« いばらき鉄バス紀行(16)  | トップページ | いばらき鉄バス紀行(18)  »

2017年6月21日 (水)

いばらき鉄バス紀行(17) 

永源寺からは、鉄道まつりの会場もよく見えました。
Ibaraki20161113_81
紅葉と絡めて撮ろうとしたのですが、もみじは日陰。まつりは日向とまったく露出があいません。

Ibaraki20161113_82
こんな位置から車両が撮れただけでもめっけものということにして、街中へ戻りました。

玉屋旅館には、もう行列はありませんでした。
Ibaraki20161113_83

引き戸を開けて「先ほどお願いした、『路線バスの旅』の者ですが」というと、駅弁を渡されました。
Ibaraki20161113_84
「えっ、お店で食べられるんじゃないのですか」というと、「済みません。店の方は終わりました」とのこと。店で出す「シャモ弁当」はみそ汁や漬物がついて1100円です。これの引換券が『路線バスの旅』にはついているのです。駅弁の「奥久慈シャモ弁当」は、汁物とか無しで1000円です。差額に返金はありませんでした。バラで買より160円しか安くない『路線バスの旅』。龍神大吊橋は無料だったし、弁当は駅弁に代えられてしまって、結果的には別払いした方が数百円安くなった計算です。

でも、この『路線バスの旅』を買わなければ、旧上岡小学校にも、永源寺にも足を伸ばさなかったでしょうから、そういう機会を与えてくれたという意味では、よいきっぷでした。
Ibaraki20161113_85
そんなことを思いながら、常陸大子駅前のC11のところまで戻ってきました。

|

« いばらき鉄バス紀行(16)  | トップページ | いばらき鉄バス紀行(18)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/65441318

この記事へのトラックバック一覧です: いばらき鉄バス紀行(17) :

« いばらき鉄バス紀行(16)  | トップページ | いばらき鉄バス紀行(18)  »