« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月の62件の記事

2017年6月30日 (金)

コブクロさいたま(2-4) 

川越から川越線と埼京線で、再び北与野駅へ戻ってきました。
Kobukuro20161120_16
さいたまスーパーアリーナ2日目の入場が始まりました。

今日は左側後ろのコーナー当たりです。ステージからはいちばん遠いところですが、昨日とは違いステージ全体が見渡せます。なんたって、今年は炎がどっかんどっかん上がるところもあって、ステージ全体がビジュアルとして楽しめますから、1日目とは違った楽しみができました。ただ、今日はDVD収録日だそうで、座席位置が1日目と2日目で逆だったよかったのですけど。こればかりは、運ですからね。

今年も楽しい2日間が過ごせました。今年は、まだ12月に京セラドーム大阪ファイナルに参戦しますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブクロさいたま(2-3) 

北与野駅から埼京線、川越線と乗って、JR川越駅に着きました。ここから、時の鐘を目指して歩きます。
Kawagoe20161120_11
ところどころ残る、古い商店を眺めながら歩きます。

川越の名所、時の鐘です。
Kawagoe20161120_12
ここまで来ると、それなりに人が多いです。

このときの鐘近くにある、「餃子菜館 大八」というお店に入ります。まだ11時を回ったばかりということで、他にお客さんはいませんでした。
Kawagoe20161120_13
いも天ぷらが入った、名物「川越ラーメン」です。

それから、こちらも名物の紫いもぎょうざです。
Kawagoe20161120_14
以前来たときは、お昼を過ぎていたこともあり、店の前に行列ができていてあきらめたのです。今日はあっさり入れてしまったことに、拍子抜けです。

紫いもぎょうざって、本当に芋が入っているのですね。皮がむらさきなだけかと思ってました。
Kawagoe20161120_15
食べている最中に、どんどんとお客さんが増えてきました。店を出る頃には、行列ができていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブクロさいたま(2-2) 

さて、開場の時間までどうやって過ごそうかな。まだ数時間あるし、久しぶりに川越の街でも歩いてみようかな。
Kobukuro20161120_06
昨夜、イルミネーションされていたけやきの広場を歩いて行きます。

Kobukuro20161120_07
この広場を通って、埼京線の北与野駅へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コブクロさいたま(2-1) 

2016年11月20日(日)。コブクロの2016ツアー、さいたまスーパーアリーナの2日目です。9時過ぎにホテルを出て、まずは荷物をけやき広場1階のコインロッカーに収めます。それから、黄色いトラックの撮影です。

さすがにこの時間に撮影している人は少数です。
Kobukuro20161120_01
まずはコインロッカーのあるけやき広場側からです。ここから撮らないと、トラック全景はとれません。でも、午後になると人が多くて、全景が撮れないのです。

Kobukuro20161120_02
この時間でも撮影者はいるので、うまく写らないように撮るには、タイミングが重要です。

Kobukuro20161120_03
これがジャケットデザインですよね。

Kobukuro20161120_04
こちら側からだと、暗いけれど柱がないので、とりあえず側面写真が撮れます。

Kobukuro20161120_05
3台を後ろから撮ったところです。前からは柱があって撮れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

コブクロさいたま(1-3) 

ホテルに戻って、買ってきたTシャツに着替えて、再びさいたまスーパーアリーナへと向かいます。
Kobukuro20161119_11
初日は2階席です。さて、どこでしょう。扉を探して入ると、なんと今年はセンターステージじゃないのですね。あれっ、けっこう前の方じゃないですか。ステージに近い。えっ、扉より下なの。

なんと、座席は右側の花道のすぐ近くでした。コンサートが始まると、おお、目の前で黒田が歌っている。全体が見渡せる席ではないですが、とにかくお二人が花道に来ると、目の前なのです。久々の感激です。

アンコール、最後はSTAGEをみんなで歌います。よかったな。明日も歌えるぞ。

終わってホールを出ると、すっかり暗くなっています。
Kobukuro20161119_12
そのけやき広場はイルミネーションが施されています。

Kobukuro20161119_13
こんなオブジェが飾ってあるところもありました。

それから、幻灯機のようなものが設置されていて、路面に紅葉を映しています。
Kobukuro20161119_14
まあ、恋人がそぞろ歩きするような場所なのでしょうが、今はコンサート終了直後。人であふれかえっています。どこかで夕食をとろうと思っても、どこも行列。これはコンビニで買ってホテルの部屋で食べるのが正解だな。買ってきた写真集でも眺めながら、コンビニ飯にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

コブクロさいたま(1-2) 

今年もトラックのどこかにサインがあるはずです。
Kobukuro20161119_06
ほら、やっぱりあそこにありました。

ロゴもアップで撮っておきましょう。
Kobukuro20161119_07
スローシャッターで撮っていると、ちょうど前を人が横切りました。人間もぶれる、超スローシャッターです。

側面にもサインがありました。
Kobukuro20161119_08
どこにあるのか、宝探しのようで楽しいです。

そろそろ物販に並んでおかないと、開場に間に合いません。Tシャツやら何やら買い込みます。
Kobukuro20161119_09
それから、予約してあったTIMELESS WORLDとNAMELESS WORLDの2枚組CDを引き取ります。ここで受け取ると、くじ引き券がもらえます。当たるか、生サイン入りポスター・・・。残念、ハズレです。ステッカーをもらいました。

いったんホテルに戻って、今買ったTシャツに着替えます。
Kobukuro20161119_10
JRの跨線橋を渡るとき、突然銀色の列車が通ります。あわててカメラを出して後追い撮影です。そうです、カシオペア紀行のカシオペア編成が走って行ったのです。定期列車時代に乗ろうとチャレンジしたけど、寝台券のとれなかったカシオペア。旅行商品のカシオペア紀行になってからは、高くて手が出ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

コブクロさいたま(1-1) 

2016年11月19日(土)。今日からコブクロの2016ツアー”TIMELESS WORLD”のさいたまスーパーアリーナ公演2DAYSです。今年も、2日とも参戦します。
Kobukuro20161119_01

明日の朝の鍵開けは別の人にお願いして、今日だけはいつものように鍵開けボランティアをしてから上総一ノ宮駅へ向かいました。外房線、京葉線と乗り継いで南船橋へ行きます。そこから武蔵野線にのりかえです。
Musasino20161119_02
数の少ない、209系500番台じゃないですか。運がいいのかな。

南浦和で京浜東北線にのりかえて、さいたま新都心へと向かいます。今年も予約できた東横インに荷物を預けて、さいたまスーパーアリーナへと向かいます。
Saitama20161119_03
まだ時間があるので、ちょこっと撮影です。

これからの目的は、グッズ購入とトラック撮影です。まずはアリーナ1階へ降ります。
Kobukuro20161119_04
いつものように黄色いトラックが3台いました。

全体像を撮るのは、明日の朝、まだ人が少ないときにしましょう。
Kobukuro20161119_05
今日はアップだけ撮っておきます。今年のラストは京セラドーム大阪です。12月18日は、大阪日帰りで参戦すべく、予約だけはしてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

い鉄で出勤('16-108) 

2016年11月18日(金)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

寒さも増してきました。
Isumi_kuniyosi20161118_01
キハ30の外板についた霜に低い朝日が当たって白く光ります。

そんな写真を撮っていたら、もうすぐそこまで5Dがきていました。
Isumi300_20161118_02
今朝は301パパ&ママでした。セミクロスなので混みます。

いつものように城見ヶ丘で降りてバイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20161118_03
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅は、ラス前の28Dになりました。
Isumi_kiha20_20161118_04
こちらもキハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-107) 

2016年11月17日(木)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

今朝もそこそこよい天気です。
Isumi350_20161117_01
今朝の5Dは、352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi350_20161117_02
今朝の8Dは、351スナフキンでした。8Dに350形が入るのは、比較的少ないです。

帰宅はラス前の28Dになりました。
Isumi_kiha20_20161117_03
今日はキハ201303でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月17日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月17日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

みやこの逸品 京野菜
販売日 2016年11月21日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 京都府内の計441局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-106) 

2016年11月16日(水)。今日もいすみ鉄道で出勤します。

雲は多いものの、ようやく青空が見えてきました。
Isumi_kuniyosi20161116_01
キハ30にも、久しぶりに朝日が当たっています。

いつものようにホームで5Dを撮ります。
Isumi_kiha20_20161116_02
今朝はキハ20です。セミクロスは混むから、朝は350がいいんだけどな。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161116_03
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。8Dは、キハ20か301のセミクロスが入ることが比較的多いです。

今日も定時で上がって26Dで帰宅します。
Isumi350_20161116_04
今日は352ムーミンでした。

26Dは国吉駅で上下交換です。
Isumi350_20161116_05
その交換風景を見届けてから、駐車場へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

い鉄で出勤('16-105) 

2016年11月15日(火)。今日は久しぶりにいすみ鉄道で出勤します。空は昨日同様、どんよりと曇っています。

国吉駅に到着したの、5D入線直前です。構内踏切が鳴って、到着前に下りホームへ行けませんでした。
Isumi350_20161115_01
城見ヶ丘で降りてから、去りゆく5Dを撮ります。351スナフキンでした。

そのままホームを出て、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161115_02
8Dは、昨日と同じ301パパ&ママでした。

帰宅は定時で上がって26Dに乗りました。
Isumi_kiha20_20161115_03
今日はキハ201303でした。

26Dは、ここで下りと行き違いです。
Isumi_kiha20_20161115_04
上り下りとも、ほぼ同時発車でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月15日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがありません。

11月15日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

2016 SENDAI 光のページェント
販売日 2016年11月22日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 仙台市太白区・宮城野区・若林区・青葉区(作並局、愛子局、大沢局、熊ヶ根局、仙台栗生局を除く)内の計105局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。


11月15日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

築城基地航空祭2016
販売日 2016年11月21日(~未発表)
販売部数 1,500部

販売地域 豊前市、上毛町、吉富町、行橋市、苅田町、築上町、みやこ町、香春町、添田町、赤村、川崎町、大任町、田川市、福智町、糸田町内の計65局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉を撮りながら出勤 

2016年11月14日(月)。今日はどんよりと曇っています。自家用車で出勤します。

行きがけに、第1森宮踏切近くへ行きました。今日は曇っていて光線をきにしなくて大丈夫。ちょうど、第2森宮踏切後ろのイチョウが色づき始めたのが見えました。
Isumi300_20161114_01
その色づいてきた木を入れて撮影です。今朝の8Dは、301パパ&ママでした。まだ色づき始めです。これからもっと黄色くなるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月14日は3件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月14日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

小樽限定ご当地キャラクター おたる運がっぱVol.1
販売日 2016年11月18日(~未発表)
販売部数 1,000部

販売地域 小樽市、余市町、仁木町、積丹町、古平町、赤井川町内の全局と千歳局、野幌局、倶知安局、石狩局、恵庭局、江別局、北広島局、札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳郵新千歳空港分室の計62局

シートは額縁(52円)+アイボリ-(82円)のコンビネーションシートです。クリアファイルとのセットで売価は1500円です。11月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


11月14日に日本郵便株式会社東北支社からリリース文が配信されました。

仙台市電開業90年記念
販売日 2016年11月25日(~未発表)
販売部数 1,300部

販売地域 仙台市内の計128局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


11月14日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

新田原エアフェスタ2016
販売日 2016年11月21日(~未発表)
販売部数 1,100部

販売地域 宮崎市、綾町、国富町、小林市、えびの市、高原町、都城市、三股町、日南市、串間市、高鍋町、都農町、木城町、川南町、新富町、西米良村、西都市、日向市、門川町、諸塚村、美郷町、椎葉村、延岡市、高千穂町、日之影町、五ヶ瀬町内の計195局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

いばらき鉄バス紀行(20) 

袋田駅に停車しました。
Ibaraki20161113_96
ようやく3号車の座席も埋まってきました。

袋田駅を発車して、駅弁の包みを開けます。
Ibaraki20161113_97
シャキシャキと歯ごたえのよいシャモ肉が並んでいます。これがなんともおいしいのです。

西金停車中に車内照明が消えました。
Ibaraki20161113_98
車両点検を行っているので、少々待って欲しいと車内放送が流れます。しばらくすると復旧して走り出しました。2号車の一部お客様には引き続きご不便をおかけしすとのことです。常陸大子駅で、入換前に床下を係の方が点検していたのは、この電気系統のトラブルだったのかもしれません。

ようやく水戸駅に戻ってきました。
Ibaraki20161113_99
改めて見ると、やっぱり岩手県仕様ですよね。そんな車両に、関東の茨城県で乗れたことに感謝です。JR東日本に残った最後のキハ28・58。わざわざ東北まで行かずに乗れたのですから。

その後、「ときわ路パス」を生かして、鹿島臨海鉄道経由で帰ろうと企画していたのですが、今朝の大洗鹿島線の大混雑を見て、まっすぐ常磐線で帰ることにしました。今日はあんこうまつりがあって、ガルパン関係の人出が半端じゃなかったようですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

いばらき鉄バス紀行(19) 

オレンジKENJI、緑KENJIとなって、停車直前には赤KENJIになりました。
Ibaraki20161113_91
もう少し写真を撮ってから1番線へ行きましょう。次にKENJIを生で見る機会があるかどうかわりませんから。

指定された3号車に乗ります。
Ibaraki20161113_92
8番は展望席ではありません。

一般席です。
Ibaraki20161113_93
左右でモケットの色が違います。

貫通ドア近くには、微妙なスペースがあります。
Ibaraki20161113_94
天井からレーザーカラオケのプロジェクタがあったころは、ここがお立ち台だったのでしょう。

自席に戻って、玉屋旅館で渡された駅弁を食べましょう。
Ibaraki20161113_95
店だし弁当が、持ち帰り駅弁になったのは残念ですが、何度と食べた「奥久慈シャモ弁当」。美味しいことは間違いないですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

いばらき鉄バス紀行(18) 

常陸大子駅の改札口、列車案内はLEDではなく、なつかしい文字板差し込みです。
Ibaraki20161113_86
ちゃんと臨時列車も用意されています。

もう入っても大丈夫とのことで、「ときわ路パス」と指定券を見せて改札を入ります。とりあえず2・3番線ホームから撮影します。
Ibaraki20161113_87
鉄道まつりで展示されていたキハ47の2連です。登場時はなかった、旧国鉄急行色と登場時の首都圏色の2連です。

KENJIは調子が悪いのか、係の方が床下をいろいろといじっていました。
Ibaraki20161113_88
ようやく排気が上がり、1番線へ転線です。

いったん水戸側へ引き上げてから、1番線へ入線します。
Ibaraki20161113_89
ヘッドライトを点けて、オレンジKENJIです。

LEDの色が変わります。
Ibaraki20161113_90
緑KENJIです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

いばらき鉄バス紀行(17) 

永源寺からは、鉄道まつりの会場もよく見えました。
Ibaraki20161113_81
紅葉と絡めて撮ろうとしたのですが、もみじは日陰。まつりは日向とまったく露出があいません。

Ibaraki20161113_82
こんな位置から車両が撮れただけでもめっけものということにして、街中へ戻りました。

玉屋旅館には、もう行列はありませんでした。
Ibaraki20161113_83

引き戸を開けて「先ほどお願いした、『路線バスの旅』の者ですが」というと、駅弁を渡されました。
Ibaraki20161113_84
「えっ、お店で食べられるんじゃないのですか」というと、「済みません。店の方は終わりました」とのこと。店で出す「シャモ弁当」はみそ汁や漬物がついて1100円です。これの引換券が『路線バスの旅』にはついているのです。駅弁の「奥久慈シャモ弁当」は、汁物とか無しで1000円です。差額に返金はありませんでした。バラで買より160円しか安くない『路線バスの旅』。龍神大吊橋は無料だったし、弁当は駅弁に代えられてしまって、結果的には別払いした方が数百円安くなった計算です。

でも、この『路線バスの旅』を買わなければ、旧上岡小学校にも、永源寺にも足を伸ばさなかったでしょうから、そういう機会を与えてくれたという意味では、よいきっぷでした。
Ibaraki20161113_85
そんなことを思いながら、常陸大子駅前のC11のところまで戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(16) 

愛宕町のバス停から右側に曲がって、踏切を渡る道に入ると、車が数珠つなぎになっています。みんな永源寺へ行く車のようだ。途中には、民間の臨時駐車場がたくさんあります。そんな駐車場の一角に、臨時売店があったのでおでんをいただいて、少し空腹をいやしました。

踏切を渡ると、そこが鉄道まつりの会場入口でした。入りたいのをガマンして、永源寺へと進みます。
Ibaraki20161113_76
永源寺への途中から、鉄道まつりの会場が見えました。一番手前の線路では、レールスター(軌道自転車)が動いていました。

その先で、右に曲がります。
Ibaraki20161113_77
車だけでなく、徒歩の人も多いです。

そのまま進むと、少し上り坂になり、そこが永源寺でした。
Ibaraki20161113_78
ここだけ、きれいに紅葉しているのです。

まるで別世界に来たみたいです。
Ibaraki20161113_79
千葉に住んでいると、まったく知らない場所でした。紅葉の名所なのですね。

緑がほとんどなく、赤と黄色だけといった感じがすてきです。
Ibaraki20161113_80
こんなにきれいな紅葉に出会ったのは、何年ぶりでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

いばらき鉄バス紀行(15) 

再び渡り廊下を通って、下の校舎へ行きます。
Ibaraki20161113_71
「ひまわり」などの、NHK連続テレビ小説のコーナーになっていました。

物産コーナーもありました。
Ibaraki20161113_72
りんごゆべしを買いました。くるみゆべしは知ってますけど、りんごだとどうなるのでしょう。

そろそろ先ほどのバスが折り返してくる時間です。
Ibaraki20161113_73
先ほどのバスが大子行きになって戻ってきました。

最後の片券を使います。
Ibaraki20161113_74
駅まで乗れません。その途中の愛宕町までなのです。

その愛宕町で降ります。
Ibaraki20161113_75
ここから歩いて、永源寺へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

いばらき鉄バス紀行(14) 

渡り廊下の途中に、なつかしい展示物がありました。
Ibaraki20161113_66
茨城県の地勢図でしょうね。

Ibaraki20161113_67
これは大子町の立体地図ですね。

その奧の講堂が芸術祭の会場になっていました。
Ibaraki20161113_70
こんな手作り感ある校章が飾られていました。

この会場の作品は、墨汁を使ったものです。
Ibaraki20161113_68
床一面に張られた墨汁が作品です。そこに映り込んだ風景とともに楽しむ作品なんだそうです。だから、わざと景色が映り込むように撮ってみました。

もう1つはコレです。
Ibaraki20161113_69
中身は墨汁ですが、外側が何でできているのかわかりません。しかも、なんで自立できるんだという形をしています。凸面鏡に映り込んだ風景を眺めるみたいです。非常に不思議に感じる作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(13) 

校舎内は、昔ながらの学校の保存コーナー、芸術祭のコーナー、ひまわりロケのコーナー、物販コーナーにわかれているようです。
Ibaraki20161113_61
まずは、昔の学校コーナーです。小学校は、先生の机が教室にあるんですよね。

Ibaraki20161113_62
大ソロバンとともに置かれているこの機械、青焼きコピー機じゃないですか。なつかしいなあ。湿式の青焼き機は昔使った記憶があります。これはDRYって書いてあるから、乾式の青焼き機かな。

Ibaraki20161113_63
教室内は、生徒の椅子に昔の写真がたくさん飾ってありました。

隣の教室に入ります。
Ibaraki20161113_64
黒板に赤い相合い傘が。そういえば、小学生の頃って、こういう落書きしたよな。

渡り廊下を通って、奧の棟へ行きます。
Ibaraki20161113_65
敷地に高低差があるようで、渡り廊下には階段がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

いばらき鉄バス紀行(12) 

それでは旧上岡小学校を見てきましょう。
Ibaraki20161113_56
ここはNHK「ひまわり」のロケ地になった学校だそうです。

立派な木造校舎です。
Ibaraki20161113_57
グランドは駐車場になっていました。たしかに、路線バスの本数が少なすぎますからね。

見学者多数です。
Ibaraki20161113_58
入口には、見学者の靴がズラリとならんでいます。

木造校舎本体だけでなく、窓ガラスもサッシなどにはなっておらず、懐かしいガラス戸が入っています。
Ibaraki20161113_59
建物以上に、昔のガラスって今では再現できないそうで、貴重らしいです。

さて、入口から中に入ってみましょう。
Ibaraki20161113_60

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(11) 

次のバスの発車時刻は13:40です。待ち時間は25分しかありません。これでは無理だよなと思いながら玉屋旅館へ行くと、こちらも長蛇の列です。電話をかけて「路線バスの旅」の引換券を持っている者ですがと言うと、作っておくから何時にきますかとのこと。それでは15時頃にとお願いして、先に次のバスに乗ることにしました。

さすがに何も食べずに行くのはつらいので、駅の隣にあるコンビニに入る。しかしながら、弁当やパンの類は完売状態。大福1つとお茶を買って、とりあえずの空腹をしのいだのでした。

まだバスまで時間があるからと「ときわ路パス」を提示してホームに入ります。今日は「鉄道まつり」をやっていました。
Ibaraki20161113_51
「鉄道まつり」会場へ行けば、もっと車両に近づけるのですが、写真を撮るだけならホームからでも十分です。国鉄急行色に塗られたキハ47などが展示されていました。

KENJIも展示車両のように側線に停まっています。
Ibaraki20161113_52
そろそろバスの時間が気になって、駅を出ることにします。

階段にはいろいろな広告が貼ってあります。
Ibaraki20161113_53
次に行く、旧上岡小学校も、この茨城県北芸術祭の会場になています。

先ほどバスが30分も遅れたのだから、時間道理には来ないだろうと構えていたら、時間通りにやってきました。そんなこともあって、乗車時に写真を撮り逃しました。
Ibaraki20161113_54
バス乗車時間は、わずか3分です。それでも歩けば3km以上はありそうです。

降りたバス停で写真をとりました。
Ibaraki20161113_55
ナンバーは水戸22です。4灯の日野レインボーですが、けっこう古いバスのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(10) 

しばらく行くと、下り坂の途中から渋滞になりました。ほとんど進みません。
Ibaraki20161113_46
次のバス停は袋田です。そう、袋田の滝に行く車で渋滞していたのです。

車窓にも袋田の滝の文字が見てきました。
Ibaraki20161113_47
袋田バス停に着くと、半分以上の人が降りてしまいました。「路線バスの旅」の人がたくさんいたはずなのですが。この「路線バスの旅」はフリーきっぷではありませんから、降りたらここから先は別払いです。それに、玉屋旅館が待っているのに。大丈夫なのでしょうか。

滝への分岐を過ぎても、国道までは両方向とも渋滞が続いています。
Ibaraki20161113_48
袋田駅と袋田の滝を結ぶ路線バスと行き違います。あちらは立ち客もぎっしりといるのですが、少し動いては停まりを繰り返しています。

その先の交差点で国道に出て、大子方面に右折するととたんに道は空きました。
Ibaraki20161113_49
ただ、滝に向かう反対車線は、どこまでも渋滞していましたが。

ようやく大子駅が近づきました。
Ibaraki20161113_50
ところが駅周辺でイベントをやっている関係で、街中がまたもや渋滞です。すぐそこに駅が見えているのに駅前ロータリーになかなか入れません。定刻12:39のところ、約30分遅れの13:15になってようやく大子駅前に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(9) 

バスの車内に延長運転のお知らせがありました。
Ibaraki20161113_41
大子からのバスは、通常は馬次入口止まりです。秋の観光シーズンのみ、龍神大吊橋まで延長運転されます。こちらの線のみ利用可能な1日乗車券が500円だそうです。常陸太田からではなく、常陸大子から往復するなら500円で済むのです。

延長区間も、ちゃんと停留所の案内表示がありました。
Ibaraki20161113_42
下の方に、茨城交通のバスそのもののイラストが出るのがいいですね。

本来の終点、馬路入口につきました。
Ibaraki20161113_43
観光シーズン以外は、ここが太田からのバスと大子からのバスの乗り継ぎ地点です。

定期バスの発車時刻まで、時間調整をするそうです。
Ibaraki20161113_44
簡単な折り返し場と屋根付きのバス停がある馬路入口でした。

しばらく行くと、3便のバスとすれ違いました。
Ibaraki20161113_45
どうやらかなり遅れているようです。こちらもバスは、今のところ順調ですが、この先に渋滞があるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(8) 

反対側のアンカーレイジは、どこだったのでしょう。
Ibaraki20161113_36
駐車場にある壁画のモニュメントと思ったの、これがアンカーレイジでした。

少し坂を下って,橋の全景を見てみました。しかし、両方の橋脚を入れて撮ることはできませんでした。
Ibaraki20161113_37
それよりもズームしてみると、バンジージャンプのプラットホームが見えました。あそこに降りていくこと自体、自分にはできそうにありません。

思ったより楽しめた龍神大吊橋でした。
Ibaraki20161113_38
大子行きのバスの時刻が気になります。これも1時間ほど乗るので、座れないときついですから。

そろそろバス停に並びましょう。
Ibaraki20161113_39
次のバスは11:50の発車です。

バスがやってきたのは11:47でした。どうやら途中の道路が混んでいるようです。
Ibaraki20161113_40
たしかに、先ほども吊橋入口バス停からここまで登ってくるだけで、かなりの渋滞になっていましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(7) 

路面がガラス張りだけでなくスリット状になっているところもあります。こちらも方が、スッキリと見えます。
Ibaraki20161113_31
その分、高さが感じられて怖いというのもありますけど。カヌーのりばなのでしょう。

もうすぐ渡りきります。
Ibaraki20161113_32
全山紅葉というわけではありませんが、そこそこ色づいている木もあります。

渡りきったところから橋を撮ってみます。
Ibaraki20161113_33
やはり大きいです。両方の橋脚を入れて撮るのは無理です。

いちおう展望台にも上がってみます。
Ibaraki20161113_34
やっぱり無理ですね。吊橋といっても、足下は原則舗装道路のようになっているので、ガラス張りやスリットのところさえ下を見なければ、そんなに怖い橋ではありません。

脇に小さな公園のような展望台もあります。
Ibaraki20161113_35
龍の絵が描かれているのは、橋脚ではなくメインロープを留める橋台(アンカーレイジ)の装飾なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

いばらき鉄バス紀行(6) 

渡る前に橋の全景を撮っておきましょう。少し坂道を下ります。
Ibaraki20161113_26
28mmまで広げても、全部が入りません。たしかにこれは大きいです。

この橋は、有料の歩道橋です。
Ibaraki20161113_27
ところが、今日は無料だそうです。今回買った「路線バスの旅」の販売額は、全部をバラバラに払うよりも160円安く設定されています。310円の通行料が無料になったということは、今日は「路線バスの旅」を買わずに全区間別払いの方が得だったようです。まあ、いちいち両替して払わなくて済んだだけよしとしましょう。

渡っていくと、ところどころ、足下が透明になっているところがあります。
Ibaraki20161113_28
なんとバンジージャンプをやっている人を、上から見下ろすことになろうとは。

いったいどこから降りるのでしょう。
Ibaraki20161113_29
橋の途中にこんなゲートがありました。

そして近くに貼り紙が・・・。
Ibaraki20161113_30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

いばらき鉄バス紀行(5) 

龍神大吊橋入口バス停を過ぎると、左側の急坂を登っていきます。
Ibaraki20161113_21
ここを登っていくと、吊橋に出るのでしょう。

Ibaraki20161113_22
運賃表はきれいに200、300、500の数字が並んでいます。これまで1時間近く乗ってきたのに、普通に運賃を払っても500円なんですね。

そういえば、こんな貼り紙がありました。
Ibaraki20161113_23
ここも常陸太田市内なのですね。

「路線バスの旅」の台紙から1枚目のきっぷを切り離します。
Ibaraki20161113_24
これを運賃箱に入れて降ります。

バスは馬路入口行きです。
Ibaraki20161113_25
ほぼ全員を降ろすと、バスは終点を目指して再び坂を下っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

いばらき鉄バス紀行(4) 

太田駅前に到着しました。龍神大吊橋方面のバスは、1番ポールからの発車です。
Ibaraki20161113_16
この7月から、土休日のみ龍神大吊橋線のバスが走り始めたそうです。平日の馬次入口行きは、吊橋入口は通りますが、吊橋の前までは行きません。

そのうちに、茨城交通の方がやってきて、券売所ができました。
Ibaraki20161113_17
2種類の「路線バスの旅」が販売されています。バス停に待ち人は1人しかいなかったので、駅前で買わずここで買ったも十分座れたようです。

駅前のロータリーには2つの幟が立っていました。
Ibaraki20161113_18
「常陸秋そばフェスティバル」と「茨城県北芸術祭」の2つです。

乗客満載のバスがやってきました。
Ibaraki20161113_19
どうやら、これが秋そばフェスティバルの送迎バスのようです。

そのうちに、大甕から日立電鉄交通サービスのバスがやってきました。
Ibaraki20161113_20
それが何と旧塗色のバスだったのです。まだ日立電鉄時代の塗色のバスが残っていたのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(3) 

次の水郡線で常陸太田へ向かうと、到着が龍神大吊橋行きバスの発車まであまり時間がありません。1時間弱乗るバスですから、座れないと厳しいです。そこで、別払いになりますが、遠回りして常陸太田を目指すことにしました。

再び「ときわ路パス」でJRの改札を入ります。
Ibaraki20161113_11
8:37の高萩行きに乗って、大甕駅を目指します。

E531系の5両編成でした。
Ibaraki20161113_12
415系からこの車両に変わって、両数は少ないですがボックス席が復活したのが、たまに来る人間にとってはうれしいです。

大甕で降りて、日立電鉄交通サービスのバスに乗ります。このバスは「ときわ路パス」で乗れませんから、別払いになりますけど。
Ibaraki20161113_13
かつて、鮎川~大甕~電鉄太田を結んでいた日立電鉄の廃止代替バスです。9:05のバスに乗車しました。

2005年3月末で鉄道が廃止になって、10年以上経っているから、廃線跡は見えるのかな。
Ibaraki20161113_14
ここは明らかに廃線跡とわかりました。かつては跨線橋だった陸橋を越えると、ゆるくカーブする線路跡が続いていました。

その線路跡を車窓に追っていくと、鉄橋跡も見えました。
Ibaraki20161113_15
用水路か何かに、小さな橋が架かっていたのでしょう。コンクリート製の橋台が見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いばらき鉄バス紀行(2) 

日向になっている先頭も撮っておきます。
Ibaraki20161113_06
かつては、北海道とか北陸にもこんな前面形状のディーゼルカーがいましたが、今はこれだけになってしまいました。

装飾は完全にいわて仕様です。
Ibaraki20161113_07
盛岡の車両だからしかたないです。その盛岡の車両に、茨城で乗れることが貴重です。何よりも、JRで現役のキハ28・58系列は、改造されているとはいえKENJIだけですから。

いったん改札を出て、駅前の茨城交通の案内所を目指します。
Ibaraki20161113_08
いきなり、こんなバスが停まっていました。旧茨城オートの塗色を上下に残して、真ん中を茨城交通の白と青に塗り分けたような塗色です。こんなの初めて見ました。

水戸駅前はいろいろなバスが来るので見ていて楽しいです。
Ibaraki20161113_09
白を基調とした茨城交通、赤と黄色の旧茨城オート塗色の茨城交通。JRバス関東に、関東鉄道グループ塗色の関鉄グリーンバスが停まっていました。

茨城交通の案内所でこんなきっぷを買いました。
Ibaraki20161113_10
「路線バスの旅」という、乗車券と観光券がセットになったきっぷです。この「龍神大吊橋・奥久慈散策コース」は11月の限定で、しかもシャモ弁当の関係から毎日枚数限定発売とありました。始発の常陸太田駅前でも残数がある限り当日発売をするそうですが、心配なので事前に水戸案内所に買いに来たのです。バラバラに買うより160円とわずかに安くなるそうです。それよりも、確実に玉屋旅館で「シャモ弁当が」食べられることの方にメリットを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

いばらき鉄バス紀行(1) 

2016年11月13日(日)。今日は1日、茨城県内の鉄道とバスに乗って、今までにいったことのなかった観光地等に行ってみます。

乗車券は、先週関東鉄道のイベントの際に、下館駅で買ってきた「ときわ路パス」を使います。
Ibaraki20161113_01
「大人の休日倶楽部」会員用で、1650円で県内のほぼすべての鉄道に乗れるという、反則のような安さです。

6時半過ぎにホテルを出て、牛久駅に向かいます。
Ibaraki20161113_02
牛久6:57の下り電車に乗車します。我孫子始発なので楽に座れるだろうと思っていたのですが、すでに立ち客もいる混雑です。結局、水戸まで立ちっぱなしでした。こんなことなら、グリーン車にするのでした。この乗車券を持っていれば、普通グリーン券も5%引きで買えたのですから。

水戸駅に着くと、1番線にKENJIが停まっていました。
Ibaraki20161113_03
この塗色になってから実車を見るのは初めてです。

昨日と今日は、水郡線の臨時列車として運転されます。
Ibaraki20161113_04
水戸発は8:59です。今回は、常陸大子16:06の上りに乗ります。

まだ8時を過ぎたばかり、周囲は写真を撮っている人だけで、まだ乗客はいないようです。
Ibaraki20161113_05
帰りに乗ることを楽しみに、まずは写真だけ撮っておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉から牛久へ 

17時近くになって、会議も終わりました。お昼をまともに食べていなかったので、同席の知人に「早めの夕飯食べていきませんか」というと、オーケーということでした。そこで、先月行った喫茶呂久呂へ行きました。カレージャンボトーストを頼もうと思ったら「今日は、もうハーフしかできないです」とのこと。フルサイズは、土休日は昼で売りきれになることが多いとか。そういえば、前回夕食に食べたのは金曜日でした。

そこで、知人はハーフサイズを。自分はまかないカレーセットを頼みました。
Rokuro20161112_16
これがまかないカレー。いろんなものが載っていて、これを混ぜて食べるのが、なかなかおいしかったです。

知人と別れて、千葉モノレールの葭川公園駅に向かいます。
Chiba_parco20161112_17
交差点で、千葉パルコの写真を撮ります。今月末、2016年11月30日で閉店してしまいます。

モノレールの葭川公園駅からも見えます。
Chibamono20161112_18
さすがにモノレールはぶれてしまいましたけど。もの、この風景が見えるのも、あと1ヶ月ないのです。

モノレールに乗って都賀駅まで行きます。
Chibamono20161112_19
千葉でのりかえのために待っていると、もう1運用の県庁前行きがやってきました。これが「ノモちゃん号」でした。そうです、キャラクター「モノちゃん」を上下逆さまに貼り付けて、わざわざ台車も上下逆にプリントしてある、特別編成です。

都賀からJRに乗り換えて、成田から成田線、我孫子から常磐線に乗って、常磐線の牛久駅に降りました。近くのコンビニでちょっとだけ買い物して予約してあるホテルに向かいます。
Ushiku20161112_20
コンビニで買ってきた、常陸野ネストビールを飲んで、今夜は寝ることにしました。明日は、茨城県北部を回ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

遠回りして千葉へ(3) 

空港第2ビル11:30の京成本線の特急に乗ります。
Keisei20161112_11
スカイアクセス線経由が続きましたが、ようやくやってきます。

ホームの端には、ちょっと恐ろしい数字が書いてあります。
Keisei20161112_12
最高速度です。京成本線は、どの種別も55キロです。スカイアクセス線は、特急が120キロで、スカイライナーにいたっては、私鉄最速の160キロです。

特急上野行きに乗って京成津田沼へ。そこから千葉中央まで行くと、もう会議開始の時刻まであまり時間がありません。昼食をとる時間も無く、コンビニでサンドウィッチと缶コーヒーを買って会場へ向かったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

遠回りして千葉へ(2) 

松尾は成田空港への航空機の通り道です。大きな音がするので見上げると、撮影できるくらいの高度で飛行機が飛んでいます。
Soubu20161112_06
CARGO ITALIAの文字が見えます。貨物専用機のようです。航空会社には詳しくないので、正式な会社名はわかりません。

11:20の空港シャトルを待ちます。自分を含めて5人ほど待っていました。
Kuukou20161112_07
かつてはエアロクイーンの高速バスタイプでしたが、今では前中ドアのワンステップバスになりました。運賃は相変わらず安いですけど。

交差点の脇にローソンがあります。信号待ちの間にちょっと脇見をするとネコさんが駐車場にいました。
Kuukou20161112_08
芝山千代田駅は、降りようかと思っていたのですが、車内からスタンプゲットできたので、そのまま終点まで乗ることにしました。

成田空港でのバス車内点検もなくなり、空港利用でないターミナルビル到着も気分的に楽になりました。ここからは、京成電車に乗って行きます。
Kuukou20161112_09
京成本線の電車は11:30までありません。その間にスカイライナーが先発します。

Kuukou20161112_10
もう1本、スカイアクセス線経由の特急が先発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

遠回りして千葉へ(1) 

2016年11月12日(土)。今日は13時から千葉で会議です。関東民鉄デジタルスンタプラリー、完集するつもりはないけれども、もう少し集めたいなと、ちょっと遠回りしながら千葉へ行きましょう。

いすみ鉄道の快速100Dを撮った後、自家用車を上総一ノ宮駅近くのコインパーキングへと走らせます。上総一ノ宮9:13の千葉行きに乗って大網で降ります。

Sotobo20161112_01
大網9:44の東金線に乗って成東へ向かいます。

成東からは10:05の銚子行きに乗って、ひと駅松尾へ向かいました。
Soubu20161112_02
松尾駅に到着しました。

行き違い停車のときに、ホームに降りて写真を撮ったことはあっても、この駅に乗り降りるのは、初めてかもしれません。
Soubu20161112_03

改札を出て右側へ進みます。
Soubu20161112_04
駅前には芝山町のコミュニティバスのバス停があります。松尾駅と芝山鉄道の芝山千代田駅を結んでいます。土休日も運転されていますが、今日はこれには乗りません。

コの字形に踏切を渡って駅の裏側へ行きます。
Soubu20161112_05
ここから出る「空港シャトル」第2旅客ターミナル行きに乗ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

千葉へ行く前にい鉄を撮って 

2016年11月12日(土)。今日は午後から千葉で会議です。土曜日なので、いつものように7時半の鍵開けボランティアがあります。

そのボランティアを無事に終えて、千葉へ向けて出発しがてら、大原行き100Dを撮っていこうと上総中川駅近くへ来ました。
Isumi_nakagawa20161112_01
黄色くなったいちょうの葉が、青空にとても映えます。

やはり、今日はいちょうがらみで撮りましょう。
Isumi_kiha28_20161112_02
イチョウの木は、線路から少し離れているのですが。今朝は土曜日の定番「夷隅」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

い鉄を撮りながら出勤 

2016年11月11日(金)。今朝は小雨が降っています。自家用車で出勤します。

それでも、どこかで撮ろうと、大多喜~小谷松間の祠のところへ行きました。いろいろ露出を調整しますが、とても止まるようなシャッタスピードが出せません。流し撮りができるほどのテクニックは持ち合わせていません。
Isumi350_20161111_01
ということで、動体ブレで妥協しました。今朝の5Dは昨日の30Dがそのまま運用に入ります。352ムーミンが就いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月11日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月11日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

千葉駅 新駅舎開業記念
販売日 2016年11月18日(~未発表)
販売部数 830部

販売地域 千葉市緑区・美浜区・中央区・若葉区・花見川区・稲毛区内の計98局

シートは大型です。A3二つ折り台紙とのセットで売価は2300円です。11月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


11月11日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

Kobe Luminarie
販売日 2016年11月17日(~未発表)
販売部数 7,100部

販売地域 神戸市内の全184局と山口局の計185局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月25日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-104) 

2016年11月10日(木)。今朝はどんよりと曇っています。いすみ鉄道で出勤します。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi300_20161110_01
301パパ&ママでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20161110_02
今朝の8Dは、キハ201303でした。

帰宅は、最終の30Dになりました。
Isumi350_20161110_03
351スナフキンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月10日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月10日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

秩父夜祭
販売日 2016年11月15日(~未発表)
販売部数 1,050部

販売地域 秩父市、本庄市、東松山市、寄居町、美里町、神川町、上里町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村、滑川町、吉見町、小川町、嵐山町、ときがわ町内の全76局と小原局、吉岡局、花園局、川本局、本畠局の計81局

シートは額縁(52円)+アイボリー(82円)のコンビネーションシートです。売価は1100円です。11月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

い鉄で出勤('16-103) 

2016年11月9日(水)。カメラが直って、今日は撮りながらいすみ鉄道で出勤です。

今朝の国吉駅は、青空は見えるものの雲がものすごく多いです。
Isumi_kuniyosi20161109_01
一面雲というわけではないのですけどね。

今朝の5Dがやってきました。
Isumi350_20161109_02
352ムーミンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi_kiha20_20161109_03
今朝の8Dは、キハ201303でした。

定時で上がって、帰宅は26Dでした。
Isumi300_20161109_04
今日は301パパ&ママでした。

今朝の雲はどこへいったのでしょう。すっかり晴れています。
Isumi_kuniyosi20161109_05
ほぼ半月の月面がよく見える夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月9日は2件のリリースが出ていました。すべて郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月9日に日本郵便株式会社北海道支社からリリース文が配信されました。

函館 叙情散策
販売日 2016年11月11日(~未発表)
販売部数 1,200部

販売地域 函館市、北斗市、七飯町、木古内町、知内町、鹿部町内の全81局と札幌中央局、北海道庁赤れんが前局、札幌駅パセオ局、札幌大通局、札幌大通公園前局、札幌中央市場前局、千歳局新千歳空港内分室、小樽堺町局の計89局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。


11月9日に日本郵便株式会社近畿支社からリリース文が配信されました。

宝塚 花のみち散歩
販売日 2016年11月14日(~未発表)
販売部数 1,080部

販売地域 川西市、宝塚市、三田市、篠山市、丹波市、猪名川町内の全105局と西宮東山台局、塩瀬局の計107局

シートはアイボリーです。売価は1300円です。11月5日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

い鉄で出勤('16-102) 

2016年11月8日(火)。今日はいすみ鉄道で出勤します。

11月になると、朝日がずいぶん低い位置から差し込んでくるようになります。
Isumi350_20161108_01
今朝の5Dは、351スナフキンでした。

いつものように城見ヶ丘で降りて、バイパスの跨線橋へと向かいます。
Isumi300_20161108_02
今朝の8Dは、301パパ&ママでした。

帰宅は最終の30Dでした。
Isumi350_20161108_03
352ムーミンです。

自宅に戻ると、カメラの修理が終わって届きました。送料共で20000円弱かかりました。
Choja20161108_04
不具合はレンズだったそうで、レンズそっくり交換です。20000円以内で直るところはできるだけ直して下さいと手紙を入れておいたところ、傷んだ部品がかなり交換されていました。あまりにきれいになって帰ってきたので、自分自身かなり驚きました。明日からは、またこのカメラで撮影再開です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月8日は1件2種のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがありません。

11月8日に日本郵便株式会社九州支社からリリース文が配信されました。

2016 国の名勝 九年庵(52円)
2016 国の名勝 九年庵(82円)

販売日 2016年11月14日(~未発表)
販売部数 1,100部(52円)、1,000部(82円)

販売地域 佐賀市、神埼市、吉野ヶ里町、上峰町、鳥栖市、みやき町、基山町、小城市、多久市、江北町、白石町、武雄市、大町町、嬉野市、鹿島市、太良町内の計114局

シートは52円が額縁、82円がアイボリーです。売価は52円が1000円、82円が1300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支社版フレーム切手 

2016年11月7日は1件のリリースが出ていました。郵便局のネットショップ扱いがあります。

11月7日に日本郵便株式会社関東支社からリリース文が配信されました。

百里基地 航空祭 2016
販売日 2016年11月11日(~未発表)
販売部数 2,100部

販売地域 ひたちなか市、水戸市、笠間市、那珂市、茨城町、城里町、大洗町、東海村、小美玉市、潮来市、鹿嶋市、神栖市、鉾田市、行方市、石岡市、稲敷市、かすみがうら市(田伏局、出島局、安飾局、牛渡局、志士庫局を除く)、河内町内の計179局

シートはオリジナル2です。売価は1300円です。11月15日から『郵便局のネットショップ』での扱いがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

2日目は銚子へ(8) 

飯沼観音からは、観音駅へは行かずにそのまま銚子駅方面へと歩いて行きます。昼食を買いに、銚子セレクト市場へ行こうと考えたのです。お昼近いためか、お弁当は売りきれが多いようです。残っていた中から、海老天丼を買いました。

セレクト市場からは、再び歩いてJR銚子駅へと向かいました。
Choden20161107_36
JR銚子駅の跨線橋には、銚子電鉄のバナーが貼られていました。

銚子からは成田線に乗っていきます。
Soubu20161107_37
4両編成だから、座れるでしょうか。

でも、電車はまだ入線していません。
Soubu20161107_38
折返し電車の到着は11:58です。

それほど待ち人はおらず、先頭車のボックス席に座れました。
Soubu20161107_39
さっそく買ってきた天丼を開けます。477円でした。

そうだ、その前に写真を1枚撮っておきましょう。
Soubu20161107_40
銚子12:07の448Mに乗って千葉へ行きます。その先は、いろいろとプランを考えていたのですが、けっきょくそのまま外房線に乗って早めに帰宅することにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目は銚子へ(7) 

住所を頼りに、スマホの徒歩ナビで歩いて行きます。
Choden20161107_31
けっこうわかりにくいところにありました。店内は撮影禁止とありました。今日は平日で、手焼き実演はやっていないそうです。

いろいろとお話を聞きながら、いくつか買ってきました。
Choden20161107_32
「ぬれせん」です。濡れ煎餅ではなく「ぬれせん」です。銚子電鉄の濡れ煎餅よりも薄く、味もストレートに醤油という感じで、個人的にはけっこう好きな味とやわらかさです。

それ以上に気に入ったのがコレです。
Choden20161107_33
サラダなどにかけて食べるおせんべいだそうです。「ドレッシングとの相性はいいですよ」というお話でした。後日、実際に食べてみると、本当にドレッシングとの相性抜群でした。野菜との食感の対照も楽しいのです。

柏屋さんを後に、徒歩ナビを頼りに今度は佐野屋へ向かいます。
Choden20161107_34
ここでは今川焼きのあずきと白あんを1つずつ買いました。

そして、飯沼観音を抜けていきます。
Choden20161107_35
さて、ネコさんいるかな。探したのですが、昼間ということで草の中にいるのが見えるだけ。撮れるところにはでてきてくれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

2日目は銚子へ(6) 

それ以外にも、こんな割引券をもらってしまいました。
Choden20161107_26
こうなれば買うしかないでしょ。ということで、徳用ハネものの袋を3袋買います。

再び上り電車に乗ります。
Choden20161107_27
さすがに平日なので、犬吠駅はそれほど混雑していませんでした。

やってきたのは、先ほど乗った2001編成です。
Choden20161107_28
車内で「賞味期限は58秒」「ぬれせん」「柏屋」という記事というか広告というか、そういったものが目に入りました。

車内でスマホを使って検索すると、どうやら本銚子駅から河口の方にいったところにある店のようです。
Choden20161107_29
それでは行ってみようと、本銚子で降りました。

スマホの徒歩ナビで柏屋を目指します。
Choden20161107_30
路地のマンホールに銚子オリジナルを見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目は銚子へ(5) 

西海鹿島駅のホームから望遠レンズでのぞくと、笠上黒生駅の交換風景が見えました。
Choden20161107_21
外川行きの方は、植木の影でよく見えませんけど。

やってきた外川行きに乗車します。
Choden20161107_22
次の目的地は犬吠駅です。

犬吠駅では売店に行きます。
Choden20161107_23
サンキューちばフリーパスを持っている人限定で買える、硬券セットがあるからです。すでに9月から売っているのでもう売り切れているかと思ったのですが、残っていました。1袋20枚入り1000円ですから、1枚当たり50円ですか。いったい何が出てくるでしょうか。

こんなのが入ってました。
Choden20161107_24
硬券の定期券って。これは何かの記念品ですよね。それとも実際使える券だったのでしょうか。D形硬券は、記念券や領収書なんですね。観音から君ヶ浜の往復券は、かなりの骨董品のようです。これが銚子電鉄関連の14枚です。

残りの6枚は国鉄がらみの券でした。
Choden20161107_25
上の2枚は、国鉄銚子駅の窓口で売られていた銚子電鉄の乗車券でしょう。○に千の文字があるから間違いないでしょう。他の4枚は、銚子電鉄から国鉄線への連絡乗車券です。現在の連絡運輸は千葉までです。山手線内や秋葉原という券は、現在では買うこともできませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

2日目は銚子へ(4) 

自販機には、きみちゃんに関する貼り紙がありました。
Choden20161107_16
今でも、きみちゃんを訪ねて来る人がいるのでしょうね。

Choden20161107_17
掲示板には、生前のきみちゃんの写真が1枚飾られていました。

Choden20161107_18
先ほど乗ったきた電車の折返し銚子行きに乗ります。

Choden20161107_19
運転席直後のイルミネーションは、けっこう複雑な形をしています。

西海鹿島で降ります。
Choden20161107_20
この電車が笠上黒生駅で行き違う下り電車に乗って、犬吠駅へ行くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目は銚子へ(3) 

銚子電鉄の朝の2運用も、まもなく終わりです。せっかく2運用している時間に来たので、笠上黒生で降りて朝の交換風景を撮っておきます。
Choden20161107_11
もう1本は、グリーンの2001編成でした。2運用とも走るのは、10時台までです。最後は、銚子まで運転されると、そのまま回送で仲ノ町に行くはずです。

交換があるとタブレットの移動があるので、停車時間があります。
Choden20161107_12
そこで、もう1枚撮影です。まだタブレットがこちらの電車に来ないので、そのまま乗ってきた電車に乗ります。

Choden20161107_13
そして、君ヶ浜駅で降ります。10月30日の除幕式に来て以来です。

平常時のきみちゃんの記念碑を見に来ました。
Choden20161107_14
今日は誰もいないので、ゆっくり記念碑を見ます。毛並みが生前そのものですね。すごくリアルな記念碑です。

Choden20161107_15
花束や写真額は、除幕式限定のことだったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

2日目は銚子へ(2) 

待っていた銚子電鉄は、青い3000形でした。
Choden20161107_06
でも、なんだかいつもと違うような。青い光が見えます。

乗り込んでみると、青いライトの装飾が施してありました。
Choden20161107_07

イルミネーション電車とかバルーン電車で、この手の装飾は見てはいるのですが、なんでこの時期にやっているのでしょうかね。
Choden20161107_08
少し露出をアンダーにして撮ると、よりはっきり写りました。

走り出した車内を、ちょうど日陰になったときに撮ってみます。
Choden20161107_09
こんな感じに青くなります。

このイルミネーション電車の正体は、中吊りでわかりました。
Choden20161107_10
「世界糖尿病デー」にちなんだもので、しかも今日から運転開始だったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目は銚子へ(1) 

2016年11月7日(月)。今日はおととい土曜日出勤の代休です。

Isumi_rail20161106_01
昨日と今日の2日間使用で買った「サンキューちばフリーパス」。今日はこれを使って銚子へ行ってみましょう。

自宅から上総一ノ宮駅近くのコインパーキングまでは自家用車で行きます。
Sotobo20161107_01
7:00の勝浦始発の通勤快速東京行きに乗って大網で降ります。この通勤快速は通称成勝(なるかつ)と呼ばれていて、勝浦始発6両と成東始発4両が誉田駅で連結をします。

東金線に乗り換えるため、東金線ホームへ行きます。
Sotobo20161107_02
すると、ちょうどそこに誉田駅で連結される成東始発の通勤快速4両編成がやってきました。すぐに、蘇我方面に発車していきました。

その通勤快速が発車した後に、成東行きがやってきました。
Sotobo20161107_03_2
千葉始発ではないのですが、東金線ではなく「東金・外房線」と全面表示されています。

成東駅では、0番線に到着です。1番線から出る8:11の銚子行きに乗ります。
Soubu20161107_04
銚子駅は2番線に9:12の到着です。いつもは銚子駅でいったん改札を出て、仲ノ町駅まで歩いて「弧廻手形」買うのです。車内で買うと、日付が手書きになってしまうので、やっぱりスタンプ押しが欲しいですから。でも、今日は「サンキューちばフリーパス」利用なので、そのままホームの先端にある銚子電鉄のりばへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

イオンスタンプラリー(9) 

後続の養老渓谷始発の五井行き乗車します。
Kominato20161106_41
午前中に養老渓谷駅を出る便だったので、車内は空いていました。

Kominato20161106_42
今日は日曜日なので、車庫で休んでいる車両が多いです。

五井駅のスタンプは、跨線橋上にあるJRと小湊の中間改札(出札口)に置いてありました。
Kominato20161106_43
これで、いすみ鉄道1つ小湊鉄道5つの計6個完集です。

専用の台紙に押していると、窓口の方が「きれいだねぇ」と声をかけてくれました。
Boso_stamp_20161106_04
台紙とスタンプのデザインが一体化されていて、自分でもなかなかお洒落なスタンプラリーと台紙だなと思いました。交換場所は、いすみ鉄道からも小湊鉄道からも離れた、木更津のイオンモールです。別に缶バッチは欲しいとは思わないので、スタンプラリーはこれで終了です。

千葉で用事を済ませてから、夕方帰宅しました。
Sotobo20161106_45
乗車した編成は、まもなく開業する千葉新駅舎のPR編成でした。

今日は茂原で降りて家人と合流し、買い物を済ませます。その後、家人の車で国吉駅まで送ってもらい、自分の車を回収して自宅へ戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イオンスタンプラリー(8) 

上総牛久駅の3番線です。
Kominato20161106_36
ホームを外れる形で1両が留置されています。折返し列車ならホームに停まっているはずだし、午後の増結用の車両なのかな。小湊鉄道の運用は、よく知りませんが、こんな止め方を不思議に思ってしまいました。

次に乗るのは、上総牛久始発12:00の五井行きです。
Kominato20161106_37
上総牛久止まりの列車が1番線にやってきました。五井方面からは、1~3番線のどこでも入線できます。養老渓谷方面からは、1番線にしか信号の関係で入線できません。

Kominato20161106_38
この五井行きに乗るお客さんが、たくさんホームに待っています。この人たちは、観光バスの団体さんです。上総牛久よりも北の区間に乗車するツアーというのもあるのですね。

次のスタンプ駅、光風台で降ります。
Kominato20161106_39
ここも窓口で申し出る必要があります。でも、すんなりと貸してくれて、自由に押すことができました。

Kominato20161106_40
あと1つ、五井を押せば6個完集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

イオンスタンプラリー(7) 

乗った車両の日よけを降ろしてみました。
Kominato20161106_31
小湊鉄道の日よけって、こんな模様が入っていたんだ。これは知りませんでした。ただ、後で別の車両を降ろしてみたら一般的なものでしたから、すべての車両がこの模様入りというわけではないようです。

上総牛久駅に到着しました。
Kominato20161106_32
先ほど乗った里山トロッコが、「里山トロッコ3号」となって、発車を待っていました。

Kominato20161106_33
ゆっくりと上総牛久駅を出発します。

Kominato20161106_34
「里山トロッコ3号」が養老渓谷を目指して、始発駅の七光台を発車していきました。

駅舎にいって、スタンプを押します。
Kominato20161106_35
ここは、窓口に申し出る必要がありますが、「はいどうぞ」と渡してくれて、自由に押すことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イオンスタンプラリー(6) 

スタンプを押しに駅舎に行きます。
Kominato20161106_26
養老渓谷駅は待合室に置いてあり自由に押せたのですが、ここは申し出ないとダメでした。

貸して下さいというと貸せないといいます。それなら「ここに曲がらないように、印影が欠けないように押して下さい」と言うと、そんな難しいこと言うならとようやく貸してくれました。
Kominato20161106_27
スタンプラリーというのは賞品目当てにやるものだと思っている人が多すぎます。だから、きれいに押すという意識よりも、わかるように押してあれば、曲がろうが欠けようが賞品がもらえらばいいだろうという対応になるのでしょう。純粋に印影収集目的でやっている人もけっこういるのですけど。事実今回は、わざわざ木更津まで行って賞品をもらうことはしませんでした。

今日は日曜日。地元の方の売店が開店していました。
Kominato20161106_28
おいしそうなおはぎがあったので、つい買ってしまいました。

1時間ほどして、11:15の養老渓谷行きがやってきました。
Kominato20161106_29
この列車を撮影してから、構内踏切を渡ります。

上り11:13の五井行きがやってきました。
Kominato20161106_30
タブレットの交換があって、それから定刻に発車をしました。次は上総牛久駅のスタンプを目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

イオンスタンプラリー(5) 

蛇行する養老川が見えます。
Kominato20161106_21
里見駅までは、あとわずかです。

その里見駅停車直前にこんなものが見えました。
Kominato20161106_22
今まで気づきませんでした。誰が作ってくれたのでしょうか。なかなか楽しいオブジェですよね。

行き違い列車のお客さんが大勢こちらにカメラを向けています。
Kominato20161106_23
観光で乗るには、この時間の下り列車はちょうどいいですからね。

自分は、スタンプを押すので里見で降ります。
Kominato20161106_24
上総牛久以南はスタフ閉塞なので、スタフの入ったキャリアを駅長さんから受け取って発車です。

発車していく里山トロッコを見送ります。
Kominato20161106_25
ゆっくりと発車していきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »