« 群馬・栃木紀行(11)  | トップページ | 群馬・栃木紀行(13)  »

2017年8月25日 (金)

群馬・栃木紀行(12) 

電飾の藤棚から、山の虹を見ます。
Asikaga20170103_56
ただの丸い電球じゃないのです。本当に花弁のような灯りです。お金かかってるよなと思います。

Asikaga20170103_57
大藤神社という電飾神社です。それにしても外人さんが多いです。スゴイ厚着で来てますから、東南アジアからなのでしょうか。

Asikaga20170103_58
電飾の大藤棚です。藤房と竹が一定時間毎に点いたり消えたりします。しばらくたたずんで、その灯りの移り変わりを眺めてしまいます。

Asikaga20170103_59
ここはクリスマスコーナーでしょうか。もう1月ですけど、これだけ大がかりだと作り替えはできないでしょう。でも、きれいだからいいんです。

Asikaga20170103_60
灯りの色が次々と変わる、電飾ピラミッドです。池に映ってとってもきれいです。

|

« 群馬・栃木紀行(11)  | トップページ | 群馬・栃木紀行(13)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 群馬・栃木紀行(12) :

« 群馬・栃木紀行(11)  | トップページ | 群馬・栃木紀行(13)  »