« いばらき鉄バス紀行(15)  | トップページ | いばらき鉄バス紀行(17)  »

2017年6月21日 (水)

いばらき鉄バス紀行(16) 

愛宕町のバス停から右側に曲がって、踏切を渡る道に入ると、車が数珠つなぎになっています。みんな永源寺へ行く車のようだ。途中には、民間の臨時駐車場がたくさんあります。そんな駐車場の一角に、臨時売店があったのでおでんをいただいて、少し空腹をいやしました。

踏切を渡ると、そこが鉄道まつりの会場入口でした。入りたいのをガマンして、永源寺へと進みます。
Ibaraki20161113_76
永源寺への途中から、鉄道まつりの会場が見えました。一番手前の線路では、レールスター(軌道自転車)が動いていました。

その先で、右に曲がります。
Ibaraki20161113_77
車だけでなく、徒歩の人も多いです。

そのまま進むと、少し上り坂になり、そこが永源寺でした。
Ibaraki20161113_78
ここだけ、きれいに紅葉しているのです。

まるで別世界に来たみたいです。
Ibaraki20161113_79
千葉に住んでいると、まったく知らない場所でした。紅葉の名所なのですね。

緑がほとんどなく、赤と黄色だけといった感じがすてきです。
Ibaraki20161113_80
こんなにきれいな紅葉に出会ったのは、何年ぶりでしょうか。

|

« いばらき鉄バス紀行(15)  | トップページ | いばらき鉄バス紀行(17)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186181/65441212

この記事へのトラックバック一覧です: いばらき鉄バス紀行(16) :

« いばらき鉄バス紀行(15)  | トップページ | いばらき鉄バス紀行(17)  »