなりに水鏡です。

その後、上総中野経由で白鳥小学校へ向かいます。小学校を目前にして、小湊鉄道の踏切が鳴りました。
Kominato20170507_03
上りのトロッコ初便です。この時間の上りは、空いていることが多いです。

Kominato20170507_04
運転士さんは、先頭のクハ101に乗っているのですが、蒸気機関車風ディーゼル機関車の機関士さんも、前方を向いて安全確認していました。

そして、旧白鳥小学校の駐車場に車を停めます。
Kominato20170507_01
前回訪問時は、雨で近づけなかった屋外展示を見てから、受付へ向かいます。

押印済のパスポートを提示すると、缶バッチをいただけました。
Kominato20170507_02
こんな四角い缶バッチでした。勝手にピンバッチと思っていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

鍵開け終えていったん帰宅 

2017年5月7日(日)。ゴールデンウィーク最終日も鍵開けボランティアです。朝はけっこうぎりぎりの時間になってしまったので、撮影せずに職場へ直行です。

今日は家人と千葉まで出かける予定があり、ボランティア終了後ただちに帰宅します。その途中で撮影です。上総中川に寄りました。
Isumi_kiha20_20170507_01
上り54Dです。キハ201303でした。

続いて、大原行き快速100Dがやってきます。
Isumi_kiha28_20170507_02
今日は、羽形台座だけの「急行に就く前運用」パターンです。種別幕も快速ではなく、行き先の大原表示です。ゴールデンウィーク最終日に早起きした人用プレゼントなのでしょう。

こういうときは、後ろのキハ52にも何か仕掛けがしてあるときがあります。
Isumi_kiha52_20170507_03
そう思って、後追いも撮ったのですが、こちらはいたっていつも通りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

銚子で「トモシビ」の1日(11) 

犬吠から上り電車でひと駅、君ヶ浜まで乗って、自家用車を停めてあるしおさい駐車場まで歩きます。そこから自家用車に乗って、イオンシネマ銚子を目指します。ところが、予約してある映画の開始まで少し時間があるので、先に銚子電鉄のぬれせんべい駅へ行って買い物です。
Choden20170506_51
ここに来ると、つい買いすぎていまいます。犬吠駅前にあった「ゴーストの館」がこちらに移動していました。ここで営業するというわけでもないようですが。

その後、イオンシネマ銚子へ行って、今日から銚子で先行上映が始まった映画「トモシビ」を鑑賞します。原作はだいぶ前に読んだのですが、原作には銚子電鉄との駅伝なんて出てきません。吹奏楽部とラブホとお父さんがキーワードだと勝手に思っていたのですが、そのどれもが映画には登場しませんでした。銚子を盛り上げたい高校生と未亡人のお母さんが好きな銚電の運転士さんを軸に話が進みます。原作同様、それに音楽がからんで話が進みます。

原作も映画もエッセンスは同じなので、同じタイトルで違和感は感じないのですけど。やっぱり人間は電車には勝てなかったけど、地域は盛り上がったよねという、なんとか安心できる方向に進んでいきましたし。まあ、人間の心の動きを見る映画なんでしょうね。見てよかったですよ。その証拠に、2018年2月に発売されたDVDも買ってしまいましたし。

映画が終わって、イオンモール銚子で買い物をしていきます。
Choden20170506_52
銚子に来たからには、他界の承知で買いました。銚子の伊達巻きです。寿司屋のプリンとか呼ばれてます。卵だけを低温でじっくり焼くので、鏡面のような光る断面になるんだそうです。

ちなみに、この映画のDVDですが、アマゾンや楽天ブックスよりも、送料込みの支払額が安かったので銚電オンラインショップで買いました。
Choden20170506_53
品名はDVDなんですけど「生ものですのでお早めにお召し上がり下さい」の文字がある段ボールで届きました。

開けてみます。
Choden20170506_54
ぬれ煎餅の紙に包まれたものと、お土産用の手提げ袋が入っています。本当にDVDなのかなぁ。

紙を開いてみました。
Choden20170506_55
ああ、よかった。本当にDVDでした。

さっそく見てみました。本編に続いてメーキングも見てみました。すると、メーキングの最後の方に5月6日のトモシビウォークの模様も収録されていました。最後の犬吠駅のシーンは、ここで「銚子のC」のかけ声で、みんなで手をCの字にして撮った動画が収録されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子で「トモシビ」の1日(10) 

銚子から乗った電車が外川に到着しました。
Choden20170506_46
この電車には、自分以外にもトモシビウォーク参加者らしき人が乗っていました。

Choden20170506_47
駅前の駐車スペースにはスタッフらしき車がすでに停まっています。

Choden20170506_48
保存車のはずの801はかなり痛みが激しくなっていました。

駅舎内にテーブルが置かれ、参加受付が始まりました。名前を告げると、映画のチラシにもある水色のはちまきが渡されました。やがて、イオンシネマ銚子で舞台挨拶をしていたであろう出演者さんを乗せたバスが到着したりして、いっきに華やかになりました。

外川駅頭でのセレモニーの後、全員で1列になって犬吠駅を目指して歩きます。出演者さんは固まらずに、ほどよくばらけて歩いてくれました。自分は運転士役で出演したよゐこの有野晋哉さんの、比較的近くで歩くことができました。ロケ中のいろいろな話が漏れ聞こえてきて、それだけでも歩いていて楽しかったです。

犬吠駅に到着して、みんなで記念撮影です。写真は後でネットに上げますからとのことでした。有野さんのツイッターに上がっていました。
Choden20170506_49
身長そんなに高くないのに、後ろにいってしまったのでほとんど写りませんでした(笑)

その後、有野さんのかけ声で「銚子のC」と言われて、全員で指でCの字を作って撮った写真もあるはずなんですけど、これは見つかりませんでした。

最後に、ポスターを借りて記念撮影です。
Choden20170506_50
さあ、これからイオンシネマ銚子へ行って、今日から先行公開の「トモシビ」見てくるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

銚子で「トモシビ」の1日(9) 

車庫見学を終えて、外川へ向かいます。
Choden20170506_41
先にやってくるのが、上り銚子行きなので、それに乗っていったん銚子まで行って折り返してきましょう。1日乗車券ですから。

Choden20170506_42
銚子に到着しました。

Choden20170506_43
初海あおいのアップです。

そして、サボもこんなのが入っているのです。
Choden20170506_44
いすみ鉄道は大多喜高校の制服をモデルにサボを作りましたが、銚子電鉄は銚子商業の制服をモデルに作ったようです。

Choden20170506_45
もう1種類、夕焼けバージョン?もありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銚子で「トモシビ」の1日(8) 

駅舎の中の展示スペースです。
Choden20170506_36
以前は販売品の展示が中心だった気がするのですが、今は非売品のヘッドマークや原画等、見ていると目の毒になるようなものがたくさん展示されていました。

出札窓口で入場券を買って、車庫見学に行きます。
Choden20170506_37
昨秋の市川での展示から戻って以来、あまり進展のないデキ3です。

いつになったら、また走れるようになるのでしょうか。
Choden20170506_38
市川へ行く前につけていたポールは借り物なので、復元するには集電装置を変えなければいけないようです。以前のビューゲルに戻るのか。はたまた、Zパンタにでもなるのか。まったくわかりません。

Choden20170506_39
1001号はいなくなってしまいましたが、1002号は事業者として残っています。もう本線は走れませんが、電車教室等に使われています。でも、屋根を見るとかなり痛んでますね。

車庫内にある休憩所でひと休みです。
Choden20170506_40
さきほど買った、佐野屋の今川焼きで休憩です。これは白あんの方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

銚子で「トモシビ」の1日(7) 

飯沼観音からは、観音駅ではなく仲ノ町駅まで歩いていきました。
Choden20170506_31
先ほど運用に就いていた2001編成は運用を解かれて、側線で休んでいました。

そこに、外川行き3001編成がやってきました。
Choden20170506_32

車庫には2002編成も停まっています。
Choden20170506_33
こちら側から見ると、3編成とも同じ顔のようです。でも、3000形は車体幅が広いので、微妙に顔は違うのです。

3001編成が発車したあとで、銚子川にも行ってみました。
Choden20170506_34
2002にはイケダ模型のヘッドマークが着いていました。

そして、仲ノ町駅の駅舎も変わりました。
Choden20170506_35
銚子商業高校のクラウドファンディングで、新しい外壁になった駅舎です。じっくり撮ったのは初めてかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

銚子で「トモシビ」の1日(6) 

予定通り、観音駅で降りました。
Choden20170506_26

見慣れぬ1日乗車券に首をかしげられたりしながらも、降りることは出来ました。
Choden20170506_27
駅舎内の閉店したたい焼き屋さんの店内には、たい焼きの型がまだ残されていました。これが、犬吠駅に持っていかれるのでしょうか。

まずは、観音様を抜けて、お店を目指します。
Choden20170506_28
今川焼きの佐野屋さんです。黒あんと白あんを1個ずつ買いました。

帰りは、ゆっくりと観音様にお参りしていきます。
Choden20170506_29

そして、いちばんの目的は境内のネコさんです。今日はいるかな。
Choden20170506_30
やっぱり、今日もいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銚子で「トモシビ」の1日(5) 

トモシビウォークの集合時間まで、まだ少し時間があるので乗り回ります。
Choden20170506_21
下り外川行きに乗って行きます。

降りたのは、犬吠です。
Choden20170506_22
3月で閉店になった観音駅のたい焼き屋さん。犬吠駅で復活予定とのことで、見に来たのです。

駅前に出てみたら、ここが予定地なんだとすぐにわかりました。
Choden20170506_23
駅舎を拡張する形で平屋ができていました。6月には開店するそうなので、また来ることでしょう。

滞在時間はわずかです。
Choden20170506_24
先ほど乗ってきた外川行きの折返し銚子行きに乗ります。

Choden20170506_25
今度は、たい焼き屋のあった観音まで乗りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子で「トモシビ」の1日(4) 

笠上黒生駅から歩いて目指したのは、ハーブガーデンポケットです。
Choden20170506_16
単に距離だけなら、西海鹿島駅からの方が少し近いのですが、笠上黒生駅からの方がわかりやすのです。

入場は無料です。
Choden20170506_17
今はラベンダーが満開でした。

目当ては、ここのランチです。
Choden20170506_18
何にしようかな。やっぱり、解説を読むとアレを食べたくなりますよね。満月オムレツとバジルのやみつきパスタは以前に食べたことがあります。

出てきました。「マジョラムの18禁カレー」です。
Choden20170506_19
だって、解説がいいですよね。「マジョラムと秘伝のスパイスをコトコト煮込んだビーフカレーはかなりの辛め!お子ちゃまには10年早い!男性に人気が高いのは…味?それともネーミング?」だって。味は解説通り、大人の辛さでおいしかったです。

食後はハーブティーです。
Choden20170506_20
さあ、元気もでたので、再び笠上黒生駅へ戻りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子で「トモシビ」の1日(3) 

ゴールデンウィークということもあり、今日はまだ2運用での運転です。
Choden20170506_11
次の上り電車は2001編成でした。こちらには、鉄道むすめの外川つくしのヘッドマークが着いていました。

ここから、先ほど外川駅で日付を入れてもらった1日乗車券を使います。
Choden20170506_12
これがクラウドファンディングでもらった1日乗車券です。券番が0006なんですが、クラウドファンディングでも、この5000円で1日乗車券と映画鑑賞券が返礼されるコースはあまり応募者がなかったようです(このコースは最終的に応募者9人だったようで・・・)。まさか、立派な硬券を数十枚しか造らなかったということはないと思うのですが。残りはどうなるのでしょうかね。

この2001編成も、今まで見たこと無いような方向幕になっていました。
Choden20170506_13
「犬吠埼温泉号」となっていました。

君ヶ浜から3駅ほど乗って、笠上黒生で降ります。
Choden20170506_14
まだ2運用でした。ここで、鉄道むすめ「外川つくし」と路娘モーション「初海あおい」の交換です。

ここから歩いて昼食に行きます。
Choden20170506_15
上りホームは「笠上黒生」で、駅舎はネーミングライツの「髪毛黒生」になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子で「トモシビ」の1日(2) 

踏切へ行って、この3000形電車の発車を撮ります。
Choden20170506_06
今日の日中は、この3000形が走るようです。

Choden20170506_07
銚子へ向けて走り去る姿を1枚撮って外川駅を去りました。

予定通り、君ヶ浜のしおさい駐車場に車を停めて、君ヶ浜駅へ歩いていきました。
Choden20170506_08
君ヶ浜駅には、もうきみちゃんはいません。

でも、今日は別のネコさんが歩いていました。
Choden20170506_09

しばらくうろついたあと、ベンチの下に収まりました。
Choden20170506_10
首輪もしているし、この付近のネコさんなのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

銚子で「トモシビ」の1日(1) 

2017年5月6日(土)。鍵開けボランティアを終えて、車を銚子に向けて走らせました。今日から公開の映画「トモシビ」を見ることと、その出演者たちと一緒にロケコースを歩く「トモシビウォーク」に当選したからです。

まずは、イオン銚子にあるイオンシネマ銚子へ向かいます。
Tomoshibi20170506_01
そうです。今日から公開開始です。

実は、トモシビ制作のクラウドファンディングに応募したのです。そのお礼として、特製の1日乗車券と映画の鑑賞券が送られてきたのです。その映画の券を今日の鑑賞券と交換します。
Tomoshibi20170506_02
「特別観賞券」ではなく「特別動員鑑賞券」というものでした。朝の初回は舞台挨拶があるのですが、それを見ているとトモシビウォークの集合時間までに外川駅に行けません。トモシビウォークが終わってから間に合う、夕方の回をこの時間から予約してしまします。

その後、自家用車を君ヶ浜のしおさい駐車場へ走らせます。時刻表を見ると、ちょうど外川駅に電車が来るようなので、先に外川駅に車を走らせました。数台分ある駐車スペースに空きがありました。
Choden20170506_03
まずは、出札窓口に行って、持ってきたクラウドファンディングでもらった1日乗車券に今日の日付を入れてもらいます。しばらくしてやってきた電車は3000形ですが、今まで見たことがない表示になっていました。「自然科学列車銚子海岸号」ですって。

Choden20170506_04
外川駅に停まる3000形電車です。

ヘッドマークが着いています。
Choden20170506_05
すでに鉄道むすめの外川つくしというキャラがいますが、これは路娘MOTION(ロコモーション)という車両擬人化キャラで、3000形を擬人化した初海あおいというキャラクターです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

今日も鍵開けがてらのい鉄撮影 

2017年5月6日(土)。このゴールデンウィーク、毎日鍵開けがあります。泊まりで遠出は出来ませんが、毎日日帰りで出かけています。

Kuniyosi20170506_01
田んぼにはシラサギガいました。

Isumi350_20170506_03
上り52Dが行きます。352ムーミンでした。その後、職場へ向かい、鍵開けボランティア完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

成田ゆめ牧場のSL運転(9) 

マフポッター号の走りを、しばらく撮影します。
Yumebokujo20170505_41
その前に車庫を覗いてみると、見覚えのある客車がいました。これって、西武山口線で走っていた、元衣笠鉄道の客車ですよね。まだ存在していたんだ。走るところを見たみたいですね。

Yumebokujo20170505_42
マフポッター号、6号機よりも煙の出がいいみたいです。

Yumebokujo20170505_43
ちょっと、ここは風向きがよくなかったですね。

Yumebokujo20170505_44
最初に撮った、羊の柵のところからマフポッター号牽引の列車を撮ります。

しかしながら、マフポッター号が走ったのは12時から15分程度でした。
Yumebokujo20170505_45
再び牽引機が6号機になりました。もう少しだけ撮影して、この日は帰ることにしました。もちろん、帰る前にトラクターにも乗りましたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

成田ゆめ牧場のSL運転(8) 

動物見学から車庫前に戻ってみると、なんと機関車交換が行われていました。
Yumebokujo20170505_36
すでに、6号機が側線移り、11号マフポッター号が列車の先頭に就いていました。

機関車交換があるとわかっていれば、動物を見にはいかなかったのですが。
Yumebokujo20170505_37
6号機はこれで今日の出番は終わりというのではなく、石炭や水の補充のために戻ったようです。

それにしても、この回に乗った人はラッキーですよね。
Yumebokujo20170505_38
目の前で機関車が交換するのを見ることができたのですから。自分だったら、大興奮ですね。

準備が整って、走り出しました。
Yumebokujo20170505_39
6号機よりも、よく煙を吐いているようです。

Yumebokujo20170505_40
乗降ホームのある駅へと向かって、走っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田ゆめ牧場のSL運転(7) 

トロッコ列車のすぐ下の広場は、動物たちがいるコーナーです。
Yumebokujo20170505_31
クジャクです。羽を広げることを期待してしばらく待つのですが、まったくその気配はありませんでした。

クジャクと同じ檻にいるのは、烏骨鶏です。
Yumebokujo20170505_32

檻ではなく、柵の中に居るのはブタさんです。
Yumebokujo20170505_33
まあ、立派な乳首が12個もあるのでしょうか。我が家のネコさんは6個しかないのに。

Yumebokujo20170505_34
こちらの方も、片側1列しか見えませんが6個ですから、やっぱり12個ですかね。それにしても、暑いのか砂の上で死んだように眠ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

成田ゆめ牧場のSL運転(6) 

トロッコ列車から降りて、車庫の方へ行ってみます。
Yumebokujo20170505_26
トロッコ列車から見えた有蓋貨車。反対側には扉があって、貨車というより部屋のようになっていました。だから異様に背が高い構造だったんだ。

車庫前の11号マフポッター号です。
Yumebokujo20170505_27
たしかに煙を吐いています。今日は、これから出動するのかもしれません。昨年はみませんでしたが、数年前は2列車運転があったような気もします。

Yumebokujo20170505_28
6号と11号の並びです。運転している人も乗っている人も楽しそうでいいですよね。

現在は乗降には使われていない車庫前のホームです。
Yumebokujo20170505_29
こいのぼりが飾られ、こどもの日の演出がされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

成田ゆめ牧場のSL運転(5) 

まだそれほど混んでいないので、今のうちに1周乗っておきましょう。乗車券を買って、乗車待ちの列に並びました。
Yumebokujo20170505_21
木橋を渡ると、右手に車庫が見えてきます。

左手には、レール運搬用のトロッコがいました。
Yumebokujo20170505_22
ここは道からは見えませんでした。

車庫の中が見えてきました。
Yumebokujo20170505_23
あの茶色いのは、蒸気機関車のボイラーですよね。レストアのネタはあるのですね。

さらに進むと、緑色のマフポッター号が見えてきました。
Yumebokujo20170505_24
どうやら、蒸気を吐いているみたいです。

その先に行くと、トロッコに上に小屋を載せた有蓋貨車もありました。
Yumebokujo20170505_25
下回りに比べて、とても背が高いのがこの有蓋貨車の面白いところですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田ゆめ牧場のSL運転(4) 

温室のような売店兼食堂の前がのりばです。
Yumebokujo20170505_16

駅から発車してすぐのカーブです。
Yumebokujo20170505_17
今日の空は、青と白のバランスがなかなかです。なるべくお客さんの顔が写らないように撮るのはたいへんです。

Yumebokujo20170505_18
走っているときより、駅に停まって出発待ちしているときや発車直後の方が蒸気が出ています。

Yumebokujo20170505_19
こんな感じです。でも、石炭をたく香りは漂ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

成田ゆめ牧場のSL運転(3) 

トロッコ列車の線路の外側に、柵があります。昨年は、老齢のお馬さんが1頭ここにいたのです。
Yumebokujo20170505_11
今年は、その場所に羊やヤギがいました。

10時を回って、ディーゼル機関車から、牽引機が蒸気機関車に変わったようです。
Yumebokujo20170505_12
柵の淵沿いに、ヤギさん出てきてくれないかなと思ったのですが、そうは簡単にいきませんでした。

Yumebokujo20170505_13
トラクターワゴンがやってきました。うん、それくらい出ていてくれると、棒状にきたなという証拠写真になるよ。

そして、6号機が牽くSL列車がやってきました。
Yumebokujo20170505_14
この頃になると、日陰がいいとみんな日陰に集まってしまいました。残念です。

場所を変えて、駅に到着した編成を撮ります。
Yumebokujo20170505_15

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成田ゆめ牧場のSL運転(2) 

花畑の向こうをトラクターワゴンが行きます。
Yumebokujo20170505_06
これ、トロッコ列車より長距離を走るし、座面が高いので眺めがいいのです。あとで乗ってみましょう。

続いてトロッコ列車が通ります。
Yumebokujo20170505_07
時間的に、ディーゼル機関車が牽引するのはそろろそ終わりでしょう。

少し位置を変えて撮っておきましょう。
Yumebokujo20170505_08
SLよりも排気がしっかり上がって躍動感があります。

Yumebokujo20170505_09
花畑と絡めると、下回りが見えなくなってしまうのが残念ですが、この時期ならではの風景ですから。

その後、路線内唯一の木橋を渡ります。
Yumebokujo20170505_10
今日は空と雲が上手くコントラストを作ってくれます。もちろん、青一色の空も好きですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田ゆめ牧場のSL運転(1) 

2017年5月5日(金・祝)。9時半過ぎに成田ゆめ牧場の駐車場に着きました。入園券を買って、園内の一番奥にあるトロッコ列車へ向かいます。

トロッコ列車に到着したのは9:45頃のことでした。
Yumebokujo20170505_01
SL6号が準備をしていました。

車庫から本線への入れ換えが始まりました。
Yumebokujo20170505_02
でも、これって去年と逆向きじゃないのかな。自宅へ戻って昨年(2016年)の写真を見てみると、やはり逆回りでした。年によって走る向きが変わるんだ。知りませんでした。

SLでの牽引は10時過ぎからだったはずです。
Yumebokujo20170505_03
だから今はディーゼル機関車が牽引しています。今日に限っていえば、ディーゼル機関車牽引のトロッコ列車に乗る方がレアなはずです。

加藤の機関車がいました。
Yumebokujo20170505_04
これは動いていないんだろうな。でも、これが目の前を走る姿を見てみたいですね。

エンドレスの線路の中には畑や花畑があります。
Yumebokujo20170505_05
今年はナノハナとストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)が植えられているところが多く、黄色やエンジとトロッコ列車の組み合わせが撮れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

大多喜から成田へ 

2017年5月5日(土・祝)。鍵開けボランティアを終えて、一路成田へ向かいます。目指すは「成田ゆめ牧場」です。こどもの日の今日は、年に数回のSL運転が実施されるのです。

大多喜から圏央道の茂原長南インターへ向かいます。そこから圏央道を走り、松尾横芝インターで降ります。そこから、県道の「芝山はにわ道」を走り東関道の成田インターへ。そこから東関道に入り、大栄ジャンクションで圏央道に入り、下総インターで降りれば「成田ゆめ牧場」はすぐそこという経路で行きます。

その「芝山はにわ道」の途中にあるローソンに立ち寄ります。
Narita20170505_11
買い物もするのですけど、ここの駐車場はよくネコさんを見かけるのです。今日もいました。

あれ、今日はたくさんいますね。
Narita20170505_12
サバトラと白、それに尻尾だけ黒ネコさんですねぇ。

Narita20170505_13
そんなに人慣れはしていないみたいですから、野良さんでしょうかね。

Narita20170505_14
それにしても、今日はたくさん集まっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鍵開けがてらのい鉄撮影 

2017年5月5日(金・祝)。今年のゴールデンウィークは、毎日鍵開けボランティアを頼まれています。

今朝は行きがけに、大多喜駅北側の猿稲踏切に寄りました。
Isumi_kiha20_20170505_01
下り53Dです。キハ201301でした。

振り返れば、1番線に入線するところです。
Isumi_kiha20_20170505_02
今日は土曜日なので、朝のこの時刻に大多喜での行き違いはありません。

この後、職場へ向かい鍵開けボランティア完了です。そして、そのまま車を成田へ走らせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

滝見学とお座敷電車(13) 

新宿からは、千葉停車の「成田エクスプレス53号」に乗って帰ります。
Sotobo20170504_71
指定席用の房総特急料金回数券があるので、成田までの特急券に引き替えてあります。Cくん共々、別々に窓側を予約しました。

四街道までならば、50kmまでの料金になるのですが「成田エクスプレス」はA特急料金です。A特急料金50kmまでは1270円です。
Sotobo20170504_72
成田まで使える指定席用の房総特急料金回数券は1枚あたり930円です。千葉で降りても損するわけではありません。

どうしようかな、千葉で降りるか。佐倉まで行って成東回りで帰るか。
Sotobo20170504_73
まあ、空いているので、ゆったりした座席は十分に楽しめました。

結局、早く帰るのを優先して千葉で降りました。
Sotobo20170504_74
これでも1時間ほど乗車できましたからね。

そして、すぐに接続する快速上総一ノ宮行きに乗車します。
Sotobo20170504_75
茂原で降りて自家用車を引き取り、帰宅しました。今日はそれほど遠くまで行ったわけではありませんが、十二分に汽車旅を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(12) 

安房小湊では「新宿わかしお」を先に通してから発車です。
Sotobo20170504_66
車内改札がありました。乗り越し分の乗車券と指定席券に車内改札印を受けます。鴨川運輸区ではなく、千葉運輸区でした。

本納でも運転停車のため2番線に入りました。
Sotobo20170504_67
10両編成の「わかしお18号」が追い越していきます。

Cくんとお座敷電車を楽しんでいきます。
Sotobo20170504_68
錦糸町に到着しました。途中で下車する人も多く、かなり空席ができました。

この先の、快速線から緩行線への渡り線を撮りたくて、後部展望席へ移動します。
Sotobo20170504_69
快速線から緩行線への渡り線を走ります。わずかな区間ですが、やっぱり普段は乗れない線路を走るのは楽しいです。

終点の新宿に到着しました。
Sotobo20170504_70
「休日おでかけパス」ですから、自由に行動できます。さあ、どうやって帰りましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(11) 

安房小湊に到着です。3番線に入り、さっそく長時間停車です。この時間を利用して、少し車両を撮影します。
Sotobo20170504_61
交直流特急車両485系もオリジナル車はなくなりました。JR東日本に残っているのは、お座敷電車等に改造されたものばかりです。これらの車両もいつまで現役でいてくれることやら。

今回の指定券は最後部1号車なので、撮影するには好都合です。
Sotobo20170504_62
「ニューなのはな」は、運転席直後は乗降デッキでしたが 、「華」は展望席になっています。

Sotobo20170504_63
前面形状は「ニューなのはな」と似ています。運転席内の配置も、似ているようです。

車端部にはミーティングルームなどもあります。
Sotobo20170504_64
内線電話もあるのですね。どこにつながるのでしょうかね。

デッキは靴を脱ぐ関係か、かなり広くなっています。
Sotobo20170504_65
丸窓ドアの洒落たデッキです。トイレ等の利用に備えてか、室内用のスリッパも用意されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(10) 

車内に入ります。デッキで靴を脱いで畳の上を歩きます。
Sotobo20170504_56
「華」は6人掛けテーブルが中心の座席配置でした。

今日の指定席は1号車6番AとBです。
Sotobo20170504_57_2
5番A~Dと6番A・Bで1卓になっています。Cくんと向かい合って、テーブルの端の席に座ることになりますね。

Sotobo20170504_58
Cくんはまだ乗っていませんが、イオンで買ってきた総菜と飲み物を並べて、ひとり宴会の準備完了です。

16:03の定刻に安房鴨川駅を発車しました。
Sotobo20170504_59
鴨川の街を離れます。この風景は「輪廻のラグランジュ」そのままの風景ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(9) 

もしかしたら、高速バスが遅れて間に合わないかもと心配したものの結果オーライで間に合いました。イオン鴨川店に寄って、飲み物と食べ物を買ってきます。
Sotobo20170504_51
上り電車が2本続けて新宿行きです。これもレアですね。乗車するのは16:03の快速「お座敷外房号」です。

まずは1番線から撮影します。
Sotobo20170504_52
1番線も2番線も撮影している人多数です。お座敷電車は撮るよりも乗って楽しい電車ですからね。乗車前に記念撮影するグループも多いのです。

2番線へ向かいます。
Sotobo20170504_53
お座敷電車といえば、「ニューなのはな」のことが多かったのですが、すでに廃車されてしまいました。残っているお座敷電車は「華」「宴」「ゆう」の3編成だけです。臨時列車に使われることが多いのは、今回乗車する「華」ですね。意外と「宴」が臨時列車に使われることは少ないです。自分も「ゆう」は乗ったことがありますが、「華」は今回が初めて、「宴」はまだ乗ったことがありません。

今回は、鉄少年Cくんと一緒に乗ります。Cくんからラインが入り、途中の安房小湊から合流するとのことでした。
Sotobo20170504_54
そんなわけで、安房小湊までの1駅区間はひとりで乗車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

滝見学とお座敷電車(8) 

清水渓流広場から道の駅まで歩きます。2km弱ですから、30分あれば歩けるでしょう。
Boso_satoyama20170504_46
ここもほとんど流れがありません。ダム湖の一部なのでしょう。木が立ち枯れていました。

何カ所か橋を渡ります。
Boso_satoyama20170504_47
その度に、バス釣りをするボートを見かけました。

渓流公園から30分弱で道の駅にあるバス停に着きました。
Kamogawa20170504_48
高速バスは「君津ふるさと物産館」、房総さとやまGOは「道の駅・ふれあいパーク・きみつ」と異なりますが、同じ場所に立っています。ここを通る高速バスは、東京からのアクシー号と千葉からのカピーナ号の2つ。アクシー号は降車専用ですが、カピーナ号にはここから乗車できます。

乗車予定は13:46のカピーナ号です。ところが、道路は大渋滞。いつになったらバスが来るかわからない状況です。もう、運を天に任せるしかありません。実は、渓流公園から歩いていくル途中で、1台のカピーナ号とすれちがいました。だから、次の便がいつくるのかわからないのです。

それでも15:08に千葉中央バスの担当便がやってきました。
Kamogawa20170504_49
ゴールデンウィーク期間は、安房鴨川駅~亀田病院間は運休で、安房鴨川駅止まりになります。

安房鴨川駅に到着すると、運転士さんは「たいへん遅くなりました」とお詫びの言葉をいいます。自分は、途中で見た便が13:46の便で、乗ったのがその次の15:01の便だと思っていたのですが、そうではなかったのです。

途中で見た鴨川日東バスの便が130分遅れで走っていた12:11の便で、乗車したのが82分遅れの13:46の便だったのです。安房鴨川駅に着いたのが15:40のことです。本来なら安房鴨川駅15:00の便で折り返すのです。
Kamogawa20170504_50
バス停で待っていた乗客に、「支度をしますから、もう少しだけ待って下さい」と言って、運転士さんは駅前の公衆トイレへ走っていきました。ゴールデンウィーク期間の観光地を走る高速バスは、ものすごく大変そうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(7) 

遊歩道は一方通行です。滝見学が終わると、川回しでできた元川の湿地帯に架かる木道を歩いていきます。
Boso_satoyama20170504_41
時期になるとアヤメなどが咲くようです。今は、まだ花は少なく、カワトンボが飛んでいました。

駐車場に戻ると、15:00の房総さとやまGOが発車するところでした。
Boso_satoyama20170504_42
ここから鴨川へ抜ける予定なので、このバスは見送ります。

さすがゴールデンウィークです。この駐車場にもたくさんのお店が出ています。
Boso_satoyama20170504_43
「おさしみ唐あげ」だそうです。刺身でも出せる新鮮なさかなを唐あげにしたものだそうです。サワラの子ども、サゴチをいただきます。

お手製のタルタルソースでいただきます。
Boso_satoyama20170504_44
サゴチもいいのですが、添えられたタルタルソースがまた美味しかったです。タマネギなのかなぁ、シャキシャキした歯ごたえと味が魅力的。食べ終わった容器を捨てにお店に戻ってその旨を伝えると、「あれ、タマネギじゃないんです。刻んだタクアンなんです」とのこと。へえと、感心してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

滝見学とお座敷電車(6) 

清水渓流公園の遊歩道を歩いていきます。
Boso_satoyama20170504_36
丁寧な案内板がありました。今回のバス停の副題や観光雑誌にある「濃溝の滝」は誤りで、「農溝の滝」が正しい表記だということがわかります。そして、一般的に「まるでジブリの世界」と紹介されているのは農溝の滝ではなく、亀岩の洞窟だということがわかります。

これが案内板にあるハート型の池でしょう。
Boso_satoyama20170504_37

そして、この小さな滝が、ハート型から流れる真愛の滝でしょう。
Boso_satoyama20170504_38

さらに遊歩道を歩くと、亀岩の洞窟があります。階段を降りて、洞窟が正面に見えるところまで行きます。
Boso_satoyama20170504_39
前回来たときは雨上がりで水量が多く、この位置まで行くことが出来ませんでした。

少し離れて縦位置にすると、ちょうど洞窟の明かりが水面に写ります。
Boso_satoyama20170504_40
しばし、ここで眺めたり写真を撮ったりしてから、一方通行の遊歩道を歩き始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(5) 

亀山藤林大橋バス停を過ぎると、湖畔の狭い道を行きます。
Boso_satoyama20170504_31
亀山ダムのダムサイトを渡ります。

その先は、亀山湖をいくつかの橋で渡っていきます。
Boso_satoyama20170504_32
しばらく行くと、道の駅「ふれあいパーク・きみつ」です。そこから2kmほど行ったところが、清水渓流広場バス停です。

ここから遊歩道をいったところに、農溝の滝や亀岩の洞窟があります。
Boso_satoyama20170504_33
到着は予定時刻を5分ほど遅れた13:35でした。乗客を降ろすと、バスは発車していきます。

折返しは15:00なのですが、ここは駐車場が狭いので、バスはいったん道の駅まで回送されて待つのだそうです。
Boso_satoyama20170504_34
バスの後ろにもステッカーが貼ってあることに、去りゆくバスを見て気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

滝見学とお座敷電車(4) 

久留里駅舎にも、房総さとやまGOのポスターが貼ってありました。
Boso_satoyama20170504_26
養老渓谷駅からのバスなのですが、ここ久留里駅から乗って農溝の滝へ行けると案内しています。ちなみに、あのインスタ映えするトンネルは、農溝の滝ではなく亀岩の洞窟というのが正しいのです。

駅前ロータリーにあるポールで待ちます。
Boso_satoyama20170504_27
「房総さとやまGO」ですが、運転期間ごとに経路や行き先が微妙に変化します。今回は、養老渓谷駅~久留里駅~農溝の滝・亀岩の洞窟です。大多喜町域は通らず、完全に市原市と君津市だけを通行します。

Boso_satoyama20170504_28
全区間乗っても、一部区間乗っても、片道300円です。

12:50が予定時刻なのですが、道路が混んでいるのでしょう。
Boso_satoyama20170504_29
15分ほど遅れて姿を現したのは、予想に反して中型観光バスガーラミオでした。今までは路線車の日野ポンチョだったのですが。

駅前ロータリーを回って、バス停にやってきました。
Boso_satoyama20170504_30
ドアが開くと、半分くらいの座席は埋まっていました。やはり話題の地まで延長運転した効果でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(3) 

農溝の滝へ行く「房総さとやまGO」の、久留里駅前発車時刻は12:50です。まだ1時間弱あるので、その間に昼食をとりましょう。
Kururi20170504_21
一部ではたいへん有名な、アーケード街にある喜楽飯店に行きましょう。今日は、まだ入れるかな。

12時直前ということもあり、ほとんど並んでいませんでした。ラッキーです。
Kururi20170504_22
なつかしいサンプルが並びます。そこに、色あせた貼り紙で旅番組のテレビに出た旨が書かれていました。

ここに来るのは2回目です。
Kururi20170504_23
今日は夏限定の肉と茄子の味噌煮定食720円也を頼みました。ここの料理、とにかく熱いのです。ちょっと油断すると舌を火傷します。

まだ5月だというのに、大汗かいて食事を終えて、久留里駅前に戻ります。
Kururi20170504_24
久留里駅が最寄り駅の君津青葉高校が作った顔出しが置いてありました。

この手の物って、自立させるのが意外と難しいのです。
Kururi20170504_25
おお、この脚の組み方は、なかなか参考になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(2) 

蘇我駅で乗り換える内房線も10両編成でした。
Uchibo20170504_16

その10両編成が木更津に到着しました。
Uchibo20170504_17
ここで、ホーム向かいの久留里線に乗り換えます。

久留里線は、すべてキハE130系100番台で運用されています。
Kururi20170504_18

乗車する11:12の久留里行き929Dは、単行でした。
Kururi20170504_19

思っていてよりも観光客が多く、座席は埋まり立ち客もでました。
Kururi20170504_20
無事に11:57久留里駅に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝見学とお座敷電車(1) 

2017年5月4日(木・祝)。今日は鍵開けボランティアの後で、県内を中心に巡ります。目的は、農溝の滝まで運転されている「房総さとやまGO」と、安房鴨川~新宿に運転される「お座敷外房号」に乗車することです。

9時過ぎに茂原駅前に着きました。
Mobara20170504_11
大多喜行きのバスは、元HMC東京の日野ブルーリボンですね。

茂原始発9:43の252M千葉行きに乗っていく予定です。今日は「休日おでかけパス」と乗り越しになる安房鴨川~茂原の乗車券を組み合わせて使います。
Sotobo20170504_12
10両編成の長い編成の始発電車です。

その前に、250M千葉行きがあります。
Sotobo20170504_13
これで行っても、木更津から乗り継ぐ久留里線は同じなので、予定通り始発に座っていくことにします。

そこに、下り「お座敷外房号」がやってきました。
Sotobo20170504_14
茂原駅を通過します。

今日の午後は、これに乗るのです。
Sotobo20170504_15
車両は「華」です。この車両に乗るのも初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵開け終えてい鉄撮影 

2017年5月4日(木・祝)。鍵開けボランティアを終えて、大多喜駅の裏に行きました。ここの八重桜が、まだけっこう咲いているのに気づいたからです。

54Dと桜を絡めて撮ろうと思ったのです。もっと桜にだけピントを合わせて、列車はぼかそうと思ったのですが、明るくてあまりしぼりを開放できずにダメダメになりました。
Isumi_kiha20_20170504_06

その後、猿稲踏切に行って100Dの入れ換えを撮ります。
Isumi_kiha28_20170504_07
手旗誘導で、給油線から本線へ入ります。

Isumi_kiha28_20170504_08
エンド交換して1番線へ入線します。その後、第一森宮踏切へ移動します。

そこで、大原行き快速100Dを撮ります。
Isumi_kiha28_20170504_09
今日は祝日なのでヘッドマークはなしで運転でした。その後、自家用車で茂原駅近くのコインパーキングへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

GWの今日も鍵開け 

2017年5月4日(木・祝)。今日も鍵開けボランティアです。いつものように、行きがけにいすみ鉄道を撮影していきます。

まずは国吉駅に寄りました。
Isumi_kuniyosi20170504_01
ゴールデンウィークで、特別に相模線時代の方向幕「茅ヶ崎-橋本」を出しています。

第二五之町踏切踏切付近の水田に行って、上り52Dを撮ります。
Isumi350_20170504_02
もう田植えは終わっています。苗が目立って、スッキリとはいきませんが、水鏡になりました。とくにヘッドライトがいい感じかな。352ムーミンです。

そして、四之町踏切付近へ移動して下り53Dを撮ります。
Isumi_kiha20_20170504_03
キハ201303でした。これを撮って、職場へ向かい鍵開けボランティア完了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日は東京へ(15) 

国際展示場駅で降りたのは、ここへ行くためです。
Kenpo20170503_81
憲法がいろいろと言われているこの時期、自分も自分の意思を行動で表そうと、護憲派の集会に行きました。

駅から会場までも人の波で、ゆっくりしか歩道があるけなかったのです。
Kenpo20170503_82
入場ゲートの外まで人でいっぱいでした。オープニングはピーコさんからのアピールでした。その後、チラシにある方たちのお話が続きます。それが終わってパレードです。ゆりかもめのテレコムセンター駅近くまで歩きます。

解散地点から東京テレポート駅まで歩いて、りんかい線に乗ります。いったん、東京駅へ向かいます。
Keiyo20170503_83
東京駅からは18:00の「わかしお15号」で帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

憲法記念日は東京へ(14) 

国会議事堂の正面を出て、東京メトロの桜田門駅を目指します。途中で振り返ると
Kokkai20170503_76
オープントップの東京スカイバスが走っていきました。

そして、正面を向けば、はとバスが3連続です。
Kokkai20170503_77
3代とも、オープントップバスのオー・ソラ・ミオです、

Kokkai20170503_78
このバスもいつか乗ってみたいのですが、まだ叶MS園。

桜田門駅から東京メトロに乗って、新木場へ向かいました。
Tokyo_mono20170503_79

ここで、改札を出て、りんかい線に乗り換えます。

新木場駅の改札前にあるカレー屋さんで昼食にして、それからりんかい線のりばへ向かいます。
Rinkai20180503_80

今日は「休日おでかけパス」なので、りんかい線はそのまま乗れます。目的地は国際展示場駅です。そこで降りて、今日2ヶ所目の目的地へ向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

憲法記念日は東京へ(13) 

噴水のライオンですが、横から見てもこれだけ表情が違います。
Kokkai20170503_71
何種類あるって言っていたかな。聞いたのですが、メモするのを忘れました。

Kokkai20170503_72
出口は、この正面玄関前のゲートになっていました。

その出口前には、たくさんのテントが建って、イベントや販売をしています。
Kokkai20170503_73
記念スタンプコーナーがありました。特製の台紙も無料配布されていました。

それから、速記コーナー。国会で実際に速記をやっている方が、自分の氏名を書いてくれるというコーナーです。
Kokkai20170503_75
せっかくだから、並んでお姉さんに書いてもらいました。なんで、あの記号?1つで「スズキ」と読めるのか、自分にはわかりません。速記の世界は、全く知らない世界ですから。

続いて物販コーナーがあります。歴代総理大臣の肖像イラスト入りクリアファイルなどを買ってしまいました。

その先に郵便局の臨時出張所がありました。今日から国会内郵便局のみで発売のフレーム切手を売っていました。
Kokkai20170503_74
1人5シートまで購入可で、1シート1600円と、一般的な郵便局発売のフレーム切手に比べて、台紙付きとはいえお高い定価でした。財布の中の軍資金が少なく、知り合いの分まで買えなかったのが心残りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

憲法記念日は東京へ(12) 

階段から見えた中にはの噴水のところへ行きます。
Kokkai20170503_66

ライオンの口から水が流れ出ています。
Kokkai20170503_67
係の方の言葉に耳を傾けると。この獅子頭は1つずつ模様が違うという。

Kokkai20170503_68

本当に微妙に表情が違います。
Kokkai20170503_69

ついでにもう1つです。
Kokkai20170503_70
実際は3種類ではありません。もっとたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

憲法記念日は東京へ(11) 

館内最後の見学場所は、衆議院議場を傍聴席のある3階からながめることです。
Kokkai20170503_61
さいたまスーパーアリーナほどではないですが、かなり見下ろす形になるのですね。

Kokkai20170503_62
ここが傍聴席から見た正面です。

Kokkai20170503_63
向かって右側の貴賓席です。

傍聴席からの見学を終えると、階段を一気に1階まで下ります。
Kokkai20170503_64
紹介がある人と一般の傍聴者では傍聴エリアが違うみたいです。

階段の途中の窓からは、議事堂の中央の建物が見えます。
Kokkai20170503_65

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

憲法記念日は東京へ(10) 

最後の見学場所である、第一委員会室へ向かいます。
Kokkai20170503_56
国会の予算委員会中継で見る部屋です。テレビで見るよりずっと狭いという印象です。

Kokkai20170503_57
脇には記者席がありました。もう各社陣取りしているのでしょうか、三脚だけがたくさん立っていました。

Kokkai20170503_58
奧の机のない席が、大臣がズラリと座っている場所ですよね。テレビ中継でよく見る光景です。

Kokkai20170503_59
第一委員会室を後にします。これで館内の見学は、あと1ヶ所だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日は東京へ(9) 

赤絨毯の階段を上がったところにある、皇族室と御休所の見学です。
Kokkai20170503_51
廊下の天井はアーチ形で、細かな装飾がされています。

皇族室と御休所は、入口がガラス板で塞がれていて、ガラス越しに眺めるようになっていました。
Kokkai20170503_52
すごい混雑で、ようやく見ることができました。写真はガラスにいろいろなものが反射してしまい、キレイに撮ることができません。そのドアの上には、このような装飾がありました。

そして、床にはモザイクがあります。
Kokkai20170503_53

たしか上が御休所でこれが皇族室の前にあったものです。
Kokkai20170503_54

先に進みます。
Kokkai20170503_55
壁には、こんな古風に見える火災報知器がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日は東京へ(8) 

階段で中央広間の上部、3階へ上がります。
Kokkai20170503_46
壁に郵便投函口がありました。メールシュートというやつですね。参観者使用禁止とは書いてなかったので、知っていれば自分宛の郵便物を用意してきたのですけどね。ただ、ここで出しても国会内局の消印ではなく、銀座局か東京中央局になるのでしょうけど。

Kokkai20170503_47
3階から天井を見ると、その装飾の細かさがより鮮明に見えました。

Kokkai20170503_48
ステンドグラスや壁画も2階から見たときよりもハッキリ見えます。

いちばん見たかったのが、2階の床のモザイクです。
Kokkai20170503_49
大きな模様です。ここから見て、初めて全容がわかりました。

それから、あの赤絨毯階段です。
Kokkai20170503_50
2階の登り口の真上から階段を眺めることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日は東京へ(7) 

この中央玄関前の中央広間には、3体の銅像が建っています。議会政治確立に功労のあった、歴史でも習ったこの方々です。
Kokkai20170503_41
伊藤博文です。自分にとっては、旧千円札でおなじみです。若い方はご存じないですかね。

Kokkai20170503_43
板垣退助です。自分にとっては、子どもの頃お小遣いでよくもらった百円札でおなじみです。50代以上でないと百円札そのものの使用経験がないでしょうね。

Kokkai20170503_42_2
大隈重信です。この方は、まだお札にはなっていないですよね。日本銀行券も政治家や歴史上の人物から文化人に肖像が変わってきましたらから、もうお札になることはないのかな。

Kokkai20170503_44
中央広間から上を見ると、とにかく細かい彫刻があちこちに施してあるのがわかります。ここは、開会式に天皇陛下をお迎えするときや、選挙後最初の国会召集日に議員が登院するときなど、特別なときだけ開けられる中央玄関の前にある広間なので、特別に力を入れて造られているのでしょう。

Kokkai20170503_45
床だったすごいです。あちこちにタイルで装飾が施してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

憲法記念日は東京へ(6) 

入館するまでは時間毎でしたが、中は順路こそ決まっているものの、急いでみてもゆっくり見てもよいようです。
Kokkai20170503_36
天井の彫刻もすごく細かいです。

Kokkai20170503_37
階段の柱も立派ですね。

Kokkai20170503_38
正面玄関の内側にきました。吹き抜けの天井が高いです。

Kokkai20170503_39
窓ガラスのや天井の装飾が細かいこと。

そして、振り返れば正面玄関の赤絨毯階段です。
Kokkai20170503_40
さすがにこの階段は見学だけで、歩くことは許されませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日は東京へ(5) 

さらに通路を進みます。
Kokkai20170503_31
先ほどと反対側の扉から議場を見学します。ここが正面右側にある貴賓席です。

Kokkai20170503_32
向かいの人だかりしている扉が、先ほど玄関を入って議場を眺めた、混雑している扉です。

Kokkai20170503_33
これが正面中央の御座所です。

衆議院議場をあとにして、さらに先に進みます。
Kokkai20170503_34
廊下からは、中庭の池が見えます。

Kokkai20170503_35
大臣室です。ここは中には入れず、廊下からの見学でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

憲法記念日は東京へ(4) 

階段で2階に上がります。行列になっているので、ゆっくり進みます。
Kokkai20170503_26
衆議院議場です。扉から中をのぞくのですが、大混雑です。「この先でも見る機会はありますから」と、係の方の声が飛びますが、やっぱり最初に見ておきたいですものね。

議長応接室の見学です。
Kokkai20170503_27

見学通路がつくられていて、その内側からの見学でした。
Kokkai20170503_28
それでも、ガラス越しではなく間近から調度品類をみることができました。

ドアの上の彫刻です。
Kokkai20170503_29
これだけ見ても、手が込んでいるなと感じます。

廊下には、絵画がかけれらているところがいくつもあります。
Kokkai20170503_30
そこには、こんな注意書きがありました。うん、これは著作権法上、ただしい注意書きですね。風景の一部として絵画が写っている場合は、これは著作権法上自由に使えます。ところが、絵を主体として撮ると、無許可では使えない場合があるということです。他人に公開せずに、個人的に使用する場合は大丈夫ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法記念日は東京へ(3) 

時間になり、衆議院玄関から玄関から中に入ります。
Kokkai20170503_21
玄関にある胸像は、衆議院名誉議員の尾崎行雄氏と三木武夫氏です。三木氏は知ってますね。

天井の照明です。
Kokkai20170503_22

これはエレベータです。
Kokkai20170503_23
動いているところは見られませんでしたが、かなり古風なようです。

Kokkai20170503_24
そして、廊下には赤絨毯が延々と敷かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

憲法記念日は東京へ(2) 

待ち時間の間に撮影するのはどなたも同じです。
Kokkai20170503_16
ツツジの花が咲いている衆議院前です。

もう少し正面から撮りますか。
Kokkai20170503_17

普段近寄れないので、ついいろいろなものをアップで撮ってしまいます。
Kokkai20170503_18

いただいた冊子は、全41ページものボリュームがあります。その中に今回の見学コース図がありました。
Kokkai20170503_19
2階と3階を回るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

憲法記念日は東京へ(1) 

2017年5月3日(水・祝)。今日は憲法記念日。それにちなんで、東京を巡ることにしました。鍵開けボランティアを終えて、上総一ノ宮駅へ向かいます。

Sotobo20170503_11
上総一ノ宮8:33の「わかしお6号」に乗車します。

ゴールデンウィークで混んでいるかもしれないと、めずらしく指定席をとりました。
Sotobo20170503_12
房総特急料金回数券なら、指定席用でも自由席の正規料金と同じですから。

東京駅から東京メトロに乗って目指したのは、ここです。
Kokkai20170503_13
国会議事堂です。

今年は日本国憲法70周年ということで、特別参観が実施されるのです。歩道を歩いていると、議事堂から離れた議員会館の前などに、アトラクションの待ち列のような区域が作られているのです。しかし、まだそれほど人が出ていないこともあり、すんなりと国会の敷地内には入ることができました。その先で、少しその待機列に並ぶことになりました。
Kokkai20170503_14
パンフレットと整理券をもらいます。本日5組目の整理券をいただきました。

手荷物検査を受けて先に進みます。いったん、建物の外に出てあの議事堂正面に近いところで待たされます。
Kokkai20170503_15
それでも、あと15分ほどで入れるようです。15分毎の入場なのですね。待ちながら他の方の話を聞くと、参議院は見学する機会はあるけれども、衆議院はなかなか見学できないんだという話をしていました。自分は国会見学は初めてなので、そのあたりはよくわからないのです。今日見学するのは、衆議院です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

ゴールデンウィークも鍵開け 

2017年5月3日(水・祝)。今日から5月6日まで、ゴールデンウィーク後半の5連休です。しかしながら、今日も鍵開けボランティアがあります。その後、東京まで行く予定があるので、早起きして撮影しながら向かいます。

今朝は四之町踏切に寄りました。
Isumi_kiha20_20170503_01
上り52Dが行きます。キハ201303でした。ここも、まもなく田植えが始まり、こんな水鏡も撮れなくなるでしょう。

この少し上総中川寄りの神社の前へ行きます。
Isumi350_20170503_02
毎朝のいすみ鉄道通勤で、気になっていたフジの花のところへ行きました。でも、車両と絡めて撮るのは難しかったですね。53Dは351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

い鉄で出勤(2017-41) 

2017年5月2日(火)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20170502_01
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170502_02
今日の8Dは昨日と同じ、301パパ&ママでした。

帰宅は最終の30Dになりました。
Isumi_kiha20_20170502_03
今夜はキハ201303でした。到着した国吉駅では、月が明るく輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤(2017-40) 

2017年5月1日(月)。ゴールデンウィーク中の平日です。今日はいすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20170501_01
351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘でおりて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20170501_02
今朝の8Dは301パパ&ママでした。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi300_20170501_03
今夜は301パパ&ママでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »