« 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(7)  | トップページ | 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(9)  »

2018年1月31日 (水)

茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(8) 

横断歩道を渡り、天狗の鼻を見ながら交差点を曲がります。
Ibako20170326_036

そのまま歩くと、正面に見えてくるのが水門橋です。
Ibako20170326_037
ここから見ると、変哲のない橋に見えますが、いろいろと遺構があります。

レールと線路敷き跡があるのです。
Ibako20170326_038
道路と橋のつなぎ目にレールが残り、橋の上には明らかに線路敷きとわかる色の違う2本の線が見えるのです。

そして、橋の上部には、架線をつっていた器具の跡があります。ブラケットというそうです。
Ibako20170326_039 
こちらは、言われてみないと気づかない遺構です。きっぷ購入時にもらったガイドブックに載っていました。

橋を渡って水戸側へ行くと石柱が建っていました。
Ibako20170326_040
こうなると、この単線を走る電車を見てみたかったですね。廃止になる前に生まれてはいるのですけどね。

|

« 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(7)  | トップページ | 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(9)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(8) :

« 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(7)  | トップページ | 茨交水浜線歴史探訪スタンプラリー(9)  »