« 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-12)  | トップページ | 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-14)  »

2018年1月28日 (日)

速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-13) 

かなりゆっくり見学して壕から出ました。
Tateyama20180121_61
出てすぐのところに桜の木があり、数輪がすでに咲いていました。ヘルメットと懐中電灯を返しながら聞いてみると「河津桜なんで、毎年今頃から咲くのですよ」とのことでした。

宮城15:02のJRバスにも間に合ったのですが、休暇村始発で前払いとあるので、先ほど乗ってきたバスの折返しのようです。宮城の交差点から右に曲がり海の方へ行った自衛隊の入口が、館山日東バスの館山航空隊バス停です。館山航空隊15:18のバスに乗りましょう。
Tateyama20180121_62
館山湾がよく見えます。半潜水船のピンククジラですね。かつては、もっと南の南佐間港発着だったのですが、なぎさの駅たてやまや渚桟橋が整備されて、今は館山から直接乗船できるようになりました。波佐間港のときから乗ってみたいなとは思ったものの、まだ乗ったことはないのです。

そうしているうちに、館山からのバスがやってきました。
Tateyama20180121_63
でも、すぐにはバス停にやってきません。時間まで転回場で待機するようです。

バス停で待ちます。
Tateyama20180121_64
自衛隊の方かな。殺風景なバスの始発地点ですが、自分の他に2人ほど乗客がいました。

発車時間の2分ほど前に、バスはやってきました。
Tateyama20180121_65
このバスに乗ったのはよいのですが、すっかり勘違いしていました。「南房総フリーきっぷ」では、館山日東バスの館山以北(なむや方面)は乗れないのは知っていました。南側は全部乗れると思っていたのです。ところが、乗れるのは、館山駅~城山公園前だけでした。つまり、館山航空隊~宮城~城山公園前間は、別払いしなければならなかったのです。ということで、190円別払いして降りたのでした。これなら素直に宮城からJRバスで帰ればよかったかな。

|

« 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-12)  | トップページ | 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-14)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-13) :

« 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-12)  | トップページ | 速報:年に1日運転の小塚大師へ(2-14)  »