« 群馬・栃木紀行(6)  | トップページ | 群馬・栃木紀行(8)  »

2017年8月24日 (木)

群馬・栃木紀行(7) 

いったん西桐生方へいった101号が、2番線に入線してきました。ドアが開くと、列がどんどん進みます。座ろうと思えば座れたのですが、満員のロングシート車では座っただけで立っている人のお腹が見えるだけです。それではつまらないので、立って外の景色を眺めて行く方を選びました。
Jomo20170103_31
定刻の12:34に中央前橋に向けて発車です。ちょうど、デキの試乗会で機関車が動いていました。

唸るような吊りかけモーター音を楽しみながら走ります。終点の中央前橋まで、ずっと立ちっぱなしでしたが、時間にして20分弱ですから。吊りかけモーター音を楽しむにはちょうどよいでしょう。中央前橋に到着すると、すぐに改札を抜けて、駅近くの踏切まで行きます。
Jomo20170103_32
駅から歩いて5分くらいで到着します。すでに、何人も撮影者がいますが、一緒に撮るくらいのスペースはありました。

101号臨時電車は、中央前橋12:52着で13:00発です。折返しまで8分間の停車です。ここまで来るのに5分近くかかっているので、すぐに発車となりました。
Jomo20170103_33
連写で撮ったのですが、なかなか旗がきれいに収まったカットがありませんでした。

Jomo20170103_34
そして、踏切の脇を通り過ぎます。撮影者の多くは、振り向いて後追いも撮っていますが、自分はパスして中央前橋駅へ急ぎます。13:15の西桐生行きに乗って、101号の折返しを撮ろうと考えているからです。

そんな駅への戻り道の途中で、ネコさんがいました。
Jomo20170103_35
寒いからか、枯れ草の上で丸くなっていました。

|

« 群馬・栃木紀行(6)  | トップページ | 群馬・栃木紀行(8)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬・栃木紀行(7) :

« 群馬・栃木紀行(6)  | トップページ | 群馬・栃木紀行(8)  »