« 会議の前に千葉モノ撮影(2)  | トップページ | 駅奪取しながら日比谷へ(2)  »

2017年11月 5日 (日)

駅奪取しながら日比谷へ(1) 

2017年2月19日(日)。今日は午後から日比谷で用事があります。日曜日ですから、鍵開けボランティアもあります。時間的に余裕があるので、コロプラの駅奪取ができていない地下駅を奪取しながら、寄り道して日比谷を目指すことにしました。

鍵開けを終えて、茂原駅近くのコインパーキングに車を停めます。指定席券売機で「休日おでかけパス」を買って、改札を入ります。最初の目的地は、京葉線の八丁堀駅です。地下駅は、地上に出ないと駅奪取出来ないことが多いのです。ここもその中の1つです。
Keiyo20170219_01
JRとしての八丁堀駅の入口です。この他に、東京メトロ日比谷線の八丁堀駅の入口もあります。

再び改札を入ります。
Keiyo20170219_02
乗車位置ブロックが駒の絵でした。降りてみないと気づかないですね。

八丁堀駅の駅名標です。
Keiyo20170219_03
八丁堀のヘボン式ローマ字表記はこうなります。促音は子音を2つ重ねるのですが、CだけはCを重ねずに前にTをつけるというのはルールなんです。ちなみに、隣の越中島も「Etchujima」となります。ちなみに、NHKの熱中時間の「鉄分補給スペシャル」の第3弾のとき、スタジオセット内に駅名標が置かれていて、そのローマ字表記が「Necchu」になっていたのです。スタジオ参観者としてその場にいたのですが、他の参観者がその誤りに気づいて、スタッフの方と話をしています。結局時間が無くてそのまま撮影、オンエアだったのです。そのためかどうかわかりませんが、第2弾まではDVD化されたものの、第3弾のDVD発売はありませんでした。

京葉線で新木場に戻ります。
Rinkai20170219_04
りんかい線も地下駅が続き、いくつかの駅が奪取できていません。

Rinkai20170219_05
りんかい線に乗るといっても、どちらかというとJR埼京線の車両に当たることが多いです。次の快速川越行きも埼京線のE233系でした。

|

« 会議の前に千葉モノ撮影(2)  | トップページ | 駅奪取しながら日比谷へ(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅奪取しながら日比谷へ(1) :

« 会議の前に千葉モノ撮影(2)  | トップページ | 駅奪取しながら日比谷へ(2)  »