« 貸切前に1往復(3)  | トップページ | 貸切「第1回みんなでつくる飲茶列車」(2)  »

2017年7月 5日 (水)

貸切「第1回みんなでつくる飲茶列車」(1) 

2016年11月27日(日)。60D大多喜からの1往復を貸切で予約しました。土休日なので、1往復60000円です。20人で乗れば、1人当たり3000円という、そこそこ現実的な金額になります。

そこで、自分の職場の仲間と、たまにお邪魔する無添加の店揚江さんのお得意さんの共同で「第1回みんなでつくる飲茶列車」として、車内で飲茶を食べる貸切列車にしました。大々的に募集すれば旅行業法に抵触してしまいますから、揚江さんは店頭で、自分は職場の仲間に口コミでお誘いをします。20人集まるかなと心配だったのですが、なんとかギリギリ20人集まりました。

Isumi_kiha20_20161127_21
今日の60Dはキハ201303+いすみ352です。352は、昨日も貸切車両につかわれていました。

Isumi350_20161127_22
352には貸切のサボが入っていました。こちらの車両が「飲茶列車」です。駅前に集合して「みんなでつくる」を実践します。そうです、揚江さんのワゴン車から、必要なものを乗客がみんなでこの車両に運び込むのです。

準備ができたので、簡単に挨拶をします。いすみ鉄道の田中さんも乗車してくれて挨拶をしてくれました。
Isumi_rail20161127_22
これがテーブルにセットされている飲茶弁当です。今回は牡蠣が目玉かな。

Isumi_rail20161127_23_2
そして出来たての焼売や饅頭が振る舞われます。

Isumi_rail20161127_24
これが饅頭です。おいしかったです。

|

« 貸切前に1往復(3)  | トップページ | 貸切「第1回みんなでつくる飲茶列車」(2)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/65498397

この記事へのトラックバック一覧です: 貸切「第1回みんなでつくる飲茶列車」(1)  :

« 貸切前に1往復(3)  | トップページ | 貸切「第1回みんなでつくる飲茶列車」(2)  »