« 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-5)  | トップページ | 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-7)  »

2017年10月 1日 (日)

速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-6) 

辰野に到着しました。ここで乗務員がJR東日本からJR東海に交代です。ホームの向かいには、塩尻からの電車が到着し、思ったより多くの人が乗り換えてきました。2席並びの空席は、ここでほとんどなくなりました。

飯田線は無人駅が多いので、駅間距離が少しでもあると車掌さんが回って乗車券を売っています。そして、伊那市を過ぎると、乗車券の拝見が始まりました。自分の前の席に座っていた若者のところに来ると、動きが止まってしまいました。小田急線からのPASMO定期しか持っておらず無札なのです。「どこから乗ったの」の質問にも要領を得ず、とりあえず町田から乗ったということらしいです。「どこまで行くの」にも要領を得ません。甲府でいったん降りたということ言ったらしいのですが、車賞さんから「PASMOに甲府で乗降した記録はないですけど。どうやって降りたのですか」と聞かれたら黙ってしまいました。

宮田で行き違い停車です。こちらが先着ですから、撮影する時間はありそうです。
Nagano20170831_26
行き違った上諏訪行きは213系の2連でした。

撮影から戻ってきて、電車が動き出すと再び車掌さんがやってきて、前の座席の若者とやりとりの続きを始めます。またしても埒があきません。次の大田切に着いてしまいました。車掌さんが車掌室に戻りドアを開けたとたん、前の若者は荷物を持ってホームに飛び出しました。単線の無人駅、車掌さんは若者にかけより、ここで降りるのですねと確認して精算を始めたようです。ここでも、埒があかないようで、結局精算が終わって列車が発車したのは、定刻の7分遅れでした。その間、運転士さんも車内放送で「ただいまIC乗車券のお客様の精算を行っております。発車までしばらくお待ち下さい」と放送を入れていました。

大田切を発車して、車賞さんから車内放送があります。飯田線ではIC乗車券は使えないので車内で精算して欲しいこと。列車が遅れているので、車内改札は中止するから、精算の必要な人は申し出るか、有人駅は改札でして欲しいとの内容でした。

大田切の大カーブや鉄橋は、飯田線の旧型国電を撮りに行った人にはおなじみの駅ですけど、あの若者はそんな旧型国電なんて知らない世代でしょう。突然飛び出したのだから、大田切に用事があったようには見えません。どれだけ授業料を払って、その後どうなったのか知りたい気もしますが、気にしないことにしましょう。
Nagano20170831_27
そんな鉄橋を渡りますが、今日は南アルプスの山々は見えませんでした。

伊那大島の交換もこちらの遅れで、すぐに行き違いで発車。飯田の2分停車も切り詰めて発車します。伊那八幡で行き違いです。今度は、こちらが先着しました。
Nagano20170831_28
先着した以上、降りて撮影しても大丈夫でしょう。

数分で対向列車がやってきました。
Nagano20170831_29
飯田行きの特急「伊那路1号」です。

かつては駅弁販売駅だった、天竜峡に停車します。
Nagano20170831_30
1980年代後半、旧型国電を撮りに飯田線に来たときは、辰野駅の杣人弁当や天竜峡駅の駅そばと駅そば屋で売っていた五平餅には、とてもお世話になったのです。今はすべてなくなってしまいました。

|

« 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-5)  | トップページ | 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-7)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-6) :

« 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-5)  | トップページ | 速報:青春18鉄道完乗タイトル奪還(6-7)  »