« アクトランド経由で自宅へ(5)  | トップページ | アクトランド経由で自宅へ(7)  »

2017年11月19日 (日)

アクトランド経由で自宅へ(6) 

この博物館の目玉なんだと思われる、イギリスのボンネットバスです。
Actland2017022126
1951年ということは、日本で現在保存されて動いているボンネットバスよりも、もっと古いです。

イギリスは日本と同じ、左側通行の国です。
Actland2017022127
ですから、整備して車検をとってナンバー取得してあるのです。そこがまたすごいです。

後ろから見るとこんな感じです。
Actland2017022128
GIKEN BUSとありますが、これは高知県に本社がある技研製作所という会社が所有しているバスで、このアクトランドも同社のグループです。

Actland2017022129
もちろん、このバスも内部見学ができます。こんな貴重な車の内部にも入れるのですから、自分にとっては入館料1000円は安いです。運転席の脇は、展望特等席ですね。

Actland2017022130
運転席はこんな感じでした。

|

« アクトランド経由で自宅へ(5)  | トップページ | アクトランド経由で自宅へ(7)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクトランド経由で自宅へ(6) :

« アクトランド経由で自宅へ(5)  | トップページ | アクトランド経由で自宅へ(7)  »